なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

がく

男性 - 千葉県 (1974年生まれ)

千葉を中心にかるーく食べ歩いてます。ちょこちょこ食べ歩いていましたが、写真を見ても思い出せなくなり備忘録を兼ねてレビュー残していく事にしました。バカ舌なので細かい事は分かりません、基本なんでも美味いと呟きます。皆さんのレビューを参考に、各店巡りをさせて頂いております。

平均点 84.025点
最終レビュー日 2019年5月21日
285 221 6 2,573
レビュー 店舗 スキ いいね

「特らぁめん」@自家製麺 麺屋 利八の写真5月11日(土)

仕事が終わりちょっと遠出、川崎まで足を伸ばしました。
向かうは「自家製麺 麺屋 利八」さん、国道15号をひたすら進みます。
20時20分頃現地到着、先ずはコイパ探しから。
駅近くなので結構あります、が故に料金もまちまち。
いちばん近くて安かったのが、お店の裏にあるタイムズで8時~20時が25分200円、20時以降が60分100円。
しかし残念ながら満車、なのでその向かいのコイパにピットイン、8時~24時が15分100円です。

お店に向かい入店、空いているカウンター席に着席、口頭注文後会計です。
メニューとにらめっこして特らぁめん1000円を注文、店内を観察して待ちます。
厨房は店主さんのワンオペ、目の前にそびえる高台が視界を遮り店主さんの手元が見えないのが残念(´-ω-`)
先客さんは2名、お水は入り口の所に給水器がありセルフ。
卓上には給水ポットや一味が置いてあり、メニューと一緒にうちわが置いてありました。
夏場はかなり蒸すのでしょうか、この日も入り口は開けっ放しでしたがちょっと蒸しますね。
店内には官僚さんのサインなどが飾られていますね、これだけで美味しそうに感じてしまうミーハーな自分σ(^_^;)
椅子が高いので足がつかずにプランプランさせながら暫く待ちます、決して短足だからでは...
結構待って、高台より器の色彩が目を引く一杯が届けられました。

撮影してスープから頂きます。
所謂豚魚になるんでしょうか、どっしりとした豚骨の旨味に魚介がグッと来る感じ。
見た目は濃厚そうなのですが、思ったよりさらりとしていてグイグイ飲んでしまうスープですね。

麺は自家製太ストレート麺、茹で加減チョイ硬めで良い感じです。
つるつるモッチリとした食感と喉越しで、太くて噛み応えもあり存在感の大きい麺です。
麺量は200gとの記載がありました、量的にも食べ応えがあり美味しい麺でした。

具材はチャーシュー、メンマ、味玉、板海苔、水菜、刻み葱。
チャーシューは全部で3枚、炙ってある様で少し焼目がついていて香ばしいです。
噛み締めると旨味がぎゅっと出てくるタイプ、この噛み締めるタイプも美味いですね(´~`)モグモグ
メンマは極太材木メンマ、ポリコリっとした物とシュナシュナっとした柔らかい物が混在。
味玉はガングロですが、それ程濃くない味付、少し黄身が流れ出るゼリー状で美味いですね。
海苔も3枚あり嬉しいですね、水菜がしゃきしゃきで食感を楽しめました。

ズバズバ啜って完食、スープも美味しいので完飲です。
カウンター越しにお会計、またまたちょっと危なかったです(;´Д`A
こちらは伝票も無しでレジも無いので注意しないとやらかします、皆さん食い逃げにご注意を(笑)
ご馳走様をしてお店を後に、中々美味しい一杯でした。
少し提供時間がかかりました、太麺なので茹で時間が結構かかるのでしょうね。
なんとかコイパも200円で済みましたが、ちょっと混んでいると30分じゃ危ないかもしれませんね。

次回は気になった限定メニューも頂いてみたいですね、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「渡り蟹の濃厚つけ麺(特製バージョン)」@大勝軒てつの写真5月7日(火)

この日はツイッターで知った「大勝軒てつ」さんの限定つけ麺を頂きに伺いました。
一昨日にも提供していたのですが、三鷹遠征で3軒連食したので諦めました。
しかしこの日のお昼頃にツイッターを見ていたら、この日も限定で30食ほど提供するとの事。
残っているかどうか分かりませんが、仕事が終わって急いで向かう事にしました。
20時頃到着、店舗前面の広い駐車場にピットイン。

