なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね

「節骨こってりたいぞうらーめん」@節骨麺たいぞう 池袋本店の写真070815昼
殺人的な暑さの中、場所がわからず、ディープな繁華街うろうろ。びっしょり汗をかき、ようやく店を発見。店内に入ると、冷房がかなり効いていたので、助かった。それにしても今年の夏は暴力的だった。
店内はウッディな内装で照明を落としやや暗い。厨房は奥にあり、そこが明るくなっていて劇場のような雰囲気だ。このような演出は嫌いじゃないな。
ただ、メニューがプラスティックだったのが興醒め。チェーン展開している店を好きじゃない人も多いので、なるべくその痕跡や臭いは残して欲しくないというのが私の考えだ。
さて、イチオシの「節骨こってりたいぞうらーめん」を注文。店内はそれほど混んでいないのに、時間がかかる。4人従業員がいるが、上手く連携プレーが取れていないようだ。結局10分程で到着。
まずはスープを飲む。資料によると『鹿児島県枕崎産本鰹と高知県土佐産宗田節、九十九里産煮干、北海道産天然日高昆布をどっさり使用。また薩摩産黒豚をふんだんに使い、12時間以上煮込み8時間熟成させて、じっくりとうまみを引き出すことにより、力強いスープに仕上げている。更に鶏ガラは九州産地鶏と数種の野菜をどっさり使い、5時間煮込んで、2時間熟成』とある。どうやらどっさりこだわりのあるスープのようだが、実際味わってみると、今まで味わったことがあるよようなないような、オリジナルのようであり、そうでもない。つまり特徴がないぼやけた味だった。狙いが今ひとつ伝わってこないのだ。旨いと思えるスープではなかった。それと、油が多いが、これがこってりの正体というのなら、なんだかなーという感じだ。
麺は中太でやや平うち。この麺はコシも強く、なかなかいい麺だ。こちらは合格点。
具はチャーシュー、メンマ、半熟玉子半分、海苔。チャーシューは厚みがあるが、味は今ひとつ。驚いたのが海苔だ。実に5枚のっている。私はラーメンに海苔は不要論者なので、ちっとも嬉しくない。素朴な疑問だが、ラーメンの海苔好きってどれぐらいいるのだろう。因みに、日本蕎麦の場合も、ざるそばは注文しない。あくまで「せいろ」だ。なんで蕎麦の話で終わってるんだよ(笑)

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@ラーメン専門店 ザボン 新宿支店の写真070719夕
若い頃歌舞伎町で飲んだくれて、〆の一杯として何度暖簾をくぐっただろうか・・・。そんな店に夕暮れ時、約15年ぶりに訪れた。
客は誰一人いない。薄暗い店内には、50代の親父ひとりがぽつり。日本一の繁華街なのに、ここだけは地方のうら寂しい場末のラーメン屋だ。「あいよっ」と麦茶が出される。あー懐かしいなと感じるところだが、全く当時の雰囲気も味も思い出せない。いつも酔っているので、記憶がすっ飛んでいるのだ。
この店は東京における「鹿児島ラーメン」の代表店として知られている。鹿児島ラーメンとは、スープは豚骨ベースで、鶏ガラや野菜も使う半濁スープ。九州ラーメンの中では唯一久留米ラーメンの影響を受けていないそうだ。
もの静かな親父は店奥にある大鍋で麺を茹でる。具のもやしとキャベツも湯の中へ入れ軽く茹でている。後姿がどことなく寂しい。以前は人気のラーメン屋だったが、現在注目度はゼロ。夜は今でも客が入っているのだろうか・・・。
約3分で到着。一目で豚骨とわかるスープだが、かなりあっさりスッキリ。ライトなスープだ。飲んだ後にはいいかもしれないが、私は物足りなさを感じる。こってりもメニューに追加して欲しい。
麺は細麺ストレート。やや柔らかい。これは茹で過ぎではなかろうか。やはり細麺はやや硬めの方が良い。
具は、もやし、細切りキャベツ、小口チャーシュー、揚げネギ、薬味ネギ。キャベツの口当たりが良いが他の具はそれなり。ただこれで870円は高い。歌舞伎町料金にしても取り過ぎではないか。もし今度来るとしてもまた15年後かな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
