なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね

「担々めん」@らーめん 亜寿加の写真070720午後
遅いお昼ご飯を食べに渋谷へ。以前からチェックしていた当店へ突入した。2時過ぎだというのに満席。カウンターが厨房を取り囲むようになっている店で、かなり広い。従業員5人がせわしなく働いている。この店は元々四川料理店だったが、ラーメン専門店にリニューアル。なので四川飯店系の坦々麺は専門分野ということだ。
5分程で運ばれた坦々麺。オレンジ色の憎い奴の登場だ。スープを啜ると酸っぱ辛い。なかなか旨い。胡麻の風味が豊かだ。スープのベースは豚骨と鶏ガラ。なかなかいい出汁が出ている。
麺は中細麺ストレート。硬めに茹でられた多加水という好みの麺。坦々麺なので、ズルズル啜れないが、シンプル中華そばにも合う麺だ。
具は中央に存在感がある青梗菜とチャーシュー2枚。青梗菜は彩りも美しいが、食感が楽しめ、具材として成功している。
ライスはサービスで、テーブルの高菜漬けを乗せて食べても良い。この高菜漬けはかなり美味しいので、食べることをお勧めする。
総合的には私が食べた坦々麺の専門店の中ではハイレベルだと思う。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
76

「担々麺」@担々麺杉山の写真070304昼
2003年11月オープンの担々麺専門店。青梅の梅見物の途中に寄った。行列を予想し、開店時間ちょうどに入れたので、待つことなくテーブル席に着席できた。店内はほの暗く食堂風。ちなみに厨房はもっと暗い。やはり昼間の飲食店は、カッと明るい方が印象は良い。
おばさんが注文を聞きに来て、「ライスは付けますか?」とのこと。当然私も妻も「お願いします」と返事。
テーブルの上には、「杉山流 担々麺の美味しい食べ方」というものが書いてあり、海老はオーブンでじっくり焼いてあるので殻ごと食べてくださいとある他、ライスはスープに入れてお召し上がりくださいとのこと。
約15分待ち到着。海老が香ばしい。見た目は濃いオレンジ色でとても辛そう。だが、実際はそうでもないという情報があったので、辛党としては、更に辛味を増そうと、別売の「大辛特製辣油」も加えた。
スープの辛味は大したことがない。小学生でも無理なく食べられる範囲ではないか。ゴマの風味やラー油が広がり、後味がピリ辛という感じ。基本の味は胡麻ペーストで、出汁に砕き甘海老、干し貝柱を加えているという。ただ全体的にもう少しコクが欲しいと感じた。
麺は自家製麺の細縮れ麺。時間をおくとすぐ伸びそうな麺だ。この麺は相当弱い。細麺でも良いが、グルテンの強い小麦粉を使うべきだと思う。
具は甘海老のロースト、挽肉、モヤシ、キクラゲ、薬味ネギ、香草など。香草は個人的には好きだが、嫌いな人が多いので、デフォルトには疑問だ。
麺を食べ終えて、サービスのライスをスープの中に入れ雑炊して食べる。これは文句なく美味しい。でも麺より美味しいのは問題だよな・・・。
食後は、セットの杏仁豆腐とジャスミンティーが運ばれる。まぁ、これはこれでいいんだけど、全部で850円とはちょっと高い。それならば担々麺700円、杏仁豆腐とジャスミンティー150円と別料金の方がありがたいと思うのは私だけだろうか・・・。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
69

「豆乳担担麺」@五十番の写真061201昼
自称「日本一ウマい担担麺」という宣伝文句に釣られ、行って来た。
ここは2005年11月に担担麺を全面に出したメニューに一新した店。担担麺に豆乳を使用するというのも珍しい。
この界隈は、日大、明治、専修など大学が密集し、ビジネス街でもあるため、昼時は人でごった返す。当然、ライバル飲食店も数多い。そんな中この店は、店員が外でチラシを配り、集客に必死のようだ。