入店して正面にある券売機で食券購入、残ってましたよ〜ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
渡り蟹の濃厚つけ麺1000円をポチっと。
直ぐにカウンター席に案内され着席します、お水は店員さんが用意してくれていました。
実はこの日もう一つの目的が、先日ちょっとしたオペレーションミスがあり、その件で店長さんとお話したいなと思ってたんです。
その時のレポはこちら→ https://ramendb.supleks.jp/review/1220167.html
しかし残念ながらこの日は店長さんがご不在、なので代わりの責任者の方とお話させてもらいました。
SNSを通じて連絡があったので、画面を見せて経緯を説明。
すると、もう一月以上前の事なのに、確りと周知されていてスムーズに話が出来ました。
店長さんからSNSで「次回はお詫びに通常メニューを特製でお出しします」とメッセージを頂いていました。
ですので今回のつけ麺は特製バージョンにしてくれるそうです、確りフォローしてくれるのは嬉しいですね、勿論ミスが無い方が良いのですが。
こちらは特製やチャーシュー増しにすると2種類のチャーシューが選べます。
長時間煮込んだトロトロバラチャーシューとつくば秀麗豚のオーブン焼きグリルチャーシューの2種。
バラチャーシュー2枚とグリルチャーシュー1枚でお願いしました。
店内は店員さんが男性3名女性2名の計5名体制、国道沿い大箱店なので先客後客多数で忙しそうです。
卓上には給水ポットが置かれ、アイテムは胡椒や醤油、ラー油など。
こちらの店員さんはハキハキしていて見ていて気持ちの良い接客ですね、動きも良いですね(´− ` )
暫くして、お盆に載った濃厚そうなつけ麺と、ポットに入った割りスープが登場致しました。

撮影してつけ汁ペロリ。
ガツンと蟹が香る濃厚なつけ汁ですね。
つけ汁の中にはバラチャーシュー、メンマ、小葱が入っています。
かなり濃厚でドロッとしています。

麺は太ストレート麺、弾力のあり力強い麺です。
水切りも確りされていて良いですね。
麺の上にはグリルチャーシューが1枚と海苔が3枚、それと味玉が載ってます。

別皿の薬味葱を全量投入、つけ汁に潜らせて頂きます。
濃度が高いので確りと麺に絡みつきますね。
麺も太くコシが確りとあるのでつけ汁も麺も負けていません。
蟹の風味は強く、鼻に抜ける感じが堪らないです。
チャーシューもバラは柔らかく、グリルチャーシューは肉肉しく美味しいです(๑´ڡ`๑)
メンマはコリッとしています、味玉はトロっと黄身が少し流れ出る位の仕上がりで好きな感じ(^~^♪
別皿のペーストを投入、このペーストは胡麻、豆板醤、ニンニク、エビ、ホタテなどを合わせた物だそうです。
ピリ辛に味変、この感じも悪くないですね。
固形物完食、スープ割をして完食完飲です。
ご馳走様をしてお店を後に、今回は店長さんに会えず残念でしたけど確り対応して下さいました。
蟹の甲殻類のつけ麺は結構好きなので、ちょくちょくやってくれると嬉しいですね。
接客も良く明るい対応は見ていて気持ちが良いですね。

次回は是非店長さんにお会いしてお話がしてみたいです、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「味玉極濃煮干しつけ麺」@煮干しつけ麺 宮元の写真3月11日(月)

この日は仕事終がわってから都内へ向かいました。
ラーメン宮郎」さんへ伺うつもりで20時半頃蒲田到着。
しかし「煮干しつけ麺 宮元」さんの前を通過した際に並びがありませんでした(๑°ㅁ°๑)‼✧
急遽予定を変更して伺ってみる事にしました。
コイパは宮元さんから宮郎さんへ向かい一つ目の角を左、次の十字路を右。
20分100円でこの辺りでは一番安いと思います。

ピットインしてお店に向かいます、並びはなく入店。
入り口左の券売機で食券購入、味玉極濃煮干つけ麺970円をポチっと。
店内満席の為一旦外に出て待ちます。
少しして先客さんが出て来た所で再び入店、空いているカウンター席に着席して食券提出。
店内はかなり狭くカウンターのみ、店員さんは3名体制。
外国人の店員さんがお水を届けてくれました。
高台には給水ポットと割りスープのポット、卓上にはお酢や胡椒などが置かれていました。
飾られている達磨を眺めていると、麺に続いてとても濃厚そうなつけ汁が届きました。

撮影してつけ汁ペロリ、粘度がありトロリとしたつけ汁。
やや苦味があり煮干し感が強く出ています。
つけ汁の中にはメンマ、万能葱、玉葱、柚子などが入っていました。

麺は全粒粉入り太ストレート麺。
やや硬めに茹でられていて噛み応えがある麺ですね。
一本だけそのまま頂いてみるとヌチっとした食感。
少し麺の洗いが足りないのか、部分的にややヌメリあり(´-ω-`)
麺の上には2種類のチャーシューと味玉が載っています。

