なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,642
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌ラーメン(850円)」@白樺山荘 札幌ら〜めん共和国店の写真札幌最終日はあまり時間が無かったこともあって駅の近くで食べることに。
先日「絶対に行きたくなる!北海道ラーメン2018」という番組がやっていて最初に取り上げられていた店がここだった。
入店すると昼時だったこともありかなりの賑わい。なんか高校生が団体で来ていたな。
着席し当然「味噌ラーメン」を注文。無料サービスのゆで卵を2個食べたところでラーメンが運ばれてきたが多分5分もかかってない。

スープは背脂が浮いた味噌だが2日前に食べた純連とは明らかに違う味。純連が独特でこちらがオーソドックスな札幌ラーメンに近いのかな。なかなかコッテリ感はあるが味自体はマイルドで濃すぎることもなく飲みやすい。
麺はやはりというか当然のごとく黄色い縮れ麺。出来上がりの早さからわかる様にかなり硬めだがやはり札幌ラーメンにはこの麺だ。
具はチャーシュー、メンマ、キクラゲ、ネギ、モヤシ、海苔。
チャーシューは@バラロールでやや薄切り。他にもブロック状が何個か。
ゆで卵はそれほど大きくないこともあって5個食べてしまった。
スープまで完飲。

今回の4杯の中ではやや普通な感じはしたがまさに「札幌ラーメン」といった一杯で美味しかった。
出来れば味噌ラーメンの元祖である「味の三平」にも行っておきたかったな。

3年ぶりの札幌遠征はラーメンも美味かったしそれ以外も楽しいことが多く非常にいい旅行になった。
酷暑の東京に帰ってきてもう既にまた行きたくなってる…。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小(750円)+つけ麺:ノーマルスープ(150円)ニンニク」@ラーメン二郎 札幌店の写真札幌3日目は3年ぶりのこちらへ。
13:30到着すると店の外に10人の並び。ここは店内待ちもあるので合わせて20人といったところか。
店の入り口まで来たところで「小」とお目当ての「つけ麺」の食券を購入。
厨房には男女1人ずつだがどうやら店主さんは不在の様で若い男性が麺上げしていた。女性は3年前と同じ方かな?
待ち席で食券の確認があったのでこの時「ノーマルでお願いします」と告げておく。
着席後はすぐにコール。つけ麺はニンニクの有無のみの様だ。

まずはつけだれをかき混ぜてから一口。おそらく通常のスープを濃くしたものだがそこに柑橘系っぽい酸味が加えられている。また3年前ラーメンを食べた時は結構薄味であっさりしていたのを憶えているが、このつけだれは大きめの背脂がプカプカしていたりなかなかコッテリな口当たりだった。
麺はラーメン同様二郎標準よりやや太めに感じた。また3年前は気付かなかったがちょっと白っぽいんだな。つけ麺にしてもちょうどいい食感でつけだれとの絡みもいい。
「つけ麺だとラーメンより少し量が多くなる」と書いてあったがそれでも300g強で苦戦することなく食べ切れた。
ブタは中ぶりの@ロール。見た目はそれほどでもないが厚みはなかなかで物足りなさは無い。つけ麺だと冷えるのが早いのでブタはいつも先に食べることにしているが、なかなかジューシーで美味しかった。
野菜はつけ麺だと増やすことは出来ないが十分な量。これ以上だとつけだれが薄まってしまうのでちょうどいいだろう。茹で加減はシャキとクタの中間でキャベツ率高し。
最後つけだれを半分ほど飲んでご馳走様。スープ割り出来たのかも。

二郎の中ではそれほど特徴的なつけ麺ではないが、程よい酸味と食感のいい麺でスルスル食べられ一発で気に入った。
今回はノーマルスープで頼んでみたが何も言わなければラー油の効いたピリ辛味になるらしい。そちらも是非食べてみたいが次に来るのはいつになるやら。
この日の札幌は最高でも27℃で並んでいても食べ終えても汗もかかなかった。関東は恐ろしい暑さが続いているようなので帰るのが嫌になってきたな…。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「味玉みそチャーシュー(1,230円)」@さっぽろ純連 札幌本店の写真札幌2日目は超有名店のこちらへ。純連で食べるのは高田馬場にあった東京店以来4年ぶり。
かつては立川にもあってよく行っていたが今は関東から完全に撤退してしまっているようだ(純連出身の方の店はあるらしいが)。
店に入ると店内に約10人待ち。店員さんは厨房に男性2人、接客が女性2人だったが意外にも若い方ばかり。
早速券売機で「味玉みそチャーシュー」の食券を購入するとすぐに店員さんが食券の回収に来た。
20分ほど待ってからカウンターが空いたので着席。
すぐに運ばれてきたが東京と全く変わらないビジュアルに懐かしさを感じてしまった。

