なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,725
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺 全部のせ」@らーめん神宮の写真ラーメン長山跡地の新店、
と言っても、既に3か月ほど経ちましたが。

豚骨醤油に分類しましたが、
豚骨+ベジ=いわゆるベジトン系のスープ。

浸け汁には、炒め野菜も投入され、
そこから染み出た分も相まって、けっこうなベジ風味を感じます。
緩めのトロミがついてますが、豚骨はバックアップ的な役目、
キリっと利いた醤油ダレが野菜テイストを引き立てる
どこか和チックな味わい。
飲み心地が意外に穏やかで、もたれないタイプ。

麺は太麺、形容するなら「クニュッ」とした食感ですが、
反発係数は高めで、口腔内を押し返す感触を楽しむタイプ。
浸け汁ともマッチしていると思います。

全部のせ、厚めの炙りチャーシューが2枚に、味玉、メンマ増し、
チャーシューは塩味控えめのベーコンのようなもので、
変な味付けもなく、素朴に美味しい、
クリーミータイプの味玉も定番レベルの仕上がり。

食後のスープ割はブーメラン提供、
薄め率は控えめで、ほどよく飲みやすくなるもの。


斜向かいには一蘭もあり、女性客も多い地域、
本格的ながら野菜でヘルシーアピールというマーケティングかな、
あり、だと思います。
後味はよいのだけれど、ベジ推しなチューニングは、
意外に好みは分かれるかも?
個人的には好きな味ですが、
もう一層深味が欲しい気もしないではない…かも。
「ベジ」の難しいところなのかも。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「五目そば」@やまとの写真GWの中休み的な平日だったからか、
珍しく空いていました。

いわゆる「岡山ラーメン」の一つの完成形と言えましょう。
やや甘口の豚骨醤油、
豚骨由来のナチュラルな甘みと醤油の塩気、旨味が絶妙なバランス、
初めにほんのりと甘味、そのあとじわっと醤油の旨塩、
さらにそれらを覆いこむようにコクが攻めてきて、
しかし後味はすっきり...
というか、以前いただいたときより、若干薄口になったような?

麺は細身、加水低めのパラッとしたタイプで、
これがまたスープに合う...というより、
上述のような「薄口」感から、ちょっと以前ほどのわかりやすいメリハリはない、かな。
常連さんの年齢等に合わせて、若干飲みやすいように調整されたか。

いずれにしても、帰省した際には必ず寄りたいお店です。


冬の仕事の後始末あり、
人事異動あり、
いろいろ書き物あり、で、
ちょっと休活させていただいておりますが、
徐々に復活したいと思います。

御心配のメッセージをいただいた方もいらして申し訳ありません。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「特製醤油らーめん」@麺臣 とらとはとの写真他店を目指したのですが、通し営業のはず(?)が中休み、
15時すぎでも開いてるBM店から、帰路上にあるこちらをチョイス。

「野菜豚骨」を看板に掲げるお店、医食同源の考えに基づくのだそう。
豚骨に、蕪や南瓜、昆布・椎茸を加えたベースのスープ、
なるほどたしかに個性的、特に南瓜と昆布がよく効いています。
野菜ファイバーが豚骨の粘度を和らげ、サラッとの方向に舌触りをシフト、
動物質の濃ゆい甘味を、植物系の旨味・甘みで緩和しつつ複雑化、
と書くと聞こえが良いけれど、動物質フェチ派からは、
豚骨の個性を後退させている、という声も聞かれそう。

「醤油」と名付けられているけれど、タレ・カエシはマイルドで、
もうちょい濃い乃至、塩気が強い方が味は締まるかも。
卓上の七味を加えると、ほどよく締まりました。
ちなみに、「辛味」のあるメニューもあるので、
そちらの方がそういうところに意を尽くしたものになっているのかも。

麺は、細麺・中太・太麺から選択可能ですが、指定しないと細麺になるようです。
というわけで、やや太めの細麺、パッツリがややムチムチにシフトしたくらいな食感。
オーソドックスでよい麺だと思います。
麺量は、中盛・大盛も無料で可能ですが、
並盛でも180gで十分な量。

特製は豪華。
炙ったバラチャーは、チャーシューというよりブロック肉、これが3個、
表面は香ばしく、中は肉々しく、
味玉はジャスト固化一歩手前の半トロ、
白髪ネギたっぷりだけど、ちょっとスープに塗れて存在感後退、
その他、ホウレン草、メンマ、焼き海苔。

