なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 84.024点
最終レビュー日 2019年5月23日
287 223 6 2,614
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン(麺硬め油多め)+味付玉子+ライス」@雷家の写真5月11日(土)

自家製麺 麺屋 利八」さんで美味しい豚魚の一杯を頂いた後になります。
せっかく川崎まで来たのでもう一軒、ちょっと移動して「雷家」さんへ。
車で10分とかからないので21時過ぎには到着、コイパ探し開始。
なんですが、ここで結構時間を喰いました。
コイパは至るところにあるのですが、一方通行に阻まれお店に中々近づけません。
挙句の果てにはバイクのおじさんに横付けされて、なにかと思えばここは右折禁止だと教えられ...
「ひゃー、ごめんなさい」と、しきりに謝りまた思いと違う方向へ流されます(゚□゚;)アワワ(;゚□゚)アワワ
どうにかこうにかお店の裏手へ、30分200円を発見してピットイン、正直あまり探せてません…

急いでお店へ向かいます、並んでないので即入店、右手にある券売機で食券購入。
少し悩んでラーメン700円をポチっと、味付玉子100円もポチっと、ライス100円もポチっとな~♪
案内された席に着席、食券を提出して麺硬め油多めでお願いしました。
店員さんは2名、若い方が厨房で年配の方がホールを担当してらっしゃいました。
卓上には給水ポット他、おろし生姜、刻み生姜、おろしニンニク、豆板醤、胡椒、お酢、胡麻、などが置いてあり充実しています。
偶々なのかこの日は店員さんがお水を用意してくれました、給水機は券売機の前にありました。
少ししてライスが届き、程なく黄金に輝く一杯とご対麺致しました。

撮影してスープから頂きます。
もの凄い鶏油の量ですね、はっきり2層に分かれていますが鶏油の厚みが半端じゃないです。
多めコールですが、ここまで多いとは思っていませんでした(๑º ロ º๑)!!
コクありまくり、豚骨も良い感じに出ていて美味いですね、これは中々良い感じ(^~^♪

麺は短めの平打ちストレート麺、少しだけうねりあり。
麺桶は確認しませんでしたが、恐らく酒井製麺の物だと思います。
硬めに茹でられ風味も良く美味しいです。

具材はチャーシュー、板海苔、ほうれん草、刻み葱、トッピングの味付玉子。
チャーシューは柔らかめで美味いですね、チャーシューメンにすれば良かったかも(笑)
海苔は大きめの物が3枚あり贅沢ですね、ほうれん草も確りしています。
味付玉子は固茹でタイプ、味は薄め。

ライスはお新香付き、ニンニクオンザライスにして、海苔巻きやらほうれん草巻きやらで頂きます。
いや~、やっぱり家系はライス必須ですね、鉄板で美味い(๑´ڡ`๑)
ラーメンには刻み生姜を投入、これもさっぱりして良いですね。
ズバズバッと完食、ご飯も掻っ込み完食、油が多いのでスープは流石にお残しです。
ご馳走様をしてお店を後に、お2人とも凄く丁寧なお見送りをして下さいました。
活気あるお店も多い家系ですが、こちらはとても腰の低い丁寧な接客でした。
この辺も好感が持てますね、気持ち良くお店を出てこれました。
かなりの油でしたが、後々potiさんから聞いたところではデフォでも油が多いみたいですね。
ですが意外とさらっとしていて、多くてもくどさが無かったので美味しく頂けました。

こちらは接客も気持ちよかったのでまた伺いたいですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん正油(ヤサイニンニクアブラ生卵)+豚2枚」@僕との麺の写真5月10日(金)

昨日、一昨日とちょっとフラストレーションが溜まっています。
仕事が終わりお肉を欲した為、埼玉方面へ車を走らせます。
先日フラれた「ぶたのジョー」さんへのリベンジも考えましたが、トラウマになってしまいパス。
少し足を伸ばして「僕との麺」さんへ伺ってみました。
20時半頃現地到着、RDB情報だとこちらは駐車場がある様です。
付近を捜すも見当たらず、暫くお店の周りをウロウロ。
しかし中々見つかりません(・ω・。)キョロキョロ(。・ω・)
ツイッターでお店の公式アカウントがあったので確認、場所は畳屋さんの隣だそうです。
店舗向かって左に70mほど行った所に畳屋さんがあります(加瀬畳店、青い看板が目印)
その隣に駐車場があるのですが、向きの違う2台分のスペースがこちらのお店のスペースになります。
やっと見つけて覗いてみると運よく1台分空いていたのでピットイン、徒歩1分でお店に到着。

