なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,642
レビュー 店舗 スキ いいね

「小らーめん(750円)ヤサイニンニクラー油」@らーめん玄の写真下北沢にオープンしたこちらへ早速訪問。偶然だが先月目黒二郎で食べたばかりなのでちょうどいいタイミング。
酷暑の中14:15到着すると7人待ちと早くも人気店となっているようだ。
まずは店頭の券売機で「小らーめん」の食券を購入し列の最後尾へ接続。幸いマンションの通路で日陰だったのでここで並んで日射病になることは無さそう。
15分ほど待って着席。厨房には目黒で長年助手を勤めていた店主さんと年配の助手さん。目黒ではいつも若林店主が調理していて助手さんが作るのは見たことが無かったが、今日見た限り手際よく調理していた。
着席後程なく声がかかったのでコール。

麺は先月食べた目黒よりは少し太い気もしたが硬さや食感はよく似ている。「直系の麺」と言われても信じてしまいそうな見事な出来。量は「小」で300gなのでちょうどいい量。
スープは背脂が浮いているがかなり透明感のある非乳化タイプ。飲んでみるとちょうどいい塩梅だったが次回はアブラカラメにしてみようかな。
またラー油は千住ほど辛くはなかったが後半はしっかりピリ辛になっていてなかなか好相性だった。
ブタは小ぶりな物が2切れ。脂身少なめだがホロホロと柔らかくて味もよく染みている。でもこのサイズなら目黒同様小ブタにした方がいいかな。
野菜は「スルーされた?」と思うほど少ない。まあ目黒もコールしてもそれほど増えないのでそれを踏襲しているのかも。茹で加減はシャキシャキでモヤシの食感がよかった。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。店内は冷房が効いていたがやはり汗だくに…。

やはり目黒イズムを感じさせる味だったが、ラー油などオリジナル要素もあって今後がかなり楽しみな店。新メニューも期待したい。
新代田二郎と千里眼に挟まれているせいかなかなか二郎系が出来なかった下北だが、この店のおかげでまた行くことになりそうだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン豚入り(600円)ヤサイニンニクアブラ」@ラーメン二郎 目黒店の写真8ヵ月ぶりに目黒へ。
15:10到着すると空席3つ。やはり平日のこの時間だとすんなり座れるようだ。
前回は小Wを食べたが今日は小ブタにしておく。
厨房には店主さんと初めて見る女性助手さん。長年勤めていた助手さんは独立して下北沢に店を開くらしいがそちらも気になるな。
空いていたこともあって1ロット1~2杯ですぐに声がかかった。

麺は前回同様やや硬めだがかなりの弾力でプルンとした食感。なんとなく直系よりインスパ店で出会いそうな麺だ。量は200~220gといった感じでいつもの目黒よりは多く感じた。これは1ロット2杯だったことも影響しているかも。
スープはアブラコールしたのでかなりコッテリ加減だが味自体はやや薄めかな。でも醤油ダレを必要とするほどではない。アブラのおかげで最後まで熱々だった。
ブタは5切れで柔らかさ、味付けもいい感じ。また目黒にしては結構大きめだった。
野菜はデフォよりは多少増えたといった量で今回もクタ気味の食感。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

味も量も以前と大きな違いは無くとりあえず助手さんが変わった影響はないようだ。
ただ営業時間は以前とちょっと変わっていたので今後注意が必要かな。
前助手さんの店もオープンしたら是非行ってみたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 10件

「ラーメン(700円)ヤサイニンニク」@ラーメン二郎 新宿歌舞伎町店の写真1年1ヵ月ぶり。
雨の中16:00到着すると約15人待ち。この店には飯時を外した時間に来ることが多いのだが、それでも常に行列が出来ている。
20分ほどで着席すると麺の硬さを聞かれたので「普通」でお願い。今回はやけに硬めの人が多く同ロットにデフォは自分含め2人だけだった。
厨房には男性3人で麺上げしていた方は新橋店で見た気がする。
しばらくして声がかかったのでコール。

麺は今回も平打ち形状で二郎らしいがなんとなく太くなったような。デフォだと確かに柔らかめの食感で硬めにする人が多いのも納得。量は250gよりちょっと少ないくらいか。
スープは薄味なのは相変わらずだが以前より旨味は出ている感じで明らかに「二郎のスープ」といえる仕上がり。少なくとも蒲田や小滝橋より二郎を感じさせる。
ブタはいつも通り小ぶりで先週の小岩と同じ位か。ただ以前は結構歯応えがあったが今日はなかなか柔らかかった。
野菜はコールしたのでそこそこの盛り。茹で加減はシャキシャキで明らかに麺より多かった。
最後にスープを何口か飲んでご馳走様。

