なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,642
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレー油そば(680円)+中盛り(50円)+そぼろキムチ丼」@宝華らぁめん 国分寺店の写真約3年ぶりに国分寺店へ。
17:20入店で先客3人、後客なし。厨房には男性2人。
着席しメニューを見るが結局今回も国分寺店限定の2品を注文。これで3回連続で同じオーダーに。
ただおつまみの「焼きワンタン」というのがちょっと気になった…。
しばらくして出来上がった。

スープは前回同様辛くも甘くもない中間的なカレー味。もっと辛いバージョンも食べてみたいところだ。
麺は立川と同様でソフトな食感。もう中盛りでも足りないので次回から必ず大盛りにしよう。
具はチャーシュー1枚、メンマ、カイワレ、ネギ、糸唐辛子、ゆで卵半個。
チャーシューは厚みもあり柔らくて味付けもよし。
スープまで完飲。

そぼろキムチ丼のそぼろはどうも炒めたてだったようだがちょっと焦げ気味だったな。厨房には煙が立ち込めていた。

立川の本店も好きだがやはりこちらのオリジナルメニューも美味い。
次回は餃子か焼きワンタンでも追加するかな。
武蔵境店も閉店する前に一度は行っておけばよかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「牛すじカレーつけそば(930円)麺多め」@麺 池谷精肉店の写真半年ぶり。
この日は夜の部開店と同時に一番乗りで店内へ。後客2人。厨房には店主さん1人。
限定で「あさりと春キャベツタンメン」がやっていたがカレーの気分だったので4年ぶりに「牛すじカレーつけそばをチョイス。食券を渡すといつも通り量を聞かれたので「多め」でお願いする。
しばらくして出来上がった。

つけだれのカレーは4年前と同じく甘口だが素のスープの美味さもしっかりと感じられる。カレー効果で通常のつけそばより麺に絡みやすくなっているのもいい感じ。
でもよく考えたら「牛すじカレーつけそば」はこれで5回目ぐらいだが「牛すじつけそば」は1回も食べてないかも…。
麺はお馴染みの極太縮れ。つけだれも美味いのだがやはりこの店はこの麺があってこそ。今日は絶妙なコシと弾力でここ数回の中では一番美味く感じた。量は多めで300gだが正直もっと食べたい。
具は牛すじ、野菜、ネギ、味玉半個。
牛すじはトロトロに柔らかく煮てあって味もよく染み混んでおり絶品。このメニューはチャーシューが入らないがこれだけで十分満足出来る量。
通常のつけそばとは違ってなぜかつけだれの中に野菜が入っている。茹で加減はシャキシャキで特にキャベツが美味かった。
最後はもちろんスープ割りで締め。

移転前から16、7年食べ続けているが今でも飽きずに毎回満足させてくれる。
この日は麺が一段と美味く感じて一気にがっついてしまった。
以前より訪問頻度は下がってしまったが唯一無二のここだけのつけそば、これからも定期的に食べに行きたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

「ラーメンよりすこし少なめなラーメン+グッチーズカレー」@ラーメン二郎 相模大野店の写真8ヵ月ぶりにスモジへ。去年は1回しか来れなかった。
13:30到着すると意外にも待ち客はなく空席2。
券売機でお目当ての「カレーなるカレーつけ麺」の食券を買おうとすると無情にも売り切れ表示。
以前夏に食べてかなり気に入っただけにあつもりバージョンを楽しみにしていたのだが…。
そこで約3年ぶりにグッチーズをチョイスしトングを持って奥の方へ着席。厨房には前回と同じ3人。
しかしカレーつけ麺が売り切れでグッチーズが出来るとはなんか不思議だ。材料にそれほど違いがあるとは思えないのだが。
さほど待たずにまずは福神漬けと麺が運ばれてきたのでトングでグッチャグッチャとかき混ぜておく。
そしてコールタイムとなり「ニンニクカラメ」。

麺はやや柔らかめでチーズとカレーが絡まって実にネッチョリとした口当たり。ちょっと置いておくとチーズが固まり始めるので常にかき混ぜながら食べ進める。カレー自体は前回同様やや甘口で個人的にはもう少し辛いバージョンも食べてみたいかな。
量は3年前と同じように少なめにしたがグッチーズの場合途中で飽きが来ないちょうどいい量に思える。
ブタはかなり小ぶりなので麺の丼で崩しながら混ぜる。ただスープに浸せないのでややモサモサした食感だった。
別丼の野菜は今回も麺とは混ぜずにおかずとして食べる。カラメにしたのでタレがかけられてちょうどいい塩梅だがやはりスモジのニンニクは辛いな~。次回このメニューを食べる時は必ずニンニク少しにしよう。

