なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,724
レビュー 店舗 スキ いいね

「味玉ラーメン(ニンニクチップあり)」@熊本玉名ラーメンの写真池袋・石神ラーメンselectionが入れ替わり、
実はまだ、前店・えびすこの最後のレビューも上げてない(汗

でも、最近やけに熊本ラーメンが食べたかったので、
早速行かせていただきました。

濃厚な豚骨スープにニンニクチップというのが基本のようですね、
しかし、池袋という立地を考慮してのことでしょう、
ニンニクチップの「あり・なし」が選択できるようになっていますが、
そりゃやはり入れなきゃね!

トロンととろみの強い、乳化の進んだ豚骨スープ、
髄のネチネチ感は抑えめかな、コクはしっかり出ています。
豚の強い風味とゼラチニッシュスライミーな舌触りを楽しむタイプ。
豚骨のまとわりつくような重低音に、
ガーリックチップが、切れの良いギターピッキング音を併せるような効果、
熊本ラーメンは、玉名風のもののほか、
マー油でアクセントを利かせるものが有名ですが、
豚骨自体の深みをじっくり味わう博多風のものとはまた違う角度から
豚骨の個性を引き立て、さらに重低音ベクトルとは異なるベクトル、
気化的ベクトルとでもいうべきものを併せて、
上下双方向に快感を引っ張るような構成が心地よいのだと思います。

併せる麺は、博多麺に似ている細麺、三河屋製のようですね、
腰の強い細麺ながら、博多ラーメンのものよりしっかり目に茹で上げており、
豚骨といっしょにドロンと喉元に流れていく感じです。
これを、独特の「あり!」な食感ととらえるか、
やはり博多ラーメンのような、とろみを劈くような硬さがある方が効果的とみるか、
この辺りは食べての好みを分けるかも、私は博多寄りのベクトルの方が好みかも。

ねっとり脂身と赤身の舌の上でのミックスメルト効果が美味い薄めのチャーシューのほか、
キクラゲ、きざみ万能ねぎ、そしてもちろん、揚げニンニクチップというラインアップ。

卓上に、紅ショウガとカリカリの鷹の爪、
とくに後者は、上述のギターサウンドに、さらにもう一本高音のギターを加えて
味の音域を広げる効果があって、ナイスアイテムだと思います。


他のレビュアーの方が仰っているように、
博多ラーメン系のお店も多い池袋東口、
替え玉150円という価格も含め、ラーメンマニア以外の人に広く支持されるかどうかは「?」
かもしれませんが、それはそこ、一年限定入れ替えてんですから、
少しでも玉名ラーメンというものが、本当のラーメン好きの人にだけでも、
広まるといいかな、なんて思います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+高菜&味玉、かため→替玉ばりかた」@九州ラーメン つばめ軒の写真北浦和でお仕事、中途半端な時間で、時間もない、
そんなときの味方、通し営業の九州ラーメン店、
こちらも約7年ぶりの訪店です。

7年前のレビューがこちら。
http://ramendb.supleks.jp/review/159025.html

「九州」がどこを指すのか、それはともかく、
「本格感」を維持しつつ、万人向きに仕上げた一杯、
その基本コンセプトは変わっていないようです。
7年前のレビューを読みつつ、変化したのかな、と思う点は、

コラーゲン系の「ねちねち」感が、若干和らいだ、
「豚」の風味は強くなった、
というあたりでしょうか。

さりとて、決して髄質を薄めたとか、そういう「紛い物」とは一線を画します。

「博多風」の麺の、「噛みきり弾け感」も健在、美味い麺。
チャーシューも薄切りながら、きちんと満足のいく味わいを保ちます。

豚骨欠乏気味だったせいもあるのか、美味しくいただけました。
とにかく、「シーズン・イン」して以来、時間がありません(汗と涙)。

そんな多忙中のひと時を、久々の豚骨が癒してくれました。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「阿蘇拉麺」@桂花ラーメン 池袋西一番街店の写真こちらの支店にはないと思っていた表題があったので思わずポチッ。
高菜の挽肉炒めをトッピングした一杯。
そのほか、茎ワカメもトッピングされています。

