なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とんし

男性 - 兵庫県 (1964年生まれ)

私のコメントを読んで下さって、誠にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
コメントに関しては、素直に自分が感じたままに書かせて頂いています。
たまに辛らつなコメントもあるかもしれませんが、思ったことをそのまま書いているだけですので、どうか許して下さい。他の方のお気に入りのお店に厳しい評価をする場合もあると思いますので、あらかじめお詫び申し上げます。
評価の基準として、料金に見合った美

平均点 68.161点
最終レビュー日 2008年4月20日
430 344 0 67
レビュー 店舗 スキ いいね

東京では、たまに見かける「長崎ちゃんぽん」のお店があったのでの、ランチで入ってみました。
13時を越えていましたが、けっこうお客さんが入っていました。

「皿うどん」を食べようと思ったのですが、「チャーハンと長崎ちゃんぽんのセット」があったので、そちらにしました。
950円くらいだったと思います。

さて、「長崎ちゃんぽん」ですが、具沢山でそれなりに美味しいですが、神戸特有の薄味のスープです。
街の中華料理屋にありがちな中華スープの味がしますが、いずれにしても、ラーメンのスープとしては、私には薄く感じてしまいます。
濃い味のラーメンは好きではありませんが、コクが欲しいのです。

チャーハンはいたって普通の味だったと思います。
ただ、薄めの味付けで、化学調味料を強く感じる味ではないので、ラーメンと一緒に食べるには良いでしょう。

2007.3.13 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ネットでの情報のどおり、確かに昔ながらのラーメンという感じがします。
どうっていう特徴がないところが、特徴みたいなラーメンですが、私はけっこう好きな味です。
実際に、とても人気があるお店のようで、いつもお客さんがいっぱい入っています。
夜のみの営業というのも人気があるからこそできるのでしょう。
東京で、夜のみの営業のラーメン屋さんというのはとても少ないように思いますが、この界隈ではよく見かけます。なぜでしょうか。〆のラーメン専門という雰囲気でもないので、不思議です。漁師屋は完全に〆のラーメンを意識しているように感じますが。

「チャーシュー麺」を頂きましたが、料金設定は少し強気ですねえ。
あっさり系で、好きな系統の味ですが、料金に見合うかというと意見が分かれるでしょう。
こだわりの「チャーシュー」は普通に美味しいという感じでしょうか。

いずれにしても、いろいろな種類のラーメンを試してみようと思っています。
このようなタイプのラーメンは、好きな人にとっては、いつまでも飽きずに食べ続けられるでしょう。
また、ある日、夜中に突然食べたいと思う味でもありますね。

接客は温かみがあって、地元でずっと愛されるお店でありたいという思いが伝わってきます。
いつも書いていますが、なぜそのような思いが伝わってこないお店が多いのでしょうか。
味が普通であれば、接客でお客の入り方は全然変わるというのに・・・・・。
接客の良さだけで、坪単位の売上げ日本一を記録したお店もあるというのに、私は不思議でたまりません。

2007.2.19 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

ある日の日曜日、久しぶりに伺いました。
日曜日だったせいか、家族連れのお客さんが多かったですね。
こちらのお店は、モンゴル産のかん水を使っておられると言う、多加水の麺が結構美味しいので、以前からの予定どおり、「つけ麺 中」700円を頂いてみました。

「中華そば」は、スープがあっさりして、薄味なので、「つけ麺」はどうだろうと思いましたが、やはり、「つけ麺」としては、かなり薄味のほうです。
甘ったるいつゆの「つけ麺」は食べられないのですが、こちらのお店は、そのようなことはありません。ただ、薄味なので、酸味は強く感じます。
辛さと酸味とダシ汁の旨みで、麺の美味しさを引き出そうとしている「つけ麺」です。
そのような意味では、試みは成功しているように思います。
ただ、私にとっては、少し酸味が強すぎるようです。
「つけ麺」好きの方にとってもかなり物足りなく感じる味付けかもしれません。
私は比較的好きなタイプの「つけ麺」ですが、評価がはっきりと分かれるでしょう。

また、つけ麺の割りには、具が少ないのも寂しいですね。
普通のチャーシューが2枚と、メンマが少々入っていますが、刻みチャーシューやメンマが一杯入っていると、味の薄さが補えれるので、もっと美味しくなるでしょう。
そうしようとすると別料金のトッピングになってしまい、好きなだけ具を増やすと1000円を超えてしまいます。
麺の量は、並と中が同料金なのは、「中華そば」と同じです。
ところで、いつも思うのですが、「つけ麺」にするとラーメンよりも麺が多く食べられるのはなぜでしょうか。

2007.2.25 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

神戸は、ラーメン屋が少ないだろうなあと想像していましたが、三宮にはけっこうありますね。
こちらのラーメン屋は、北野坂沿いにあるのですが、少し目立たないですね。
ラーメン屋らしくない雰囲気があるからでしょうか。

こちらのお店のスープはトンコツベースで、鶏のモミジ(足先)と数種の野菜を煮込んでいるとのことです。
麺は厳選小麦粉と京都の名水を使った特製の細麺とのことですが、細麺の割には、しっかりとスープに絡みますね。
頂いたのは、「白玉拉麺」680円です。
豚骨特有のコクもありますが、それよりも鶏のモミジと野菜のせいか、独特な旨みがあり、しかも意外とあっさりしているので、美味しいですねえ。
神戸では比較的好きなラーメン屋です。
場所柄からどうしても〆のラーメンとなりますが、次回は、是非「福建麺」を頂こうと思っています。
今後、評価が上がる可能性のあるお店です。

