なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とんし

男性 - 兵庫県 (1964年生まれ)

私のコメントを読んで下さって、誠にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
コメントに関しては、素直に自分が感じたままに書かせて頂いています。
たまに辛らつなコメントもあるかもしれませんが、思ったことをそのまま書いているだけですので、どうか許して下さい。他の方のお気に入りのお店に厳しい評価をする場合もあると思いますので、あらかじめお詫び申し上げます。
評価の基準として、料金に見合った美

平均点 68.161点
最終レビュー日 2008年4月20日
430 344 0 67
レビュー 店舗 スキ いいね

用事があって、フラワーロードの裏あたりをうろついている時に、偶然見つけたお店です。
フラワーロードの東側というと、けっこうお洒落なお店があるのですが、そんな雰囲気には不似合いなレトロな大衆食堂があったので、思わず入ってしまいました。
今風の女の子でも一人で入れる食堂ではなく、ベタベタの高度成長時代から続いている大衆食堂という雰囲気が気に入ったからです。

中に入ると想像した通りの雰囲気でした。
テーブルが6つの狭いお店で、恐らく何十年も内装は変えていないでしょう。
定食のおかずは、できあいで、ケースの中に入っています。

11時半過ぎにお店に入ったのですが、すぐに満席になりました。
「おやっ?」と思いました。あまり味には期待していなかったのですが、もしかしたらと思ったのです。

注文したのは、「ラーメンと小チャーハンのセット」で950円です。
チャーハンは、小でも普通の量があります。
普通のチャーハンを注文すると大盛が出てくるのでしょうね。

まず、ラーメンを一口食べてびっくりしました。
思ったほど化学調味料は多くなく、優しい旨みがあります。
いやー、いわゆる大衆食堂のラーメンで美味しいものを食べたことがなかったので、少し感動しました。
麺は特殊なものではないので、今流行の「高級ラーメン」がお好きな方には不満が残るかもしれませんが、私は、スープが美味しいので気に入りました。
チャーシューもオーソドックスですが、旨みがちゃんと染みていて、固くないので私の好みです。

チャーハンも美味しかったですね。
火の入れ方にベテランの技術を感じさせるのとともに、やはりラーメンと同じように、優しい旨みがあります。
当然、化学調味料の味を感じさせますが、ほとんど気にならないというところが、こちらのお店のすごいところです。
いずれにしても、こちらのお店の食べ物は、上品で、旨みが綺麗なところが特徴なのでしょう。

「うーん。」と思わず唸りました。
飲食店はどれだけ開拓しても、まだまだ知らない名店があります。
これだったら、夜、飲みながら単品料理が食べたいなあと思いました。
お店が終わるのが8時のようですが、7時くらいに伺って、じっくり他の料理も楽しみたいと思いました。

神戸に観光に行かれた方に、大衆食堂を薦めようとは思いませんが、仕事のある時のランチであれば、お薦めします。
但し、かなり混みますので、コアタイムははずされたほうが良いと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

久しぶりの更新です。

中華料理屋ですが、ラーメンのコメントだけ書きますね。

頂いた牛バラ汁そばは、非常にシンプルですが、味に深みがあるスープと柔らかくて旨みのある牛バラが素晴らしいですね。
このような料理は、飽きることがないので、私は好きです。

個人のブログで良く書いている、おしゃれな神戸「乙仲通」にある、とてもスタイリッシュなお店です。
デートにも使えますよ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

最近、ラーメン屋の新規開拓をしていないので、伺っていない神戸の有名店はないかと探したら、こちらのお店がありました。
1970年創業のようですが、チェーン展開されておられるようですが、発祥の地はどこなのでしょうか。

醤油味のチャーシューメンと半チャーハンのセットを注文しました。
チャーシューは、もも肉の方が好きですが、外れることが多いので、安全策でばら肉を選択しました。
自分の好みの味(柔らかくて、味がしっかりと染みている)のもも肉のチャーシューであればいいのですが、硬くて味が染みていないチャーシューに出会う事が多いからです。
ばら肉だと脂が多いので、硬くて食べるのに閉口するということはありません。

