なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,725
レビュー 店舗 スキ いいね

「味玉 上越味噌」@ナベラボ 池袋〝新潟ラーメン 第2弾〟の写真石神ラボ、入れ替わりの季節…
と思ったら、また「新潟」、また「樹庵」…。
ま、いっかw

日本海側のラの聖地らしく、まだまだいろいろあるんですねー。
入れ替わり前のラボでお気に入りだった味噌との比較で、味噌をチョイス。

甘口スッキリテイストの白味噌をベースにしつつ、
キャンバスにニンニクを使用した「なるほど」な仕掛け。
ガツンと利かせすぎるでもなく、輪郭線を描かせるでもなく、
白味噌の個性を明るく引き立てる使い方に思わず唸らされます。

野菜係、特に、たっぷりのスライスオニオンがまた良い味を出してます。
白味噌とは異なる甘味を加えつつ、相乗して甘くなりすぎることなし。
食感のしっかりした、やや味付け濃いめのたっぷりのチャーシューが、
力強さと塩味系のベクトルを担当し、一杯の中でバランシングも秀逸。

麺は細身のツルシコタイプ、
もはや味噌の麺というと、森住などの硬めの麺が
定型としてこびりついているためかな、ちょっと弱く感じます。
ただ、麺が強すぎて、白味噌を主役にした落ち着いた味わいを保つ、
という意味では、この麺がベターだったのかな、とも感じます。

総じて、一杯の「料理」として、美味く成立しているしている、という感想。
現地の「本物」がどのようなものかは知らないけれど、
こういうのを土地の人が常食としている、というイメージがピッタリくる、
そんな一杯であることは間違いないです。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「極担担麺 叶奏(かなで)+味玉」@よってこや 南池袋店の写真77点
大阪王将、太陽のトマト麺などを展開するイートアンドの店舗、
ミシェラン1つ星・鳴龍との共同開発による担々麺を限定提供中。
個人的にありがたい通し営業、
中途半端な時間に開いてる貴重なお店。

小ライスか替え玉がサービス添付、前者をチョイス。

粘度抑えたの胡麻味のスープ、鶏ガラ豚骨+貝出汁のスープ、
カエシと芝麻醤は、練りごま・ラー油・酢・小豆島産の醤油とのこと。

この際、「デキ合い」感はやむなしとしましょうw
鳴龍さんの担々麺の特徴を、それなりにきちんと押さえた仕上がり。
辛味控えめ、痺れ極小、胡麻の風味をメインに、酸味が強め。
細切れの豚ロースを多めに含む肉味噌と刻み葱も多めにトッピングされ、
「マニア」ではない日本人が好みそうな担々麺の、完成度高めなやつ、
というテイスト。

パツパツ感強めの中細ストレート麺、
こいつも日本人が好きそうなタイプで、
アクを抑えたスープと併せるべく、テンポとビートを与え、
メニュー全体のリズムとバランスを整える役割。

味玉は、比較的火が通った8分熟タイプ。
小ライスに玉子とスープをぶっかけて、美味しく締められます。

「本家」と比べるのは酷でしょうが、
気軽に完成度の高い、ニュータイプ和風担担麺を楽しむには十分な仕上がり。
難は、本家が隣駅にあることかな…。


P.S. …にしても、また異動かよ…。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ラム煮込みスパイス醤油ラーメン」@羊肉専門店 辰 池袋南口店の写真池袋に面白いラーメンを出す料理屋ができたと聞き参上。
ジュンク堂書店向かいのビルの2階の羊料理専門店。
パウチリング留めのメニュー、は、肉料理やサラダ、餃子などのメニュー群の中に
スパイス醤油・羊骨醤油・塩胡椒・麻辣・担々麺というラーメンメニューがあります。
ラムしゃぶ・ラム煮込みのいずれかが乗るのがメニューの基本、
後者をチョイス。

スープはうっすらトロミのある清湯醤油。
羊肉と羊骨の煮込みスープに鶏ガラを加えたもののよう。
スパイスがビシッと利いて、辛味ほどほどだけど痺れ系の刺激を感じます。
羊の臭みは巧く飛ばしつつ、羊の個性的なコクは残っており、
上述のスパイステイストと相まって爽快に腔内を迸る仕掛け。

麺は、パツパツ感に富んだ中細ストレート、
スープの爽快感とよくマッチしていると思います。
その勢いを止めないようにしつつ、
上手く受け止めて厚味をもたせる役割を担っている気がします。

