なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とんし

男性 - 兵庫県 (1964年生まれ)

私のコメントを読んで下さって、誠にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
コメントに関しては、素直に自分が感じたままに書かせて頂いています。
たまに辛らつなコメントもあるかもしれませんが、思ったことをそのまま書いているだけですので、どうか許して下さい。他の方のお気に入りのお店に厳しい評価をする場合もあると思いますので、あらかじめお詫び申し上げます。
評価の基準として、料金に見合った美

平均点 68.161点
最終レビュー日 2008年4月20日
430 344 0 67
レビュー 店舗 スキ いいね

〆のラーメン以外で、夜ラーメンを食べることは珍しいです。
20時半頃伺いましたが、先客は3人でした。
おしぼりと水はセルフサービスになっています。

いつものことながら何を頂くか悩みましたが、お店の名前がついている「金のレンゲ」を注文しました。
要するに、味噌チャーシューメンに辛煮(牛のスジ煮)がプラスされたラーメンです。どのラーメンにも味付き玉子が入っているようですので、いわゆる「全部のせ」ですが、ちょっと強気の料金設定かなと思いました。
ちなみに、「銀のレンゲ」は、味噌ではなく、普通の豚骨ラーメンのチャーシュメンになっています。

かなり大きな丼に薄くて大きいチャーシューが4枚のっています。具は、他にメンマ、もやし、辛煮、海苔です。
スープの味は、豚骨をベースに、味噌が加えられて背油が浮いています。
見た目はこってりですが、あっさりした味で、人によっては薄く感じられるかもしれませんが、旨味はしっかりとあります。
なかなか美味しいと思います。
麺は縮れた平麺ですね。平麺はスープが絡みにくいといつも思うのですが、こちらの麺では、あまり感じませんでした。

チャーシューは、薄いロースですが、麺に絡めて食べると美味しいですね。味付けが上手なのでしょう。
メンマは、風味が感じられて美味しいです。メンマには、それほどコストがかからないのですから、これくらいのメンマをどこのラーメン屋さんでも出して欲しいですね。

結構美味しいと思って食べたので、もう少し点数が高くていいはずなのですが、かなりのマイナスがありました。
最初のうちは美味しく食べられるですが、途中から、油の重さが負担になって、食べるのに飽きてきます。
この油の重さの原因は何でしょうか。
このラーメンの本質的な問題で、スープが冷めるとそのように感じるのか、大量に入っている牛スジが混ざってくるとそう感じるのか、どちらの理由かわかりませんが、とにかく少なくてもこのラーメンに関しては、最後の方で食べるのが嫌になりました。
他のラーメンはどうなのかわかりませんが、看板メニューですので、ちょっと残念でした。

こちらのお店では、ノーマルなラーメンか味噌ラーメンを頂くほうが良いのかも知れません。
「つけ麺」や「油そば」までメニューにありましたので、ご主人はとても器用な方だと思いますが、全体的にフォーカスが定まっていないような気もします。
機会があれば再訪したいと思いますが、いつになるかわかりません。

P.S.
金のレンゲは金のレンゲを注文した場合のみに出てくるようです。

2006.12.20 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン」が気になっていたので、そちらも頂いてみました。
味自体は、やはり濃いですが、この「味噌ラーメン」は、結構美味しいと思います。
「サッポロラーメン系」の「味噌ラーメン」が私は嫌いなのですが、この味の「味噌ラーメン」であれば、美味しく頂けます。
元々スープ自体は結構美味しいラーメンなので、それに味噌独特の風味がうまくマッチングしているので、美味しく感じるのです。

是政店をやっておられたご主人がおられるという情報がある、国立店に伺って、「味噌ラーメン」を頂いてみたいというモチベーションがかなりアップしました。

2006.12.16 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

二人で伺ったので、「辛味噌ネギラーメン」も頂いてみました。
これも、いわゆる人が普通と言うような「味噌ラーメン」です。
よって、「味噌ラーメン」が苦手は私としてはとても低い評価になってしまいます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