店内は「HIPHOP」を意識したカウンターだけの店。赤と黒がコンセプトカラーだ。空席がやや目立つが、たまたまか・・・。
さて、辛めでオーダーすると、ほんの1,2分の超スピードで到着。半ライスとおしんこ、そして食後の口直し、お猪口サイズのレモンゼリーがサービスで付いてきた。
一口スープを飲むと、ラー油の辛味でややむせてしまった。そこそこ辛い。ただ豆乳や本来の出汁の深みはあまり感じられない。
麺はやや硬めに茹でられた、中細ストレート麺。シコシコして悪くない。黄色いので、卵黄入りなのだろう。
具のチンゲン菜も食感の変化があり良かった。ただ挽肉は火を通しすぎのようで、かなりパサついていて、不満。ライスの上にかけ、そぼろのようにしても食べたが、これはいただけない。実は夜中まで胃もたれしてしまった。
体調が悪かったせいもあるが、ちょっと胃に負担のかかる一杯だった。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「辛口坦々刀削麺」@刀削麺荘 唐家 武蔵村山三越店の写真061119午後
先週土曜、日産村山工場跡地にオープンした、ダイヤモンドシティ・ミューの武蔵村山三越1F食品売り場の中にある店だ。
実は妻とショッピングの後、他の店に行く予定だったが、ミューの駐車場に入るだけでも約2時間待ち。とにかくただっ広いショッピングモール。ここに人がごった返し、大変な状態。心身ともに疲れ果てたので、この店に緊急避難した。
ここはお馴染みチェーン店「刀削麺荘」の支店。ウリは山西省西安の麺の固まりを包丁で一本一本削いで釜に入れ、茹で上げる刀削麺が名物。不揃いの麺だが、きしめんのような平麺となる。
そんな名人技を眺めながらも10分、20分と時間は過ぎる。8人の行列だが、中々前に進まないのだ。ちょっとイライラする。しかも店といっても屋台のような丸見えカウンターで、通行人の視線を背中で感じながら食べなくてはいけない。
ようやく座り、坦々麺が運ばれる。スープは旨辛くまあまあ。鶏ガラベースのピリ辛スープとパクチーとの相性もさすがに良い。山椒のアクセントが決まっている。しかし挽肉はやや揚げすぎで、肉の旨味が飛んでいる。
麺はワンタンの皮を食べているような感じで、もっちりとしたコシはない。なので麺としては美味しくない。しかも量が少ないので、物足りなさがある。まあ緊急避難なので仕方ないのではあるのだが・・・。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「だんだんめん(中辛)」@支那麺 はしご 銀座本店の写真060913昼
観なければいけない映画があり、その前に寄った。カウンターだけの店。
12時前なのに結構客が入っている。食べている途中にはついに行列まで出来てしまった。だんだんめんを注文(坦々麺のこと)。1分そこらですぐに運ばれてくる。坦々麺というと、ブタ挽肉の餡が乗っているのが定番であるが、ここはそれがなく、チャーシューが乗っている。
スープは醤油ベース。四川風の坦々麺を和風にアレンジしている。自家焙煎のすりゴマとラー油が絶妙。辛味と甘味が重なり、柚子の風味も素晴らしい。これだけ美味しい坦々麺のスープは初めてかもしれない。
麺は細麺。卵入りでスープによく絡む。文句ない麺だ。チャーシューはそれなりだが、十分に満足できる。
ライスがサービス。テーブルの上に置いてある細切りたくあんをかけ食べるといい。これだけラーメンとライス、漬け物が合う店も少ないかもしれない。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「坦々麺」@そらまめらぁめん本舗 久米川店の写真060826昼
8月22日オープン。本店は調布にあるらしく、ここはその支店。この日は「坦々麺」が半額の400円とオープン特別価格ということで、値段に引かれ訪問。「坦々麺」は滅多に食べないが、突然とても食べたくなることがある。ちょうどそのタイミングだったので、良かった。
