なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.217点
最終レビュー日 2019年5月22日
3,736 2,370 13 22,190
レビュー 店舗 スキ いいね

「味玉塩中華そば」@鶏そば専門 次男坊 三鷹店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/22/000000
とまそんのYouTube; https://youtu.be/rdmtKH55nag

 おいおいおい・・・また三鷹駅界隈に新店舗の情報。その名も「次男坊」。オレも次男坊なので親近感あります。西荻窪や、武蔵境・吉祥寺などから、移転や支店を構える店が急に増えてきた!。三鷹もこれで立派な中央線ラーメンスポットとして格上げ間違いなしです。
 
 
 
 
<全体&スープ> 淡麗の中に優しいさ忘れない円やかさ!ほんのり隠れる甘み(魚介?)がナイスバランス!
 
 おおお!これは何とまた淡麗風景な塩蕎麦・鶏そば風景なフォーマット!。なのにどこかしら素朴さにも似た「馴染みやすさ」を感じてしまうのはなぜ?。今風ラーメンのアーティスティックな雰囲気を意識させつつ・・・、やっぱりどこか全体的に素朴感が滲み、むしろそれが逆に安心させるのだ。これは良いラーメンだね。水菜・青ネギ・玉ねぎと3種で薬味をしっかりと意識させてるのに、醤油感と脂身感が深い豚バラ肉で一気に心休まる・・・・。鶏胸肉だけだったら冷涼感が出てたかもしれません。
 
 それにしても「次男坊」のイメージとは真逆なので、スープは心して味わい始めます。すると、これが「淡麗ぶってる」けど、やっぱりヒトの暖かみのような塩気の丸みがいい感じ。旨味のメインは明らかに鶏ガラ!。なのに、今流行りの鶏油の色気とか、昆布系の儚さを全面に出す滋味風合いとか、「欲張った格好良さがない」分、どこか安心と魂を感じますよ。軽やかな円やかさが、塩気にも鶏旨味にも通じる感覚!。レンゲで透かして見たスープの鶏エキスの綺麗さを是非とも感じて欲しい!。
  
 なぜこんなに重く感じさせないのか・・・。個人的には魚介系の溶け込みに期待するところです。これは煮干系じゃなくて、節系の旨味と合致した印象とオレは思うのだけど。塩だれの円やかさが素晴らしく、単に煮干系で動物系とのバランスが素晴らしい。淡麗の中に優しいさ忘れない円やかさ!ほんのり隠れる甘み(魚介?)がナイスバランス!って感じでしょうか。そしてやっぱり・・・・醤油ダレの浸透が深い豚バラチャーシューに近い部分だけは、そのタレが滲んでちょっと甘さが深い。
 
 
 
 
<麺> 中加水らしい風味の良さと汁吸った旨味がいいね!全粒を少し感じさせてボリュームも申し分なし!
 
 淡麗で旨い都内の鶏蕎麦・塩そば屋だと、麺量全体が少なく思えるって経験はありませんか?。その点でいうと、こちらは満足感が高いです。150g程度は軽くあったのでは?。なので淡麗デフォルト状態でも食いごたえがあります。麺は中加水からやや低め。麺の風味を感じる「乾きめのグルテン」感覚と、汁を吸い始めて別の旨味と化合した風合いが溶け込んでいます。そこに玉ねぎのフレッシュな甘みも加わるから、ちょっと以上に旨いかも。
 
 軽く全粒が打ち込まれているのがいいね!ねり水と玉子感もあるようで、全粒の見栄えがくっきりと見えるタイプ。極細ストレートなところも好印象で、香りと旨味以上に、見栄えでも楽しませてくれます。前歯ではクシクシという感じで千切れ、奥歯では細麺が束になってヌツヌツと抵抗してきます。汁の持ち上げよりも、汁を吸い込む方を期待したほうがいいかも。また時間経過でも麺ノビはイメージしにくでしょうか・・・・。意外と小麦感がなさそうで、実はある。。。といった感覚です。もしも汁がもっと濃い味だったら、生玉子に付けながら食っても旨いかもしれません。
 
 
 
 
<チャーシュー> レトロな旨さ!醤油ダレ甘香ばしさの旨い豚バラロール!上品さ好印象の淡白淡麗胸肉!
 
 淡麗系で二種チャーシュー!。今で淡麗系でなら「低温真空調理」な半レア肉を連想します。しかし、気持ち良い肩透かしで、とっても親しみを感じる「醤油甘みあるバラ肉ロール」。これが実に良い・・・・と言うのは、大衆的な気楽さが深く感じられそうだから。町中華や馴染み深い中華そば屋で、よく遭遇した肉ニュアンスを感じませんかね?。しかも箸で少し持ち上げようとしただけで、崩れてしまうほどの柔らかさ。筋に接した脂身がすでにトロトロなので、すぐここで外れるようです。
 
 一方醤油味に対しては、塩味。肉は脂身の甘み芳醇な「豚バラ肉」に対して、淡白でほのかな味わいで魅了させる鶏胸肉が合わせられます。このコントラストだけでも印象に残るけど、豚肉が汁を吐き出して溶かすのと対照的に、鶏肉は汁を吸い込もうとするイメージ。これがまた旨い。味がほんのりとかしない鶏肉なんですが、別の旨味エキスを吸い込み出すと、少し自分自身の良いところ(旨さ)をアピールし始める・・・・。もやは筋肉繊維が細かいとか、柔らかい反発・歯ごたえなど、旨さで一気にどうでもよくなってくるほど。これは特製かチャーシュー増しならかなりの、「肉旨味カオス」が楽しめるはずです。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> ややハードボイルな馴染みやすさ!薄味浸透な玉子!本来の旨さをしっかり感じる素朴な旨さ!
 
 淡麗の中に、素朴さ意識を決定づけるのが「味玉」。やや温度が暖まってない部分を感じながらも、噛み砕くと、それはとても昔馴染みな半固茹で状態。フツーのゆで卵でこの状態ならマヨネーズを乗せると旨いんだが・・・今は味付きだぜ。そんな前置きで味わい始めると、しっかり味感じるのに調味料的には薄味?・・・・いやシンプルな味。出汁の旨味も浸透しているとは言え、玉子本来の味でしっかり食わせる奴ですよ、この味玉は。白身は出汁に染まっていても、卵黄が懐かしいう旨味。味玉好きなら、この良さがわかるはず!。
 
 
 
 
 総じまして「淡麗系の中に・・・ほっこり感じさせる馴染みやすさ!しっかり腹落ち感ある淡麗鶏そば!」・・・と言う感想。淡麗2種と濃厚1種なる二枚看板。一番意外な塩清湯がかなり高評価なので、こうなれば他のメニューも食いたくなる。最寄駅近くの店。嗚呼、こうなるとメニューは食い尽くして制覇は確実にやっやいそう!。また三鷹駅からまっすぐに家に帰れなくなりそうなので、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   雨予報
   風も湿気で
   重くなり
 
 
 
   揺れる提灯
   寄り道誘う
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+きくらげ」@一蘭 西新宿店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/21/000000
とまそんのYouTube: https://www.youtube.com/watch?v=xHIFWsY--s8

<一週間の始まりに・・・久々の朝ラーメン!>
 
 入店時、朝6時半。先客ゼロ。後客ゼロ。誰もおらんのに、人に隠れるように個々に小スペース化されたカウンターは、今回だけは意味を成しておりません。お好みの指定も紙に書いて呼び出しボタンを押す。人間嫌いなオレとしてはもってこいの方式で、解放感がハンパない。ひとりカラオケ状態と匹敵する心の余裕ですよー。
 
 
 
 
<全体&スープ> 100%とんこつ不使用!分かっていても豚骨気分な面白さ!赤ダレが一層映える!
 
