なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,646
レビュー 店舗 スキ いいね

「ネギおやじ(1,050円)+味付玉子(100円)」@ラーメンおやじ 町田店の写真2年ぶり。
16:30入店すると中途半端な時間でも空席はわずかに2つ。その後は外待ちも発生していた。
今回もおやじ麺を食べるつもりだったがなんとなく「ネギおやじ」の方にしてみる。
厨房には男性3人、女性1人。改装前に比べてカウンターがかなり高くなったので調理の様子は全く見えない。
しばらくして出来上がった。

スープはおやじならではの白味噌ベースで今回も実に甘い。色んな店で札幌ラーメンを食べたがやはりこの甘さは際立っている。クリーミーな口当たりも健在で麺との絡みも抜群。
麺はお馴染みの小林製麺の黄色い縮れ麺。いつも通りプリプリした食感でまさに味噌ラーメンの為の麺だが多摩地区でこの手の麺を使っている店はあまりない気がする。他には「味源」か「めんや 蔵」位しか思いつかないな。
具はチャーシュー、メンマ、炒め野菜、辛ネギ、海苔、オプションの味玉。
チャーシューは例によって薄切りで今回はホロホロと崩れる柔らかさ。
また辛ネギはシャッキリした食感で見た目ほど辛くなくスープに混ぜてもそれほど刺激的な変化はなかった。それほど多いわけでもないので+250円ってのはちょっと高い気がする。
味玉は黄身が7割ほど固まった半熟で薄めの味付け。
スープまで完飲。

ネギの効果はそれほどなかったがおやじ麺の魅力はしっかりと味わえて満足。
次回は夏につけ麺を食べに行こうかな。味噌ベースの冷たいつけ麺ってのがかなり気になる…。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「紅まぜそば 温玉・ライス付(900円)」@麺創研 紅 国分寺の写真1年2ヵ月ぶり。久々に来たらすぐ近くに「立川マシマシ 国分寺店」が出来ていた。
17:00入店で先客4人、後客3人。
今回は約2年ぶりに「紅まぜそば」の食券を買い着席。食券を渡すとライスの量を聞かれたので「中」でお願いする。
厨房には男性4人で今回も丁寧な接客。新人さんがいたようで色々指導している様子が見られた。
またちょっと特徴的なのが水に入っている氷がウイスキーの様な丸氷なことか。
さほど待たずに出来上がり。

麺はお馴染みの乱切り麺でやはり色んな食感が楽しめるのが魅力。今回は全体的にやや柔らかいような気もしたが相変わらず具とタレがたっぷり絡みついてくる。
タレは今まで食べた中でも辛い方で途中から舌がヒリヒリ。紅らーめんの時より汁分は少ないのだが水のお代わりは必須だ。
具は肉味噌、豚バラ、茹でキャベツ+モヤシ、ネギ、水菜、輪切りの唐辛子。
豚バラも肉味噌も多めに入っているのでボリューム感は十分。まぜそばの場合チャーシューよりこういう物の方が向いてるのは間違いないだろう。
また輪切り唐辛子も以前と同様スナックの様なサクサクした食感が楽しい。
途中で温玉を投入しマイルドにし最後は当然追い飯して綺麗に完食。

久々に紅まぜそばを食べたがやはり本当に完成度が高い。
いわゆる「台湾まぜそば」とも違うまさに紅独自のまぜそばで今回も実に満足させてもらった。
この辺も結構な激戦区になってきて今後が楽しみだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「味噌フュージョン(850円)+火のうずら ヤサイニンニク」@火の豚 立川ラーメンスクエア店の写真3ヵ月ぶり。先日麺増しを頼んだあげく大量に残した客がいたそうでテレビのニュースにもなっていた。
前回フュージョンを食べてなかなか気に入ったので今日はまぜそばかつけ麺にしようと思っていたら冬季限定で味噌をやっているようなので思わずそれをチョイス。
食券を渡すとすぐにトッピングを聞かれたので「ヤサイニンニク」とコール。すると「野菜は2倍になりますがいいですか?」と念を押された。やはりあんな事があったからかな。
しばらくして運ばれてきた。