「高菜」と聞いて、なぜか勝手に辛いものを想像しちゃいましたが、
辛味の味付けはなく、挽肉の量も控えめ、
茎ワカメも相まって、味わいは「ワカメラーメン」的なものに。

博多もんよりあっさり目の豚骨スープ、
博多ラーメンのバリカタを太くしたような麺、
ともに、桂花の代名詞的要素は健在、
ただ、このスープにこのトッピングが「乗る」、あるいは「なじむ」かというと、
うーん、どうなのかなあ、と。辣油を足すとイケましたので、
辛子高菜だと美味しいかも、今度自宅で試してみようかな。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「魚豚らーめん(中盛)+煮玉子」@屯ちん 池袋本店の写真忙しい年の瀬、書店によるついで、中途半端な時刻、限られた時間、
通し営業のお店にお世話になりましょう。

RDB登録間もないころに訪店しつつ、レビューを上げていないこちら、
これも何かの縁、この機会にレビューさせていただきましょう。

豚骨が看板のお店ですが、魚介も併せた表題もメニューにあります。
魚介派としては、どうしてもそちらに走るわけですが、
魚介要素はスープの下地に敷いておく魚介醤油ダレのみのようですので、
分類は豚骨にさせていただきます。

その魚介ダレの効果で、初めは魚介の香りと風味が感じられますが、
その息は長くなく、ほどなくやや塩気強めの旨味で色づいた豚骨スープに。
「マイルド」というほど豚骨のミルキー感はないけれど、
「薄い」というほど豚骨感が損なわれているわけでもない、
そういう意味では、飲みの〆にもってこいという、浸透度の高い豚骨スープ。

中太縮れ麺は、モチモチシコシコなタイプではあるけど、
やはりやり過ぎ感はなく、味わいもそれなり。
やはり「夜中の夜食向け」な仕様であるように感じます。

薄手のチャーシューも、適度に肉感を感じるし、
クリーミーな煮玉子もツボは押さえている、
トッピングの中でヒットなのは穂先メンマで、
大ぶりのものが二本入って、しっかり目の味付けとシャキシャキ感が心地よいです。

卓上に置いてある、取り放題のキムチが、辛さ控えめで美味しくて、
ドカドカ丼に放り込んで食べていたら、
ラストに飲んだ時、スープが妙に美味しくなっていて嬉しくなりましたw

というわけで、メンマトッピングと、卓上キムチ遠慮なく放り込みがお薦めです。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「特製:ふつう→半替玉ばりかた」@博多ラーメン ばりこて 高田馬場店の写真通院日が無事に終了、我慢してた豚骨補充日。
最近は、「本場・博多に近い博多ラーメン」を出す店が、
何軒か東京にも進出しているが、
中でも最も本場に近いと事情通が語るこちらへ。

入口は開け放しているにもかかわらず、入店後襲い掛かる豚骨臭、
カウンター越しのよく見えるところにスープ寸胴、
かなり油脂も浮いているようにみえるが、果たして噂通りなのか?

硬めが好まれる茹で加減だが、本場らしさを楽しむなら普通で、
という流儀に従い(?)、普通でオーダー。
博多系らしく数分で提供、「のびやすいのでお早めに召し上がって」
というアナウンス、ごめんなさい、まず撮ります(苦笑)。

ふつう茹ででも、硬めの食感の麺、
博多系ならではの低下水細麺、
後述するスープのテイストに引き立てられ、その噛んだ際の甘味が際立つ。

スープは、見た目の「ギトさ」の割に、身体への浸透がスムーズなテイスト。
ドロさ、濃厚さはあるのだが、あれあれっと飲めてしまう。
「東京系博多」の髄の甘味がパッと放たれるテイストになれてしまうと、
ちょっと物足らなさを感じる味わいかも知れないが、
ドロドロスープが喉奥に滴っていく際に、フワフワッと鼻腔に訴えてくる旨味が心地よい。

