なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

またぞう

男性 - 埼玉県

近年は、以前の様に食べる事が出来なくなり3連食や二郎系のお店はご無沙汰してますが、これからもマイペースでラー食を楽しみたいと思ってます。

平均点 75.285点
最終レビュー日 2019年8月24日
2,892 2,307 0 4,467
レビュー 店舗 スキ いいね

「和風昆布水つけ麺(限定) 「900円」」@麺処 むら井の写真朝、確認のためお店のTwitterを開くと本日の営業を知らせる店主さんの書き込みがありません。 
合間合間に確認を続けていると開店の約45分前に営業を知らせる書き込みを確認出来たので、開店時間に合わせて出発。
そして、店舗裏に有るお店の駐車場に到着しお店が入っている建物を回り表側に行くと店主さんが暖簾を掛けてお店に入る処でした。 
店主さんに続いて私も入店し、入口を入った右側に設置されてる券売機で本日の目的限定メニューである首題の食券を購入してカウンター席へ。 
食券を高台に置き、Twitterの事を店主さんに尋ねると『昨日が定休日のため今日は仕込みに時間が掛かったので投稿が遅くなって仕舞いました』との事。 
程なくすると『お好みでお使いください』と薬味が提供されました。 
その器を見てみると梅肉・柚子胡椒・岩塩が入ってます。 
そして、熱々のつけ汁と麺も程なく着丼。 
その麺はお湯に浸かってますよ。 
試しにそのお湯をレンゲで掬い飲んでみると円やかな喉越しです。 
これはお湯ではなく昆布出汁の様です。 
早速頂こうと薬味の器を手にすると店主さんから『薬味は麺に付けてお召し上がり下さい』との助言が有りました。 
それならばと3種類の薬味を味わってみようと夫々順番に味わってみる事に。 
夫々順番に軽いウエーブが付いた中太麺2~3本に薬味を付けて、つけ汁には浸さず味わってみます。 
岩塩は丸みを感じる塩味で昆布出汁に合った風味で、梅肉は果実の旨味が加わり、柚子胡椒はピリッとした辛さが程よく効き何れも甲乙がつけられない美味しさです。 
そして、つけ汁に浸すとカエシの風味が加わり、これまた旨い。 
尚、つけ汁に卓上に備え付けたレモン酢を加えるとまた違った風味で頂く事が出来ました。 
具材は、長さ約約9cmのチャーシュー1枚・海苔・メンマ・ナルト・ほうれん草・レモンでレモンは絞って麺の上に掛けました。 
最後は、つけ汁の中に麺が入っていた昆布出汁を加えてスープ割りを頂き、ご馳走様でした。    

追記;つけ麺を頂いてる時に側の壁に掛かっていた6月のカレンダーがパラッと落ちて7月に変わりました。 
今日、お店としては7月初めての営業日ですが、まさか自動的にカレンダーが変わるとは・・・。
見た目は何の変りもないカレンダーですが、ここまでカレンダーが進化してるとは知りませんでした(笑)。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「つけあぶらソバ(並) 「900円」」@天元突破の写真平日昼の開店時間に合わせて、午前11時頃に駐車場へ到着して入店。 
そして、入口を入った右側奥に券売機が有ったので、看板メニューと思われる左上の首題のボタンをプッシュ。 
席に着くと店員さんが来たので食券を渡すと『麺量は如何しますか』と聞いて来ました。 
此方のお店では麺量が並盛200g・大盛300g・特盛400gの3種類有り、大盛が無料なので並盛か大盛の何方かを選ぶシステムの様です。 
そこで胃袋が小さい私は迷わず並盛を選択し、その旨を伝えます。  
尚、当日の入り状況は先客・後客共に夫々1名でした。 

食券を渡してから8~9分待つと「つけあぶらソバ」が出来上がり、運ばれて来ました。 
麺を見るとチジレが付いた太い品です。 
早速、箸で一本摘まんでそのまま食べてみると私には少し硬めの茹で加減。 
又、弾力が有りゴワゴワ麺に似た食感です。 
浸け汁には大量の背脂が浮いてますよ。 
その汁に麺を浸けて啜ってみると甘い風味が口の中に広がります。 
そこで、甘い味が苦手な私はカウンターに備え付けられた檸檬酢(レモン酢)を手に取り、つけ足しました。 
具材は、長さ6~7センチのチャーシュー2枚・温泉玉子・メンマ・水菜・玉ネギでした。 
カウンター上には割りスープも用意されていましたが、つけ汁が甘いのでスープ割はせずに、ご馳走様。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 「800円」」@つけ麺 もといし 東岩槻店の写真今回は、東岩槻で評判のお店に再訪問のため訪れました。 
しかし、駐車場が満車で尚且つ、店舗前には入店待ちの客が行列を作っていたので諦めて此方へ。   