入店して左にある券売機で食券購入、らーめん(正・塩)800円のボタンをポチっと。
ついでに豚2枚(200g)250円のボタンもポチっとします。
空いているカウンター席に着席、食券を提出し正油でお願いしました。
すると生卵の有無を聞かれました、こちらは生玉子がサービスの様ですね、ありがたくお願いしました。
店員さんは2名、お一人は店主さんでしょうか、ツイッターのアイコンの方かな?
常連さんらしき人と話しているのですが、時折聞こえてくるRBDのワードが気になります(*´-ω・)ナニ?
しかし内容は聞き取れず、何話してるんだろうとソワソワ、ちょっと挙動不審に(笑)
お水は卓上に給水ポットががありセルフ、コップは券売機の所にあります。
卓上アイテムは一味、正油、お酢、胡椒、かえしのボトルなどが置かれています。
そうこうしているとコールタイム、ヤサイニンニクアブラでお願いすると、受け皿に載った一杯が登場致しました。

撮影してスープから頂きます。
スープは非乳化のマイルド系、細かい背脂が浮いています。
最初薄いかなと思いましたが、下層が結構濃いめなので混ぜると良い塩梅に。
中々良い感じの豚感、幅広く受入れられそうな感じですね。

麺はうねりのある太麺、麺肌がつるつるした感じの物。
むっちりゴワゴワっとした食感で、食べ応えがある麺ですね。
入り口のポスターには湘南麻生製麺と書かれていました、自分は初めて知った製麺会社でした。
麺量は普通盛りが200g、以下券売機で大盛り100円を購入すれば1枚で100gづつ増やせる様です。
また券売機に漢盛り700円というボタンがあるのですが、こちらは豚1枚と味玉が付いていて麺が1kgまで自由に増やせるという物みたいです。

具材は豚、茹で野菜、ニンニク、固形のアブラ、サービスの生玉子。
豚は脂身が少なく噛み応えのあるタイプ、大きさが半端じゃなく大きいです!(◎_◎;)
レンゲと比較しても余裕でレンゲが隠れるサイズ、2枚増したので合計3枚。
味付けも悪くなく、これをワイルドにかぶりつきます(´~`)モグモグ
ヤサイはもやしのみか入っていたとしてもほぼもやしのみ、キャベツの記憶は無し。
標高はそれ程でもないですね、安心レベル。
アブラが固形で良いですね、脂身大好きおじさんにはこれが堪りませんꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

ニンニクを混ぜて頂きます。
確りパンチが効いて良いですね、意外とライトなのでニンニクは合いますね。
あまりよく読まなかったのがいけないのですが、こちらでは生姜もコールできるみたいでした。
生姜も良く合いそうなスープなので次回はお願いしたいですね。
また、後から隣に座られた年配の方を見ていて思ったのですが、こちらのヤサイコールはちょっと注意が必要かも。
こちらのヤサイの量は普通で250g、チョイ多めで350g、多めで500g、チョイ増しで750g、増しで1000gが基準の様です。
お隣のおじさまはコール時に「全部チョイマシデ~」と唱えていました。
そして結構なお山の一杯に一瞬面食らった様にも見えました。
その後何事も無い様に食べ始めましたが、もしかしたらチョイ多め位のつもりだったのかもしれませんね。
二郎慣れしていると、ついついマシやマシマシで言ってしまうので気をつけないと(笑)
横目で見ながら難なく完食、ご馳走様をしておみせを後に。
麺がつるつるなのがちょっと嗜好から外れましたが、中々美味しいインスパ系でした。
こちらはお店のアプリがあるみたいで来店するたびポイントが付く様ですね。
遠いので頻繁には伺えないと思いますが、一応インストールしてみました。
二毛作営業や限定などもあるようですから、そちらも気になります。
店主さんも優しい感じでしたので近くに寄った際は顔を出してみたいですね。

常連さんとのRDB話と隣のおじさんが撃沈しなかったかが今でも気になっています、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件
77

「らぁめん味玉付き」@麺座風水の写真5月8日(水)

この日は仕事が少し早めに終わったので、ちょっと足を伸ばして「ぶたのジョー」さんへ向かってみました。
目の前のコイパが前払い制の12時間600円という、ラーメンを食べるだけでは釣り合わないコイパだったのでスルー。
裏手に回り探していると、ちょっと離れた所に60分200円を見つけてピットイン。
意気揚々とお店に向かい、角を曲がって並びを確認、でもなんだか違和感。
店舗前の自販機で黒ウーロンを買おうと近づき、チラッと目をやるとなんと準備中の看板が...
さっきまで灯っていた照明も消えてます、20時過ぎでまさかのアウト、オーマイガー( ̄Д ̄;)
心はどしゃ降りで地獄に落とされていますが、並びの方々に悟られたくないと変な意地が発動。
黒ウーロンではなく普段飲まない炭酸飲料を片手に、ぐるーと歩いて戻ります( ̄^ ̄)
しかし60分200円のコイパに入れたばかり、このまま出るのも癪に障るのでRDBで近くのラーメン店を検索。
歩いていける距離に「麺座風水」さんがありました。
全く知らなかったお店ですが、これも何かの縁だと思いお店に向かいます。

