なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,725
レビュー 店舗 スキ いいね

「日式担担麺・辛さ3・痺れ2+温玉+小ライス」@六坊担担面の写真樹庵氏プロデュースの担々麺専門店、
正都式は以前、他店で食べて差すような辛さに耐え難く…
軟弱な私は「日式」の方に注目したのです。

辛さ3(標準)+痺れ2(やや弱)をオーダー。

タレは、本格派の味わい・辛さ・重心の低い痺れの
「雰囲気」をしっかり持たせつつ、
胡麻と干海老の味わいで、巧く和に寄せたチューニング。
私のように、本格派の「香り」も好きだけど軟弱で、
異国料理そのものより日本ナイズされたものが好き、
という人間にはちょうど好い感じ。
きめ細か目の肉味噌とアリバイ程度の青菜と青ネギ、
目立たないけどしっかり存在感を発揮するナッツ。
タレと麺を飽くまで主役に、という思想だと、
好意的に解釈することにします。

麺は「太麺」と謳っているけど、実質中太かな、
三河屋さんの、穏やかなクニュっと感とシコシコ感を湛えた、
なかなか秀逸な麺。

タレはしっかり残ります。
50円の小ライスで飯割、その際、温玉をプラスしてまぜまぜ。
火の通った卵の旨味でタレの味わいが浮き上がるようで、
結果として好きな味わいに。

突き抜けたものは感じないけど、
ちょうど期待した通りの仕上がりでした。
樹庵氏らしい・・・かな?

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「温玉 汁なし担々麺」@自家製麺 ほうきぼし 赤羽駅前店の写真ズシンとくる重心の低い本格派担々麺もあれば、
どこかPOPな、日本的解釈の担々麺もある。
後者が私は好き、こちらはその一つの完成形かも?

汁なし担々麺の魅力というものがわかった気がする一杯。

重量感がありながらも
モッチリとした弾力と噛み締めたときの旨味に富む麺、
こいつに、ネットリしつつもしつこさの無いタレが絡みます。

切れと爽快感のある辛味、
タレと肉味噌、ナッツ系などから、旨味と仄かな甘味、
痺れ系は僅かかな、
モヤシのシャキシャキ感に、ベビースターのボキボキ感。

4種の食感と、多方向ベクトルの味わいで、
口腔内のあらゆるツボを刺激してくれます。

今更?と言われるかもしれませんが、
それこそが汁なし担々麺の醍醐味!

私は軟弱なのでこれでよいです。
痺れは、感覚麻痺系なので、ちょっと苦手、
でも、好きな人には、さらに新たなツボを刺激するアイテムとなるのでしょう。


デフォでも、もっと辛いのかと恐れをなして温玉トッピングしましたが、
取り越し苦労でした。
温玉効果による、食感と味わいのプラスがあったことは言うまでもありません。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー台湾まぜそば(+追い飯)」@麺屋こころ 御茶ノ水店の写真別のお店に向うところでしたが、
カレーの匂いに惹かれ、フラッと入店、
暑くて、ラーメンモチベーションも下がっていましたし。

未だに、まぜそばをラーメンカテゴリーとして語ることに
若干の違和感・抵抗はあるのですが、
この台湾まぜそばというカテゴリー、
やはり学生時代に夜食に作ったうどんを想起させられ、
心の何かのスイッチを押される気分になるのです。

卵黄とタレの混合物を纏った麺が、舌に感じさせるヌメモチっとした心地よい感触、
太麺のもちっとした食感が、その感触によってイキイキと、どこか淫らに(?)
口の中を這い、暴れまわる快感、
ミンチの旨味、タレの旨味、各種具材から複雑に伝わる旨味や、
鼻に抜ける稍野蛮な風味など、複雑な要素が一体となり、
体のあらゆるツボを刺激するような錯覚が楽しい。

カレーが加わることで、味がちょっと引き締められつつ、
さらにスパイシー要素によって、「押される」ツボの数が増えますねw
カレーが辛過ぎないことで、カレー自体の旨味要素も感じさせ、
そして、スパイスが適度に効くことで、軽やかさ、リズム感も出る印象。

