なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とんし

男性 - 兵庫県 (1964年生まれ)

私のコメントを読んで下さって、誠にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
コメントに関しては、素直に自分が感じたままに書かせて頂いています。
たまに辛らつなコメントもあるかもしれませんが、思ったことをそのまま書いているだけですので、どうか許して下さい。他の方のお気に入りのお店に厳しい評価をする場合もあると思いますので、あらかじめお詫び申し上げます。
評価の基準として、料金に見合った美

平均点 68.161点
最終レビュー日 2008年4月20日
430 344 0 67
レビュー 店舗 スキ いいね

久しぶりの更新です。

中華料理屋ですが、ラーメンのコメントだけ書きますね。

頂いた牛バラ汁そばは、非常にシンプルですが、味に深みがあるスープと柔らかくて旨みのある牛バラが素晴らしいですね。
このような料理は、飽きることがないので、私は好きです。

個人のブログで良く書いている、おしゃれな神戸「乙仲通」にある、とてもスタイリッシュなお店です。
デートにも使えますよ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

お店のある界隈は、かなりディープな場所で、夜だったら女性が一人では歩けないでしょう。
昼でも、インスタントカップルらしき方々が手をつないで歩いているので、ドキッとしてしまいます。

さて、こちらのお店はランチでとてもお得なセットがあります。
好きなラーメンと丼ものを選んで、餃子が3個ついてきます。750円という料金設定は安いですね。
私は、「はまやラーメン」と「チャーシュー丼」を選択しました。

「はまやラーメン」は美味しいですね。
自家製の麺も美味しいですが、やはりスープが素晴らしいです。
今まで、似たような味のスープは食べたことがないと思います。
魚介類と豚骨が融合できるのかかなり疑心暗鬼でしたが、見事なバランスでスープを完成させておられます。

とろみのあるスープで傾向としては、あまり私が好きなタイプではないのですが、豚骨と魚介類の旨みとコクがしっかりと感じられます。
しかし、嫌な重みがないので、食べていても飽きません。
飲んだ後にも美味しく頂けるラーメンでしょう。

ラーメン類の単品の値段設定も600円ですし、コストパフォーマンスも問題がありません。
好みが分かれるかもしれませんが、大阪のキタではお薦めできるラーメンのひとつです。
「揚子江名門」とは全く異なったラーメンですが、こちらはこちらで私は好きです。
付き合っていない女の子とは行けませんが、朝の4時半までやっておられるようですので、〆には最適です。

2007.10月下旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

東京ではたまに食べていたラーメンですが、神戸に来てから初めてこちらのお店に入ってみました。
大阪の梅田店は、いつも行列が出来ていますが、神戸元町店で行列が出来ているのは、土、日くらいでしょうか。
チェーン店化が進んで、東京にはかなりの数のお店がありますから、どちらのお店も行列店にはなっていません。
そのようなわけで、私にとっては、珍しいラーメン屋ではないので、何十回と前を通りながら入らずにいましたが、なんとなく食べたいと突然思ったので伺いました。

ランチは、「明太子ごはん」や「小チャーハン」などとのセットがあります。
いつも「白丸元味」ばかり食べているので、「赤丸新味」を食べてみようと思っていたのですが、なんと新しいラーメンを開発したと言われました。
そこで、1300円という料金設定に対して、いささかの抵抗を感じながらも、そのラーメンを注文することにしました。
「極新味(きわめしんあじ)」です。

いろいろな特徴があるラーメンですが、詳しくはHPをご覧頂くとして、ポイントだけをここでは書かせて頂きます。

一番のサプライズは、なぜか「茶碗蒸し」が入っている点です。
「白湯スープ」がメインのスープですので、かなりまろやかな味に仕上がっています。したがって、「茶碗蒸し」の昆布と鰹のダシが合うということで、このようなことをしたのでしょう。
味としては、良いバランスだと思います。

また、この「白湯スープ」を柚子胡椒がのせてあるご飯にかけて、雑炊のようにして食べられるようにしてあります。
実は、私はこれが気に入りました。
日本人は雑炊が好きですからねえ。
美味しかったので、ごはんをおかわりしたほどです(おかわりは無料)。

