なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,724
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーラーメン」@札幌らーめん 品川甚作本店の写真(私が休止中だった、3月のレビュー、
 在庫一掃ですが、ご容赦ください。)

新商品登場の噂を聞いて参上。
謳い文句の通り、
森住製麺のプリプリ縮れ麺と、
十数種の香辛料をブレンドしたスープがマッチしています。
トッピングはもやしとザンギ(唐揚げ)、揚げ玉。

おなじみ、ラード蓋の下からドロ味強めのスープが現れる、
麺が、黒みがかったスープに、美味そうに塗れています。

辛味自体は強くなく、
濃いめの塩分と、しっかり効いたスパイスで食わせるテイスト、
スープの旨味が塩分と香辛料で惹き立って美味い!

付属の小ライスに、ザンギと残りスープをかけて満喫!

純すみ系ではありますが、開店以来、どんどん「らしく」なってる気がします。
他のメニューも、昔東京にあった同系に並んだ印象も。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 3件

「カレーつけ麺」@ラーメン 赤おに。の写真三田線の美味いラーメンを普及させる会
会長(自称)のGT猫です。

本蓮沼にできた新店、ラーメンを中心に、
カレーや各種定食、飲みメニューを備えるお店、
接客を担当しているのが店主さんで、調理担当が「シェフ」さん
という位置づけになっているようです。
そのシェフさんの腕前がなかなかのもの、という噂を聞いての訪店です。

仙台味噌をフィーチャーした辛味噌が看板メニューかな?
なんて考えてもみたのですが、カレーをかなり前面に出している気がする(?)、
そこで、カレーつけ麺をチョイス。

つけ汁、カレーはいわゆる欧風なタイプ、
これをつけ麺仕様に少し緩めに仕上げたのか、思ったよりサラッとしています。
ベースの肉由来の旨味を味わうタイプで、煮崩れた具材から来る旨味も加わって美味いです。
辛さは強くはなく、スパイスが旨味の輪郭をピリッと際立たせる感じ。

麺はカネジン製という情報、
気持ち加水低めかな、ザクザク感とシコシコ感が同居する噛み心地、
ほんのりとした風味が漂い、どこか洋風なイメージ、
これ、カレーつけ麺にピッタリですよ。
辛味噌や醤油のつけ麺もメニューにはあるけれど、
カレーつけ麺のための麺なんじゃないか、と思ってしまう。
カレーつけ汁が緩溶きのせいもあるけど、
カレーを纏ってもきっちり存在感があって美味しい。

トッピングは麺皿に、ブロックになったチャーシュー3個、メンマ、ナルト、刻み葱。
チャーシューは冷たいのが残念なんだけど、歯圧で圧し潰すと繊維から感じられる旨味が良い感じ。
つけ汁が熱いうちに浸すのがおススメ。
メンマも、どこか搾菜チックな風味がして好きな味。

麺量は割とたっぷり、250gくらいでしょうか。
スープ割の有無は訪ねませんでした、カレーだし。
ご飯を「少しだけ」といって追加オーダーして飯割で〆ます。
そりゃもう、悪いはずがなくw
「少しだけ」と言ったけど、茶碗一杯くらいはあったかな。
これは、晩飯で調整しなければ。

少し食べすぎましたが、駅からけっこう歩くので、
「猫散歩」でカロリーを消費させ、本蓮沼を後にしました。

仙台味噌の辛味噌ラーメンに、
かなり美味しいという噂のチキンカツを乗せたやつが気になるので、
次回はしっかりお腹を空かせて、そいつを食べに来たいです。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー台湾まぜそば(+追い飯)」@麺屋こころ 御茶ノ水店の写真別のお店に向うところでしたが、
カレーの匂いに惹かれ、フラッと入店、
暑くて、ラーメンモチベーションも下がっていましたし。

未だに、まぜそばをラーメンカテゴリーとして語ることに
若干の違和感・抵抗はあるのですが、
この台湾まぜそばというカテゴリー、
やはり学生時代に夜食に作ったうどんを想起させられ、
心の何かのスイッチを押される気分になるのです。

