なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.272点
最終レビュー日 2019年10月15日
3,908 2,438 13 23,591
レビュー 店舗 スキ いいね

「生ビール中 → まぜそば(味噌)+豚のライスボール」@まぜそば専門店 シン・アジトの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/15/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/gZrR8lRixfM

<知らんかった・・・いつの間にか魂心家のふところに!?>
 
 新宿のアジトが、御茶ノ水へ移転してしまった・・・。個人的には残念でしてそして寂しい。まぁ好きなブランドでもあったし、寂しいばかり言ってても仕方がないので、ちょこっと様子見も兼ねて訪問してまいりました。場所は、JR御茶ノ水駅からすご近い所。「魂心家」という家系ラーメン屋の地下にあるって感じです。ゴソゴソと暗い階段を上り下りしますが、途中で頭打ちそうになるポイントあるから、みなさんお気をつけあそばせ。降りて行くといきなり券売機が現れ、そこから一気に店に飲み込まれるような店箱となっております。
 
 
 それにしても、このロケーションは単なる偶然だと思ってたんだが、わざわざ切られた領収書を見ると「魂心家」の名前で切ってあるじゃないか。あれー・・・提携関係あったんだー・・・って初めて知りましたよ。
 
 
 
 
<酒> アサヒスーパードライ生中:これで290円なら大満足!近くにあったら入り浸る!
 
 まぜそばそっちのけで気に入ってしまった!。生中が290円ではないか!。鳥貴族真っ青!。最近ゴールデンタイムだったら200円そこそこでも飲めるけど、オールタイム290円のラーメン店は実に嬉しい!。近くにあったら入り浸るに違いありません。お通しサービスはトルティーヤ。これもなんとなく・・・崩せばまぜそばのトッピングにも活用できそう。冒頭から大変満足させてもらいました。
 
 
 
 
<全体> どことなくガッツリしていて、それとなくやっぱりスタイリッシュなまぜそば!
 
 おおお!何処と無く移転前の新宿時代からは少々ワイルドに感じるのは・・・豚肉のせいか?。しかし全体的なまとまりはハイセンスであり、やっぱりアジトらしいと言えばそんな感覚。ロッソとかビザソバ等、アジト名作のオーラ感はこれからといったところでしょうが、スープも新たに備わってメッセージ性は十分に伝わりますよ。それに味噌って取り組みも、このブランドにしては斬新だしねー。
 
 
 
<タレ> 白味噌の甘味が明日塩気も混じって食欲そそる!薬味も非常に相性良し!
 
 普段あまり味噌系を食わないけど、別に嫌いじゃないです。生まれの京都は正月雑煮は白味噌ですからねー・・・案外味噌は好きなんです。そんな郷愁をちょいと感じさせるのがこの味噌で、なんと「白味噌」仕立てとは知らなんだ!。ほほう・・・甘味でアレンジしてきますか!?。甘いタレって冒険だなと少し一歩引いて味わいはじめましたが、これがなんとグイグイと引き寄せるじゃないですか。甘味の中に香ばしさや塩気も少々感じて、途中から白味噌イメージすることなく食い進めてしまうオレです。
 
 
 全体的に少しブラックペッパーがかかってますが、これが白味噌と意外に合うんだがそれだけじゃないね。付属の辛味ソースで味変してしまえば一気に加速なんだろうが、それも味気ない。しばらく舐めては探って見ましたが、諦めてテーブルセットへ手を伸ばし、ペッパーとニンニクを少々プラスいたします。するとここでビビッと来ました!。ニンニクですよ!これが淡く予め溶けているようなイメージ。図らずも追加して感じたんですが・・・信憑性は保証しません。白味噌の甘味を損なうことなく、辛味への下支えとして浸透するニンニク風合い。個人的にはあと一押しでパルメザンチーズを振りかけたいところですが・・・。
 
 
 
 
<麺> 菅野製麺所:強力粉「ファリーナ ダ サローネ」使用!まぜそばなのか!パスタなのか!?
 
 厨房内に山積みされた麺箱には、誇らしげな「KK 菅野製麺所」の文字。そしてパスタフレスカ専用の「ファリーナ ダ サローネ」使用ですってさ!。要するにパスタ用の粉ってことで以前にもそんな試みがあるから、東京ではあまりラーメン的には珍しくない気もします。ただ、ラーメンの他に趣味で手打ちパスタを作り、2台ほどパスタマシンを潰してきた私でして、パスタでも生パスタ用の粉は偶然チェックしてましたから、これはちょっとそそるよね!。浅草開化楼さんだけでなく、菅野製麺所さんもいろいろやってるんですな。
 
 
 これは加水が少なめなはずなんですが、非常に明るいモチモチ感を出します。粉自体は乾いたようで、それなりにまだ水分を保ってますから、マシンで強めにローラーかけるたびにジワジワと水分が滲み出して、麺板がきめ細かくなって行くんです。このあたりでグルテンが安定しだすんですが、あまり固すぎても勿体無いのでほどほどにするのがポイント。生パスタですから茹で上げ時間は短いんですが、案外茹で時間が長めにブレても耐えてくれるかも。
 
 
 噛むとヌチヌチとする反発とグルテンとタレとの絡みがいいですな。これは粉の甘さというよりモチモチヌチヌチとした反発とタレとの絡む状態の味わいが素晴らしい。タレとの一体感の旨さは格別!。ズボボボっとすすりあげるよりも、丁寧にワシワシと口の中へと運びたい。そして奥歯で潰してタレと合わせて味わいたいです。やはり美味いね・・・・まぜそばは。混ぜる作業って、実は調理最後のフライパンの混ぜ合わせと同じなのかと・・・改めて認識させられます。
 
 
 
 
<味変> 辛味ソース!辣油基調に香りの織り込み!やっぱり筋が一本通る旨さの展開!
 