一昨年の移転を機に麺がかなり二郎らしくなったが、今回はスープも明らかに進化が感じられた。
次回は生とじ玉子も追加してみよう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「小ラーメン(750円)ニンニクカラメ」@ラーメン二郎 小岩店の写真7ヵ月ぶりに小岩へ。
14:00到着で8人待ち。さすがにこの時間だと並びは少ない。
15分ほどで店内へ入り券売機で「小ラーメン」の食券を購入。6月は色々あって一店も二郎を食べられなかったので「少なめ」も考えたが、今の自分がデフォの量の二郎を食べられるのか確認もしたかった。
厨房には店主さんと初めて見る若い男性助手さん。3塁側でスマホを見ながら食べている客がかなり遅くて堪らず注意していた。
しばらくして声がかかったので「ニンニクカラメ」とコール。久々の二郎なのでヤサイはデフォにしておく。

麺は程よく硬めでしっかりとした食感。それでいて小岩らしい滑らかさがありドンドン口に入れてしまう。
やはり小岩は麺が抜群に美味いな。少なめにしなくてよかった。
スープは前回やけに薄く感じたので小岩では久々にカラメに。これが絶妙ともいえる塩梅で醤油の効いた非乳化二郎の醍醐味を存分に味わえた。
途中で前回同様「スパイスアップ 麻辣ペッパー 」を投入してピリ辛風に味変。
「脂っKOIWA」は遅い時間だったので売り切れだったがちょっと多すぎるのでもういいかな…。
ブタは相変わらずかなり小ぶり。前回は午前中だったためかやや歯応えがあったが、今日はフワトロで実に美味い。これなら小ブタで食べたかったかも。
野菜はデフォだとやはり少ないな。茹で加減は今回もシャキシャキでいい感じだった。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

久々の二郎で食べる前は不安もあったが、小岩の美味さのおかげもあって余裕を持って完食できた。
これからまた徐々にペースを取り戻して各店を廻っていきたい。
前橋店開店の報も来たししっかり体調管理していかないと。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

「中華そば(600円)」@陽気 大手町店の写真広島2杯目は「広島ラーメン」の有名店へ。
「尾道ラーメン」は有名だが「広島ラーメン」というジャンルがあるとは失礼ながら知らなかった。
店に入ると中途半端な時間だったこともあり先客1人、後客なし。厨房には男性1人、女性2人。
まずは券売機で「中華そば」の食券を購入。他には「おむすび」もあったが今回は「間食」なので自重。
さほど待たずに出来上がった。

スープは豚骨の香りと風味がしっかりと効いているが、口当たりはサラッとしていて味もマイルド。
なんとなく和歌山ラーメンをライトにした感じで飲みやすい。
麺は中細ストレートでやや柔らかめの食感。
具はチャーシュー、モヤシ、ネギ。
チャーシューは小ぶりで薄切りなものが4枚。脂身少なめだがパサついている感じはなかった。
またモヤシは二郎などより細めのもので麺と一緒に食べるといい感じ。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

広島ラーメンとはどんなものか興味深々だったが、意外にも食べやすい豚骨ラーメンで飲んだ後に食べるのに向いてるかも。
後は広島つけ麺も食べておきたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(850円)+味付卵(100円)+しょうがダレ」@ラーメンきずなの写真1か月遅れのGW休みは中国地方へ遠征。
まずは岡山で降りて「ラーメン富士丸 明治通り都電梶原店」で店長を務めていた方がオープンさせたというこちらへ向かう。
13:30到着すると日曜なこともあり約10人待ち。その後も学生や家族連れが次々とやってきて店の前は大行列に。
食券を買ってから並ぶルールのようなのでまずは券売機で「ラーメン」「味付卵」そして「しょうがダレ」の3枚を購入し列に戻る。デフォのラーメンが850円ってのは意外に高いな。
しばらく並んでいると店員さんが出てきて食券を回収し「麺の量はどうしますか?」と聞かれたので「普通で」と返答。すると「普通のラーメンの3倍はありますが大丈夫ですか?」と警告された。
何席か空いてからの入れ替え制の様であまり回転はよくないか。厨房には男性3人で麺上げをしていたのが店長さんかな?
並んでから30分ほどで着席しそれから程なく声がかかったので「ヤサイニンニクアブラ」とコール。