カレーつけ麺は逃してしまったが久々のグッチーズを堪能。
やはりスモジの限定は実に個性的でそれぞれ食べ方が違うのも楽しい。
接客もとてもよかったです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 17件

「燻製味玉カレーらーめん(880円)+ライス(100円)」@豚骨一燈 立川の写真3ヵ月ぶり。
17:10入店で先客2人、後客4人。厨房には男女1人ずつ。
前回はつけ麺を食べたので今日はらーめんにしようと思っていたのだがなんとなくカレーらーめんにしてみる。カレーなので当然ライスも購入。
さほど待たずに出来上がった。

スープはラーメンのスープよりカレールーと言ってもいいほどとろみのついたもので。味自体もカレーが全面に出ていて後から入ってきた客にいきなり「すごいカレーの匂いがする」と言われてしまった…。それほど辛くはないのでもう少し刺激的でもよかったかも。
麺は中太ストレートでちょうどいい茹で加減。スープの粘度がすごいのでもう絡みまくっている。
具はチャーシュー、メンマ、刻み玉ネギ、ネギ、海苔、味玉。
チャーシューは前回とは随分見た目が異なるな。切ってからタレに浸してあるのかな?
味玉は黄身が5割ほど固まった半熟で程よい味付け。
スープを半分ほど減らしたところでライスを投入し完食。

個人的には前回のつけ麺よりカレーラーメンの方が気に入ったかな。
次回は油そばにしてみよう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「チーズカレーラーメン(880円)+味玉+麦ごはん小」@カレーラーメン 彩 SAIの写真以前から気になっていたがようやく初訪問。
入店すると先客1人、後客なし。厨房には男性1人。
入口にある券売機を見ると結構豊富なラインナップだが初めてなので基本のラーメンをチョイス。そして味玉とカレーということで「麦ごはん」の食券を購入。
店内はラーメン屋というよりバーの様な雰囲気。
さほど待たずに出来上がった。

スープはとろみのあるカレースープで辛さ普通で頼んだこともあって刺激はなくマイルド。途中から粉チーズを混ぜるといい感じに粘り気が出て麺に絡みまくる。
その麺は中太縮れでプリプリした食感。「羽田製麺」という麺箱が見えたが初めて聞いたかも。
具はチャーシュー、青菜、ネギ、海苔、オプションの味玉。
チャーシューはバラロールで分厚くて柔らかくかなり上質。
味玉は黄身が見事な飴色でネットリとした半熟。150円はちょっと高いがかなりのレベル。
最後はもちろん麦ごはんを投入して綺麗に完食。

カレーラーメン専門店というのはかなり珍しいと思うが個人的にはなかなか気に入った。
次回は辛さを上げてみよう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン(730円)+カリー髑髏(200円)ニンニク」@ラーメン二郎 新小金井街道店の写真昨年野猿で食べた「カリー髑髏」が提供されると聞いて半年ぶりに小金井へ。
到着すると意外に外の列は短く10人ほどの並び。店内と合わせると17、8人待ちといったところか。
かなり回転はよくスルスルと列は進み入口へ来たところで食券を購入。「限定50食」とのことだったが無事「カリー髑髏」は販売していた。
今回厨房には情報通り野猿の店主さんと2人の助手さんの3人体制。麺上げをしていたのは野猿の店主さんだったが慣れない厨房でもテキパキこなしていているのが流石。野猿からも常連がたくさん来ていたようで挨拶している人が多かった。
着席後程なく声が掛かったのでコール。

