なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ま~ぁ(休養中!)

男性

自分好みのらーめんが何かを求めて食べ歩きをしてます。味について詳しくないので、感じたことをレビューしてます。

平均点 95.076点
最終レビュー日 2018年12月2日
275 162 24 653
レビュー 店舗 スキ いいね

「ちょっと辛いタンメン」@あぢとみ食堂の写真初訪問です。この店のお勧めかと勘違いして「暴君タンメン」を頼むと、店員さんから辛いですよと言われ、即「ちょっと辛いタンメン」に変更しました。

先ずはスープから。辛さに弱いので、これでも少しむせましたが、すぐに野菜の旨味を感じられるようになりました。

麺はお勧めの太麺をチョイスしました。ちょうど良い硬さに茹でられていて、もちもち感があり、麺の旨味が感じられる、とても美味しいものでした。

野菜はニンジン、玉葱、キャベツ、にら、もやしで、豚肉が入っていて、全ての野菜本来の甘味が感じられ、スープの辛さをマイルドしてくれました。

太麺本来の小麦の旨味とスープの辛さが丁度良くマッチングして、とても美味しくいただけました。ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「オマール海老湯 味玉入り」@麺屋はやぶさの写真初訪問です。出張の帰りに「オマール海老湯」が滅茶苦茶気になり、訪問しました。

先ずはスープから。泡と一緒にスープをすくいいただきました。今までにいただいたことがない味に一瞬戸惑いましたが、すぐにオマール海老のクリームスープであることを認識しました。これが塩気も丁度良く、とても美味しいスープでした。

麺はストレートでエッジが効いた中細麺で、程よい硬さに茹でられていて、洋風オマールスープとの相性はぴったりでした。

チャーシューは鶏チャーシューで、約7mmにカットされていて、厚いながら柔らかく、鶏の旨味が感じられとても美味しかったです。また、スープとの相性も抜群でした。

クルトンと細葱の刻みは味として脇役でしたが、刻み玉葱が良い仕事をしていて、シャリシャリとした食感に加え、僅かな辛味と苦味がスープと相性ぴったりで、滅茶苦茶美味しかったです。

初めて「オマール海老湯」をいただきましたが、らーめんとして、とても美味しいものであること認識しました。ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「カルピスバターのめんたいクリームまぜそば」@中華そば 四つ葉の写真以前から時々限定で出ていたので、気になっていました。いただけるチャンスがなかったのですが、今回やっとチャンスが来たので訪問しました。

まぜそばなので先ずは全体的にまぜて、めんたいが麺全体に絡んだところで、麺を一口いただきました。めんたいと大葉の香りがしたのですが、味に物足りなさがした。そこで、檸檬を全体的に搾ってもう一度まぜてから、もう一口いただきました。すると、檸檬でカルピスバターも拡がり、めんたいや大葉でとても美味しくなりました。

麺は平打ちピロピロ太麺で、もちもちとちょうど良い硬さに茹でられていて、カルピスバターとめんたいが良く絡み、とても美味しかったです。

チャーシューは豚レアチャーシューがトッピングされていて、麺の熱で少し暖めてからいただくと、レア感を残しながら脂分を柔らかでき、とても美味しかったです。

メンマは穂先メンマで、柔らかくもあり、コリコリ感もあり、カルピスバターのめんたいクリームとの相性はとても良く、美味しかったです。

明太子スパゲティのような感じではありましたが、麺のもちもち感とレアチャーシューの取り合わせは、やはりまぜそばだと再認識しました。

流石に限定でありながら採用率が高い人気の一品、とても美味しかったです。ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 28件

「雲丹そば&チャーシュー増し&味玉」@と多゛食堂の写真初訪問です。「雲丹そば」が気になり訪問しました。初訪問だったので、人気が高いデフォの「煮干そば白」にするか迷いましたが、今までにいただいたことがない「雲丹そば」にしました。

まずはスープからいただきました。いただいた瞬間は何なのか分からず、味わうに雲丹ということが分かりました。だんだん、雲丹のコクと魚介系出汁と醤油の旨味が絡んだ深みのある味わいを感じて来ました。

