なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,642
レビュー 店舗 スキ いいね

「トマトラーメン(880円)+チーズ+バラ軟骨 ヤサイニンニク」@ピコピコポンの写真1年ぶり。
お目当ては水曜の夜限定(今のところ)というトマトラーメン。
18:00の開店時間と同時に到着したがすぐに満席。外待ちも発生していてなかなかの人気ぶりだ。
まずは券売機で水色の食券を購入し提出時に「トマトラーメンで」とオーダー。さらに300円を添えて「チーズ」と「バラ軟骨」もお願いする。
厨房には店主さんと助手さんで昨年同様常連さんと会話が弾んでいた。
しばらくして声がかかったのでコール。スープがなみなみと入っているので慎重に降ろす。

せっかくなのでまずは真っ赤なスープから。飲んでみるとやはりトマトの酸味が効いているが、スープ自体が濃厚なのででそれほどさっぱりしているわけではないかな。でも違和感なくマッチしている感じでニンニクが混ざると二郎っぽさもしっかり感じられた。
麺は前回は結構縮れがあった記憶だが今日はストレート気味になっていた。でも食感も味も実に好みに仕上がっていて正直直系に負けないほど美味い麺だと思う。チーズとの相性も実に良好。量はやはり300gよりはやや少ないか。
ブタは@状のものが2切れ。今回も柔らかく味付けも実にいい感じ。これもチーズを絡めて食べるといい感じ。
バラ軟骨は更にトロトロに柔らかくてこちらも素晴らしい出来。それほど大きくないので200円はちょっと値が張るがこれは次回以降も頼みそうだ。
野菜はやはりクタ気味で増してもそれほど多くはない。トマトスープにはこの食感の方が合っている気がした。またトマトの果肉も結構入っている。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

二郎系でトマトメニューを食べたのは「蓮爾 登戸店」の「冷やしトマト和え麺」以来だったが、しっかり美味いスープに仕上がっており個性的な味わいだった。
ここは麺も美味いので冷やし中華も是非食べてみたい。「豚星」のとはまた違う感じみたいだし。
接客もとてもよかったです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「カルボナーラ風まぜそば(800円)ニンニク」@ラーメン ゼンゼンの写真限定メニューに釣られて先月に続いてゼンゼンへ。今年もう3回目だ。
開店30分前に到着すると既に12人ほどの並び。まあでも思ったよりは少ないか。
やがて定刻となりゾロゾロと店内へ。前回同様「限定A」の食券を購入する。
20分ほどして席が空き声がかかったので奥から3番目の席に着席。厨房には前回と同じ旧登戸コンビでやはりなんとなく緊張感がある…。
しばらくしてコール。よくかき混ぜてからいただきます。

麺はお馴染みの超極太縮れで歯応え十分。前回の「新百合ヶ丘」の細麺もよかったがやはりこの麺を食べるのが蓮爾やゼンゼンの醍醐味だろう。量は350だが全く苦戦ことなく食べられた。
タレはクリーミーで確かにカルボナーラを彷彿とさせる味わい。特にベーコンビッツのしょっぱさとブラックペッパーの刺激が絶妙に効いている。
具はブタ、卵黄のみ。
ブタは例によってブロック状の物。スープに浸せなくても十分柔らかい。炙りブタが既に売り切れだったのが残念だ。
ほぼ麺とブタのみなので5分で食べ終わってしまった。ちょっとシンプルだったのでうずらでも買えばよかったな。

ラーメンというより「ゼンゼンの麺を使った創作料理」といった感じでなかなか面白い一杯だった。
次回はどんな限定かな。個人的には夏に冷やし系を期待したい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「ニンニクザンマイ(780円)ニンニク辛揚げガリマヨ」@千里眼の写真5ヵ月ぶり。昨年同様カップ麺の発売を記念して「ニンニクザンマイ」を出しているらしい。
ただ2日のみだった昨年とは違い今年は5月末までやるようだ。また名前も「コレデモカ!」が外れてるな。
そのせいか今日は到着すると15人待ちと過去2回の「ザンマイの日」に比べると列は短め。
なかなか回転はよく20分ほどで店内へ。券売機で当然「ニンニクザンマイ」の食券を購入する。
厨房には男性3人でいつもながら元気で好印象な接客。
着席後10分ほどで声がかかったのでコール。昨年Verとはちょっと見た目が異なるかな。