つけ汁に潜らせて頂きます、ビターな汁を確りと纏ってきますね。
これだけ煮干しが強いつけ麺は初めて頂きました。
葱などが絡んで良い感じですね、柚子の清涼感もありがたいです。
チャーシューは低温調理のレアチャー半分と、脂の乗ったバラチャーが半分。
両方とも申し分ない美味さ(๑´ڡ`๑)
味玉はハードな仕上がり、黄身はほぼ固まった物。
メンマは極太タイプでコリコリ食感、存在感があって良いですね。

麺を食べ進めると器の底に結構な量の水が...
水切りが残念ながら不十分でした、閉店間際だった事も影響しているのかもしれませんね。
固形物完食でスープ割り、高台のポットでお好みの濃さに調整。
このスープは美味しいですね、つけ汁そのままですとやや苦手な印象でしたがスープ割りは絶品(^~^♪
スープを飲み干して完飲完食、ご馳走様をしてお店を後にします。
閉店間際で後客も多数来た影響か、やや残念な部分がありました。
ですが、ベースの部分ではなくオペレーションの問題のようなので高評価も納得ですね。
特にスープ割りはめちゃくちゃ美味かったです、もう一杯飲みたいくらい(笑)

そう思うと汁そばがむちゃくちゃ気になりますね、次回はそちらを狙ってみます、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「半熟味玉もりそば(大)+心の味餃子(3個)」@松戸富田麺絆の写真新店につき先にレポ上げます。

3月5日(火)

この日オープンのグルメゾーン「ラーメン激戦区」
人気ラーメン店が通路に並び鎬を削ります。
同時開店は「四川担担麺 阿吽 キッテグランシェ店」さん、「中華そば 福味 東京駅KITTE店」さん、「博多一幸舎 東京KITTE丸の内店」さん、「東京スタイルみそらーめん ど・みそ キッテグランシェ店」さん、そしてここ「松戸富田麺絆」さんの5店舗です。
都心なので会社に車を置き電車で移動、東京駅で安定の迷子を経て20時頃どうにか到着。
5つの店舗それぞれに並びがあり大賑わい、その中でも一際長い列がこちらでした。
店舗前に4列の長い列、そして通路反対へ飛んでまた列がありそこが最後尾でした。
人数はおおよそ40〜50名ほど、帰宅時間夕食時間も重なりまさに長蛇の列です!(◎_◎;)
意を決してドッキング、徐々に徐々に入り口へ近づいて行きます。
途中となりの店舗「中華そば 福味 東京駅KITTE店」さんから「せたが屋 本店」さんの前島店主も接客の為店頭に顔を出していらっしゃいました。
回転はそれ程悪くなく40分位で入店、超ハイテクっぽい大画面の券売機で食券購入。
こちらは交通系電子マネーなども使えそうでした。
悩みましたが本店では出ていない物を頂こうと、半熟味玉もりそば(大)1120円をポチッと。
これじゃ少ないと思い心の味餃子(3個)450円もポチッと。
店内で暫し待機、店員さんに食券を渡して待ちます。
席数多数のカウンター席にテーブル席が少し。
富田店主先頭に「中華蕎麦うゑず」さんの上江洲店主、「麺屋 たけ井 本店」さんの竹井店主などが応援で来られていて最強の布陣。
大つけ博さながらの高速回転ですが、流石に持ち帰りでは無いので席が空きませんね(^^;)
少しして席が空きカウンター席に着席、ですが残念な事に厨房とは離れた席でしかも背を向ける形。
全く厨房及び富田店主が見えません、無念(T ^ T)
ここからが少し長く15分程して餃子が届き、少しして待ちに待ったもりそばが届けられました。

撮影してつけ汁ペロリ。
豚、鶏、魚を使いあっさり系に作られた、大勝軒山岸マスターの元祖つけ麺。
甘、酸、辛がバランス良いシャバ系のつけ汁です。
中にはチャーシュー、メンマ、海苔、固茹で半玉子、なると、刻み葱。
チャーシューは味付け良く美味、メンマは薄くスライスされていますがコリコリ。
固茹で半玉子が如何にも感がありますね。

麺は中太ストレート麺、山岸マスターが実際に使用していた小麦粉を使用した物。
ツルツルと喉越しが良く、コシもあり美味しいです。
トッピングの半熟味玉はこちらに載っています。
麺量は大で320g、麺がそこまで太く無いので中々減っていきませんね(笑)
並200gだと少ないかなと思い大にしましたが、結構ボリューム感あります。

続いて餃子です。
これがまた一つ一つが馬鹿デカイ!(大きさ分かり易くする為、箸を置いてみました)
こんなに大きかったんですね、1個で普通の物2個以上はありそうな大きさ。
元々軽く味が付いているみたいでそのままでも十分美味しいです。
噛むと肉汁が流れ出てきます、旨味もたっぷり(๑´ڡ`๑)
ついつい醤油や酢でタレを作ってしまいましたが、辣油をちょっと垂らすだけで全然良いですね。