 おおお!見慣れ過ぎた一蘭の麺顔!博多麺の美しき流れの中に浮島のような赤ダレ!。両側面の仕切られた空間ではありますが、すっかり一蘭の宇宙観で広がりがいっぱいです!。先入観を外そうと思えば思うほど、豚骨風景と違いが見つからず・・・・その徒労感でとっととスープを味わい始めます。すると余計に違和感がないので笑ってしまうほど!。
 
 おいおい、噂では知っていたが・・・これは本当に豚骨として出しても分からんかもしれませんよ。特に酔った勢いの〆ラーメン気分では尚更。久留米系のギトギト豚濃厚コラーゲン系でない限り、食った瞬間に違いなどあろうか。こっちだってラヲタの端くれですので、多少意地になって差異ポイントを見つけ出しますが・・・・個人的には、最初の一口目にやや鶏白湯なフィーリングが見受けられるという味風景。食続けるとだんだんと、いつもの食い応え感に染まって、とんこつ100%不使用を忘れてしまいそうになります。
 
 それにしてもとても上手く処理してあります。特に赤ダレの部分が濃厚に入り混じった状態では、フツーの豚骨一蘭と区別がつかないかも。赤ダレとの相性まで完全コピー化されたイメージで、ここまで来るともう考えることすら疲れてきますね。それにしてもどうやって「豚骨感」を出しているのか?。スパイスによる効果もありましょうが、スープに「牛エキス」が滲んでいるところが、個人的にはその重要な役割を果たしているのでは?と思えてなりません。鶏+豚→豚骨・・・と言う単純な話じゃないと思いますが、醤油ダレや塩スパイスなども工夫されたと推察いたします。
 
 
 
 
<麺> クツクツバリカタでも熟成感ある上質博多麺!
 
 いわゆるバリカタに相当する「超カタ」を指定。いつも思うが、本当に旨い博多麺は、そのまま生でも食えそうな風味の良さが魅力的。一度だけ「なま」という設定を東京・中野の某有名豚骨店でトライしたことがあるが、そこそこ本当にイケる味でした。こちら一蘭の麺も、良いイメージしかなく、軽く熟成したようにも思える、乾いたグルテンの風味が見事です。
 
 もう麺を味わう段階では、スープがとんこつ不使用であってもどうでもいい気分になってきます。パツパツとした感覚がやがてヌツヌツと歯応えが緩み、麺風味の中に脂系の旨みが浸透してゆく・・・・。そこを一気に奥歯で潰すと唾液があふれ出し、2~3回ほど噛み締めると糖化が進み一気に旨みを高めます。そして滑らかさを増した麺は、汁の持ち上げ度を益々アップしてゆき、旨さの濃度を更にアクセルさせてゆう・・・・嗚呼旨し!。赤ダレに絡んだ部分などは、もう言うことなしです。朝でなあったら、替玉行きたいところだが・・・この全体値段設定では勇気が出なかったオレです。
 
 
 
 
<具材①> 牛弥郎!動物感が汁に滲む・・・赤ダレにも相性良し!
 
 牛肉の煮込みのようなトッピングがデフォルトで付きます。抜きにも指定できますが、多めの設定はなし。西新宿店のみのオリジナルでしょうか?。他の店ではイメージない・・・・。そういえば、相当一蘭には行けてなかった。すき焼きの肉のような、薄切りで脂身トロトロな柔らかい肉。ふわっと熱と出汁が溶けている印象で、ラーメンに絶対必要か?とは思えないけど旨いことは旨い。なんとなく、このトッピングから滲み出るエキスが牛感覚を全体によく伝えているのでは?と思えます。トッピングの役目も良い働きですが、スープに程よく溶けたエキスの元って役割がいい感じ。当然、赤ダレとの相性もよく、白飯とも相性が抜群(それじゃ単なる牛めしじゃね?)。
 
 
 
 
<具材②> きくらげ! いい質感なんだから・・・・もっとくれぃ!
 
 どうしても?という必要性はなかったんだけど、デフォルトが・・・1,180円で、きくらげが、120円だったので合計すると丁度ピッタリだから(余計な小銭を増やしたくない)。たったそんだけで朝からトッピング追加です。もともとキクラゲ好きだからねー。確かに質は良く、バキバキボキボキと歯応え楽しい反面、軟骨に近い肉感反発があって嬉しい風味。ただ・・・もう少しくれー・・・どうせならと。
 
 
 
 
 総じまして「豚骨不使用のミラクル豚骨フィーリング!一回食っとけオモロイ一杯!」・・・・という感想。豚が食べられない宗教上の外国客向けに対応した雰囲気もなく、自然体でとんこつ不使用とした感じも不可思議さあり。とにかくラーメンファンなら、一度はこの面白さを体験すべしですよ。そんなアミューズ性も楽しんでほしいかと!。そんな宣伝気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   朝焼けに
   静けさ流る
   ビル街に
 
 
 
   優しく沁みる
   謎めく拉麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「[限定]港町マルセイユで出会った冷やし中華+バゲット」@海老丸らーめんの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/20/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/5BLSj_WffCA

<年々外国人人気が高まる店・・・それが海老丸!>
 
 そろそろコンビニの陳列にも冷やし中華が当たり前になってきて、冷や中ファンとしては気分全開!。今年も前向きに狙って攻めてみたいと思います。今回は、ツイッター眺めててとても気になる冷やし中華があったので、雨でも混雑してる神保町へGO!。狙うは「海老丸らーめん」さん。もともと海老を中心とした創作系新ジャンルなラーメンが旨い店ですから、かなり期待大です。その名も「港町マルセイユで出会った冷やし中華」。
 
 
 
 
<全体&タレ> お洒落極まるとタレもソース!ドレッシングと呼びたくなる上質感!ベリー系の甘い酸味が鮮烈!
 
 おおお!これはまた・・・オレとしてはお洒落過ぎて恥ずかしくなりそうな麺顔!。もしレンゲが無かったら・・・完璧に冷製パスタのお姿。野菜までもがお洒落でカットの仕方や盛り付けが、庶民感覚から飛びぬけた印象ですよ。隣の外国人観光客も物珍し気にこっちをチラ見してるのが丸分かり(笑)。
 
 そして見栄え以上に、なるほどと・・・冷や中の枠超えたと思うのはタレの方です。いやタレと呼べないな・・・ソース?ドレッシング?。そんな感覚。勝手な事前予想では、バルサミコ酢とか洋物に代替しているのだろうと思ってたんですが、なな何と・・・・ベリー風な酸味の余韻とほの甘さが広がる!。中華の感覚がもうすでにぶっ飛んだ感じです。ラズベリーほどの鮮烈さはなく、ブルーベリーほどの滋味でもない果実感。それがさらっと薫る程度なんですが、頭の中では、フルーティーな味であふれてしまいます。そして醤油に相当する塩気もあるがとっても仄か。しかもホタルイカのエキスがほのかに滲むところもあって、サッパリしているのに滋味深い。きっとそれは、干し海老・ちりめんじゃこフライなどの旨みがタレに染みこんでいるからでしょう。
  
 お好みでどうぞと差し出された「胡麻マヨネーズ」。こちらのお店、店名からも分かるように、甲殻類のエキスパートですが、胡麻系のアレンジも得意そう。その片鱗をうかがい知れる胡麻マヨネーズ」は、やはり本場のマヨネーズ感ありありで、日常馴染みのあるあのマヨネーズとは円やかさは比ではありません。しかも胡麻ペーストとの相性が抜群。考えようによっては、冷やし中華のゴマダレと似てますので、この点においては冷やし中華の基本形があったかと感じます。
 
 
 
 
<麺> ラーメン気分を取り戻すハード系モッチリモチモチ多加水感!具材を意識的に絡めて食おう!
 
 あまりにも、ハイカラなトッピングとそのタレでしたので、この調子だと本当にパスタ感覚になってしまう。デュラムセモリナを使ったラーメンも珍しくない中、ラーメンニュアンスを見出せるか少し心配でした。しかし、実際に食いだすとラーメンスピリットは売り渡していなかった(笑)。とてもよく熱取りされており、ギューっとした引き締まりが高い、グルテンの風合いもなかなか。艶々しているので水切り心配でしたが、ノープロブレムです。
 
 基本的には中太ストレート。多少のボコつきはありますが気になる程度ではありません。小さい薬味的なトッピングはすべて貼り付けてくれます。特に胡麻マヨネーズが混ざった段階では巻き込みがすばらしい。水菜もよく絡む。この水菜との歯応えのコントラストが私的には好きです。モッチリとシャキシャキと相いれないようで、胡麻マヨネーズは両方とも相性が良い。
 
 
 
 
<具材> これほど華やかで多種多様な冷やし中華はあるのか?具材の世界観が中華の枠組みを超える!
 