そして、「赤丸新味」っぽい味も楽しんで欲しいという事で、「赤丸新味」のスープをゼラチン状にしたものがついています。
これを後半スープに混ぜて、違う味が楽しめるようになっています。
柚子胡椒もついていますので、かなりいろいろな味を楽しめるようになっています。

練りに練ったメニューだと思いますし、実際に麺も含めて美味しいと思いましたが、やはり問題は料金設定でしょう。
元々、こちらのお店は料金設定が高めですので、更に1,300円のラーメンというのはどうかなあと思いました。
950円であれば、たまに食べたいと思うでしょうが、この価格だと一度経験すればいいかなと思ってしまいます。

「一風堂」らしく接客は良いですし、空間も贅沢に使っていますので、相変わらず気持ちの良いお店だとは思いますが、料金設定のバランスの悪さから、どうしても2.5をつけられません。
私にとって、評価における2.0と2.5というのは、一番幅があるところです。
2.0は標準よりは上でしょうという感じですが、2.5となると名店に準ずるということですので、とてもこだわっています。

2007.9月上旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

南京町の中央・南京町広場の前のビル2Fに店を構えていた「南京町らーめん美麗路庵」がこちらの場所に移って、名前を変えたとのこと。
「美麗路庵(ビレッジアン)」は関西ウォーカーなどの情報誌でラーメン特集があるたびに登場していたらしいですね。

偶然、入りましたが、あまり綺麗なお店ではありません。美麗路庵?
「ラーメン」だけではなく、「チャーハン」「カツ丼」「親子丼」などのメニューもあります。
「ラーメン」は500円で、「チャーハン」を+100円でセットにすることができます。
これはかなり安いですね。

先に「チャーハン」が出てきました。
100円の「チャーハン」ですので、期待していませんでしたが、意外とまともでした。
化学調味料たっぷりの濃い味ではなく、ちょっと薄味のごく普通の「チャーハン」でしたが、具が少ないのはしょうがないでしょう。
しかし、玉子がちゃんと入っていたので、それなりに美味しく頂きました。

「ラーメン」はまあまあ美味しいと思います。塩昆布を細かく切ったような具が入っているのが特徴ですね。
チャーシューはちょっと固めですが、意外としっかり味がついていましたので、美味しく頂きました。
しかし、白菜が入っているのは私が嫌いなパターンです。
ラーメンに白菜は必要ありません。
麺は、普通の太さの縮れ麺で、こちらのラーメンのスープに合っています。

ところで、その肝心のスープですが、私の知らない系統のスープです。
にごったスープなのですが、塩味とも醤油味とも言えないのです。
何でダシをとっているのかもよくわかりません。
醤油というよりも塩っぽいのですが、塩の味をはっきりと感じさせる塩ラーメンではありません。
いろいろなものからダシが取られているというがわかりますが、疲れて遅いランチを食べたので、あまりはっきりと覚えていません。
いずれにしても、その辺にあるスープではないですね。
美味しいかと言われれば、まあまあ美味しいという感じでしょうか。
奇をてらっているわけではないのです。

機会を見て、再訪しようとは思っています。

P.S.
お店の奥に、ギターが置いてありました。
たまにお店の2階でライブをやられているようですね。
本当は音楽で生計をたてたいのかなあと思いました。
好きなことで生計をたてられたら幸せですね。
つくづくそう思います。
自分の好きなことを追求するには、自分でお店をやるしかないのかもしれませんね。
それもとても大変なことだと思うのですが・・・・・。

2007.5.14 訪問

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

神戸に来てから、一度も「つけ麺」を頂いていませんでした。
「つけ麺」をやっているお店自体が少ないのとともに、更に美味しい「つけ麺」となると開拓するのに大きなリスクが伴うからです。

さて、こちらのお店は、「こくまるらーめん」で評価を上げましたし、こだわり抜いた自家製麺が美味しいのはわかっていましたから、一度「つけ麺」を食べてみようとずっと狙っていました。

ある暑い日のランチで、「つけ麺」を食べることを思いつきました。
伺うのはこちらのお店しかありません。
こちらのお店ではいつもランチセットを頂いていますが、「つけ麺」にはセットがないので、単品で頼むしかありません。

