なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GT猫(冬期離席中)

男性 - 東京都

(「ぐてねこ」とお読み下さい。元「愚亭猫」です。)「グレート・ティーチャー」ではありません(私が何者かご存知の方、笑ってはいけませんw)。グテ~ッとマイペースの「猫科」(?)人間!うどん党出身、魚介の出汁が大好物!麺とスープの一体性・相乗効果を重視、粗くても自分の琴線に触れる一杯に、点数を乗せてしまう傾向があります。血管を病んでおり、自分のペースで楽しんでいます。

平均点 79.534点
最終レビュー日 2018年2月25日
1,162 756 6 2,725
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺+味玉」@麺屋まるはなの写真池袋の花田さんのお隣、「ひまわり」からリニューアル。
かつて、六厘舎の「隣」で始まったのが「トナリ」でしたが、
こちらも「創業時のトナリ」同様に、「濃厚系」のタンメンのお店のようです。

暑くてヘタレ気味だったので、メッチャアツいものでも食べて
自分にカツを入れてやろうとやってきたのですが、
カウンターに着席し、我に返った時には、手には「つけ麺」の食券がありました。

一杯ずつ火鍋を煽り、野菜を炒めてスープや浸け汁を調理するスタイル。
着丼、大きな丼が二つ、
一瞬、大盛ラーメンが二杯配膳されたかのような錯覚をいたしますが、
麺の丼の方は大幅な上げ底がされており、麺量は200gくらいで、
つけ麺にしては若干少な目の部類ではないでしょうか。

浸け汁は「トロトロ」。
「ドロドロ」ではなく、「トロトロ」、
タンメンにしては、清湯よりも白湯に大きく針が振れたタイプで、
上にも述べたとおり、世に出た当初の「トナリ」を思い出しますが、
豚骨の粘度・コラーゲン感というものは前に出ず、
野菜の旨味がしっかり出て、動物質がその引き立て役になっているチューニング。
適度な塩気も然り、回しかけられた辣油が上手くアクセントになっています。
動物系濃厚タンメンというより、和&中華シフトの野菜ポタージュというイメージ。

炒めた挽肉と共に、炒め野菜もしっかり入っており、
いや、もはやスープの具材と化しているとさえ言えましょう。

併せる麺は、麺肌滑らかながら、ゴワ・ワシ感のある太麺で、
適度なウェイヴがかかっており、やや短めにカットされていることもあって、
UFOキャッチャーのハンドのような動きで、浸け汁の持ち上げがパワフルです。

野菜も一緒に持ち上げるので、麺のワシワシ感と野菜のシャキシャキ感が合わさって、
御約束の楽しいハーモニーに。

チャーシューも、炙りタイプの大判のものが一枚ズドン!
表面はカリカリ、焦げたタンパク質が香ばしく、滲み出る脂分もカラッと感じます。

野菜麺好きには、なかなかウケのよい仕上がりになっていると思います。
濃厚系でありながら、野菜が主役で、おっさんでもあまりもたれません。
ただ、どことなく漂う「未完成」感?
「ここに何かを加えて完成するんだよね」と思わず問いたくなる気がするのは、
お隣の味噌ラーメン店、というバイアスがかけられているからでしょうか。

暑さに思わずつけ麺に「逃げた」私ですが、
やはりアッツアツのタンメンを汗をかきながら掻き込む方が、
このお店の醍醐味を味わうことができるかもしれません。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「限定・ホタルイカ香るタンメン」@神保町 可以の写真所用で神保町へ、日曜の神保町は麺活候補が少ない、
タンメンの限定をこちらでやっていることを思い出して久々参上。
たしか、「カニ」のタンメンだと把握してたが、
「ホタルイカ」バージョンに変わっていた。
イカ好きの私には思わぬ幸運、これも「出会い」というものか。

塩豚骨か豚骨醤油か識別に迷う、茶濁で緩いとろみのスープ、
たっぷりの野菜を一杯ずつ鍋で炒める正統派タンメンスタイル。
写真ではわかりにくいが、モヤシ・キャベツ・ニラ・ニンジン・ネギ、種類も充実。
炒め挽肉もたくさん入っていて、味わいと風味・食感のアクセントになっている。