 もうこの種類の豊富さは見事としか言いようがありません。記憶と写真で確認できる範囲で並べると・・・・、イエローズッキーニ、アスパラガス、水菜、オレンジプチトマト、ラディッシュ、カブ、ブルーベリー、ホタルイカ、オキアミ、ちりめんじゃこ、生ハム、ブラックペッパー、胡麻マヨネーズ。これら混然一体となった旨さが、どれも喧嘩しません。
  
 特に驚いたのが、ホタルイカ。イカの腸を中心としたコクは、相性によっては磯臭さと感じるリスクがありますが、全く心配なし。素晴らしい下処理と言うべきか!。生ハムと混じって口に入ってもぶつからないのがいいね。そして生ハムも大好物。家でたまにやってくれるのが「水菜」を生ハムで巻いたものに、軽くフレンチドレッシングをかけたもの。これがあると、ワインが進むし、夏場はハイボールが無限大に飲めるのだ!。おススメかも!。
 
 
 
 
<〆として> こりゃライスじゃなくてバゲットで正解でしょ!
 
 何となく、これだけだったら腹が減りそうと思ったので、サイドメニューを一品追加。通常ならライスで飯割と行きたいところだが、冷やし中華のタレにライスというのは、気持ち悪そうな。なのでここは洋風だったから、バゲットをいただきました。ベリーが効いたドレッシング酸味でも、なかなか冷製スープにも匹敵する清涼感と安定感あり。そこでこれは勿体ないと、バゲットを千切って吸わせてから口に運ぶことにします。おお、何となく成功の味わい!。 
 
 
 
 
   総じまして「フランス料理人の技炸裂!ヌーベル・キュイジーヌ冷やし中華!」・・・と言うそのまま捻り無しの感想。王道の冷やし中華っもいいけれど、こういう変わり種も今年はガンガンとせめてみたいと思います。まだまだ5月は終わらないし、マメに「#冷やし中華」をチェックし続けます。ちょっと今日は話のタネになりそうな一杯で、お腹も頭もいっぱい!。第二弾の冷や中にも期待をよせつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   昼飯に
   雨粒避けて
   並木沿い
 
 
   洒落た冷や中
   心は南仏
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「まぜそば(ニンニク辛アゲガリマヨ)」@鷹の目 蒲田店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/19/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/0D4swnvVP8w

<夏を感じだすと・・・汁なし系!元気出すならガッツリ系!蒲田にナイスショットな店誕生!>
 
 「鷹の眼」がオープンということも知っておりまして、どうせ新規開店だから混んでるだろうなと諦め気分で一応確認までに寄ってみました。すると・・・・なんと空いてる!!!。ここぞとばかり飛び込んでしまいましたよ。あれれれ・・・・こんな調子でいいのかと少し心配にもなりますが、食う方は無責任なものですから、悠々と食うことができました。適当に空いた席に座ろうとしたら、一応座ってる席から順番に詰めてくれと言われましたので・・・やっぱりピークには満席必定なんでしょうねー。
 
 さてそんな先客の座席に連結しましたが、なんとピンの女性客。ま、最近では珍しくないという感じだし、券売機には「女子盛り」ってのもありましたし、きっとそれなんだろうなと思っていたんですが、がっつり並サイズでしかもヤサイマシアブラマシじゃないですか!。見かけによらんと自分の偏見を恥じました。そして「女子盛り」という文字を見て無意識に「女体盛り」と発想してしまった愚かさを恥じました。
 
 
 
 
<全体&タレ> 今回は「ニンニク・辛アゲ・ガリマヨ」追加!意外にマイルド調和な旨さ!刺激欲しけりゃマシマシ必須!
 
 おおお!これじゃこれじゃ!この山盛りの麺顔は期待通りのコニーデ型の稜線です。本物のジロリアン殿には物足りなくとも、リーマンオヤジの平日外出ランチとしてはMAXな質感。特に辛アゲの赤と卵黄の色合いがとてもギミックな配色にも思え、ワイルド感の中にユーモラス性も溶け込む何とも言えないカラフルさ。これが千里眼系の特徴に他なりませんな!。
  
 もう知ってる味だから、底に溜まったタレの描写はすっ飛ばして、とっとと混ぜそばまぜまぜ~を開始してゆきます。とは言っても最初は天地返しで麺一色の風貌ですがー。ガリマヨと卵黄が、一気に豚骨醤油ダレに絡んでゆき、麺の地肌の色合いとそう変わらぬ色合いに変化。そして野菜の上に降りかかっていた魚介の細かい粉が、一気にペースト感に巻き込まれて溶けてゆく。どろどろになったところを、すくい上げると・・・・とてもマイルドな塩気であります。
  
 嗚呼、これなら抵抗なくガツガツと食える味わい。ヤサイの汁がゆっくり溶けだして後半になるとますますマイルドになってゆくのが印象的。なので、後でタレか一味唐辛子の補強が必要になってくるかもしれません。ただ女性にも安心しておススメするなら、デフォで十分。個人的には、この日はブレスケアを新しく買い増したところだから、ニンニクパンチを効かせたかったが、ガリマヨがかえってニンニクをマイルドに仕向けたかもしれません。よって男前ならニンニクマシマシが丁度良いかと思います!。
 
 そして何と言っても「辛アゲ」。入れ放題の天かすなどでバカ盛してしまうオレでして、基本的に好きなアイテム。そこに唐辛子が含まれているのが痛快ですね。これを思いついてラーメンに入れようと初めて実行したひとってすばらしい。汁なしですから、この辛アゲもゆっくりと浸透してゆきます。全体的にクランチっぽい?クリスピーなる歯応え?が残るのですが、汁に浸ったそれはゆっくり溶けだして、ふやけたところもまた面白い!。麺に貼りついたりしたのを強引にワシワシと食い切るのがたまらんですなー。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:オーションっぽい素朴な小麦粉風味すら思うヌチヌチ歯応えキープ!ワシワシ感覚で一気にがっつく快感!
 
 別に粉の種類を確認したわけではないんので悪しからず。あくまでイメージの話。味が全体にマイルドだったからか、妙に麺の風合いまで気が回りまして、これが痛快。まぁよく遭遇する「灰褐色」の地肌の色合い。それに捩れと縮れがランダムに入った太麺。最近ヤワ目な店とハードな店と歯応えで区別化が進んでいますが、こちらは中間的。ストライクど真ん中というやつで、大変よいねー。
 
 マヨが薄い部分は、豚骨醤油ダレに絡んで粉が貼りつく。そのまま頂くと粉の甘味が膨らんで鼻孔を駆け抜けます。またマヨがこってりと絡んだ部分は、生パスタ感覚のヌッチリニュルニュルさ。ソースの味に支配されたって感じで美味しくいただけます。このマヨが多めに絡んだ部分に、辛アゲを集め寄せてから麺に絡めて食うのが、オレ的には好き~。ふにゃふにゃな辛アゲが、麺のボコボコした形状の隙間に入り込み、後でクチの中で一気に奥歯で潰す・・・。辛さが緩~く広がる~。
 
 
 
 
<ヤサイ> ヘタレでトラウマが拭えないオレは・・・デフォで十分なのさ!
 
 ヤサイ「マシ」をする勇気が無かった・・・。歳は取りたくないものです(号泣)。隣のお姉さんは、ヤサイマシの上にアブラまでトッピングしているのに、それでいても痩せてるからズルいよな・・・。ま、結果的に丁度腹回りで9割5分までパンパンに埋まりましたので、個人的には痛快レベルでした。
  
 通常モヤシとキャベツですが、モヤシと葱というイメージ。黄緑色はキャベツの欠片か?と思っていたが、実際は葱だった。葱大好きネギ星人なオレとしては無問題!。さてモヤシの加減ですが、クタっとなり始める手前の印象。汁系だったら一気にクタっとシナシナ歯応えに傾斜するところ、汁なし系の麺の熱気のなかでは、シャッキリ歯応えを残そうと踏ん張っているようです。麺の腰つきとはいいバランス関係ではないだろかね・・・。いつか猛烈に腹を空かせた健康状態のときに、マシマシでやっつけたい!。
 
 
 
 
<豚> ちょっと可愛すぎないかと思うけど・・・オレのレベルでは十分ボリュームだった
 
 豚は、ヤサイの下に隠されていたー。混ぜ返すときに発掘して、入れ忘れじゃないと安心しました。そのような感じですっぽりと隠れてしまえるサイズ感。切り口・直系的には少し可愛げがあるので、豚追加で普通なイメージでしょう。
  