麺を啜り餃子も完食、スープ割りをお願いします。
少し温かくなったスープを飲み干しフィニッシュ、大きめにご馳走様をしてお店を後にします。
余裕があればもう一軒とも思っていたのですがもうパンパンです(笑)
居住地千葉が誇る名店の東京進出を、僅かでも応援出来て良かったです。
先日、本店が長期休業に入る前に伺うつもりでしたが、今年の花粉にやられ断念しました(ーー;)
ですがこの豪華メンバーの中で頂けた事でチャラです、とても満足出来ました。
応援等が無くなるとオペレーションも難しくなってくると思いますが、頑張って頂きたいですね。

改めて新店舗オープン並びに東京進出おめでとうございます、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚魚介つけめん+サービス味玉」@豚骨一燈 イトーヨーカドー船橋店の写真新店につき先にレポ上げます。

2月27日(水)

先日起きましたすっとぼけ大賞のリベンジです。
単純な勘違いで「つけ麺 一頂」さんに突撃してしまうという大失態⁈
この悔しさを胸に、今度は間違いなく「豚骨一燈 イトーヨーカドー船橋店」さんに突撃してきました(笑)

仕事終わりに直行、ヨーカドー地下の駐車場にピットイン。
こちらの駐車場は1時間迄が300円、以降30分毎に150円になります。
近隣に比べて比較的リーズナブルですが、2千円以上買い物をすれば2時間無料です。
車を止め店舗に向かいます、目指すはフードコート、場所は西棟2Fになります。
到着すると船をイメージした広場にテーブルが多数配置され、周りには多数の店舗があります。
マクドナルド、いきなりステーキ、リンガーハットなど。
その中にありました、豚骨一燈、今度は間違いありません(笑)
メニューを見て悩みます、カレー系があるんですよね〜
でもやっぱり初めてなのでスタンダードに濃厚魚介つけめん並盛り(830円)を注文。
今だけ味玉がサービスの様です、いつまでなんでしょうね。
口頭注文先払い制です、レジにてお支払い。
こちらはヨーカドーらしくnanacoなどの電子マネー決済が出来ますね。
nanacoでお支払い、呼び出し用のベルを渡されます。
カウンターの中では5名ほどの店員さんで切り盛りされていました。

席の確保に向かいます、丁度柱のカウンター席が空いていたので確保。
豚骨一燈さんの店舗前辺りにに給水スポットもありましたので、紙コップにお水を汲んで着席。
コンセントが配置されていてスマホなどの充電可能、時代ですね〜
フードコートなので香りを楽しむ事は難しいですね、ただ人間観察は面白いです。
少しして呼び出しベルが鳴り再び店舗前へ、ベルを返却しトレーで受け取り席に戻ります。

撮影してつけ汁ペロリ。
またおまの豚魚ですが豚骨強めでしょうか。
思ったよりも魚介が控えめな印象です。
粘度も高く濃厚、温度は嬉しい熱々でしたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
つけ汁には極太メンマが2本、刻み葱、刻み柚子、魚粉が入っています。

麺は全粒粉入りの中太〜太位のストレート麺。
そのまま食べるともっちりした食感で美味しいです。
麺と一緒にチャーシューと海苔、サービスの味玉が載っています。

つけ汁に潜らせて頂きます。
確りつけ汁が絡んできますね、中々美味しいです。
フードコートなのでと思っていましたが、確り水で締めてあり滑り無し。
水切りがばっちりです、ちょっと驚きましたが底に水気が殆ど無いですね。
麺量は並盛り200gなのであっという間になくなります。
時折香る柚子の清涼感が良いですね。
トッピングのチャーシューは冷たくて小振りでちょっと残念。
味玉もやや固めでしたが、こちらは今だけにサービス品なのでありがたく頂きました(๑´ڡ`๑)

割りスープは店舗のカウンターにポットに入って置いてありました。
幾つか置いてあるので最初に持っていっても良いのかも?
つけ汁を持って行きスープ割り、戻って飲み干しフィニッシュです。
トレーを返却口まで持って行きご馳走様をしてお店を後にします。
帰りに買い物して帰ったので駐車料金無料でしたꉂꉂ ( ˆᴗˆ )

思ったより確りしていて驚きました。
先日「豚骨一燈」さんの前を通った時お休みでした。
調べたらこちらの出店準備で暫くお休みの様ですね。
なのでこの日もそちらからのスタッフさんがいらっしゃったのかもしれません。
フードコートとは思えないクオリティだったので満足でした、サービスの味玉も嬉しかったです。
同じくヨーカドーに入っている「豚骨一燈 葛西店」さんなどは結構酷評が目立ちます。
今後クオリティが落ちないと良いのですが、これはちょっと酷な期待ですかね。