こちらの台湾まぜそば、
同系経験値が低いので断定できませんが、
おそらく塩分濃度とかインパクトは控えめなのではないでしょうか。
それが、私のようなおっさんにも(おっさんだから?)
台湾まぜそばを味わい、楽しませることにプラスに働いている気もします。

確かなことは、やはり私、きっと台湾まぜそば、好きですね。
調子に乗って追い飯まで食べちゃいましたが、
夕食分のカロリーまでここで摂取してしまった・・・。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「チキチキンソース(限定・ミートソース風和え麺)」@鶏の穴 白山店の写真自宅でやらねばならない仕事があるので、日曜ですが三田線で4駅の近場へ。
本店の限定は、ブログ等でよく取り上げられますが、
白山店はなかなか取り上げられないので、一役買わせていただきましょうか。

今月は、
「鶏白湯・鶏そぼろ・鶏ムネ肉を使った、オールチキンの」ミートソース風和え麺。
私がいただくときは、なぜか既存他種メニューの転用型が多いですがw
今回もスパゲティの転用型のようで。

茹で上げた後、水で〆た麺に、いわゆるミートソースをかけて、
ソースをかけた鶏チャー二枚、ネギのトッピング。
味玉は別注。

水で〆た麺なので、基本冷たく、ソースの温度が移って「ヌル盛」的になってますが、
今日みたいな蒸し暑い日には、ちょうどよい気がします。
よく絞まって、麺のプリ食感も強くなっています。

ミートソースは、日本人が大好きなあのタイプ、
トマトソースの適度な酸味、ほのかなタバスコの辛味、
ソースに絡まるホロホロ鶏そぼろの食感と旨味が相まって、
コクがあるのにさっぱりしていて、スルスルと食べ進められます。
鶏チャーの、この店の特徴といえる、高めの塩分と、
鶏チャーにかかったガーリックバターのソースの風味がほどよいアクセント。

それでも、どうしてもラスト25%くらいでちょっと飽きてくるのは、
肉素材が鶏ということがあるのかな、
牛や豚には、ミートソースで食べても、
強い旨味とコクで最後まで飽きさせない力強さがある、
鶏には、ヘルシーさや、スルスル食べさせる軽快さがありますが、
追い込み用にもうひとアイテムあると面白いかな、と。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 5件

「[夏期限定] 冷やし中華」@麺恋処 いそじの写真8月最後の日に仕事が休みとなりましたので、
数年来、気になりつつ未食となっていた、
名作の誉れ高い「いそじの冷やし中華」をいただきに代々木入り。

「ふつう・中盛」の食券を買い、「ふつう」指定で定員さんに渡します。
ほぼ同時にオーダーされた、中華そばのお客さんの着丼から5分ほど遅れて着丼。
着丼が近づくと、辛子の有無を問われますので、「あり」と返答。

一般的な中華料理店の冷やし中華の、
細切りに統一された諸具材を綺麗にそろえたトッピングではなく、
大きめ切られたトマト、胡瓜、ヤングコーン、カイワレ、海苔、
さらに中華そばと同仕様のチャーシュー、メンマ、半味玉、
中央には出汁氷が、「それなり」に彩られて盛られています。
このあたりも、現代ラーメン店の冷やし中華っぽくて趣あり!
丼底の方に、細い春雨も潜ませてありました。

いただいた印象、端的に言うならば、
肩肘張って夏限定の新たなメニューを作り出したのではなく、
店の在来の味をなるべく素直に冷やし中華にスライドさせた一杯、
ということになると思います。

冷たくしっかり〆られた麺は、強いコシと弾力、
こちらの麺の特徴である、小麦の強い甘味が感じられる美味しい麺です。

『ドロ』というより、『ザラ』と形容したい濃いタレを絡めて食べさせるタイプ、
豚骨魚介ペースト、豚骨の甘味と、ややしょっぱめの魚介を軸に据えたタレは、
このメニュー用にやや塩気を強く出しているのかも、
鰹主体と思われる出汁氷が徐々に溶けて、旨味を嫌味なく増幅させつつ冷たさを保つシステム。