さて、スープの味ですが、一口食べてちょっとびっくりしましたね。
37年も前から、これほど味の濃いラーメンが関西で受け入れられ、18店舗もあるのですから、驚きです。
うーん、やはり私が感じている通り、大阪は薄味好きではないようです。
こってりとかコクがあると言うよりも、単純に味が濃いですね。
味付け自体は、それなりに美味しいのですが、少し雑味を感じます。
味の濃さで分かりにくいですが、恐らくもう少し薄味にしたら、かなり気になると思います。

チャーシューは、普通に美味しいですね。ばら肉で、硬くなかったので、好印象です。
ただ、チャーシューメンの場合は、もう少しチャーシューの量が欲しいですね。

半チャーハンは、味がはっきりしていますが、美味しいと思います。
半と言うよりも4分の1チャーハンという量ですが、150円ですから、不満になることはありません。

総体的に標準レベルの美味しさのラーメンだと思うのですが、この味が神戸で受け入れられているとは、不思議でたまりません。

また、「キムチ」が食べ放題ですが、「らーめん太郎」はこのシステムを真似したのでしょうか。
味は、「ラーメン太郎」ほどではありませんが、甘いので私の好みではありません。
キムチに限らず、料理は甘めの味付けにすると、まろやかに感じますが、食べているうちに味に飽きてくるのが特徴です。
私の場合、食べるのが嫌になるので、甘い味付けは好きではありません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ずっと再訪しようと思っていたので、ある日の夕食で伺ってみました。
〆で伺うのは控えていますからね。

前回しょうゆ味を頂いたので、今回は豚骨味にして「黒豚チャーシューラーメン」1,000円を頂きました。

これは、大失敗でした。
普通の豚骨ラーメンのスープではなく、何か独創的な味にしようとしてこねくり回したのでしょうか、私には全く合いません。
私は、鶏をベースに魚介系の風味があるしょうゆ味が好きです。

同じ人が作った料理がこれほど好みの違う味になるとは、やはりラーメンというのはとても嗜好性が分かれる食べ物ですね。
だから、大行列が出来ていて、美味しいという噂を聞いて伺っても、口に合わないということが頻繁にあるのでしょう。

2007.9月 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

東京ではたまに食べていたラーメンですが、神戸に来てから初めてこちらのお店に入ってみました。
大阪の梅田店は、いつも行列が出来ていますが、神戸元町店で行列が出来ているのは、土、日くらいでしょうか。
チェーン店化が進んで、東京にはかなりの数のお店がありますから、どちらのお店も行列店にはなっていません。
そのようなわけで、私にとっては、珍しいラーメン屋ではないので、何十回と前を通りながら入らずにいましたが、なんとなく食べたいと突然思ったので伺いました。

ランチは、「明太子ごはん」や「小チャーハン」などとのセットがあります。
いつも「白丸元味」ばかり食べているので、「赤丸新味」を食べてみようと思っていたのですが、なんと新しいラーメンを開発したと言われました。
そこで、1300円という料金設定に対して、いささかの抵抗を感じながらも、そのラーメンを注文することにしました。
「極新味(きわめしんあじ)」です。

いろいろな特徴があるラーメンですが、詳しくはHPをご覧頂くとして、ポイントだけをここでは書かせて頂きます。

一番のサプライズは、なぜか「茶碗蒸し」が入っている点です。
「白湯スープ」がメインのスープですので、かなりまろやかな味に仕上がっています。したがって、「茶碗蒸し」の昆布と鰹のダシが合うということで、このようなことをしたのでしょう。
味としては、良いバランスだと思います。

また、この「白湯スープ」を柚子胡椒がのせてあるご飯にかけて、雑炊のようにして食べられるようにしてあります。
実は、私はこれが気に入りました。
日本人は雑炊が好きですからねえ。
美味しかったので、ごはんをおかわりしたほどです(おかわりは無料)。