約2年半ぶりの訪問で、当日は上着を着てると汗ばむ陽気だったので、未食の看板メニューを頂いて見ました。 
食券を購入して店員さんへ手渡し。
そして、案内された席に座るとお水と無料トッピングの刻まれた玉ネギが入った容器が運ばれて来ました。 
尚、当日の入り状況は先客が3組7人で後客は2組4人です。 

つけ麺は、席に着いてから17分ほど経った頃に運ばれて来ました。 
つけ汁を見るとドロッとした仕上がりです。 
レンゲで少し啜ってみると豚骨魚介で見た目通りの濃厚なつけ汁です。 
そのつけ汁にストレートの太麺を浸して上げてみると麺につけ汁がたっぷりと絡み付いてますよ。 
その麺を食べると豚骨と魚介の風味の他に仄かな酸味を感じます。 
豚骨と魚介のバランスも好い様なので、お好みで加える事が出来る魚粉は不要の様ですね。
只、具材の品揃えは寂しく見えたメニューでした。 
ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「つけ麺 「800円」」@つけ麺 和の写真先日は、つけ麺を食べて来ました。 
訪れたお店は東武伊勢崎線の竹ノ塚駅から徒歩で2~3分の場所に1月9日新規開店した此方のお店です。
午後1時頃に到着すると店舗前には入店待ちの先客3名の姿が有りました。 
周辺を見まわすと入り口の横に券売機が設置されていたので、メニューを確認するとラーメンはない様です。 
そこで首題の食券を購入し、私も店舗前に設置されていた待ち席へ。 
程なくすると店員さんが食券を受け取りに出て来たので手渡し。 
手渡して店員さんが店内へ戻ってからあつもりが出来るか聞き忘れた事に気付きました。 
程なくすると店員さんが入店案内のため私の処に来たので、先ほど聞き忘れたあつもりの事を尋ねると『未だあつもりは行っておりませんが、スープの温め直りは行っております』との事。 
寒いこの時期に食べるつけ麺はあつもりの方が私は好きなのですが、仕方ありませんね。 
そして、指定された席に座り、約10分程待つと薬味・麺・つけ汁の順に出来上がり、目の前の高台へ着岸。 
その際、店員さんから『メンマの代わりに鶏チャーが入ってます』との言葉が付いて来ました。 
先ずは小麦色の太いストレートを数本箸で摘みつけ汁には浸さずそのまま食べてみます。 
麺の茹で加減はチョイ硬で、つけ麺としては標準的な仕上がりです。 
弾力がある歯応えと小麦の風味が好いですね。 
次に、つけ汁に浸して頂くと豚骨と魚介が麺にしがみ付いて来るような感覚を感じます。 
又、仄かに感じる酸味が要所要所を引き締めて、中々好い働きです。 
具材は、長さ約8センチの豚チャーシュー1枚・約7センチの鶏チャーシューと薬味で、豚と鶏のチャーはどちらも柔らかく美味しく頂く事が出来ました。 
あつもりを頂く事が出来なかったのは残念ですが、偶にはつけ麺も好いですね。   
ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 「700円」」@裏サブロンの写真先日は、以前から気になっていた此方の課題店を訪ねてみました。 
JR常磐線三河島駅に降り立ち徒歩で向かい7~8分で到着。 
着いて見ると店名通り、和洋菓子屋さんサブロンの裏で、目の前は小学校ですが夏休みのため子供の姿は見えません。 
時刻は昼の12時頃で、曇りガラス越しに外から店内を見ると先客の背中が並んでます。 
店先に置かれてる待ち席に座っている人は居ませんが、店内に私が座れる席は無い様なので暫しの外待ち。 
程なくすると店内から先客が出て来たので、入れ替わりに入店しました。 
入店すると直ぐ目の前がカウンター席で、座ると入り口のガラス戸が背中に付きそうな店内です。  
注文したメニューはつけ麺で、事前調べて知った通りに前金を支払い口頭で注文しました。 