訪れると満席だったが、ちょうど運良く座れた。店内はちっちゃな喫茶店、あるいは洋食屋といった雰囲気。カウンターとテーブル席に分かれているが、カウンターは壁に向かって作られていて、食べる環境としてはあまり好きではない。
私たちはラッキーにもテーブル席に座ることができた。客は全て地元の人。ラーメン好きがわざわざ訪れたという感じではない。
さて、運ばれてきた坦々麺。敷かれたサニーレタスの上に挽肉の餡が乗せられ、まあ見た目オーソドックス。餡をスープに溶かし味わうと、辛味と甘味が混ざり合ってなかなか美味。ただ、山椒の辛味などもう少しピリ辛にしてもらった方が好み。薬味がシソなのだが、これはアクセントとしていい。
麺は中細の縮れ麺。自家製ということだが、パサパサしている。もう少し卵を加えた方がいいような気がした。店名のそらまめらぁめんとは、麺にそらまめを練り込んでいるのかと思ったが、そうじゃないらしい。店名の由来は何なのだろうか?
まあ、地元で食べるラーメンとしては、まずまずだろう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし坦々麺(3辛)」@希須林 赤坂店の写真060713昼
午前中の打ち合わせが終わり、赤坂のどこかのラーメン屋入ろうと、汗だくになりながら、炎天下赤坂駅から見附方面にぽーっと歩いていたら、行列を作っているラーメン屋に遭遇。それがここ。坦々麺の専門店だ。9人のサラリーマン、OLが暑い中待っている。ヒートアイランド現象も重なり、推定気温37度の中、並ぶ価値があるのならの期待できるかもしれない。そう思いきかせ、並ぶ。
回転は遅い。30分ほど待って、ようやく店内へ。すーっと冷えた空気。改めてエアコンのありがたみを感じる。
注文したのは「冷やし坦々麺」。本来ならノーマルメニューの坦々麺を頼むのだが、太陽の威力に降参して、冷やしを注文。ギンギンに冷やしてくれええ!そういや冷やしと癒しはちょっと似ているがなw
ここは辛さをチョイスできる。辛さは5段階ある真ん中の3辛した。
さて、運ばれてきた「冷やし坦々麺」は、たっぷりのもやしとニラの野菜の上に、豚肉ロースのから揚げが大量に乗っている。
まずはスープを一口。まずまず冷えてる。ゴマとピーナッツの香りが豊かに広がる。続いて麺を食らう。中太麺がすっげー固くてかなりの歯ごたえ。こりゃ、麺食って、めんくらったぜ!さむ〜!!
なかなか主張している麺だ。スープとのからみも良い。そこそこいい麺だ。ただ大きな不満はスープの量が圧倒的に少ないことだ。
冷やしラーメンはすべからくこのようにスープの量が少ない。これは他店にもお願いするが、たっぷりの冷やしスープを飲みたい。飲ませてくれ〜。
ということで全体的に悪くはないけど、あまり口には合いませんでしたとさ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒ごま担々麺」@玉丹 西早稲田店の写真060405昼
坦々麺を食べたいと思い、リサーチした結果、この店が浮かび上がった。看板には坦々麺専家と書かれていて、自慢の一杯をいただけるのではないかと期待した。
カウンター席から店員が作る工程を拝見していたが、スープのベースは白濁していた。塩なのだろうか?
スープはスリゴマが大量に振られ、ほぼ真っ黒。そこに山椒、ラー油が効いている。エスニックな調味料も加えられているようだ。スープは濃厚でほぼペースト状に近い。麺は太い平麺。よくスープと絡むが食べにくい。もう少しスープを汁っぽくして欲しい。
結果、坦々麺というより、変わったラーメンを味わったという感じ。食後感はあまり良くなかった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件