スープは4年前東京で食べた物と同じく生姜の香りがする濃厚な味噌。今となってはオールドタイプなのかもしれないが、まさに求めていた味なので思わず心の中で「これこれ!」と叫んでしまった。
麺は定番の黄色い縮れでプリプリしている。
具はチャーシュー、メンマ、炒め野菜、ネギ、味玉。
チャーシューはかなりの量入っていて東京より多かった気がした。しっとりと柔らかい食感で味付けも程よくて美味しい。
クッタリとした野菜や黄身がトロリとした半熟の味玉も立川で何度も食べた物と変わらない。
スープまで完飲。

立川のラーメンスクエアに出店が決まった時は「あの純連が来る!」とかなり盛り上がったのを憶えている。ラースク卒業後近くに店を構えてからも行っていたので、今回本店で食べることが出来たのは非常に感慨深い。
いつかはまた関東でも食べられることを願いたい。出来れば立川で…。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「札幌ブラック(800円)」@いそのかづおの写真3年ぶりに札幌へ遠征。
RDB北海道1、2位は経験済みなので最初の一軒は3位のこちらへ向かう。
開店時間に合わせて到着すると既に10人以上の待ち客。その後も次々と接続して来て凄い人気ぶり。
しかし22:00~06:00って凄い営業時間だ。
やがて席が空いたので当然の様に「札幌ブラック」を注文。厨房には男性1人(かづおさん?)で非常に物腰柔らかな接客だった。
着席後しばらくして出来上がり。

スープは名前通り真っ黒だが飲んでみると全くしょっぱくはない。醤油の香ばしさとニンニクの風味がいい感じに効いていてかなり好みの味わい。なんとなくだが以前「純連 立川店」で食べた醤油ラーメンに似ていたかな。また表面をラードの層になっているので最後まで実に熱いままだった。
麺はかなり縮れの入った中太でやや硬めの茹で加減。札幌ラーメンで使われるものよりやや太い気がするがプリプリした食感はよく似ている。
具はチャーシュー2枚、メンマ、キクラゲ、モヤシ、ネギ、ゆで卵半個。
チャーシューは@状のバラロールでなかなか厚みもある。
熱々だったが汗をかきつつ完飲。

見た目と違って意外にあっさり目で食べやすい一杯だった。これは場所柄飲んでから来る客が多い為だろうか。
しかしどの客も全員「札幌ブラック」だったな。他のメニューは一日に一杯出るか出ないからしい…。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小(700円)+タマチ(100円)ヤサイニンニク」@ラーメン二郎 札幌店の写真北海道3日目はいよいよ最大の目的であるこのお店へ。これでようやく全店制覇になる。
まさか二郎のために自分がここまでするとは思ってなかったな。
12:00ちょうどに到着するとなんと空席あり。すぐ近くには専門学校などもあるのでちょっと意外だ。ただしその後は店内待ちも発生していたけれど。
早速券売機で「小」の食券を購入。そしてあまりそそられなかったがこの店のオリジナルメニューである「タマチ」もせっかくなので追加。
厨房には店主さんと女性助手さん。店主さんは桜台出身なので時期的には何度か見かけているはずだがちょっと思い出せなかった。桜台の助手と言えばやはりオレンジ氏の印象が強いからな…。
数分後まずはタマチが登場。これは「酢漬けされたタマネギの唐辛子和え」とのこと。
そして助手さんから声がかかったのでコール。カウンターが高いので立ち上がって丼を降ろす。見た目はなかなかの盛りだ。

まずは麺を引っ張り出す。二郎標準よりはやや太めでちょっと厚みもある形状。食べるとなかなか弾力があり縮れも強いので面白い食感だ。量はやはり300g程度でそれほど多いわけではなかった。
スープは桜台の流れで相当乳化しているだろうと思っていたが、意外にも微乳化でむしろ二郎のスープにしてはかなり大人しめ。野菜を増したせいなのか元からなのかはわからないが味もやや薄めで途中で醤油ダレを足したほどだった。とは言え大き目の背脂や豚のダシの独特な味はやはり直系そのもので「二郎を食っている」感はしっかり。
ブタは@状のものが2切れ。なかなか厚みもあり肉々しい食感だが1切れはかなりパサついたものでちょっと残念。
野菜はコールしたので期待通りの高さ。シャキシャキの茹で加減でキャベツもかなり入っている。
さて別椀のタマチだが食べてみるとほんのり酸味とかなりの辛さでちょっと個人的には微妙だ。舌がしびれて肝心のラーメンの味が分かりにくくなってしまう気がしたので、スープには混ぜずにちょっとずつつまむ。
最後は味を記憶に刻み込むためにスープをじっくりと飲んだ。