79

「らーめん」@らーめん中村の写真070707午後
方南通り沿いの大宮八幡宮前交差点そばに2006年3月オープンした店。店主は、背脂チャッチャ系の人気店「らーめん弁慶 浅草本店」出身で副店長だった人で、一念発起し独立して開店させたそうだ。
いつも車で通るこの道。以前から気になっていて、ようやく訪れた。
店内は狭くカウンター6席しかないが、混んでくると外でも食べられるようになっている。近くに高校などもあるため、部活動帰りに寄る高校生で賑わっているようだ。
狭い厨房にはご主人と最近入ったばかりらしいアルバイトの女性。色々と指導している。きびきび動くご主人の様子を見ているととても気持ちがいい。
基本メニューの「らーめん」を注文。中細麺だからなのかとても早く約3分で到着。予想通り背油たっぷりのルックスだ。スープ一口目、豚骨の濃厚な旨味が強く美味しい。ギトギトしているが、マイルドな味わいだ。やはり背脂チャッチャ系の原点とも言うべき「ホープ軒 千駄ヶ谷本店」に似ている。「弁慶」自体が「ホープ軒」の流れを汲んでいるので当たり前の話だが。
麺は中細ストレート。歯応えもありなかなか良いが、麺がダマになっていた。これは残念だ。麺は資料によると「浅草開化楼」のものを使っているようだ。
具は、薄切りのバラ肉ロールチャーシュー、メンマ、もやし、刻みねぎ。チャーシューはトロトロしているので好みとは違うため、加点対象にはならない。
途中飽きてきたので、にんにくと豆板醤を投入して平らげた。
全体の印象として、やや塩味が強く感じたかな。前半は良いが食べ進めるうちに胃が重くなってくる。このあたりの味の調整は必要であろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製らーめん+煮付玉子」@らーめん 茂木の写真070704昼
小雨降る平日のちょうど正午に到着。店は1994年12月に開業。ご主人は元精肉業。ラーメン店に肉やガラを卸していた関係から、自分でも店をやりたくなり「支那そば屋 こうや」で修業をした後開業したという。
支那そば屋 こうや」系の店としては、「中華そば高はし」に続いての訪問となる。店内に入ると街中によくある蕎麦屋に近い印象の店。サラリーマンを中心とした先客が6人いる。2人がけのテーブルに座ると、人の良さそうなおばあちゃんがジャスミンティを運んでくれる。厨房にいるご主人のお母様なのだろう。どことなくアットホームな雰囲気が漂う、家族経営の店だ。
注文したのは「特製らーめん」。5分程で運ばれる。スープを飲むと、シンプルだが、しっかりした豚骨ベースの醤油味。スープ表面にはかなりの量のラードが浮かんでいる。これが私にはややしつこく感じた。
資料によると食材は背ガラ、ゲンコツ、豚骨、鶏ガラ、モミジ、玉ねぎなどを使っているようだ。
麺は細縮れ麺。圧倒的な不満としてはやわらか過ぎるということだ。同じ不満を「中華そば高はし」でも感じたが、これはせっかくのスープを台無しにしてしまう。こうや系の伝統の麺なのかもしれないが、違う麺に替えれば、評価はもっと高くなるのにと残念に思った。
具はチャーシュー2枚、メンマ、のり、薬味として大量万能ネギがのる。そしてトッピングの煮付玉子。これらの具は加点には値しない。添えられているに過ぎない。ご主人にはもう少し研究心を燃やして欲しいと思う。
食べ終わるとかなりの満腹感。値段(570円)の割りにボリュームはたっぷりだ。なので評価はやや甘めとなった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「土方そば」@新撰組の写真070624昼
日曜日ということもあり、車で多摩の未食店に遠征。場所は「ダイヤモンドシティ・ミュー」の目の前にある。鬱陶しい梅雨の小雨の中、行列は6人待ち。地元民だと思うが盛況だ。カウンター9席という小さな店。厨房には30代の男女。夫婦営業の店らしく、Tシャツに頭巾といういでたち。テレビは時代劇が流れている・・・。よく観ると映画「たそがれ清兵衛」だ。よほどの時代劇ファンらしく、特に店名にもある「新撰組」の大ファンで、以前は「新撰組」しか流していなかったということだ。
