なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,725
レビュー 店舗 スキ いいね

「ポッサムユッケジャン麺」@パンチャンとジョン エキュート赤羽店の写真赤羽駅北口内ecuteの本格韓国惣菜店のイートインコーナー。
「ド」タイプのお姉さまに惹かれて入店。

担々麺より出汁感が深い甘辛スープ(辛さは穏当)、
工場直送という盛岡冷麺の麺
(温麺は中太、冷麺は細麺とのこと)、
多めのナムルに、肉厚で硬め、ホロホロタイプの豚肉(ポッサム)。

一般に焼き肉屋なんかで食べたことがある冷麺の麺は、
かなりコリコリと硬いものだった記憶があるのだけど、

こちらの温麺は、クニュクニュとした面白い食感で、
普段ラーメンを食べていると新鮮に感じます。
余計な味がしないので、スープの旨味をしっかり味わえるのも◎。

このスープの出来なら、テールスープのソルロンタン麺という方も食べてみたい。

卓上のカクテキもなかなか美味しくて、
どなたかが書かれていたように、
腹を空かせて、〆ライスでいただいてみたい一杯哉。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「磯香る青海苔ラーメン」@海老丸らーめんの写真1982年創業・札幌ラーメンエイト水道橋本店の跡地、
同店は、たしか私が東京で初めてラーメンを食べた店、
もうかれこれ30年ほど前なのか…。
その跡地に、久々に甲殻類フィーチャー型の新店か、
面白いことに、ちょっと先には、
甲殻類で一世を風靡した(?)「けいすけ」さんのお店もある
(その店自体は甲殻類系ではないが)。

けいすけさんが、たしか、動物質も甲殻フィーチャーの道具として
しっかり活用したタイプだったのに対し、
こちらは、アニマルオフの無化調スープ。
海老味噌がたっぷり詰まったロブスターをふんだんに使用、
赤ワインやブランデーでコクを出し、
節類等の魚介出汁も加えたもの。

重心の低い、かつての流行りの甲殻類スープと異なり、
濃厚だけど粘度は抑えめ、どこか軽快さを感じつつも、
ミソまで確り煮出したからか、複雑な味わいになっています。
偶然、近くの席でお店の方が取材を受けていたのが聞こえたのですが、
女性にも受け入れられる味を志向しているみたい(?)。
けいすけ系のようなタイプを期待していくと肩透かしを食らうかも。
ラーメンとイタリアンの中間のようなモノと解すると、
なかなか面白い味わいだと思います。
青海苔の風味も適度で効果的。

カネジン製の中細ストレート麺、
加水低めのボキボキ感をしっかり残した麺で、
東京の人が好きそうなタイプ。
スープに合わせてイタリアンチックにしても面白かったのでは、
なんて考えてみたりもしますが…w

50円の黄身卵を追加し、途中で溶いてみたりしましたが、
効果はあまりないかも。
むしろ卓上の粉チーズの方が効果的、
タバスコ代わりの七味と併せ、後半は少し味を調整して楽しみました。

具材とくにチャーシューレスなのは、ちょっと寂しいかな。
野菜たっぷりとか、「定食」というメニューもあり、
そういう食べ方をプッシュしていくのでしょうか。
野菜たっぷりだと、やや甘味型のバランスになりそうな予感も?

見どころ、面白さに溢れた一杯だと思うけれど、
個人的には「調整のしどころ」もありそうな気もします。
何度か足を運び、セットで食べるなどの「食べ方」を
いろいろ探ってみる楽しさはありそうです。
とくに、辛味系メニューは試す価値ありそうな予感。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「チキチキンソース(限定・ミートソース風和え麺)」@鶏の穴 白山店の写真自宅でやらねばならない仕事があるので、日曜ですが三田線で4駅の近場へ。
本店の限定は、ブログ等でよく取り上げられますが、
白山店はなかなか取り上げられないので、一役買わせていただきましょうか。

今月は、
「鶏白湯・鶏そぼろ・鶏ムネ肉を使った、オールチキンの」ミートソース風和え麺。
私がいただくときは、なぜか既存他種メニューの転用型が多いですがw
今回もスパゲティの転用型のようで。

