なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とんし

男性 - 兵庫県 (1964年生まれ)

私のコメントを読んで下さって、誠にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
コメントに関しては、素直に自分が感じたままに書かせて頂いています。
たまに辛らつなコメントもあるかもしれませんが、思ったことをそのまま書いているだけですので、どうか許して下さい。他の方のお気に入りのお店に厳しい評価をする場合もあると思いますので、あらかじめお詫び申し上げます。
評価の基準として、料金に見合った美

平均点 68.161点
最終レビュー日 2008年4月20日
430 344 0 67
レビュー 店舗 スキ いいね

年末はなんだかんだと大阪の梅田周辺で用事がありました。
一つ目のアポと二つ目のアポの間に少し時間がありましたので、早足で伺ったお店です。

「オムちゃーはんセット」の「ラーメン」を「チャーシューメン」に変えてもらいました。オムちゃーはんがどうしても食べたかったし、評判の良い「チャーシュー」も心行くまで堪能したかったからです。

さて、「ラーメン」ですが、いわゆるこってり系ですが、それほど味が濃いわけではなく、重い感じはありません。
少し、味を作り過ぎているかなと感じるところはありましたが、十分美味しいスープだと思います。

そして、「チャーシュー」はなるほど評判どおり美味しいですね。
私は、硬くて味が染みていない「チャーシュー」が大嫌いですが、こちらのお店の「チャーシュー」は大丈夫です。
味付けも柔らかさもばっちりです。

また、「オムちゃーはん」も玉子がとろとろで私の好みの味です。
味付け自体はかなり薄味なのですが、チャーシューと味がありますので、美味しく頂けます。
「チャーシューメン」と一緒に食べたので、かなり量が多かったのですが、このような薄味だと飽きずに頂くことができます。

こちらのお店は「餃子」も「ウリ」のようですので、次回は是非「餃子」を頂きたいと思います。
三宮にあれば、頻繁にリピートして、評価も上がると思うのですが、大阪にしかないのはとても残念です。

2007.12月上旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

11月末にゆっくりと紅葉が見たいと思い、彼女と一緒に京都に行きました。
土曜日だったので、京都駅はすごい数の人でした。
東京で通勤していた頃の新宿駅を思い出してしまいました。
やはり、東京の通勤ラッシュは異常です。
関西は本当にラッシュ時の混乱が少ないですね。

午前中は洛西方面に行ったので、銀閣寺にはお昼過ぎに着きました。
ランチをどうしようかと思っていると、ふと京都ラーメンの老舗である「ますたに」を見つけたので、少し迷ってから入りました。
ランチは、京都らしい趣のあるお店に入りたかったからです。
すぐ近くに本店があるようですが、こちらのお店は白川店です。

頂いたのは、「チャーシュー麺(大)」です。850円だったと思います。
見た目は、スープが白濁で背脂が浮いているので、かなり濃くて、こってりのイメージなのですが、食べてみると鶏がらベースのあっさりした味です。
関東のこってりラーメンに慣れておられる方には薄いと感じるかもしれません。
見た目とのギャップがあるから尚更ですね。
しかし、ちゃんと旨みがありますし、なかなかよく出来たラーメンだと思います。

細めの麺であるからでしょうが、麺がかなり柔らかいのは私の好みではありませんでした。
硬さは注文時に指定できるようですので、柔らかい麺が嫌いな方は、気をつけられた方がいいでしょう。

一番、美味しいと思ったのはチャーシューです。私の好きなとろとろのチャーシューではありませんでしたが、味が程よく染みていて、柔らかい美味しいチャーシューでした。
お店を出た後で、一緒に食べた彼女に、「あまりチャーシューが有名なお店じゃないけど、チャーシューがかなり美味しかったね。」と言うと、「お店の人が、今日のチャーシューは特に良く出来たって話してたよ。」と言っていました。
なるほど。
しかし、次回は同じレベルが期待出来ないのかもしれません。