注文したのは「土方そば」。この店で一番ノーマルな豚骨醤油ラーメン。他にピリ辛味噌味の「沖田そば」。焦がし味噌の「誠の味噌」などがある。
テーブルにはトンコツの食べ方などが書かれていて、「紅しょうがは、33本で食せ」などとユーモアたっぷりだ。
店内混雑しているため出てくるまで10分程かかる。まずはスープから。とろっとしてややこってりしたスープだがまろやかで深みもある。なかなか美味しい。麺は白玉博多麺というもので、細麺ストレート。歯応えもまずまず。麺箱には「中西食品」と書いてある。3時までのランチタイムの間は、替え玉1杯サービスとなっていて、白の白玉博多麺と赤の熊本麺から選べるが、替え玉は熊本麺にした。こちらは中細麺で唐辛子が練りこんでいるとの情報もあるが、唐辛子の風味はあまり感じなかった。こちらも麺のカを感じるなかなかいい麺だ。
具は、キクラゲ、チャーシュー、海苔、刻みネギ。特にキクラゲの食感はとても良かった。
なかなか行きにくい立地だが、行って損することはないと思う。帰り際に奥さんから妻に、女性へのサービスということで、「うまか棒」をくれた。何てことない気配りだが、そんなことでも点数はアップした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油とんこつつけ麺」@豚骨らーめん いちご家の写真070607昼
5月の終りコンバット越前さんからこの店の開店情報をいただき、次回本庄に行った際寄ろうと思っていたところ、運良く子供の体育祭がこの日にどんぴしゃ!なので記念すべき開店日に訪れることができた。
店に着いたのは12時を少し過ぎたところ。店内は満員で5人の行列。数本の花輪が出ている。デジカメの写真で確認すると店のルーツらしき「麺屋 大谷」の花輪も置いてある。
私は「麺屋 大谷」へ行ったことがないのでわからないが、“呼び戻し”という技法が最大の特徴らしい。
ということで、店の看板に書いてあった文言をメモって来た。特製スープ呼び戻しとは「熱効率の良羽釜を豚骨を強火で十五時間炊き開店以来カラにしたことのないスープに新しいスープを注ぎ足し作る、呼び戻しという技法のスープ。油にたよらず豚骨本来の旨味を凝縮したスープです」とある。
なので一応ツッ込みを入れさせていただくが、開店以来カラにしたことのないスープに・・・ということは、きょう作ったばっかジャンかよ!(笑)
まぁまぁご愛嬌ということで・・・。さて、ようやくテーブル席に着く。店内は広く空間たっぷり。店主の男性が厨房で調理。女性従業員3人が配膳をしている。従業員全員が黒Tシャツのお揃いだ。
この日もかなり暑かったので私は「醤油とんこつつけ麺」を注文。カミさんには「醤油とんこつラーメン」を頼んでもらった。麺は細麺と太麺が選べるが、私たちは細麺にした。
さあ、ここからがアクシデント発生だ!とにかく注文してから時間がかかるのだ。10分が経過したところで、私の後から来た人にラーメンが先に出る。更に他のつけ麺と続き、私たちの前はスルー。いい加減20分ほど経過したところで、「ここはまだですか?」と女性の1人に尋ねると、「何でしたっけ?」とのリアクション。どうやら注文した紙がどこかに消えてしまい、オーダーが通っていないと言う。何〜〜〜!これにはキレかかる。「すみません、もう一度注文お願いします」だと。初日とは言え、この接客はヒドイ。この時点で帰っても良かったのだが、そこをぐっと我慢、再注文した。この私と店員とのやり取りは当然他の客にも聞こえ、店内の雰囲気が明らかに悪くなる。
そんな中、私の隣に座った客が注文の際、「和風とんこつと醤油とんこつの違いは何ですか?」と尋ねていたが、「わかりません」という答え。これはマズイ!店主が教育をしていないということがバレバレだ。仕舞いにはその客に「醤油とんこつ」を細麺で注文したのに、太麺を出してしまったようで、客は猛烈に怒って食べずに帰ってしまった。
店内は更に異様な緊張の度合いがます。一種、店員はパニック近い状態で、店内を右往左往するだけ。「初日からこれじゃ思いやられる」と、その様子を窺っていた厨房の店主の憔悴しきった表情が印象的だった。まあ厳しいようだが、これは店主の自業自得である。