茹で上げた後、水で〆た麺に、いわゆるミートソースをかけて、
ソースをかけた鶏チャー二枚、ネギのトッピング。
味玉は別注。

水で〆た麺なので、基本冷たく、ソースの温度が移って「ヌル盛」的になってますが、
今日みたいな蒸し暑い日には、ちょうどよい気がします。
よく絞まって、麺のプリ食感も強くなっています。

ミートソースは、日本人が大好きなあのタイプ、
トマトソースの適度な酸味、ほのかなタバスコの辛味、
ソースに絡まるホロホロ鶏そぼろの食感と旨味が相まって、
コクがあるのにさっぱりしていて、スルスルと食べ進められます。
鶏チャーの、この店の特徴といえる、高めの塩分と、
鶏チャーにかかったガーリックバターのソースの風味がほどよいアクセント。

それでも、どうしてもラスト25%くらいでちょっと飽きてくるのは、
肉素材が鶏ということがあるのかな、
牛や豚には、ミートソースで食べても、
強い旨味とコクで最後まで飽きさせない力強さがある、
鶏には、ヘルシーさや、スルスル食べさせる軽快さがありますが、
追い込み用にもうひとアイテムあると面白いかな、と。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 5件

「しじみらぁめん(黒)」@超濃厚しじみらーめん きぬちゃん食堂の写真歌舞伎町に凄いラーメンがあるとの情報GET!
開店時間もアバウトに「夕方から」、
路地を入ったところに佇む、
話好きで気さくな女将さんが切り盛りするお店。

しじみらぁめんのほか、
桑名の蛤を使ったという「はまぐりらぁめん」、
木更津のあさりを使った「あさりらぁめん」もラインナップ。

しかし、噂になっているのは表題の「しじみ」!
スープは「白」と「黒」から選べますが、噂になっているのは「黒」!

黒い色の正体はイカスミ。
スープの表面が「鏡」になるほどイカスミで色づいています。
さらに、御愛想程度ではなく、こぼれんばかりにシジミがトッピング!
他に、モヤシ・たっぷりのネギ、珍しいところで「お麩」や春菊がトッピングされてます。

動物質のとろみはない、シャバ系のスープ、
噂通り、「これでもか!」と言わんばかりにシジミのエキスが効いています。
基本は「お吸い物」チックの延長線上にある味ですが、
ちょうどよい「塩梅」を追究する吸い物がさざ波だとすれば、
こちらはサーファーが小躍りして喜びそうなビッグウェイヴ!

イカスミは、思ったほど強烈な仕事はしていませんが、
旨味を補強し、シジミを単調にしないアシスト役を見事に果たしています。

麺は中細のポロポロ感のある硬め茹での麺で、
スープが「絡む」仕様ではないのですが、
適度な縮れがスープを拾い、
シャバ系の旨味の強いスープを、
リズミカルに、テンポよく、口から咽喉へ運んでいくニクイ仕事ぶり。

殻入れの皿が溢れるほどのシジミを堪能し、
並々注がれたスープを最後まで味わうべく、小ライスまで追加してしまいました。


飲み人の多い立地で、お酒の後に、肝臓に優しくて美味しいシジミを、
存分に味わってほしいという暖かい気持ちが伝わってくるような一杯。

有名ラーメン店がシジミをアレンジしたら、
動物質と併せたりして、より完成度の高いものに仕上げるでしょう。
そういう観点から見ると、ラーメンとしての完成度がどうとか、
シジミの殻が邪魔になるとか、
突っ込みどころの多いラーメンかも知れないけれど、
女将さんの心意気を感じながらいただくと、
そんなことどうでもよくなる気がします。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「[夏の限定] よだれヒツジ」@自家製麺 MENSHO TOKYOの写真やっと今月の2レビュー目だ…。
気になっていたこちらの夏の限定。
四川料理「よだれ鶏」を羊アレンジし、つけ麺化たもの、とのこと。

ほどよく〆られた強めのプニ・クニョっとしか食感の中太麺に、
低温レアラムチャーが乗せられ、
クミン、花椒、八角、胡椒、唐辛子といったスパイスで味付け、
パクチーとナッツが振られる。
大き目の穂先メンマが二本、タレを囲い込むように盛りつけ。