 煮豚の脂トロトロ感は少な目で、また肉身のスカスカ感は少し残った感覚。すぐに解れるほどに柔らかです。マヨネーズ系のタレとの相性がとても良くて、サラダトッピングのフレーク肉に似た旨さも楽しめる味風景。J系で言う圧迫感ある豚!っという暑苦しさはないのが、いいようなそうでないような、意見が分かれるところでしょうか・・・・。
 
 
 
 
 総じまして「辛さとクリスピー感の刺激感楽しいマイルドガッツリ汁なしJ系名作!」・・・という感想。蒲田と言う大きなターミナル駅の近くで、通し営業でガッツリ系が食えるというのが、外回り多い我が身としては嬉しい!。ちょくちょくとストレス発散に飛び込むことが増えるかも(笑)。その時はガッツリと魂を受け止めてくんなまし。そんな期待をよせつつ・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   陽射し浴び
   夏空感ず
   強さ哉
 
 
 
   ガッツ貰って
   ガッツリまぜそば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン麺+生玉子」@田無大勝軒の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/18/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/jFmTzDcNbx4

<東京都内の現役「大勝軒」看板久々拡大!!数えて71店舗(たぶん・・・)>
 
 大勝軒への愛が止まらない。先日、久しぶりに新たな大勝軒(東池系)が誕生して、連続で訪問してしまいました。これで当分もうないかと思ってたら・・・今度は田無にも大勝軒(永福町系)が開店したというではありませんか!。これは嬉しすぎる!・・・・最近の西東京市界隈のラーメン事情は熱気を帯びつつあります。

いつもながらご参考・・・
【実録】東京都内で「大勝軒」の看板をひたすら追いかけた結果・・・・現役は71店舗
 https://www.ramentabete.com/entry/2017/12/24/210656
 
 
 実は、仕事帰りにすごく遠回りして田無へと2度ほど訪問。しかしスープ切れで2度ともフラれてる。もう流石にツライし、週末は都合が悪いので、もう午後休暇を取ってしまえと悪巧みしちゃいました(ちゃんと仕事調整しましたよー)。午後2時あたりにようやく営業を捉えました。しかしこんな中途半端な時間でも、満席で外待ち発生が途切れないとは恐るべし・・・・。
 
 
 
 
<全体&スープ> これぞクラシカル煮干しのゆとりと迫力!誰も敵に回さない優しい甘みと香ばしさ!そして圧迫感あるボリューム!
 
 おおお!待てましたよこの定番スタイル!。銀のトレイにはみ出るサイズの大きな丼は、まさに揶揄する洗面器!。これ以上食えるか!と逆ギレ手前な腹パンの幸せを運んで来ますよ〜。それに何だか、銀のトレーも令和になると、微妙にスタイリッシュなデザイン性が見受けられる。それ以外は平成を飛び越えた昭和のレトロさが満載です。
 
 明らかにラーメンで煮干を語るとき、基準になるのはこの永福町系かもしれませんね。微妙に苦味を効かした軽い煮干。それでいて香ばしさを印象付けます。そして香りを楽しんだ後は甘みで応える魚介感。腹持ちの良さは、豚骨清湯の煮出しエキスが効果的といったところか・・・・。だいたいこの系統だと、こんなところは共通的で、その中でどれかが印象的だったりします。一つピックアップするなら「甘み」。これが実にナチュラルで、醤油ダレのカエシも効いているのか、それとも豚骨エキスかラードが効いているのか・・・・煮干の苦味が全くなく、香ばしさだけを残して甘みを芳醇に伝えてくれました。煮干感なら、少しばかりの苦味はあるもんですが、それがとても低くて、ハードルがとても低くて、万人ウケするでしょう。
  
 そして、麺の炭水化物感がうっすらと浸透して、糖質化しやすいのがいいね。これだけ麺量あるんだもの・・・多加水系としてもグルテンの香りくらい汁に移るさ。それが微妙に汁に霞を与え、食い進めてゆくほどに、円やかさの存在感を感じます。
 
 
 
 
<麺> 草野商店:ご存知多加水細麺!実は・・・柔らかさが旨さの一部となった構成力に感服なのだ!
 
 噂によると、こちら「保谷大勝軒」の暖簾分け???だとか関係者だとか。直系の中でも渋いところと繋がりがあるのがいいね。永福町の総本山は麺のカタサの注文を聞いてくれないんだけど、保谷は聞いてくれるんだよね。麺を茹で釜に入れる時間をずらしたりして、ロット毎の仕上がりタイミングだけは一致させる。なので、ちょっとここでイチびって「カタメ」と伝えたいところ何ですが、食券がさささと回収されてタイミング逃したから・・・・ま、いいかってな感じでそのままデフォルトです。
  
 元来、麺はカタメが好きな私が、珍しく認める「うまい柔らか麺」がまさしくこれ。初めて東京に上京してこれと出会った時は、絶対に認められない感覚だったんだが・・・・。ミイラ取りがミイラになったように、今ではすっかり関東人になってしまった関西オリジンなオレ。魂を売り渡してしまったと蔑まされても・・・、やはり今となっては、こういうのが旨いんだから仕方がないよね。汁を完全に炭水化物が吸い込んでしまったMAXが、こんなに噛み潰して優しく、啜り込んで滑らかで優しく、瞬時に糖化した旨味を感じるものとは想像できなかった・・・。
  
 もはやこれだけ大勝軒を食い続けて行き着くところまで行った????とあるとき思ったが、本当の盲信的でフェチななファンは、だいたい次の2種類の行動に分かれます。まず・・・①麺に酢をかけるて食う。そして・・・②生玉子で食べる。私は後者②の派閥かな?。
 
 
 
 
<生玉子> もうこれがないと・・・永福町系に来た気がしない!オレ的必須アイテム!!
 
 もうこれがないと、永福町の麺を食った気がしないのです。何も知らない時は、さっさと生玉子を箸で溶いて、ドバーッと麺の上に投入。月見そば状態にして、熱で緩く固まったところから食い進める。スープを卵黄で濁して食う・・・そんなことを繰り返してました。しかし、今となっては絶対にオススメなのが【つけ麺風に生玉子を活用して食う】スタイルです。
  
 ともかく粗熱が取れるから食べやすいことと、やっぱりすき焼きに似たところがあるので、抵抗感なく食えます。ゆっくりと汁が生玉子にも溶けてゆき味が濃くなる。何よりも、麺と玉子が固まったトロトロ部分を、強引に吸い込むのが面白いです。シュゴゴゴ!!!!っと非常に短い音を立てて、のど奥へと飛び込んで行きますから、むせないように注意ですね。いつも思うが、新幹線のトイレを流した時の最後の音に似ている感覚になります。今回は、ワンタンも思いっきり生玉子に入れてやりましたから・・・・・、いつにも増して似た音に聞こえましたわ。
 
 
 
 
<チャーシュー> 醤油感が深い周囲の香ばしさ!脂のサシがナイスバランスの肩ロースはスポンジのように旨味を爆吸!
 
 昭和の頃の永福町系大勝軒は知りませんので、何とも言えないんですが、いい肉ですね。脂のサシが適度に入っていて、それでいて周囲は深い醤油だれが薄く浸透している。その部分はとても香ばしく味が濃いものの、中心部はそれほどでもなく、スープが浸透してベストな状態。もともと熱々なスープですから、脂も蕩けて肉に浸透しつつ、スープ自体も吸い込み出します。まるでスポンジのように。
  
 昔はさぞかし贅沢だったと思うよチャーシュー麺。次回あたりにチャーシュー麺にして、生玉子に一回入れてから食ってみたいと考え中です。
 
 
 
 
<ワンタン> 麺の柔らかさにきっちりコラボ!トロトロ蕩けてズルズリュ〜っと流れるが肉餡は決して外れない!
 