まずは野菜を少し片付けてから麺を引っ張り出す。やはり富士丸を思わせる形状で強い縮れが入っている。ただ食感は意外にややモチモチ感があり、ゴワゴワしている富士丸というより明大前の「ラーメン もみじ屋」に似ていると感じた。
半分ほどは富士丸同様お椀のアブラと混ぜて油そば風に食べる。
量は350gと食べ応え十分で麺少なめ(280g)で頼むと生卵がサービスされるらしい。
スープはちょっと薄味にも感じたが確かに富士丸テイスト。アブラやニンニクを混ぜていくと一気にワイルドに変化していくのも同様だ。後半はしょうがダレをいれて少しサッパリと味変。
ブタは野菜の下に大きめの物が2個。富士丸ではデフォだと1個なのでなかなかサービスがいい。これがやや歯応えがあるもののかなりのボリュームで味もサイズもなんとなく野猿を思い出させるブタだった。
野菜はコールしたので見事な山になっておりキャベツもタップリ。富士丸の様なクッタクタではなくてラーメン荘の様にややシャキシャキ感がある茹で加減。
味玉は齧るとすぐに黄身が流れ出すほどのトロトロ加減で味付けはややしょっぱめ。
固形物を食べ終えるとすっかり満腹になったのでスープは1/3ほど飲んでご馳走様。

食べる前は「富士丸そのままなのかな?」と思っていたが意外に違う部分も。開店して2年半らしいがその間に色々変化もあったのだろう。
中国地方1杯目だったがかなり本格的な二郎系を食べられて非常に満足出来た。
まぜそばやつけ麺も気になるな…。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(850円)+うずら 野菜ニンニク辛揚げガリマヨ」@鷹の目 獨協大学前本店の写真気になっていた鷹の目のつけ麺が始まったようなので4ヵ月ぶりに草加へ。蒲田店でもそのうち始めるのだろうが待ち切れないので本店まで来てしまった。
14:30到着するとつけ麺効果か8人待ち。まずは店に入り券売機で「限定」となんとなく「うずら」の食券を購入し外に戻る。すると一緒に店員さんも出てきて食券回収。この時早くもトッピングを聞かれたので「野菜ニンニク辛揚げガリマヨ」とコール。
15分ほど待ってカウンターに案内され着席。やはりつけ麺を食べている人が多いな。
厨房には男性4人。既にメニューもトッピングも伝えてあるのでさほど待たずに運ばれてきた。
用心棒・千里眼系でつけ麺を食べるのは閉店した「用心棒Ⅱ階」以来だ。

まずはつけだれを一口。見た目通りなかなか濃厚で蒲田で食べたラーメンのスープよりかなりしょっぱい。大き目の背脂がプカプカ浮いているがオイリーさは予想していた程ではないかな。
味自体はかなり旨味が出ていて麺に味をつけるには実にちょうどいい塩梅。大量の野菜を入れてもあまり薄味にならなかったのもポイント高い。野菜の上にかけられている魚粉が溶けていくと徐々に甘みが出てきた。
麺はラーメン同様の平打ち縮れ。水でしっかり冷やされていることもあってラーメンの時よりさらに硬いのかと思っていたがそうでもなかった。つけ麺だと茹で時間を長くしてあるのかな。
つけ麺として食べても当然美味いがガリマヨと辛揚げを混ぜてそのまま食べてみても「冷やし中華」っぽくてなかなかいい感じ。量は300gだが無料で大盛(400g)に出来るらしい。
ブタはつけだれの中に@状が1切れ。といってもビックリするぐらいの厚さで箸で持ち上げるとその重さが伝わってくる。今日はちょっと脂身がゴムっぽかったのが残念だったかな。
野菜はコールしたのでいい感じの山でシャキシャキの茹で加減。つけだれに漬けてもガリマヨを和えても美味しく食べられる。
うずらは5個入りで特に味付けはされてない水煮だった。
さいごに辛揚げを掬いながらつけだれを半分ほど飲んでご馳走様。スープ割りは出来たのかな?

用心棒や千里眼では食べられないだけにかなり楽しみにしていたが、期待以上に完成度の高いつけ麺だった。
先月「麺屋 桐龍」でもつけ麺を食べたがどちらも甲乙つけがたい美味さだ。
蒲田店もいつから始めるかな。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「普通盛(750円)+煮卵(100円)野菜ニンニク」@ラーメン大 名古屋店の写真また名古屋に来たので以前から気になっていたこちらへ。
名前は「ラーメン大」だが堀切系ではなく「ラーメン 神田店」や「ラーメン 虎ノ門店」「ラーメン 新橋店」といったフーズ系と関係があると聞いたような。
12:00到着すると土曜の昼時なこともあってか10人待ちと盛況。その後も常に行列が出来ていた。
20分ほど並んで入口前まで来たところで店員さんから「普通盛か大盛か」の確認があったので「普通盛で」と返答し券売機へ。
券売機を見ると「普通盛」や「煮卵」などちょっと前までの品川みたいなメニュー表記。そういえば品川も元々はフーズ系だったし…色々想像させられる。
厨房には男性2人で着席後程なくコール。卵のせいか見た目まで品川っぽい。