乗せモノは、角煮状の煮込みラム肉、炒め野菜(キャベツ・もやし・にんじん・ニラ)、パクチー。?
っていうか、煮込みが美味ッ!
口の中でホロホロと崩れるの込み具合、
スープ同様、嫌な癖は飛ばされているものの、
個性とコクはしっかり残っている。
ラーメンのトッピングも、こうしてもっといろいろあってよいと再認識。
野菜のいため加減もシャキシャキ感をしっかり維持し、
「料理屋」であることを実感。
スープや乗せモノの切れ切れ感を少し和らげつつ、
食感面の切れは失わさせない、必須アイテム。


というわけで、具材多め系ラーメン大好きのみとしては、
大いに楽しめた一杯。
後楽園の庄野氏のラムのお店が、
ラムを使った日本人の好みのラーメンを追ったものだとすれば、
こちらは、
ラムを元来食文化の核に持つ人々が、
その個性をストレートに麺料理に集結させたような一杯。

「出汁感主義」の私としては、
「ラーメンとして」、突き抜ける点数をつけにくい感じではありますが、
一つの料理として高く評価したい一杯だと思います。

〔お詫び〕
長目の繁忙モードに入り、日頃懇意にしていただいている方々に
長期のご無沙汰となってしまい、申し訳ありません。
1月下旬には、またラーメン食べ歩けるように…
なったらいいな、と思っています。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「鯛塩すましそば」@鯛塩そば 縁の写真我が最寄り駅にできた久々の「らしい」お店。
遅ればせながらの初訪。

乗せモノは日替わりのよう、
ボードに「今日の食材」が書かれています。
本日は、エリンギ・ごぼう・ニンジン・柚子・豚スライスなど。

鯛のアラのみで仕上げたというスープは、微濁りのサラサラ清湯、
鯛の旨味がバシッと利いて、というよりも、
じわっと、しかし厚めに出ているという印象。
鯛の旨味もさることながら、他の食材から出る味とのマッチングを楽しませるもので、
上述の各食材からの旨味もにじみ出ています。
仕上げに振られたワサビなんかのエキスも感じるかな。
トータルで鯛そのものというよりも、
総合的なブレンドスープというか、料理のようになっていて、
なかなか難しいところを狙ってる印象。
某有名店のように、「ドーンと鯛!」というのを期待すると
肩透かし感があるかも。
食べ進めるほどに味がなじんできて、なるほど、と思えてくる。

麺は、村上朝日製の細身のストレートタイプ、
黒点が散見される全粒粉入り。
パツパツを基調に、クニュとパリッと感も兼ね備えたようなタイプで、
なかなか「攻めてるなあ」と思わせるもの。
これも、スープの個性と相まって、一つの料理を構成させているイメージ。

鶏チャーなんかを乗せてる日もあるようですが、
本日は豚のスライス。
豚の風味がよく出ているけど、ちょっと鯛出汁との相性は「?」。
ごぼうやエリンギも「出し殻」感は皆無でしっかり風味が残っており、
ちょっとバランスを間違うと怖いな、と思うほどに個性を放つ、
食感もしっかりあって面白い。

味玉にも鯛出汁がしっかり染みてます、黄身はクリーミー。

麺量は、やや少な目にしているのかも。
鯛飯などとセット、あるいは、替え玉を推奨している空気を感じます。
今日は空腹感控えめなのでスルー。


トータルで、かなり「狙ってるなあ」と思う一杯。
好みとしては、もうちょい鯛そのものをバシッと、
というのを期待してしまいますが(店名になってるし)、
行くたびにいろんな食材とのブレンドバリエーションを楽しめるのかも、という期待も。
「濃厚」メニューがあるので、そちらではもっと「鯛」を感じられるかな。
ご近所なので再訪してみたいです。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 全部のせ」@らーめん神宮の写真ラーメン長山跡地の新店、
と言っても、既に3か月ほど経ちましたが。

豚骨醤油に分類しましたが、
豚骨+ベジ=いわゆるベジトン系のスープ。

浸け汁には、炒め野菜も投入され、
そこから染み出た分も相まって、けっこうなベジ風味を感じます。
緩めのトロミがついてますが、豚骨はバックアップ的な役目、
キリっと利いた醤油ダレが野菜テイストを引き立てる
どこか和チックな味わい。
飲み心地が意外に穏やかで、もたれないタイプ。

麺は太麺、形容するなら「クニュッ」とした食感ですが、
反発係数は高めで、口腔内を押し返す感触を楽しむタイプ。
浸け汁ともマッチしていると思います。

全部のせ、厚めの炙りチャーシューが2枚に、味玉、メンマ増し、
チャーシューは塩味控えめのベーコンのようなもので、
変な味付けもなく、素朴に美味しい、
クリーミータイプの味玉も定番レベルの仕上がり。