買い物ついでに偶に寄らせて頂きます、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件
76

「味玉つけ麺(400g)」@つけ麺 一頂の写真新店につき先にレポ上げます。

2月25日(月)

この日は職場にお取引先の方々が来社。
打ち合わせが長引き19時半頃迄かかりました。
帰りしなに先方の方々を船橋駅まで送って行きました。
すると駅前に花が飾られている新規開店のお店を発見!
そう言えば「豚骨一燈」さんが船橋に出来るって聞いたな…
横目でチラ見、「一燈、そうだ間違いない!!」
お取引先の方々を駅で降ろし、その足で向かってみる事に。
場所が駅前のフェイスビル1Fでしたので、そのままフェイスビル地下駐車場にピットイン。
24時迄の営業ですが30分160円で比較的安く、雨風凌げるので結構便利です。

20時頃店舗到着、並びもありますね。
店舗前で貼り出されているメニューを見ている人集りもあり賑わっている様子。
「さて何を頂くか」と自分もその中に飛び込みます。
じっくりメニューを確認、種類が豊富なんですね。
つけ麺、濃厚つけ麺、エビつけ麺、特濃エビつけ麺、辛つけ麺、ニンニクつけ麺、ラーメンもあります。
初めてですし、スタンダードなつけ麺にしようかな。
ここに書いてあるしなぁ、「一頂のスタンダードなスープ!」って…
ん?一頂⁈
店名確認、「つけ麺一頂」( ̄▽ ̄;)
全然違うじゃないですか、豚骨なんて看板に一切書いてない…
思い込みって恐ろしいですね、幾度となく看板見ましたが全く気がつきませんでした。
(後で調べたら豚骨一燈さんは、駅反対のヨーカドーの中でした)
もう車も止めてますからそのまま頂く事に、3名の並びにドッキング。
少しして列が進み入店、入り口左の券売機で食券購入。
味玉つけ麺(900円)をポチッと、「中でお待ち下さい」と言われ店内背後霊に。
しかしこれはイマイチ感心しないですね。
狭い通路に背後霊になんですが、奥のお客さんが出て行く度に背後霊が全員入り口迄行かないと出られません。
外待ちにすれば良いと思うんですが、厨房から出るのもグルっと回るので面倒なのでしょうか?
ちょっとガチャガチャしながらも何とか席が空き着席しました。
店員さんに食券を渡すと麺量を聞かれました。
並200g、中250g、大300g、特350g〜(50g刻みで1kg迄)との事。
少食さんにはちょっと割高に感じてしまうのかな?
ありがたく特400gでお願いしました。
店内はカウンター席のみ、入り口入って正面に10席ほど。
そして入って右側に階段があり、中二階の様になってカウンター席が6席ほど、面白い構造です。
店員さんは男性3名女性2名の計5名体制、オープン間もないのでバタバタ感は仕方ないですね。
お水は店員さんが出してくれました、卓上には給水ポットの他に割りスープ、ニンニク酢、梨酢、辛山椒など。
キョロキョロしていると思ったより早く配膳されました。

撮影してつけ汁ペロリ。
「またおま」と呼ばれる豚魚系ですね、自分はまたと思うほどつけ麺食べていないので思いませんが。
蘊蓄によればにぼし、さば、宗田鰹、鰹、サンマ節、アゴなどで出汁をとり、豚骨、背ガラ、鶏ガラでとったスープと合わせるとの事。
シャバまでは行かない少し粘度のあるつけ汁、残念ながらちょっと温いですね(´-ω-`)
つけ汁には細切れチャーシュー、メンマ、刻み葱、海苔、数本入っているのはカイワレ?でしょうか。
やや辛味があり、バランスは悪くないと思います。
チャーシューは柔らかくホロホロ、メンマはコリコリの食感。

麺は浅草開化楼製の全粒粉入りの太麺。
ムチっとした食感で、茹で加減はちょっと固め。
麺自体は美味しいですね、小麦の風味も良いです。
ただ水切りが今ひとつでした。
こちらにはトッピングした味玉のみでやや寂しげです。

半分くらい食べた所でニンニク酢を投入して味変、これは食欲増進ですねꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
味玉は黒く色づいた物、中心が少しだけトロッとしていました。
最後はスープ割して完食です。

ご馳走様をしてお店を後にします。
後から麺友さんに聞いた情報で、こちらが「麺屋 一路」さんの姉妹店だという事が分かりました。
調べてみると確かに似ていますね、ほぼ同じと言っても良いのかな?
麺屋 一路」さんは未訪なので、比べる事は出来ませんが。
具材が少し寂しい感じで麺量を増やさないとコスパが気になりますかね。
勘違いから始まりましたが、船橋にまた新店舗が増えました。
落ち着いたらもう少し良くなるのかな、期待したい所ですね。