20時25分店舗到着、自動ドアが故障しているのか取っ手が付いているので手動で開けます。
「いらっしゃい」の声が聞こえません、店員さんも見当たりません。
「まぁいいか」と左側にある券売機で食券購入、テンキーでメニュー番号を入力する珍しいタイプの券売機です。
券売機隣に貼り出してあるメニュー表とにらめっこ、らぁめん味玉付き(普通サイズ)750円をチョイス。
テンキーの1と2のボタンを順に押して発券終了、空いているカウンター席に着席します。
カウンター内には店主さんと思われる方がお一人、食券を提出すると「どうぞ」とお水を出してくれました。
茹で用のお湯を沸かしているので少し時間がかかるとの事でしたが了承、辺りを見ながら待ちます。
先客は4名、角のテーブル席の一組のみ、こちらは遅くまで営業されている様なので遅い時間の方が混みそうですね。
厨房内には数々のフィギアが飾ってあり、店内には漫画本がかなりの数置いてあります。
店主さんの趣味なのでしょうか、漫画は相当数あるので長居する方もいらっしゃるのでしょうね。
ちょっと置くへ引っ込んだ形の厨房で、入り口からは見えない構造の様ですね。
恐らく入店されたのが奥にいると見えないのでしょう、後客さんが入店しても「いらっしゃい」は無かったです。
卓上にはコップと給水ポット、アイテムは胡椒や一味、醤油、お酢などが置かれています。
高台に自家製ラー油の様な瓶がありましたが蓋がありません、激混みの回転が良いお店なら良いのですが蓋はあった方が良いと思います(^^;)
コップが卓上にあるので忙しい時はセルフの様ですね、手すきなのでサービスしてくれたみたいです。
暫く待っていると、店主さんがわざわざ厨房から出てきて配膳してくれました。

撮影してスープから頂きます。
少し軽めな豚骨醤油ですね、豚骨の匂いが強めに感じました。
匂いは強いのですが、旨味がやや物足りない印象、バランスの問題でしょうか。

麺はシルキーな中太ストレート麺、ややうねりがあるタイプです。
看板にも書いてあるので自家製麺の様ですね、茹で加減は少し硬め。
むちっとした食感で風味も感じられ、中々美味しい麺でした(^~^♪

具材はチャーシュー、ほうれん草、海苔、メンマ、味玉、刻み葱。
チャーシューは小ぶりでやや脂身が多いですが、脂身が好きな自分には問題無し。
味付けも良く柔らかく、結構美味しく頂けました(๑´ڡ`๑)
メンマはほうれん草はちょっと細かくバラバラなのが残念、メンマはコリコリ食感。
味玉は半分に切られた物で白身の一部まで半熟な物、味付も良く半熟好きなので美味しく頂きました。

ズルズル啜って完食、ご馳走様をしてお店を後に。
帰りは確り「ありがとうございました」がありましたので、決して愛想が無いわけじゃないですね。
ただこの自動ドアは直した方が良いですね、正直重いので年配の方にはきついかな(;´д`)
後で前レポ読んでいたら2015年の時点ではもう壊れていた様なので...
もしかしたら修理して最近また壊れたのかも知れませんけどね。

コイパ代が無駄にならなくて良かったです、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らーめん」@らーめん弁慶 堀切店の写真5月4日(土)

よかろうもん」さんでクサクサウマ~な一杯を頂いた後になります。
世間は怒涛の10連休、ですが貧乏暇無しでこの日は仕事。
但し翌日から2連休なので連食しちゃいます、2連休で喜べちゃいます自分(笑)
なんとなく一軒目の余韻で懐かしさを求めて「らーめん弁慶 堀切店」さんへ伺いました。
今でも好きで偶に食べますが、自分の中で背脂チャッチャと言えばこちらですね。
21時過ぎに到着、お店の並びにコイパが有り20時以降60分100円、そのままこちらへピットイン。

お店に着くと外待ち3人、相変わらず外待ちが出来るんですね、なんだか嬉しいです。
こちらは食券先買いになるので一度入店、正面左の扉から入ります。
入店して左側にある券売機で食券購入、味玉らーめん850円をポチっと。
店員さんに食券を渡して再度外へ出て並びます。
少し待って店内へ、前のおじさんが角の席が嫌だと言うので先に入店させてもらいましたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
店員さんは3名、入店時に店員さんがおしぼりをくれました。
コップと給水ポットは高台に置いてありセルフ、卓上にはニンニク、豆板醤、胡椒、ラー油、お酢などが置かれています。
暫く待っていると、東南アジア系のかわいい店員さんが背脂たっぷりの一杯を持ってきてくれました。

撮影してスープから頂きます。
豚骨ベースのチャッチャ系、背脂は普通でも結構浮いています。
やや高めの塩味に背脂の甘み、豚骨臭さは無くレンゲが自然と動きます。

麺は浅草開化楼製の中太微ウェーブ麺、もちもちした食感。
茹で加減も少し硬めで良いですね。
背脂を連れて口内に入ってくるのが堪りません(๑´ڡ`๑)