レンゲがあるのでまずはスープから。昨年9月野猿で食べたのとほぼ同じ味で辛さは控えめでマイルドなカレー味。底の方に挽肉がたっぷり入っているのも同様だった。作り手が同じなので当然といえば当然だが小金井の麺とも非常によく合っていて食が進む。
ただもう少しスパイシーでもいいかなとも感じるので一度辛口バージョンも食べてみたい。
小金井の野菜はモヤシが多いこともあって後半はちょっと薄味に変化していた。
麺は小金井らしくやや硬めの茹で加減。野猿の独特な麺とは違って一般的な二郎の形状だがやはり他店に比べるとコシがある食感。今回量はどうだろうと思っていたがいつもの小金井(250g)程度に感じた。
ブタは今回はやや歯応えがあるものだったが味付けはよく脂身の付き具合も申し分なし。
野菜はモヤシ多めでシャキシャキの茹で加減。小金井は野菜を増す人も減らす人も多いが店側も目に見える形でしっかり対応している。
最後は挽肉をさらいながらスープまで完飲。やはり野猿で食べた時よりはボリュームは控えめだったかな。

野猿同様二郎+カレーが見事に融合されていて実に美味しかった。案外塩や味噌よりカレーの方が二郎と相性がいいのかもしれない…。
退店したのは8時頃だったがまだ売り切れてはいなかったので実際にはかなり多く用意されていたようだ。
改装が終わったら早めに野猿にも行ってみよう。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 17件
このレビューは移転前のものです。

「カレー汁なし(900円)ニンニクアブラ」@ラーメン荘 歴史を刻め 新栄の写真2年ぶりにF1観戦で名古屋へ。というわけでこの店も2年ぶりになる。
21:30到着すると幸運にも一つだけ空席が。
前回はラーメンだったので今回はつけ麺か汁なしにしようかと思って券売機を見ると「カレー汁なし」なるものを発見して思わずそれをチョイス。先日野猿二郎で「カリードクロ」を食べたのでつい反応してしまった。
厨房には男性2人。2年ぶりなのでよく覚えていないが調理を担当していたのが店主さんなのだろう。
閉店間際の時間だがその後も次々と客がやってきて人気は高いようだ。
しばらくして出来上がった。「よくかき混ぜて食べて下さい」との言葉とともに登場。

麺は富士丸の流れを思わせる平打ちで縮れが入った太麺だが、前回同様ゴワゴワ感よりモチモチ感がある。なんとなく明大前の「ラーメン もみじ屋」に似ているかな。服に飛ばさないよう慎重に啜る。
この麺に絡むタレは粘度の高いねっとりとしておりカレーがプラスされている。カレー自体の辛さはそれほど強くはないがブラックペッパーが多めに振りかけられているのでなかなかスパイシーに感じた。
すぐに混ぜたせいで最初から最後までカレー味だったが非常に日本人好みの味で麺や具との相性もとてもよかった。
ブタは2枚入りで柔らかくて味もよく染みているがちょっと薄切り。
野菜は汁なしだったこともあり増さなかったのでやや少なめ。茹で加減はややクタ気味。
またフライドオニオンがかなり多めに入っておりいいアクセントになっていた。
富士丸系に来たら欠かせない別皿アブラだがやはりしょっぱいのでカレーとはちょっと合わなかったかな。結局そのまま摘んで食べてしまった。
ライスがあれば最後にぶち込みたかったな…。

「カリードクロ」同様二郎系+カレーが実に見事に融合されていて満足度の高い一杯だった。
かなりメニューも豊富だしラーメン荘グループは他の二郎系にない魅力があるな。是非関東への出店を検討してほしいところ。
接客も素晴らしかったです。名古屋に来たら必ずまた寄りたい。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「カリードクロ(930円)ニンニク」@ラーメン二郎 八王子野猿街道店2の写真限定メニューに釣られて2ヵ月ぶりに野猿へ。
17:30に到着すると店の外に8人の並び。「限定30食」とあったので不安な気持ちで券売機を見ると無事「カリードクロ」は販売していた。
今日はかなり回転が速く10分ほどで店内へ。意外にも店内にカレーの香りが充満しているわけではなかったな。
厨房には店主さんと2人の助手さん。麺上げをしていた助手さんはカープのTシャツを着ていた。
カウンターにはすり鉢で食べている有名ブロガーの姿もありやはり限定初日は盛り上がるようだ。
着席後しばらくしてメガネの助手さんから声がかかったので「ニンニク」とコール。

