なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,725
レビュー 店舗 スキ いいね

「味玉 上越味噌」@ナベラボ 池袋〝新潟ラーメン 第2弾〟の写真石神ラボ、入れ替わりの季節…
と思ったら、また「新潟」、また「樹庵」…。
ま、いっかw

日本海側のラの聖地らしく、まだまだいろいろあるんですねー。
入れ替わり前のラボでお気に入りだった味噌との比較で、味噌をチョイス。

甘口スッキリテイストの白味噌をベースにしつつ、
キャンバスにニンニクを使用した「なるほど」な仕掛け。
ガツンと利かせすぎるでもなく、輪郭線を描かせるでもなく、
白味噌の個性を明るく引き立てる使い方に思わず唸らされます。

野菜係、特に、たっぷりのスライスオニオンがまた良い味を出してます。
白味噌とは異なる甘味を加えつつ、相乗して甘くなりすぎることなし。
食感のしっかりした、やや味付け濃いめのたっぷりのチャーシューが、
力強さと塩味系のベクトルを担当し、一杯の中でバランシングも秀逸。

麺は細身のツルシコタイプ、
もはや味噌の麺というと、森住などの硬めの麺が
定型としてこびりついているためかな、ちょっと弱く感じます。
ただ、麺が強すぎて、白味噌を主役にした落ち着いた味わいを保つ、
という意味では、この麺がベターだったのかな、とも感じます。

総じて、一杯の「料理」として、美味く成立しているしている、という感想。
現地の「本物」がどのようなものかは知らないけれど、
こういうのを土地の人が常食としている、というイメージがピッタリくる、
そんな一杯であることは間違いないです。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚味噌+味玉」@ナベラボ 池袋〝新潟ラーメン〟の写真石神氏の厳選極み麺、期間限定の出店中、
おそらくそろそろ期間終了、
渡辺樹庵氏プロデュースの新潟ラーメン。

実は6月に背脂ラーメンをいただいて(未投稿)、
ちょっとぼんやりしているな、という印象を持ったのですが、
その後、この店は「濃厚メニューでこそ!」
という情報に接し、改めて参上した次第。

濃厚味噌、
以前、幡ヶ谷の某店でいただいたものは、「割スープ」がついてくるも、
「割らなくてもよくない?」という印象を持ったのを覚えていますが、
こいつは違う。

赤味噌を最低限のスープで溶き、
それに太麺を、まさに「塗して」いただくような一杯。
「汁なしと見紛う?」という表現は大げさだけど、
麺が「腰」ほどまでしか浸からぬスープ量。
とにかく味噌しょっぱい、しかし、赤味噌の旨味がミシミシ攻めてくる、
食べ終わると大量に底に溜まるほどの煮干しが出汁として味噌を支え、
しょっぱいんだけど美味い!
「塗しつける」麺は、中太で歯応え強め、
パワフルな味噌のパワーに弾力を加えつつ、
ワシワシと食わせるもので、
トータルでかなりストレス解消になるw

トッピングは、炒め野菜と厚手の豚、
豚はミシっと硬めながら歯でホロっと崩せるタイプ、
炒め野菜は、シャキシャキとした食感と香ばしさを加え、
この一杯に香りとリズムを与える役目を巧く果たしていると思います。

あまりにしょっぱいので、
添えられるポット入りの割スープで割りながらいただきますが、
割り過ぎても持ち味が損なわれると思うので、
慎重に加えながら楽しみます。
割スープは薄めの煮干し出汁スープ。

味噌の旨味とパワフルな麺の食感を楽しむ一杯ゆえ、
しょっぱくて云々というのは野暮ってもの。
ただ、週末に血管の診察を控えた我が身には、
きっとよろしくない一杯でしょうな。

鬱憤が溜まった日に、憤懣の対象人物の顔を思い浮かべながらいただくべき一杯哉。
(そういう日に食べたので高得点!w そうでなければ…?)

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】八丁味噌ラーメン+味玉」@麺匠 むさし坊 武蔵浦和本店の写真多忙期に入り、なかなか未訪店に行けません(><)
武蔵浦和でのお仕事、本日もこちらに。

「牛」の限定を狙ったのですが、
既に次の限定、「八丁味噌」にシフトしていました。

火鍋でスープをじっくり仕上げています。
野菜は煽り炒めではなく、仕上がり前にサッと茹でる感じ。

土鍋に入っての登場、
もちろん、上述の通り、火鍋で仕上げたものを移しただけで、
鍋焼きにしているわけではありませんが、そこは雰囲気・気は心!

