なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 84.073点
最終レビュー日 2019年10月21日
452 321 6 5,113
レビュー 店舗 スキ いいね

「【10月限定】フィリーチーズステーキとカルボナーラのまぜそば」@らー麺屋 バリバリジョニーの写真10月3日(木)

バリシオラーメンを頂いた後の店内連食になります。
麺の変更と共に気になっていた10月限定の一杯、時間もあるので連食で頂く事にしました。
バリシオラーメンを食べ終わりその場でお願いし、券売機上の限定メニュー表を確認。
Aの欄がこちらのメニューになりますので、限定A1200円をポチっと。
先に戻り食券提出、結構値が張りますが気になるのでここは奮発です。
フィリーチーズステーキとは、アメリカペンシルベニア州フィラデルフィア発祥のサンドイッチです。
チーズステーキやフィラデルフィアチーズステーキとも呼ばれるこちらの料理、本来ならばパンに具材を挟んだファストフードです。
ステーキと言っても塊肉ではなく、細切れ肉を炒めた物になります。
因みにフィリーとはフィラデルフィア市の愛称との事です。
ジョニーさんが本八幡にある「フーディカルヒーローズ」さんで頂いたそのサンドが美味しかったのを思い出して、自家製カルボナーラに合わせてみようと思いついたそうです。
結構配膳まで時間を要する一杯の様です、作業工程を見ながら待ちます。
10分位して、パッと見ではなんだか分からないビジュアルの一杯が届きました。

撮影してよく混ぜていきます。
底の方に少量のタレがありますね、カエシなどは使ってなくまんまカルボナーラ。
黒胡椒がピリッと効いていて良いですね、生クリームは不使用との事です。

麺はバリシオラーメンと同じデフォの物、加水率高めなもっちりビラビラ麺。
幅広なのでタレがめちゃくちゃ絡みつきます、やっぱりこの麺美味しいですね(^~^♪

具材は牛肉、チーズ、玉葱、何か分からない葉っぱ。
フライパンで玉葱をマヨネーズで炒め、更に牛肉を入れて炒めた後に火を止めチーズを投入。
蓋をしてとろけた所で麺と合体させていました。
牛肉と玉葱に濃厚なチェダーチーズが絡み付いていて美味しいですね、チーズと麺の絡んだところも美味いです(๑´ڡ`๑)
チーズは2種類を使用していて、もう1種類はパルメザンだったでしょうか。
チェダーチーズの塩分が強く、濃厚なチーズの風味が楽しめますねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

デュルンデュルンとパクつき完食、ご馳走様をして少しお話しをしてからお店を後に。
もうほぼパスタなんじゃないかと思うような一杯でしたが、麺が中華麺なのでまぜそばではありますね。
個人的にはやや塩味が強く感じたのですが、チーズが好きな方はめちゃくちゃ嵌まりそうな一杯でした。
お値段ややお高めですが、牛肉にチーズがふんだんに使われて原価がかかっているので納得。
独創的な一杯でした、限定麺はいつも変り種があり面白いです、毎回ジョニーさんの引き出しの多さには驚かされます。

本八幡のお店でフィリーチーズステーキを食べてみたくなりました、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 7件

「【限定麺】Started from “ZERO”他」@麺処 あす花の写真9月26日(木)

月に一度の居酒屋あす花へ今月も参加させて頂きました。
この所増税の影響で仕事が忙しく、さぼっ...いや時間調整が叶わず遅れての参加です。
居酒屋営業ですのでモチロンお酒飲んじゃいます、電車でGOですのでコイパは探しません。
ですがこちらは前面道路にパーキングメーターがあります、ご来店の際はそこが一番近いですよ。
20時過ぎに到着、貸切営業ですので照明は落とされています。

入店して皆さんにご挨拶、明日香店主にご挨拶して会費5000円を先払い。
飲み放題セルフです、ビールサーバーが使えない自分はIPさんを捕まえちゃっかりお願いしちゃいます(笑)
知っている方初めてお会いする方、皆さん一緒に乾杯して頂き冷えたビールを流し込みます、あぁ生き返る~ε=(´∀`*)
席に着いて飲みながら談笑、明日香店主が次々とおつまみを運んできてくれます。

カニ味噌コールスロー、先ずはサラダからですよね、カニ味噌が良い感じです。
秋野菜のきんぴら、蓮根やさつま芋のきんぴら、季節を感じます。
上ガツ刺し&ガツポン、文字通りガツの刺身とポン酢和え、ホルモン大好きなので堪りません(*´﹃`*)
牛すじの塩にこみ、煮込みに刻み葱を散らした一品、お酒が進んじゃいます♡
ロースとポークときのこのソテー、明日香店主が切り出している固まり肉を前に、肉総裁様と興奮して写メパシャパシャしちゃいました(笑)

ひと通りのおつまみでグビグビやってお酒も回り良い気分、〆のラーメンが登場です。
今回の〆ラーメンは、明日香店主が学生時代にバイトしていたという「ラーメンゼロ PLUS」さんで出されていた看板メニューへのオマージュとの事。
ラヲタ暦の浅い(そもそもラヲタではない)自分はそのお店すら存じていませんでしたが、先日明日香店主のツイートでラーメン店をやろうとした経緯、意気込みを読みました。
そこで初めてそのお店を知ったのですが、そのお店を些細な事をきっかけに勢いで辞めてしまったそう。
ただ、今でもそこが原点という思いが強いのでしょう、表題にその思いが表れた一杯です。