麺にタレが和えられているが、店サイトの写真と異なり、
タレでヒタヒタになっているわけではない、
「タレのかかっている箇所とそうでないところで味わいを比べて」
とアナウンスされるが、かかっていない部分は正直、印象が薄かった。
かかっている箇所も、思ったより辛味・タレの味付けはおとなしめ、
その分、羊の風味とナッツの香ばしさ、数種のスパイスの刺激という要素の
和音がダイレクトに楽しめて、想像とは違ったが楽しい味わい。

豆乳仕立ての冷製スープに浸して啜る。
なるほど、投入が羊の癖を包み込みつつ、
スパイスの刺激と羊の旨味部分だけは透過し、
豆乳の旨味と絡ませつつ舌を流れるチューニング、
羊やスパイスをしっかり研究した庄野さんらしい細工。

このメニューに限らないけど、
低温ラムチャーは滅茶苦茶美味い!
メニュー「本体」より、このチャーシューが
スパイスに引き立てられて至福の味わいになっている!

冷製スープは、スープ割りありません。
溶け出した羊の旨味が加わった美味しいドリンクを完飲して御馳走様。

もうちょい辛味を利かせていた方が面白かったのでは、
とは思いますが、ラムを食べさせたい!
という庄野氏の意気込みが伝わる一品。
もう一つのトマト仕立ての方に、より自身をお持ちのようだが、
果たしてこの夏、いただけるかどうか…。

うーん、それにしても、羊の旨味を文で表現するのは難しい。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

「冷やしつけそば+炊き込み御飯」@麺処 きなりの写真気になっていた烏賊のつけ麺をいただきに再訪。

麺量少な目という情報があったので、炊き込み御飯を追加。

平たい麺は、パスタを意識したかのよう。
パスタ的なモチッと感を基調に、ツルツル感とシコシコ感を加えたもの。
啜り心地も味もよいけど、ちょっと麺同士がくっつくのが難点。
味変用に添えられているレモンが、結果的に「ほぐし水」の役割も果たす。
麺量も少ないので、早めに搾ってしまうのがお薦め。

浸け汁は、噂通り、イカのキモの味わいまでしっかり活かし切ったタイプ。
塩辛というほどしょっぱくはなく、思ったほどエグミもない。
嫌味が出る二歩手前くらいで抑えており(それでもかなり烏賊感は強烈)、
烏賊好きの身にはたまらない味に仕上がっている。
冷やしといってもキンキンに冷やされているわけではない。
何でもキンキンに冷やせばよいという考えには疑問があるが、
この一杯は、もう少し温度を下げてみるのもありかな、とも感じます。

トッピングは、細切りの胡瓜、刻み海苔、大葉、刻み生姜、そして、バーナーで炙った烏賊の切り身。
大葉や刻み生姜の効果は若干あるが、イカワタの強い味わいの前では、軽いアクセント程度に。
切り身は美味しい♪

御銚子でつけ麺と共に提供される割りスープは煮干スープだそう。
烏賊の風味を損なわず、「割り」として薄めて飲ませる細工としてはかなり秀逸。

割った浸け汁で炊き込み御飯を食べたら美味しいかな、と試してみたけど、
期待ほどの効果は無しw白いご飯の方がいいかなw
炊き込み御飯はチャーシュー煮汁で作ったものかな、単品としては癖がなく、無難に美味しい。

浸け汁の味わいはパーフェクト!期待どおりでした。
麺との組み合わせなど、トータルでこの点数にさせていただきましたが、
何かしら仕様が変わったら、一気に凄い点数をつけてしまいそうな出来栄え。

汐そばもメチャ美味かったし、未食の醤油もいただきに来なければ。
そして、限定など、今後も注目していきたいお店だと思います。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

「[創作] 鰻とろ重」@麺や 庄のの写真単なる話題性狙いや冷やかしではない、
鰻重を真剣にラーメンとして成立させようとしているのが
しっかりと窺われる一杯だと思いました。

捻れを施した温盛の中太麺に、おなじみの「鰻丼のタレ」が和えてある、
タレは、一般の鰻丼のものより醤油味が勝ったややしょっぱめの仕様、
乗ってる鰻は、ほどほどのクオリティの鰻を使ったものではありますが、
ホッコリときちんと「蒲焼」しており、
「御飯の鰻丼」と同じように、鰻と麺を一緒に食べてみると、「!」悪くない!

