なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,725
レビュー 店舗 スキ いいね

「極担担麺 叶奏(かなで)+味玉」@よってこや 南池袋店の写真77点
大阪王将、太陽のトマト麺などを展開するイートアンドの店舗、
ミシェラン1つ星・鳴龍との共同開発による担々麺を限定提供中。
個人的にありがたい通し営業、
中途半端な時間に開いてる貴重なお店。

小ライスか替え玉がサービス添付、前者をチョイス。

粘度抑えたの胡麻味のスープ、鶏ガラ豚骨+貝出汁のスープ、
カエシと芝麻醤は、練りごま・ラー油・酢・小豆島産の醤油とのこと。

この際、「デキ合い」感はやむなしとしましょうw
鳴龍さんの担々麺の特徴を、それなりにきちんと押さえた仕上がり。
辛味控えめ、痺れ極小、胡麻の風味をメインに、酸味が強め。
細切れの豚ロースを多めに含む肉味噌と刻み葱も多めにトッピングされ、
「マニア」ではない日本人が好みそうな担々麺の、完成度高めなやつ、
というテイスト。

パツパツ感強めの中細ストレート麺、
こいつも日本人が好きそうなタイプで、
アクを抑えたスープと併せるべく、テンポとビートを与え、
メニュー全体のリズムとバランスを整える役割。

味玉は、比較的火が通った8分熟タイプ。
小ライスに玉子とスープをぶっかけて、美味しく締められます。

「本家」と比べるのは酷でしょうが、
気軽に完成度の高い、ニュータイプ和風担担麺を楽しむには十分な仕上がり。
難は、本家が隣駅にあることかな…。


P.S. …にしても、また異動かよ…。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「日式担担麺・辛さ3・痺れ2+温玉+小ライス」@六坊担担面の写真樹庵氏プロデュースの担々麺専門店、
正都式は以前、他店で食べて差すような辛さに耐え難く…
軟弱な私は「日式」の方に注目したのです。

辛さ3(標準)+痺れ2(やや弱)をオーダー。

タレは、本格派の味わい・辛さ・重心の低い痺れの
「雰囲気」をしっかり持たせつつ、
胡麻と干海老の味わいで、巧く和に寄せたチューニング。
私のように、本格派の「香り」も好きだけど軟弱で、
異国料理そのものより日本ナイズされたものが好き、
という人間にはちょうど好い感じ。
きめ細か目の肉味噌とアリバイ程度の青菜と青ネギ、
目立たないけどしっかり存在感を発揮するナッツ。
タレと麺を飽くまで主役に、という思想だと、
好意的に解釈することにします。

麺は「太麺」と謳っているけど、実質中太かな、
三河屋さんの、穏やかなクニュっと感とシコシコ感を湛えた、
なかなか秀逸な麺。

タレはしっかり残ります。
50円の小ライスで飯割、その際、温玉をプラスしてまぜまぜ。
火の通った卵の旨味でタレの味わいが浮き上がるようで、
結果として好きな味わいに。

突き抜けたものは感じないけど、
ちょうど期待した通りの仕上がりでした。
樹庵氏らしい・・・かな?

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「温玉 汁なし担々麺」@自家製麺 ほうきぼし 赤羽駅前店の写真ズシンとくる重心の低い本格派担々麺もあれば、
どこかPOPな、日本的解釈の担々麺もある。
後者が私は好き、こちらはその一つの完成形かも?

汁なし担々麺の魅力というものがわかった気がする一杯。

重量感がありながらも
モッチリとした弾力と噛み締めたときの旨味に富む麺、
こいつに、ネットリしつつもしつこさの無いタレが絡みます。

切れと爽快感のある辛味、
タレと肉味噌、ナッツ系などから、旨味と仄かな甘味、
痺れ系は僅かかな、
モヤシのシャキシャキ感に、ベビースターのボキボキ感。

4種の食感と、多方向ベクトルの味わいで、
口腔内のあらゆるツボを刺激してくれます。

今更?と言われるかもしれませんが、
それこそが汁なし担々麺の醍醐味!