ということでやっとこ「醤油とんこつつけ麺」が到着した。つけ汁は濃厚な豚骨の旨味がたっぷりで醤油とも馴染み、そこそこ美味しかっただったのではないだろうか。正直、細かい味については覚えていない。
店主は私たちに何度も「申し訳ありませんでした」と繰り返していた。
帰り開店サービスにバラの花をプレゼントしていたが、配る方も受け取る方もとても空しく感じたことだろう。希望に満ちた開店日が台無しになってしまった。この日ミスを素直に反省し、是非とも味・サービスの向上に精進して欲しい。
オープン日ということで料金が半額だったのが唯一の救い。そうでなければもっと点数を低くしていた。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
69

「中華そば」@中華そば高はしの写真070523昼
開店15分前に到着。店の前には誰もいない。外は30度近い気温。あまりに早く来すぎたかと思ったが、あれよあれよと12人が並ぶ。やっぱり早く来て良かった。
四ツ谷の「支那そば屋 こうや」で修行をつんだ店主の店。「支那そば屋 こうや」は仕事の前や後、何度も通った思い出の店。その縁の店なので以前から気になっていた店だ。
11時半になり開店。一番奥から座らされる。9人掛けL字型カウンターだけの狭い店だ。隣との間もとても狭い。店主と女性店員の2人のみで営業しているのだが、この女性が実に愛想がない。
大釜でまず5人前ほどが茹でられる。その作業は熟練している。
5分程で到着。万能ネギが器半分ぐらい覆っていて、見た目食欲をそそる。
スープを啜ると、塩気がやや強い。豚骨と鶏がらのバランスは良いと思うが、旨味がやや足りない。油がやや多め。これは「支那そば屋 こうや」譲りかな。
麺は中細のちぢれ麺。これがいただけない。麺が柔らか過ぎて、食感が悪い。
具は、チャーシュー、メンマ、万能ネギだが、チャーシューはバラ肉を柔らかく煮込んだもの。これも私の好みではない。
とにかく麺の弱さは致命的だ。期待をしていただけにガッカリ。私は「支那そば屋 こうや」とは別物の店だと思う。もっとも「支那そば屋 こうや」では雲呑麺しか食べていないので、比較にはならないと思うが。
本家には暫く行っていない。近く訪れなければ・・・。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@MURAYAMAホープ軒 本店の写真070505昼
ホープ軒という名が付くラーメン屋に懐かしさを感じる人も多いだろう。私にとっても「ホープ軒 千駄ヶ谷本店」は何度となく訪れている思い出のラーメン店。そんなホープ軒も最盛期、都内には15ものホープを名乗る店があったそうだ。
「MURAYAMAホープ軒」は「阿佐ヶ谷ホープ軒」店主の姉夫婦のお店という。子供の日に家族で訪れた。
店に入るととても広い。2列のカウンターの島が2つ出来ていて、ほぼ満席だ。店内の奥は厨房になっているが、ステージのように客席より一段高くなっていて、ラーメン作りの工程がよく見える。5人の店員はキビキビと動き、なかなか気持ちがいい。ラーメンを待つ間、壁を見ると「舌代」に「現二代目の祖父は戦後満州から復員しまもなくホームラン軒のチェーン店を作り上げた創業者」だと書かれている。「ホームラン軒」とは多摩地域に広がるラーメンチェーンで、インスタント麺のそれとは違う。
ほぼ10分で「ラーメン」が到着した。見た目はホープ軒らしく、背脂たっぷりでしつこい感じだが、スープを啜ると意外とあっさり。だからと言って豚骨のコクも旨味もかなりある。レベルはなかなか高い。
麺は中太ストレート。麺は弱いだろうと予想していたのだが、なかなか歯応えもあり存在感があるいい麺。ボリュームもあり食べ応えがある。もう少し加水率が高ければ尚良い。
具はチャーシュー、海苔、そして大量のもやし、刻みネギ。もやしがこのラーメンには良く似合う。まわりの客を見ると、スープの色が赤い。どうやら卓上にある特製の一味唐辛子を大量に入れて食べるのが常連のスタイルのようだ。私も郷に入れば郷に従えで、唐辛子を豪快に投入。これはかなりの辛さになるが、とても好きな味に変化する。味を2回楽しめるのは嬉しい。