豚骨一燈 イトーヨーカドー船橋店」さんにも行ってみなくちゃ、ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけ麺」@長男、もんたいちおの写真2月8日(金)

とものもと」さんで美味しいカレーの限定を頂いた後になります。
麺友さんが以前から一度行きたいと言っていたので連食する事にしました。
21時頃到着、外待ちは無さそうでした、一旦スルーしてコイパへ向かいます。
店舗前面道路を駅反対に少し行った所、ここに3台だけの小さなコイパ発見。
20時以降60分100円、こちらにピットインです。
お店の隣にも銀行提携のコイパがありますが、こちらは22時迄は20分100円。
極太麺に茹で時間がかかる為、20分じゃ出てこれないのでご注意を。

店舗到着、一瞬で外待ち2名になっています、この時間でも並ぶのは人気の証拠ですね。
先に食券購入の為入店、入り口左の券売機で特製つけ麺(1000円)をポチっと。
連食なんでこれだけにして一旦外へ出ます。
開店当日以来の再訪です、約3ヶ月ぶりになりますね。
店舗外には以前無かった「地域の皆さんへ」との張り紙と、給水器にお茶が用意されていました。
嬉しいサービスですね、どなたでもどうぞというのがとてもありがたいです(´∀`)
少し待って入店の案内がありカウンター席に着席します。
店主さんと店員さんの2名体制、お水は入り口入って右側にありセルフ。
やはり茹で時間がかかるのでここから暫く待ちます。
外には待ちが3名、途切れませんね。
10分程待ってご対麺致しました。

撮影してつけ汁ペロリ。
王道豚魚系で濃厚で力強いつけ汁、程よい甘みです。

麺は浅草開化楼製超極太麺、少しだけうねりがあります。
ゴワムチっとして噛み応え抜群、好きなタイプの麺です。
小麦の風味も良く美味しいですね。

具材は豚チャーシュー2枚、鶏チャーシュー2枚、海苔3枚、白菜、味玉。
豚チャーシューはレアな仕上がり、牛肉のタタキの様な赤い物。
鶏チャーシューも薄っすらピンクでレア気味。
両方とも確り肉の旨味が凝縮されていて美味い(๑´ڡ`๑)
白菜は良い箸休め、海苔も海苔巻して頂きました。
味玉は「決意の固茹で」と貼り出されている味付き茹で玉子。
やっぱりこれは好み分かれますよね、自分は半熟派なのでちょっと。
日替わりの「気まぐれ薬味」は刻み葱と柚子胡椒。
全部投入して味変、自分的には柚子胡椒よりも前に頂いた生姜ニンニクの方が好きかなぁ。
麺が太いので難なく完食、高台のポットに割りスープがあるのでスープ割で完飲です。

ご馳走様をしてお店を後にしました。
初レポ上げた店舗なのでその後が気になっていました。
皆さんのレポも順次上がって来ましたし、人気も相変わらずで嬉しかったです。
こんな未熟者が初レポ上げて申し訳ないのですが、やっぱり思い入れがありますよね(´− ` )

益々のご活躍を願ってます、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「半熟味玉中華そば比内地鶏卵【並】+極上焼豚ごはん」@中華蕎麦 とみ田の写真1月14日(月)祝日

この日夢を見ました、何故か神が夢に現れてたんです。
目を覚ましツイッターを確認すると「16時半の部のみ空きあり、電話予約可」
そうです、松戸にいる神からのメッセージです。
「とみ田」さんは平日なら電話予約出来るのですが、土日祭日は基本的に電話予約無しです。
ですがこの日は空きができたのでこの時間に限ってOK牧場ꉂꉂ ( ˆᴗˆ )
偶にこうした日があるみたいなのですが、中々タイミングが合いません。
夢はめちゃくちゃな内容でしたが、神からお誘い頂いたと勝手に興奮していました(笑)
電話してみると「16時半は埋まっちゃいましたが、16時なら大丈夫です」との事。
おぉ、埋まってしまっても他で取れるなんてなんてとんでもない幸運、そのまま1枠ゲット。
半熟味玉中華そば比内地鶏卵【並】(1000円)と極上焼豚ごはん(600円)を注文。
16時を過ぎるとキャンセルになり返金不可の説明を受けて電話を切ります。

その後愛犬をトリミングサロンに預け、下総中山の「4代目松屋食堂」さんで美味しい一杯を頂き一度帰宅。
用を済ませて、ラーメン界の神が待つ松戸の「とみ田大社」を目指します。
松戸に到着、店舗裏手にある「相模台公園」の脇辺りに行くと結構安めのコイパがあります。
20分100円や30分100円、この日は空いていなかったので20分100円にピットイン。
15時45分到着、店舗脇の並びに接続。
暫くして店員さんにより名前と注文の確認がありました、時間通りに入店できそうです。