撮影してスープから頂きます。
やや白濁したスープは若干のとろみがあります、一口飲むと魚介の旨味が押し寄せます、美味い(๑°ㅁ°๑)‼✧
コクも確りあるのですがどこかあっさり、飲みやすくグビっといけてしまうスープ。
そして経験値の少ない自分が最も驚いた事、それはこのラーメンにカエシ等の調味料が使われていないという事です。
塩、醤油、味噌などのラーメンの基本となるカエシや調味料が無い??
カエシレスでこんなに美味しいスープにどうやって仕上げるの?
それ以前にこれだけ分厚い旨味を出すには原価って...
ってかそもそもラーメンの定義に収まっているのか?
疑問だらけですが、単なるラーメン好きのおじさんはそんな事より目の前の一杯にレンゲが止まりません。
細かな事は皆様が聞いてくれるので僕は食べる事に徹しますꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
既報によれば鶏主体の白湯にアサリ、煮干、鰹節、イカ等を大量に投入するらしいです。

麺はあさひ屋製の細ストレート麺、茹で加減真ん中より少し硬め。
通常使用している麺に似た感じですが、以前頂いた物よりやや硬く角が立っている感じがします。
芯があるのを感じます、スープの吸収具合も少なめに感じました。
スープに合わせて違う物を使っているのかなぁ、聞かなかったので真相不明。

具材はチャーシュー、穂先メンマ、海苔、挽き肉、小ねぎ。
チャーシューはバラロールの煮豚、デフォと同じの様ですがこれが美味い(^~^♪
穂先メンマもシャッキリと食感良く美味、海苔はモチロン海苔巻きで頂きます。
挽き肉はコクを出すのに一役買ってますね、小ねぎは緑鮮やかで彩り的にも良いですね。

ズルズル啜って完食、モチのロンでスープも飲み干しました(๑´ڡ`๑)
その後も散々飲んで喋って笑っての繰り返し、この日も楽しく過ごさせて頂きました。
ご一緒頂いた方に感謝、都内勤務ではないので電車で来るだけでも新鮮で楽しかったりします(笑)
そして明日香ちゃん「最強の次世代ラーメン決定戦、次世代あっさり部門」優勝おめでとう‼︎

カップ麺楽しみにしています、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 4件

「【限定】アブラソバchaos(ニンニク辛味)」@豚星。の写真8月31日(土)

ラーメン宮郎」さんで、夏季限定の冷し中華ならぬ宮し中華を美味しく頂いた後になります。
お店を出て違法駐車の罠に掛かり悪戦苦闘、何とか切り抜け脱出するもイライラムカムカ(゚血゚#)
怒ると腹が減るのは万国共通、あぁ腹いっぱいになって癒されたい...
「そうだ、癒し中華だ!」という事で「豚星。」さんへ伺いました。
22時前に現地到着、お店の前を通過すると外に待ち人がなく、照明もついていません(´・ω・`;)
薄暗い店内を覗いてもよく見えず、不安になりツイッターを確認するも通知はなし。
ちょっと不安ですがここまで来たんだからと、意を決してコイパへ向かいます。
コイパは少し離れた場所にあります、お店から駅と反対方向へ行き歩道橋を越えた少し先の右側。
こちらに22時まで30分400円、22時以降60分100円があります。
更にこの裏手に格安のコイパがあり、そちらは20時までが25分200円、20時以降は60分100円です。
こちらのコイパへ回る為には一度新幹線のガードをくぐり、Uターンする感じで鋭角に右折して入って行く必要がありますのでご注意下さい。
裏の方の格安コイパにピットイン、お店までは300m程、短足ちゃんでも4分くらいで到着。

到着すると外に5人の待ち人が、ホッとしたのとガッカリしたのとでプラスマイナス0、いやちょっとガッカリが強いか...
中を覗くと背後霊さんが15体ほど、合わせて20人位の待ちでしょうか。
こちらのお店は看板が無いんです、無いと言うか真っ白、照明も灯ってないのでパッと見だと分からないんですよね。
いやしかしコンビニじゃないですが開いてて良かった~、良い気分♪
お店の前からガソリンスタンドの方向へ並びます、入居しているマンションの入り口は塞がないように注意が必要です。
自分の後ろにも次々と後客さんが続いて行きます、遅くまで営業している二郎系の人気店ですから当然ですね。
20分ほど待って入店、右にある券売機で食券購入、お目当ての夏季限定「癒し中華」は売り切れです。
残念ではありますがこれは想定内、18時頃には売切れてしまうと聞いてはいましたので。
あわよくばと思いましたがやっぱりでした、しかし冷し中華が売り切れた後の限定があるんです。
売り切れと同時に販売される限定の「アブラソバ」と「アブラソバchaos」実はこれが狙いだったりもします。
「アブラソバchaos」を頂くべく、限定950円をポチっと、連食なので無理せずトッピングは無しで。
券売機横に自販機があり黒ウーロンも販売しています、これを購入して背後霊と化します。
途中食券の回収があり何人で来ているのかの確認があります、連席になどにはしてくれそうですね。
背後霊になり厨房を見ていると、結構お残しさんが多いですね。
海苔が丼に貼り付いたまま手をつけてない人、3分の1程度食べて帰る人。
店員さんがちょっとムッとしながら片しています、流石に今のは残し過ぎだろと心の中で同情。
ここから更に待つ事30分、やっとの事でカウンター席に昇格です。
店員さんは2名、店主さんではないのかな、時間も時間なので笑顔はあまりありません。
ちょっと殺伐とした雰囲気ですね、あまりお喋りの声も聞こえません。
お水は高台にコップと卓上にウォーターポットがありセルフ、卓上アイテムはブラックペッパーと何かが入ったお酢の様な物がありましたが遠くて確認できず。
コールの内容が細かく書かれた物がカウンター上に貼り出されています、これはありがたいですね。
自分の隣の方が細かいお金が無い様で、豚マシを現金で注文していましたがおつりが出せないとの事で断念していました。
ちょっと言い方に棘があったか、お隣さんと店員さんの間に不穏な空気が...
間に挟まれるとやりづらいですねぇ( ̄▽ ̄;)
少ししてコールタイム、ニンニクと辛味でお願い、アブラは自粛です。
参考にコールを書いておきますと、ラーメン系はヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメ。
汁なし蕎麦系がニンニク、アブラ、カラメ、辛味、マヨネーズ、野菜はおかわり制。
辛麺系がヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメ、ホアジャオ、辛味玉。
つけ麺系はヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメ、辛味。
冷やし中華はニンニク、カラメ、海老辛、野菜はおかわり制になります。
並び始めて約1時間、先にセットの生玉子が届き、その後待ちに待った一杯とご対麺致しました。