総じて、ヘルシーと旨味・甘味の複雑化を狙った個性的な一杯、
ただし、好み・評価は少々分かれるかも。
個人的にhは、「濃厚豚骨」または「辛~」系のメニューがよさそうな予感。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「たくみラーメン」@麺屋 たくみの写真夏の帰省中にいただいた際のレビューです。

岡山駅、新幹線乗り場前の飲食店街の一角を占める。
某江東区のDr.KT氏の情報に乗っかって訪店。
氏は特選しょうゆをチョイスされていましたが、
お店の看板商品と思しき「たくみラーメン」を選択します。

基本は、岡山ラーメンの典型とでもいうべき豚骨醤油。
甘口のタレと豚骨を併せたスープに、加水低めの細麺。

スープはマイルドながら、後口にきちっと残る髄質感が心地よい。
岡山ラーメンにありがちな、タレの甘味も塩分も抑え加減で、
万人向きを狙ったかのような仕様になっていますが、
結果的にこれが、やはりマイルド目ながら存在感のある豚骨スープを
静かに存在感を放つ主役として成立させることになっていると思います。

麺は、博多ラーメンのそれより、気持ち太めながら、
パツパツとした噛み心地と適度なしなやかさを湛えたものとなっており、
これまた特徴がややぼやけたお店が多い(?)岡山ラーメンにあって、
食べ手にある種の「わかりやすさ」を感じさせるものになっています。

チャーシューは、厚手の煮込んでホロホロ系のもので、
適度な脂身のネットリ感が味わえつつも、
味つけは岡山物らしく淡白気味で、それがしつこさを感じさせない程よい仕上がりに貢献、
メンマの方も、一口目淡白な味わいながら徐々に味わいを感じさせるもので、
このあたりは、「岡山者」である私の好みにもフィットするなあ。

総じて、岡山ラーメンを、やや個性を抑えることで、
どの土地の人にもそれなりに受け入れられるようにしたかにみえて、
ある種の完成度の高いラーメンに仕上げた一杯。
静かだがズッシリとしたスープのボディと、切れの良い麺のコントラストが
わかりやすさと心地よさを演出。
されど、随所に、「岡山らしさ」も潜んでいる、地元出身者にも嬉しい一杯、
というところでしょうか。

駅中という立地が産んだ…かどうかはわかりませんが、
なかなか興味深いものでした。

さて、しばしの帰省・休息を終え、また忙しいところに身を投じますか。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺もつ(中盛り)+半熟煮玉子」@龍の家 池袋東武店の写真mona2(多忙さぼり短レビュ)さんのレビューを見て、
鼎泰豐 池袋店の冷たい一杯を狙うも、長蛇の列…。
日曜のデパートをなめちゃいけませんね・・・orz
同じ階のこちらに退避。

東京店限定という表題を中盛り(250g表記)でオーダー。

豚骨のお店ですが、浸け汁の豚骨はかなりマイルド、
鍋で炒めて焦がした醤油ともつ(量は極少w)を注ぎ込むことで、
口の中いっぱいに広がる香ばしさ!
味も、マイルド豚骨の甘味と醤油の旨味、焦げのホロニガが
適度にまじりあって、それなりに趣あり。

自家製ブレンドの細麺は、黒みがかっていて、
まあ見た目ほど風味のインパクトはないのですが、
浸け汁の香ばしさの下で確かにジワリと味わいを醸し出しています。

具材は、浸け汁にカリカリに焦げたもつ2,3個、
チャーシューも炙りが強く、焦がした香ばしさで楽しませるタイプ、
メンマはやわらかめながらしっかり味が染みたタイプ、
なんだ!悪くないじゃないっすか!

卓上のもやし・高菜・紅生姜は入れ放題、
まあ、つけ麺にしたので、「おかず」として楽しみますw

割りをお願いすると、少々のお粥と割られたスープが返ってきます。
予習してなかったので驚きw
楽しい趣向ですが、粥でスープがビシャッとして、あんまり相性は…?w
高菜を入れて味を整えていただきました。

というわけで、スープの深さというよりも、
様々な香ばしさを楽しみながら、麺をそれなりに味わえる一杯。
どこか「軽さ」を感じますが、偶に食べると新鮮かも。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らぁめん」@らあめん 広の写真最近やや存在感薄めの豚骨醤油ラーメン(J系を除く)、
ある意味ラーメンの原点といえる豚骨醤油の、美味しいお店を探していると
アンテナに掛ってきたお店、なんと我が血筋のルーツたる広島のラーメンとか、
しかも、店長はわが板橋区・私も何度かお邪魔したHAJIMEさんの御出身、
BMしておりましたが、やっと機会を得て訪店です。