2007.2.18 訪問

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

大阪を中心としたチェーン店のようです。
ネットで拝見すると
べらしおのうまさの秘密として
1.鶏・豚・魚貝ベースの「黄金色のスープ」
2.北海道産有機無農薬の小麦「はるゆたか」を使った麺
3.沖縄・久米島の海洋深層水からできた「塩」
4.最新鋭の浄化システムを使用した「水」
が挙げられています。
能書きだらけのチェーン店が多いので、私はあまり能書きを信用することがありませんが、「水」へのこだわりを感じたので、少し期待して、ランチの「煮豚丼セット」750円を注文しました。

確かにラーメンは美味しいと思います。チェーン店であることを考えるとかなりレベルが高いですね。
塩が良いのか、水が良いのか、わかりませんが、「黄金色」のスープは、あっさりしていますが、コクがあって美味しいです。
とろとろのチャーシューも私の好みです。

「煮豚丼」もちゃんと美味しいので、料金設定からも満足のいくランチのセットです。

神戸にお店がなくて残念です。
機会があれば、また食べたい美味しい「塩ラーメン」ですね。
大阪でのランチにお勧めします。
「うどん」だけやおまへん。

2007.2.16 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ある日の夜、〆のラーメンで伺いました。
初めて、「世界長」に伺った日です。

麺は細めのストレートです。
チャーシューは、ももとばらの2種類を使われています。
これはこれでいいのですが、スープが私には合いませんでした。
鶏がらと豚骨がベースだと思いますが、雑味が多くて、ごちゃごちゃしたイメージの味で、私には合わないですね。
コッテリ気味で、雑味が多いと二重苦になるので、食べている途中で、食べるのを止めたくなります。

本当にラーメンの好みというのは分かれるものだなあとつくづく思いました。
ただ、私の知り合いも好きではないようです。

確かに、普通のラーメンでもチャーシューの量は異常とも言えるほど多いのですが・・・・・。

2007.2.9 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺」700円と「ぎょうざ」300円を注文しました。
「チャーシュー麺」のチャーシューは薄めですが、適度に味が染みていて私の好きなチャーシューです。チャーシューの量はかなりありますね。
ちょっと懐かしい雰囲気だなあと感じる味のラーメンです。
シンプルで、言わばノーマルな味のスープと言えるでしょう。
このようなラーメンは飽きがきませんね。
基本的に私は鶏がらのシンプルな味のスープが好きですので、好みと言えるでしょう。
但し、何か卓越したものがあるというわけではありません。
具はメンマ、わかめ、もやしなどがありますが、私は、ラーメンにわかめやもやしを入れるのはあまり好きではありません。
「ぎょうざ」は普通の美味しさですが、300円で7個というのはリーズナブルで嬉しいですね。
サイドメニューで「ぎょうざ」を食べさせるのであれば、やはり350円以下にすべきです。
500円以上する「ぎょうざ」はかなり美味しくなければ納得できません。
ラーメンと同じ値段の「ぎょうざ」とは何事かと思ってしまいます。
いずれにしても、神戸では、お気に入りのラーメン屋さんがほとんどないので、その中では比較的好きなお店です。

2007.2.3 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン」を頂きたくて再訪しました。「こってり」も試したかったのですが、とりあえず「塩」を頂きました。

うーん。「あっさりラーメン」が結構美味しかったので、期待したのですが、美味しくありません。
塩の味がストレートに出すぎていて、旨みや深みを感じることができません。
とても平面的な味のするスープです。
私の体調がおかしかったのでしょうか。「あっさりラーメン」で期待されたものからは、遠く及ばないのでびっくりしました。

次回「こってり」を頂いて、評価については、再検討したいと思います。
残念です。神戸では、どうしてもお気に入りのラーメン屋さんが見つかりません。悲しいです。

2007.3.7 訪問

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

鶏のダシはよく出ていると思うのですが、とにかくスープの味が薄いです。
麺はちょっと変わったストレートですが、あまり麺自体の美味しさを感じません。

このような「汁そば」は、神戸の他の中華料理店でも頂きましたが、こちらのお店はなぜか美味しくありませんね。

とても有名なお店ですので、期待をして伺ったのですが、残念な結果になってしまいました。
震災後、味が落ちたとの話もよく聞きますので、味にブレがあるのかもしれませんね。
昼は美味しくなかったけれども、夜は美味しかったという話も聞きますので、一度夕食で再訪する必要があるかもしれません。

2007.2.22 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

日曜日に異人館あたりをぶらついた後、夕飯は元町の中華街で中華を食べようかと思いましたが、いろいろ調べてみると中華街にはあまりよさそうなお店がありません。

けっこうディープなお店を想像していましたが、それほどでもありませんでした。
二階に通されました。
注文したのは、「前菜の盛合わせ」「海鮮三種炒め(貝柱・エビ・イカ)」「蒸しどり」「水ギョウザ」「ネギ汁ソバ」
だったと思います。
お酒は紹興酒のボトルを頼みました。
一品、一品の量が思っていたよりも多いので、途中で苦しくなってきて、一番食べたい「ネギ汁ソバ」まで行きつけるかが、不安になりました。

こちらのサイトはラーメンデータベースですから、他の料理のレビューは割愛します。
さて、なんとかかんとか胃をごまかしながら「ネギ汁ソバ」に行き着きましたが、美味しいものは、お腹がいっぱいでもやはり美味しいですね。
この「ネギ汁ソバ」だけをランチで頂くのもいいんじゃないでしょうか。
シンプルですが、あっさりとしていていながら、深い旨みのあるスープで、ストレートの麺は他ではあまり食べたことがないものです。
お勧めします。

2007.2.11 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件