なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とんし

男性 - 兵庫県 (1964年生まれ)

私のコメントを読んで下さって、誠にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
コメントに関しては、素直に自分が感じたままに書かせて頂いています。
たまに辛らつなコメントもあるかもしれませんが、思ったことをそのまま書いているだけですので、どうか許して下さい。他の方のお気に入りのお店に厳しい評価をする場合もあると思いますので、あらかじめお詫び申し上げます。
評価の基準として、料金に見合った美

平均点 68.161点
最終レビュー日 2008年4月20日
430 344 0 67
レビュー 店舗 スキ いいね

ずっと再訪しようと思っていたので、ある日の夕食で伺ってみました。
〆で伺うのは控えていますからね。

前回しょうゆ味を頂いたので、今回は豚骨味にして「黒豚チャーシューラーメン」1,000円を頂きました。

これは、大失敗でした。
普通の豚骨ラーメンのスープではなく、何か独創的な味にしようとしてこねくり回したのでしょうか、私には全く合いません。
私は、鶏をベースに魚介系の風味があるしょうゆ味が好きです。

同じ人が作った料理がこれほど好みの違う味になるとは、やはりラーメンというのはとても嗜好性が分かれる食べ物ですね。
だから、大行列が出来ていて、美味しいという噂を聞いて伺っても、口に合わないということが頻繁にあるのでしょう。

2007.9月 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

ある時から、京都には異常と言っても良いほどラーメン屋が増えてかなりびっくりしたことがありますが、まだまだ大阪はラーメン屋が少ないですね。
恐らく梅田界隈は、多い方なのでしょうが、東京で深夜まで飲んでは、〆でラーメンばかり食べていた者としては、一抹の寂しさを感じます。
まあ、神戸ばかりで飲んでいますので、大阪で〆のラーメンを食べる回数は多くないのですが。

さて、頂いたのは「ちゃーしゅーめん」720円です。「餃子」300円も注文しました。
スープは、東京によくある「ライト系豚骨」です。
味が薄いというわけではありません。
こってりしていないという意味です。
旨みやコクはちゃんとあります。
ただ、私にとっては珍しい味ではないので、無難に美味しいという感じです。
チャーシューも無難に美味しいですね。

むしろ、ラーメンよりも美味しいと思ったのは、300円なので期待せずに食べた「餃子」でした。
わざわざ電車に乗って食べに行くというほどではありませんが、こちらでラーメンを召し上がる方は注文された方がいいと思います。
旨みの出し方が上手なので、「餃子のタレ」の味で食べさせるという不味い「餃子」とは一線を画しています。
ラーメン屋の「餃子」は、普通おまけみたくなっていて、美味しくないか、馬鹿みたいに高い料金設定にしているかで、いつも不満になるので、このように安くて美味しい「餃子」がラーメン屋で食べられると嬉しくなります。
好みが分かれるかもしれませんが、300円ということを考えれば十分美味しいと思いますので、お勧めします。

2007.12月中旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
74

雨の日の夜に伺ったらお客は誰もいませんでした。
お客のいないお店に入るのは気が引けます。
美味しくないお店が多いからです。

頂いたのは、豚骨の「息吹」680円。トッピングに味付け玉子を頼みました。名前は「坊頭」だそうです。
全く意味不明。
このネーミングはどうなんでしょうねえ。
何かこだわりがあるのでしょうが、あまりにも意味がわからないとお客の受けは悪いと思います。

味ですが、かなりライト系のスープなので、好みがはっきりと分かれるでしょう。
私は、ギトギトの豚骨ラーメンがあまり好きではありませんので、このようなタイプの方が好きですが、豚骨が好きな方は、こってり感が好きな方が多いので、商売としては非常に難しいところでしょう。

黒豚のチャーシューは、素材にこだわりがあるのがよくわかります。
とても美味しいですね。
この黒豚を使ったスープは、前述したように好みが分かれますが、私は美味しいと思います。
素材の良さがスープの旨みとして出ています。
だから、ライト系のスープにしたのでしょう。
ラーメンのコンセプトがはっきりと分かるラーメンです。

