なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,647
レビュー 店舗 スキ いいね

「ボンバーつけ麺(1,000円)+味玉(100円)」@元祖一条流がんこ 総本家分店の写真2年3ヵ月ぶり。
14:15入店で先客2人、後客4人。厨房には店主さんと女性の助手さん。
今回は裏メニューを食べようと思い一番下の段の「マニア③」のボタンをプッシュ。
さほど待たずに出来上がった。

まずはつけだれを飲んでみると意外にも結構な甘さ。もっと強烈にしょっぱい味を予想していたので意表を突かれた。ただ混ぜながら食べているうちにスパイシーな刺激を感じるように。見ると粗挽きの赤い唐辛子が入っておりこれがなかなかの辛さだった。
麺は中細でつけ麺だと中心部に少し心が残っているような硬さ。量は220~250g程度かな。
具はチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、揚げ玉、オプションの味玉。
チャーシューは短冊状に切られており脂身少なめでしっとりとした食感。
大量の揚げ玉は最初からスープを吸ってしんなりしている。「揚げ玉ボンバー」だから「ボンバーつけ麺」ということか…。
味玉は前回同様齧った瞬間に黄身が流れ出すトロトロの半熟。これは一口で食べるべきだな。
最後はスープ割りで締め。

移転後初めての限定メニューだったが以前同様個性的な味わいでこれは他のも是非食べてみたい。
接客もとてもよかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「小ラーメン(730円)ヤサイニンニクアブラ」@ラーメン二郎 京急川崎店の写真1年4ヵ月ぶり。
13:15到着するとちょうど満席で待ち客は無し。
いつも通りこの時間だとブタ増しは売り切れ。そこで今回も「小ラーメン」の食券を購入する。
すぐに三塁側の席が空いたので着席できたがその後は背後霊も発生していた。
厨房にはいつもの2人で店主さんは今日も二郎一の笑顔。
どうやら自分が来る前に見込みで茹でていたようで着席後すぐにコール。

麺は今回もかなり柔らかめでソフトな食感。本当にスルスルと食べられる麺で消化もよさそう。量は300gよりはちょっと少ない程度だが今日はちょっと体調が悪かったのでちょうどよかった。
スープは川崎らしくあっさりとしたもの。非乳化でも細かい背脂がたっぷり浮いているのが先週の上野毛とは違う。また味自体も上野毛と比べると薄味かな。ここは卓上に醤油ダレがあるので後から調節できるのが嬉しい。
いつも通り一味も入れて楽しむが今日は粗挽きの方しか手が届く場所に無かった。
ブタはやはり小ぶりでちょっと物足りない。川崎のブタはいつもフワトロの柔らかさで味付けもいいので量だけがちょっと残念だ。
野菜はシャキシャキの茹で加減。見た目は寂しいがコールすればしっかりと増えている。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。あっさりしているので完飲も出来そうだが健康診断も近いし自重。

来る度に思うが本当に食べやすくて胃に優しい二郎。客層も本当に幅広くて老若男女に愛されてるのがよくわかる。
次回こそ早い時間に来て小ブタにしよう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「ラーメン+まかない+梅しょうが ニンニク少しアブラ」@ラーメン二郎 相模大野店の写真今日はなかなかの暑さなのでまかないを求めて4ヵ月ぶりにスモジへ。
13:20到着すると意外にも空席あり。その後は待ちも発生していたがそれほど混む感じではなかった。
毎年のことだがこれから夏にかけて暑くなるにつれ二郎各店も行列が短くなるかな。
早速券売機で「ラーメン」に加え「まかない」の食券を購入。
着席時にこの日の無料サービス品の「梅しょうが」をお願いする。
厨房には前回と同じ3人。つけ麺やまかない用に麺を冷やすのは女性助手さんが担当していた。
さほど待たずに声がかかったので「ニンニク少しアブラ」とコール。2年ぶりのまかないだ。