先頭のほうから店内へ、対応している店員さんは新しく入った人なのか、なんとなくぎこちない印象。
自分も促され入店なのですが、電話で口頭注文しただけなので食券を購入していません。
その旨を告げると慌てて券売機へ促されました、アブナイアブナイ(・・;)

入店して神に一礼、カウンター角の席に着席。
暫くトロフィーや神を眺めます、拝みます。
厨房には富田店主とと石井さん、それと先程の店員さん。
一度神の手元が見えそうな、カウンター横側の一番端に座ってみたいですねぇ。
高級感ある店内に、綺麗なグラス、富田店主の掛け声。
この時間や空間でもう既に「神の一杯」が始まっているんですよね。
中華そばのオーダーは自分のみ、この組みのトップでご対麺致しました。

1人撮影会を終えてスープから頂きます。
濃厚な豚魚スープ、ドーンとのっけから押し寄せる力強い味わい。
粘度はドロリ、もうこれでもか~って感じです。
動物系と魚介系のバランスが素晴らしいですね、これだけ濃厚でも蓮華が止まらないです。

麺も負けじと力強い全粒粉入り角太ストレート麺、つけ麺ほどではありませんが確りコシのある物。
やっぱりとみ田の麺は美味いです、小麦の風味や食感が堪らないです。
スープの粘度が高いので拾いも抜群です。

具材はバラロールチャーシュー、材木極太メンマ、味玉、海苔、なると、刻み葱、刻み柚子、魚粉。
チャーシューは確り柔らかく上質、脂身と赤身のバランス良く美味い。
メンマはコリンコリンの食感で存在感あり。
味玉は絶妙で超半熟の黄身が味わい濃厚、前回頂いた時から超お気に入りです。
海苔もなるとも美味しく頂きます。
葱や柚子もいい仕事しますよね、重さの中に清涼感がパッと花開く感じです。

固形物が無くなると「スープ割り致しますよ」との声が。
少しそのままで味わった後にお願いしました。
温かく飲みやすくなったスープを「無くなるな無くなるな」と願いながらレンゲで掬い完食完飲(๑´ڡ`๑)

つけ麺の皆さんよりかなり先にご馳走様、神に感謝をお伝えしてお店を後にします。
やっぱり変わらない「世界一」の神対応、この日もハートに刺さりました。
味だけじゃないんですよね、この特別感満足感こそが「とみ田」の味だと思います。
店員さんのぎこちない接客もありましたが、それを考慮しても大満足でした。

遅くなった初詣終了、またタイミングが合えば絶対来ます、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「特製中華そば」@らーめんはたかくるの写真11月18日(日)

この日は埼玉の1軒を目指して家を出ましたが、その前に小腹を満たそうとご近所のこちらへ。
「博多来る」ではありません、「はたかくる」です。

15時15分到着、駐車場はお店前面にあります。
交差点に面していて交通量も多い場所なので周囲に注意して車を入れます。
もし行かれる際はやや入れにくいので歩行者等に十分気をつけて下さい。

入店すると「らっしゃーい」と低い声でお出迎え、券売機で特製中華そばをポッチとします。
カウンター席に座り食券提出、お水は給水機でセルフになります。
先客は8名、小上がりに4名の団体さんが居るのでこんな時間でも賑わっていますね。
店主さんのワンオペで、独特のリズムで体を動かしながらチャカチャカと忙しそうです。
店内は魚介の良い香りが漂っていますね。
壁に貼られた薀蓄によれば使用材料は名古屋コーチンと軍鶏、あご、本節カツオ、真昆布等々。
製麺機も置いてあるので自家製麺の様ですね。
小上がりのお客さんの分が出来上がると「こんな所からごめんね~」とカウンター上のどんぶりタワーの隅からお届け。
お客さんが小上がりから手を伸ばして受け取っています、この感じなんだか微笑ましい(^^)
店主さんは常連さんと少し会話されながら次の分を作っていきます。
レンゲはカウンター上にありますが木製おたまタイプ、これ雰囲気は良いんですけど飲み難いんですよね...
程なくしてご対麺になりました。

撮影してスープから頂きます。
豚魚の様ですが動物系は使用素材にも書いてあったように鶏を強めに感じますね。
魚介は際立って主張する訳ではなくバランスが保たれている感じがします。
量が少なめで残念ですが、中々美味しいスープです。

麺は中太ストレート系、若干のうねりを伴っているのでスープもそこそこ絡みますね。
茹で加減は普通位で加水率中位かな、プニュとした食感。

具材はチャーシュー2枚、メンマ、海苔、なると、玉子、刻み葱。
この構成とビジュアルは青葉さんそっくりですね。
チャーシューはかなり大振り物が2枚、厚みもある物で味付けも良く旨いしこれは嬉しいですね。
メンマは甘めの味付けで存在感あります、大きさもそこそこ。
玉子はトロっとゼリー状、なるとと海苔もこの雰囲気に欠かせない存在ですね。