こちらでは、普通の「ラーメン」は大盛無料ですが、「つけ麺」はなぜか中途半端に110円増しになっています。
メニューをよく見ると、1280円の「スペシャルつけ麺」だけ、大盛無料です。
いやしい私は、その言葉につられて、「スペシャルつけ麺」の大盛を頼みました。

予想通り、こちらの麺は「つけ麺」に適しています。つるつるしこしこで、小麦の味がわかります。
ただ、スープがちょっと私の好みではありません。
「つけ麺」のスープとしは、薄すぎますし、若干ですが、酸味が強いので、好きな系統の味ではないのです。
また、スペシャルで突出して高い料金設定のわりには、具が少し寂しいですね。
チャーシューは薄っぺらいので、もう少しボリュームが欲しいですし、メンマと味付け卵だけではなく、もう少し違う種類の具が欲しいところです。

麺が美味しいので、ちょっと残念な「つけ麺」だと思いました。

2007.5.11 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

鶏のダシはよく出ていると思うのですが、とにかくスープの味が薄いです。
麺はちょっと変わったストレートですが、あまり麺自体の美味しさを感じません。

このような「汁そば」は、神戸の他の中華料理店でも頂きましたが、こちらのお店はなぜか美味しくありませんね。

とても有名なお店ですので、期待をして伺ったのですが、残念な結果になってしまいました。
震災後、味が落ちたとの話もよく聞きますので、味にブレがあるのかもしれませんね。
昼は美味しくなかったけれども、夜は美味しかったという話も聞きますので、一度夕食で再訪する必要があるかもしれません。

2007.2.22 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

日曜日に異人館あたりをぶらついた後、夕飯は元町の中華街で中華を食べようかと思いましたが、いろいろ調べてみると中華街にはあまりよさそうなお店がありません。

けっこうディープなお店を想像していましたが、それほどでもありませんでした。
二階に通されました。
注文したのは、「前菜の盛合わせ」「海鮮三種炒め(貝柱・エビ・イカ)」「蒸しどり」「水ギョウザ」「ネギ汁ソバ」
だったと思います。
お酒は紹興酒のボトルを頼みました。
一品、一品の量が思っていたよりも多いので、途中で苦しくなってきて、一番食べたい「ネギ汁ソバ」まで行きつけるかが、不安になりました。

こちらのサイトはラーメンデータベースですから、他の料理のレビューは割愛します。
さて、なんとかかんとか胃をごまかしながら「ネギ汁ソバ」に行き着きましたが、美味しいものは、お腹がいっぱいでもやはり美味しいですね。
この「ネギ汁ソバ」だけをランチで頂くのもいいんじゃないでしょうか。
シンプルですが、あっさりとしていていながら、深い旨みのあるスープで、ストレートの麺は他ではあまり食べたことがないものです。
お勧めします。

2007.2.11 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ごま味噌坦々麺」ですが、こちらはあまりにも私の好みから離れているので、食べるのが苦痛でした。
まず、「味噌」も「坦々麺」も私の好きではジャンルです。
そして、こちらのラーメンの特徴として、使っておられる「味噌」の影響だと思われますが、「酒粕」のような風味があり、これがどうして私には受け入れられませんでした。
しかも「ごま」が入っているので、とにかく全体的に甘い味ですね。そして、少し辛い。
逆に考えれば、これだけ私と反対の好みの味ということは、このような味が大好きという方もいらっしゃるはずで、ハマル人はハマル味なんだろうなあなどと考えていました。

ちなみに「パリ旨ぎょうざ」367円は美味しくありません。
旨味があまりありません。
安いので食べてしまうのでしょうが、こちらのお店に限らずラーメン屋の「餃子」で美味しいと感じるところはあまり記憶がありません。
なぜか「炒飯」が美味しいお店はありますが。

2007.2.10 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

1月3日、急に神戸で仕事が入ったので、東京に戻るのが大変です。
新幹線は当然満席でしたので、飛行機のキャンセル待ちをしましたら、なんとかANAの東京行きの最終便に乗れることになりました。

19時過ぎに三宮に着いたので、どこで夕食を取ろうかと悩みました。
伺いたいと思っていたお店は、休みでしたので、飛び込みで美味しいお店を引き当てるしかありません。
飲食店の多い、北野坂の方へフラフラと歩いていきました。
このような場合は、お店の選択のポイントは、一つだけです。
お客がいっぱい入っているか否かだけですね。

