なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,724
レビュー 店舗 スキ いいね

「ポッサムユッケジャン麺」@パンチャンとジョン エキュート赤羽店の写真赤羽駅北口内ecuteの本格韓国惣菜店のイートインコーナー。
「ド」タイプのお姉さまに惹かれて入店。

担々麺より出汁感が深い甘辛スープ(辛さは穏当)、
工場直送という盛岡冷麺の麺
(温麺は中太、冷麺は細麺とのこと)、
多めのナムルに、肉厚で硬め、ホロホロタイプの豚肉(ポッサム)。

一般に焼き肉屋なんかで食べたことがある冷麺の麺は、
かなりコリコリと硬いものだった記憶があるのだけど、

こちらの温麺は、クニュクニュとした面白い食感で、
普段ラーメンを食べていると新鮮に感じます。
余計な味がしないので、スープの旨味をしっかり味わえるのも◎。

このスープの出来なら、テールスープのソルロンタン麺という方も食べてみたい。

卓上のカクテキもなかなか美味しくて、
どなたかが書かれていたように、
腹を空かせて、〆ライスでいただいてみたい一杯哉。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「目玉焼麺」@焼麺 劔の写真くまが屋で注目されるも、今ひとつ盛り上がらず、
いくつかのお店で限定などで提供されるも、注目度今ひとつだった
「焼き麺」というカテゴリーに挑んでいるお店、
私の中でも、どこか「珍しモノ」という先入観があったのですが、
一定の評価が定着しつつあるようで、無視できないな、とやってまいりました。

焼き「固めた」麺を、スープに浸して解す、
その過程で、麺とスープに生じる融合反応を楽しむ、
というのが、これまでの、「単に焼く」ものとの最大の違いでしょうか。

そのスープに、分類は「豚骨醤油」にしましたが、ベジポタスープを配しています。
豚骨も効いていますが、トロミのクリーミーさと下地的甘味の担当に徹し、
味わいと、トロミの上を覆う、味わいと舌触りのサラッと感を担うジャガイモのウエイト高し。
醤油的塩気や出汁成分も脇で効いてはいますが、
トロミがしっかりしている割に味わいマイルドに仕上がっています。

カリッと焼かれ、麺同士もひっついた状態でスープに浸された麺を、
解して混ぜながらいただくスタイル、
焦げ目も付いて芳ばしく、カリッとした食感から、
解れるにしたがって徐々に下から「麺」の顔を見せ、
さらにスープを含むと、「おこげ」のような食感へと変化、
この麺のパフォーマンスは、たいへん楽しいものです。

大ぶりのチャーシューは、口触りホックリ、噛んでトロッと。
オーソドックスな味わいで、よい意味で標準的。

スープのマイルドさは、食べ始めてすぐに「飽き」のベクトルが見えてきますが、
別に提供される鰹節(すり鉢で摺ってふりかける)、
卓上の、紅ショウガ、にんにく、一味、胡椒などでアレンジしながら食べ進めることが予定されています。
マイルドながらトロミがしっかりしたスープは、
鰹節では、やがてその中に飲み込まれ、旨味の味わいが長続きせず、
やはり絡みやコク系の素材に頼ることになります。
とくに有効だったのはニンニクですね、ジャガイモだけだとどうしても起伏が緩くなるところに、
しっかりした「湧き上がり」効果をもたらせてくれます。
紅ショウガも口をすっきりさせつつ、別方向の刺激を加えて有効、
オーダーすれば提供してくれるという「ニンニク味噌」というのを試す前にスープがなくなっちゃいましたが、
実はそのアイテムが一番有効なのでは?と考えてしまいました。

アレンジすることを必須の前提とすればかなり高評価、
前提としなければ、「完成度に疑問?」という評価になっちゃいますかねー。
これから、さらにいろいろなアレンジアイテムを考案していけば、かなり楽しめそう。
辛味的メニューとか、味噌メニューなどもやったりしないかな、
アレンジ前提というところの評価によって、点数は変わってくると思うので、
間をとって、このあたりの点数で。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「角煮そば・こんぶトッピング+じゅーしーセット」@めーばる製麺 大山店 海人のいえの写真コッテリラーメンばかりじゃなくて、
たまには、あっさり、沖縄そばはいかが?