撮影してよく混ぜてから頂きます。
先ずはタレの確認、結構な量のタレが入っていますね、タレと言うよりスープな感じの量です。
ショッパウマな醤油ベースのタレに魚粉が入りざらつきと共に良い香りがします。
マヨネーズは自粛してコールしませんでしたが、混ぜたらかなりなジャンク感だったと思います。

麺は自家製の平打ち太ウェーブ麺、茹で加減やや柔らかなデロ麺。
1軒目と正反対でどんどん飲み込める麺、連食なのでこの方が助かります。
むにゅっとした食感で、タレを良い感じで吸っていて美味いです(^~^♪
麺量は300g以上はありそうですね、流石豚星さんですね、中々減らないです…

具材は豚、茹で野菜、海苔、刻み葱、ニンニク、辛味、チーズ、別添えの生玉子。
豚はメチャ柔らかいホロホロ豚、野菜の中に埋もれており混ぜているだけで崩れてしまったので、大きさは確認できませんでした。
しかし食べた量からかなりの大物と推測、前店と同等かそれ以上の神レベルでメチャウマ(*´﹃`*)
茹で野菜はもやしとキャベツ、茹で加減はやや硬めの食感が残っている感じ。
キャベツ率も高く咀嚼を要するタイプ、これがちょっと苦戦しました。
海苔は3枚入っていて海苔巻きで、辛味やニンニクはパンチが出ますね~
そして最初は気がつかなかったチーズ、表面には見えませんが野菜の下に隠れています。
これが美味いの重いのジャンクなの、混ぜるとまさにカオスな状態にꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

生玉子に潜らせ頂いていきます、途中から投入してぐちゃぐちゃに混ぜちゃいます。
後半その重さに些か失速気味、しかし先ほどからのやり取りを見てますからお残し厳禁。
お酢が欲しい、でも遠い、届かない、しかし重い(;´Д`)
ロットの最後になりそうだったので気合を入れます、でもやっぱりロットの最後になりました(´-ω-`)
ちょっと焦りながらもなんとか固形物完食、ご馳走様をしてお店を後に。
美味い限定の一杯でした、ジャンク中のジャンク、カオスの名に相応しい一杯でした。
しかし連食ということもありちょっと苦戦しました、野菜が硬いと咀嚼でどうしても梃子摺ります。
麺友さん曰く自分は噛む回数が多いらしいです、お子ちゃまの喉なのでしょうね、飲み込むのが苦手な様です。
人一倍咀嚼するので早食いはちょっと苦手、故に麺マシしたくても尻込みしてしまうのですが。
ロットが気になるお店だとどうしても焦りますね、関係無さそうなお店だと気が楽なんですけどね。
ですが美味しいので頑張って食べますよ、良く噛んで食べます(笑)
ただおいしかったのですが、お店の雰囲気はちょっときつかったですね、以前伺った際もそうでしたが。
食べる側、お客サイドにも問題はありますが、もう少し優しく接してくれるともっと美味しく頂けるんですけどね。
でも内容には超満足、ジャンクでカオスで超腹パンの一杯でした。
因みに冷やし中華系は先日終了しています、この限定アブラソバはまだやっている様なので、興味がある方はツイッターで確認してから伺う事をおおススメします。

この日は色々ついていなかったみたいです、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 2件

「【夏季限定】宮し中華並盛(ヤサイマシマシ他全マシ)+豚マシ」@ラーメン宮郎の写真8月31日(土)

関東の子供たちがアタフタする日、泣きながら宿題をやった記憶が蘇ります。
今年は翌日が日曜日なのでもう1日ありますが、夏の終わりという感じでとても寂しくなるこの日。
「そうだ、冷やしを食べておこう」という事で「ラーメン宮郎」さんへ伺いました。
20時ちょっと前に現地到着、蒲田に来ると必ず停めているエコロパーク蒲田第10は生憎満車。
ラーメン二郎 JR西口蒲田店」さんから「煮干しつけ麺 宮元」さんへ向かう通りにあり、20分100円で地域最安値なんですけどね。
仕方がないのでウロウロしていると、駅前から伸びる通りのパーキングチケットエリアに空きがひとつ。
いつも空いていなくて諦めてコイパに入れるんですが超ラッキーです、枠内にピットインします。
因みに近隣コイパは概ね20分~30分で200円くらいします、下手すると15分200円や10分200円という所までありますからご注意を。

徒歩2分ほどで店舗到着、食券先買制なので入店して右の高額紙幣対応型の券売機で食券購入。
お目当ての夏季限定が運良く残っていました、宮し中華並盛900円をポチっと、豚マシ200円もポチっと。
食券を渡して再度外へ出て並びます、外待ちは3名とそれ程多くありませんでした。
10分ほどで再度入店、空いているカウンター席に座ります。
厨房には男性スタッフ2名体制、奥の方がツイッターでお見かけする伊東さんでしょうか?
お水は券売機横に給水機がありセルフ、自販機はありませんが券売機で黒ウーロンを販売しています。
卓上にはブラックペッパー、ホワイトペッパー、カエシ、お酢、一味などが置いてあります。
レンゲは卓上の箱の中に入っています、これだと汁が跳ねても汚れないので良いですね。
店内にはテーブル席もあるんですね、お一人様は通さないみたいでした。
ちょっと待ってからコールタイム、ヤサイマシマシ他全マシ(ニンニク、アブラ、ショウガ、エビマヨ、ゴマダレ)でお願いしました。
少しして、器が確り冷やされた一杯とご対麺致しました。