まずはスープから。麻婆のかかってない部分を飲むと意外にもやや甘めでマイルドな味噌味。これだけならあまり二郎系らしさは感じないがニンニクとの相性が実によかった。
続いて麻婆ゾーンを。前回同様刺激はあるがやはり強烈に辛いというわけでないな。甘めの味噌と混ざっていくとさらに食べやすくなったような。
また通常の「ヒュージョン」とは違って辛揚げがトッピングされているのも特徴。
麺は前回は何となくゴワゴワ感があったが今日はやや弾力のあるモチモチした食感。もしかしてちょっと変わったかな?量は250g程度だった気がする。
今まで食べたラーメンの中で一番辛かったのは去年「千里眼」で食べた「ゲキカラザンマイコレデモカ!」かな。あれは恐ろしい刺激だった。
ブタは今回も1個のみだがサイズはかなり大きめ。今日のは半分ほど脂身だったが柔らかくて味もよかった。
野菜はコールしてもそれほど多くはなく普通に食べられる量。こえで2倍ならデフォだとかなり少なそうだな。
火のうずらは3個入り。単体で食べるとなかなか辛いがスープに沈むと普通の味だった。別皿で頼んだ方がいいかも。
最後にピリ辛味噌スープを半分ほど飲んでご馳走様。

味噌ということで二郎系というより中本寄りなメニューに感じたが、味噌と麻婆の相性はいい感じだった。
接客もとてもよかったです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「辛みそネギチャーシューメン味玉付(900円)」@弘富の写真1年半ぶり。
17:10入店すると先客1人、後客なし。厨房には店主さん1人。
前回はつけ麺だったがこの日はかなり寒かったので辛みそラーメンの方を注文。
トイレに入って出てくるとすぐに運ばれてきた。多分5分もかかってない。

スープは真っ赤だが以前同様ピリ辛といった程度で刺激はなく飲みやすい。途中で卓上の一味唐辛子を多めに投入してみるといい感じ。ただ冬というわけでないだろうがちょっとぬるかったな。
麺は中細で今回もやや硬めの茹で加減。
具はチャーシュー4枚、メンマ、和えネギ、刻み玉ネギ、味玉。
前回ラーメンを食べたのは3年前だがチャーシューの形状が全く変わっていた。以前は@状のバラロールだったのだがこの日は脂身少なめのロースに。これはこれで美味いが以前のも好きだっただけにちょっと複雑な気も。味付けはそれほど変わってない気がした。
和えネギは見た目ほど辛くなくシャキシャキの食感。またこの中にもサイコロ状のチャーシューが入っている。
味玉は黄身がネットリとした半熟で程よい味付け。
スープまで完飲。

以前と同じく辛さ控えめで優しい味わいの味噌ラーメンだった。
チャーシューが変わっていたのはちょっと驚いたな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「白味噌こってりらーめん(900円)+味玉変更+バター+TKG」@ど・みそ グランデュオ立川店の写真4ヵ月ぶり。昨日も来たのだがかなりの行列だったので改めて出直してきた。
16:10入店すると先客5人、後客1人。厨房には男性1人で接客の女性1人。
今日は「みそカレーらーめん」にしようと思っていたのだが14日までの限定メニューがあったのでそれにしてみる。
また前回同様ゆで卵を味玉に変更し、バターも追加。さらに空腹だったのでTKGもオーダー。
さほど待たずに出来上がった。

スープは前回食べたスパイシーな「特みそ」とは違って、白味噌を使っていることもあってやや甘味があり味もマイルド。白味噌なので町田の「ラーメンおやじ 町田店」に似ているかな?とも思ったがやはりあそこまでは甘くないな。途中からは唐辛子を多めに投入して味変。
麺は浅草開化桜の中太縮れで今回もなかなかしっかりとした食感。具が多いのでデフォの量でも不足感はない。
具はチャーシュー2枚、モヤシ、コーン、ネギ、海苔、味玉、オプションのバター。通常の味噌だとニラが入っているがこちらはネギになるようだ。
チャーシューは柔らかいバラロールで前回よりちょっと厚くなったような。
味玉は黄身がネットリとした半熟で今回は濃い目の味付け。
スープまで完飲。