 ワンタンがスゲー多い。そして小さめだけど、それらが合わさるとまるで一反木綿のような滑らかさすら思います。ワンタン麺だと、なぜか麺が1.5玉。しかしこのボリュームなら分かる気がする。麺半玉くらいには匹敵します。
  
 トロトロすぎて破れるのが心配になるくらい。それでも破れたり肉餡が外れたりしません。あまりにも多いので、半分程度は最後の生玉子に入れてみました。ここ最近で一番ワンタンまみれになったかも。肉餡が小さめですがギュギュッと歯ごたえ感じるタイプ。皮に包まれたというより、皮が肉餡に絡んでるような感覚でばくばく食えます。うす塩系豚肉ミンチなので、とても馴染みやすいタイプ。スープとの相性抜群。
 
 
 
 
 総じまして「すでに一周回って通り越した斬新さ!クラシカルスタイルの凄さを知るぜ!一回食っとけ!」という興奮覚える感想。特に今回は全く1mmも飽きたりせずに一気に食い切りました。妙に女性客も多く、女性コンビだと麺1玉に、麺なし(つまりワンタン)という組み合わせなど食べ方が面白かった。間違いなくここは流行るな・・・と直感しました。家から田無駅までバス1本で行けるのも便利だし、今後ともよろしくです。そんな感動と期待を寄せつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   青空に
   煮干が泳ぐ
   大勝軒
 
 
 
   安らぐ旨さ
   はち切る下腹
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「特製煮干醤油ラーメン」@麺屋 瑞風の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/17/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/dxYX75s_IcE

<最近、田無のラーメンが気になってならないオレは・・・>
 
 開店時には少し通った店。当時の初々しさが記憶に新しいが、今ではご店主の顔も忘れてしまったとはいえ、随分と自信と貫禄を感じます。メニュー構成が当時とほぼ変わってないのが嬉しいね!。ちゃんとコアなラーメンメッセージが受け入れられて、ファンが支えてる感じがします。仕事帰りのサラリーマンがこの時は多し。地縁のあるコアなファンとお見受けする方達ばかり。
 
 
 
 
<全体&スープ> 煮干しのクリアーな甘みを溶かしつつベースの動物系の生き生きさがナイス!
 
 おおお!実に3年ぶりの対麺だがやはり質感の高まりはさすが銘店!。しかしそんなに久しぶりにも感じないのは、この手の麺顔が都内では流布しているということか。最近では実家(関西)でも同じラーメン風景に出会うこともあり、全く情報流通速度と比例して、ラーメン文化も交流と同一化・均一化が深まるというものですな。それにしても、特製とレギュラーの違いはてっきり、このロールが二枚重なると勝手に信じきっていた。実際は海苔と味玉・・・・そしてそうではなくて、角切りの小さいブロック肉が付属するということでありまして、少し複雑な気持ち(苦笑)。
  
 また煮干し出汁はとても分かりやすい旨さ!。ニボニボした苦味はほとんど無しに等しい抑制が効いてます。一方で、煮干しならではの甘みとコクは芳醇さが増している感じ。私の以前食った記憶では、以前は煮干しの成分が浮遊しているとか、丼の内壁に貼りつくなどはなかったはず。今は煮干しの旨味が増しているという今のセンスが、むしろ嬉しいのです。だからなのかな?・・・玉ねぎみじん切りの薬味の存在。これがあるだけで「煮干蕎麦」感が高まります。決してニボニボ苦味があるわけではないのに、玉ねぎ甘みは確かに魚介には合う!。
  
 嬉しさが止まらない!。ベースの鶏ガラも美味いね。ガラを煮出して如何にもコラーゲン!ということはせず、ストレスのない旨味が沁みます。鶏ガラ一辺倒でもないと思えまして、例えばベースは鶏でも香味は豚ラードという構成だって考え得る旨さ。もしこれが淡麗系でなくて、多少でも濁りある煮干しだったら、ニンニクを溶かしても面白いかもしれません。いやいや・・・・カウンターでオレ一人「煮干」食ってたが、この旨さも他の人知ってほしいと本当に思うわけよ・・・・。
 
 
 
 
<麺> パツパツし過ぎない優しさ残す・・・クスクスとした歯ごたえ!小麦の風合いと出汁浸透の旨味の両立!
 
 麺が旨い!。加水は低めなイメージですが、「煮干=パツパツ低加水」という概念は少し崩して優雅さを取り持つイメージ。湿り気ある乾きという変な日本語でごめんなさい。麺の歯切れは多少湿った感じでクスクスと切れ込むが、やはり鼻腔にくすぐる香りは小麦の風合いなのだった!。
  
 ラーメン好きは、いずれ煮干しが好きになる。豚骨も二郎系もいいけれど、やっぱり魚介系の旨味と炭水化物の相性は捨ておけんよね。煮干の受け止め方ってのは・・・揺れ動く食指を強引に別世界へ運んでくれる「濃厚煮干し」「セメント煮干し」もあれば、誘い掛けて歩みだすのをじっと待っている、そんな優しい「淡麗煮干」もある。この煮干感は、さらにもっと優しさを含んでいて、夜の森を静かに駆け抜ける風のように包み込むよ・・・・。春の月光が降り注ぐように、煮干しが心に染み渡り潤う。
  
 終盤になると、一気に汁の吸い込みが加速するのを、足早やじゃなく、箸早やで一気に味わいます。レンゲを駆使して箸で追い込み、一気にミニラーメンをこさえて、口へと運び一気に全体をガジる。歯が炸裂するほどに。そして玉ねぎや青ネギが、痩せた歯茎に支えられた歯の隙間に挟まろうと御構い無し。嗚呼、いちいち楽しい汁と麺のコンチェルト。
 
 
 
 
<チャーシュー> そうだ!そうなのだ!!バラ肉の大判ロール肉!!これに恋い焦がれた時代もあったのだ!
 
 瑞風の麺顔はこの肉ですよ!。脂身と肉身が綺麗にパラレルしており、外側に近ずくにつれ脂身の多さが目立つね。そこに出汁が染み込んで行くのと同時に、甘みがとろけるような錯覚。舌に乗せただけで溶けたような妄想すら覚え、咀嚼しだすと脂質と糖質の結合が一気に生まれて拡張!。そして、口の中だけでは収まり切れない旨さのスパーク状態!。この美味い肉!さらに網焼き等で炙ってはいかがかと思う反面、それでは煮干の風合いがマスキングされるか、味全体がビジーになるかどっちかでしょうか。嗚呼、本当に久しぶりに興奮を与えてくれたトラディショナルなラーメンチャーシューです。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 流動的なトロトロ感なる卵黄!きっとこれは鶏白湯なら最高に合うはず!
 
 いよいよ味玉。これを食ってしまったら、もう味風景の移ろいは最終段階です。緊張して前歯を立てると・・・想像以上にフルフルプルプル状態。なのでゆっくりと歯を立てて砕くと、そこには鮮烈なオレンジ色した卵黄が、まるで果実が弾けるような感じで、液が溢れる。
  
 全体的にゆるゆる状態の味玉。出汁の浸透も感じるが、熟成を感じさえる甘みは低め。むしろ卵黄より卵白の方が出汁浸透が素直に感じます。塩味玉とも少し違うが、そっちの方が近いかもというのが私の心象。そして、このトロミ加減は・・・・煮干系というより、絶対に「鶏白湯」に合う!。スープに卵黄全体が溶け出しても絶対に成立する旨さを感じますし!。
 
 
 
 
 総じまして「地道で質実!奇をてらわない王道の東京淡麗煮干し蕎麦!」・・・という印象!。久しぶりに食いましたが、相変わらずハイレベル。そして少しづつ変化が感じられて、それを進化と呼んでもいいと思われます。田無では猛烈に存在感を感じる店ですが、色々新店舗の出店が続いてますので、町全体で盛り上がってもらいたいと思う次第です。三鷹の次は、田無がラーメンフィーバーか!?そんな期待を感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   とぼとぼと
   長い道のり
   帰り着く
 
 
 
   優しい煮干
   旨さが嬉し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「鶏中華」@鶏拉麺JINの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/16/201421
とまそんのYouTube: https://youtu.be/azMPM9_9lkA

<平日午後5時からの営業!この姿勢がいいじゃぁ〜ないか!>
 
 妙に中途半端な時間帯で午後5時。「今日は晩飯要らんから」と大見得切って嫁さんい伝えたっけ・・・・。他の店で過ごすにしても、夜のぶ開始って大抵は午後6時半だし、早くても6時だ。こうなったら大手チェーン店で食って忸怩の溜飲を下ろすかと思いきや・・・・どうしても納得いかん。ネット検索すると、奇跡的に「鶏拉麺JIN @西武柳沢」が午後5時から開店という情報をゲット!。最後まで諦めてはいけないもんですね。しぶとくしぶとく、納得のいく店を探し当てたのが、こちら「鶏拉麺JIN」です。当然・・・・先客なしね!。
 
 
 
 
<全体&スープ> とっても明るい鶏コクの旨味全開!鶏油の色気アリアリで神奈川系ともちと違う円やかさ!野菜の優しさ???
 