大き目切りのトマトや胡瓜も、水分出しすぎて味を薄めるということもなく、
サラダ感を加えて夏を演出させますね。

添えられた辛子や卓上の酢などをちょっと試してみましたが、
『ふつうの冷やし中華』に堕するような感覚に襲われ、すぐにやめました。

タレはあまり残らなかったのですが、溶け残った出汁氷と併せて、スープ割で最後まで楽しみます。
豚骨主体の割スープが注がれ、飲みやすいよう、小さな器に移しかえられてリターン。
ラストにこうして温かい形で〆るのって、好きなんですよねー。

この店の美味しい麺を主役に、タレをその引き立て役にしつつ、
在来メニューの持ち味を上手く夏仕様にスライドさせた、噂に違わぬ逸品、
ただ、冷たくしめることで、やや麺のしなやかさが後退、シコシコ感を通り越して硬く感じられました。
チャーシューも、美味しいのですが、やはり冷たいままだと、
口内の体温で溶けない脂肪分がロウのように感じられるのがやや残念。
このあたりが、サッと温かい浸け汁に潜らせて食べるつけ麺との違いでしょうね。
チャーシューは、スープ割りまで取っておいて、スープで温めて食べると美味いかも。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 4件

「[創作] 鰻とろ重」@麺や 庄のの写真単なる話題性狙いや冷やかしではない、
鰻重を真剣にラーメンとして成立させようとしているのが
しっかりと窺われる一杯だと思いました。

捻れを施した温盛の中太麺に、おなじみの「鰻丼のタレ」が和えてある、
タレは、一般の鰻丼のものより醤油味が勝ったややしょっぱめの仕様、
乗ってる鰻は、ほどほどのクオリティの鰻を使ったものではありますが、
ホッコリときちんと「蒲焼」しており、
「御飯の鰻丼」と同じように、鰻と麺を一緒に食べてみると、「!」悪くない!

蒲焼の方のタレ加減をあまり強めにせず、
少ししょっぱめにタレで味の付いた麺と併せてほどよい塩加減になる仕組み。
タレの絡んだ麺の心地よいヌメヌメ感と、鰻の身のホッコリ感のマッチングもよい。
麺の噛み応えもしっかりしている。
「御飯の鰻丼」のそれとは違うけれど、
これはこれでバランスのとり方としては成立していると思う。

麺に絡める、という和え麺の宿命からタレが丼の底にヒタヒタしてしまうのと、
ややタレがしょっぱいと感じることが難点かな、と思ったけれど、
二十の重のもう一つに仕込まれている山芋のトロロ、
これを絡めることでその難点が解消される。
しょっぱさも和らぎ、麺への絡みもよくなる。

ゆかり和えの穂先メンマや細切りのチャーシューも、
味の設計としてはなるほど、と思うけれど、
実際に食べてみると、鰻やタレのインパクトの前に、やや存在感が薄く感じるかも。

御飯が付属します。大盛りから一口サイズまで選べます。
私は一口にしました。
麺が5%ほど残った状態で重に投入、
山芋と合わさったタレとの相性もいいですねー!

このメニューの提供開始時には、タレもやや甘口で、
山椒も最初から降りかけてあったっきり、
御飯も付属しないと、某ブロガーさん情報にあったのですが、
おそらくお客さんの声を聞いて改善なさったのでしょうね。

突っ込みどころもあるし、
おそらく食べ手による解釈の差で評価に上下差も出るでしょうが、
毎年、「今年の庄野の鰻重はどんなのだろう?」
と思い出される夏の風物詩になってほしいな。

ちなみに、私が最も好きな食材は鰻なんです。
いつか究極の「ラーメン鰻重」を作ってください!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 27件

「[限定]冷やっと辛い!油そば(+味玉)」@油そば専門店 GACHIの写真個人的最注目の庄野さんの店とは言え、
汁なし関心度が低い私はBM優先度上げられずにいたのですが、
この機会に行ってみようか!と思うメニューが始まったので
やっとの訪店。

写真を御覧ください。
軟弱者のGT猫が、こんなもん食って大丈夫か?
と御心配下さる方も少なからずいらっしゃると思いますが、
安心してください!(とにかく明るい安村風)、

表面を覆っている赤い物体は、唐辛子は唐辛子でも、韓国産甘唐辛子。
爽快な辛味はあるけれど、それは乾いた甘味の隙間から静かに立ち上る感じ。
最初はパサパサしているけれど、多めのタレと混ぜると、しっかり馴染んで違和感なし。