緩めのとろみのついたスープ、
トロミはこちらの売りの鶏白湯でしょう、
味噌的塩気4:味噌的甘味2:嫌味のない酸味1というブレンド、
八丁味噌の諸要素をそれぞれ際立たせるようなタッチです。

麺は中細の平打ちで、パラパラッとした硬めの茹で、
スープとの絡みも良好で美味しい麺ですが、
鍋焼き風ですから、思い切って太めの麺なんていう方が面白そうかも。

シャキシャキ感がしっかり残ったモヤシとニンジンが主体、
濃いめの味噌味と野菜のフレッシュ感のコントラストが心地よいです。
メンマ代わりのゴボウも健在!この味噌スープによく合います。

味噌にしては大ぶりのチャーシュー、
噛むとホロッと繊維が崩れて旨味が染み出すタイプで、いい感じです。

個人的には、モッチリした饂飩タイプの麺を、
このミソスープと組み合わせたい衝動に駆られますが、
このチューニングこそがこの店らしい!ともいえそうです。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「味玉入り辛味噌らーめん」@つじ田 味噌の章 飯田橋店の写真辛味噌ラーメンをもう一杯。
こちらも、
「山形のラーメンに感銘を受けて作成に至った」(卓上POPより)もの、
「唐辛子に独自のブレンドを加えた『だるま』を
スープに少しずつ溶かすことにより、
味の変化を楽しめ」る仕立てになっています(同POP)。

田中商店でいただいた、「山形辛味噌」は、
白味噌仕立てのかなり甘口のベースに、辛い「だるま」を溶くことで、
かなり異質の二種の味が層になるものでしたが、
こちらのものは、
ベースが、いわゆる札幌味噌チックな、火鍋煽り型のオーソドックスな味わいのもの、
そこに「だるま」を溶くと、基本的に“高音の”“キーンと来る”系の辛味が広がるのですが、
その辛味が広がる前に、まず甘味が少しの間、広がるのです。
その甘味が、先週食べた山形味噌の独特の甘味に似ているような気がして、面白いな、と思いました。

麺は、やはり札幌チックな、中細の黄色いポロっとしたタッチのもので、
やはり馴染みのある味噌ラーメン観に合っていて、安心の食べ心地でした。
札幌味噌にはあまり入っていない、やや大ぶりのチャーシューと、
札幌味噌でもおなじみの(?)チャーシューの断片的な肉も、標準的な味わい。

青海苔がふりかけられていて、卓上にも青海苔が置いてあるのですが、
その効果のほどは、あまり大きくないな、と感じました。

「だるま」の「高音」の辛味の「余韻」がやや大きすぎて、
もうちょっと「その他」の味わいの成分の要素の余韻が続くとよかった、という感想です。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「山形辛味噌+味玉」@田中そば店 秋葉原店の写真RDBの重鎮なる某じさまが絶賛したる一杯、
私も無性に食べてみんと欲し、
秋葉に支店ありと聞きて、訪れたるなり、です。

「こってり」オーダーにはしませんでしたが、
表面はけっこうオイリーです。
白湯に白味噌、かなり甘いベース、
和風のしろくまに乗っている、黒糖ベースの和風アイスを思い出しました。
甘さと軽やかさとオイリーさが、ピーンと緊張感あるバランシング。

中央に乗っている辛味噌を少し溶いてみると、
こちらはキーンとした比較的「高音」の辛味、
なるほど、この辛味と、ベースの甘味の二重奏こそ、
このラーメンの核心なんだな、と自己解釈。

辛味噌は、溶ききってしまわず、辛味噌の濃い部分と薄い部分を
行ったり来たりしながら食べるのが楽しいです。
飽きも防げます。

麺は、平打ちの喜多方タイプ、とでも形容すべきなのでしょうか、
滑らかな表面、ちゅるんとした食感の中太麺、
噛み心地は、比較的やわらかめ、といっても強めのモチモチという感じ。

煮込み系、脂身トロリのチャーシューは定番的な美味さ、
メンマは細身のコリコリ系、
味玉は強めに火の通ったおでん的なもの。
青海苔やネギのアクセントは、個性の強いスープにあっては、微弱な風味材。

味噌の甘さの性格が、個人的には若干好みとは違ったり、
このスープにこの麺がベストマッチなのか、議論の余地ありな気がしたりと、
引っかかるところがありますが、
なるほどと納得させられるところ、ハッとさせられるところも多く、
新たな視点を与えられたのは間違いない一杯です。

本当の「地」ラーメンなのか、地起こし的なものなのかはわかりませんが、
段階を経てたどり着いた味作りでよく感じる時間の層のようなものを感じました。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン+味玉」@まぐろラーメン 大門の写真ありがたい勤務地のご近所、通し営業、
板橋区にもまぐろを看板に掲げるお店があるけれど、
それと比べてどうなんだろう?
味噌なんていうのがあるけど・・・。