蒲焼の方のタレ加減をあまり強めにせず、
少ししょっぱめにタレで味の付いた麺と併せてほどよい塩加減になる仕組み。
タレの絡んだ麺の心地よいヌメヌメ感と、鰻の身のホッコリ感のマッチングもよい。
麺の噛み応えもしっかりしている。
「御飯の鰻丼」のそれとは違うけれど、
これはこれでバランスのとり方としては成立していると思う。

麺に絡める、という和え麺の宿命からタレが丼の底にヒタヒタしてしまうのと、
ややタレがしょっぱいと感じることが難点かな、と思ったけれど、
二十の重のもう一つに仕込まれている山芋のトロロ、
これを絡めることでその難点が解消される。
しょっぱさも和らぎ、麺への絡みもよくなる。

ゆかり和えの穂先メンマや細切りのチャーシューも、
味の設計としてはなるほど、と思うけれど、
実際に食べてみると、鰻やタレのインパクトの前に、やや存在感が薄く感じるかも。

御飯が付属します。大盛りから一口サイズまで選べます。
私は一口にしました。
麺が5%ほど残った状態で重に投入、
山芋と合わさったタレとの相性もいいですねー!

このメニューの提供開始時には、タレもやや甘口で、
山椒も最初から降りかけてあったっきり、
御飯も付属しないと、某ブロガーさん情報にあったのですが、
おそらくお客さんの声を聞いて改善なさったのでしょうね。

突っ込みどころもあるし、
おそらく食べ手による解釈の差で評価に上下差も出るでしょうが、
毎年、「今年の庄野の鰻重はどんなのだろう?」
と思い出される夏の風物詩になってほしいな。

ちなみに、私が最も好きな食材は鰻なんです。
いつか究極の「ラーメン鰻重」を作ってください!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 27件

「[限定]冷やっと辛い!油そば(+味玉)」@油そば専門店 GACHIの写真個人的最注目の庄野さんの店とは言え、
汁なし関心度が低い私はBM優先度上げられずにいたのですが、
この機会に行ってみようか!と思うメニューが始まったので
やっとの訪店。

写真を御覧ください。
軟弱者のGT猫が、こんなもん食って大丈夫か?
と御心配下さる方も少なからずいらっしゃると思いますが、
安心してください!(とにかく明るい安村風)、

表面を覆っている赤い物体は、唐辛子は唐辛子でも、韓国産甘唐辛子。
爽快な辛味はあるけれど、それは乾いた甘味の隙間から静かに立ち上る感じ。
最初はパサパサしているけれど、多めのタレと混ぜると、しっかり馴染んで違和感なし。

麺は、奥の製麺室で絶えず打っている自家製麺、デュアル小麦使用と店内POPで謳われています。
表面滑らか、まずモチッとした弾力を感じますが、冷たく〆られていることもあり、
かなり屈強な噛み心地、なのに、しっかりと伸びのよい、ただ硬い麺とは一線を画する仕上がり。
優しい顔に似合わず、芯の確りした庄野氏のキャラそのものではないでしょうか。

小麦の心地よい風味が強いものですが、
冷たくすることでそれが一旦落ち着き、他方で唐辛子によって際立たせられています。

唐辛子の甘味・辛味の「乾き感」をアイスクリームのように盛られたアボガドディップが
ほどよく和らげつつ、麺への馴染ませ役を務める。
このディップの効果で、韓国っぽさに、どこか洋食っぽさを加味させています。

麺量は、並でも十分、
〆にごはんと生卵を追加して、豊富な卓上調味料を加え、ガーリックバターライスでいただく、
そんなことがPOPで推奨されていますが、おじさんには少々厳しいので、
卓上のベビースターを残りダレに多めに振り入れていただきました。

まぜそば専門店の命といえる麺の仕上がりが素晴らしく、
それを核に、冷やす・辛味・複数種の甘味を巧妙に用いることで、
暑い日に最適の一杯となっておりました。

楽しさとスパイス遣いを個性とする庄野氏の良さがよく出たまぜそばでした。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「本格 長崎ちゃんぽん」@つけ麺専門店 風雲堂の写真自宅から目と鼻の先の所に新しいお店ができました。
最も近いお店の記録、更新ですw
どうやらつけ麺店のようで、つけ麺メニューも色々、
しかし、貼紙が一枚、なぜか「本格 長崎ちゃんぽん」が!
それってオイラを誘ってるんじゃないの~♪
というわけで、いただいてみました。