食べている時、後から入ってきたお客さんは何れも常連さんみたいでした。
一方のお客さんには「ちょっと変えたからそれ食えよ」と選ぶ権利無しに食券強制指定(^^;
常連さんがあれこれ言い当てると「企業秘密なんだからそれ以上言うなよー」と、色々研究熱心の様ですね(笑)
常連さん相手に軽妙なトークは続き思わず笑ってしまいました。
「扱いが雑なんだよなぁ、もう来ないぞこんな店」なんて軽口叩く常連さん。
「美味いからまた来ちゃうんでしょ?」と聞いてみると「そうなんですけどね~」って(笑)

ご馳走様をしてお店を後に、次へ向かいます。
柏時代には色々ご苦労されたみたいですが、親父さんの人柄からするとこちら方が合うのかも知れませんね。
常連さんとの絡みには賛否あるでしょうけど、仲良くなっちゃえば来るのが病みつきになりそうな雰囲気ですね。
店名の「はたかくる」は「半隠る」と書き、少し隠れるという意味みたいですね。
何故店名にしたかまでは聞かなかったのでわかりません。
気になる人は聞いてみて下さい、色々教えてくれますよきっと(笑)

近いのでまた伺います、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけ麺(特盛)」@長男、もんたいちおの写真新店オープンにつき先にレポ上げます。

11月16日(金)
この日からオープンの新店「長男、もんたいちお」さんへ伺ってみました。
中々インパクトのあるネーミングですね〜
場所は京成八幡駅を出て直ぐの所です。
職場を18時半に出発して車で向かいます、到着するとやはり行列が出来ていますね。
店舗前は駅前になるのでコイパがちょっと高め。
一旦スルーして少し先の60分300円のコイパにピットインしました。
19時丁度に駐車場を出発、5分程歩いて到着しました。

10人ちょっとの並びにドッキング、途中店員さんより食券購入を促され券売機へ。
この日はオープン特別価格で、つけ麺500円、特製つけ麺600円での提供のみです。
特製つけ麺をポチッと、デフォが200gの様なので麺追加。
大盛り(300g)100円、特盛(400g)200円、長男盛り(500g)300円とありますので特盛をポチり。
店員さんに食券を渡して列に戻ります、店舗前には開店祝いの花の列。
中華そばいづるさん、つけ麺和さん、亀戸中華そばつきひさんなどなど、良い香りです。
待つ事30分程で案内され店内へ、カウンター席のみの様です。

店員さんは4名体制、オープン当日なのでちょっとバタついてる印象はあります。
食品衛生責任者「門田一雄」の札、もんたいちおさんで良いのかな?
麺が超極太麺との事で茹で時間がかかる様です、10分ちょい待ってご対麺になりました。

撮影してつけ汁をペロリ、王道の豚魚系で強めな印象。

麺は浅草開化楼製の超極太麺、加水率高めでモチモチしています。
この麺がかなりコシが強く噛み応え抜群、自分的には好みのタイプでした。
つけ汁も強めで麺との相性も悪くないですね。

具材はが鶏チャーシュー、豚レアチャーシュー、茹で白菜、海苔、固茹で玉子。
レアチャーシューは中々のクオリティーで美味いですね、そのままでも美味でした。
茹で白菜が特徴的でシャッキリ瑞々しく良い箸休めになります。
玉子は店主さん決意の固茹でらしいのですが、ここは好みが分かれるのかなぁ。
薬味が別皿で付いていて葱と生姜ニンニク、どうやら日替わりの様です。
生姜ニンニクはちょっと生姜が弱いかなとも思いましたが、入れると抜群に合っていて美味い!
この味変がかなり良く、これなら長男盛り500gでも飽きずに行けそうな気がしました。

完食してスープ割、割りスープは卓上にポットで置いてありますので自分好みの濃さで頂けます。
完食完飲、ご馳走様をして美味しかったと伝えると「美味しかった頂きましたー」と元気にアナウンス(笑)
開店当日ですから気合いも十分ですね、店主さん以下腰も低く丁寧で気持ち良い接客でした。

お店を後に、駐車場へ向かいます。
駐車時間5分オーバー、駐車料金600円( ̄▽ ̄;)!!ガーン
初日ですからオペレーションに難があったのは仕方ありませんね。
海苔を乗せ忘れたり、他のお客さんの物と提供し間違えたりが有りましたがそこは直ぐに改善される筈です。
店主さんは葛飾亀有の名店「つけ麺 道」のご出身との事。
道さんは未食なので比べられないのですが、名店ご出身ですので今後も楽しみですね。

美味しいつけ麺ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件