正直関東のトップクラスの二郎に比べれば劣る感は否めませんが、札幌でもしっかりと直系の醍醐味を感じられて満足です。
そのうち地元の人たちから「味噌は無いの?」と言われて味噌ラーメンを始めたりして。

ようやく全店コンプを成し遂げホッと一息。ここまでさせる「ラーメン二郎」の魅力はやはりすごいものがある。次がどこに出来てもやはり行ってしまうんだろうな。
今後はまた関東の各店をマイペースで回ることにしようか。とりあえず立川店の復活を切に願う…。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「しょうゆ半熟煮玉子ラーメン(850円)」@ラーメン 蜂屋 5条創業店の写真北海道2日目は旭川まで移動。思った以上に札幌からは遠いんだな。
ここはやはり全国的に有名な「蜂屋」を選択。随分前にラー博で食べたような食べてないような…。
10:45入店すると既に先客は3人、その後も地元の人や観光客らしき何組かが入ってきた。
店員は男性5人ほどでかなり威勢のいい接客。注文すると「こってりと普通」を選択できるとのことなので「普通」でお願いする。
さほど待たずに5分ほどで出来上がった。

茶濁したスープは左右で二色に分かれている。左の方を飲むと豚骨よりも魚介の節の風味が効いていて和風の味わい。見た目からはもっとこってりしてるのかと思ったが意外だった。
次に右側の焦がしラードが浮いた方を飲むと香ばしさとほろ苦さがいい感じ。個人的には「油多め」でもよかったかな。
麺は白っぽい中細でやや硬めの茹で上がり。スープに比べるとそれほど大きな特徴はないかな。
具はチャーシュー2枚、メンマ、ネギ、味玉。
チャーシューは脂身がほとんどないモモ肉でやや歯応えのある食感。豚肉だけどなんとなくすき焼きの肉みたいな?
味玉は黄身がネットリとした半熟だが味付けはかなり薄めに感じた。
結構熱いスープだったが完飲。

旭川ラーメンの超老舗ですが意外にクセが無く食べやすい一杯で美味しかった。
また関東でも食べたいですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん(750円)+チャーシュー(200円)」@麺屋 彩未の写真年休を使って北海道へ。まずはRDB北海道1位のこのお店から食べることにした。
14:00到着すると約20人待ち。予想はしていたがさすがに人気が高いようだ。
しかし意外に回転はよく15分ほどで店内へ。厨房では男性2人が調理、他に女性3人が案内や配膳、会計を行っていた。駐車場には警備服を着た誘導員までいたような。
店内の待ち席でさらに15分、そして着席して10分ほどで出来上がり。

まずはスープから。味噌の甘みと炒めた野菜(モヤシだけだが)の香ばしさが効いた「いかにも」といった札幌ラーメンのスープだ。ただ東京で食べる札幌味噌ラーメンは正直言ってかなりコッテリ感があるものが多いが、ここは油っぽさは控えめで非常にマイルドで上品な印象を受けた。
チャーシューの上に乗っている生姜を溶かすとまたすっきりした顔を見せる。ただ個人的に「味噌ラーメンには唐辛子!」と決めているので卓上の唐辛子の方が相性はよく感じた。
麺はもちろん黄色い中太縮れ麺。プリプリした食感でこれもいかにも札幌ラーメンの麺だ。
具はチャーシュー4枚+サイコロ、メンマ、モヤシ、ネギ。メニューに味玉は無かったな。
チャーシューはやや厚みもあり肉々しい食感で味付けは薄め。ただ表面に香ばしさがあって美味しかった。
回転率の良さからわかるように全体的に量は少なめなので5分ほどでスープまで完飲。
そう言えば隣のお客さんは醤油→味噌と連食していたな。

決して大きな特徴はあるわけではないですが非常にハイレベルにまとまった味噌ラーメンで最後まで夢中に食べてしまった。
さすが本場、札幌ラーメンは奥深いな…。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件