味付け玉子もしっかりと味が染みていて、黄身が半熟ですので私の好みです。
麺は豚骨らしく、細めのストレートです。

どうなんでしょう、せっかく素材の良さが出ているスープですので、もう一押しコクを出すことができないでしょうか。
それが出来れば、かなり美味しいラーメンになると思います。
何かがちょっとだけ足りないのです。
味2.0にしましたが、非常にポテンシャルの高いラーメンだと思いました。
今後に期待しています。

2007.7月中旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

比較的最近、開店したラーメン屋です。
博多では有名なラーメン屋なんでしょうか。
全く見たことのないラーメン屋です。

駅前ということもあり、けっこう人が入っているので、ある日の〆で伺ってみました。
夕食の後でしたので、一番ノーマルな「源屋ラーメン(豚骨)」500円に味付け玉子をトッピング(100円)しました。

あまり濃厚ではない一般受けしやすい味の豚骨です。
麺は極細でいいと思いますが、少しかん水の臭いがするのが気になります。
チャーシューは、とろとろのタイプで私の好みです。
けっこう美味しいかなと思って食べていましたが、食べているうちに少ししょっぱく感じだします。
そこが難点ですね。

便利な場所ですので、機会があれば、次回、豚骨醤油を食べてみる(600円)かもしれません。

2007.6月下旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ランチでぷらっと入ってみましたが、チェーン店とは思いませんでした。
「北海ラーメン」と同じ経営なのですね。

「特盛りラーメン」900円を頂きました。
極細麺の豚骨ラーメンです。
角煮と言っても良さそうなチャーシューと味付き卵と大量の葱が入っています。
チャーシューは、ちょっと油っぽいですが、まあまあの美味しさですね。
もうちょっと味が強くても良いかもしれません。
味付き卵も味がしみている点が好感が持てます。
関西のチェーンですから、豚骨と言っても、ソフトな豚骨です。
スープは意外と言っては失礼ですが、けっこう好きな味です。豚骨ですが、さっぱりしていますが、それなりに旨みもあります。
ただ、麺が好きではありません。
極細麺は、麺が細いのは好きなのですが、かん水が多いのでその匂いを強く感じてしまうのです。
このかん水の匂いが私はとても苦手です。
暫く食べていると気にならなくなるのですが、こだわりが店内に貼ってあるので、この点を何とかされるともっと美味しくなると思います。

2007.5.29 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

三宮は、けっこうラーメン激戦区になっていますが、元々有名なのが、この立ち食いラーメン屋です。

頂いたのは「チャーシューメン」700円です。
普通のラーメンが500円ですので、安いなあと思い、思わず注文してしまいました。
京都で散々、お寿司を食べた後にも関わらずです。
夜中の0時過ぎなのに、ちょっと背が低くてかわいらしい女の子が立ったままで、ラーメンをすすっているのを見て、ちょっとびっくりしました。

さて、豚骨の長浜ラーメンがなぜ神戸で受け入れられたか疑問でしたが、食べてみてわかりました。
スープがかなり薄味なのです。
しかし、これは、いくらなんでも薄すぎます。
旨みとコクが感じにくくなっています。

また、チャーシューの量が象が食べるのではというほど多いですね。
しかし、肉の味がしないので美味しくありません。
残すのは嫌いなのですが、さすがに4分の3以上を残してしまいました。

かなり飲んだ後だったので、特に薄く感じたのでしょう。
一度だけ、しらふで再訪して、味を確認したいと思います。
同じ印象でしたら、再訪はないでしょう。

2007.2.28 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

姫路で有名なラーメンのようですね '07/02/18('07/02 訪問)
神戸に着たばかりの頃、北野坂で「希望軒」という名前のラーメン屋さんを見つけて、こりゃ「ホープ軒」の真似をしたのかなあと思っていますが、どうやら元々の名前が「ホープ軒」だったようですね。

さて、ある日の土曜日、遅い時間のディナーを元町のおしゃれっぽいお店で食べていたのですが、狙いをつけていたお店でラーメンを食べたいと思い、早めにディナーを切り上げました。
しかし、早めと言っても22時を超えていたので、お目当てのお店は閉まっていました。

そのような時は、ラーメンを食べるのを諦めればいいのですが、食に関しては全く堪え性がないので、フラフラと歩きながら、こちらのお店を見つけてしまいました。

お店のインテリアにはこだわっているようで、昭和30年代の雰囲気になっています。
新横浜のラーメン博物館をイメージしているのでしょうか。

頂いたのは、「とんこつラーメン」と「ごま味噌坦々麺」です。
一緒にいた人が、「餃子」を食べるからラーメンはあまり食べられないと言うので、2杯食べる羽目になりました。
私の寿命も短くなっているでしょうねえ。