で、いただいたところ、いわゆる街中華的な味噌と考えれば悪くない。
火鍋で野菜を煽る味噌スタイル、
アツアツのスープに、キャベツ・モヤシ・コーンなど、
たっぷり野菜補給ができるのも嬉しい。
炒め過ぎず、きっちりシャキシャキ感もキープ。

麺は中細で、しなやかというか、弾力があるというか、よく伸びるw
プチンプチンとした食感は、なかなか心地よいけれど、
何せスープが熱いので、麺を口の中で「処理」するのに手間取ると火傷しそうw
風味もまずまず。

スープは、赤味噌系の旨味と心地よいしょっぱさが適度に出ています。
ここに出汁としてまぐろさんの「仕事」を期待したのですが、
明らかに味噌とベースの動物質に押されてますねw
でも、時々フッと鼻腔で主張するのがわかります。
壁に、「鮪の頭骨を割って云々」と語られていますが、
やはり醤油系を食べてこそ、なのかな、かなり難しい出汁素材であるのは間違いない。

デフォで分厚く大判のチャーシュー一枚。
やや肉質硬めですが、変な味付けに染まってなくて、味わい自体は悪くない。

まぐろさんにもうちょっと活躍してほしい気もするけれど、
そこは味噌をチョイスしたのですから仕方ないですね。
面白いところ、さりげない個性もある、標準的な街中華として、この評価とさせていただきます。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン+味玉」@らぁ麺屋 つなぎの写真またしても遅いランチに。
アッツい味噌で暑気払いを、と思い立つも、
この時間に食える通し営業となると…「!」
というわけで、恵比寿に降り立ちます。

RDBでは、限定メニューの評判が目立ちますが、常駐メニューの方は?
気になりつつも、基本の味噌を味玉付でオーダー。

味噌ダレにスープを注ぎ溶く東京味噌スタイル。
「ど・みそ」出身とのことですから、当然でしょうか。
「濃厚」を謳いますが、動物質でドロドロさせるタイプではなく、
味噌のブレンド、背脂やスパイスの調合で独自の濃厚感を演出しています。

味噌の味わいは濃く、しかし、どこか明るさを漂わせるチューニング、
背脂の甘味やスパイス由来かな、複雑で立体的な風味、
カレーメニューではないのに、カレーっぽい爽快な空気すら感じます。
適度なとろみ感があって、濃口な味付けなのに、後味が意外にすっきり、
なかなか美味しいではないですか。

併せる太麺はウェイヴのしっかりかかった太麺、
スープをしっかり抱え込んで、口の中で跳ね捲ってくれます。
紙エプロンを使うかどうか、訊かれるのも納得。
上記のようなスープに、さらに動の要素を与え、
活き活き感を醸し出すことに成功しています。

「爽快」要素をさらに際立たせているのがモヤシ、
食った瞬間、「!」と思うシャッキリ美味いモヤシ!
後で知ったのですが、日光からの特注・直送なんですね。
炒めないで後乗せする東京スタイルですから、
こういうこだわりはとても有効だと思います。

チャーシューもきちんと脂抜きをしているようで、
トロミ・旨味が豊富なのに、もたれない、地道だがナイスな仕事。

レンゲも普通のものと穴あきのもの、きちんと両方つきます。ありがたや。

これも後で知ったのですが、店主さん、ど・みそだけでなく、
色々なお店で豚骨・塩・醤油、すべてを修業なさり、
和食店・中華料理店での修行歴もおありとのこと。

近辺に醤油・塩の人気店があることから、味噌メインのお店になさったそうですが、
豊富な限定メニューが高い評価を得ているのも、そのためなのでしょう。
さりとて、基本メニューもとてもしっかりしており、
冒頭の心配は杞憂に終わりました。


ただ、お昼すぎのちょっと一息的な時間ではありましたが、
お客さんが入って来ても「いらっしゃいませ」の声も遅れ、
スタッフ同士であまり・・・な会話が?

とあるブログにあった、
「(出身店の)派手な商業っぽさまで引き継がない方がイイのに」
というフレーズが、ちょっと思い浮かんだ真夏日の昼下がり。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「四川胡麻味噌ラーメン」@中華料理 亜細亜の写真池袋などで人気の定食屋さん、
キッチンABCの姉妹店になるようです。
おなじみの「黒カレー」や「オリエンタルライス」など、
ご飯もの・定食がメインで、麺類「も」ある、というお店。
本日のおすすめは「ガーリックチャーハン」になってました。