ホタルイカが入っているわけではなく、
スープにホタルイカの風味と旨味が潜ませてある。
もう少しイカがグイグイ来るタッチの方が好みだけれど、
誰が食べても嫌味を感じない、癖のない、イカの優しい旨味を抽出したような味わい。
優しくなり過ぎないよう、さりげなく利かせているニンニクが心憎い。

麺は、強めのモチモチ感の中太平打ち、
所謂「ピロピロ麺」にしっかり捩りをほどこしてあり、
とろみよりこの捩れによってスープが絡む仕掛け。

味玉は、半熟稍茹で、卵黄にスープを仕込んでいる。

野菜の炒め加減・ボリューム・味わい・麺、
そしてバランスと、淡白なようで隙がない一杯でした。
「香るタンメン」シリーズ、続くのかなあ?

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「和風塩のちゅるりんこ(+味玉、チャーシュー丼)」@らーめん匠人 ちゅるりんこの写真以前に比べて、濃いものが苦手になり、
「豚骨欠乏症」になる頻度も格段に低下していたのですが、
久々に症状が出てきたようで、幸い涼しいし、仕事帰路に行けるお店
ということで、こちらにやってまいりました。

昨年末にオープンしてたんですね。
板橋区ですが、存じませんで、最近、新メニューも増えたのだとか。

環七沿い、佇まいはラーショっぽい店内、ご主人(?)一人で切り盛り。
洋風ラーメンや辛味噌、つけ麺も急に気になりますが、初志貫徹で。

お店のHPにあるように、
「ゲンコツ、背骨、鶏ガラを長時間煮込み、こってりしすぎず程よい濃度で飲みやすく
トンコツ臭さがないスープに仕上り家系ラーメンに近い感じの豚骨ラーメン」。
緩やかなとろみ、最初豚の野性味を一瞬感じるものの、
塩味がシュッと輪郭ラインとして活きていて、
「和風」という名ながら、洋風メニューっぽいまとまり方。

家系っぽくすることを狙ったのか、多めのホウレンソウが入ってますが、
これまたどこか「バター炒め」っぽいしんなり感で、洋風さを増強。

麺は中太のモコッとしたものを使ってまして、
同じ豚骨でも博多モノとは違うところを狙ってます。
ここでも家系を狙ったのが、洋風感につながってるかもw

麺類オーダーするとライス一杯無料ですが、
それに気づく前にチャーシュー丼をオーダーしてしまいましたw
サイドにしてはけっこうな量の飯の上に海苔を敷き、
たっぷりのネギと刻みチャーシューを乗せたもの。
ラー油と醤油をかけると美味しいです。
海苔のおかげで、飯が掬いにくいのが難点です。

意外にないタイプの豚骨ラーメン、
結果として、どこかでいただいた洋風のメニューに似ている、
それがどこでいただいた何かを思い出せないままこれを書いてますw
面白くて味は納得したけれど、
豚骨欠乏症の解消には上品すぎた?

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「とん塩チャーシューめん・脂少なめ(+ライス)」@すがもらーめんの写真近くの別店を訪ねるも閉まっていて、
保険としてチェックしておいたこちらへ。

分類は迷うところですが、やはり塩でも豚骨でも…
ということで塩豚骨にしておきます。

豚の甘味と、角の取れた塩の旨味が融合して、思ったよりもマイルドなタッチ、
マイルドだけど輪郭線はキリッとしていて、それがメリハリにもなっているし、
塩の割にくどく感じさせる要素にも…?
脂控えたけど、控えなかった方が面白かったかな。
卓上の辛味調理量を加えると、旨味も複雑になり、Goodでした。

麺は比較的加水のある中太のツルシコ系で、
茹で加減はオーダー時に指定できます。
「普通」にしましたが、ちょいと後半ダレるかな。

チャーシューは割としっかり塩気の効いたホグホグ系で、
塩の具としてはちょいと濃いかな、
ライスのおかずとしていただきましたが、それが正解かも。
もやしもちょこっと乗っていて、意外にこの塩とは合ってるかも。
スープの甘味と野菜の甘味が意外とマッチします。

醤油の方だと、ちょっとくどいかな、と店頭の咄嗟の判断で塩にしましたが、
やはり醤油の方で、味濃いめにして、もやし増しにして食べるのがよさそう。
麺も硬めオーダーにして、勢い付けて食べるべし?