火鍋を煽るよい音が厨房で響きます。
きちんと一杯ずつ具材を炒めて作るようです。
やがて着丼…盛りがいいなw

着丼するや否や、炒め具材の香ばしいかおりが鼻腔を擽ります。
タンパク源は、海老、ゲソ、アサリ、豚肉、蒲鉾、
野菜は、キャベツ、モヤシ、ニラ、
特に焦げ目がつくほどしっかり火を通した豚肉由来の香ばしさが心地よい、

スープは、適度にマイルドな、ちゃんぽんらしい豚骨、
炒め具材の旨味もしっかり溶け出していて、
心地よく胃の襞に染み渡る濃度と味わいです。

麺は、まるい断面の、太目…と呼ぶには細めの麺ですが、
ちゃんぽんらしい麺といえましょう。
しかし、本場の、弾力の緩い茹で加減ではなく、
適度に心地よい噛み応えを残しております。
具材との相性も良くて、美味しいです。

麺のコシと盛りのよさが、本場のちゃんぽんとは異なるようですが、
そこは東京のお店、その方が万人受けするのは間違いない。

いやいや、近所で良い物を食えるようになったなあ。

つけ麺もいいけど、もっとこのメニューをアピールしてもいいんじゃないかなあ。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「タンカラ・小辛+味玉」@カラツケ グレ 御徒町店の写真賑やかな家具屋さんの建物群の真っ只中に
ひょっこりあらわれた新店、
通し営業ですが、「この店は何?」
と言わんばかりに、買い物に来たおば様方が覗き込んでますw

つけ麺とくに焼き肉入りの「ニクカラ」が一推しのようですが、
私の趣味に忠実に、野菜炒め入りの「タンカラ」を選ばせていただきます。
辛さも選べますが、軟弱者らしく、基本という小辛で。

茹で時間が8分かかるという貼紙のとおり、8分ほどで提供、
浸け汁は、グツグツ煮立った状態。
思ったより小ぶりの器に、提供直前に炒めていた野菜がギッシリ。
どこに浸けるんだ?と戸惑うも、突っ込んでみると意外に浸かっちゃいますw

焼き肉店が展開するつけ麺店らしく、
牛骨出汁がしっかり効いた浸け汁、
牛のまろやかながらも「かったるさ」のない甘味が
唐辛子主体の辛味成分と、互いを引き立てあっております。
小辛は、軟弱な私でも「ピリ辛」程度に感じるもので、
よほど辛さに弱くなければ、中辛以上でよさそうです。
辛味成分が、「爽快で軽やか」なのに対し、
牛成分が、「心地よいオイリーさ」で、重心が低く、
このフィーリングの対称性も、味わいの対称性と相まって
浸け汁の味わいを立体化しています。

麺は開化楼製、
「ボキ」と「モチ」の中間、
針金が入って手動で形を変えられるソフトフィギアの腕みたいな感じ。
硬めなんだけど、躍動感のある太麺で、
上記の浸け汁とよく絡み、
浸け汁の味を際立たせ、
浸け汁で自身の味も際立ち、
両者の相性もバッチリだと感じます。

ただ、汁は噂通りよく飛び跳ねますw
券売機上に置いてある、紙エプロンは必須ですw

野菜はモヤシ主体、食感はよいけど、
もしキャベツ主体なら、その甘味が汁の辛味とコントラストなして面白かったのでは?
なんて想像します。
少量入ってる豚焼肉の甘味もナイスなんですが、
牛の甘味系の旨味がしっかり効いてるので、
豚焼肉がたくさん入ってると、ちょっとしつこく感じるかも?
やはりタンカラなど、野菜系メニューをお薦めしておきましょう。

いわば韓国焼肉系とでも呼ぶべき、
新たなタイプ・・・というより、
よい意味で、昔からあったような、我々のツボにピタッと嵌る
辛味系つけ麺だと思います。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件