 さて後半になって味変化ですが、辛味ソースが添えてありました。見るからに辣油系です。辣油と味噌はミスマッチなようで実は合いそうな雰囲気。南浦和での独身時代、スーパーの安売り食材を賢く使い切るには豚汁がとても活躍するのですが、さすがに毎日じゃ飽きます。なので味噌溶かしたり辣油も少し入れたりして、楽しく生活を凌いでおりましたわ!久しぶりに思い出した!(笑)。
 
 
 確かに汁なし系だとダイレクトに辛味が響きますが、これ結構マイルドな辛味です。よくよく見ると風味付けでいろいろ溶かされているようで、甲殻類のカケラかと期待したんですがあいにく細かすぎて不明。これを投入することにより、白味噌の甘味はかなり下火になりますが、味の下支えとしてはまだまだ生きてる。まぜそばに辣油は鉄板アイテムでして、これで一気に塩気が盛り上がりを見せ、爆食へと突き進みます。
 
 
 
 
<チャーシュー> トロトロ分厚い豚バラロール肉!脂身の揺らめきでハイテンション!
 
 美しいですよねー・・・豚バラ肉の層の分かれ目って。それがパラレルで褶曲されてロールしてる様なんて、どこかアイコン的で飽きません。タレ生成に貢献したかのような脂の適度な抜けがいい感じでトロトロ感丸出し。赤身の部分もそのエキスが染み込んでいるんですが、ザクリとした繊維の割れ目からは柔らかさを強く感じます。
 
 
 全体的に薄味でやっぱり柔らかくて食べやすいね。箸でも割れるぐらいで、肉厚なのを頬張りながら麺と野菜をかっ食らうのが痛快です。これは豚増したくなる。帰りがけに券売機で確認したら、豚増しボタンを発見!。次回からこれ必須です!
 
 
 
 
<野菜> キャベツや紫玉ねぎ・ベビーリーフなど華やかさとしっかり感で盛り立てる
 
 きっとハイセンスだと感じたのは野菜の見栄えと処理の美しさなんでしょう。キャベツともやしがベースですが、キャベツの方が多い!。それに色合いも美しい。そこに紫玉ねぎが加わり、オレンジ色したチーズ系のソースが振りかけられ、野菜としても味を引き立てます。細かくフライドオニオンがかかてるのもポイントで、これが香ばしくも甘い旨さ。薬味ネギもフツーに活躍しておりますが、ベビーリーフがこの中では存在感があり、柔らかくも青く甘い風合いがなんとも言えません。嗚呼華やかな野菜たち。
 
 
 
 
<スープ> 鰹出汁基調の醤油清湯!口休め的に楽しむ!?
 
 実は自分でもよく分からなかったのがスープ。醤油清湯で鰹エキスが効いがあっさりタイプです。これは口休め的に味わったり、最後の締め的に口をサッパリさせたりして完飲しました。ひょっとして時々、つけ麺風にお楽しみあれ?ということだったのか。それとも最後にまぜそばに入れてラーメン的に味わう設計だったのか。今回の汁なしはそれだけで、とても完成してたので敢えてそうしませんでしたがー。
 
 
 
 
<〆の飯> 豚のライスボール!ジューシーなシーチキンライスの様な気軽な旨さ!
 
 ランチタイムはサービスで「豚のライスボール」が希望により追加できます。チャーシューのカケラを集めてご飯に混ぜたようなイメージで、これ単体でも塩ふって食えば旨そう。これを麺丼を預けて入れてもらいます。味は、ジューシーなシーチキンライスの様な気軽な旨さ!ま、この〆め方は、旨さのテッパンですな。一口ライス程度じゃなくてしっかり食えた感あったし、ここまで含めてこの価格ならかなりオススメかかもしれません!。
 
 
 
 
 
 
 総じまして「旨さと楽しさ!気軽に食えるハイセンスまぜそば!」と言う感想。隠れ家的なロケーションが、いかにもアジトらしい存在感ですが、駅からガチ近いしラーメン激戦区御茶ノ水・神田界隈としても被らない味ジャンルかと。それに学生さんには受けやすいと思うし、オヤジ的には290円の生中ビールがとても魅力的。早くも限定や、これから出てくる油そばが多いに気になる!。ハイセンスまぜそばなら今ここが激しくオススメ!。そんな応援と今後に期待を寄せながら・・・、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   ひたひたと
   秋の訪れ
   染み入りて
 