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつ塩ラーメン(+焼餃子)」@麺屋雷神 十条店の写真実は帰宅途中に頻繁に来ているお店、
ま、いつも、特製つけ麺ばかり食べてるんですが、
豚骨欠乏症の気配を感じた本日は、
先日メニューに加わった表題をお試し、と。

基本は、マイルドな博多ラーメンという感じ。
コッテリ度低めの飲みやすい豚骨スープに、
硬めの細麺を合わせたもの。

一応、「塩豚骨」に分類させていただきますが、
カップラーメンなんかによくある、万人向けあっさり仕様の豚骨スープは、
初めは動物質由来の甘味は、やや鳴りを潜め、
ほんのりとした塩味を引き立てる役割に徹していますが、
舌が馴染んでくると、徐々に塩に代わって表に出てきます。
粘度はかなり低め。

硬さ指定は受け付けていないものの、
しっかり博多麺っぽいバシッとした硬さを備えている麺、
最初、麺束を解きたてのソーメンのような、
ちょっと木屑っぽい風味が舌につくものの、
単なるバシバシした硬さではなく、
適度に水分を内に含ませ、硬さの中にゼラチン質的なモッチリ感も内包、
ちなみに、替え玉は何玉でも無料。

添付の紅ショウガや卓上の一味などを加えて、替玉後の飽き防止もまた楽し。
豚骨欠乏症の解消度は若干低いかもしれないけど、
満足のいく一杯でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「タンメン+餃子」@海のコラーゲンラーメン なんまら屋 北祭の写真こちらにあった山岡家の新業務形態リニューアルオープン、
本部に変更依頼をしていますが、
正確な店名は、「海のコラーゲンラーメン なんまら屋 北祭」、
北海道とコラーゲンスープをフィーチャーしたラーメン店のようです。

看板メニューは、どうやら「雲丹(うに)ラーメン」やカニラーメン
ということで、ちょっと注目したのですが、
何人かのブロガーさんのレビューで、
雲丹の方は、乾燥蒸し雲丹を使用ということのようなので、
ここはタンメンをいただいてみることにしました。

スープは豚骨塩白湯、
店名にあるように、コラーゲンスープを謳っていて、
確かに、古典的なタンメンなどの塩あっさりスープよりも動物質濃い目のもの、
でも、「コラーゲン」ということで、健康に良いものでも意識しているのか、
トナリの様な21世紀型タンメンの、あの濃厚なスープとも違う、
その中間をいく、そこそこの濃さがあるけれど、味わいとしては優しいタッチ。
タンメンだけでなく、塩系のメニューは、どうやらこのスープの模様。

トッピングに、タンメンとしては文句のない分量の炒め野菜、
もやし・ニラ・キャベツ・ニンジン・豚コマなど。
よく火を通しながらもパリッとした食感をきっちり維持し、美味しい。

麺は、素性はよくわからないけど、札幌といえば、のあの西山製麺の黄色くコリッとしたタイプ、
あれをもう少しだけソフトタッチにした様なもので、程よい歯応え、
このスープには、よく合っているんじゃないでしょうか。

トータルで、悪く言うとスープのチューニングが「どっちつかず」な印象かも。
通常のタンメンより濃いとはいえ、コラーゲン質を前に出しているので、
動物質の旨味自体は強く出ているわけでなく、却って、「ああもうちょっと味を出して」
というもどかしさにつながっているような気がします。
あっさり・すっきりならそれで、濃いなら濃く、そういう欲求が浮かんでこないではない。
このもどかしさを、まず提供時に野菜に降りかけているニンニクチップとゴマがカバー、
さらに、卓上にある「辛味噌」風のもの(おそらく味噌に辛子と節系のものをブレンドしたもの)
を投入すると、あ!これはいいや!もどかしかったものが、ちょっとクッキリする。