まずはいつも通り野菜を別丼に移してから麺を混ぜ合わせる。水で締められた麺に魚粉や揚げ玉がたっぷりと絡みついて本当に絶妙なショッパさ。今日はアブラコールしたこともあり表面がヌルッとしていて喉越しが非常によかった。それほどキンキンに麺が冷やされているわけではないがこの少しコシのある食感は硬め禁止の店だけにラーメンでは味わえない。
ブタはここ数回小ぶりな物ばかりだったが今日はやや大きくなったような。それでも野猿や仙川に比べるとかなり控えめなサイズには違いない。赤身ホロホロの柔らかさなので混ぜているうちに崩れて食べやすくなってくれた。
別丼に移した野菜はアブラと卓上の醤油ダレで食べる。シャキシャキの食感だがスープに浸せないのでやや味気ないな。
半分ほど食べたところで「梅しょうが」を投入。意外に酸味は弱かったがサッパリとしていていい味変になってくれた。今日は他にもブラックペッパーも入れてみる。
このメニューには温泉玉子が最高に合うと思うんだがここ数年提供されてないのが残念。
最後にレンゲで固形物を掬って綺麗に完食。

スモジの数あるメニューの中でもお気に入りの一品だけに今回も夢中で平らげてしまった。
他に直系で冷たいまぜそばと言うと新代田の「冷やし中華」があるが、今年の夏は各店もどんどんこういうのをやってほしい。
接客もとてもよかったです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 17件

「小ラーメン+汁なし+粉チーズ ニンニクアブラカレーチン」@ラーメン二郎 横浜関内店の写真ようやくの令和初二郎。「まかない」をやるスモジも考えたが4ヵ月ぶりに関内へ。
13:20到着すると約40人待ち。昨年末の時よりは少ないがやはり休日の関内は並ぶな。
回転はよく1時間ほどで店の前まで進む。なんか違和感があると思ったら隣の居酒屋が閉店してがらんどうになっていた。関内店が開店して約15年も経つので二郎の影響ではないと思うが…。
券売機で「小ラーメン」「汁なし」「粉チーズ」の3枚を購入。これで5回連続で汁なしだ。
厨房には店主さんと2人のメガネの助手さん。いつもながら流れるような作業で次々と客を捌いている。
着席後程なく自分にも声がかかったので「ニンニクアブラアレ」とコール。今日の「アレ」は以前から食べてみたいと思っていた「カレーチン」。

もう基本の汁なしの味は解っているので今日はいきなり混ぜ合わせる。カレーは中山や上野毛同様甘口で辛さはほとんどなし。当然粉チーズとの相性も抜群でスモジのグッチーズを食べているような感覚になった。
これはこれで美味いがもっと辛口バージョンでも食べてみたいところだ。
カレー味だとブタや野菜も美味しく食べられるのが◎。
麺は今日もちょうどいい茹で加減でカレーやチーズを纏って実に滑らか。要は相変わらず二郎標準よりやや少なめで250g位か。今日はかなり美味かったので大にしても一気に食べられたかも。
ブタはいつもの@ロールで今日はここ最近では一番のトロトロ具合で実に美味かった。絶対に小ブタにするべきだったな。
最後にカレー味のスープをそのまま全部飲み干す。チーズのおかげでこちらもトロトロになっていた。

「汁なし」+「チーズ」+「カレー」なら絶対美味いだろうと思っていたが期待を裏切らない一杯だった。
前回は「納豆キムチたくあん」+「ニラキムチ」という組み合わせで食べたが同じ汁なしでもトッピング次第で全く違う料理になるのが面白い。
次回は久々にラーメンだな。そっちもカレーが合いそうだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 14件

「カルボナーラ風まぜそば(800円)ニンニク」@ラーメン ゼンゼンの写真限定メニューに釣られて先月に続いてゼンゼンへ。今年もう3回目だ。
開店30分前に到着すると既に12人ほどの並び。まあでも思ったよりは少ないか。
やがて定刻となりゾロゾロと店内へ。前回同様「限定A」の食券を購入する。
20分ほどして席が空き声がかかったので奥から3番目の席に着席。厨房には前回と同じ旧登戸コンビでやはりなんとなく緊張感がある…。
しばらくしてコール。よくかき混ぜてからいただきます。