日曜日、忙しかったので、夕食を取れず、夜食と言ってもいい時間になってしまったので、久しぶりに八芳亭に伺いました。

たまには、食べたことの無いものをと、「つけ麺」を頂きました。「つけ麺」は、味噌味しかありません。
味は、不味くはありませんが、濃いですね。「つけ麺」はどこのお店でも濃い味なのですが、こちらのお店は、味が濃くて、強いです。
強いと言うのは、味がそのままストレートに出ていて、まろやかさがなくて、刺激的な味と言う意味です。
少なくても、今後「つけ麺」を頂くことは無いでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「赤味噌のつけ麺」750円と味付け玉子150円を頂きました。
こだわりを持たれているだけあって、麺は美味しいですね。
風味も旨味もありますし、しこしこつるつるの食感も良いです。
ただし、味噌のつけ汁は「つけ麺」を頂くには少しコクが足りないように思います。
十分美味しいのですが、どうもインパクトが少ないというか、旨味を堪能できない嫌いがあります。
魚介類の風味がある「味付け玉子」は他のお店にはないオリジナリティーがありますね。
いろいろな種類のラーメンがあるので、再訪したいとは思っています。
ただ、食べ方についてのご指導が多いのはちょっと・・・。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

普段、「味噌ラーメン」を頂くことはほとんどありませんが、こちらのお店は「味噌ラーメン」の評価が高かったので、私としては珍しい選択になりました。

美味しいですね。
私が今まで頂いた「味噌ラーメン」で一番美味しいかもしれません。麺はイマイチですが、とにかくスープが素晴らしいですね。
普通の「味噌ラーメン」は「味噌」に頼ってしまう味なのですが、こちらの「味噌ラーメン」はラーメンのスープの一調味料として「味噌」をコラボレートさせています。
綺麗な旨味とコクがあるスープに「味噌」でアレンジしているようなイメージです。

角煮の出来も素晴らしいです。旨味と柔らかさがちょうど良くて、頂いても重いイメージを持ちません。

今後、リピートをすると更に評価が上がるかもしれません。「塩ラーメン」が人気だったので、今度はそちらを頂きに伺います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

自家製麺が美味しくて、野菜も良いものを使われていて完成度の高いつけ麺だと思います。
特に、キャベツとネギは甘みがあってかなり美味しいですね。

では、なぜ点数がそれほど高くないかというと、単に私の好きな路線のラーメンではないからです。
要は、もやしなどがいっぱい入っていて少し辛みのあるいわゆる「サッポロラーメン」系なので、苦手なのです。
人気があるのはよく分かりますが、少なくても味噌つけ麺を再度頂きたいとは思いません。
ただし、鶏そばが美味しそうなので、近いうちに再訪したいと思っています。これだけ素材にこだわっておられれば、塩ラーメン系は美味しいと予想されます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「雷文」「純連」「まるしゅう」などもそうですが、なぜ北海道のラーメンはこれほどまでに味が濃いのでしょうか。
寒い場所なので、多少味が濃くなるのは理解できますが、ものには限度があります。
最初の一口だけ美味しく感じます。
しかし、その後はあまりに味が濃くて途中で食べるに飽き始め、最後は食べるのが嫌になります。
味自体は決して不味いわけではないので残念です。
また、こちらのチャーシューは細かく刻んだものが入っていますが、これは、良くありません。スープはほとんど飲むことができないので、最終的にほとんどがどんぶりの底にたまってしまって食べることができません。
食べる人の気持ちになって作っていない証拠です。
また、「純連」ではあまり感じなかったのですが、食べた後に旨味調味料の不快感がかなり残ります。私はこの感覚が嫌いです。
さらに、料金が高すぎます。それほど具も入っていないのに、900円という金額はラーメンとしての常識を逸脱しています。
基本的な味は悪くないので、採点は67点にしましたが、再訪したいとは思いません。うまく時間をずらしたので、全く並ぶことがありませんでしたが、このような評価になります。
並んでまで食べた方のことを考えると・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

超有名店で、味噌ラーメン日本一と仰る方もいらっしゃいます。
「味噌ラーメン」を頂きました。なかなか美味しいスープですが、私にはかなり濃すぎます。
どうしてここまで濃くしているのでしょうか。せっかくの旨みが半減してしまうような気がします。
但し、何回か食べるとハマルのかもしれません。
実際、かくゆう私も「山本屋の味噌煮込みうどん」は味が濃いにもかかわらず、幼稚園の頃から食べていることもあって、大好きですからねえ。
きっとそのようなハマル味なのでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

酒粕の入ったみそラーメンを頂きましたが、全く私の好みではありませんでした。
飲んだ後でしたが、〆のラーメンとしても再訪する気はおきません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件