そして、「赤丸新味」っぽい味も楽しんで欲しいという事で、「赤丸新味」のスープをゼラチン状にしたものがついています。
これを後半スープに混ぜて、違う味が楽しめるようになっています。
柚子胡椒もついていますので、かなりいろいろな味を楽しめるようになっています。

練りに練ったメニューだと思いますし、実際に麺も含めて美味しいと思いましたが、やはり問題は料金設定でしょう。
元々、こちらのお店は料金設定が高めですので、更に1,300円のラーメンというのはどうかなあと思いました。
950円であれば、たまに食べたいと思うでしょうが、この価格だと一度経験すればいいかなと思ってしまいます。

「一風堂」らしく接客は良いですし、空間も贅沢に使っていますので、相変わらず気持ちの良いお店だとは思いますが、料金設定のバランスの悪さから、どうしても2.5をつけられません。
私にとって、評価における2.0と2.5というのは、一番幅があるところです。
2.0は標準よりは上でしょうという感じですが、2.5となると名店に準ずるということですので、とてもこだわっています。

2007.9月上旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ランチで伺いました。
コアタイムは行列が出来ているのを見ていたので、少し時間をはずして伺いました。

「からあげ定食」800円だと「醤油ラーメン」に「チャーハン」と「唐揚げ」が付くのでお得だと思い、これを注文しました。

「醤油ラーメン」は上湯タイプのスープと和風ダシのスープを合わせたとのことですが、和風ダシの風味を強く感じます。
東京では、似たタイプのラーメンに出会う事が多いですが、関西には少ないようですね。
麺は、名古屋コーチンの卵を使っているようです。
つるつるしこしこの麺ですが、スープをあまり吸わないタイプなので、あまり私の好みではありません。
味自体はそれなりに美味しいと思います。

ただ、問題は、スープです。
最初はあっさり系のなかなか美味しいスープだと感じるのですが、食べているうちにスープの温度が少し下がると本来の味が顕著に出てきます。
とても雑味が多いのです。
あっさり系ですので、その雑味が非常に目立ちます。
基本的な味付けは良いのですが、丁寧に作られたスープではないと感じました。

「唐揚げ」は、非常に肉が固くて不味いです。
おまけにしても、鶏肉のレベルが低すぎます。
これは、食べるのが苦痛でした。
それに反して、「チャーハン」は結構美味しかったですね。
味付けのセンスは良いのかもしれません。

しかし、能書きと素材のレベルが一致していないところが非常に不満です。
神戸ではなかなか食べられない「つけ麺」がありますので、再訪はあると思いますが・・・・・。

2007.8月中旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」が、630円で、「お昼のサービスセット」が、「中華そば+餃子+ライス」で730円だったので、迷わずセットを注文しました。
普段、ランチは、12時台をはずすのですが、その日は諸々の都合があり、12時過ぎに伺ったため、かなり混んでいて、注文したものが出てくるまで時間がかかりました。

しかし、もっこすの本店は、ディープです。
掘立小屋のようなお店で、全て相席になっています。
ゆっくり食事をするという場所ではありません。
これはこれで、ラーメン屋としてはいいのですが、冬は寒くないかと心配になります。

さて、「中華そば」ですが、スープは豚骨醤油ですね。
歴史のあるお店のようですので、豚骨醤油が世の中に出始めた時に一世を風靡したのでしょう。
しかし、豚骨醤油であるのに、醤油の角を感じます。
また、見た目はこってりしているので、スープにコクがあるのかと思うとそうではありません。
スープの味がうまくまとまっていないような気がします。
醤油の角を取るために、にんにくを入れたら、結構食べやすくなりました。
仕事で差し障りのない方は、にんにくを入れられるのが良いかもしれません。
チャーシューは、大量に入っていますが、固くて味が染みていないタイプなので私の好みではありません。