つけ麺は、約10分程経つと出来上がり着丼。 
麺は小麦色で量は並320gとの事。 
その麺をつけ汁に浸して食べてみるとモチッとした食感で美味しいですね。 
当初は麺量が320gなので小食の私には食べ切れないだろうと思いましたが、事前情報で麺が硬茹でではないとの事なので食べてみる事にしたのです。 
つけ汁は、豚骨魚介に甘酢と一味が加えられた東池袋系大勝軒の味です。 
少し私には甘過ぎるので、卓上に備え付けられた一味を加えて頂きましたが、流石は【創業者山岸氏の公認レシピを元に作られたつけ麺】ですね。 
具材は、長さ約9センチのチャーシュー1枚・味玉1/2個・海苔・メンマ・ナルト・刻みネギで、茹で玉子はお決まりの硬茹ででした。        
少し食べ切れるか不安が有りましたが、甘酸っぱいつけ汁の味と滑らかな麺肌で喉越しも好く美味しかったので固形物を完食し、心地好い満腹感を得てご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん(並) 「800円」」@麺屋みつば+クローバーの写真麺屋みつば+クローバーが加須から久喜へ戻って来た様なので昼の12時頃に訪れてみました。 
駐車場は以前と同じ場所に有ったので、其方に車を停めてお店に向かいます。 
到着して見ると店舗の外に椅子が有りますが誰も座ってないので入店すると以前は客席が置かれていた場所に椅子だけが置かれてます。 
そして、右側の奥に目を向けるとテーブル席が見えます。 
如何やら改装してお店を広くし、以前の客席のスペースは店内待ちのスペースになった様ですね。 
その待ち席には先客3名が座っていたので私も着座。 
すると店員さんがメニュー表を持参して来たので、主題メニューを選び口頭で注文しました。 
程なくして、店員さんの案内で席に着くと席と席の間が広い造りで、ゆったりしてます。  

つけ麺は、約10分程待つと運ばれて来ました。 
マスクは加須で頂いた時と同じ様で、つけ汁に入った海苔の上には魚粉が盛り付けられてます。 
違いは、以前はつけ汁の器に入ってたカイワレが、今回は麺の器に入ってる事ぐらいです。 
麺は全粒粉を練り込んだ太いストレートの品です。 
食べてみると小麦の風味を感して中々美味しいですが、茹で加減が私の苦手な硬い仕上がりでした。 
つけ汁は豚骨魚介で、以前は魚介の風味が強く感じましたが、今は豚骨が幅を効かせた仕上がりに変わってます。  
又、濃厚な豚骨味で美味しく感じます。
しかし、柚子入りですが甘味も強いですね。  
具材は、つけ汁に中に短冊チャーシュー・海苔・刻みネギが入っており、麺の器にはメンマとカイワレ・白胡麻が添えられてます。 
その具材の中では極太麺がコリコリとした歯応えで美味しく頂く事が出来ました。  

麺は私が苦手とする硬茹で仕上げでつけ汁は甘いので、機会が有れば次回はラーメンを頂きたいですね。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 「800円」」@ファミリーレストラン 梅月の写真先日、此方の店舗前を通るとつけ麺を紹介する看板が店先に出ていたので釣られて数十年ぶりに入店しました。  
適当な席に座り、首題メニューを口頭で注文。 
程なくすると具材が別皿に取り分けられ着丼。 
麺を見ると軽いウエーブが付いた中細で、ラーメンと同じ麺を使用して様ですね。 
その麺を刻みネギと白胡麻が入ったつけ汁に浸して頂くと酸味が効いた仕上がりです。 
率直に言うと冷し中華のスープ味ですね。 
具材は、中さ約5~6センチのチャーシュー2枚・メンマ・ナルト等で、割高に感じた一杯した。    
ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨魚介つけ麺(並)+味玉 「800円+サービス」」@麺屋 いまむら 浅草橋店の写真(1/2食目)    