撮影して軽く混ぜ合わせてから頂きます。
タレはそれほど多く無く、底に少し溜まっている程度。
野菜にゴマダレがかかっています、混ぜていくと確り馴染んできます。

麺は自家製の太ストレート麺、ややうねりがある物。
水で確りと〆られていて、ムチっと噛み応えがあるややハードな食感。
タレが確り絡むので美味しいですね、噛み心地が自分的にはジャストでしたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
麺量は並盛で250g、因みにミニが150gで大盛だと450gに跳ね上がります、特盛だと550g。

具材は鶏チャーシュー、野菜、紅生姜、フライドオニオン、固形脂、ニンニク、ショウガ、トッピングでマシた豚。
豚は厚みのある物が2切れ、ひとつは端の部分でめちゃくちゃごっついです( °_° )
柔らかく煮てあり申し分無い出来栄え、端の部分だけはやや硬くパサつきも見られましたが、なにせごっついので大満足(^~^♪
鶏チャーシューは鶏モモをハーブで味付けされています、爽やかな清涼感があり良いですね。
野菜はサラダタイプで大根、人参、水菜、紫キャベツ、ミニトマトなど。
サラダタイプなのでマシマシでもサクサク入ります、たっぷりゴマダレがかかっているのでめちゃウマ(๑´ڡ`๑)

エビマヨなどを確り混ぜていきます。
ジャンクになりますね、アブラが細かく刻まれた物でよく混ざってくれました。
ただニンニクがかなり辛かったです、美味かっただけにちょっと残念(´-ω-`)
終盤は終始辛味との闘い、マシたのが裏目に出てしまいました。
ツルッとモグモグ、タレもレンゲで掬って完食です。
ご馳走様をしてお店を後に、美味しいJ系の冷しでした。
ニンニク以外はかなり良かったです、麺も好み、豚も上出来。
ですが、店員さんとお客さんの会話で聞きたく無い会話が聞こえてしまったのが非常に残念( ˘•ω•˘ ).。oஇ
個人的にちょっと不快な思いをしてしました、大した事では無いですが…
壁に耳あり障子に目ありでは無いですが、他のお客さんがいる時は気をつけた方が良いですよ。
美味しかったので再訪はしますが、今回のスコアはこの辺で。
尚、この宮し中華は9月8日前後で終了しそうとの事、昼・夜で各20食限定の予定です。
気になる方はツイッターでチェックの上伺ってみて下さい。

全く余談ですが、この後車に戻ると後ろにピッタリと1台の車が駐車していました。
前にも1台ありほぼ動けない状態、前はパーキングチケットの枠がありますが後ろはありません。
交差点から5m以内で完全に駐車禁止です、ふざけた止め方してるので文句のひとつでも言ってやりたかったのですがいつ戻るのかもわからず…
仕方がないので鬼の様な回数を切り返してなんとか脱出、腹立ちますね迷惑駐車は٩( `^´ )۶
今回はこれで許してあげますけど(怖い人が出てこられても困るし…)

車の方はくれぐれも他の迷惑にならない様に気をつけましょう、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】阿波尾鶏のよだれ冷し(パクチー少なめ)」@房総式ラーメン JINRIKISENの写真8月28日(水)

とものもと」さんで美味しいつけめんを頂いた後になります。
帰りにツイッターで拝見して気になっていた一杯を頂きに、「房総式ラーメン JINRIKISEN」さんへ伺いました。
ちょっと寄り道して20時30分頃現地到着、駅横の通りにあるパーキングチケットエリアにピットイン。
ここからだと少し歩きます、3〜4分くらいでお店に到着。
コイパも近くにあります、お店が入居しているビルの斜向かいは30分200円、お店の並び一軒挟んだ隣には40分200円があります。
こちらのお店が入居しているビルには「ramen case-K」さんや「山勝角ふじ 京成大久保店」さんも入っています。
その他飲食店が沢山入ったビルで、建物前まで来ると一瞬どこにするか悩んじゃいますが初志貫徹。
入店して空いているカウンター席へ着席、口頭注文後会計です。
店内にはスパイシーなカレーの香り、この匂い嗅ぐと心が揺れちゃいますがここも初志貫徹で。
お目当の阿波尾鶏のよだれ冷し900円をオーダー、こちらはメニュー表やPOP にもない限定メニューです。
川崎店主と女性店員の2名体制、ノーゲストで後客さんが1名来店。
お水は店員さんが持ってきてくれました、卓上にはウォーターポットのみでアイテムはありません。
夏休み期間で閉店間際だから空いているのでしょうね、ちらっと覗いたお隣さんも結構空いていました。
待っていると川崎店主、いや人力船ですから川崎船長ですね、「パクチー増せますけど?」と聞かれます。
増すどころかむしろ減らして欲しいと願い出ます、なんせエスニックヘタレですからね(笑)
「じゃあ香りづけ程度にしておきますか?」とありがたいお心遣い。
抜きでは良さが無くなりそうですからね、少なめバージョンでお願いしました。
少しして、女性店員さんよりレンゲの載った一杯が届けられました。

撮影してよく混ぜてから頂きます。
麺は中細ストレート麺、浅草開化楼の様ですね。
水で確り〆てあり、弾力がありぎゅっと噛み応えのある麺です。
喉越しも良くつるっと入りますね、冷しにぴったりな印象の麺でしたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

タレは四川風のピリッと辛いタレ、程よいピリ辛が食欲を増進させますね。
ツイートによると、奥行きを出す為にワイン酵母を使い、加熱後に発酵させた魚沼産しいたけをタレに使用し自家製麻辣油で仕上げたとの事、詳しい事は分かりませんが手が込んでそうです(笑)