餃子は、セットになるくらいですから、そのようなレベルです。ライスは更にそのようなことです。

不味くはありませんが、ちょっとラーメンとして古いと感じてしまいます。
このようなタイプのラーメンは常に進化をしてもらいたいと個人的には思います。
ただ、ラーメンは本当に個人個人の好き好きだと思いますので、ファンがいらっしゃるのはよくわかります。

2007.7月中旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
74

雨の日の夜に伺ったらお客は誰もいませんでした。
お客のいないお店に入るのは気が引けます。
美味しくないお店が多いからです。

頂いたのは、豚骨の「息吹」680円。トッピングに味付け玉子を頼みました。名前は「坊頭」だそうです。
全く意味不明。
このネーミングはどうなんでしょうねえ。
何かこだわりがあるのでしょうが、あまりにも意味がわからないとお客の受けは悪いと思います。

味ですが、かなりライト系のスープなので、好みがはっきりと分かれるでしょう。
私は、ギトギトの豚骨ラーメンがあまり好きではありませんので、このようなタイプの方が好きですが、豚骨が好きな方は、こってり感が好きな方が多いので、商売としては非常に難しいところでしょう。

黒豚のチャーシューは、素材にこだわりがあるのがよくわかります。
とても美味しいですね。
この黒豚を使ったスープは、前述したように好みが分かれますが、私は美味しいと思います。
素材の良さがスープの旨みとして出ています。
だから、ライト系のスープにしたのでしょう。
ラーメンのコンセプトがはっきりと分かるラーメンです。

味付け玉子もしっかりと味が染みていて、黄身が半熟ですので私の好みです。
麺は豚骨らしく、細めのストレートです。

どうなんでしょう、せっかく素材の良さが出ているスープですので、もう一押しコクを出すことができないでしょうか。
それが出来れば、かなり美味しいラーメンになると思います。
何かがちょっとだけ足りないのです。
味2.0にしましたが、非常にポテンシャルの高いラーメンだと思いました。
今後に期待しています。

2007.7月中旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らぅめんとチャーシュー丼」のセットを頂きました。約800円です。
時間がない時には、こちらのフードコートはとても便利です。私は「ぶっかけうどん」のお店が好きです。

近くで仕事の用事があって、会議までほとんど時間がなかったので、またまたこちらのフードコートを利用しました。
こちらのお店のらぅめんは、399円です。
この料金設定では、化学調味料が多くて、不味いだろうなと予想しましたが、既に午後2時半をまわっており、選択の余地はありませんでしたので、セットを注文しました。

「チャーシュー丼」は、半熟卵がのせてあり、その意味では好みなのですが、味付けが甘過ぎるので、いつものように食べているうちに飽きてきます。
なぜか、関西は甘過ぎる味付けのお店が多いような気がします。
とても意外な感じがしますが、しょっちゅうそのように感じます。

「らぅめん」はシンプルで、値段の割には意外と美味しかったですね。
私がシンプルな醤油味のラーメンが好きなこともありますが、スタンダードなラーメンは食べ飽きませんし、美味しいと思います。
チャーシューとメンマともやしと葱がのっています。
399円であることを考えると満足できます。

「チャーシュー丼」はともかく、「ラーメン」は、機会があれば、また頂きたいと思います。

2007.7月中旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

比較的最近、開店したラーメン屋です。
博多では有名なラーメン屋なんでしょうか。
全く見たことのないラーメン屋です。

駅前ということもあり、けっこう人が入っているので、ある日の〆で伺ってみました。
夕食の後でしたので、一番ノーマルな「源屋ラーメン(豚骨)」500円に味付け玉子をトッピング(100円)しました。

あまり濃厚ではない一般受けしやすい味の豚骨です。
麺は極細でいいと思いますが、少しかん水の臭いがするのが気になります。
チャーシューは、とろとろのタイプで私の好みです。
けっこう美味しいかなと思って食べていましたが、食べているうちに少ししょっぱく感じだします。
そこが難点ですね。

便利な場所ですので、機会があれば、次回、豚骨醤油を食べてみる(600円)かもしれません。

2007.6月下旬 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件