麺類も含め、どのメニューも美味しいという評判、
なるべく定食屋的ポテンシャルが試せそうかな、
という意図で、表題をオーダー。

味噌とゴマダレ、ラー油などを丼で混ぜ、
スープを注ぎ込む「東京味噌」スタイル。

トッピングはメンマ少々とワカメ・ネギ、薄手のチャーシュー。
麺は中太のもので、適度な滑らかさとコシ。

ややトロミのついたスープは、
胡麻の甘味と味噌の旨味、ラー油のピリ辛がほどよくバランシングして、
定食屋さんの味付けのセンスのよさを感じます。

選択をミスったかな、
このお店のよさを麺類でよりきちんと味わうなら、
炒め野菜が乗る(ことが写真からうかがわれる)みそかタンメンが正解かも。

お店の御主人と奥様が気さくにお話しされている街の明るい食堂という印象です。
次回うかがうときは、
黒カレーかチャーハンかオムライスにしようっとw

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「煮玉子入り味噌ラーメン+うまうま辛玉」@札幌らーめん 品川甚作本店の写真一月ぶりの訪店、前回と基本、同じメニューなので、
前提としてまずそちらを参照していただけると幸いです。
http://ramendb.supleks.jp/review/942521.html

味噌ラーメン本体については、前回、開店当初でしたが、
かなりマイルドにまとめているという印象を受けました。
今日頂いてみると、動物質がやや濃くなって、
濃密度を増しているのを感じます。

今回は、別売りの新アイテムを試してみました。
甚作にんにくのほか、ほたてや昆布の出汁をベースに、
甘味素材に北海道てん菜100%の「てんさい糖」を仕様。
辛味を引き出すのに、甘味素材を加えるのは古典的な手法ですが、
これがうまくはまっている印象。
何より、質の高い辛味、昆布とほたてでグルタミン酸とコハク酸が加わり、
動物質のイノシン酸と併せて、三種の旨味をきっちり完備することになって、
単なる「ちょっとトッピング」以上の効果を発揮していると感じました。

で、前回から1点アップ!
1点しかアップさせなかったのは、前回感じた「ニンニク」の効果が、
ちょっと後退したかな、とも感じたため。お店の売りでもありますからね。
「隠し味効果」は、依然、きっちり果たしているのかな、とも思いますし、
トータルでは開店当初よりグレードアップしているとは思います。

水道橋は、よくブラブラするところなので、
やはり頻訪する場所にすみれ系の美味しいお店があるのは嬉しいと再実感しました。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】メジナの洗い和えつけ麺・変わり飯付」@ラーメン愉悦処 似星の写真2013年・9月以来の訪店です。
店主さんの「肥大化」と行列ができていることに戸惑いつつ、
30分以上並んだ末に、本日の限定をオーダー。

漁師料理の味噌汁を彷彿とさせる、コク深い味わいの味噌仕立ての浸け汁、
コマ切れチャーシューと春菊がイン・ザ・スープ、
蛤と大山地鶏を重ねたものということですが、
両者のブレンド具合が絶妙、蛤単独とも鶏単独とも違う、
両者が完全に融合し、素朴だけれどホッコリと暖かい旨味、
濃いめの味噌の味わいと相俟って、日本人になじみ深い味なんだけど、
良く味わうと絶妙に折り重なった旨味。
蛤のコハク酸・鶏のイノシン酸だけじゃないな、
何かもう一つ魚介系の旨味が加えられている気がする。

麺サイドには、メジナ(瀬戸内では「グレ」)の洗い、
山芋に出汁を加えたムース状のソース、酢橘、
麺は中太の、軽量なタッチの弾力あるタイプのもので、
これはこれでよいけれど、やはりもう少しツルシコ系の重みがある奴の方が合うかなあ。
麺がもうちょいよかったら、90点以上つけたい。

ムースが「強すぎて」和えられないw
面倒だから噛んだガムを巻くように麺に絡まったままドボンw
浸け汁で適度に解れ、さらに深みが増して美味い!

メジナを刺身系で食べたのっていつ以来だろう?
素朴で深い味わい、適度なクニュ感もあって噛み心地もよい。
熱々の浸け汁でちょっと温めてやるとまた深みが増す!
これ、刺身だけでしばらく食べてたい!

変わり飯は、鰤の味噌漬焼、ネギの辛味和え(?)、しし唐が一本トッピング、
この鰤の味付けも絶妙!やはりこの店、魚介の味の引き出し方、ただものではない。
そこにスープ割りした浸け汁をぶっかけ、茶漬け風にしていただく。
もう何層旨味が重なってるんだ!っていう味わい。
しかも、一つ一つの旨味が軽妙にして素朴、しかし印象深い。
店主さん、ハーフなのに、何故日本の漁民の味を知っている?
ちなみに私、漁民の末裔です。


行列してるのに、1人客は4人掛けテーブルには座らせなかったり
(合席させて回転させりゃいいのに、外いっぱい並んでるのに)、
私より後の客を先に座らせたり、ちょっとどうなの?っていう出来事もあったけど、
まあ、すみませんの声掛けもしてくださったし、料理も美味かったからいいんですけど、
常連さんと楽しそうに大声で語るよりも
もう少し一見さんにも優しい店になってくれるといいなあ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件