私は軟弱なのでこれでよいです。
痺れは、感覚麻痺系なので、ちょっと苦手、
でも、好きな人には、さらに新たなツボを刺激するアイテムとなるのでしょう。


デフォでも、もっと辛いのかと恐れをなして温玉トッピングしましたが、
取り越し苦労でした。
温玉効果による、食感と味わいのプラスがあったことは言うまでもありません。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「【限定】冷やし担々麺」@麺処 善龍の写真5月21日
この日は暑い日でした。東京でも最高気温が30℃。

某マツコの番組の担々麺特集の残像が残り、
とても担々麺気分だったのですが、
暑いので、冷やしorつけ麺にしようかな、
なんて考えながら大山商店街をぶらついてると、
「冷やし担々麺」の限定の文字!w
え?私の心の声、聞いてたんですかー?w

胡麻ダレに浸った冷やしそばと、それとは別に自家製辣油が提供され、
後者を各自でブレンドし、自分好みの辛さに調整して食すスタイル、
山椒が合うとのことで、これも同時に提供されます。

何もかけなければ、胡麻ダレの冷やし中華そのもの。
比較的しっかりしたトロミ、きちんと効いた胡麻の風味とコク、
そこに適度な酸味が併せられ、後味爽やかに仕上げられています。
「かなり辛いので気をつけて」と言われた自家製辣油、
恐る恐るかけますが、ベースが意外に濃厚なので、
「6回し」くらいかけて、やっと担々麺らしい味わいに。
胡麻コクと切れのある辛味という担々麺のファクターに、
ひんやり爽快な食後感が伴ってなかなか快感。

麺は平タイプのツルツル麺で、
表面滑らかですが、タレの性格から絡みにはまったく問題なし。
厚手の鶏チャー1枚、豚チャー1枚、共に低温調理できちんと美味しい。
材木メンマに青梗菜、半味玉が乗ってますが、
どうせなら冷やし中華のように細切りにした方が食べやすい。
「それじゃ冷やし中華じゃん!」と言われそうだけど、
それでいいじゃん!とも思います。

今や珍しくないメニューでしょうが、
こういう気分の日にはやっぱりありがたい!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「担々麺」@麺匠 むさし坊 武蔵浦和本店の写真武蔵浦和でお仕事、その前に、2008年以来の訪店、
武蔵浦和マークスの1階に組み込まれ、
オシャレな店構えになっています。

鶏白湯をフィーチャーした、個性的な白い担々麺。

濃厚さを追究するのではなく、
すっきりミルキーに仕上げた鶏白湯スープに、担々肉味噌を浮かべ、
ルッコラ・赤タマネギ・クワイ・ラディッシュなどを具材に配置、
辛味はあくまでアクセントに、
すっきりしているけど、フワッと香りの立つスープの合間から、
洋菜のシャキシャキした食感と風味が顔を出す心地よさ。

担々麺党には物足らないかもしれないけれど、
ひとつのニュージャンルラーメンと考えると悪くない。

併せる麺は硬めに茹でた細麺、
博多ラーチックなものが長さとしなやかさを増したようなもので、
ミルキースープを勢いよく裂くように啜り上げます。

惜しむらくは、洋菜類の温度で、
「冷め」が若干速く感じられることでしょうか。

しかし、提供前に炒り胡麻とすり鉢が提供され、
食べる前に擦って香り立たせたものをスープにぶち込んでいただくシステムが、
香ばしさでそれを補う役目を果たしてくれるようにも思えます。

この季節よりも、冷製で、夏場に楽しむとよさそうではあります
(実際、そういうメニューを出しているようではありますが)。

8年前はあまりよい評価をしなかったのですが、かなり見直した次第。
同じ系列から、名店・七彩なんかも輩出されているわけで、
やはりポテンシャルは秘めていそう。
他のメニューなども改めて試してみようかな、と思いました。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「正宗担々麺(レベル2)+小麻婆豆腐丼セット」@成都正宗担々麺 つじ田の写真つじ田さんが担々麺専門店をオープンした、
ということで、行ってまいりました。

ネット情報で、担々麺以上に評価が高かった麻婆豆腐を味わうべく、
禁を侵して小丼セットに(苦笑)。

ちなみに、お店の方のお勧めも、汁あり正宗と麻婆のセットのようで、
「お決まりでなかったら。こちらがおススメです」
と券売機前で案内されました。

正宗担々麺は、いわゆる芝麻醤型、胡麻の効いたトロミタイプ。
辛さレベルの基準は「3」ですが、それでもけっこう辛いとアナウンスされ、
スゴスゴと「2」にしたわけですが、それで私にはちょうど良い辛さ、
これでいわゆる標準的なピリ辛よりも辛いというレベルです。