先日は、東京都台東区の此方のお店に訪れました。 
最寄駅から徒歩で向かい開店10分前の午前10時50分に到着。 
店舗前には先客の姿は無く、日当たりが良く暑かったので建物の蔭に避難して開店を待つ事にしました。
そして、定刻を少し過ぎた頃に暖簾が出たので入店。 
券売機が入り口を入った右側に有ったので、メニューを見ると左上に豚骨魚介つけ麺のボタンが配置されてます。 
このメニューが看板メニューと判断して、首題のボタンをプッシュ。 
尚、此方は並盛と大盛のボタンが有りますが同じ値段で頂く事が出来る様です。 

つけ麺は席に座ってから約10分程で出来上がり、高台越しに着丼。 
その際店員さんから『味玉はサービスです』との言葉が付いて来ました。 
私なりの解釈ですが、並盛を注文すると味玉のサービスが付くのかも知れませんね。 
先ずは、軽いウエーブが付いた太い麺をつけ汁には浸さずそのまま口の中へ。 
食べてみると硬めの茹で加減で、程よい歯応えが有り美味しいです。 
次に、つけ汁に浸して頂くと豚骨魚介の中に甘味を感じる味付けです。 
具材は、麺の器に長さ約8センチのチャーシュー1枚・味玉・海苔・海苔が添えられており、つけ汁にはカットチャー・メンマ・刻みネギが入ってました。      
ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「海老つけ麺(並盛) 「800円」」@マグマラーメン 越谷店の写真人手不足でお店を閉めていた此方のお店が、再オープンした様なので訪問してみました。 
車で、開店時間の午前11時に合わせて訪問してお店指定の深井パーキングの駐車場へ。 
そして、外来種の花(ナガミヒナゲシ)や雑草で隠れていた指定番号(3・4番)を見つけて、車を停めました。 
お店は、食券制ですが提供メニューは海老つけ麺のみで、カレーつけ麺や塩らーめん等のボタンには準備中の表示が有り購入する事が出来ません。 
そこで私は主題の食券を購入して店員さんへ渡すと好みの麺量を聞かれたので並盛を選択しました。 
此方は、並盛(200g)・中盛(300g)・大盛(400g)の中から好きな麺量を選ぶ事が出来る様です。 

つけ麺は、約10分程待つと出来上がり、赤い器に収まって着丼。 
海老を意識して赤い器を使っているのでしょうか・・・。 
麺は、ストレートの中太です。 
食べると麺の表面は柔らかく感じますが、中心部は弾力が有る食感です。 
そのためか麺の表面がヌルとした舌触りを感じます。 
つけ汁は、豚骨魚介系で、店内には海老の香りが漂ってますね。 
味は、豚骨と魚介系が程好く絡んだ出来栄えで、塩梅も中々好いですよ。 
具材は麺の器に海苔が添えられ、つけ汁には短冊チャーシュー・メンマ・刻みネギが入ってました。 スープ割りを頼むと直ぐに対応して、レンゲが付いて戻って来ました。     
ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(あつもり) 「800円」」@麺匠 和の写真埼玉県越谷市に在る梅林公園の「梅の花まつり」に行った帰りに、此方へ立ち寄って来ました。 
昼食時間帯に入店しメニュー表を見るとラーメンはなく、つけ麺と混ぜそばのメニューが記載されてます。 
その中から私はつけ麺を選び口頭で注文すると店員さんから麺のあつもりを勧めてるとの事なので其方をお願いしました。 
尚、当日の入り状況は先客が2名で後客は2組3名です。 

つけ麺は程なくすると出来上がり運ばれて来たので、早速頂いたみましょう。 
麺は軽いウエーブが付いた平形の中太麺で、量は少なめにですがつけ汁に浸して食べてみるとモチモチとした食感で中々美味しいですね。  
つけ汁は豚骨魚介との事ですが、あっさりとした優しい仕上がりです。 
具材は、麺の器の中に長さ6~7センチのチャーシュー1枚・メンマ・カイワレ・刻みネギが入っており、つけ汁にはカットされたチャーとネギが入ってます。  
又、麺には白胡麻も振掛けられてますが、私的にはつけ汁がの味が薄いので、白胡麻は合わない様に感じた一杯でした。        
ご馳走様。  

追記;梅の花が咲いたとは言え未だ上着は必要な季節なのですが、脱いだ上着を掛けるハンガーがなく、椅子は背もたれがないので上着の置き場に困りました。
又、連れはバック等も入れる事が出来る籠を備えて有れば有難いと言ってました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件