意外と好みが分かれるラーメンだと思いますが、私は麺の柔らかいところ以外はけっこう気に入りました。近くに行ったら、また伺うと思います。

2007.11月下旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

有名なお店のようなので、伺ってみました。
関西では、「つけ麺」が食べられるお店が少ないので、少し迷いましたが、最初なので「あらうまラーメン」を注文しました。チャーシューはバラを選択しました。
いわゆる「豚骨醤油」のスープですね。
また、ランチ限定で、「豚マヨ丼」が200円で食べられたのでこれも注文しました。

さて、味ですが、比較的万民受けする美味しいスープだと思います。
関西では、珍しい味かもしれません。
麺も流行りの水分をあまり吸わないタイプですね。
「メンマ」と「キムチ」が食べ放題というサービスと相まって人気があるのはわかります。

ただ、関西のラーメンでよく感じるのですが、スープに雑味がありすぎます。
「メンマ」にも雑味があります。
原因は何かわかりませんが、要するに綺麗な味がしないので、食べているうちにその雑味がかなり気になってきて、食が進まなくなるのです。

「豚マヨ丼」は味のバランスが良くて美味しかったですね。
「つけ麺」を頂くために機会があれば、再訪したいと思いますが、あまりにも名前ばかりが先行してしまうと東京の有名店のように叩かれるようになるかもしれませんね。
まあ、有名税ですから、名誉なことなのですが・・・・・。

2007.8月下旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」が、630円で、「お昼のサービスセット」が、「中華そば+餃子+ライス」で730円だったので、迷わずセットを注文しました。
普段、ランチは、12時台をはずすのですが、その日は諸々の都合があり、12時過ぎに伺ったため、かなり混んでいて、注文したものが出てくるまで時間がかかりました。

しかし、もっこすの本店は、ディープです。
掘立小屋のようなお店で、全て相席になっています。
ゆっくり食事をするという場所ではありません。
これはこれで、ラーメン屋としてはいいのですが、冬は寒くないかと心配になります。

さて、「中華そば」ですが、スープは豚骨醤油ですね。
歴史のあるお店のようですので、豚骨醤油が世の中に出始めた時に一世を風靡したのでしょう。
しかし、豚骨醤油であるのに、醤油の角を感じます。
また、見た目はこってりしているので、スープにコクがあるのかと思うとそうではありません。
スープの味がうまくまとまっていないような気がします。
醤油の角を取るために、にんにくを入れたら、結構食べやすくなりました。
仕事で差し障りのない方は、にんにくを入れられるのが良いかもしれません。
チャーシューは、大量に入っていますが、固くて味が染みていないタイプなので私の好みではありません。

餃子は、セットになるくらいですから、そのようなレベルです。ライスは更にそのようなことです。

不味くはありませんが、ちょっとラーメンとして古いと感じてしまいます。
このようなタイプのラーメンは常に進化をしてもらいたいと個人的には思います。
ただ、ラーメンは本当に個人個人の好き好きだと思いますので、ファンがいらっしゃるのはよくわかります。

2007.7月中旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
70

三宮の国道2号線沿いにあるラーメン屋。
何かの飲食店をやっていたところを居ぬきで借りたのでしょうね。
ラーメン屋っぽくない独特の雰囲気があります。
決してお洒落というわけではありません。
ハワイの地元民が行くダイナーのような内装です。

頂いたのは豚骨の「飛龍ラーメン」700円です。
具が多いですね。
チャーシュー2枚、ネギ、キクラゲ、ほうれん草、コーン、海苔、もやし、煮玉子1/2個。
チャーシューの味は、まあまあ美味しいと思います。
煮玉子は中までしっかり味が染みているタイプですね。
豚骨のスープはやや茶色っぽいクリーム色で、ショウガの風味が口に広がります。
どこかで食べたことがある味なのですが、思い出せません。
味は濃くありませんが、こってりしているので、あまり神戸っぽくないラーメンです。
好きな系統のスープではありませんが、雑味を感じませんし、結構美味しいスープだと思います。
コクと旨みがしっかりあります。
麺は細いストレートです。