 おいおいおいおい!!!ここはこんなに眩しい鶏清湯を出す店だったのか!?。スゲーいいじゃん!。鶏白湯の旨さは実食済みなので申し分ございませんが、個人的にはこっちの明るい味わいが実に好み!。そして「麺や 野口」時代にもこれありましたっけ?。野球で例えるなら、最強の5番打者。看板の4番でもなく、3番のように器用でもないようで、実は素材的実力度がありありな5番って感じ。もっと表に出して宣伝してもいいかもよ。
  
 とは言いつつ、鶏清湯ってすごく競合激しく、きっと差別化しにくいのでしょうね。なぜならすっきり鶏出汁で円やかな生揚げ醤油のタレで仕上げたって言うのは都内各地にあるもん。また鶏油のバターのような色気ある旨味も増殖傾向だ。・・・そう言うの知ってても、正直言ってその旨さが分かりやすいから、オレも簡単になびいて「旨し!」なんてほざいてしまう。そう言うの一切を前提として、この一杯を語るなら・・・既述を全て見透かされたような気分にさせる一杯と感じました。
  
 「鶏出汁」の丁寧さは当たり前として、「鶏油」の色気は実は抑えめ。バターのような色気は低くとても上品。何となく・・・岩海苔の風味がそうさせるのかと思ったが、実は「香味野菜」の溶け込みが、色気出しすぎ感を抑えているような味風景。時間が経つと、トッピングの脂も滲むが、もっと気になるのは感想岩海苔。鶏清湯で岩海苔ってのはメッセージ性が強い!正直言って・・・・フラれた代替案として訪問したことが、ここにきて失礼と思えてきました。
 
 
 
 
<麺> 村上朝日製麺所:麺のしっかりした風合いと密度感!適度な歯ごたえと共に玉子麺っぽい馴染みやすさも醸し出すイメージ!?
 
 年齢を重ねてゆくと、涙腺を保つ筋肉や筋がバカになるのか、何にでも泣ける。旨くて泣けることが最近多くて・・・オレはきっと死ぬ寸前なのかもしれません。箸でリフトアップして、まずは口の中へ入れ、麺を歯に当ててフックをかける。そしてDysonばりにサイクロン方式で強力に吸い込んで行くと、奥歯の隅まで麺を確実にキャッチ。そして賑々しく奥歯に力を入れて咀嚼を始めると、歯ごたえクッキリの後に、出汁と麺の旨味融合が広がるー。馴染みのある味わいなんだが、最近久しぶりに感じたものかもしれません。
  
 これが好きなのは、風味が良いだけでなく、もっちりした感覚もあったから!。水分が少なくても、なぜか玉子が小麦粉と触れ合った時の弾力性を感じたのかもしれません。ややモッチリした部分を中盤で感じ取り、終盤になるとふやけ出したグルテンさえ旨く思えてくる。何となく玉子麺のイメージに近いものを感じますね。
 
 
 
 
<チャーシュー> やはり今のラーメンにはこれだね!低音真空調理の半レアタイプ!やっぱり旨さが飽きないもの!
 
 この肉があれば、夜の部は半居酒屋状態でも仕切れるような気がしてくる。そんな質感の良さを感じます。最近毎回同じようなコメントでごめん!・・・・・と思うのはチャーシューの下り。本当に都内では低温調理が当たり前になりつつあり、その必然性が分かってしまいます。手間がかかりそうでも、燻しに比べれば容易いはず。また狭いスペースでも製造対応できるのが大きいよね。一般住宅の台所でも治る調理器具の進化が素晴らしいです。
  
 とは言っても、素材だけはごまかせない。それだけに肉ブランド志向に走るこの業界かもしれません。肉のピンク色に注目集まりますが、実は脂身の熱通りと生感が優れている!。噛むと脂が溶ける・・・・本当にうまい。ラーメンの出汁に浸すのが躊躇われる・・・・。いずれ週末の昼混雑のピークを外して、ビールもいただきたい次第です。この肉でね!。
 
 
 
 
 総じまして「ラーメン穴場な西武柳沢!盛り上げてくれよと期待に応える質実鶏拉麺!」・・・と言う感想。移転前よりずっといい店になってますよ。場所だけでなくね。如何せん・・・JR中央線通いだから、頻繁に来れませんが、もし西武新宿線利用者だったら頻繁に通っていたはず!。今後とも応援したいと思います。そんな気分高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   影伸びて
   駅舎を透かす
   陽が眩し
 
 
   夕陽映るか
   眩しき旨さ
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「煮干蕎麦金目鯛合せ+うずら味玉+蒜山ジャージーバターのニボ玉」@煮干蕎麦の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/16/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/TagsB6MLW3k

<新たな「丿貫」の脈動! ハマのニボシスト集まる!>
 
 考えが甘かった・・・・やっぱり行列。すんなりと連結し、情報チェックすると「煮干蕎麦」の店名も今のところ暫定なんだとか。6月頃には決定ということですが、入居ビルの案内は「煮干蕎麦」をハッキリ印字されてます(全部作成しなおし?)。何やら複合施設のレストランフロアの一角のようで、他にはいろんなジャンルの食べ物やがあります。なので老若男女対応可能なのですが、「煮干蕎麦」に幼稚園未満も並んでおられます。渋い幼児だね!。
 
 
 
 
<全体&スープ> 塩気でグイグイと旨みを引き寄せるような煮干感!多少円やかな部分は金目鯛かと勝手に妄想・・・・サラリとしているのに濃密な香ばしさ!
 
 おおお!これは正真正銘、極上の雰囲気ありありな煮干ソバ!。セメント感すら覚える深緑のニュアンス湛えますが、汁の方は超濃厚というハードさよりも「淡麗さ」が濃ゆいようなイメージ。見るからにアニマルオフな本格仕様ですね。またレアチャーシューが一輪のバラのように美しく中央に盛られ、まさに今の季節感を代表っといった語りかけです。うん!食う前から良くできてる!って感じしますな!。
 
 なにせ駄舌なもんで「金目鯛合わせ」という副題を感じ取れる自信はなし。それでもまずはゆっくりと味わいますが、金目鯛のことをすっかり忘れさせる、ビターな煮干感が先制パンチといったところ。セメント級ほどでもない・・・と既述しましたが、よく見ると外気と接する表層には、煮干成分がいくつも大きな膜を作って浮遊しています。煮干大好きニボシストな私としては、実は食べなれた味わい。そしてこの系統なら例によって、塩気がやや強め。煮干のビターな感覚にはこの塩気が必要で、苦みの中の旨みを塩気がグイグイと引きづり出しているのでは?と思うほどです。苦みと塩気は切っても切れない仲。魚醤の旨みなんかはこの定理にすこしかぶってるとすら思えてなりません。
  
 そう!薬味は定番なるフレッシュ玉ねぎの微塵切り。歯応えのシャクシャクしたところが好きですが、染み出る汁は灰汁を抜いたかのようなマイルドな甘みでした。この汁とニボ汁との相性は抜群で、すでにそれはテッパンネタ。その相性良い味わいをウンウンと心の中でうなずきながら食い進めますが、玉ねぎで味覚のスイッチが入ったのか、魚エキスの甘い香味を微かに感じます。ウルメのように少し鮮魚系に近いような魚介香ばしさ。鮮魚系っぽい?と言えば鯛じゃねぇよなと・・・・・思考してたところで、これがひょっとして「金目鯛合わせ」の余韻??なーーんて、後追いで意識しはじめたりします。ともあれビター一辺倒とも違う甘味と香ばしさもある煮干出汁。場所柄、家族と一緒に子供たちも並んでいたが・・・・お子ちゃまには少し難しい旨みかもしれませんね。
 
 
 
 
<麺> 三河屋製麺:これぞパツパツ麺!煮干ソバ仕様の王道なり!汁のニボニボパワーに一切負けない!
 