最初の見た目は今まで食べてきたドクロ系メニューと大差ないが、麺を引き上げるとカレーの香りが一気に上がってくる。
とろみのあるスープを飲んでみると辛さは強くなく甘口と中辛の間ぐらい。例えはよくないが「カップヌードルカレー」の様な味わいでスープとカレーがちょうどよく融合されている感じ。
野猿の濃厚なスープとカレーではくどくなりそうなイメージだが全くそんなことはなくスルスル食べ進める。
麺のはいつもの硬めでプツッと切れる野猿独特のもの。勢いよく啜るとカレーが服に襲い掛かってくるので注意が必要だ。
またスープには挽肉が結構な量入っており麺に絡みついてくるのがいい感じ。
ブタは大ぶりののが2切れと思っていたらその下にほぐした物も入っていた。見た目どおり脂身がトロットロで角煮のような柔らかさ。ここ最近野猿のブタは全く外れないな。
野菜は今日は二郎標準の盛り程度に見えた。茹で加減はシャキとクタの中間程度でカレーによく合っている。まあキャベツはともかくモヤシをカレーに入れる人はあまりいないだろうが…。
最後に挽肉を掬いながらスープを半分ほど飲んでご馳走様。
十分腹は膨れたが麺少なめにして「プチめし」も頼むべきだったかな…。

二郎系+カレーというのは他店でも何度か経験しているが、今回のカレーは一手間かけて作られていたようで実に美味しかった。
そういえば先月「海鮮ドクロ」というのをやったらしいがどんなものだったのだろう…。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 19件

「カレー油そば(680円)+中盛り(50円)+そぼろキムチ丼」@宝華らぁめん 国分寺店の写真約3年ぶりに国分寺店へ。昨年武蔵境にも出来たらしいがオリジナルメニューでもあれば行っておきたい。
17:45入店で先客1人、後客なし。ちゅぼうには男性2人。
前回同様国分寺店のみのメニューをチョイス。
さほど待たずに出来上がった。

タレはやはりそれほど辛さは強くなくあくまで「カレー味」という感じ。もう少し刺激の強いバージョンも食べてみたいがカレー+ハバネロとか出来るだろうか。
麺はソフトな食感の中太でタレとの絡みは絶妙。中盛りにして200g強かな。単品なら大盛りにしても楽に食べられるだろう。
具はチャーシュー1枚、メンマ、カイワレ、ネギ、糸唐辛子、ゆで卵半個。
チャーシューは厚みもあり柔らかい。結構脂身率は高いがとろけるような食感。

そぼろキムチ丼も前回と全く同じ仕上がりで無難に美味い。ネギチャーシュー丼の方が好みではあるが国分寺店でしか食べられないからな。

カレー油そば、そぼろキムチ丼共に立川店にはないメニューなのでこれだけでも来る価値がある。
次はどこに出店するのかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「ラーメン(700円)+カレーなるカレーつけ麺(200円)」@ラーメン二郎 相模大野店の写真猛暑でとても熱いラーメンを食べる気にならない。というわけでつけ麺を食べるためにスモジへ。
野猿の限定も気になるが酸味が強すぎるのはちょっと苦手なので…。
到着すると客入りは半分ほど。さすがにこう暑くてはラーメン屋には受難だろう。その後も何人か来たが終始空席がある状態だった。
厨房には店主さん、そして助手は男性2人と女性1人。男性1人は新人なのか色々指導を受けていた。
券売機で「ラーメン」とお目当ての「カレー(華麗)なるカレーつけ麺」の食券を購入。
客が少ないこともあって1ロット2~3杯だったがさほど待たずに声がかかったので「ニンニクで」とコール。

つけだれはスパイシーというほどではないがしっかりカレー味。グッチーズと同じようなルーの味だがこちらの方がつけ麺のためか辛さは控えめに感じる。もうちょっと辛い方が好みだが後半は細かく刻まれたニンニクのせいで別の意味で辛くなった。
レンゲに盛られたチーズはほとんどブタに使ってしまったがスープにはちょっと溶けにくかったかな。
スモジのつけ麺は結構硬めの食感になっていることが多いが、今日は水で締められてもやや柔らかめでヌチッとした食感。麺にもカレー粉がかけられているのがちょっと面白い。
ブタは中ぶりの物が2切れ。切っている段階で美味そうに見えたが赤身ホロホロ、脂身トロトロで素晴らしい出来栄え。これにチーズをたっぷりと絡めて食べると最高に美味かった。
野菜はそこそこの量で茹で加減はややクタ。カレー味ともしっかり好相性。

想像通りの味ではあったがカレー味と二郎が上手く融合していた。
「賄い」もお気に入りなので近いうちにまた来たいところだ。
今回も接客はよかったです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 17件