卵黄とタレの混合物を纏った麺が、舌に感じさせるヌメモチっとした心地よい感触、
太麺のもちっとした食感が、その感触によってイキイキと、どこか淫らに(?)
口の中を這い、暴れまわる快感、
ミンチの旨味、タレの旨味、各種具材から複雑に伝わる旨味や、
鼻に抜ける稍野蛮な風味など、複雑な要素が一体となり、
体のあらゆるツボを刺激するような錯覚が楽しい。

カレーが加わることで、味がちょっと引き締められつつ、
さらにスパイシー要素によって、「押される」ツボの数が増えますねw
カレーが辛過ぎないことで、カレー自体の旨味要素も感じさせ、
そして、スパイスが適度に効くことで、軽やかさ、リズム感も出る印象。

こちらの台湾まぜそば、
同系経験値が低いので断定できませんが、
おそらく塩分濃度とかインパクトは控えめなのではないでしょうか。
それが、私のようなおっさんにも(おっさんだから?)
台湾まぜそばを味わい、楽しませることにプラスに働いている気もします。

確かなことは、やはり私、きっと台湾まぜそば、好きですね。
調子に乗って追い飯まで食べちゃいましたが、
夕食分のカロリーまでここで摂取してしまった・・・。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】タイカレーつけ麺(1辛+味玉)」@雨ニモマケズの写真ネットを見ていて偶々目にとまった情報が、
なぜか脳裏から離れなくなって訪店w

つけ麺の食券を買って、手渡す時に「限定」と告げるシステム。
辛さ1~3から選べます。
1辛でもけっこう辛いというアナウンスがありましたが、
ちょい強めのピリ辛ですね、私には
ちょうどよい辛さでした。

粗粒の唐辛子、一味唐辛子、
干しエビや、ネギ、しょうが、にんにく、たまねぎ、など
コリアンダーでしっかりタイ風カレーに合わせ
ゴマ油と食べるラー油を加えた旨、ブログに説明有り。

辛味は、ピリピリというより、スーッと継続的に爽快に口に響く感じ、
ココナッツミルクの甘味をしっかり感じますが、癖のない万人向けなチューニング。
この辛味と甘味が一体となり、下味的な旨味が程よく支えて、なかなかの味わい。

トッピングは味玉と、パクチー・オニオン・ベビースター、
そして、タンドリーチキンをアレンジしたスパイシー鶏ももチャーシュー、
シャリシャリ感と漱ぎ感を醸し出すオニオンと、
万人向け仕様になりすぎないようメリハリをつけるパクチーが好印象、
程よくスパイスの効いたチキンは、浸すと浸け汁の辛味を複雑化させる仕事をしてくれます。

麺は、いつもの、ほん田系にしてはやや「ボソ」感のあるつけ麺用太麺、
もう少しピチピチしたタイプの方が好みですが、
このメニューにはこの麺が意外に合うかもしれません。

並盛で私にはちょうど良い量、
ごはん割で〆るのがおススメだと思いますが、
私のお腹には無理なのでスープ割してもらいました。

総じて、まとまりがよいのに、メリハリの効いた一杯、
某mnmnさんのように激辛派の方は、ぜひ3辛でw

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】カレーなアブラ煮干そば+味玉」@煮干そば 流。の写真十条カレー番付という企画をやっていまして、
そちらに参加するために作られた限定メニュー。
背脂浮くニボスープにカレー肉玉を溶かし頂く一杯、
という謳い文句なのかな。

基本のアブラ煮干そばに、キーマカレーの肉を乾かして丸めたような
「カレー肉玉」なるものが乗っていまして、
食べ進めながらそれをスープに溶いていきます。

スープに初めから少しカレー味が付けられています。
そんなに辛い味付けではありませんが、
スパイスの「切れ」の部分だけを利かせたような感じになっていて、
煮干出汁をサッと明るく透かすような味わい。