 これも食う前から見た目で「ニボパツ!」って感じがありありですね。白めので漆喰のようにきめ細かく塗り固められたかのような、滑らかな地肌。前歯で噛むと、一瞬グニリとズレる感触あるけど、その後はパツパツパツパツと、噛むたびに小麦の風合いカプセルが弾けるような、痛快な香りが口の中一杯に漂う!。 これぞ煮干ソバ仕様の王道なり!汁のニボニボパワーに一切負けない!。この風合いの確実さを知ったからには、あとで和え玉が楽しみになってきます。
  
 物腰ハードなので汁に濡れるだけだと思ったら、案外麺と麺同志がよりそうのね。微妙な毛細管現象もあったりして、汁の持ち上げが多少期待できます。蕎麦なら啜り重視でのど越しで味わうのがよろしいでしょう。しかし、煮干向けのパツ麺は是非とも、いつもより意識して噛み締めるような咀嚼を楽しんでほしい!。苦みと旨み、つまり魚介系脂質と麺の糖質が噛むたびにしっかり結びつき、昇華した旨みを楽しめますから。
 
 
 
 
<チャーシュー> 現代ラーメンの技術の粋!低温真空調理の半レアな肩ロース肉!もはや「チャーシュー」を超えた味!
 
 盛り付けが非常によいですね!しっかり薔薇に見えます。ちょうどバラのシーズンですし心にピンと来ますね。もっとも私にとってバラは、ベルサイユでも英国式庭園のそれでもなく、高島屋の包装紙の方が馴染みですがー。また仏教徒なる私にとっては、煮干の濁った池の中に・・・・掃きだめに鶴のような高貴に咲く蓮の花とような心象。生肉と言えば非常に俗人的なエロい表情なのに、なんと旨さとして隔世した美しさよ!。
  
 剥がしたり崩すの勿体ないが、放置し過ぎると熱で色変化するので、美しいうちに味わってしまいましょう。箸で端をひっかけてみるが、極上すき焼のような絡みつきで、旨そう過ぎて泣ける。豚肉どんなに頑張っても豚肉なんだが、牛肉にも匹敵する迫力!。いや・・・最近はブランド豚なりものも浸透しており、牛と豚の肉格差もあってなきものなのだが。毎度思うけど、煮干の匂いが染みた肉ってバランス悪そうだが、実際はそんなことなく、抵抗感どころか香りの崇高さを纏うようで、素直に旨く感じる。大判なる肉が2枚あったので、満足度としては申し分なし。どこから千切っても、肉身と脂身が柔らかく千切れ、脂の嫌味ない甘味が素晴らしい!。次回肉増しにトライ!なんて心に誓ったりしました。
 
 
 
 
<うずら味玉> しっかり味玉してました!
 
 うずら玉子。これは個人的には、味がどうこう以上に「そこにあることだけで満足感・ワクワク感与えるもの」と思えてなりません。そんな頭でいたが・・・しっかりと出汁に染みた味玉感覚でありました。卵黄のトロミは期待できないが、ふかふかふわふわな卵黄にもしっかりと出汁風味が浸透。少し乾いた感覚で楽しませてくれるのがいいね。そして白身は薄いから、これは一気に一口で食べきるしかない。新幹線のワゴンサービスで食う燻製うずらも好きだけど、このホクホク感がたまらん!。3つで100円だったが、ダブル追加で楽しみたいくらい!。
 
 
 
 
<蒜山ジャージーバターのニボ玉> 煮干だけでも存在感あるのに・・・それを凌駕するジャージーバターの濃密さ!
 
 おおお!漆黒の味噌感!赤味噌系かと思いきや・・・・実はこれ全部煮干のすり身。ところどころ銀色に光るのは銀鱗部分。湿ったザラザラ感をお楽しみあれ。まずこれだけをつまんで食うが、そうとう苦々しいと思いきや、エグミは100%なし。香ばしさと軽い苦さ。そして甘味すら感じる。出汁が染みているのかもしれません。ただこれだけ大量の煮干粉があれば、きっと味はそれに支配されっぱなしだと痛感するね!。まさに「ニボ玉」のネーミングに間違いなし!。
  
 そして「蒜山ジャージーバター」。これが少し固まった状態だから少し難儀する。まだ麺に熱が十分残っている間に、バター全体を包んでしまいましょう。これが熱で十分に全体に行き渡らせるように、いつもの和え玉よりは少しばかり気を使う。完全に溶かしバターにニボ粉が入り混じった状態が、ソースのようになったら出来上がり。このバターの濃密さがたまらん。これだけ大量の煮干を全部覆い尽くすコクの分厚さ。煮干に負けるどころか打ち勝って、全体をバター味に染めていきます。塩気と脂のコク厚さがいいねーー。もう腹八分目のはずだった腹が、もっとくれもっとくれと、先を急がせる。
  
 またニンニクもいい仕事をしておりました。煮干がきついとニンニクで保険・・・・と思って、特に断らなかったんだが、入れて正解。当然ブレスケアも持ち歩き。煮干香ばしさにも、バターの濃密さにも、ニンニクは万能かと思うほど相性が良い!。ちょっと多めな和え玉が、あっという間に胃袋の中に納まりました。
 
 
 
 
 総じまして「大ターミナルに隠れ家的な煮干しの拠点!ハマの新たな煮干の脈動!」と言う感想。これは個人的に嬉しい!。だってJRだったら横浜駅南出口からあっという間ですし超便利。ただオレだけ便利なわけもなく、食べ終わって店を出たらハンパない行列が形成されておった(瀧汗)。店名も含めてまだ落ち着いていない時期だと思うけど、落ち着いたころには、定期的に通いそうな気がします。今後ともよろしくです。そんな応援を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   飯時の
   ハマ風涼し
   食堂に
 
 
   香り流れる
   煮干を乗せて
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(バリカタ)+ライス中(ランチサービス)」@博多禿鷹 向河原店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/15/212909
とまそんのYouTube: https://youtu.be/rUghlRcffrM

<産業道路沿いには豚骨の香りが良く似合う>
 
 妙に豚骨食いたい気分!。GW中引いた風邪が何となく回復基調になってきて元気がでてきました。なので前回フラれてしまったリベンジを晴らそうと少し歩いて「向河原」方面へ。今回は「博多禿鷹」さんの2号店にあたる向河原店です。少し前まで「壱丸家」があった場所。愛想がよく声高のご店主にもう会えないかと思うと、ちと寂しい・・・。
  
 昼時となれば一気に混みだすね。地元客より、車の移動客が飛び込みで入って来るという印象で、あの道のカーブあたりに旨いラーメン屋があるってな感じで、習慣化されたようにすごすごと労働者たちが集まります。やはり例にもれず「サービスライス」が必ずお願いされている。家系の居抜きだからというわけではないが、やはり嬉しいサービスです。
 
 
 
 
<全体&スープ> ワイルドのようで実はしっとり優しい出汁のような豚骨煮出汁!薬味が映える!
 
 客が混みだす。それまでガラス拭きに一所懸命だったバイト娘さんが、張り切って厨房ヘルプに入りだしてからは、さあ昼飯大回転スタート。元気がいい厨房は見ていて気持ち良いし、また食い手のほうも気分が乗って来るからね。そんなフェスティブな雰囲気の中、運ばれてきたのがこの麺顔でした!。
 
 おおお!これこれ!出汁感漂う豚骨煮出し・・・これがいいね!。ぎっとりコテコテのコラーゲン濃厚タイプもいいけど、どうも最近胃が持たれていかん。だけどこれは程よい落ち着き感があり、まさに安心してゴクゴクと飲み干せる安心感があるじゃないか!。まさに飽きない味わい。キクラゲの黒さが嬉しい・・・。
 
 豚骨スープって煮出すとあの匂いがどうしても周囲に漂うもんだが、不思議なことに店内においてもフツーに感じます。バイトのお姉さんの真面目な掃除ぶりもありましょうが、スープのみならず店内もスッキリしてるのがいいね。また同じく塩気も程よく、豚骨のコクを味わえるほどの円やかさが難い。この時点で塩気が立つと、何も薬味を入れたくなくなるもの。薬味で好みにチューニングすればこそ、九州豚骨系に来たって感じがするからここは譲れない。しかも、このブランドは、「薬味がいい!」のだからなおさらだ。
 
 
 
<薬味> 良い豚骨ラーメン屋さんの条件は「薬味」の質感の良さ!これがいいね!
 
