なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とんし

男性 - 兵庫県 (1964年生まれ)

私のコメントを読んで下さって、誠にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
コメントに関しては、素直に自分が感じたままに書かせて頂いています。
たまに辛らつなコメントもあるかもしれませんが、思ったことをそのまま書いているだけですので、どうか許して下さい。他の方のお気に入りのお店に厳しい評価をする場合もあると思いますので、あらかじめお詫び申し上げます。
評価の基準として、料金に見合った美

平均点 68.161点
最終レビュー日 2008年4月20日
430 344 0 67
レビュー 店舗 スキ いいね

3月末に、用事があって久しぶりに東京に行きました。
スケジュールがつまっていたので、ゆっくり出来なかったのですが、どうしてもラーメンが食べたくて、移動の途中で池袋にあるこちらのお店に伺いました。

12時過ぎぐらいでしたので、二組ほど先客が待っておられました。15分ほど待って入ることができました。

注文したのは、「塩チャーシュー」1,000円で大盛(100円)にしました。
他のお客が「チャーシュー丼」のようなものを召し上がっているのに気づきましたが、後の祭りでした。大盛じゃなくて丼ものだったなあ。

さて、こちらのお店の「ウリ」でもある「塩ラーメン」ですが、とても美味しいです。
「塩ラーメン」のスープは、塩の角があったり、しょっぱさが強かったり、化学調味料の味が強かったりするのですが、それがありません。
綺麗な味で、独特の深い旨みだけが引き出されています。

鶏のチャーシューも美味しいです。このスープには豚のチャーシューは合いません。
かなり量が多かったのですが、チャーシューを食べるのに飽きることがありませんでした。
ラーメンの具としての鶏チャーシューとしては、ちょっと他にはないような卓越した美味しさがあります。
素晴らしい。
塩ラーメンには、鶏肉が合うのですが、なぜか鶏のチャーシューを入れたものが少ないのはなぜでしょうか。

うーん、やっぱり東京のラーメンはレベルが高いなあとつくづく感じさせられました。

ただ、残念だったのは、最後の方になるとしょっぱくなって喉が渇くのと、食後にしょっぱさがしばらく残ってしまうところです。
それがなければ、私の中では、突出して評価の高い「塩ラーメン」になったでしょう。

違う味のラーメンも是非頂きたいと思いますが、東京ですし、ラーメン屋は次から次へと伺いたいお店が出てくるので、いつリピートできるか不明です。

美味しい塩ラーメンを探しておられる方にお薦めします。
沢山食べられる方なら「塩チャーシュー」にされると良いでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

並びたくないので、13時過ぎに伺ったのですが、行列が出来ていました。
20分程待って入ることができました。
大阪でもラーメン屋に行列が出来るのですね。

待っている間に何を食べるか悩みに悩んで、結局「醤油らーめん」とチャーシュー丼である「へた飯」を注文することにしました。
並んでいる間に自販機で券を買って事前に出しておくので、座ってからはほとんど待つことなくラーメンが出てきます。

「醤油らーめん」ですが、非常に個性的なスープですね。
鶏がらがメインのようですが、干し海老などの魚介類の風味が感じられます。
かなりいろいろなものを使って旨みを出していますね。
クリーミィーでとても上品な味のするスープです。
自家製麺にも味がよく絡むので、「スープは美味しいけれどラーメンとしてはイマイチ。」というよくあるパターンではありません。

そして、チャーシューが美味しいので「へた飯」もとても美味しいですね。
この「へた飯」はコストパフォーマンスも素晴らしいと思います。
接客もよいので、行列が出来る理由がよくわかります。

ヘヴィーリビーターの方が多くいらっしゃるようで、私の次に並んだ方は、OL風の背の高い美人でしたが、一人で来られていました。
「こんな美人が一人でラーメン!」と少し驚きました。
東京では、OL二人組みが行列に並ぶのはよく見かけますが、このようなモデル級の美人がお一人で、ラーメン屋の行列に並ぶのは見たことがないからです。
たまたま、テーブル席で相席になり、そのモデル級の美人が私の目の前でラーメンを召し上がっていたのですが、「うーん。こんな美人をたった一人で来させるなんて、なんて偉大なラーメンなんだろう。」とどうでもいいことを考えていました。
しかし、スートカーと間違えられると困るので、意に反してあまり見ないようにしていたことは言うまでもありません。

次回は、「塩らーめん」か「つけ麺」を食べようと思っています。
関西では美味しい「つけ麺」を食べたことがないので、とても楽しみです。
あのモデル級の美人にまた会えるかな。

冗談はともかくとして、東京から移転されたお店のようですが、非常に個性的でありながら美味しいので、似たような味のラーメンは、関西だけでなく、全国を探してもないかもしれません。
何度か伺ったら評価が上がるような気がします。
首都圏で、さまざまなラーメンを食べ歩いた方にも、このお店のラーメンはお薦めします。
大阪にいらっしゃった時には是非!

2007.12月中旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

頂いたのは、「角煮ラーメン」+「替玉(加水率の多い方の麺)」+替玉時に味玉子です。計1150円かな。

とても個性的なラーメンですね。
鶏だけで作った白濁スープ。まろやかで十分旨味があります。どろっとしてすっきりタイプではないので、私の本来好きな路線の味ではありませんが、十分美味しいと思います。
イメージとしては、鶏でとんこつスープのようなラーメンを作ったという感じです。
麺もかなり美味しいです。細い縮れ麺というのは好みです。替玉は加水率の高い麺も選べます。
あおさとスープの相性もばっちりです。あおさは美味しいですねえ。味玉子のレベルも高いと思います。

しかし、特筆すべきは、角煮の美味しさです。トッピングが400円なので割高感があるかもしれませんが、このようなレベルの高い角煮は、ラーメンのトッピングとして頂いた記憶がほとんどありません。
味付け、味の濃さ、食感、油の量、どれをとっても不満は一切ありませんでした。中国の調味料を使っているので、あるいは好みが分かれるかもしれませんが、私は、かなりレベルが高いと思います。この角煮は作るのが大変でしょうねえ。
近所のお店であれば、角煮を頂きながら、一杯やりたいところです。
あー、でもお酒は置いておられない雰囲気でしたね。

両国にはたまに用事があるので、リピートさせて頂くでしょう。接客も素晴らしいので、今後評価が上がるかもしれません。一生懸命作られたラーメンだということが、ひしひしと伝わってきます。
まだまだ、知らない素晴らしいお店というのはあるものですね。
この喜びのために食べ歩いているんだと久しぶりに実感しました。
トータルで考えて、私は間違いなく名店だと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件