具材はチャーシュー、茹でもやし、メンマ、味玉、刻み葱。
チャーシューはお決まりのペラチャー、食べ応えは無いですがとろける食感。
もやしはシャキクタくらいの茹で加減、量はそこそこ入っています。
メンマはシナコリ食感、味玉は少し固めな仕上がりでかなりショッパめな味付け。
刻み葱はふんだんに載ってますね、この葱が背脂には合っていて良いんですよね。

ニンニク投入、パンチを増して良い感じに、ズバズバ食べ進めます。
ふと一番奥に座っていた、角っこが嫌いなおじさんに目をやると大量にニンニクを投入しています
1匙2匙3匙...おいおいスゲーな( ̄▽ ̄;)
気を取り直して一気に啜り完食、ご馳走様をして店舗向かって右の扉から退出します。
安定の美味さでした、相変わらず床がヌルヌルしていて滑りそうで怖かったですが
現在本店は「らーめん弁慶 浅草本店」さんでこちらは堀切店になってますが、元はここが創業の地なんですよね。
その前は確か屋台だった様な、それからここに店を出してブームが訪れたんでしたっけ。
あまりにも行列が出来るので、警察から支店を出してお客さんを分散したらと提案されたとか(笑)
自分も若い頃はラーメンといったらこちらのイメージが強いですね。
今ではここ堀切にも美味しいラーメン店が増えましたが、変わらず人気があるようで嬉しかったです。

いつまでも変わらず頑張って下さい、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「大らーめん(ヤサイニンニクアブラ)+チャーシュー2枚」@豪麺MARUKOの写真5月2日(木)

世間的には祝日の様ですが、この日も残念ながらお仕事ででした。
仕事が終わり車に乗り込み走らせているとなにやら足回りから違和感が...
直ぐに自動車修理工の友人に連絡、運良く工場が開いているとの事ですぐさま向かいます。
結局タイヤ内部のワイヤーが損傷(セパレーションと言うらしいです)していてバースト寸前でした。
倉庫に有ったスタッドレスタイヤに履き替えさせてもらいました、そろそろ買い替えも検討しなくては...
しかし持つべきものは友ですね、「いーよ、これ履いて帰れ、金は要らないから」で終わりです。
中古車販売もしているので探してもらう事にして工場を後にします。
実家が近いので顔を出し、その後近くの未訪店「豪麺MARUKO」さんへ伺いました。
先ずコイパ、近隣は駅前なので沢山有ります。
お店と同じ区画のタイムズが20分100円でしたのでそちらにピットイン。

21時半に店舗到着、入店して右にある券売機で食券購入。
麺量が小だと200g、大で300gと書いてあったので大らーめん780円をポチっと。
チャーシュー2枚120円もポチっと、1枚60円は安いですねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
カウンター席に座り食券提出、すると麺の太さと量を聞かれました。
聞くと100gまで無料で麺増しができ、細麺か太麺が選べるとの事でした。
太麺、300gで注文し、先コールなのでニンニクヤサイアブラでお願いしました。
店員さんは2名、お水は券売機横に給水機がありセルフになります。
先客さんは8名、結構入っていますね、卓上にはホワイトペッパー、ブラックペッパー、一味など。
少し冷静になって考えてみます、100g麺増しが出来るなら小の麺増しと大のデフォルト、これ麺量同じ⁈
値段の違いはなんでしょう、単純に損しているのかそれともチャーシューの量が違うのか?
わかりませんがとりあえず大人しく待っていると、普段見る物より一回り大きな器の一杯が届きました。

撮影してスープから頂きます。
比較的乳化の進んだ微乳化スープ、トロッとた口当たりです。
少しカエシが弱い印象、豚感は良い感じですね。

麺はゴワゴワの極太縮れ麺、茹で加減硬め。
硬めも好きな自分には問題無いですが、この麺は好み分かれそうですね。
麺量は300gですが、太いせいかそれ程多く感じません。
小麦粉の袋が奥に見えたので自家製麺の様ですね。

具材はチャーシュー、茹で野菜、ニンニク。
チャーシューはスープに沈めて温めてから頂きます、4枚あるので大だとデフォで2枚なのでしょうか。
柔らかな部分と噛み締める部分とが合わさって、良い感じの仕上がりですね(๑´ڡ`๑)
豚とか肉とかの表記じゃなくチャーシューと表記してある所に好感が持てますね、騙された感が無いです(笑)
野菜はキャベツともやしでシャキシャキな茹で加減。
キャベツも結構入っています、アブラのドレッシングで頂きます。

ニンニク混ぜて食べ進めます、野菜の水分でやや薄かったスープが良い感じになりますね。
しかし野菜が減りません、マシマシじゃないんですけどね、中々減らない(´・ω・`;)
これ大らーめんだと野菜も多いんですかね、大きな器の底の方は野菜ギッシリです。
少し時間かかりましたが完食です、ご馳走様をしてお店を後に。
大にしたせいか野菜たっぷりな一杯でした、中々美味しいインスパだと思います。
やはり麺が特徴的ですね、まさに豪麺といった感じでした。