具材は鶏肉、もやし、ナッツ、パクチー。
鶏肉は阿波尾鶏のもも肉、低温調理っぽい噛み応えの確りした食感。
噛む程に旨味が出てくるのが良いですね、量も多くて嬉しいです(^~^♪
ナッツが振りかけられていて食感が楽しいですね、ナッツが弾ける時の香りも良いです。
もやしは茹でられていてタレと絡めると美味しいですね、やや食感が残る位で辛味の緩和にもなります。
パクチーは…
やっぱりパクチーでした(笑)
少なめなので意外といけました、少し耐性が付いたのかな?
でもこれ以上多かったら完全にアウトですね、この香りはやっぱり得意ではないですね。
春菊とかなら全然平気なんですけどね、パクチーやレモングラスはやっぱりちょっと(;´Д`A
でもアジアンな雰囲気は楽しめたので良かったです、これはこれでアリ。
パクチー無しで葱とかが代わりに載ってると、個人的には良いのかもしれませんけどね(笑)

ズズズズっと啜って完食、レジにて忘れずにお会計。
帰り際に店主さんと少しお話しさせて頂き、ご馳走様をしてお店を後に。
美味しい冷しの一杯でした、お酒が欲しくなる味ですね(๑´ڡ`๑)
麺が無いおつまみでも提供してくれる様なので、飲みながら摘むのも良いですね。
こちらのメニューは9月7日頃までの限定との事、興味のある方はお早めにどうぞ。

この日の連食も大満足、ご馳走様でした。

RDBに参加して1年が過ぎ、今回で400レポに到達致しました。
コメントして下さる方々、読んで下さる方々、いつもありがとうございます<(_ _*)>
上手いレポは出来ませんが、楽しんで続けていきたいと思いますのでこれからも宜しくお願いします。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】冷やし貝白湯らーめん」@もとのともの写真8月6日(火)

火曜日限定の限定がまぜそばから冷やしに変わりました。
と言う事で2週連続ですが、早速「もとのとも」さんへ伺いました。
仕事を終わらせて急いで向かいます。
なにせこの日からの提供ですから急がないと危ないのです。
19時15分頃、いつもの様に「六代目 麺処「まるは」極 西船橋店」さん脇のコイパへピットイン。
お店に着くと外待ち4名ほどいらっしゃいます、ふと先頭にいらっしゃる方に目を向けるとどこかで見た様な…
あ!先週こちらに伺った時にお隣だったツイッターのフォロワーさんですね。
先週ジロジロ見てしまってましたから覚えてますよ〜、なのでお声がけしてご挨拶。
すると一緒にとわざわざ後ろへ来てくれました、話を聞くと2巡目なんだとか(笑)
やっぱり並んでましたね、後客さんも続々とこられていて、皆さん冷やしを待っていたといった感じなのでしょう。

少しして列が進みました、ご挨拶してフォロワーさんと一緒に入店するとやっぱり笑われてます(笑)
右にある券売機で食券購入、確認すると冷やしがまだ残ってましたので、限定950円をポチッと。
食券を提出して待合席で少し待機、先客さんが出られたのでカウンター席に昇格です。
市原店主と奥様の2名体制、冷やしの注文が多くオペレーションがやや大変そうですね。
お水は高台にウォーターポットと卓上にコップがありセルフです、卓上アイテムは胡椒のみ。
フォロワーさんとお話ししながら待ちます、通うとこうした出会いがあって楽しいですよね。
少しして、待ちに待った冷やしの一杯が市原店主より届けられました。

撮影してスープから頂きます。
クリーミーなスープ、いやクリームなスープですね。
生クリームや牛乳の様な乳製品の感じ、ポタージュっぽいスープですね、美味い(^~^♪
表層のトリュフオイルの香りが鼻腔を抜けて行きます、これもこちらのトレードマーク。
じわじわと貝出汁の旨味が伸びていきますね、ブラックペッパーはピリっと締まりが出ます。

麺は村上朝日製中太平打ちストレート麺、もっちりぷりぷりの食感。
スープの絡み良く、確りと冷製クリーミースープを纏ってきますね。

具材はチャーシュー、ルッコラ、スライスレモン。
チャーシューは鶏と豚の2種、低温調理の物でいつも通り美味しいやつ(๑´ڡ`๑)
冷やしなので熱の入り過ぎが気にならないのが良いですね〜
好きな物を最後に取っておくイヤラシイ性格の自分にはピッタリ( ̄▽ ̄)
スライスレモンを箸で突いて潰していきます、爽やかな酸味が広がりさっぱり感がアップしますね。

ズズズと啜って完食、クリーミーなスープも勿論完飲。
ご馳走様をしてお店を後に、後客さんズラリなので早々に撤収します。
昨年頂けなかった冷やしの一杯を確り堪能できました、これは暑い日に良いですねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
さっぱりしていますが、適度に白湯系の重さもあるので満足感は高いと思います。
火曜日限定の更に杯数限定なのでハードルは高いですが、期間限定なのでチャンスがあればまた頂きに来ないとですね。

やはり市原店主のセンスの良さを感じますね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 11件

「冷やし中華(普通)野菜マシマシカラメ以外+味玉+豚+黒烏龍茶」@千里眼の写真8月5日(月)

この日は夏の風物詩を頂きに「千里眼」さんへ伺いました。
仕事終わりに直行して20時15分頃現地到着、コイパ探し開始。
いくつかありますがどこも大体20分200円か30分200円位、22時以降割引が多いですね。
お店の前の通りを東北沢駅方面に少し行った所が30分200円、20時以降60分100円でした。
残念ながら満車なので他に割引料金がある所を探します、うろうろしているとお店の裏手に発見。
駒場公園をグルッと回り込んだ一方通行の通りに20分200円、20時以降60分100円がありました。
こちらはガラガラでしたのでピットイン、200m位でお店に到着です。