薄味だね、で片づけてしまえばそれまでですが、
舌を澄ませば、ユルーッと豚骨がなだらかな海を形成し、
その緩やかな波に薄口醤油と昆布、鰹の旨味が静かな潮流を演じる、
「本土のみなさん、そんなに豚骨ギトギトさせても、身体は受け付けないさー」
と言われているような、頬の内側、胃の壁からナチュラルに染み込んでくる、
穏やかで自然な濃さ、心安らぐ沖縄の人の人がらのよう。

木灰麺という独特の麺を使用されています。
ジョクジョクと蕎麦のように噛み切れは良いのですが、その前にフイッとした軽やかな弾力、
うどんのようなあっさりした味わいのようでいて、
木灰の効果か、口内の上側をザッと撫でる様なザラツキとほんの僅かの灰汁のような感覚が楽しい。

美味しく食べるコツ、
まずはトッピングの活用、本日は角煮をチョイスしてみましたが、
大ぶりのものがドスンと一つ、よく煮込まれているので、厚い皮を剥がす様にバラリと解れます、
解した肉を、麺と絡めてハグリッ。肉から染み出る甘い汁、脂身部分はネットリとゼラチン質、
これらと麺をいっしょに味わい、ひと時濃くなる味わいを楽しみ、器に残った肉をジュッと押し、
肉から出た汁がスープと混ざり合うところを、木の匙で掬って啜る。あー、幸せ!
卓上にはトッピング用の紅ショウガが配置されていますが、こいつをあくまで一摘み、
ちょこっと乗せて、乗った部分そのものではなく、その至近距離のところのスープを掬って啜る、
爽やかな刺激が、スープの静かな旨味をひと時照らし出す「点滅」を楽しみます。

本日はトッピングにこんぶを追加。
大きめの結び昆布が二本、これまたドカッと乗ってます。
「ダシをとった残りじゃん!」と言う勿れ。
良く噛めば、しっかり旨味を放ちながら口で溶ける繊維、
これを口の中でシャリシャリ楽しむ、
こういうの、子供のころ、よくやりませんでしたか?

また、トッピングで乗ってる蒲鉾が、しっかり魚の風味がして、歯応えも弾力に富んで美味い!

そして、セットの炊き込みご飯、沖縄そばって言ったら、炊き込みごはんを必ずセットにしてほしいね。
パラリとやや硬めに仕上げられた御飯に、しつこくない醤油とザラメの甘辛に酔っていると、
あおさ・ニンジン・豚肉・刻み昆布といった具材がプツプツと味わいの小石を投げかける、
時々スープに浸して食べると、これまた美味い!

いやいや、夕べ遅くまで持ち帰り仕事して、ちょっと寝不足気味の身体に、
やさしくて美味しい一杯でありました。
角煮が大きかったので、食べ応えもあり、
あ、開店記念か、帰りにお土産にいただいた、サーターアンダギーがこれまたなかなかよくって、
市販のもののように粉っぽくなくて、揚げた表面がフシャッと美味かった。
これ、100円ぐらいでデザート化して欲しいなあ。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「スペシャルしょうゆつけうどん」@手打ちつけ麺 欣家の写真コメントにも書きましたが、10月8日、9周年記念セール、
きんやつけめん・らあめん 300円
みそつけめん・らあめん 350円 カレーつけめん 400円
という貼紙がありました。

さて、新たにメニューに加わった「つけうどん」です。
みそ・カレーもラインナップされてますが、
まずはお馴染みの醤油メヒカリ出汁を試してみます。
麺は「うどん」ではありますが、麺処 糀やの饂麺などの例もありますから、
これも、つけ麺のバリエーションという扱いでお願いしたいと思います。

私は知らなかったのですが、けっこう早くから「うどん」の開発をなさっていたそうで、
一度夏前にメニューに加える予定が、あと一歩納得がいかなくて、9月にずれこんだとのこと。

そのうどんは、つけ麺の麺と同様、口当たりはソフトで滑らか、
ツルンと摩擦が少なくて、フルッと軟らかだけど、ムッチンというしなやかなコシがあるタイプ。
もうちょっとだけコシがあるといいかな、でも、ただ硬いだけのものではなく、
方向性としては好みのタイプです。