よくかき混ぜて一口。「コレデモカ!」同様ニンニクがしっかりと効いていて実にジャンクな味わい。気のせいか昨年より濃い目な気もしたがガリマヨを混ぜていくと徐々にマイルド煮で食べやすくなっていく。
スープが無い分ニンンクと辛揚げの辛さがダイレクトに効いており後半はなかなかの刺激。もっとも「ゲキカラザンマイコレモカ!」の時に比べれば可愛いもんだが。
麺は千里眼らしくゴワゴワ感が味わえる中太。やはりここの麺は食感が実に楽しいな。量は250gとのことですぐに無くなってしまった。
具はブタ、野菜、ネギ、フライドガーリック、辛揚げ。「コレデモカ」とは違ってニンニクの酢漬けや葉ニンニクは入っていない。
ブタは1.5個といった量。今日はスープに浸せないこともあってややパサつき気味だったかな。でも混ぜているうちにいい感じに崩れてくれた。
野菜はデフォでもそこそこの量でシャキシャキの食感。やはりガリマヨで食べると実に美味い。
固形物を食べ終えると丼はすっかり空になっていた。

このまぜそば実に独創的で他店では食べられない千里眼だけの味。今回も夢中で貪ってしまった。
これで3回連続で「ザンマイ」になったので次回は夏に冷やし中華を食べにいこうか。
接客もとてもよかったです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

「辛いラーメン 並(700円)+半熟味玉(100円)+のりめし」@一陽来福の写真10ヵ月ぶり。
17:15入店で先客なし、後客1人。
ここではつけ麺を食べることの方が圧倒的に多いがこの日は約5年ぶりに「辛いラーメン」をチョイス。
食券を渡す時に「太麺」でお願いする。
厨房には前回同様若い男性2人。と思っていたのだが奥の方にマスクをした男性が。もしかして店主さんだったのかな?店主さんの作る一杯はもう1年半ほど食べてないな。
やはり太麺だと時間が掛かるので後客のラーメン(細麺)からかなり遅れて出来上がった。

スープは見た目通り唐辛子の辛さが効いているが甘味もありかなり独特な「辛いラーメン」。なんとなく前回食べた時より辛さが増しているような気もしたがスープ自体の美味さもしっかりと感じられ美味しい。
麺はつけ麺と同じ極太。つけ麺の時はかなりコシがあるがラーメンだとやはりやや柔らかめで違った食感になる。ここで細麺を食べたのは随分前になるがやはりこの極太麺の方が好みだな。
具はチャーシュー2枚、メンマ、刻み玉ネギ、ワカメ、海苔、味玉。
チャーシューは箸で持ち上げると崩れるほど柔らかい。
味玉はデフォで半個と追加分は別皿で。見事な半熟加減だが味付けはやや薄めだった。

のりめしはご飯の上に刻み海苔、高菜、ネギを乗せタレをかけたもの。
まあ見た目通りの味だ。

なかなかの辛さだったがスープまで完飲。

ここに来るとどうしてもつけ麺を食べてしまうがラーメン系のメニューもしっかり美味い。
次回は塩ラーメンかな。これは細麺の方がよさそうだが…。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

「台湾ラーメン(680円)+ニンニクチャーハン(788円)」@味仙 大名古屋ビルヂング店の写真今月も名古屋に来たので久々に味仙で食べることに。まずは「味仙 名駅店」に行ってみるが日曜日は定休日だった…。駅の中の「味仙 JR名古屋駅店」も考えたが恐ろしく混んでいたので相当待つことになりそう。
そこで駅の目の前にある大名古屋ビルジングへ。3回の店に到着するほぼ満席。
「相席でもいいですか?」と聞かれたので了承し着席する。
メニューを見ることもなく名物の「台湾ラーメン」と「ニンニクチャーハン」を注文。他の客たちもやはり皆台湾ラーメンを食べている。
5分ほどでまずはラーメンが運ばれてきた。やはり小ぶりな丼だな。

スープは透明感があるが飲んでみるとやはり辛い。唐辛子とニンニクのの刺激がハッキリと感じられて実にパンチがある。とはいえ激辛というわけでもないので誰でも食べられるだろう。
麺は中細ストレートでやや硬めの食感。量は120g程度かな?大盛りは出来ないようだ。
具は挽肉、ニラのみ。
挽肉は結構多く入っていた。スープがあっさり気味なので麺に絡む感じはなく担々麺の様に甘さはない。
なかなか辛かったがスープまで完飲。

ラーメンを半分ほど食べたところでニンニクチャーハンが登場。強烈という程ではないが名前通りなかなかニンニクが効いていて美味い。こちらも量は少なめなので二品食べても満腹にはならなかったな。