麺は四角い形状で二郎系にしてはかなり細め。直系ではなくやはり「ラーメン神田店」等の麺に似ているが麺箱には「名古屋・製麺」と書いてあった。茹で加減はデフォでもやや硬めでなかなかいい食感。量は250g程度かな。
スープは表面に細かい背脂が浮かんでいるがその下は非乳化タイプ。これもやはりフーズ系っぽさを感じるが濃すぎも薄すぎもなくちょうどいい塩梅だった。途中で卓上の唐辛子も入れてみる。
ブタは薄切りで小ぶりな物が3つ。脂身少なめだが硬いということもなく味付けもいい感じ。
野菜は増したのでなかなかいい感じの盛りでカラメにしなくてもちょっとタレがかけられていた。茹で加減はシャキシャキでキャベツもそこそこ入っている。気のせいかほとんどの人が野菜コールしていたな。
煮卵は固茹でハードボイルドで品川にそっくり。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

聞いた通りフーズ系にかなり近い特徴を持った一杯だったが味も回転も接客も期待以上でしっかり満足。
富士丸の流れを汲むラーメン荘の「ラーメン荘 歴史を刻め 新栄店」よりちょっと物足りなさはあるがこちらの方が「直系っぽさ」を感じさせる味だと思った。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン(730円)ヤサイニンニクアブラ」@ラーメン二郎 京急川崎店の写真1年4ヵ月ぶり。
13:15到着するとちょうど満席で待ち客は無し。
いつも通りこの時間だとブタ増しは売り切れ。そこで今回も「小ラーメン」の食券を購入する。
すぐに三塁側の席が空いたので着席できたがその後は背後霊も発生していた。
厨房にはいつもの2人で店主さんは今日も二郎一の笑顔。
どうやら自分が来る前に見込みで茹でていたようで着席後すぐにコール。

麺は今回もかなり柔らかめでソフトな食感。本当にスルスルと食べられる麺で消化もよさそう。量は300gよりはちょっと少ない程度だが今日はちょっと体調が悪かったのでちょうどよかった。
スープは川崎らしくあっさりとしたもの。非乳化でも細かい背脂がたっぷり浮いているのが先週の上野毛とは違う。また味自体も上野毛と比べると薄味かな。ここは卓上に醤油ダレがあるので後から調節できるのが嬉しい。
いつも通り一味も入れて楽しむが今日は粗挽きの方しか手が届く場所に無かった。
ブタはやはり小ぶりでちょっと物足りない。川崎のブタはいつもフワトロの柔らかさで味付けもいいので量だけがちょっと残念だ。
野菜はシャキシャキの茹で加減。見た目は寂しいがコールすればしっかりと増えている。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。あっさりしているので完飲も出来そうだが健康診断も近いし自重。

来る度に思うが本当に食べやすくて胃に優しい二郎。客層も本当に幅広くて老若男女に愛されてるのがよくわかる。
次回こそ早い時間に来て小ブタにしよう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「つけ麺300g(850円)+とろ~り半熟卵 ニンニク魚粉」@麺屋 桐龍の写真今日も真夏のような暑さなのでつけ麺を求めて1年ぶりに東川口へ。
14:00到着するとわずか4人待ち。やはり平日のこの時間だとそれほど混むわけでもないようだ。ただその後も客足が途切れることはなく常に満席状態をキープしていた。
早速券売機で当然「つけ麺」の食券を購入。厨房には男性3人、女性1人。
着席後しばらくしてまずはラーメンとまぜそばの人たちから提供されていく。3分ほどタイムラグがあってからつけ麺の自分たちにもコール要請。意外につけ麺を食べている人は少なかったな。

まず熱々のつけだれを一口飲むと3年前に食べた時同様かなり甘味が強い。ただその時に比べるとかなりオイリーでコッテリとしたタイプになっていた。その分麺との絡みは抜群で豚骨魚介つけ麺の様に漬ければ漬けるほどどんどん減っていく。
麺はやはりつけ麺でも実にいい茹で加減で、二郎系の中でも平打ち加減が強いこともあって食感が実にいい。
昨年の「辛いつけ麺」でも感じたがつけ麺だと表記の300gよりはどうも多い気がするな…。
ブタは小さく刻まれたものがゴロゴロと。柔らかいが濃いつけだれの中にあるのでちょっとしょっぱくも感じた。
味玉は黄身が6割ほど固まっており全く「とろ~り」ではない。
魚粉は元々つけだれが甘いのでそれほど効果はなかった。3年前の様に七味にした方がよかったかな。
最後にドロドロのつけだれを半分ほど飲んでご馳走様。ここってスープ割り出来たっけ?

つけ麺日和な天気だったこともあって多めの量もスルスル食べられた。ここは何食っても確実に「美味い」と思わせてくれる。
また涼しくなったらラーメンかまぜそばを食べに行こうかな。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件