なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

jiro-kyo

レベル9
男性 - 東京都

30半ばの今更ながら二郎系のラーメンにはまっています。採点表というより、ほとんどブログ化しています。まぁ、こういう使い方もありなのかなっと勝手に解釈しておりますが、同一店舗同一メニューを食し採点する場合もあるかと思います。
但し、二郎系の「ブレ」考慮の上ですのでご容赦下さい。

平均点 79.284点
最終レビュー日 2006年11月29日
109 38 0 20
レビュー 店舗 スキ いいね

8/12昼、

雷雨の中、極太麺が食べたくて営業している期待を込めて「はっち」へ・・・店の中の電機はついているもののクローズの看板が・・・
しょうがないので系列らしい「あびすけ」へ

麺: はっちと全く同じ極太麺でうまいです
つけ汁: 基本的にはハッチと同じく豚骨ベースで細かい節が浮いているつけ汁。臭いも同じだが・・・薄い・・・特にここのような極太麺である以上、スープにパンチがないと麺のうまさが半減すると思う
具: チャーシューはバラ部分やモモ?部分が混ざっていて、柔らかいものや噛み応えのあるもの、味の染み込んだものとバラエティにとんでおもしろかった

ハッチとほぼ同じだが、なにか満足感に欠ける1杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

7/20昼、

新メニューの辛つけを食しに・・・並びはなかったが、タイミングが悪かったのか15分程度待った。

麺: いつもどおりの太太モチモチ
つけ汁: 毎度思うことだが大盛にすると明らかにスープが少ない、配分に気を使いながら食うのはちょっと・・・味以外の部分なのでどうなのかな?っと思いますが、「つけ汁多め!」とか出来るのでしょうか?
具: 肝心の辛味だが、見た目は蓮爾の蓮エビペーストっぽい感じで実際エビの風味も感じる。が・・・辛い! そこそこ辛党を自負しているつもりですが、結局1/5程度しか使えませんでした。
温玉はあってもなくても・・・ただかなり冷たいので入れると同時にスープはかなりぬるくなります。

つけ汁の少なさに不満が残るのと、辛味はこんなにいらないので卓上薬味でも良いのでは?と思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

7/3昼、

二郎風なラーメンを出す店が自信を持って送り出すガツ〜ンとくるつけめん・・・との情報を得て行ってみた。

麺: 2色で2通りの麺が合盛りで出てくる。黄麺は浅草開花楼製らしく、太麺でモチっとした感じ、六厘舎に似てるかな? 白麺?は黄麺より細くボキボキっとした感じ。ボソボソ感が強いかな?暖々の麺に似てるけど暖々の方がうまい
つけ汁: 器が熱せられて出てくるの超熱々スープ。確かに豚骨系と魚介系のダブルスープだが豚骨系のほうが強い。それよりもあん風?片栗粉かなんかで中華のあん風になっていてドロ〜ンとしている。最後まで熱々で食べられるのは良いが、熱過ぎるかも
具: 看板のとろ肉が2枚、バラ肉が炙られてトロットロでうまい。他に肉みその塊? 半熟卵、そしてお約束のキャベツ&もやしの茹でたものが少々。具はちょっと多いかな

麺量は両方あわせて350gらしいが最後ちょっと飽きてくる。2通りの麺やスープの熱さなど工夫は見られて評価したいが、味のほうに少し不満が・・・白麺のボソボソ感がイマイチ+スープがガツ〜ンと来なかった事が残念です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

6/29昼、

11:30に到着・・・closeの札が・・・だが店内からは豚骨の香りがするので12:15に再訪・・・close・・・一旦諦めたのだが14:00過ぎに見せ前を通ったらOPENの札になっていたので寄ってみた。
前回、具が多すぎたので今日は味玉だけ追加。

麺: やっぱり辰屋に似てるかな?太くてモチモチプルップル&つけなのでシコシコ。
つけ汁: 前回より豚骨の濃厚さを感じたもののガツ〜ンとはこない。最後のほうは薄くなると共に飽きもくる。
具: メンマが厚切りでうまい。チャーシュー、味玉は本当に普通・・・としか言いようがない

普通につけめんとしてはうまいと思いますが、この変則営業時間はちょっとつらいですね

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

6/19昼、

最近麺切れやパーキングに空きなしなどで振られ続けている六厘舎へ。
1ロット待ちで食えたので待ち時間は20分程度か。

麺: 相変わらずのモチモチ具合。そのまま食べてもうまいと思えるほど
付け汁: うん!?今日はパンチ不足か? 濃厚さに欠けている感じで麺とうまく絡まない。魚介がきいてはいるものの、いつもの動物系の濃厚さが弱く感じた
具:いつもどおりのうまさです

スープの濃厚さが足らず、少し残念な結果に・・・初めて大盛りにしてみたが量的には一般二郎の大より少ないかな? 麺量は同じ位でも具(?)の多さが違うのでなんとも言えないが・・・

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

6/14昼、

前から気になっていたのと、自分の中で空前の【つけめんブーム】が来ているのがあいまって、薄暗い(笑)店内へ。
客は結局最初から最後まで自分1人だった。 以前はもっと変則営業や休みが多かったらしいのでその影響かな?