胡麻のコクがきちんと効き、ラー油の辛味も爽快で、適度な痺れあり、
ナッツや挽肉などの「砕き系」具材も豊富で、
これらが織りなす旨味の相乗効果で、バランスのとれた味わいに仕上がっています。
穴あきレンゲも装備され、砕き系具材も漏れなく掬えます。
(麻婆丼のご飯の余りにかけて、美味しくいただきました。)

麺は、やや細めのものがチョイスされています。
これがどうしたのかな、やややわらかめで、
スープのとろみと巧く馴染む、と評価する解釈もあるのでしょうが、
スープの中に敢えて対抗させて麺が引き立つよう、あえてもう少し硬めにする方が、
ラーメン店の提供する担々麺としては「あり」なのではないかな、
なんて考えて、そちらの方を採点では採用させていただきます。

小麻婆豆腐丼は、噂通りの美味さ!
醤はけっこう辛くて、痺れ・辛味とも後を引きますが、
辛味の中のコクと旨味が濃くて、それが豆腐の旨味をとてもよく引き出しています。
「セット」であることを重視すれば、もう2点上乗せしたいところですが、
今回は担々麺の評価を点数とさせていただきます。

個人的には、この麻婆豆腐を「麺」としてメニュー化して、
汁なし麻婆麺なんて、出してくれたらいいかな、なんて思いました。
その際は、辛さレベルも調整していただけると嬉しいです(軟弱)。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚担々麺」@中華食堂 新宿 SARAI 川越店の写真川越駅 「駅ビル」内の飲食店街にあるお店、
例によって駅近の通し営業を探してたら発見。

入口に「イチおしメニュー」とあったのがこちら。
『胡麻とナッツをブレンドした濃厚でマイルドな芝麻醤
(中略)日清製粉「傾奇者」仕様。…』とあったので、
ちょっと試してみようっと。

大衆向け中華料理店です。
まさに店頭の表示通りの、万人に受け入れられる安定の一杯。
激辛じゃないとダメとか、本格派命の方向きではないです。

池袋の楊さんほどドロッドロではないけれど、
ほどよいドロ感を楽しめる芝麻醤ベースのスープに、
肉味噌・ラー油・チンゲン菜等を浮かべ、
胡麻スープの旨味を楽しみながら、適度に旨辛な風が吹き抜けていくタッチ。

平打ちで適度な不揃い感のある麺は、
茹で方標準、胡麻スープの濃厚さと相まみえることで、モッチリ感を感じるシナジイズム。
小麦粉を売りにするだけあって、麺の風味も強く、なかなか美味しいです。

年配のお客さんも多く、だからというわけではないでしょうが、
どんな人でも安心して楽しめる、
かといって、ラー油・肉味噌の辛味や旨味は妥協せず、
その量を控えることで、胡麻スープがあくまで主役、辛味はメリハリ、
という位置づけにまとめている感じです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「担々つけめん(並)+味玉」@舎鈴 池袋東口店の写真池袋で買い物をして、ちょっと荷物を抱え、でも気分は担々麺、
何処へ行こうか考えながら駅に向かう途中に、舎鈴ができているのに気づき、
メニューを覗くと「担々つけめん」の文字がw
思わず吸い込まれてしまいました。

赤羽駅構内に出店したときは、六厘舎の薄めバージョンというか廉価版という印象だった舎鈴、
六厘舎グループの鎖化に伴い、良い意味で完成度が高まり、クオリティもアップしてる気がします。

滑らかなトロミ、嫌みのない甘さの豚骨魚介つけ汁に、
辣油主体の切れのある辛味、肉味噌、クタ気味の青梗菜などを投入して、
担々麺「風」に仕上げた一杯。
麺を付けて啜ると、ラー油を巻き込んで咽るのが難ですがw
キリッとした辛味と豚骨の甘味が面白くバランシングして、
なかなかいけるんじゃないでしょうか。

麺は、太麺と呼ぶにはやや細身、
適度なコシ・弾力もありますが、「本店」に比べると少々クオリティは控えめ、
周囲を見ると意外に老若男女客層が広いですが、
誰もが安心して食べられる食感を目指しているのかな、と感じます。

卓上のポットからスープ割り、
割っても変な薄まり方をしないところが、
量販仕様にしても、一定のクオリティを保つよう開発を進めた、
企業としての努力の跡を感じます。