お好み焼き屋と焼き鳥屋で、混んでいるお店がありましたが、混みすぎて外に並んでいたので、時間の都合上、そのようなお店は選択できません。
そこで、前回来た時にお客がいっぱい入っていたこちらのお店を思い出して、伺うことにしました。

お店の雰囲気は少し好みが分かれるかもしれません。今流行の少しスタイリッシュな内装にしてあり、音楽はジャズが流れています。
いろいろな種類のラーメンがあるので、悩みましたが、ハズスと嫌なので、普通のラーメン550円を注文しました。

こちらのお店は、「キムチ」が無料で食べられるので、他の人を真似して、「キムチ」をつまみながら、ラーメンが出てくるのを待ちました。
こちらの「キムチ」の特徴は、甘いことです。あまり辛くなくて、甘いのでマイルドな味がします。
だから、人気があるのでしょうね。
ただ、私は個人的に甘い「キムチ」は好きではありません。
美味しい「キムチ」を頂くと感じる独特の旨味が感じられなくなるからです。

さて、ラーメンですが、一口スープを飲んだ瞬間に、どこかのラーメンにそっくりの味だと思いました。
ラーメンを食べながら、ずっとそのことを考えていましたが、どちらのお店だったのか、今も思い出すことはできません。
相当前に頂いたラーメンだということはわかります。
さて、その味ですが、お店が、契約農家から取り寄せた厳選の鶏、豚、北海道の昆布を使っていると言うだけのことはあり、かなり濃厚な旨味があります。豚骨の味が一番強く感じられます。
とろみがあるスープですね。
六甲山系の伏流水と全卵を使ったと言うストレート麺もこのスープにはマッチしています。

こちらのお店のウリは、トッピングの「ぼっかけ」にあるようです。スジ肉とコンニャクを煮詰めたものですが、トッピングするべきだったと食べながら悔やみました。
しかし、また食べる機会があるでしょう。

チェーン店の本店のようですが、なかなかレベルは高いと思います。
個人的には好みの系統ではありませんが、〆のラーメンとしても適していますし、今後リピートさせて頂くことになりそうですね。

2007.01.03 訪問

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

帝国ホテルで、パーティーがあったのですが、お付き合いで行っただけなので、「鮨源」の握りを6貫と「ローストビーフ」を少しつまんだだけで、出てきました。
しかし、パーティー用とはいえ、帝国ホテルのローストビーフは不味くなりましたねえ。
牛肉の味がしません。
「スモークハウス TERA」とは、天と地の違いです。
かたや、超有名ホテル。かたや、住宅街にあるスモークのお店。
だから、私のホテルに対する食のイメージは悪くなるのです。

それは、良いとして、まともな夕食を食べようと「香味屋」に向かいましたが、雨足が激しくなってきたので、伺うのが嫌になってしまいました。
そこで、何となく知っていたこちらのお店に伺いました。

「紹興酒のデキャンタ大」「腸詰ソーセージ」「フカヒレ餃子」「空心菜の塩炒め」「ピータン」と頂いて、〆は「葱鶏老麺」を頼みました。
ラーメンサイトですので、ラーメンのみの批評をしますが、この「葱鶏老麺」はけっこう気に入りました。
ストレートの麺とスープがメインのほとんど具のない「ラーメン」と厚く切られた「蒸し鶏」6切れほどが、別の皿に置かれて出てきます。
「ラーメン」のスープは、ダシの良く出た塩メインの味ですが、中国茶なども使っていて、おもしろい味がします。
ただ、かなり薄めの味付けになっています。
そこで、これは、麺とスープを容器に入れて、それに甘辛いタレのついた「蒸し鶏」を載せて、食べるとちょうどいいのだろうと気づきそのようにしました。
美味しかったです。
ダシとタレと麺と蒸し鶏のハーモニー。
中華料理を食べた後の〆のラーメンとしては、癒し系ですね。

また、オーナーと思うわれる方の気遣いのある接客には好感を持ちました。
再訪させて頂くことがあると思います。

2006.12.14 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件