TKGは特筆すべきところはないが無難に美味い。もう少しライスの量が欲しかったけど。

同じ「こってりらーめん」だが今回は不思議と胃がもたれる感じはなかったな。
次回こそ「みそカレーらーめん」を。でも立川店オリジナルのメニューも幾つか気になる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「みそラーメン(800円)ニンニクアブラ」@ラーメン二郎 京成大久保店の写真ほぼ1年ぶりに京成大久保へ。今年も千葉の2店は年末の訪問となりそうだ。
1年の間に11:00~15:00の昼営業のみになったようだが、多摩地区から3回乗り換えして訪問する身としては昼の営業時間が伸びたのは嬉しかったりする。以前夜の部に行った時は帰りが大変だったし。
13:45到着するとわずかに4人待ち。ここでは店の外に並んでいるのを未だに見たことが無い。
昨年同様「みそラーメン」の食券を購入し列に接続。厨房に店主さんと女性助手さん。
すぐに席が空きそれからさほど待たずにコール。なんとなくだが昨年とはちょっと見た目が異なる。

まずはスープを一口飲むと昨年と同じようにクリーミーで粘度のあるタイプ。味噌が強いだけに二郎らしい香りは無いが麺やアブラとの相性は抜群で単純に「味噌ラーメン」としても実にハイレベルに仕上がっていると思う。
ただ今年は表面のラー油が見るからに多めで結構ピリ辛。冬にしては暖かかったこともあって途中からじんわり汗をかいた。
麺はデフォだと結構柔らかめだがデロという程ではない。柔らかい分味噌と実によくマッチしておりスープを持ち上げまくる。
ブタは中ぶりの物が3枚。やや薄切りながら赤身と脂身のバランスが絶妙でとろける柔らかさだった。
野菜は見た目は昨年に比べ結構平面的な盛りだったがデフォでもなかなか多め。今日はややシャキな食感だったが味噌にはもう少し柔らかい方がいいかな。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。やはり味噌だとデフォでも結構重く感じるな。

今「味噌を食べられる唯一の二郎」だけあってさすがの完成度。やはりここに来るとどうしても味噌を優先してしまうな。
4年前食べた味噌つけ麺も美味かったので来年は久々に食べたいところ。
来週あたり松戸にも行かなければ…。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

「特みそこってりらーめん(880円)+味玉変更(50円)」@ど・みそ グランデュオ立川店の写真銀座 朧月 鶏処」の跡地にオープンしたこちらへ早速訪問。
どみそは町田で何度か食べたが立川への出店は喜ばしい。
店に入ると約半分ほどの入り。厨房には男性3人。「朧月」の時と特にレイアウトに変更はないようだ。
カウンターに座り早速「特みそこってりらーめん」を注文。ついでにゆで卵を味玉に変更してもらう。
意外に早く出来上がった。

スープは濃厚な味噌で「こってり」なので背油が多めに入ってかなりドロッとした口当たり。他店の味噌ラーメンの様な甘みはあまりなくどちらかというとスパイシーな味で当たり前だが町田で食べた時とほぼ同じ印象。
途中からは卓上の唐辛子と山椒を入れてさらにスパイシーにしてみる。
麺は中太縮れでちょうどいい茹で加減。スープが濃厚だがこちらもかなりしっかりとした食感で負けてない感じ。
具はチャーシュー2枚、モヤシ、コーン、ニラ、海苔、味玉。
チャーシューは@状のバラロール。薄切りだがジューシーで柔らかい。
モヤシは軽くゆがいたものだが実にシャキシャキしている。
味玉は黄身が7割ほど固まった半熟で薄めの味付け。
名前通り「こってり」だったがスープまで完飲。

他の店にはない独特の魅力を持った味噌ラーメンで一気に食べてしまった。
町田同様食べている時は何ともなかったがしばらくすると胃がズッシリ…。
次回は「みそカレーらーめん」だな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌そば(880円)+ライス(120円)」@新橋 纏 京王高幡SC店の写真高幡に用事があったので1年半ぶりにこちらへ。
まずは店頭の券売機を見る。この日はちょっと気温が低かったこともありなんとなく「味噌そば」をチョイス。空腹だったので「ライス」も追加してみる。
17:30入店で先客1人、後客4人。厨房には男性2人、女性1人。
「味噌」と「辛味噌」が選べたのだがちょっと迷った後「味噌」でお願い。
さほど待たずに出来上がった。