ついでにオーダーした餃子は、やや小ぶりなものが6個、
肉とニンニクの風味がしっかり香る、なかなか美味しいものでした。

卓上アイテムでチューニングすることまで含めると、なかなかに満足できる一杯でした。
若い店員さんたちの接客も元気よく、好印象。
ひょっとしたら、多少値が張っても、ウニやカニをしっかりしたものにしたりしたら、
面白いお店かもしれませんね。

とはいえ、向かいの謎麺さんの跡地に、TETSUプロデュースのお店も出てくるようですし、
このあたりの激戦区ぶりは過熱しそう。
相乗効果で、皆繁盛といきますかどうか。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「もやしラーメン・味玉、ランチセット」@とんこつらーめん 笑丸の写真豚骨の甘味・旨味を、角の取れた塩と合わせ、
あっさりテーストにまとめたスープが特徴の塩豚骨。
あっさりではありますが、舌の上で転がる程度に豚骨は抽出され、
その転がりを、しょっぱさを感じるちょっと手前という塩味がよくしている、
豚骨というジャンルを維持しつつ、あっさりテーストに巧くまとめている印象。

麺は中細、硬さはオーダーに応じてくれます。
硬めでお願い、パツパツッとした小気味よい歯切れです。
風味は控えめ。

ほどほどの厚さ、トロトロ一歩手前の丁度よい柔らかさ、
肉の「癖」を、嫌みのない程度に持たせた味付けのチャーシューも好印象。

思ったよりたっぷり入っていたもやし。
麺を掘り出すのに苦戦(苦笑)。
麺の印象が薄れたこと、もやしの水分でスープが薄まった(?)のはマイナスですが、
反面、もやしから出た水分で、スープの味にちょっと風味が加わったことで、
より塩と豚骨の具合がよくわかった気がしたのでプラマイゼロ。

ランチタイムは半ライスがサービス。
明太子・タクアンなどの付け合わせも付いてきてお得。

替玉なんてものがあるので、麺量は少ないのかと思いましたが、
このメニューにしたためか、全くそんなことはありませんでした。

元気があって、小気味よい、店主さんの接客が気持ちよくて、
小屋っぽい雰囲気の店内は居心地がよいですね。
近くにあったのに、来る機会がなかったのが勿体なかったかも。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「とん塩らーめん・温キャベツ盛り+餃子(セット)」@麺屋 いっこくの写真仕事がちょっとだけ早く終わり、
回り道して上板橋、ガガガ職堂 A short chainを訪れるも、
塩ラーメン以外は売り切れ、ということで、
またまたやってきました、工作活動。

メニューには「ライトとんこつ」とあります。
「塩豚骨」に分類しましたが、
厳密には、塩ラーメンのスープの脇に、
とんこつスープが注がれ、
食べ進むうちに、両者が混ざってくるというものです。
写真の、白く見えるところが「塩の部分」、
黒く見えるところが豚骨です。

いえ、最初っからよく混ぜていただく、というのも一つの食べ方なのでしょうが、
まずは混ぜずに、「塩の部分」から味わうことに。
細くてヤワ過ぎず、ボキボキでもないジャストな硬さの細麺の風味がフワッと引き立ちます。
以前食べた塩と同じ、魚介と鶏のスープなのでしょうが、
なんだか花畑の香りのようにやわらかくてよい風味に感じます。
トッピングのキャベツの香りが移った?

比較的たっぷり胡椒を振られたキャベツをトッピング。
胡椒がキャベツの甘さを引き立て、その甘さがスープをどこか華やいだ香りにする、
なかなかのコラボのように感じます。

徐々に豚骨のスープが混ざってきます。
おなじみの、ナチュラルに甘くて、しかし独特の強い匂いは抑えられたスープ、
塩の部分と混ざったところは、まさにライト豚骨。
適度にやわらげられた、食べやすい豚骨風味、
しかし、本体はそこそこしっかりした豚骨スープなので、
塩の部分と入れ替わりに、徐々にスープの主役になっていきます。