わが出身地・岡山ラーメンの豚骨醤油と近似性があります。
やや甘口の豚骨醤油、ドロドロというほど濃くもなく、あっさりと形容するほど薄くなく、
豚骨の存在感がありながら、しつこくない仕上がり。
後味は、どちらかというとすっきりしてますが、仄かな甘味がしっかり残ります。
先人レビュアーさんの情報を拝見すると、開店当時はもう少しベタ気味の味付けだったとか、
それを洗練し、あるいは東京に合わせ(?)、軽快だけど質感のある見事なタッチにまとめています。

併せる麺は、加水低目の中細麺、これも岡山のラーメンと共通性あり、
つけ麺ではこれをボキボキさせて使っているとのレビューがありましたが、
ラーメンでは比較的しっかりめに茹で上げており、
これが上記のスープとしっかりマッチしていると思います。
しなやかだけど噛むとカツンとした歯ごたえがあり、
優しいけれどコクのあるスープを巻き上げて、
勢いをつけて、喉に、胃腸に、押し寄せてくる、でも押し付けがましくない。

デフォルトでやや大ぶりのチャーシュー3枚、
適度な脂身がつき、そこがネットリ、赤身部分もよく火が入り、ジュワッとした噛み心地で快感。

多めのネギと細身・硬めのモヤシもたっぷり乗っていて、
これも岡山ラーメンと似ているんですが、
この2種の菜系アイテム、個人的には豚骨醤油ラーメンに必須だなあ、なんて思ってます。
麺とスープがしなやか系で女性的なので、
シャッキリ系アイテムがほどよく芯とリズムを与える男性的活躍。

ブワッと爽快感やインパクトを感じるものではないけれど、
近所にあって、週に2回は食べたいラーメンだなあ、という印象。

これと対照的という、ボキボキ麺にキリ辛スープのつけ麺、
同じ店が、相対するメニューをどう仕上げているか、確かめたくなりました。
次回は是非つけ麺を。
こうして、甘口⇔辛口と、日々二つのメニューを往復して、
毎日ラーメンを食べる生活が…という仕組みかな?w

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「旭川しょうゆらーめん」@蜂屋 五条創業店 秋の北海道うまいもの会の写真池袋・東急ハンズに用事があるものの、
近くに行きたい店もなし…
なんて思っていたら、ヒルナンデスでこの催事の存在を知りました。

ミシュランにも載っていて、日テレの水トちゃんも絶賛。

かつて神楽坂に進出してきたときに訪店したものの、
焦がしラードの焦げ臭さに耐えられなかった記憶があるのですが、
水トちゃんを信じてリトライ!

夕方5時、イートインは、以前の別の店の時のような行列はなく、
スムーズにオーダー、着席。さすがに玉子は売り切れ。5分ほどで着丼。

一口目、やはり焦がしラードの匂いが鼻腔を攻撃してきますが、
慣れのせいか、会場コンディションのためか、さほど気になりません。

ベースはマイルドな豚骨スープ、
これに魚介(鯵節など)を利かせており、
しゃばめであっさりなのですが、
いわば「甘さ抑えた美味しいバニラアイス」のような、
あっさりの中に動物と魚介の絶妙のバランスによる
優しい旨味が広がります。

麺は中太の丸みを帯びた縮れの入った中太麺、
モコッとした口触り、軽やかな弾力、
スープとの波長もよく合っています。

トッピングのチャーシューの肉の「匂い」が
ややきついのがやはり若干苦手な感じがするのですが、
神楽坂店初食から数年経って、やっとこのお店のよさは分かった気がします。

そういえば、上で「アイス」で形容しましたが、
本当にデザートのアイスクリームも出してたんですよねー。
あのスタイルは、こちらでも客層を広げるきっかけになるんじゃないかなあ。

ラードや具材のチューニングを調整して、
もう一回東京で食べられるようにならないかなあ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉ラーメン」@大分佐伯ラーメンの写真池袋の石神さんの店が入れ替わり、
次なる登場は大分佐伯ラーメン。
プロデュースは、渡辺樹庵氏、
というわけで、期待と不安が半々、
ネットの評価も好批まちまちなようだったのですが、
なかなかどうして!悪くない出来でしたよ。

「豚骨醤油」を謳い文句にするスープですが、
とろんとした口当たりは、豚骨より油分によるものかな、と感じます。
豚の動物風味がフワッと口を支配し、
たっぷり振られた胡椒がそれを際立たせています。
新手の豚スープ、というネーミングの方がシックリ来る気がします。