カレー肉玉も、キリキリ辛いというよりも、
肉の旨味をスパイスで引き立てたような味付けになっていて、
溶いていくと、カレーのスパイス感も強まっていくのですが、
それよりも旨味の層が厚くなっていくところに目(舌?)が引きつけられます。

カレーをフィーチャーしすぎて、煮干し感が後退するようなものも時々ありますが、
煮干しと共存、いや、煮干を活かすようなカレーの使い方と言ってよいかと思います。

多めの刻み玉葱も、カレーそばと相性が悪かろうはずもなく、
絶妙の漱ぎ作用を担っております。

滑らか麺肌のモッチリ麺も、カレーによって甘味が引き立つようで、
限定カレーメニューとしてかなり成功している部類ではないでしょうか。

惜しむらくは、肉玉を溶き進めるほどに明らかにスープ温が低下することかな、
これも狙い…ではないんでしょうね。

一時の限定でなく、何かしら繰り返しいただきたくなるような一杯でした。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 4件

「[限定]博多ブラックCURRY+ライスセット」@博多一風堂 池袋店の写真スープ別レビュー件数 カレー 「29件」…
A型の血が騒ぎますw
何か美味いカレーは?…と調べてみると、
一風堂の限定がヤバいらしいとの情報をキャッチ!
…で、やってまいりました。

一風堂の社員・アルバイトによる開発コンペ・「総選挙」の優勝作品、
「この一杯で、一軒のラーメン屋を作っても良いと思った」(大崎裕司)

ベースには一風堂の豚骨だけでなく、鶏白湯もブレンド、数種のスパイスと合わせ、
漆黒の色はカラメルによるもので、カレースープに甘味を加える。
チャーシューにはバルサミコソースもかかっており、
舐めてみると「酸っ!」と思ったけれど、
POPにある通り徐々に溶いてみると、スープに埋もれていく感じ。

甘味やバルサミコは、どうやら深みを与える隠し味になったか、
Wスープの動物質は粘度控えめ、マイルドな旨味を湛えて、
スープに適度なスピードを与えるタッチ。
スパイスの調合は、ズンと来る辛味やビリビリ来る痺れ感ではなく、
揮発性の高い爽やかな辛さといった仕様で、
それなりの刺激もあるのだけれど、
辛味が蒸発するときに舌に切れの良い旨味を浮かび上がらせていく様相。
なかなか美味いですよ。

麺は中太とあるけど、博多麺より若干太い程度のものかな、
黒いスープから引っ張り出すと、日本蕎麦のようにも見えますけどw
食感も硬めの蕎麦っぽい感じで、スープのスピード感を損なわせず、
風味・甘味もちゃんとしていて、こちらもいい感じ。

具材は、トロッとしたチャーシューに数種の野菜、
コーンも適度に入っていて、味玉半個もサービスイン。

ライスセットは、かなり少なめのご飯に、
野菜チップ・ニンニクチップが乗っていて、
こちらも鉄板。

ライスは少ないので、まず替玉を食べ(お店は替え玉は博多麺を勧めています)、
その後でライス〆、というのがよさそうです。

一風堂という鎖店が出したもの、という曇り眼鏡で見る勿れ。
なかなかよくできた一杯でございます。

同じ鎖店でも、こちらは従業員同士がテンポよく声かけあっていて、
待っていても楽しいですね。他の支店と明らかに違うような…?

さて…
ん?塩が97店…?