スープは濃くも薄くもなくちょうどいい塩梅のマイルドな味噌。味噌ラーメンでもコッテリ感や油っこさはかなり抑えめで飲みやすく仕上げてある。ただそれほど熱くはないのであまり体は温まらなかったな。
麺は標準的な太さのストレートでちょうどよい茹で加減。あまり味噌ラーメンらしくない麺ではあるがこの店で黄色い縮れ麺でも出てきたらそれはそれで違和感を感じそうだ。
具はチャーシュー、メンマ、野菜、ネギ、味玉、糸唐辛子、三つ葉、海苔と豊富。
チャーシューは豚と鶏が1枚ずつ。しかしこの組み合わせで出す店が本当に増えた。
最後はライスに野菜を乗せてスープもかけて雑炊にして締める。

この店らしく上品で食べやすい味噌ラーメンだった。
次回は親子丼を食べに来ようかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「濃辛味噌らーめん(850円)+味玉(100円)」@味噌ぶり noodle みやみやの写真7ヵ月ぶり。
20:00入店で先客3人、後客4人。厨房には男女1人ずつで前回とは違うコンビの様だ。
前回同様限定が目当てだったので迷わず「濃辛(こいから)味噌らーめん」のボタンをプッシュ。でも押してから気付いたがもう一つ「冷やし鶏そば」なんて限定もあったんだな…。
食券を渡すと辛さを1~3で選べるとのことだったが無難に1でお願いする。
着席後10分足らずで出来上がった。

スープは名前通り濃厚な味噌でレンゲが沈まないほどドロドロしたもの。唐辛子と山椒が効いておりピリ辛だがさすが1だけにそれほど舌が痺れる感じはなかった。
麺は標準的な太さの縮れでやや硬めの茹で加減。あまり味噌ラーメンっぽくない麺にも思えたがスープとの絡みはよかった。ただスープの性質上啜るごとに撥ねるので紙エプロンは必須だ。
具はチャーシュー、モヤシ、ネギ、パクチー、オプションの味玉。揚げニンニクもあったかな?
チャーシューはかなり厚みのあるもの。そのままでも柔らかいがスープに浸しておくとさらにジューシー感が増していい感じに。
味玉は前回はトロトロだったが今回はネットリとした半熟だった。
スープまで完飲したがライスを追加して雑炊で締めるべきだったな。

「ガーリックとまと麺」もなかなか個性的だったが、今回のもスープがかなりい独特なもので美味しかった。
次回食べることがあったら辛さを上げてみよう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「味噌ラーメン(850円)」@白樺山荘 札幌ら〜めん共和国店の写真札幌最終日はあまり時間が無かったこともあって駅の近くで食べることに。
先日「絶対に行きたくなる!北海道ラーメン2018」という番組がやっていて最初に取り上げられていた店がここだった。
入店すると昼時だったこともありかなりの賑わい。なんか高校生が団体で来ていたな。
着席し当然「味噌ラーメン」を注文。無料サービスのゆで卵を2個食べたところでラーメンが運ばれてきたが多分5分もかかってない。

スープは背脂が浮いた味噌だが2日前に食べた純連とは明らかに違う味。純連が独特でこちらがオーソドックスな札幌ラーメンに近いのかな。なかなかコッテリ感はあるが味自体はマイルドで濃すぎることもなく飲みやすい。
麺はやはりというか当然のごとく黄色い縮れ麺。出来上がりの早さからわかる様にかなり硬めだがやはり札幌ラーメンにはこの麺だ。
具はチャーシュー、メンマ、キクラゲ、ネギ、モヤシ、海苔。
チャーシューは@バラロールでやや薄切り。他にもブロック状が何個か。
ゆで卵はそれほど大きくないこともあって5個食べてしまった。
スープまで完飲。

今回の4杯の中ではやや普通な感じはしたがまさに「札幌ラーメン」といった一杯で美味しかった。
出来れば味噌ラーメンの元祖である「味の三平」にも行っておきたかったな。

3年ぶりの札幌遠征はラーメンも美味かったしそれ以外も楽しいことが多く非常にいい旅行になった。
酷暑の東京に帰ってきてもう既にまた行きたくなってる…。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件