なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

みさんが

男性 - 神奈川県

しばらく放置(ROMとカレンダー「行ったよ」だけ)で、ちょっと反省いたしまして、会社近くの常習ランチ店以外はカキコミしようかなと。

平均点 76.000点
最終レビュー日 2018年10月30日
15 14 1 12
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメンセット(小鉢+おしんこ+半ライス)550円」@お食事処 一番の写真小田急線新百合丘駅から世田谷通り(津久井道)に出た交差点を左折してすぐ。前のレポにもありますが、ずっと以前は「さっぽろラーメン」でした。
ラーメン店というより、ラーメンがメニューのはじめにある定食屋。店名の冠からして「ラーメン」といわず「お食事処」ですもん。ウリはレバニラいためとしょうが焼きらしい。
えー、そんなぁ、と思ったが、ラーメンセット注文。したら、おばちゃん「小鉢は納豆なんだけど、食べられる?」食べられるけど、ラーメンとセットなのに納豆ごはん?これは衝撃。「はい」って言っちゃったけど。ラーメンは、懐かしい支那そば系の好きな味です。
ほかのお客さん、タンメンとかミソラーメンとかの注文が多いけど、ラーメン単品が430円に対して730円てことは、7割増し?

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「地元野菜ラーメン700円」@もめん亭ラーメン一番の写真道の駅、安達(4号バイパス上り線)内、ラーメン店のみが2軒並ぶ、不思議なコート(左半分は地場野菜の売り場)。ラーメンとしては隣の専門店ぽいほうが人気のようだが、おっちゃんおばちゃんで調理してるこっちに惹かれて。「地元野菜」と謳うだけあって、軽く炒めたニンジン、キャベツの鮮度がはっきり。軽いけど、ちゃんと取ってますという感じの、鶏ダシに塩味、醤油もちょっと、かな。いたってふつう、麺もふつう。いいんです、やさしくおいしい野菜たち。
ちなみにカンバンメニューは「びっくりソースカツ丼」。サンプルが出ていて、長さが20cmはあろうというとんかつが3枚、丼にそそり立つ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「焼走りラーメン620円」@東北自動車道上り線岩手山サービスエリアレストランの写真実際はレストランじゃなく、フードコート(スナックコーナー)のメニューです。
焼走り(やきはしり、と濁らずに読むよう)は、シンプルな醤油ラーメンに、流れる溶岩に見立てた岩海苔が乗った『ロングセラーメニュー』(SAサイトによると)だそうです。巻きバラチャーシューが2枚、メンマ、マルトと、ほかの具材もシンプル。岩海苔しだい、ということになりますが、SAのラーメン(専門店の出店じゃない)としてはギリ及第点かな。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハンセット850円」@ラーメンのぞみの写真厚木のメガ・ドンキにはたまに行くんだが、その奥に町中華ぽい店があるのは見えていたんだが。
そのドンキで、この店の看板商品としてチャーハン(パック入り)が売られていて、興味がわき、立ち寄ってみた。
チャーハンセット、カレーセット850円はいいとして、な、なんと、ショーガ焼きセット(白飯・ラーメン付き)が850円。豚肉とキャベツのみそ炒めセット、野菜炒めセットは900円、トンカツセットは950円。これらのセットすべて、昼2時まで50円引き!!
チャーハン目当てとはいえ、お初なので、チャーハンセットを。何箇所か「昭和の味 ラーメン」と書かれているが、「ここで20年」みたいな色紙も。20年じゃ、平成になってるじゃん、いや、味が昭和だと言っているだけか。はい、たしかに私も知る、昭和な町の中華食堂の味(大好きな)です。鶏がらに野菜かな、それに濃口醤油、くわしくはわからないが、そういう味で、こういうのがチャーハンには合うんだよね。浮いているのは豚バラ肉、メンマ、わかめ、なると。チャーハンも特にどうということはなくバランス取れたおいしさ。あとで調べたら、こちらも好きな厚木・麺屋食堂の系列(ご親戚?)らしい。
いいねえ、こういう味、だーいすき。次回はショーガ焼きにしょっと。あ、トンカツラーメンって、、、(2018/6/17食)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン ミニ」@K Dinerの写真伊豆急行の川奈駅からすぐ。とはいえ、人けの多い地域ではないし、海岸沿いの街道からはかなり山をあがったところにあって、昼過ぎには行列ができることも多いよう。実際、日曜の昼12時半ころには待ちが出ていた。
店主は二郎系好きで、その流れをくむ作りらしい。太めの麺に、もやし、野菜を盛るタイプ。とはいえ、聞けば無課長、油すくなめ、ニンニクは聞いてから入れる。ちょっと変わった麺は、パンに使う小麦を使った別注の製麺とのこと。チャーシューは麺茹での間に切りだし、バットの湯せんで温めてから乗せるという拘りを見せる。
いきなり塩をいただいてしまい、評価は難しいところだが、個性的と言える麺、スープの作りに加え、随所に拘りがみえ、まだ完成したものではないよう。
なお店主は、フレンチだかイタリアンのレストランで修行経験があり、とくにデザート担当でもあったそう。店舗名刺には「ラーメンと日替わり料理と、デザートとお酒」とある。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「たんや特製らーめん・あっさり味¥700」@麺・飯場 たんやの写真デフォとおもわれるのが「特製」というのだそうだが。あっさり味と濃いめ味から選べるそうで、お初なので「あっさり」で。味玉、チャーシュー、わんたん、桜海老(甘辛い佃煮?)、焦がし醤油スープ、平打ちのやや太い麺、どれも完成度が高い、、、んだが、丼にまとめられると、統一感にかける気がする。
とくに桜海老、大好きな味なんだが、スープに溶かすと一気に調和が薄れてしまう。
焼きチーズカレーや、バター坦々麺など、研究熱心さはわかるのだが、んーん。若くない味覚には味わいきれませんでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタンメン」@中華ソバ 坂本の写真バイクツーで銚子へ。5月も末だっつうになんだかうすら寒ぅい。目当てにしていた、ここ坂本さんに。
暖簾をくぐるなり「ごはんがおわっちゃったんですがぁ」、いやいいですけど、ラーメン目当てなんで。
迷いなくワンタンメン。大盛りかとおもうほどの大きな丼になみなみ。クリアなスープは昆布出汁なんですね、丼中央に黒い5cm各の物体が沈んでいて、海苔かとおもったら昆布。麺はもちもち、ワンタンは肉ぎっしり、おいしくておなか一杯になるラーメンでした。
あ、ごはんがないときいて「じゃぁきょうはラーメン」て言ったり、「またくるわ」て帰っちゃう人まで。みなさん、カレーライス目当てなんですかね?