他にメニューも豊富そうなので機会があれば狙ってみたいと思います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン+味付玉子」@ラーメンショップ 牛久結束店の写真4月28日(日)

この日は車のオイル交換などの為、友人の営む修理工場へ伺いました。
作業が終わり、ぶらっと散歩がてらに牛久浄苑へと向かう事に。
日本一の高さを誇る大仏さんを拝み、その後暫く苑内を散策。
その大きさに圧倒されますね、真下から見るととんでもなくデカイΣ( ̄[] ̄;)!ホエー!!
大仏さんを十分堪能した後、牛久と言えばという事でもう一つの日本一へ。

17時半頃到着、店舗脇に広い駐車スペースがありますのでピットイン。
お店に向かうと入り口が2箇所あります、自分は正面に回りました。
入店して左側の券売機で食券購入、流石日本一との呼び声が高いラーショ、券売機が2台あります。
ネギラーメン620円をポチっと、ビックリ価格なので味付玉子60円もポチっと。
ここで券売機の太麺のボタンを押すと太麺に変更できるみたいです。
今回は初めてなので全てそのままのノーコールにしてみました。
近くに居た店員さんが食券回収、「空いている席へどうぞ」と言われたのでカウンター席に着席します。
店員さんは店主さんと思われるご年配の方と若い男性店員、それとおば…お姉さまが2名の計4名体制。
こんな時間でも大盛況、お昼時や夜は並ぶんでしょうね。
お水は券売機側に一箇所とカウンター席角に一箇所ありセルフ、卓上には胡椒、ニンニク、豆板醤、酢、ラー油、醤油などが置いてあります。
厨房の様子を見ていると、日々相当数の来客があるんだなぁと思わせるような熟練されたオペレーション。
チャーシューをトレーから滑らせるように流し込みむ姿など、無駄が無く思わず見惚れてしまいます。
回転は速く、あっという間に平べったい器に盛られた、日本一の一杯が目の前に届きました。

撮影してスープから頂きます。
これぞラーショ的な豚骨醤油、適度な量の背脂も良いですね。
カエシのキレも良く美味しいですね(๑´ڡ`๑)

麺は中細の微ウェーブ麺、ややもっちりとした食感。
少しや柔めな茹で加減ですが、これも中々良い感じですね。

具材チャーシュー、海苔、ワカメ、メンマ、ネギ、トッピングの味付玉子。
チャーシューはほぐしてあるタイプ、スープが絡みメチャウマですね( ̄¬ ̄)
やっぱり葱が良いですね、この味付が堪りません、ライスに載せて食べても良いですね。
ワカメやメンマは極少量、味付玉子は半分にカットされた物で中心が少しゼリー状な仕上がり。
海苔は大きな物が3枚、これは嬉しいですね、麺を巻いて頂きました。

途中で卓上のニンニクを投入、やっぱり合いますねニンニクが。
ズバッと啜ってあっという間に完食、ご馳走様をしてお店を後にします。
外には既に並びが出来て今した、やはり人気なんですね。
コスパがめちゃくちゃ高く、しかもこの味わいならその人気にも納得ですね。
たかがラーショ、されどラーショ、ラーショはお店毎に全く違うので奥が深いですね。
コスパ、回転速度、味、どれを取っても満足な1杯でした。

今度は評判の良い太麺で頂いてみたいと思います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン(ヤサイマシマシニンニク少なめアブラ)」@ラーメン二郎 京急川崎店の写真4月26日(金)

平成最後の二郎の日。
平成最後だろうが二郎の日だろうが何かが変わるわけじゃありません。
ただのきっかけ、いや言い訳かな?
兎に角二郎が喰いたいだけです(笑)
車を走らせ「ラーメン二郎 品川店」さんへ向かうも凄い行列!(◎_◎;)
平成最後の二郎の日効果なのかは分かりませんが、40人は並んでそうでした。
小雨も降っていてこの並びは厳しそう、しかも寒の戻りで肌寒く、その上車なので結構薄着(´-ω-` )
諦め再度車を走らせて「ラーメン二郎 京急川崎店」さんまで足を伸ばしてみました。
21時頃現地到着、コイパは幾つかありましたが、店舗前面道路を挟んだ向かいのコイパが20分100円です。
こちらにピットインしてお店に向かいます。