麺はストレート細麺で、硬めに茹でられていて、スープが良く絡み、相性もぴったり合っていました。

チャーシューは、豚肩ロースのレアチャーシューで、レアチャーシューと雲丹スープとも相性良く、以外と良く合っていました。

刻み海苔と刻み大葉は、スープの味わいが強いので、合間合間にいただくことで、口直しにちょうど良かったです。

半分くらいいただいて、少しわさびをスープに溶かしいただくと、雲丹の刺身をいただいているときの味と香りが口の中に広がり、改めて雲丹を感じました。

まさしく初めていただいた「雲丹そば」でした。とても美味しかったです。ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒カラビシ麺」@龍門瀑の写真初訪問です。辛いものは苦手なのですが、カラビシという聞き慣れない麺が気になり訪問しました。

カラビシとは唐辛子の「カラ」と花椒の「ビシ」だそうです。

先ずはスープからいただきました。濃厚でとろみがある坦々スープに似たようなものと思いしましたが、辛味よりも花椒のしびれが強く感じられ、良くは分からないのですが、何か違ったものだと思いました。兎に角、唐辛子が丼の中央に鎮座していて、辛いことは覚悟しました。

麺は平打ちで、もちもち感があり、濃厚なスープと良く絡み、相性ぴったりで、辛さやしびれを感じながら歯応えを楽しめました。

麺と一緒にいただいているからかも知れませんが、以外と辛さは感じられず、また、ねり胡麻が辛さをマイルドにしているのかも知れません。

流石に食べ進めて行くうちに、辛さも強く感じるようになってきたので、温泉玉子を割りスープに混ぜていただきました。少し辛さがまろやかになったことで、
更に美味しくいただきました。

説明書きにごはんとの相性◎とあり、「白ごはん」もいただきましたが、純粋に◎でした。

暑い日にいただく「カラビシ麺」食欲が湧き、最後まで美味しくいただきました。ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「レッドクリフ(辛レベル1)」@横濱家系ラーメン 湘家の写真限定ラーメンが6/1から「レッドクリフ」に変わったとのことで、辛い系ラーメンにチャレンジしに訪問しました。

辛い系は苦手なジャンルですが、ここのところの暑さもあり、食欲増進のため「レッドクリフ」の辛さレベル1をいただきました。麺は細麺こ硬めをチョイスしました。

先ずはスープからいただきました。トマトの風味で始めは担々麺のスープにも似ているかと思いました。辛さに弱いのでレベル1で丁度良い具合でした。

麺は細麺で硬めをリクエストしましたが、感覚的には中細麺の硬めと言った具合でした。麺とスープの相性はバッチリで、少し辛めのスープがうまく麺に絡み、とても美味しかったです。

次に山盛りになっている白菜ともやしをやっつけて、本格的に麺をいただきました。食べ続けるにしたがい、スープの辛さが蓄積され、汗だくになりながら、いただきました。

途中、豚バラチャーシューをいただき、厚みがありながら、柔らかく、甘味が感じられ、トマト系スープにも相性ぴったりでした。

今回いただいた「レッドクリフ」は初めていただいたトマトベースのさっぱり感がある辛い系ラーメンでしたが、最後まで美味しくいただけました。ご馳走さまでした。。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「がんこラーメン 100」@一条流がんこラーメン 総本家の写真初訪問です。開店前の9時40分に着きましたが、すでに十数人が並んでおり、約50分待つことで入店できました。

初訪問であることを告げると、店主からご丁寧に、清湯スープと混濁スープを見せていただき、香をかがせていただきました。どちらも魅力的で迷いましたが、今日は初訪問なので、先ずは、皆さんが頼んでいました混濁の100を注文し、5分程で着丼しました。始めにスープから、思った通りの濃いい味系でした。これに細麺がぴったりと合って大変美味しくいただけました。しょっぱ辛いスープが癖になる味で最後まで飲み干してしまいました。ん~、本当最高でした。ご馳走さまでした。

次は清湯スープをチャレンジします。

ところで、ご店主も奥さんもとても優しい方々で、初めてでも気軽に行けますよ。というのは、外観写真を見て訪問をどうしようか真剣に迷いました。間違えでした。。。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件