数年ぶりに味仙の台湾ラーメンを食べたが店は違ってもやはり同じ味。
次回は台湾まぜそばの店に行ってみようかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「麻辣麺(790円)+定食セット(300円)+杏仁豆腐」@麺飯店 マラマラの写真以前から前を通る度に気になっていた店だがようやく初訪問。
中に入ると先客なし、後客2人。厨房には男性1人。
まずは券売機をチェックするとかなり豊富なメニューだが初めてなので基本の「麻辣麺」をチョイス。空腹だったので「定食セット」と「杏仁豆腐」も追加する。
食券を渡すと家系の様にお好みを聞かれたので全て普通でお願い。
しばらくして出来上がった。

まずは真っ赤なスープから。麻辣という名前通り辛さと山椒がかなり効いていてなかなか刺激的。どちらかというと山椒の方が強くて途中からは舌が痺れてきた。
麺は平打ちがかった太麺でなんとなく家系っぽい形状。茹で加減はちょうどよくモチモチ感もあり美味しい。
具はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、大根、海苔、揚げニンニク?
チャーシューは棒状のバラ肉で赤身と脂身のバランスがよく柔らかい。
また大根にはちょっと意表を突かれた。なんか刺身のつまみたい。
最後は当然ライスを投入して完食。定食セットのスープはとろみのある卵スープでこれもなかなか美味かった。

かなり個性的な味で辛さと痺れが実に心地いい一杯だった。
他のメニューも気になるのでまた来よう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ゲキカラザンマイコレデモカ!(850円)ニンニク辛マヨ」@千里眼の写真2月の「ニンニクザンマイコレデモカ!」同様またカップ麺の発売を記念して限定をやると聞き8ヵ月ぶりに千里眼へ。
到着すると店の外に26人待ち。今回は夜の訪問なので大体これ位だろうと思っていた。
とりあえず接続するが店から出てくる人たちが皆「食べてきた」というより「戦ってきた」様な表情をしている。どうやら相当な辛さの様で自分も気合を入れる。
なかなか回転はよく1時間ほどで店内へ。早速券売機で「ゲキカラザンマイコレモカ!」の食券を購入。辛さ対策で生玉子を追加している人が多かったが、自分は烏龍茶(食事の脂にこの1本)を買って戦いに備える。
厨房には男性3人でいつも通り元気で丁寧な接客。
着席後しばらくして声がかかったので「ニンニク辛マヨ」とコール。

まずは上にかかっているタレを一口。いきなり舌にビリリッと来た…。先客達のリアクションを見て覚悟はしていたが名前通りの「激辛」具合。中本の蒙古タンメンにかかっている麻婆より明らかに刺激的で途中からは「辛さ」が「痛さ」に変化していった。
辛マヨもコールしたのだがその上から激辛ダレをかけられているのでよくわからない。
卓上にはさらに辛くする「辛種」「激辛揚げ」「激辛ラー油」という3種の辛器なる調味料も用意されていたが恐ろしくて手が伸びなかった。
麺は前回同様ややコシのある縮れの入ったタイプ。一気に啜ると辛さでむせてしまうのが確実なので慎重にゆっくり口に入れる。量は今回は250gとのことでやはり少なめに感じた。
具はブタ、野菜、ネギ、激辛揚げ。
ブタはトロトロに柔らかく味付けもよく素晴らしい出来。
野菜はデフォだとまずまずの量でシャキシャキの食感。増せば辛さが和らぐかとも思ったがタレに浸かった野菜自体がもう辛くなってしまっているのでこれでよかっただろう。
スープまで完飲、なわけがない。固形物を食べ終えた段階で色々限界に来たのでご馳走様。

量的には問題なかったが辛さ(と痛さ)のせいでギブアップしそうになった。
でも食べ終えると「やっぱり美味かったな~」としっかり満足。またこういう面白い限定をやってほしい。
明日の朝の腹具合がちょっと心配だが。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

「特ポルチーニきのこつけそば(1,130円)麺多め」@麺 池谷精肉店の写真8ヵ月ぶり。
12:30入店すると先客5人、後客6人。厨房は昼だと2人体制。
今日は久々に「牛すじカレーつけそば」にするつもりだったのだが券売機を見ると平日にもかかわらず限定メニューがあるようなのでそれにしてみる。
しばらくして出来上がったが通常のつけそばとは見た目からしてかなり違うようだ。