店舗に着くと外並び無し、店内背後霊が3名程、先ほどとは全く違います。
二郎の日は関係ないのでしょうか、兎に角ラッキーでした。
店舗前に自販機があったので気休めの黒ウーロン茶を購入。
入り口に立つと店主さんがこちらを見てにっこりと微笑みながら「中でどうぞ」と声を掛けてくれました。
入店して背後霊になります、その際麺の量を大か小か聞かれました。
小と答えて待っていると、直ぐに先頭になり角にある券売機でプラチケ購入。
豚は終わっていたので小ラーメン730円をポチっと。
直ぐに席が空き着席、高台にプラチケを提出します。
店主さんと助手さんの2名体制、後客はさんがぞろぞろ来店され始めました、超ラッキーだった様です。
お水はカウンターの角に給水機がありセルフ、卓上には胡椒、一味、七味、カラメボトルなど。
こちらは麺硬めの対応不可の様ですね。
直ぐにコールタイム、ヤサイマシマシニンニク少なめアブラでお願いしました。
並びが無かったおかげもあり超高速でのご対麺、店舗到着より僅か6分の驚異的速度です(@_@)

撮影してスープから頂きます。
非乳化シャバ系のスープ、カエシ若干薄めでしょうか。
ヤサイをマシマシにした事も関係してますね、カラメボトルでやや調整させて頂きました。

麺は二郎にしては細めの中太ストレート麺、少しだけうねりがありますね。
茹で加減は結構柔らかめ、麺が細いのでスルスル入っていきますね。

具材は豚、茹で野菜、ニンニク、固形の脂。
豚は野菜に隠れていました、小ぶりですが端豚が入っていて3切れ、なんとなくラッキーですねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
ホロホロで中々美味しいですね、特に端豚は美味しく感じました(๑´ڡ`๑)
野菜はほぼもやしかと思いましたが、結構キャベツが入っていました。
茹で加減は結構固めでシャッキリ食感、マシマシですがそこまでのボリュームは無いですね。
ややとろけた固形脂を野菜と一緒に頂きました。

途中からニンニクを混ぜて頂いていきます。
スープが少し弱めなのでニンニクがかなり機能してくれます、多めに入れても良かったかな。
スルっと完食、麺が細いからかあっという間に食べ終わりました。
高台に丼を上げてテーブル拭き拭き、助手さんから「お手数おかけ致します」と丁寧にご返事頂きました。
ご馳走様をしてお店を後に、こちらは店内一方通行で帰りは厨房脇の裏口から退店する様です。
前の方に倣って裏口より退店、駐車料金200円、時間的には30分以内で戻って来れました。
回転良いですね、オペレーションがスムーズでした。
誰が名付けたか「微笑み二郎」を確り堪能してきました、本当に優しい接客でありがたいですね。
帰り際に忘れず微笑み返しをしておきました、因みにスーちゃん派、だいぶお姉さんですが(笑)
接客は二郎に怖いイメージを持った方にはピッタリ、こちらに来れば目から鱗が流れ出しますよ。

平成最後の二郎と最強の微笑みを堪能できました、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚豚骨ラーメン(醤油)+炙りチャーシュ(3枚増し)+ライス」@麺屋 武士道 船橋店の写真4月25日(木)

とものもと」さんからの連食になります。
先日オープンした「神豚」さんへ続けて伺うも無念にタイムアウト(´-ω-` )
20時までなんですね、会社を早く出て直行しないと間に合いませんね…
もう家も近いのですが、連食する気満々だったのでお腹が許してくれません。
唇を噛み締めぐるっと大きく円を描く様に船橋まで戻ります。
途中で未レポだった「麺屋 武士道 船橋店」へ伺う事にしてみました。

併設された駐車場にピットイン、21時過ぎに到着です。
入店して案内されたカウンター席に着席、口頭注文後会計です。
メニューとにらめっこ、無難にデフォっぽい濃厚豚骨ラーメン630円を注文します。
醤油か塩を聞かれましたので醤油でお願いします。
こちらでは麺を中太麺か細麺から選べるので中太麺で、茹で加減硬め、味の濃さ普通、油の量多めでお願いしました。
ついでに炙りチャーシュー(3枚増し)250円とライス100円も注文、ちょっとやけ食いです(笑)
先客多数、駐車場がほぼ埋まる程の繁盛ぶり、店員さんは6名前後いそうですね。
お水は高台にコップがありセルフ、高台には割りスープも置いてあります。
卓上には給水ポット以外ににんにく、豆板醤、しょうが、青かっぱなどなど。
看板には濃厚豚骨ラーメン専門店と書いてありますが、所謂家系ラーメンですね。
但しメニューのラインナップには他のメニューもあります。
場所柄、幹線道路沿いなのでひっきりなしにお客さんが入って来ます。
少ししてライスが届き、直ぐにラーメンが届きました。

撮影してスープから頂きます。
クリーミータイプの家系スープですね、ややマイルドな感じ。
キレキレタイプでは無いですが、この感じも嫌いでは無いですね。

麺は中太のストレート麺。
指定通りやや硬めの茹で加減で良いですね。

具材はチャーシュー、海苔、ほうれん草、なると、刻み葱。
チャーシューは追加トッピングと合わせて4枚、片面に炙りが入っています。
カリカリに炙られていて香ばしいですね、ちょっとパサつき気味なのが残念。
海苔は3枚、ライスに巻いて頂きました。
なるとが何故か2枚入っていました、本来は1枚なのかな?
ほうれん草とチャーシューをライスに載せてチャーシュー丼で頂きました。