特製にしたので、薄手のチャーシューが表面を覆う。
薄いが、肉の旨味がきちんとして、口どけがよくて美味い。
これまた多めのネギが、清涼感にシフトさせバランスを取る。
一玉目は、さらに卓上紅生姜で清涼シフトさせ食べ切り、
半替玉は「ばりかた」で。
今度はキリキリとした強い腰を楽しめる。
卓上辛子高菜で味変を楽しむ。
清涼感あふれるしっかりした辛味がこのスープに合う!
高菜の辛味が移ったスープをけっこう飲んで「補給」完了。

「東京の」博多ラーメンの、「甘味開花テイスト」に慣れてしまった身には
若干、不思議な物足らなさも感じなくはないが、
「なるほど」と思わされる味わいがあり、
博多ラーメンの深さを実感したかもしれない一杯でありました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「天然豚骨らーめん・All基本→替玉」@一蘭 池袋店の写真ぐだぐだしてたら凄く遅い時間になってました。
こんな時間でも確実に食える店は、と・・・あ、ここですねw
世間は仕事納めですかー。
人がいっぱい、こちらのお店も常時5人くらい並んでます。

5分ほどで着席、
独自の「個室」、小窓からオーダー通してくれるシステムが
微笑ましいというか、機能的過ぎて苦笑いというか。
すべて「基本」なチョイスでオーダー。

豚骨スープは、サラッとした、しかし、必要十分な豚骨度を確保したもので、独特の甘味も感じます。
美味しい水で煮出すと、ツイーッと糖質っぽいな甘味が出るのかな、
御茶っ葉を水出ししたようなタッチで、後を引くというより、潔い切れがある。
それでも、ちゃんと豚ーな風味もあり、
唐辛子ベースのタレが、切れに拍車をかける、
御約束なドラマだけど、きちんと約束分の見せ場を提供するような、楽しめるチューニング。
…あ、いや、ちょっとタレの切れが強いかな?次回はやや少な目か?

豚骨ラーメン定番の硬めの加水低目の細麺、
こちらもわかりやすい小麦の甘味を一番に感じます。
麺もスープも濃い濃いな味わいではないのだけれど、
互いが合わさることで、互いの味を浮かび上がらせる、なかなか仕掛けを感じる取り合わせ。

チャーシューは薄目のものが二枚、こちらもそれなりに味わいがあるが、
何せ薄いので、あっという間に通り過ぎる、スープに紛れる。

名作映画の、動員した観客を涙させる深い壮大な作りではないのだけれど、
きちんと15%の視聴率を取って、視る者を満足させるポイントを押さえた作り、
教科書的だけど、隙の少ない、安心していただける一杯かな、と。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「彩りラーメン(麺:ふつう→替玉カタ)」@博多ラーメン つるの写真節目の900レビューに到達いたしました。

私が、豚骨ラーメンの師匠と仰ぐ、おうじろうさんの推奨店。
900回も投稿しながら、豚骨は30件。
偶に来る欠乏症を充たすべく、食べてはいるが多くない、
理由はおそらく、イメージ通りの豚骨になかなか出会わないから。
「優れた」とか、「美味だ」とかいう基準ではなく、
自分にとって「丁度よい」、
子供の頃に食べて、美味いと記憶に残っている博多ラーメンの味、
それが「真の」博多ラーメンの味かどうかはわからないけれど、
意外にそれに出会えない。
先日いただいた、博多ラーメン よねちゃんが、かなり近かった、とは思うけど、
今思えば、それでも癖が強かった。