遅い時間までやっているようですし、磯上通で飲んだら、こちらのお店か道麺のどちらかに伺うことになりそうです。

2007.5.9 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

たまに伺います。
ある日、「○得ランチサービスのBランチ」」800円で、初めてこってり系の「こくまるらーめん」を選択しました。
いつものように、麺は大盛です。

さて、このラーメンですが、当たりでした。
私はこってり系よりもあっさり系が基本的には好きですが、こちらのラーメンは、豚骨味の「こくまるらーめん」の方が美味しいです。
「じゃんまるらーめん」では、コクが感じられず不満が残りましたが、「こくまるらーめん」だと足りなかった部分が上手く補われて、なおかつ素材の良さも損なわれていません。
とても美味しいラーメンだと思います。

2007.4.16 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

頂いたのは「チャーシューメン」850円です。
しかし、いつものように〆のラーメンとして頂きました。
京都で飲むと何故か必ずと言っていいほど〆のラーメンを食べてしまいます。
この日は、ランチでもラーメンを食べているにも関わらずです。

比較的薄味の豚骨醤油のスープですが、スープ自体は独特の旨みがあってけっこう美味しいですね。
麺は細めのストレートで、固めに茹でていないために、ふにゃふにゃで気に入りませんが、チャーシューはかなり美味しいと思います。
私の嫌いな、固くて味が染みていないタイプではなく、比較的薄切りですが、味付け自体が美味しいと思います。

京都での〆のラーメンとしては、バリエーションが増えたので嬉しいですね。
ただ、風俗ビルの横にあるので、女性の方は入りにくいと思います。
まあ、木屋町の入り口辺りは風俗店が溢れているのでしょうがないですけどね。
大昔からの伝統ですからねえ。

しらふで食べるより〆で食べた方が美味しく感じるタイプのラーメンかもしれません。
恐らく、京都のこの場所で、しらふで頂くことはないでしょうから、私にとってこの問題は、一生の解決しない謎となるでしょう。

2007.4.5 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
74

安くて美味しいので、ランチでは比較的よく伺っています。
日替わりランチばかり食べていましたので、ある日、看板メニューである「八角ラーメン」880円と「天津丼(小)」300円のセットを注文してみました。

「八角ラーメン」は豚骨醤油で複雑な深みのある味がして、美味しいですね。
この手のラーメンのスープは雑味があることが多いのですが、それを感じさせません。
角煮やチャーシューなどが具沢山で、いわゆる「全部のせ」のようになっています。
この角煮がなかなか美味しいです。
個性的で美味しいラーメンですね。
また、「天津丼」も標準以上の美味しさでした。
よって、評価を上げます。

近いうちに「中華そば(鶏がらベースのラーメン)」を頂こうと思っています。

2007.4.5 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

神戸は、ラーメン屋が少ないだろうなあと想像していましたが、三宮にはけっこうありますね。
こちらのラーメン屋は、北野坂沿いにあるのですが、少し目立たないですね。
ラーメン屋らしくない雰囲気があるからでしょうか。

こちらのお店のスープはトンコツベースで、鶏のモミジ(足先)と数種の野菜を煮込んでいるとのことです。
麺は厳選小麦粉と京都の名水を使った特製の細麺とのことですが、細麺の割には、しっかりとスープに絡みますね。
頂いたのは、「白玉拉麺」680円です。
豚骨特有のコクもありますが、それよりも鶏のモミジと野菜のせいか、独特な旨みがあり、しかも意外とあっさりしているので、美味しいですねえ。
神戸では比較的好きなラーメン屋です。
場所柄からどうしても〆のラーメンとなりますが、次回は、是非「福建麺」を頂こうと思っています。
今後、評価が上がる可能性のあるお店です。

2007.2.18 訪問

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ある日の夜、〆のラーメンで伺いました。
初めて、「世界長」に伺った日です。

麺は細めのストレートです。
チャーシューは、ももとばらの2種類を使われています。
これはこれでいいのですが、スープが私には合いませんでした。
鶏がらと豚骨がベースだと思いますが、雑味が多くて、ごちゃごちゃしたイメージの味で、私には合わないですね。
コッテリ気味で、雑味が多いと二重苦になるので、食べている途中で、食べるのを止めたくなります。

本当にラーメンの好みというのは分かれるものだなあとつくづく思いました。
ただ、私の知り合いも好きではないようです。

確かに、普通のラーメンでもチャーシューの量は異常とも言えるほど多いのですが・・・・・。

2007.2.9 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件