さて、「とんこつラーメン」ですが、見た目のコッテリ感とは異なり結構あっさりしたスープです。
臭みはなく、マイルドな味ですので、このスープが受けて、姫路で有名店になったのでしょう。
ただ、東京でかなり多くの種類のラーメンを頂いている私としては、あっさりもそこそこ美味しい豚骨だなあという印象しか持ちませんでした。
薄く切った味のしっかりしたチャーシューは美味しいと思います。私は、厚めのチャーシューより薄目の方がラーメンの具としてはあっているかなと思っています。
麺に絡めて食べるので。まあ、これは好みが分かれるところでしょう。
ただ、分厚くても柔らかければ大丈夫ですが、固いのは苦手ですね。
ねぎがたっぷり入っていて、このラーメンには合っているでしょう。

深夜営業のお店なので、〆として、この「とんこつラーメン」は頂くことはあるでしょう。

2007.2.10 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
59

私の好みとは正反対のラーメンです。
スープは、どろどろして粉っぽくて、重い感じがします。
旨味も焦点がボケていて、コクも際立っていません。
雑味も若干感じますし、要するに綺麗な味が好きな私としては、このような濃厚で、旨味が浮き上がっていないスープは苦手です。

細いストレート麺は、かん水の匂いを強く感じ、スープの重さと相まって途中で食べるのが苦痛になりました。

チャーシューときくらげは、それなりに美味しいと思いますが、海苔はラーメンには必要ありません。
美味しい海苔であれば、ラーメンのスープの味に負けて、風味が無くなりますし、美味しくないのであれば、邪魔なだけです。

いずれにしても、「豚濁ソバ」は苦手なラーメンです。
原宿「筑豊ラーメン ばさらか」は、まだ伺ったことがありませんが、これと似たようなスープなのでしょうか。

2006.12.23 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「とんこつラーメン」が看板料理のようなので、それを選びました。600円です。

注文してから、物凄く早くラーメンが出てきたのにはびっくりしました。
ストレートの極細麺なので、茹で時間が異常に短いのでしょう。
まず、スープを飲んでびっくりしました。これほどまでに、マイルドでクリーミーな味の豚骨のスープは今までに飲んだことがありません。
少しドロドロしているのですが、油っこくなく、意外とスッキリした味わいなのですが、旨味とコクがしっかりあります。
そして、独特なクリーミーな癒し系の味と豊かな風味。
チャーシューは、非常に薄切りなので、割高感を感じる方がおられるかもしれませんが、バラ肉で、とろけるので、私は好きです。量はとても少ないですが・・・・・。
他の具は、ほうれん草ときくらげを刻んだものだと思いますが、ほうれん草は、このラーメンのスープには必要ないですね。このコストをチャーシューにかけて頂きたいと思いました。

しかし、非常に個性的ですが、とても美味しいラーメンだと思います。
「豚骨ラーメン」でスープを全部飲むということは極めて稀です。
なぜなら、私は基本的には「豚骨ラーメン」はあまり好きではないからです。
例外的に、博多の「元祖長浜屋」が断トツで、ちょっと離れて、新横浜ラーメン博物館の「博多ふくちゃんラーメン」と「一蘭」が好きという感じですが、2番手グループに食い込んだかなという感想を持ちました。
飽きずにいつも食べられるという感じです。
接客の感じもとても良いですね。

クリーミーな癒し系豚骨ラーメン。今までに無かったラーメンだと思います。
素晴らしいの一言です。

2006.12.19 訪問

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

豚骨ラーメンですが、久しぶりにかなり不満になるラーメンを頂きました。

とにかく、とんこつの臭さが私には合いません。また、この臭みを消すためでしょうか、スープにハーブが使われています。どのような種類のハーブが分かりませんが、基本的にラーメンにハーブは合いません。ミスマッチもいいところです。
また、スープの味が濃すぎます。濃いにもかかわらず、深みのない単調な味のスープです。

残すのは悪いと思い、必死になって完食しましたので、そのほかのことは覚えていません。
私とは100%合わないラーメンです。

2006.11.30 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件