東京の名店と謳われる店の豚骨は、とにかく「濃厚」。
だけど、私が求める理想の濃さ、
豚骨を感じるけど、重さや癖はなく、濃すぎず、シャバすぎず、
ミルキーにしてマイルド、甘味はあるけどくどさはない、
そういう、「ちょうどよい」スープに、久々に巡り会えた気がします。

麺も博多御約束の硬めの細麺、
教科書通りの歯応えに、豊かな風味、
「彩り」というメニューにすると、
細切りのコリコリ木耳とネギがたっぷり、
「写真撮ってもいいですか?」と請うと、
「じゃあ、ネギと木耳、もうちょっと乗せましょう!w」と嬉しいサービス。

卓上の紅ショウガや高菜も、きちんと美味しく、嫌な後味もなし。

突き抜ける美味さとか、至高・究極の味だとか、
そういうのとは違うけれど、胃袋に溜っていた埃をフッと払ってくれたような、
そんな気がする一杯でありました。

個人的な「想い」も込みで、末広がりの点数に。

RDB登録6年余りで900投稿、
始めた当初は、「なんとか100杯くらいは」、「100軒くらい訪ねたら上出来」、
なーんて考えていたんですが、「1000杯」・「500軒」を「夢」にしてみようかw
という思いに途中で変わり、紆余曲折を経て、ハッタリが現実になりつつあります。
いつも情報とありがたい言葉を下さる皆さんに感謝しつつ、
さあ、夢の1000投稿!2014年中に何とか実現へ!

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(麺ふつう)+明太子ごはん(+半替玉=カタ)」@博多ラーメン よねちゃんの写真以前からちょっと気になっていたこと、
ガッツーンと濃厚ドロドロ豚骨というのも好いとは思うけど、
博多のラーメン好きって、そういうのを毎日でも食べられるのか?
子供のころに食べた意識のかなたに残っている美味しい博多ラーメンって、
そんなにドロドロしてなかった気がするけど...。
そんな引っ掛かりを、ちょっと解消してくれそうな店ができたと聞いて
御徒町にやってまいりました。

中州にあった幻の名店の味に惚れ込んだ店主さんが、
試行錯誤を重ねてその味を再現しようとしてたどり着いたスープなのだそうです。

卓上POP薀蓄にある通り、
見た目濃厚(…ってほどでもないw)、飲むとサッパリ、
定番と思われている博多豚骨スープよりかなりシャバ目、
そこに、それなりの塩味を利かせていて、
適度なシャバ感の奥にある滋味にも似た豚骨の旨味が
舌の上を通過するごとに、スワーッと浮かび上がってくるチューニング。
これ、地味にめっちゃ美味いですわ。

麺は御約束通りの硬めの細麺、
普通の茹で加減でしたが、もちろんボキッとした食感を保持しており、
何より、麺が甘い!しかも、タルイ甘さじゃない、ナチュラルで深い甘味。
ノーマルな茹で加減の方がこの味わいをしっかり感じられます
(あとでカタの半替玉をおかわりして確信しました)。

佐賀産の海苔は口溶けと風味が豊かだし、
意外にしっかりした厚みのチャーシューもネットリ脂身を核にしてなかなかの味わい。

地味旨なので、替玉後はちょっと味変が欲しくなりますが、
卓上には必須の辛子高菜、これもきちんとスッとした辛さを核にした美味さ。

そして、サイドのご飯も富山の農家から直送というこだわりの強いものだそうで、
少しモチッとした炊き上がり、噛んで甘旨~!!
明太子もあうし、スープかけても美味しー!!