麺はお馴染みの超極太縮れで歯応え十分。前回の「新百合ヶ丘」の細麺もよかったがやはりこの麺を食べるのが蓮爾やゼンゼンの醍醐味だろう。量は350だが全く苦戦ことなく食べられた。
タレはクリーミーで確かにカルボナーラを彷彿とさせる味わい。特にベーコンビッツのしょっぱさとブラックペッパーの刺激が絶妙に効いている。
具はブタ、卵黄のみ。
ブタは例によってブロック状の物。スープに浸せなくても十分柔らかい。炙りブタが既に売り切れだったのが残念だ。
ほぼ麺とブタのみなので5分で食べ終わってしまった。ちょっとシンプルだったのでうずらでも買えばよかったな。

ラーメンというより「ゼンゼンの麺を使った創作料理」といった感じでなかなか面白い一杯だった。
次回はどんな限定かな。個人的には夏に冷やし系を期待したい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「塩らーめん(850円)ニンニク野菜」@麺屋 歩夢の写真1周年を記念して限定メニューをやると聞いて半年ぶりに訪問。今日は塩、明日は味噌が提供される。
17:15到着すると8人待ち。予想よりは少ないかな。
まずは券売機で「限定A」の食券を購入し最後尾へ接続。その後はどんどん列が伸びていった。
30分並んだところで店内へ案内され着席。厨房には店主さんと男性2人、女性1人の助手さんの計4人。そしてもう1人男性が行列整理をしていた。男性助手さんの1人は「ピコピコポン」の店主さん?
店内は実に賑やかで常連さんたちからお祝いの言葉が飛んでおりビールの差し入れをしている人も。
着席後まずはブタが別椀で登場。それからしばらくして声がかかったので「ニンニクヤサイ」とコール。

まずはせっかくなのでスープを一口飲んでみると尖ったしょっぱさはなく実に絶妙な塩加減。デフォのラーメンは結構濃い目の味だったが塩スープだとまた違った顔になっていた。刻み玉ネギの清涼感もいい感じに効いている。
途中から卓上のブラックペッパーを多めに投入すると「豚星。」の「しお」と同様に「なみのり」っぽい味わいに。
麺は前回同様二郎系の中ではやや硬めでワシワシと食らう感じが楽しい。ここの麺は個人的にかなり気に入っている。量は今回も300g程度だったが野菜も多かったのですっかり満腹になった。
ブタはラーメンが出てくるまでタイムラグがあったので硬くなってないか心配だったがしっかりと柔らかくて一安心。味もよく染みていて実に美味い。別椀なのはスープが塩味なのにブタは醤油味だからか?
野菜はこの店で初めて増してみたがなかなかいい感じの盛り。茹で加減はシャキシャキでモヤシもキャベツも食感がよかった。アブラも追加するべきだったかな。
最後にスープをほとんど飲んでご馳走様。

汁なし、ラーメンと食べてしっかりと美味かったが限定メニューでもそのレベルの高さは健在だった。
オープンからわずか1年で早くも相模原市全域で3位につけているし今後が本当に楽しみな店だ。
店員と客の会話が多いのは「豚星」と同じだがこちらの方がアットホーム感があって雰囲気がずっといい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「小ラーメン(750円)+味玉(100円)ニンニクアブラ」@豚星。の写真7ヵ月ぶりに豚星へ。
15:30入店すると昼時を外したこともあってわずか1人待ち。
昨年4回の訪問は全て限定を食べたので今日はようやくデフォの「小ラーメン」を食べることに。
すぐに席が空いたので着席。厨房には男性2人でいつも通りこの時間は店主さんは不在。
2人は「ラーメン富士丸 西新井大師店」の店主さんが引退されるという話をしていたがもしかして知り合いなのかな?
店内は今日もなんとなく殺伐とした雰囲気。スマホを見ながら食べている人やトッピングを聞かれても気付かない人も。
しばらくして声がかかったので「ニンニクアブラ」とコール。