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「濃熟カレーつけめん(大・冷)+味玉+野菜」@三ツ矢堂製麺 大山店の写真今年も三ツ矢堂にカレーの季節がやってきてます。
っていうか、この店の採点、私が半分だし、1つ前のレビュー、1年前のカレーだしw

というわけで、詳細は店のレビューのすぐ前のものを参照されたし。

どこか給食あるいはバーモンドカレーを髣髴とさせる、
家庭的でどこかフルーティなルーの旨味がノスタルジックで、
ノスタルジーに浸っていると、後からジワッと辛味がけっこう来たりして、
思いっきり嵌ってしまってます。
スープ割りなんてしません。
冷やでしっかり〆られた、こちらの美味い麺と、
別皿の野菜で、浸け汁をサラってしまうように食べつくすのが醍醐味です。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 4件

「ひっそり限定]モアスパイシー味噌カレータンメン(辛さなし)」@酒と肴と麺の店 田村屋の写真また、「ひっそり限定」をやっている情報をキャッチ。
しかも2種!
「塩」タンメンも超気になったけど、なぜか気分が妙にカレー、
というわけで、表題をオーダー。
携帯でブログ見せて、「ひき肉ご飯(小)」をサービスGET!

辛さの有無を問われますが、
それはあくまでベースの味噌タンメンについてのこと、
どのみち、その上に、かなりスパイシーなカレーが乗るわけで、
「よほど辛さが得意じゃなかったら、辛さなしがいいですよ」
と店主さんが仰るので、素直に従いましょう。

「モア」と銘打たれていることから察せられるとおり、
常駐メニューにもカレータンメンはあるわけですが、
今回のは、そのカレーがパワーアップされたもの、
ベースのタンメンは、醤油と味噌から選択、で、後者をチョイス。

ベースの味噌タンメンは、いつものこちらのもの、
硬めのモチッと感のある太麺に、塩気と甘味がほどよく調和する中トロの味噌スープ。

乗ってるカレーは、いわゆるキーマタイプ、
たっぷりのひき肉を核にしたミートソースっぽいタイプで、
トロミ緩やかなので、トッピング後、下の味噌スープに溶けだしていく速度も速め、
で、辛味は、やっぱり強い、
ピリッと言うより、ズシッとくる辛さ、
「辛い」なあと感じるわけではないけれど、
「ん?何か下の上に重いものが乗っかったな」と思ったら、
舌の両サイドの部分がなんだかヒリヒリしてくる感じ。

それが、下の野菜たっぷりのタンメンの味噌と融和して、
また、たっぷりの挽肉感がそう感じさせることもあって、
カレー味の担々麺を食べているような味わいで、なかなか美味い.....
やっぱ辛い!!
3分の1くらい食べたあたりから、汗が止まらない!

麺になるべく具を絡めていただき、
恨めしくもたっぷり残るスープを、ひき肉ご飯にぶっかけていただき、
それでも4分の1くらいスープを残しちゃった。

自分の軟弱さが改めてわかってしまった一杯だったわけですが、
カレーもタンメンもやはり美味くて、
こちらの麺類の、深さというよりも、妙な楽しさが、しっかりと体現されていて、
シャツとパンツと小さなタオルが汗びたしになりながらも、
駅まで歩く、その過程で、風を受けて身体が冷めていく感覚を楽しみながら、
徐々に平静を取り戻した舌は、妙に後恋しい、
そんな一杯なんでありますよ。

辛さめっちゃ好きっていう人は、ぜひ辛さありでどうぞ。
何か嫌なことがあった人も、きっとサッパリすると思いますよ。
あ、私は当分やめときますw
うん、塩タンメンがメッチャ気になるしw

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 8件

「本格カレーつけ麺・中+味玉1個」@麺屋 鶏魂の写真オリオン食堂の駅前店がリニューアル、
こちらの店舗は、今後は鶏エキスインパクトを追究する店となる、
ということらしいので、どんなもんか、確かめにやって参りました。

…というか、立て看板は確かに「麺屋 鶏魂」のものになってますが、
肝心の看板はまだ「オリオン食堂」のものがデーッン!と掛ってますねw

まずは基本の、濃厚鶏系から、とも思ったのですが、
店主殿がブログでやけに推奨していたカレーをチョイス、
日曜の昼はカレーにすることが多いのですが、
今日は晩飯にこれを食べるつもりで自重したのですw

鶏白湯の、個性の強い甘さと香りをベースにしつつ、
それと「絶妙の相性」(同ブログ)とありましたが、
まさにその通り!