外の並びは16人、今年は整理券ではないので接続して待ちます。
やはり学生さんだらけですね、何食わぬ顔して並んでますが、実は浮いてないか気になってたりします(-_-;)
後客さんに自分より年配の方が並ばれました、ここで肩の力が抜けてホッとします(笑)
前にいた学生さんのお友達が2人現れました、まさか代表待ちか⁈と警戒。
すると前にいた学生さんが「一緒に並ぶので先どうぞ」と抜けて一番後ろへ回りました。
いや〜良いですね、こうでなくちゃです、良い大人になりますよきっと←上から( ̄∇ ̄)
割と回転は早く25分位で入店、右にある券売機で食券購入。
冷やし中華(普通)900円をポチッと、味玉100円と追加豚1枚100円、更に黒烏龍茶170円をポチポチポチッと。
暫くその場で待機、待合席に昇格して座ってもう少し待機。
並び始めて35分でカウンター席に到達、食券を提出して待ちます。
店員さんは男性3名、流れるようなオペレーションで次々と作られていますね。
お水は待合席横に給水機がありセルフ、ここにレンゲも置いてあるので使う方は忘れずに。
給水機の下は冷蔵ケースです、ドリンク系は食券提出後にここからセルフで持っていきます。
自分は黒烏龍茶の食券を買ったのでここから取り出して持っていきます。
卓上には一味、カエシ、胡椒、お酢などが置かれています。
やはり冷やし中華の注文が多いですね、ここから少し待ち時間がかかりました。
並び始めてから約50分でコールタイム、コールは座席番号を呼ばれるのでよく確認しておきましょう。
今日はちょっと長めの呪文を唱えます、「野菜マシマシニンニクショウガアブラガリマヨ辛揚げ別皿で〜」
店員さんが復唱します、「野菜マシマシニンニクショウガガリマヨカラメですね?」
するとリーダーっぽい店員さんが「違う違う、野菜マシマシニンニクショウガアブラガリマヨ辛揚げ別皿ですよ」
おぉ、この方後ろ向いて別の事してるのに凄いですね、ちょっと感動しました( ;∀;)カンドーシタ
別皿の追加豚と辛揚げが届き、その後見事に野菜が盛られた一杯が届きました。

撮影して野菜から頂きます。
タレは胡麻ダレ風ですね、野菜の上からもかけられています。
それ以外にガリマヨをコールしましたので、これが野菜にたっぷりとかけられています。
野菜はサラダタイプの生野菜、人参、大根、水菜、胡瓜、ミニトマトなど。
シャキシャキ食感で胡麻ダレとガリマヨのドレッシングでサクサク頂けます。
マシマシでも軽いので全然いけちゃいますね、サラダなので体に良いはずですし(笑)

野菜以外の具材はチャーシュー、ショウガ、ニンニク、追加した味玉と豚、別皿の辛揚げ。
デフォルトで入っているチャーシューは鶏のモモチャーシュー、小さめですが美味いですね。
追加豚は別皿で少量の野菜と一緒に登場、やや小ぶりですが流石の仕上がりで柔らかくめちゃウマ(๑´ڡ`๑)
お金さえ気にならなければ3枚増しにしたい位ですね、宝くじ当たったら大人買いしようっと(笑)

麺は浅草開化楼の極太麺、ややうねりがある物。
確り水で〆られていてやや硬め食感、ギュムギュムと歯応えを感じる麺です。
麺量は普通で250g、タレが確り絡んでいるのでめちゃくちゃ美味いです(^~^♪
因みに少なめで200g、大だと350gです。

ショウガとニンニクを混ぜていきます、ニンニクのパンチとショウガのさっぱり感がプラスされ更にジャンクで堪らない味わいになりました。
別皿の辛揚げも投入、それ程辛くないですね、良い感じの辛味です。
ズボズボ啜って完食、残ったタレも確り頂きました。
ご馳走様をしてお店を後に、流石に1時間では戻ってこれず駐車料金200円、でも200円なら御の字ですねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
今年も美味しい冷やし中華を頂けました、結構軽いのでこれだと大でもいけそうでな気もしますね。
野菜が山盛りなんですが、サラダなのでサクッと入っていきます。
シャキシャキなのでアゴは使いますけどね、麺も確りした噛み応えなので。

また来年も頂ければと思います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「【宴会メニュー限定】冷やしぷるぷる鶏そば(温)煮干スープ付き」@麺処 あす花の写真7月25日(木)

この日はお誘いを頂き「麺処 あす花」さんでのオフ会へ参加させて頂きました。
月に一度の居酒屋営業です、お店自体も初訪問です。
前日から遠足前の小学生の様にドキドキしちゃってます(笑)
仕事をさぼっ...片付けていざ出発、19時の開始時間ギリギリに到着しました。
居酒屋営業ですのでもちろん電車です、なのでコイパデータベースはありませんのであしからず。
ですが、お店の前の通りにパーキングメーターのエリアがあるのを確認。
他は都心部なのでエライ事になりそうなので、車ならパーキングメーター1択でしょうか。
しかし昼間は空いていなさそうですね、夕方以降ならポツポツ空いているかも。
自分としてはそれを確認してちょっとハードル下がりました、お酒は飲めないですが仕事帰りに寄れなくはなさそうです。

入店すると既に皆さんお集まりです、そして目の前には明日香店主の姿が(〃▽〃)
ご挨拶をして会費をお支払い、この日は5000円で飲み放題が付くコース、飲み放題は嬉しいですね。
今回初めてお会いする方もいらして緊張してます、まぁお調子者なので最初だけなんですが(笑)
先ずはビール片手に店内全員で乾杯、うぇーい♡カンパイ☆Yヽ(´∀`)ノ
自己紹介して誰が誰だと分かり始めます、ご一緒の5名中4名の方はRDBのレビュアーさんです。
お二人は以前にもご一緒させて頂きましたが、残るお二人ははじめましてです。
ですがいつも読ませて頂いている大御所レビュアーさんなので、初めてでは無い様な気すらしてきます。
後にお一人で来られた方も顔見知りという事で、計6名での宴になりました。