麺は、奥の製麺室で絶えず打っている自家製麺、デュアル小麦使用と店内POPで謳われています。
表面滑らか、まずモチッとした弾力を感じますが、冷たく〆られていることもあり、
かなり屈強な噛み心地、なのに、しっかりと伸びのよい、ただ硬い麺とは一線を画する仕上がり。
優しい顔に似合わず、芯の確りした庄野氏のキャラそのものではないでしょうか。

小麦の心地よい風味が強いものですが、
冷たくすることでそれが一旦落ち着き、他方で唐辛子によって際立たせられています。

唐辛子の甘味・辛味の「乾き感」をアイスクリームのように盛られたアボガドディップが
ほどよく和らげつつ、麺への馴染ませ役を務める。
このディップの効果で、韓国っぽさに、どこか洋食っぽさを加味させています。

麺量は、並でも十分、
〆にごはんと生卵を追加して、豊富な卓上調味料を加え、ガーリックバターライスでいただく、
そんなことがPOPで推奨されていますが、おじさんには少々厳しいので、
卓上のベビースターを残りダレに多めに振り入れていただきました。

まぜそば専門店の命といえる麺の仕上がりが素晴らしく、
それを核に、冷やす・辛味・複数種の甘味を巧妙に用いることで、
暑い日に最適の一杯となっておりました。

楽しさとスパイス遣いを個性とする庄野氏の良さがよく出たまぜそばでした。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば」@麺屋 はるか 秋葉原店の写真AKB48劇場と道路を挟んだ向かい側、
気を付けないと見落としそうな入口から地下へ。

思ったよりナミナミと注がれたタレに麺が浸り、
トッピングには卵黄、肉味噌、ニラ、魚粉、葱、海苔、ニンニク(あり指定)、
アナウンスに従い、黄身が全体に馴染むほどにしっかりまぜ、実食。

「あは♪」と、思わず笑みがこぼれますね。
モッチリ・シコシコの太麺に、緩めの粘度のタレが纏わりつく、
麺とタレの動物質の甘味をベースに、魚粉の角のある異質の旨味がチカチカ点滅し、
一癖あるニラの切れがアクセントになり、ニンニクがコクをプラス、
そして、肉味噌の旨味とピリ辛が主役よろしく舞い踊る。

こうした、意外にバラバラの方向を向いた味の役者たちが、
共演し、融合することで産まれる、心躍る味蕾細胞への刺激と覚醒、
これが台湾まぜそばの本質なんですね。

たっぷり目に残るタレと肉味噌に、
レンゲ一杯半ほどの「追い飯」(無料)を投入し、
お腹と心の四隅まで埋め尽くす充足感。

台湾まぜそば初体験だったのですが、
思い出したのは、特に学生時代、
『美味しんぼ』に載っていた、夜食のうどん、
=茹でたうどんを丼に盛り、
醤油、鰹節、海苔、葱、梅、とろろ昆布などをぶち込んで、
お湯をかけて出来上がる簡易なものながら、
日本人が好きな多様な旨味成分が溶け合って醸し出す至福感。

その時々、冷蔵庫の残り物などをアレンジしてぶち込んで、
いろんなうどんを作って食べたなあ、あの味を、
今風というか、ラーメンシフトな素材に置き換えて作った、ネオ夜食・間食麺の極致、
それが、このまぜそばの本質であるような気がしてなりません。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺・140g・2辛・セット」@広島式 汁無し担担麺 湯島ひよこ堂の写真最近、東京に「広島風担々麺」を提供する店が数店進出してきています。
元本籍地、父が広島の出身でもあり、「広島」と聞くと血が騒ぎますw
おまけに、先日、某担々麺店に振られたリベンジを!なんて考えてもいたので、
これは行くしかないでしょ!とやってまいりました。

本郷三丁目駅からそこそこ歩き、湯島天神入口の変則三叉路を右折、ちょっと歩いた右手、
「広島風汁なし担々麺」の幟が立っています。
夕方開店直後、先客は3人組の学生、先客の注文が2分ほどで着丼、
その後、オーダーを受理され、そこから3分ほどかな、意外に手際よく提供されました。
セットですが、麺と温玉がまず到着、麺食後を見計らってご飯が提供されるシステム。