ライスを完食、こちらはライスおかわり無料、ライスバーになってます。
ライスをおかわり、こちらは卓上アイテム「武士の素」をかけて頂きます。
武士の素は鶏挽肉に豆板醤やニンニク、ごま油などでできています。
これがライスによく合いますね、あっという間にライス完食。
最後にニンニクと生姜をラーメンに入れてこちらも完食です(๑´ڡ`๑)

ご馳走様をしてレジにてお会計、合計金額1058円也。
忘れてました外税の様です、計算狂って1000円オーバー(;ω;)
まぁ、ライス二杯とチャーシュー追加なので納得ですね、確りお支払いします。
場所が良いので常に混んでいますね。
前面道路は車の往来が激しいので駐車場から出る時は注意が必要です。

今度は税金分の計算を間違わない様にします、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「富士丸ラーメン(ちょいヤサイニンニク)+油増し」@ラーメン富士丸 西新井大師店の写真4月19日(金)

この日は麺友さんと以前から月内に行こうと約束していた「ラーメン富士丸 西新井大師店」さんへ伺いました。
マサさんこと木村政美店長が、平成最後の4月30日をもって店長業務を終了するとのツイートを受け、麺友さんと必ず顔を出そうと約束をしていました。
麺友さんと合流して出発、20時30分頃現地到着です。
先ずコイパ、お店に近い所は60分300円で最大料金500円です。
マルジあるあるで1時間では戻って来れない可能性があるので別の所へ行きます。
穴場は交番直ぐそばのコイパ、環七より大師側へ一本入った道にあるナビパーク。
20時までが20分200円と高いですが、20時以降は60分100円、但し2台しか止められません。
その直ぐ近くにも22時まで40分200円、22時以降60分100円があります。
運良く2台分のうち1台のスペースを確保、日頃の行いですね、もちろん僕の(笑)

小雨の振る中足早に店舗に向かいます、店舗裏の出口の所で別の麺友さん達と遭遇。
皆さんやはりマサ店長の事を聞きつけての訪問の様子、この方達はかなり遠くの外房からいらしてます。
「麺少な目って言ったのに~」と嬉しそう、マサ店長の愛情ですね(笑)
正面に回ると交差点角付近までの行列、人数はおおよそ20~30の間くらいでしょうか。
食券先買いなので一度入店して食券購入、入って右に券売機があります。
メニュー名が他の富士丸2店舗と一緒になりましたね、理由は不明ですがこちらだけ違っていたのが統一されています。
富士丸ラーメン850円をポチっと、油増し30円もポチっと。
列に戻り暫く待機、途中で助手さんが食券確認に来られ麺量の確認、減らさず普通でお願いします。
かれこれ50分くらい待って入店、カウンター席に座りマサ店長にご挨拶。
お水は店舗奥の方に給水器がありセルフ、入り口側には自販機があり黒ウーロン茶が購入できます。
お店の真ん中くらいにおしぼりがあります、マルジはおしぼり必須ですから忘れずに。
因みに使用済みのおしぼりもこちらに回収です、高台には置いていかぬ様注意して下さい。
いつもと変わらないマサ店長ですが、こちらで見られなくなってしまうのは寂しいですね。
豪快にバサっとヤサイを一握り、お次はニンニク一握り。
「ニンニク少なめで」「はーい、少な目ね」....バサッ、絶対少なくなってないよなあれは(笑)
いつもニコニコでオペされているマサ店長、帰りのお客さんに気持ちよくお見送りするマサ店長。
やっぱり良いなぁこの感じ。
少ししてコールタイム、ちょいヤサイニンニクでお願いしました。
別皿の油増しが届き、その後マサ店長からザ・マルジなひたひたスープの一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
カツーンとカエシが効いたマルジテイスト、美味いです。
豚感確りで行列必死なのも納得な非乳化シャバ系スープ。
この日はかなり良い感じの仕上がりでした。
変わらない事を願いたいですね、この感じ堪らない(๑´ڡ`๑)

麺は富士丸特製の自家製麺、ゴワゴワ食感の太ウェーブ麺。
スープを吸った感じがまた堪らないんですよね、小麦感も良い感じです。
端っこが切れずに輪になったものなんかもあって、食感が面白いんですよねこの麺ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

具材は豚、茹でヤサイ、半茹で玉子、ニンニク、凄いプルプルのアブラ。
豚はややほぐれた感じの柔らかい物が幾つか入っていました。
飲めるレベルの豚ですね、何個と言う感じじゃない柔らかで崩れた豚、美味い(*´Д`*)
ヤサイは富士丸らしい超クタクタヤサイ、もやしとキャベツに味が滲みていてめちゃ美味いです。
固茹で玉子もスープを吸わせて頂きます、アブラはこの時間に絶対食べちゃいけないレベルの奴です(笑)