各所に六厘舎あるいは舎鈴を展開し、
すっかり資本化した感もありますが、
その中で、「らしい」商品の質を着実に高めていますね。
今後は、新たな「量販」系のあり方として注目できるかも。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「元祖担々麺(ご飯付)」@四川飯店 池袋店の写真池袋で買い物ついで、なぜかどうしても担々麺気分、
東武Spice、改装工事でしばらく休んでいたこちらが新装開店してます。

陳さんブランドですが、一杯1100円は強気な設定(?)。

芝麻醤の濃厚スープではなく、
サラッとしたスープに「本格的」な担々スープをかぶせたような仕様、
辛さはピリ辛程度、痺れは微か、芝麻醤自体の旨味もきちんと感じます。
肉味噌の香ばしい旨味、チンゲン菜もきちんとしたのが乗っており、
ナッツのアクセントも効いております。
「本格感」は希薄なれど、味のバランスはきちんとしている、
やはりデパートに来るお客さんをターゲットに、
どなたが食べても安心な一杯になっています。

麺はポイント高いかな、比較的低加水の中太タイプ、
モチ2割にザクザク8割、風味強くて美味しいです。

辛かった時の避難先としてご飯を付けましたが(無料)、
結果としては非難の必要はないかな、
でも、スープ塗れさせて美味しくいただきました。

本格的な担々麺を所望される方には満足度は高くないのかな。

次はランチセットで麻婆豆腐をぜひw

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺・140g・2辛・セット」@広島式 汁無し担担麺 湯島ひよこ堂の写真最近、東京に「広島風担々麺」を提供する店が数店進出してきています。
元本籍地、父が広島の出身でもあり、「広島」と聞くと血が騒ぎますw
おまけに、先日、某担々麺店に振られたリベンジを!なんて考えてもいたので、
これは行くしかないでしょ!とやってまいりました。

本郷三丁目駅からそこそこ歩き、湯島天神入口の変則三叉路を右折、ちょっと歩いた右手、
「広島風汁なし担々麺」の幟が立っています。
夕方開店直後、先客は3人組の学生、先客の注文が2分ほどで着丼、
その後、オーダーを受理され、そこから3分ほどかな、意外に手際よく提供されました。
セットですが、麺と温玉がまず到着、麺食後を見計らってご飯が提供されるシステム。


ネギとレタスがたっぷりトッピング、肉味噌の粒はゴロゴロと大き目、混ぜ混ぜしていただきます。

うは!なかなか美味い!タレの粘度・絡みはしっかりしていますが、味わいは意外にスッキリ。
タレの味わいが、謂わば「濃」のものが人気店の主流だとすれば、
対するこちらは謂わば「爽」の味わい。
切れの良い辛さと旨味、花椒の痺れも効いていますが、辛味の輪郭を際立たせるような役割です。

麺は、けっこう細めでポリポリ感のある硬めのタイプ、細さと解けにくい捻れが生じてタレの絡みもよい。
スッキリした辛味によくマッチしていると思います。
硬めの麺とスッキリした辛味は、以前ちょっと話題になった「広島風つけ麺」と共通点がある気がします。

んで、大き目の肉の粒と大き目に契ったシャキシャキのレタスの食感、
麺のポリポリ感の三つ巴コントラストが楽しく快感で、一気に掻き込んじゃいます。

温玉は、まずは溶いて、麺をそこに浸すのが実は広島風の流儀(別の店のブログなどで知ったのですが)、
それによって、玉子がタレで掻き消されることなく、「第四の役者」として機能してくれるのです。

そこそこ残った肉味噌の粒に、ご飯を投入して「第二ラウンド」!
温玉の残りと、「淡」的な部分を補うべく、卓上の醤油ダレを追加!
狙い通り、バカウマに嵌りましたw
願わくば、一回し酢をかけたかったけど、卓上になかったのが残念。

標準が「2辛」ということでそれをチョイスしましたが、
軟弱な辛味好きにちょうどよくて、物足らなさも、行き過ぎ感もなく、よい汗をかけました。
辛いのが好きな方は、3辛以上でよいかな、
少し低い辛さを選んで、卓上アイテム(辣油・花椒)で辛さを調整するのがよさそうです。
量は140g+ご飯(おかわり可だそうです)でお腹いっぱいになりました。

夏場にピッタリな、広島らしい(?)爽快担々麺でした。
さて、カープもこれくらいスカッと勝ってほしいなあw

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件