 まずニンニク。これがフレッシュタイプで皮をむいて適当にカットしてくれてる。水に浸されていて余分な尖りが抜けるのか、あのニンニク刺激が程よく調整されて、それがいいのだ!。またホール1粒だと刺激強すぎるのもあり、このようにやや細かくカットしてくれると嬉しいね。
 
 そして紅生姜の薄紅色タイプがいい。甘酢漬けタイプの紅生姜が実にいい。あの金属的な真っ赤な刺激もイイと言えばいいんだが、時々刺激だけの味風景になって失敗すること多いからね。それに比べてこのタイプは、それ単独でもバクバク食えそうだから、豚骨の出汁にも丁度会います。そして高菜漬けが何といっても質感がいい!。発酵加減が本格的で、その風味が辛さにも沁みている。スープに溶けてまた旨さ倍増な膨らみへと変化する。ひょっとして、こいつを食べに来たのかもしれません。
 
 
 
 
<麺> ご存知極細ストレート麺!7段階のレベルへ・・・ティプトロニックに固さを調整!
 
 ご存知、極細ストレート麺。麺の熟成感じさせるような・・・風味の良さが印象的です。なんと7段階に茹で上げ調整可能。きっと秒単位の違いなんだと思います。生でもそのグルテンの風味と味わいで美味しく頂けるかと。なので「ハリガネ」で頂いても良かったのですが、ちょっと浸透させても旨いかと「バリカタ」とさせてもらいました。
 
 豚骨スープがもはや出汁というより、ソースのような旨み。そして極細麺との絡みつき。クツクツと歯切れる瞬間がふわっと糖質の風味を感じさせるが、直後にやってくる脂質の旨み。これらを咀嚼すると一気に旨みへと変貌し、うまさの興奮が炸裂!。本来なら替え玉必須といったところですが、サービスライスを貰ったもので、そちらを少し工夫して腹を満たしました。
 
 
 
 
<具材> ラービスライスへさっさとトッピング移動!プチ丼にして堪能し尽くす!
 
 小中大とライスは昼時サービス。うれしい!。そのまま白飯と豚骨スープを交互に食い切るのもいいんだが・・・・・いつもの通り、トッピングを移してプチ丼を作り、底に少しスープを垂らしえて完成です。少しだけスープを垂らすところがポイントで、これだけで具材と飯の一体感が確実にアップ。なんだかサイドメニューを追加注文したかのような満足感あり。九州豚骨系でも、横浜家系チックな食い方ができるところが嬉しいのだ!。
 
 
 
 
 
 総じまして「何も悩なくてガッツリ食うなら豚骨!小杉・向河原ならココ!」と言うシンプルな感想!。最近、ほとんど豚骨系を訪問することは無いんですが、禿鷹だけは利用しやすさ+感覚的にお気に入り。武蔵小杉の本店同様、また寄らせていただきます。次回はもう少しガッツリ豪快にトッピングも追加したいところ。そんな今後の期待をよせつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   午後勝負
   気合を入れん
   豚骨で
 
 
 
   後は頼むぜ
   ブレスケア哉
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「焼豚白湯そば」@おおぜき中華そば店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/15/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/t2cHRobrBSY

<未食のデフォルトメニューを今頃制覇!^_^ >
 
 ようやく仕事モードになってきたオレです。やっと日常生活に戻れましたが、すでにもう金曜日。またダラダラモードに逆戻りしたらごめんなさい(先に謝っておく・・・誰に?)。今回は、横浜方面から都心に向かう用事の中、総武線が乱れておりましたので、湘南新宿ラインに切り替え、途中の恵比寿でサクッと一杯食っていこうという腹です。そして・・・・午後にちょっと大事な仕事があるので、恵比寿神社に祈願もしてゆこうという計画。
 
 
 
 
<全体&スープ> 豚&鶏のダブル白湯!濃密な旨味そのまま味重ねなのに重くないサラトロ感覚!
 
 おおお!なんだか肉迫力をビシビシと感じますが、一見するとマイルド家系のような風貌。見慣れてくるとマイルド豚魚系にも感じます。しかしここで実は今更ながら気が付いたのはフツーの鶏白湯じゃなかったのねということ。よく券売機のボタンを見てみると、何も「白湯」とあるだけで鶏なんて書いてないんのでした。そして醤油ダレも入っているので、どんな味わいか全く予想がつかなくなってしまった。
  
 ドキドキしながら味わうと、何とも不思議なコラーゲン感覚で旨さに震える!。レギュラーメニューはどれも旨くて好きだけど、ひょっとしてこれが一番オレに合うのかもしれん!。流石に一口食ってわかりましたよ、これは豚と鶏のダブルの白湯なわけですね。よってどちらの良いところも取り込んでいるという、ずるい旨さってうやつです。
  
 まず濃厚鶏白湯によくみられる、モミジからのエキス感!ぺトぺトベトベトカピカピと口の周りに貼りつくコラーゲン感が少ない。しかし鶏らしいがっちり煮出されたガラの旨みが、嫌味なく濃厚に溶け込んでいます。そしてライト風に感じさせないように、豚系の白湯煮出汁も十分に濃ゆい。豚のカシラのようなべとべとっとした感覚は、こちらも少なくてナチュラルな濃密煮出し。よってダブルの旨みが合わさるから、見た目よりも何系って分類がとてもしにくい。けど旨い。
 
 全体的にはサラっとしてますが、魚粉の甘ったるさはなし。個人的には動物系ピュアな煮出しだと思ってます。またトロミも少し含まれていて、この点も白湯という食べ応え感もありなむところ。フツーは、濃厚鶏白湯とか豚骨にはやらないことだが、この感覚だったら、ライス割をしても上品な雑炊のように食えてうまいと思えます。これから夏に向けて露出度があっぷするからダイエットのため自重しましたが・・・・。水着になるわけでもないが。何を気にしているオレ!?。
 
 
 
 
<麺> 濃密スープに負けない風味感とモッチリ食べ応え!デフォルトでも満足高いボリューム感!
 
 麺はなかなか風味を感じさせて、濃密個性な汁をしっかりと受け止めてくれます。汁系としては少しマッチョな感じもする細麺。加水は中程度。丁度芯が抜けたような茹で上げでも、クシクシとした歯応えが印象的です。昔、理科でならった浸透度の問題か、汁の濃度の都合上でバクバクと汁を吸い込むことがあまりない性質。なので最後までクシクシと風味よく食えると感じました。
  
 またボコボコとした捩れが少しあります。それもあって汁を絡めとるようによく濡れます。汁の持ち上げと言うより「からめとり」が優れている。だからすべりがとても良いですが、ボコボコしてるためハネをまき散らします。前歯でスパスパクシクシと千切り、奥歯へ運んで一気に潰す。脂と糖分の合体が一気に進み、旨さに変わるイメージが早いタイプ。ちょっとしたスープパスタの楽しみ方にも似たきがしました。これは大盛にしておけば良かった・・・・。肉増しにしたから高額になってしまい躊躇してしまった・・・・。
 
 
 
 
<チャーシュー> スープがダブルなら肉もダブル!しかもボイル&レアの二種ダブル!
 
 スープが鶏と豚の掛算だから、チャーシューも鶏と豚。記憶違いじゃなかったら、鶏3豚3合計6枚。食べ応えあり。鶏肉はモモ肉。皮を含めた炙り肉となっており、洋食屋でよくソテーにして食うやつとよく似た味わい。しかし白湯スープに絡むと一気に煮物のような風合いに変貌するのがまた一興。これなら白飯が何杯でも食えるね!
  
 また豚は肩ロースで脂身がやや多めの低温調理タイプ。半レアなタイプで今巷で流行っている調理法だね。これは文句つけようない旨さで、一気に酒を欲してしまう優れた質感。肉の本来味が実にストレートに感じ取れるし、男たるもの生肉食うと多少ワイルド気分になるものです。いつもは麺を巻き込みながら肉を食う私ですが、今回だけは素直に一枚づつ丁寧に味わいました。ちょっと襟を正して対峙したい出来栄えでしたから!。
 
 

 
 総じまして「何食っても旨い店のスーパーサブ的極ウマ白湯!裏切らないから食ってみよう!」と誘い込みたくなる!。結構通っている店なのに、この味を知らなかったとは大きな機会損失。限定に注目集まりがちなお店ですが、レギュラー定番もしっかりとこの機会におススメしたかった次第です。これはまた食いに来ます。そんな感動を胸に、とっとと最後に詠っていつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   快晴に
   熱気感じる
   陽射し哉
 
 
 
   夏こそ肉だ
   焼豚白湯
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 15件