食後のスープ割はブーメラン提供、
薄め率は控えめで、ほどよく飲みやすくなるもの。


斜向かいには一蘭もあり、女性客も多い地域、
本格的ながら野菜でヘルシーアピールというマーケティングかな、
あり、だと思います。
後味はよいのだけれど、ベジ推しなチューニングは、
意外に好みは分かれるかも?
個人的には好きな味ですが、
もう一層深味が欲しい気もしないではない…かも。
「ベジ」の難しいところなのかも。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「塩中華そば+得のせ」@morrisの写真暫くご無沙汰した間に
新たに“塩中華そば”が始まったと知り、
久々に参上。

このお店らしい「塩」に仕上がっているという印象。
塩分などに依存することなく、
動物質と魚介系を絶妙にブレンドし、
まろやかだけど、深い味わいに仕上がっています。
初め「薄ッ?」と思うかもしれないけれど、
ジワジワ舌が充たされていく感じ。
醤油の方が「一味」多い分、重層感も上かな?
とは思いますが、身体への浸透度は塩の方が勝るかも。

自家製の中細麺、
玉子麺ライクな優しいタッチの多加水麺、
優しいとはいえさりげなくしっかりと弾力を湛えるもので、
スープの味わいと相まって、
男性が作っているのに、どこか「母の味」を感じるかもw

厚手で肉自体の旨味溢れるチャーシューも健在、
クリーミー黄身の味玉もポイントを押さえています。

味わいがどこかに似ている印象を感じていたのだけれど、
今日、それが、前島氏プロデュースの
「ラーメンゼロ」(閉店)だと気づきました。
あの店のラーメンを、もっと優しくした感じ。

営業の合間に店主さんがお子さんと楽しそうに過ごす姿を
みかけたことがありますが、
お子さんが安心して食べることができて、
しかも大人が食べても満足できる一杯、
そういうものを目指したのではないかな、なんて想像。
その通りだとしたら、実に納得できる一杯であります。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 8件

「醤油細麺ワンタン5個+味玉」@麺や とりまるの写真遠出は儘ならぬ我が状況なれど、
せめて三田線沿線の情報については貢献せねば。

某ビッグネーム店での修行歴があるという店主殿(ネット情報)、
目指すのは、油や魚粉などには頼らないヘルシーなラーメンとか。

ワンタン最低3個がデフォのメニュー
(=普通のラーメンやチャーシュー麺はない)、
ワンタン党の私には全く問題がありません。

そのワンタンは、鶏肉の餡がドーンと詰まった、というか、
明らかに「餡が主役」の大ぶりのもの。
皮のヒラヒラ・チュルチュル感は申し分ないのですが、
皮と餡とのバランスという麺では偏っています。
されど、お得感という意味ではかなり評価できます。

この餡には、適度な生姜主体の風味付けが施されており、
これがスープとの相乗作用を産んでいます
(計算されたものかどうかは不明)。

スープは丸鶏を丁寧に炊くことによって旨みを抽出した動物系に、
マグロ節からなる魚介系を重ね合わせたホッコリタイプの清湯。
最初は鶏の個性(「癖」ではない)がフワッと攻めてきますが、
ワンタンを頬張った後は、生姜が鶏とマグロ節の媒介をして
化学反応をさせたような地味とさりげない張りをもった味わいに。

他の乗せモノは、ほうれん草、海苔、ネギ、
メンマもさりげなく良い仕事が施されて美味しいし、
別売の味玉クリーミー残存で美味しい。

麺は丸山製麺のシコシコ中細麺、
いわゆる、よい意味で昔ながらの東京中華そばっぽいもの。
基本線がホッコリ系であるスープとの相性もよいと思います。

このあたりの板橋の下町にマッチしたテイストでありながら、
ワンタンを効果的に活用した何気ない個性が光る一杯、
対面の「ほん田」系のお店とよい意味で競合しながら、
三田線のラーメン台所を支えていただきたいと思います。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン」@札幌らーめん 品川甚作本店の写真(私が休止中だった、3月のレビュー、
 在庫一掃ですが、ご容赦ください。)

新商品登場の噂を聞いて参上。
謳い文句の通り、
森住製麺のプリプリ縮れ麺と、
十数種の香辛料をブレンドしたスープがマッチしています。
トッピングはもやしとザンギ(唐揚げ)、揚げ玉。

おなじみ、ラード蓋の下からドロ味強めのスープが現れる、
麺が、黒みがかったスープに、美味そうに塗れています。

辛味自体は強くなく、
濃いめの塩分と、しっかり効いたスパイスで食わせるテイスト、
スープの旨味が塩分と香辛料で惹き立って美味い!

付属の小ライスに、ザンギと残りスープをかけて満喫!