つけだれはいつもとは違う器で登場。「干ししいたけの出し汁にイタリア産ポルチーニの乾燥パウダーを入れた」というだけあってまさにキノコ汁の味わい。味自体はちょっとしょっぱめでそのまま飲むには濃いがいつもの甘味の効いたつけだれとはかなり違って新鮮だった。
麺はお馴染みの極太縮れとは違う中太ストレート。しかもデフォだとあつもりらしい。食べてみると結構硬めでコシのある食感だがツルツル食べられる。
具はチャーシュー2枚、きのこ類、ワンタン、味玉、ネギ、幅広麺。
チャーシューは通常のものと違ってかなり薄切り。
そしてメイン?のキノコはしいたけ、しめじ、ひらたけ、エリンギ、なめこなどかなりがたっぷり入っていた。
味玉は黄身がネットリとした半熟で濃い目の味付け。
最後にスープ割りしてもらうがこれがかなり美味かった。

毎週土曜日に個性的な限定をやっている池谷だが、これも非常にインパクトのあるつけそばだった。
寒くなったら我流の方も食べに行こう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

「小(750円)+HOT冷まし(100円)ヤサイニンニクアブラ」@ラーメン二郎 環七新新代田店の写真昨年食べて気に入った冷まし中華だが今年はその温かいバージョンも提供されているらしい。今日はちょっと肌寒い一日だったのでその事を思い出し8ヵ月ぶりに新代田へ。
ありがたいことに開店時間の17:00前に繰り上げて開店。この時助手さんに「HOT冷ましで」と伝えておく。
厨房には店主さんとメガネの助手さんで今日もご機嫌なBGM。
先に注文を告げてあるのでさほど待たずに声がかかった。見た目は冷まし中華と全く変わらない。

タレは冷まし中華同様甘酸っぱいタイプで温かい麺と合わせても違和感は全く無く美味しく食べられる。また今回はアブラも追加したので適度なコッテリ感が出ていて「ラーメンと冷まし中華の中間」的な味わいになっていた。
出来ればここにラー油を回し掛けて食べてみたいな。
麺はいつも通りの極太縮れで温かい状態でもやや生煮え感があり蓮爾に近い食感。400gと多めの量も極太だと一気に口に入れる量が多くなるので苦戦することなく食べることが出来る。
ブタは中ぶりの物が2.5個といった量。大きさ的にはちょっと物足りないが味の染み具合や柔らかさはいつも申し分ない。
野菜はコールしても他店のデフォ程度の量でややクタ気味。
タレの量はそれほど多くないのでアブラもろとも飲み干してしまった。

冷まし中華がかなり好印象だっただけに「温かくしたらちょっと微妙になりそう」とも考えていたが、予想に反してまとまりのいい一杯で非常に美味かった。生卵や鰹節を合わせてみても面白そう。
接客もとてもよかったです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 10件

「冷やし中華(900円)ニンニク少し海老辛」@豚星。の写真以前から狙っていた冷やし中華が今週で終わってしまうとのことで3ヵ月ぶりに豚星へ。
16:00入店すると半分ほどの入りでその後も満席になることはなかった。この時間は狙い目だな。
早速券売機で「限定」の食券を購入。今回はそのままカウンターに置くが他にも「冷やし中華B」「癒し中華」にも出来るらしい。そちらもどんな味か気になるが来年のお楽しみに取っておこう。
厨房には男性3人でやはりこの時間だと店主さんの姿はなし。
空いていたこともあってさほど待たずに声がかかった。こんなボリュームのある冷やし中華は初めて見た…。

まずはよくかき混ぜるがギッチギチに盛られているのでなかなか苦労する。
麺は他のメニューと同じ平打ち縮れ。「用心棒」や「千里眼」の冷やし中華の様にキンキンに冷やされているわけではないが、しっかりと冷たくラーメンの時に比べるとやはりやや硬めに感じた。ここはつけ麺がまだ未食なのでそちらも早めに食べてみたい。
タレは色んな味がごちゃ混ぜになってしまったので素の味はよくわからなかったが意外にマイルドかな。海老辛は香ばしくてなかなか相性がよかったがニンニクは少なめにしたこともあってそれほど存在感は無かった。
ブタは巨大なものが2枚とブロック状がゴロゴロでかなりの量。ここのブタは結構お気に入りなのだが今回はスープに浸せないせいもあってかややパサついた食感だった。
野菜も冷たくしてあったがモヤシのみだったようだ。なんか味のついてないナムルみたいだがあまり食感はよくなかった。
他に海苔、鰹節、うずら2個、プチトマトなど実に具沢山。なんとか固形物は食べ終えたがすっかり満腹になってしまった。

初訪問以来4回連続で限定を食べたがどれも実に個性的で他の二郎系では出会えない味を楽しませてくれる。
次はどんなものが出てくるのか興味は尽きない。というかその前にデフォのラーメンを食べないと…。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 5件