ネギとレタスがたっぷりトッピング、肉味噌の粒はゴロゴロと大き目、混ぜ混ぜしていただきます。

うは!なかなか美味い!タレの粘度・絡みはしっかりしていますが、味わいは意外にスッキリ。
タレの味わいが、謂わば「濃」のものが人気店の主流だとすれば、
対するこちらは謂わば「爽」の味わい。
切れの良い辛さと旨味、花椒の痺れも効いていますが、辛味の輪郭を際立たせるような役割です。

麺は、けっこう細めでポリポリ感のある硬めのタイプ、細さと解けにくい捻れが生じてタレの絡みもよい。
スッキリした辛味によくマッチしていると思います。
硬めの麺とスッキリした辛味は、以前ちょっと話題になった「広島風つけ麺」と共通点がある気がします。

んで、大き目の肉の粒と大き目に契ったシャキシャキのレタスの食感、
麺のポリポリ感の三つ巴コントラストが楽しく快感で、一気に掻き込んじゃいます。

温玉は、まずは溶いて、麺をそこに浸すのが実は広島風の流儀(別の店のブログなどで知ったのですが)、
それによって、玉子がタレで掻き消されることなく、「第四の役者」として機能してくれるのです。

そこそこ残った肉味噌の粒に、ご飯を投入して「第二ラウンド」!
温玉の残りと、「淡」的な部分を補うべく、卓上の醤油ダレを追加!
狙い通り、バカウマに嵌りましたw
願わくば、一回し酢をかけたかったけど、卓上になかったのが残念。

標準が「2辛」ということでそれをチョイスしましたが、
軟弱な辛味好きにちょうどよくて、物足らなさも、行き過ぎ感もなく、よい汗をかけました。
辛いのが好きな方は、3辛以上でよいかな、
少し低い辛さを選んで、卓上アイテム(辣油・花椒)で辛さを調整するのがよさそうです。
量は140g+ご飯(おかわり可だそうです)でお腹いっぱいになりました。

夏場にピッタリな、広島らしい(?)爽快担々麺でした。
さて、カープもこれくらいスカッと勝ってほしいなあw

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし中華(+ミニ大至丼)」@ラーメン大至の写真とまそん@ラーメン食べて詠いますさんのレビューで、
冷やし中華が始まっているのを知りました。
明日は雨で、ややひんやりするとのこと。
んじゃ、ちょっと暑かった今日の締めくくりに
一杯いっときましょう!
って感じで参上です。

「酸味甘味を抑え旨味を強く!
 金華ハム・羅臼昆布を中心に各乾物をいつものスープに加え
 味を補強。カエシや胡麻油などを加え完成させた
 タレ・見た目も普通なヒヤチュウ
 でも今までにない旨さ大至流」
とPOPにあります。

仰せのとおり、酸味はかなーり控えてありますが、
出汁の成分のギト度が少ないことや
辛子効果も相まって、非常にサッパリした味わい、
トッピングのハムや薄切りチャーシュー
大根スライスや胡瓜、カニカマから感じる旨味も
脂感の少ないものなので、
なんというか、体の細胞膜をすり抜けて、
ナチュラルな旨味がスルスルと身体に入って来るかのよう。

強めの弾力のあるおなじみの細身の麺も美味しくて、
箸が止まらなくなる仕様でございます。

欲を言うならば、別のレビュアーさんも仰ってるように
もうちょいタレの量を増やす、あるいは、タレの粘度を増した方が
麺そのものの旨味も引き立つ気がします。

箸が止まらないのは、「もっと旨味を!」
と身体が欲するからとも言えなくもない(^_^;)。

サイドでオーダーしたミニ大至丼、
いわば、日本のラー店流のビビンバ丼のようなもの、
大根・挽肉の旨味、コチュジャンの適度な辛味、
まとめあげる卵黄も、粘度が高くてなかなかよさげな玉子で美味しい!
これまた、変な「味の引き摺り」がなくて、
サクサク食べ進んでしまう。

最後ちょっと野菜系から出た水分でタレが薄まっています。
ならば、それを計算して、元からタレを濃いめにするとか、
多めに注いでおいてほしいかも。
さすれば、もっと高得点も?

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 10件