ネット予習でヤワい?、とみていた麺ですが、
意外にきっちりパッツリ感があり、
とろんとしたスープとのコントラストも悪くない。

薄手だけれど、肉の旨味がしっかりとろけだす
ややトロタイプのチャーシュー、
黄身がクリーミーな味玉、
地味ながら、細身で、繊維ッシュだけれど、
繊維の解れがスムーズなモヤシなど、
トッピング勢も高水準、

卓上の紅ショウガを乗せて、後半はすっきり味変効果、
レンゲを逢えてつけず、手で丼を傾けてスープを飲んで!
というPOPの文句通り、体に気を付けながらスープを適度に進んで完食。

小さめな丼の中に盛り込まれた、
細やかなコース料理を味わうかの如き、
ひとときの憩いを楽しめました。

強いて言うなら、高台に放置せず、
目の前まで丼を運んでほしいかな。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「大門ラーメン・あっさり・味玉付(野菜たっぷり餃子+半ライス)」@ちょっと美味しい中華食堂大門 川口店の写真また一年、南浦和の赴任期間が延びました。
こうなったら、通勤経路上のラーメン屋、なるべく廻ってみよう!
まず、地元で割と評価の高いこちらへ、
そうそう!この間、清湯ものを食べそこなったから、清湯系にしようっと!

・・・・・・予習不足でした。
「あっさり」という銘名ですが、豚骨醤油ラーメンの登場です(苦笑)。

しかし、出来の方はなかなか!
薄口の豚骨ベースですが、この手のスープにありがちなボンヤリ感、曖昧感は無し!
薄手ながらほどよい伸ばし加減で豚骨の滑らかな良さが感じられる造り。
そして、そこに強めの魚介出汁をカチッと利かせて、
滑らか豚骨で魚介の際が凛と立つ仕様。
「あっさり」という言葉の新たな解釈に、思わず膝を打つ!
控えめながら、本質を失わない動物質によって、
むしろ透明感のある魚介成分を目立たせる、
濁によって透を立たせる、乳によって淡を光らせるニクイブレンドです。

併せる麺は、大門直営製麺所製という太麺で、
モコッとした舌触りながら、噛んでみると強めの弾力を湛え、
上述のスープとのコンビネーションが3Dマジック。
乳の海から麗な光の柱が出てきたと思ったら、
柱の中から更に活きのよい力強い尾が跳ねる。

薄手ながら面積広く、肉の旨味が感じられるチャーシュー、
味付けはやや淡白ながら、トロミ全開の味玉、
浅葱などの薬味もきちんと仕事をしており、細かなポイントも押さえている。

お腹がすいてたので半ライスも追加し、
ラストはスープをぶっかけながらいただきましたが、これまた合う!って感じでした。
ただ、麺量200gの太麺ということで、意外に麺量はあるので、
初訪の際はご注意を。

餃子や肉野菜炒めもあり、つけ麺など麺類のバリエーションもありますので、
ちょっと便利使いさせてもらおうかな、と思ったのでありました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「白エビラーメンセット(豚丼つき)」@麺屋 白神 東京池袋店の写真石神秀幸企画の新店、
看板メニュー「らしい」こちらをオーダー、
実は、岐阜スタミナラーメンの方が売りだったのかな?
隣の人が食べててメッチャ美味そうだった、次回はそちらをw

豚鶏ベースに濃厚溜まり醤油を併せた、ややドロッとしたスープ、
食べ始めと、ラストのスープグイ飲みの時にフワッと感じる海老、
もうちょっと撹拌したらよかったのかな、最初と最後以外はあまり海老を感じない。
色合いの割に、味わいは素朴、あまり塩分濃度や動物質エンジンをブイブイ言わさず、
溜まり醤油の旨味をシッと味わわせるチューニング、
私的には悪くないと思うけど、ともするとパンチ不足や塩味不足を指摘されるかも。

麺はモコッとした中細麺、
煮干ブームでパツパツ麺が流行のようだけど、
こういうムチッとした、咀嚼して楽しい麺もいいもんですねー。
厚手のチャーシューも口どけトロリで美味く、
準材木太めのメンマもシャックリソフト目の好みの食感、
ラーメンの基本の部分はなかなかイケる。

セットの豚丼も、シーチキンチックな仕上がりの豚に
必要以上の無駄な味付けをせず、素朴な味わいを楽しませるもの。
セット以外でも、仕上げに「ラーメン雑炊」を推奨しているだけあって、
スープを丼にぶっかけて食うと美味いですねー。
白米が素朴さで目立たなかった醤油の風味をライトアップしてくれるようです。

トータルで、インパクトやメリハリ感は控えめながら、
なかなかにまとまった一杯かな、と。
もうちょい海老の活かす術がなかったかなー、とは思いますが。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 2件