カレーは、本店でも売りになっている、
「アジア各地のスパイスをブレンドした本物志向」のもの、
基本的にインドカレーを彷彿とさせる、
やわらかで淡泊な甘さと旨味が最初にサーッと広がって、
後に爽快な辛味がゾワーッと押し寄せる、
でもって、その辛味はしつこく居座ることなく、
スカッと切れよく波のように引いていく
というチューニング。
鶏白湯は、ややバックボーンに引いていますが、
サラッとしているけど確かなトロミ、
硬質だけどなじみのよい甘味、
それらが、アジアンカレーのよさを確実に引き立ててはいます。
大量のそぼろも沈めてあって、適度に旨味を補足してくれます。

麺は、つけ麺らしい極太麺で、歯応え十分、
弾力・・・というより、ちょっと食感が淡泊な気もしますが、
よい意味で標準的なものでしょう。
表面がかなりツルツルで、浸け汁と絡まないってことは無いんですが、
なにせ洗い箸では掴み難い。
ラストは丼をひっくり返して残りの麺を投入しちゃったり。

具材は、味玉半個に大ぶりチャーシュー1枚、
海苔とたっぷりのネギ、細かく切った木耳。
味玉はジャスト固化のゼラチン状、
濃いめの味付けがついてます。今日は別売りのものを1個足しました。
チャーシューは、厚手だけど箸で切れるやわらかさ、
ネットリした脂身と、赤身部分にもサシが入って、
トロトロタイプが好きな人にはウケそうなもの。

スープ割は、卓上ポットで魚介スープを注ぐセルフスタイル。
というか、ライスは置いてないんですねー。
お約束で飯割り、とも思ったんですが。
本店の方にはあるみたいですが、こちらにはない、
これはちょいマイナスかな。
魚介スープで割って飲むと、これまた美味いんですが、
そりゃゴクゴク飲むものでもないし・・・
ま、飲んじゃいましたけどw

トータルで、後味爽やかで美味しい一杯、
ハズレが少ないカレーとはいえ、満足できる味わいでした。
飯割りできないことのほか、
やはり麺にちょっと不満あり?
悪くないけど、カレーじゃなくて、鶏の方だと、
ちょっとどうなるのかな?
カレーだから、ツルツル太麺がよい方に出た、ともいえるのでは?

せっかく新店の味を確かめに来たのだから、
やっぱり濃厚鶏そばかつけ麺をいただけばよかったかな、
なーんて思いつつ、次回の課題といたしましょう。
あ、でも、今度は煮干の方に走っちゃうかもw

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「限定・濃熟温玉カレーつけ麺・中盛」@三ツ矢堂製麺 大山店の写真毎度おなじみ(?)三ツ矢堂の限定、
大山店でも、すっかり限定が安定供給されてます。

香味野菜の旨味に満ちた、甘口ベースのカレー浸け汁、
舌触りはサラッときめ細かい粒子、ポタ‐ジュライクなとろみ、
甘口ベースながら、その粒子の合間から、ピリピリッと心地よいスパイスの辛味、
給食のカレーを上級昇華させたような、やっぱり美味い浸け汁。

麺はいつものツルシコ太麺、
滑らかな麺肌ですが、カレー浸け汁はとてもよく絡み、
絡んだルーがまず口の中で先に剥がれて喉に落ち、
下からモチッとした麺が現れ、舌に新たな快感を与えるナイスパフォーマンス。

やわらかチャーシュー片とともに、小さな角切りの人参・ポテト・タマネギが、
コロコロと口で転がり、噛んでザクッと解れて美味い。

中盛の麺で、けっこう浸け汁は減りまして、
一応ラストはポットからスープ割り、これはカレーとは相性良くないかなw
ライス頼んで飯割りにすべきだったかな。

というわけで、いつも通り美味しい限定でありました。
常食然としてるのに、どこかさりげなく洗練されている、
これが大山でも食べられるようになったことを歓迎したいと思います。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 4件