ニンニク混ぜて頂きます。
堪んないっすね、超ヘビー級なパンチ力です(*´-`)ハァー・・・
ため息が出ちゃいます、この日はスープの出来が良く、ニンニクで一気に美味さに加速が付きました。
別皿の油に潜らせて頂きます、あーヤバイ、あー太る、でも止められない…
するする啜って完食です、固形のアブラも残さず掬いました。

ご馳走様をしてお店を後に、マサ店長の「また直ぐ会えるよ」の言葉が刺さります。
麺友さんと2人で「どこかで会えるのかなぁ」と色々思いを巡らせ車に乗り込み帰路へ。
この味も魅力ですが、マサ店長のファンが多いのも事実。
あと数日ですね、マサさんお疲れ様でした、この日は特に美味しかったです<(_ _*)>

この味を継承してくれる事を切に願います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 3件

「つけ麺 醤油豚一切れ温玉付き(ニンニク少しネギラー油)」@ちばからの写真4月17日(水)

この日ツイッターのタイムラインで心が揺れました、フォロワーさんの飯テロです。
昼間の休憩時間からどうしても行きたくなり、仕事終わりに「ちばから」さんへ突撃です。
20時15分頃到着、裏手にある駐車場の赤いカラーコーンの所へピットイン。
カラーコーンの所がちばからさんのスペースになります。
決められた駐車位置以外には止めないよう注意して下さい、またコンビニなどにも止めないようお願いします。

車から降りて足早に正面へ回り込みます、が、が、が、なんと角を曲がった瞬間に物凄い行列Σ( ̄[] ̄;)!ホエー!!
一瞬現実逃避したかったのか、何故か回れ右してもう一度角から覗きます|ω・`)チラッ
やっぱり凄い行列、目算で40名位...
2度見しても状況に変わりはありませんでした、心が折れそうですチ───(´-ω-`)───ン
この日麺友さんは「ラーメン二郎 中山駅前店」向かっていました、多分ちばから混んでるよと。
見事に予想的中ですね、しかしここまで来たからには気合で並びます。
40名ほどの並びに接続して待ちます、その時麺友さんはまだ中山へ向かっている最中。
ツイッターでぼやきながら待ってると、20時35分頃麺友さんが中山到着。
外待ち6名、背後霊8名程らしいです、これは完全に抜かれますね(T ^ T)
後ろに7名並んだ所で終了の案内、20時47分、いつもより早いですね危なかった(´ー`A;)
麺友さんが食べ終わった頃にベンチ到達、黒ウーロン茶を購入して待ちます。
前の方がプラチケを購入され出てきたので自分も一度入店、店内右奥の券売機でプラチケ購入。
フォロワーさんのツイートで見て食べようと決めていた、未食のつけ麺(醤油 豚一切れ 温玉付き)920円をポチっと。
再度ベンチに戻り待機、このあたりで1時間くらい。
列が進みいよいよ入店、中待合席をへて21時30分頃カウンター席に着席
大将と奥様、助手さんの2名の計4名体制、この人数のお客さん相手に朝からご苦労様です。
お水は入り口近くに給水器がありセルフ、卓上には胡椒や一味が置いてあります。
ツイッターを見ていると、どうやらフォロワーさんが自分の後ろに並んでる様です。
しかしお顔を見たことが無いのでどなたか分かりません、そわそわきょろきょろキョドってる僕(笑)
21時48分、待ちに待ったコールタイム、ニンニク少しネギラー油でお願いしました。

撮影してつけ汁ぺろり、ラーメン同様こちらも確り乳化したトロトロのつけ汁ですね。
つけ汁にはコールでお願いしたニンニク、ネギ、ラー油が入っています。

麺の皿には具材の豚と温玉、茹で野菜が載っています。
麺は平打ちの太ストレート麺、つけ麺用の麺はラーメンの物より更に平たく打ってありますね。
色白でもちっとした食感の自家製麺、確り水切りされています。

つけ汁に潜らせて頂きます、粘度あるつけ汁が確り纏わりついてきて美味いですね。
ラー油が良い感じです、ネギも確り機能していて堪らないですね。
豚はいつも通りの神豚、なんでいつもこんなに美味しく作れるんでしょうかね?
厚みもあり大きさも申し分ない、柔らかでとにかく美味い(*´﹃`*)
野菜はもやしとキャベツ、少しクタ位の茹で加減です。
温玉を崩して頂いていきます、黄身が絡んで良いですね。
ズバズバ啜って完食、つけ汁はスープ割せずにそのまま頂いちゃいました。

ご馳走様をして、大将と途中でお顔が判明したフォロワーさんにご挨拶してお店を後に。
到着から約2時間、普通のお店ならテンションだだ下がりですが、この日も幸せいっぱいの帰り道。
脳内がやられるんですかね、暫くハッピータイムが続きます(´∀`)
ラーメンは勿論ですが、つけ麺もまた美味しかったです。
やっぱりこのド乳化は唯一無二、ここでしか食べられないですね。

この日もめちゃくちゃ美味しかったです、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 5件