麺: 極太麺!太さ的には一般二郎のそれより太く、私的には辰屋と同じくらいに思えました。そしてこれがうまい!玉子が入っているのか若干黄色い麺だがプリッとしていて食感がいい。
つけ汁: 豚骨に節がきいた感じ。六厘舎に似てるかなっと思ったが、濃厚さが足りずそれほどパンチがない。つけめんなのだからもっと濃厚なら尚良かったと思う。
具: チャーシューは薄く切ったやわらかいものだが増すほどではなかったようだ。メンマもうまかったが味玉はふつうかな。

大盛りにしたが量はさほど多くはない。(一般二郎の小程度)
総体的に味のレベルは高く感じたので機会があればラーメンも食してみたくなった。
太麺好きにはお勧めです!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

6/12夜、
〆ないあつもりがお気に入りの蓮爾へ。巷(二郎界)では評価の高い蓮えびだが私はあまり好きではない。あのアブラを焦がした海老せんのような後味が好きになれないのだ。今回は確認のため、〆ないあつもりで食してみた。

麺: やっぱりあつもりで少し柔らか目がうまい。今日はちょっと細め?に感じたがここの麺は食えば食うほどうまく感じる
つけ汁: やっぱり・・・この後味&風味がどうも好みではない、しかも普通のつけのパンチ力さえ弱まっている感が否めない
具: 豚切れだったので増せなかったが、最後の客だったせいかゴロゴロ入っていて1個は超絶品! 野菜皿にカラメを入れてくれるのもポイントが高い。

結局、私には蓮えびが合わないという結論に・・・こんな時に限って海老風味以外は完璧だったのが悔やまれる。
今度はつけのスープでラーメンにして食べてみたい

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「1日3食二郎で・・・」
5/12夜2発目。
1日3食、食べる事は普通(最近は忙しくて2食しか食べないという人も多いと聞くが)、1日3杯のラーメンを食べる人もいるだろう・・・だが1日3回の「二郎系」は・・・??? 
昼の上野毛(これは自主的)、夜の辰屋(これは付き合い&自主的)
そして蓮爾(強制ではありません、あくまでも「自主的です」)
しかし、よりによって極太麺&豪快な蓮爾を最後にしなくても・・・
で、店主に「少なめコール」・・・店主「ちょっとキョトン・・・」

麺・・・絶対少なめじゃない!普通に小はあった。が、うまいと感じる自分が怖い
スープ・・・魚粉効果か?濃厚な蓮爾スープが元になっているとは思えないライトさを感じる
豚・・・増してないのに3個も・・・しかも1個は子供のコブシ大でキツク感じた

かなり、満腹中枢がやられたが完食。しかも独特な幸福感が・・・
蓮爾には二郎とは違う中毒性があるようです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

5/11昼
今日は雨の為か珍しく空席あり状態で店内へ・・・注文後3分ほど(?)で出てきてビックリ!? たぶん見込みで麺を茹でていたのでしょう。

麺:太さもちょうど良くムッチムチでうまい
スープ:今日はちょっと魚が強すぎたような・・・個人的には前回のような濃厚豚骨の中に魚がきいた方が好みかな
具:豚もほぐしもうまかった

もう少しお腹が空いていたら大盛にしたが、ここはやっぱりうまい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

3/7昼。
どうやら最近私の中でつけ麺ブームが来ているらしく、評判の六厘舎へ。13:30着で店外6,7人待ちとなかなかの盛況ぶり。
まずはスープが来たのでほぐし豚やスープを味見・・・なかなかうまい。
待望の麺は、二郎系とは異なる太麺でムッチムチ、うまい!
スープは想像より濃厚さはないがうまい、噂の魚粉も良く合う。
豚もとろ〜りとして高レベル。
量は思ったほど多くない、一般二郎系の小より少ないかな?
どこかのサイトで「東京一うまいつけ麺」と評されていたが、東京一かは? として単純にうまいと思います。
しかし、悲しいかな、食べ終わった瞬間から「二郎系が食いたい!」症候群に悩まされる私でした・・・。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件