スープは微乳化傾向でアブラコールしたこともあって表面の油は多め。「かなり濃厚でパンチが効いているのでは」と思っていたが飲んでみると意外にもライトな口当たり。味自体も少し薄く感じたのでこれならカラメにした方が好みだったかも。
美味いことは美味いが「昔の小金井のスープ」を想像していたのでやや肩透かしを食らったかな。
麺の方は形状、味、食感全てにおいてまさに二郎そのものといえる出来。次回は夏に来てつけ麺で食べてみたいところだ。
ブタは野菜の下に2切れ。柔らかくてサイズ的にも申し分ない。ここのブタはいつ来てもレベルの高いものを提供してくれる。
野菜はデフォでも十分な量でクタ気味の食感。ブタとは逆に野菜は毎回どうもあまり美味く感じないんだよな…。
味玉は黄身が飴色でネットリとした半熟。やや甘めの味付けだった。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

スープは思ったのはちょっと違ったが麺やブタはどこかの二郎で食べているような感覚になる程よく出来ている。
ようやく豚星の基本の味を確認することが出来たので次回からはまた限定を追いかけようかな。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「新百合ヶ丘(800円)+花かつお+味付け玉子 ニンニク」@ラーメン ゼンゼンの写真昨年6月に「蓮爾 登戸店」で食べた「新百合ヶ丘」が提供されると聞いて2ヵ月ぶりに武蔵新城へ。
https://ramendb.supleks.jp/review/1156616.html
このメニューの特徴としては
①硬めの細麺です
②乳化スープではありません
③唐辛子よく合います
13:15到着すると約20人待ちで薬局隣の第3列まで伸びていた。蓮爾の時と同じく前の人が食券を買って帰ってきたところで自分も店内へ。券売機で「限定A」「50円」「100円」の3枚を購入し列に戻る。
細麺ということもあって回転はよく50分ほど並んだところで着席。
厨房には店主さんとヒゲの助手さん。この助手さんは登戸で何度も見た方で昨年11月行った時はこの方が麺上げをしていたのだが、その後こちらへ移ってきたらしい。1年前の登戸コンビがまた再結成されたというわけだ。
この2人が抜けた今の登戸がどんな味になっているかも気になる。
着席後ほどなくコール。

まずは注目の麺から。登戸で食べた時同様一般的な中華麺よりやや太いサイズで二郎系の店では滅多にお目にかかれない細麺。(料理写真にUp)。ただ登戸の時はかなり硬めで生煮え感があったが、今日はそこまでパッツンとしておらず「ややアルデンテ」といった程度の硬さで思ったより食べやすかった。
スープは店の説明通りの非乳化甘辛スープ。登戸Verは結構液体油が多かった記憶があるが今日はそうでもなかったかな。ニンニクはもちろん唐辛子との相性もバッチリ。また花かつおも実にいい風味をプラスしていた。
ブタはいつも通りの角煮状のブロックが2個。サイズ的は小さめだが赤身ホロホロ脂身トロトロで絶品。今日は豚増しが出来なかったのが残念だ。
味玉は黄身が5割ほど固まった半熟で程よい味付け。考えてみれば蓮爾両店でうずらはよく食べるが味玉って食べたこと無かったな。
野菜はデフォだとやはり少なめで茹で加減はシャキとクタの中間。今回もキャベツ率が高かった。
10分ほどでスープまで完飲。