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタンメン(700円)」@中華そば 成光の写真神保町界隈、新興のラーメン店が多いが、昔ながらの中華店もぽつぽつ生き残っている。一見ちょっとうらぶれた感じでも、生き残っているにはそれなりのワケがあるってもんでしょ。
数多いメニュから、ワンタンメンを。ランチタイムにしては少々待ち時間がかかって出される。
おー、真っ黄色いと思われる麺に醤油がしっかりシミシミ。ワンタンは東京らしいこれも黄色のつよい薄皮に赤い肉が透ける。そそられるビジュアル。そして薫り高い醤油。支那そばぁぁ。
もう、ビジュアルが味を裏切れるはずもない、このウマさったら。。。
見回すと、ランチタイムの一番人気は半チャン+ラーメン。次いで常連らしき人たちには麻婆ラーメン。これも試しに来たいな。(2016/3/25食)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタンメン(750円)」@支那ラーメン 桂山の写真お店の評判は聞き知っていたのだが、まさかこれほど国道から離れ、住宅地にポツンとあったとは。知ってなきゃ行き着けない場所だ。
メニューは少ない、けどワンタンメンがあるからよいのだ(笑)。
はー、こういう味、だいすきです。醤油しっかり、ダシはなんだか(ブシとあとは?)わからなく渾然一体。平打ちの縮れ麺に絡むことといったら、、、。シミシミのメンマもいい。うん、ワンタンは肉たっぷりだし、つるつる。
ここ、通いたくなるなぁ。(2016/3/6食)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「肉入中盛(600円)」@中華そば いのたに 本店の写真徳島、初上陸(港まで来たことはあったけど・笑)。と言ったら「まずはここやろ」と連れてきていただいた。徳島ラーメンも初。メニューは基本ひとつだけ、で中盛・大盛、肉入り・標準、オプションもメンマと玉子だけ。これでもの客の入り、おそるべし。
みかけによらず、こってり感はない。味もやや薄め、かと思ったら肉に味がしっかりついているので、これでバランスしている。メンマもおいしい。「なにゃ、玉子いれなあかんで」と言われたが、これで玉子とかしたらどうなるんだろ。はい、おいしくいただきました。脱帽。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件