温キャベツを、塩の部分と一緒に大半を食べました。
後半は、塩の部分が減って、見事に豚骨ベース、
万人向きではあるけれど、きちんと豚骨を味わうタイプです。


セットで頼むと、100円安くなる餃子。
脂控えめで、ニラやキャベツがしっかりシャクシャクしていて、
どちらかというと「野菜部分」を楽しむタイプで、
ベタベタしていないところは私好みの餃子でした。
野菜が主役の餡は、しっかりその甘みが楽しめてよかったです。


「まあ、晩飯だし、野菜が食べられるラーメンにしておこう」
実は、そんな思惑でオーダーした一杯でありましたが、
なかなかに楽しめるいっぱいでした。
やはり地味ながら、実力のあるお店です。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 13件

「ジャンクつけめん(大盛・魚粉あり)」@ラハメン ヤマンの写真こちらのサイトで限定メニューの存在を知り、RDB登録前以来、久々の訪店です。
今日は新桜台から行きましたが、雨の日は玄関に目印の国旗が出てないんですね。
ちょっと迷いました。

15時すぎ、御馴染みの、減量後のパパイヤ鈴木のようなご主人が仕事してます。
上記の品がメニューに出ていませんでしたが、存在を確かめると、
若くして枯れ果てたクリスタルキングのような店員さんが、「できますよ!」
ということで、オーダーしました。

事前情報を得るというのはありがたいですね。
隣の人の普通盛の少なさを見て、
大盛でも量は多くない、という事前情報のありがたさ、ヒシヒシ。

先客は1人+カップル1組、両者とも既に食べてたので、5分ほどで品が完成。
では、いただきます(-人-)。

おぉ!光の加減のせいか、麺が緑色に光って見えます。
ちょっと細め、私の好みの太さです。
一つまみ汁に潜らせて、シュパッ。
ん?珍しい風味。まさにニンニクです。
ベースに鶏とか昆布とかがあるのはなんとなくわかりますが、
塩味とニンニクの風味が強力な主役です。

塩の正体は、「無化調ラーメンMAP」はんつ遠藤(幹書房)43頁にありますが、
ニンニクがグイグイ効いているのは、あの中華蕎麦 とみ田以来です。
とみ田が他の素材との融合型なのに対して、こちらはモロ葫!
しかし、その活かし方が秀逸!
ニンニクも、素材のよさを引き出せば、匂いや癖ばかりの食材ではなく、
本体が美味い食材なんだな、とわからせてくれるタイプで、これは新発見。

個性的な汁に対し、細い麺が負けるかな、と思いきや、
細くて、一瞬やわめかなと思わせといて、モチプリっと期待を裏切る抵抗を見せる。
個性的ながら、粘度は低い汁なので、つけてはジュバッ!つけてはジュバッ!
という食べ方をすると、麺と汁のよさを堪能できます。

好みで、別皿に魚粉をつけてもらえます。
今日は、徐々に汁に足して食べましたが、
汁のパワーが強いので、あまり味の変化を楽しめません。
最初に全部汁に入れて、下味の一つにしてしまった方がよさそうです。

トッピングに茹でキャベツ、これは、癖のある汁の箸休めと中和剤になりますね。
角煮をゴリンと香ばしくした感じのチャーシューが細切れで入っています。
ここの肉類の美味いのは有名ですね。おつまみっぽいけど。
メンマも本体にしっかり味がついたものが数個沈んでますが、汁に埋もれて印象は薄いか?

スープ割り、ニンニクの癖が和らぎ、魚介系のダシが顔を出します。
〆に舌を洗うように、やさしい飲み心地です。

しかし、食後しばらく経った今もニンニクの祟りが口を支配していますw
まあ、今日の祟りは、悪霊じゃなくて、良い霊のようなんですがw

個性的だし、私の好きな細めの麺だし、両者のマッチングもいいんですが、
胃には染み渡るし(なんかシクシクする...)、口には残るし、というわけで、
「復食指数」を基調とする私の採点基準からは、
「すごく美味かったが、暫く食べなくていいや!」
という意味で、このような点数をつけさせていただきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件