麺もスープもデフォとはかなり違うがどちらも甲乙付け難い美味さ。しかしなんで「新百合ヶ丘」なのか?
今後も登戸で出していた限定をこっちでどんどんやってくれるかな?楽しみにしたい。
でもそうすると蓮爾に行くことが無くなりそうだが…。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「ラーメン豚2枚+汁無し+九条ネギキムチ ニンニクアブラえび油」@ラーメン二郎 湘南藤沢店の写真8ヵ月ぶり。
13:45到着で15人待ち。高校生がかなり多かった。
店内に入ったところで券売機で「ラーメン豚2枚(730円」「汁無し(80円)」「九条ネギキムチ(100円)」の3枚を購入。券売機の上には「えび油あります」とのボードが。
藤沢らしく回転はよく15分ほどで着席。
厨房には店主さんと助手さん。さらに行列整理と奥の製麺室に1人ずつの計4人で営業していた。そう言えば来週はここ出身の方の越谷店がオープンだな。
着席後すぐに声がかかったので「ニンニクアブラえび」とコール。

まずは右側のえび油ゾーンから。3日前の桜台のエビ油に比べると甘味少なめで海老の味がそのまま出ている感じ。香ばしくて美味いがブタの上にかけられていたのでブタを食べ終えるとほとんど無くなってしまった。
続いてニラキムチに代わって現在提供されている九条ネギキムチを摘んでみる。ネギ独特のシャキシャキ感があるが味自体はやはりニラキムチと同じだな。半分はそのまま食べてもう半分は後半一気に混ぜ合わせて食べた。
麺は藤沢らしく硬くも柔らかくもないちょうど中間の食感。ニンニクやアブラ、フライドオニオンなどが絡みまくってなんとも言えない味わいだ。
藤沢といえばかなり麺量が多い印象だが今日はちょっと少なめだったかな。それでも300g以上はあった気がする。
越谷の基準量はどの程度になりそうかな。川越みたいに400gなんてことはないと思うが…。
ブタはお馴染みの@状のバラロール。昨年つけ麺で食べた時は結構歯応えがあったが今日はとても柔らかくて味付けもよし。
途中からブラックペッパーを多めに投入して関内風にし最後はスープを飲み干してご馳走様。

それほどいつもの藤沢の汁なしと違う味がするわけでもなかったが、元々の完成度が高いので今回も夢中で食べてしまった。
来週はいよいよ越谷店オープン。小金井で臨時店長だった時かなり美味かったので期待大。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 13件

「ラーメンよりすこし少なめなラーメン+グッチーズカレー」@ラーメン二郎 相模大野店の写真8ヵ月ぶりにスモジへ。去年は1回しか来れなかった。
13:30到着すると意外にも待ち客はなく空席2。
券売機でお目当ての「カレーなるカレーつけ麺」の食券を買おうとすると無情にも売り切れ表示。
以前夏に食べてかなり気に入っただけにあつもりバージョンを楽しみにしていたのだが…。
そこで約3年ぶりにグッチーズをチョイスしトングを持って奥の方へ着席。厨房には前回と同じ3人。
しかしカレーつけ麺が売り切れでグッチーズが出来るとはなんか不思議だ。材料にそれほど違いがあるとは思えないのだが。
さほど待たずにまずは福神漬けと麺が運ばれてきたのでトングでグッチャグッチャとかき混ぜておく。
そしてコールタイムとなり「ニンニクカラメ」。

麺はやや柔らかめでチーズとカレーが絡まって実にネッチョリとした口当たり。ちょっと置いておくとチーズが固まり始めるので常にかき混ぜながら食べ進める。カレー自体は前回同様やや甘口で個人的にはもう少し辛いバージョンも食べてみたいかな。
量は3年前と同じように少なめにしたがグッチーズの場合途中で飽きが来ないちょうどいい量に思える。
ブタはかなり小ぶりなので麺の丼で崩しながら混ぜる。ただスープに浸せないのでややモサモサした食感だった。
別丼の野菜は今回も麺とは混ぜずにおかずとして食べる。カラメにしたのでタレがかけられてちょうどいい塩梅だがやはりスモジのニンニクは辛いな~。次回このメニューを食べる時は必ずニンニク少しにしよう。

カレーつけ麺は逃してしまったが久々のグッチーズを堪能。
やはりスモジの限定は実に個性的でそれぞれ食べ方が違うのも楽しい。
接客もとてもよかったです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 17件