期待していなかった店だけに、ちょっと得した気分だった。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつ醤油」@飛龍らあめん 飯田橋店の写真070501昼
本来ならば「中華そば高はし」に行く予定だったが、GWの臨時休業。さて困った。この辺りの目ぼしいところはあらかた訪れたなぁ〜と思い、あれこれ思案していたところ・・・。表通りから一歩入ったこちらの店が目に入り、入ってみることにした。
ここは「居酒屋らあめん飛龍」とも書かれていて、夜は居酒屋という店。リーマンが仕事帰りに一杯ひっかけ、シメでラーメンを啜りたいという欲望を全てこの店でやっちゃうぞ系の店だ。
1階は6人の狭いカウンター。2階はテーブル席になっている。私はカウンター席に座り、メニュー表を見て考えていると・・・。「アナタナニシマスカ」と女性の声。店員は中国人らしき女性2人と奥の厨房に男性一人。調理は男性に任されているようだ。私はメニューの一番上の「とんこつ醤油」をチョイス。麺が太麺と細麺から選べるというので太麺にした。
やや早く4分強でラーメンが到着。スープの色は例の系統に近い。海苔もあるし、チャーシューの仕上げも似ている。ということは家系なのか?と想像するかもしれないが、モヤシが入っていたり、鶏油が浮いていないので、全く別物だ。
さて食べよう。スープを一口啜ると「???」これは手づくりスープなの?と疑問が湧いてしまう。コクも旨味もそこそこあり、豚骨の臭みを排除しマイルドに仕上げているが、美味しいスープではない。可もなく不可もない業務用スープといわれても仕方がない味だ。
麺は太麺となっているが、私の範疇だと中太ストレート麺。そこそこのモチモチ度はあり、とりわけ悪い麺ではないが、印象が薄い麺だ。
具はチャーシューがお粗末。しっかり味付けをして欲しい。
激戦区のひとつ飯田橋で、この味で勝負するのはやや厳しいでしょう。
そもそも本命に振られ予定にない店に入った場合、得てしてこういう結果になることが多いのだが・・・。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
79

「らーめん」@伝家の写真070407昼
2001年6月開店の家系。内装は木材を多く使った、落ち着いた雰囲気で、割合と大型の店である。この日は店の目の前にある航空公園でサッカーの試合でもあったのか、高校生らしきサッカーチームのメンバーが店を占拠していて、15分程待たされた。
カウンター席に座り、まずはキャベチャー。土曜の昼なので、キャベチャーをつまみに生ビールを1杯飲みたかったが、車で来たので、アルコールはNG。ちょっと残念だった。
そこから5分程でらーめん到着。やや小さめの丼だ。せめて中盛りぐらいにすれば良かったかな。ビジュアルは、海苔3枚、チャーシュー、ほうれん草、うずらの玉子となっているが、うずらのトッピングは、店主の修行先の系列本店である「壱六家 磯子本店」に倣ったようだ。
スープを飲むと、こってりマイルド。鶏油がかなり効いているのでやや重く感じる。ただし家系の店は塩辛く感じる店が多いが、こちらは丁度いい塩分量だ。
麺は中太ストレート。それはそれでモチモチっとしてコシのある麺。店内に置いてあった麺箱を見ると、「川越 銀杏軒」と書いてある。調べたところ、「あぢとみ食堂」が使用して以来、またたく間に埼玉県内に広まった、評判の麺だということだ。
具のチャーシューはいい言い方をすればジューシーかもしれないが、柔らかいので、評価としては良くない。他の具は乗っていたという印象しかなかった。
テーブルにはニンニク、胡麻、唐辛子、胡椒などが置いてあり、後半にニンニクを大量投入したため、味のバランスが崩れてしまったが、こういう食べ方が出来るのが家系のいいところだと、勝手ながら感じている。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件