博多ラーメンって、「あ~!」ってジワジワ来る旨味に酔いしれながら
いただくメニューだったのか!wってな味わい。
それでも後半は、バシャバシャと飯も麺もスープも掻っ込んでました。

「ぼたん」などのドロ系もよいけれど、
ちょっと博多ラーメンというものを見直してみませんか、
東京の人々に、そんな問題提起をしてくれているかのような、
あるいは、完成度の高いROCKばかり聞いていた時に、
フッとPOPSの魅力に足元を掬われたような、
なんともいえない快感を与えてくれた一杯かもしれません。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「赤玉セット(ネギチャーシュー丼)・バリカタ⇒半替玉」@一心堂の写真仕事帰りに利用していた雷神が別店に変わりました。
博多ラーメン専門店、
赤(辛味噌入り)・黒(マー油入り)・白(プレーン)が基本で
あとはトッピングやセットメニューで構成、
店員は3名、1名が女性で、男性2名は日本の方ではないようです。

有名店ほどの豚骨の深さに満ちるとか、にじみ出る甘味に近い旨味というわけにはいきませんが、
きちんとした豚骨スープに、典型的な硬めのしゃんとした博多麺、
なぜか比較的厚めのチャーシューに、きくらげなど、
それなりの雰囲気は楽しめる店です。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「東京Modsつけ麺・中盛」@つけめん&らーめん 東京Mods 〜トウキョウモッズ〜の写真「麺家 宗」の新業態店、
目白通りに面した小さなスペースに8人掛けの小さなカウンターだけ、
その向こうの狭いスペースで3人体制のオペレーション。
一番右手の券売機で食券購入、水は卓上セルフ。

何やらにぎやかな雰囲気だったのですが、
どうやら、あの「ラーメン官僚」さんが来てるようですねー。
他に二人のブロガーさんもいらしているようで、
名刺交換やら何やらやっておられますw

さて、本題!
麺・スープ・具材にこだわった一杯、
そして、こちらの「売り」はスープ割り。
あっさり温かいスープで割る「Hot」もありますが、
おすすめは、冷たい野菜スープで割る「ベジ割りCold」、
栄養士さんの意見も取り入れた、
ラー党の栄養偏重に一石を投じようという一杯のようです。
野菜の内訳は、日によって変えるようです。

で、麺は国産小麦100%の極太麺、
もっちりしてるけど、変に口にペタペタすることなく
適度な風味、コリ+モチ感を適度にもった、
非常に「ちょうどよい」麺だと思います。

浸け汁は、いわゆる豚骨魚介ではなく、
鶏と豚のミックスによる動物ブレンド、
(分類は、一応豚骨にしておきました)
適度なとろみがあるけど、動物質ブレンドにしてはサラッとしていて
しつこくないところは最近の自分の嗜好に合っています。
味わいも、鶏と豚のまろやかな旨味の部分の「よいとこどり」
という感じで、意外にないタイプ。
中盛だと、後半、急に薄まった感が現れるのが難点かな。

で、その薄まりを絶妙に補ってくれるのがチャーシューで、
サイコロ状に刻まれた、よく煮込まれたタイプで、
ゼラチン質がとろっとしてるけど、赤身部分がきちんと残ってて、
肉の自然な旨味が出ている、これはトッピングすべき!
大ぶりのメンマも、しゃりっとした食感が心地よく、
黄身がクリーミーな味玉も美味しい、
総じて、どの味付けも控えめなのに、食材の旨味が巧く出ていて
とても心地よい味わいになっています。

そして、スープ割り、もちろん、ベジ割で!
浸け汁が冷たくなっちゃうのは計算の上のようで、
本当に、「あのトマトジュースベースの野菜ジュースで浸け汁を割った」
という感じがありありなのですが、
非常に飲みやすく、ああ、こういう味わいもありかなー、なんて思っちゃいました。
「うまっ!」ていうより、不思議な心地よさのような。

トータルで、宗らしい素材ナチュラルな個性がよく表れている一杯、
でも、やっぱり浸け汁は煮干しなどが効いたHotの方で締めてみたかったかなw
ナチュラルさゆえの心地よさと、
それでも何か忘れ物をしたような感覚が同居?
そんな一杯でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件