浸け汁は、いつものメヒカリスープです。
麺を浸けてすぐ頬張るには、サラッとしているかな、
少し麺を汁に馴染ませてから啜ると、適度に味が染みてよい感じです。
一般には、滑らかな表面の麺には絡みが悪いと評されるかもしれませんが、
この啜り方でお願いします。
そうすると、麺の体積がある分、しっかり出汁の味を浮かび上がらせる効果があります。
ただ、それでも独自の風味があって、それがスープと相乗効果をもつ分、
「しょうゆ」の浸け汁には、いつものつけ麺の麺の方が合うかもしれません。

つけうどんのメニューの貼紙には、「みそ・カレー・しょうゆ」の順で書かれていますが、
ひょっとしたら、新メニューのカレーの登場が、このうどんの登場と軌を一にしたのは、
カレーがうどんを活かすからでは?事実上のセットではないか、とも勘ぐったりします。
次回はカレーを試してみたいと思います。

竹の子・肉(要するにメンマとチャーシュー)は、
いつもどおりとても美味しく、うどんのおかずにもぴったり!

スープ割りは、相変わらず、「逝ってしまう」ほどのメヒカリの旨味。
やはり定期訪問せずにはいられないお店です。

浸け汁等の詳細なレビューは、
散々投稿したした過去の評を参照いただくことにして、
ちょっとだけ(?w)思い入れ込みのこの点数で!

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 20件
このレビューは移転前のものです。

「玉子めん・カレーチーズ味・中盛」@龍神の写真汁なし・スープオフと呼ぶのは、ちょっと違う気もしますので、
「その他」に分類させていただきます。
晩飯が遅くなり、かなり腹が減ったため、
ボリュームもあり、おかずにもなるものを求め、ここにたどり着きました。
並盛「280g」では少なそうな気がして、中盛「390g」にしましたが、
自分の適量「300g」を「90g」上回る表示に一抹の不安も。

出てきたものを見て、「すっげー美味そう!」という気持ちと、
「これ、食い切れるかなあ?」という思いが交錯したのが素直なところ。

実食!山の下の方の、汁によく浸かっていた麺から引っ張り出して食べてみます。
粘度も辛さも極端ではない、庶民的なカレーの味のスープ、
太くて、これまた弾力・硬さとも極端でない、ゲシゲシとした太麺は、
不思議なことにカレーとよくマッチし、
子供のころ夢中で食べたカレー味のスナック菓子、
それをよりワイルドにしたような、妙な懐かしさと充実感。

トッピングにたっぷりの野菜、茹ではやや多めに入っています、
薄切りの豚肉、おかずにぴったり。
このカレー味は、庶民的なものなら、どんな素材にも妙に合ってしまいます。
ちらちらと時折口に入ってくる、カリッとサクッと美味しいクルトン、
全体にソフトめな素材が多い中、絶妙のアクセント、
ドラムの「チッチキチッチキ」っていう、あのリズムみたい。
汁の下の方に沈んでいた生卵(自然に軽く火が入って部分固化)や、
やはりアクセントのチーズなど、
カレーと野菜と肉だけでは単調なリズムになりそうな料理に、
適度に起伏をつける、何でもないようで、実はにくい仕掛けが満載。

残念なのは、中盛を食べきれないことを恐れるあまり、
とにかく夢中で掻き込んだこと。並盛でじっくり味わえばよかった。
結果的に、空腹の腹にちょうどぴったり納まった印象。

上品とか、手の込んだとか、高級だとか、そういうものとは方向が違うけれど、
庶民的で、お腹がいっぱいになる美味しい創作麺を追究したら、こうなった、
そういう心意気が感じられる一杯です。
しかし、レビュアーのみなさん、大盛、平気なんですね。
胃腸が丈夫ですね......。
自分の胃腸の脆弱さをも感じてしまった一杯....。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 6件

「ラーうどん」@塩麺 瀬戸海屋の写真うーん、惜しいなあ。
スープは、既報のとおり、ホタテを基軸とした
薄味だけど、味わいは悪くない塩味に、
ほんのりと醤油を合わせたのもので、基本は悪くない。
しかし、うどんが......。

讃岐よろしく、太くてモチモチとしたうどんを期待したのですが、
出てきたものは......
まるで「ハンペン」でした。
軽くて、フワフワとしていて、歯切れもハンペンそのもの。

コシのあるしっかりしたうどんなら、このスープに意外に合うという
私の期待は.....。

うどんだけは、甘く採点するわけにはいかないんですよ。
すみません。

味噌とか、醤油もあるようなので、機会があればそちらを試してみようかな。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件