純すみ系ではありますが、開店以来、どんどん「らしく」なってる気がします。
他のメニューも、昔東京にあった同系に並んだ印象も。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 3件

「得製中華そば+サキベジサラダ」@中華そば 依々恋々の写真烈士洵名・魚雷・チラナイサクラなどを手がける
ボンドオブハーツ・塚田氏の新店が、
池袋東武の13F・龍の家の跡にオープン。

ソラノイロからの祝花も届いているようだけど、
関係ありそうなサイドメニュー、
サキベジサラダ(「だって野菜が先でしょ」というPOPありw)
も注文し、先に届いたこのサラダをいただきながら、
そばの到着を待ちます(胡麻ドレが合っていて、なかなか美味しい)。

オープン間もないからか、塚田兼司さんが直々に麺を茹でています。
盛り付けは女性スタッフ。
そういえば、店名の由来は、
『元女性スタッフが「中華そばが好きで好きで恋い焦がれて、
結婚と出産を経てスタッフとして戻って来た」というところから付いた』
とのことですが…。

5分ほどで着丼。
スープは透明度の高い清湯醤油。生醤油と鶏100%の無化調スープ、とのこと。
香味油の油膜がキラキラしてるけど、しつこい印象は皆無、
むしろ、出汁の昇華を見事にアシストしています。
鶏のナチュラルでやわらかなテイストと、
それを損なわない絶妙の塩梅で併せられた生醤油の風味が見事に調和。
切れがあるのに嫋やかで、喉から頭部にフワッと旨味の蒸気が抜けていくようなタッチ。
塚田さんらしい味、烈士洵名のスープを癖を抜いて洗練したような感じで美味しい!

麺は、中太ストレートに僅かに捩りを施しているか?タイプ。
「モチ」と「しなやか」を両立させ、喉越しもツルツルと心地よい。
でも、軽やかなタッチなんですよね、スープに見事に融合している!
なんでも、低加水麺をじっくりゆでて仕上げて独特のタッチにしているとか、匠の業!。

乗せモノは、低温調理の鶏、豚赤身、バラの3種のチャーシュート、
四角いハンペン、三つ葉、柚子皮、ねぎ、黄身がクリーミーな味玉。
どれも、奇抜な仕掛けはしていないのだけど、それぞれがほどよく味付けられています。 

トータルで、塚田さんの作りたかったラーメンの一つの到達点を感じさせる逸品。
デパート仕様に子供用の小さなラーメンもメニューにあるけど、
これ、どちらかというと大人の味わいのような気も?w

麺が美味しかったので、一度つけ麺もいただいてみたい!


※750店舗に到達。500を過ぎてからは色々あって長かった…。
目標の1000店、いけるかな?
ロッテの福浦の2000本安打と、どっちが到達可能性が高いかな…。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚味噌+味玉」@ナベラボ 池袋〝新潟ラーメン〟の写真石神氏の厳選極み麺、期間限定の出店中、
おそらくそろそろ期間終了、
渡辺樹庵氏プロデュースの新潟ラーメン。

実は6月に背脂ラーメンをいただいて(未投稿)、
ちょっとぼんやりしているな、という印象を持ったのですが、
その後、この店は「濃厚メニューでこそ!」
という情報に接し、改めて参上した次第。

濃厚味噌、
以前、幡ヶ谷の某店でいただいたものは、「割スープ」がついてくるも、
「割らなくてもよくない?」という印象を持ったのを覚えていますが、
こいつは違う。

赤味噌を最低限のスープで溶き、
それに太麺を、まさに「塗して」いただくような一杯。
「汁なしと見紛う?」という表現は大げさだけど、
麺が「腰」ほどまでしか浸からぬスープ量。
とにかく味噌しょっぱい、しかし、赤味噌の旨味がミシミシ攻めてくる、
食べ終わると大量に底に溜まるほどの煮干しが出汁として味噌を支え、
しょっぱいんだけど美味い!
「塗しつける」麺は、中太で歯応え強め、
パワフルな味噌のパワーに弾力を加えつつ、
ワシワシと食わせるもので、
トータルでかなりストレス解消になるw

トッピングは、炒め野菜と厚手の豚、
豚はミシっと硬めながら歯でホロっと崩せるタイプ、
炒め野菜は、シャキシャキとした食感と香ばしさを加え、
この一杯に香りとリズムを与える役目を巧く果たしていると思います。

あまりにしょっぱいので、
添えられるポット入りの割スープで割りながらいただきますが、
割り過ぎても持ち味が損なわれると思うので、
慎重に加えながら楽しみます。
割スープは薄めの煮干し出汁スープ。

味噌の旨味とパワフルな麺の食感を楽しむ一杯ゆえ、
しょっぱくて云々というのは野暮ってもの。
ただ、週末に血管の診察を控えた我が身には、
きっとよろしくない一杯でしょうな。

鬱憤が溜まった日に、憤懣の対象人物の顔を思い浮かべながらいただくべき一杯哉。
(そういう日に食べたので高得点!w そうでなければ…?)

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件