明日香店主がお一人で厨房を切り盛り、人数分の料理をパパッと手際よく作られていきます。
先ず最初が冷やし茄子、皮むきされた冷やし茄子を生姜や鰹節などの薬味で頂きます。
続いてサーモンと新玉ネギのサラダ、サラダ菜に包んで頂いていきます。
お次は枝豆ペペロンチーノ風、文字通りニンニクと唐辛子の効いた一品、これ結構好きです(๑´ڡ`๑)
更にとうもろこしのかき揚げ、とうもろこしが程よい甘みで美味しいですね。
そして合鴨ロース和風煮、脂が落ちてさっぱりとした感じの合鴨、これはもっと食べたいꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
お酒も進み会話も盛り上がります、話題はもちろんラーメンです。
遂に〆の冷やしぷるぷる鶏そば(温)煮干スープ付きの登場です。

撮影してスープと言うかジュレから頂いてみます。
プルプルの鶏塩ジュレ、口の中で溶けゆく感じがまた良いですね
こんな感じのは頂いたことが無くビックリですね、冷たくて夏にはピッタリ。

麺は確りと〆られた細ストレート麺、店内に書かれている案内によればあさひや製との事。
恥ずかしながらあさひやさんを知りませんでした、どこかで頂いているのかな?
きゅっと締まっていてくちゅりとした食感、たっぷりジュレを纏ってきます。

具材は鶏チャーシュー、味玉、胡瓜、どれも細切りされています。
鶏チャーシューはあっさりで冷やしにピッタリな感じです。
胡瓜は食感良く涼を感じるアイテムですね、味玉も食べやすいサイズ(๑´ㅂ`๑)

そして一緒についてくる温かい煮干スープ、これが予想外の効果を発揮します。
ジュレだけでも美味しく頂けますが、このスープをつけ麺風につけ汁としても可。
これが見事にヒット、これだけで飲んでもじわっと煮干しがやってくる美味しいスープ。
最初に明日香店主に聞いた所、浸けて食べてもそのままでもお好きな様にとの事でした。
やっぱり試してみたくなりますよね、早速潜らせて頂きます。
所謂つけ汁ほど濃くはありません、スープですのでそのままでいける位の塩味。
ですがこれを潜らせるとジュレが溶け出し良い塩梅になります、凄い仕掛けですよね。
なので次第にジュレが濃くなっていき、自然と味が変化していきます。
更に別皿の薬味、大葉、ミョウガ、レモン、わさびを使いながら楽しみます、特にミョウガ良い感じ。
最後は丼にスープを入れて完食完飲、いやぁ美味かった美味かった(^~^♪

調理が漸く終了した明日香店主を囲み更にもうひと盛り上がり、とても楽しい宴でした。
ご馳走様をしてお店を後に、入り口で手を振って見送ってくれる明日香店主はやっぱり可愛らしい( ⸝⸝⸝¯ ¯⸝⸝⸝ )♡
うーん、出会うのが遅すぎましたね、残念無念、心の中で「あばよ!」←柳沢慎吾風
それにしてもお話を聞いていると、頭の中で味のイメージというか計算が出来てしまうんですね。
試作を重ねたりではなく閃きで創作していく料理の一品一品が素晴らしく、〆の一杯も驚くほどの完成度。
噂には聞いていましたが天才なんでしょうね、そのセンスが素晴らしいです。
都心一等地でラーメン店、かわいいだけでは無理ですからね、車も止められそうなのでまたお邪魔しますね。
お声掛け頂きましたmさんTさん、いつもありがとうございます。
馬鹿な事しか話せませんが、懲りずにまた宜しくお願い致します<(_ _*)>

最後にご一緒頂きました皆様、どうもありがとうございました、ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 4件

「【限定】オム冷やし中華」@らあめんCloverの写真限定なので先にレポ上げます。

7月22日(月)

この日は「らあめんClover」さんへ伺いました。
ツイッターでフォロワーさんの写真を見て、思わずこの目で確かめてみたくなり突撃です。
しかし使う道を誤りました、R296は動き鈍いですね...
船橋からだと遠回りでも、R464かR14からR51経由で行った方が早そうですね、かなり時間がかかってしまいました。
20時50分頃現地到着、結局2時間近くかかってしまいました ˘•ω•˘ ).。oஇ
店舗向かって左にある駐車場にピットイン、こちらは建物に入ってるテナントの共用駐車場になります。
ここは縦列駐車で6台分のスペースがあります、縦列駐車になるので場合によっては車の移動をお願いされるかもしれません。
埋まっている、もしくは止め難い時は裏手に30分100円のコインパーキングがあります。

並びは無く即入店、右にある券売機で食券購入。
お目当てのオム冷やし中華1000円をポチっと、空いているカウンター席に着席します。
食券を渡して店内観察、やはりお洒落な感じで雰囲気が良いお店ですねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
店主さんと男性店員さん1名の2名体制、先客さんは5名ほどいらっしゃいます。
この時はいませんでしたが、場所柄外国人観光客の方が多くいらっしゃる様子。
券売機上にも英語表記のメニュー表なども置いてあります、流石成田だなぁという感じですね。
お水は店員さんが用意してくれました、高台にもウォーターポットが置いてあります。
卓上にはお酢や胡椒などが置かれ、箸箱の上にレンゲや楊枝も置いてあります。
ティッシュはカウンター下の棚においてあります、荷物も置けて便利ですね。
厨房では店主さんがチャーシューなどを細かく切って盛り付けています、やっぱりちょっと大変そう。
少しして、ガラスのお皿が涼を演出する可愛らしいインスタ映え映えな一杯が届きました。

撮影してから頂きます。
タレは酸味のある魚介系出汁のタレと、反対にはトマトのピューレ状の物が卵の上から掛けられています。

先ず上のオムの部分をぺろんと捲ります。
すると中には具材が綺麗に整然と並んでいます。
具材は薄焼き卵、チャーシュー、パプリカ、胡瓜、木耳、フライドチップ 天面のカイワレ。
チャーシューは豚と鶏の2種、豚は確り味付けされていて美味しいですね(^~^♪
鶏の方はうっすら味が付いているかいないか位の淡い味付け、蒸し鶏の様な感じです。
パプリカは赤と黄色で鮮やかですね、これに胡瓜も入るので尚鮮やかです。
木耳は細かくなく形のまま、フライドチップはオニオンでは無さそうですね、エシャロットとかでしょうか?
店主さんの「良く崩してから...」の案内の通り、勿体無いですが崩してから頂いていきます。
オムの部分は少し甘めの味付け、冷やし中華だと錦糸卵がありますからね、崩すと違和感ありません。

麺は中細ストレート麺、色白でつるっとした麺肌です。
茹で加減良好で確り水〆してあり、プツっと歯切れ良くコシもあります。
喉越しが良いですね、冷やし中華はつるっとした喉越しが大切ですね(๑´ㅂ`๑)

タレを混ぜずに少しずつ頂いた後に、全体を確り混ぜて頂きます。
爽やかな酸味とトマトの旨味、一般的な冷やし中華っぽい味に近いといえば近いですが独創的な味わい。
卵の甘みとチャーシューの塩味、トマトの酸味と口にする度に色々な味の変化が楽しいですね。
パプリカや胡瓜の食感も良く、見た目でも口に運んでも楽しめます。
これ、女性だったらテンション跳ね上がるんだろうなぁ、隣でキャッキャしてもらいたい(笑)

ちゅるちゅる啜って完食、器はそのままで結構ですとの事、ご馳走様をしてお店を後にします。
女子受け間違い無しのインスタ映えする変り種の冷やし中華、ですがお味は美味しい冷やし中華でした。
情報では7月末位までらしいので興味のある方はお早めに、食べるのが惜しい位可愛らしいですよ。
ちょっとお値段的に張るのと、量的には少し物足りなさはあるものの、ユニークで楽しめました。

偶にはこんな一杯も良いですね、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】ベジ冷やしまぜ麺+味玉+皿ワンタン3個」@麺処ゆきちの写真7月5日(金)

この日は気になる限定を頂きに「麺処ゆきち」さんへ伺いました。
20時20分頃現地到着、一番近いコイパがお店の斜向かいにあります。
近くの河内屋(業務スーパー)提携のコイパで、買い物すると30分無料になります。
一般利用は30分100円、21時以降は60分100円ですのでこちらにピットイン。

入店してご挨拶、空いているカウンター席に着席、口頭注文前払い制です。
お目当てのベジ冷やしまぜ麺750円と味付き玉子100円、更に皿ワンタン3個200円もオーダー。
先にお支払を済ませて待ちます、先払いだと「うっかり食い逃げ」にならずに安心ですね(笑)
この日は倉井店主のワンオペ、先客さんは4名で後客さんも入れ替わりで数名来られました。
お水は卓上にコップと給水ポットがありセルフ、卓上アイテムで揚げ葱が置いてあります。
少しお話をしながら待っていると、女性が喜びそうなカラフルな一杯と皿ワンタンが届きました。

撮影して底に溜まっているスープを一口。
メインの人参スープにラーメンスープを足して作られたタレだそうです、甘酢が少し入っています。
爽やかな酸味で暑い日にピッタリな印象、そこまで強い酸味ではありませんでした。

麺は中細ストレート麺、想像より細めの麺でした。
湯で加減も丁度良く、よく水で〆られているので食感が良い感じで残っています。
麺量は195gあり、量的な物足りなさはありませんね。

具材は鶏むね肉、人参、ベビーリーフ、オニオンピクルス、ミニトマト、トッピングした味付け玉子。
鶏むね肉は結構大きめに、人参は千切りにされていますね。
好みが分かれそうながオニオンピクルス、その名の通り玉葱の酢漬けです。
これ単体だと結構酸っぱいです、勢い良く食べると下手したら咽ます( ;´Д`)
ですが、麺と一緒に絡めて頂くとそこまで刺激は強くないので、良く混ぜて食べるのがベターかと。
オニオンピクルスって初めて頂きましたが、酢漬けにされているので玉葱っぽさは無く、食感としては面白いですね。
未確認ですが、苦手な方は申し出れば抜いてくれると思いますよ。
味付け玉子は確りとしたゼリー状、味も確り染みていて美味しかったです(^~^♪

そして楽しみだった皿ワンタン。
麺友さんから食べなきゃ損だよと教えられ、今回初オーダーしました。
一つ一つが大きめで肉餡が確り入った逸品、皮もトゥルントゥルンで美味いですね(๑´ڡ`๑)
これは今後オーダー必須、かなりお気に入りになりました。
じゅるっと啜ってワンタンモグモグ、あっという間に完食です。
ご馳走様をしてお店を後に、オリジナリティー溢れる冷やしの一杯でした。
野菜の使い方、入れる物のチョイス、オリジナリティ、店主さんのセンスの良さを感じます。
このメニューは3年前に出されていたそうで、今回マイナーチェンジとネーミングをやや変更しての再登場との事です。
冷やしメニューは3週間程度で変更するそうで、このメニューは7月中頃までの予定だそうです。
こちら以外にも先日から初めた、限定の冷やし煮干しそば(塩)770円も気になりますね。
無化調で優しい味わいと、優しい店主さんの人柄、ダブルで優しいですꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

この日も優しさに癒されました、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 4件