 
 
   じわじわ旨し
   ビールとまぜそば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(麺少なめ)+ニンニク+ちょい脂+生姜ダレ」@自家製麺 No11の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/14/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/Sx51UeDeqI0

<自分自身の快気祝いに・・・今注目のJ系新店にトライ>
 
 そろそろもういいかな?ってな感じになるまで体調復活。ではそろそろガッツリ系でも攻めてみましょうか!。久しぶりに直系二郎ってな発想もあったんですが、普段訪問ハードルが高くて今注目集めるとこ行っときましょう!ってな感じ。今回やってきたのは、下板橋から少し歩く場所にある「自家製麺 No11」さん。富士丸で御修行経験ありとのことですが、実は恥ずかしながら・・・富士丸系まだ未体験な私。ピヨった感じで挑戦させていただきましょう。
 
 
 それにしても、人気上昇中と言うことで日曜日の昼営業の開店1時間前に来たんだが・・・その時すでに15名前後の並び発生!。30分前には軽く30名は超えて、開店時刻には60名以上にはなってたんじゃ無いだろうか〜。もう秋だと思ってたんだが、台風一過で結構直射日光キツかったっす。丁度開店時刻には、陽が傾いて丁度日陰になったけど。
 
 
 
 
<全体> 乳化が進みつつ更にオイリーな脂感覚!しっとり脂にクタリ気味の野菜!背徳感ありありなのに優しい麺顔
 
 それにしても季節外れでいい日光浴となりました〜。待ってるうちに色々と考えも整理されてきまして、男の意地を張るよりもここは病み上がりの我が身を感が見ようよ・・・と言う流れへー。麺少なめで、スタミナ補給のニンニク!っとさせていただきましょう!。コールを終えた麺顔はこんな感じです!
 

 おおお!これまた見事な乳化スタイルのガッツリ麺!中央に横たわる豚肉の存在感もさることながら、全体的にオイリーに感じる迫力は何ぞ!。スープは乳化したイメージなのにその上にまた脂がのしかかかるような圧迫感ですぞ!。しかし全体的な色合いとか雰囲気は、優しい雰囲気も十分にあって・・・ヘビーなのかマイルドなのか、一言では中々言い表せない。
 
 
 
 
<スープ> オイリーな表層に透けて見える豚骨乳化出汁!刺激パンチよりヘビーな甘みを感じさせるゆったり系豚骨醤油!
 
 見るからに脂で重いなって感覚。コク深いと紙一重なこってり感で、一言で言えばオイリー。表層にはナチュラルに浮かび上がったラードの層があり、その下でスープが揺れております。醤油も溶けた黄土色の豚骨スープがそこにあり、乳化したニュアンスが見て取れるといった構造です。この上更に脂の塊があちこちに浮かぶのだから、病み上がりのハイパーカロリー摂取にはもってこいですな。
 
 
 味わいとしては、塩気よりも甘みを先行して感じます。調理過程で相当量の白い粉(グルタミン酸)を確認したので、塩っ気傾向で待ち構えてたんですが、乳化した脂の旨味がいい塩梅で私の舌をコーティングしてゆきます。多少の刻みニンニク刺激で塩気は活発化しますが、これは豚コクを楽しむ一杯と何となく心得てしまう。醤油が滲み溶けきれない脂の塊を味わうが、思いほのかあっさりと美味しく食えるから、背徳心を感じる暇もない。こんな感覚でスープを次々と思わず飲んでしまいます。
 
 
 しかし実際には相当塩分が入っていたとみえ、後でお徳用600mlのサントリー烏龍茶をまたコンビニで買い足してがぶ飲み(笑)。嗚呼、一度はやってみたい二郎系でビールのぶ飲み。
 
 
 
 
<麺> 見た目以上に粉風味感じさせるワシワシ麺!平打ち縮れのハンドメイド感抜群で汁を吸い込んでもクシクシと沈む低反発!。
 
 ちょうど麺箱の前の席でしたから茹で前の麺がよく見えました。オーション感じる灰褐色の平打ちボコボコ麺。今回は体調と年齢を鑑み「麺少なめ」で対峙いたしましたが、かなりボリュームについてはブレがありそうです。私の場合は、少なめで250g弱って感じで楽に食えてしまったかも。フツーに二郎系経験値あるなら、「ふつう」でも問題なさそうですよ。
 
 
 これがまたオイルと汁をよく吸いまくる!。何度か天地返しした後、くらい続けるうちにジワジワと吸い込んでるのが分かるほどで、この点も見た目ワイルドにして食べやすかったと感じます。冒頭はボソボソっとした雰囲気に麺風味がふわっと感じて香ばしい感覚。これが後半には汁と一体化したグルテンの旨味一色に頭が埋め尽くされます。ここにかなりクタリ気味のヤサイの感触と汁甘みが加わるので、まともにご飯感覚として旨し。ふむふむ・・・人気を集めるわけですな(笑)。
 
 
 
 
<味変化> 生姜ダレ:刻みニンニクとは違った清涼感伴う刺激感!脂に飲み込まれず全体的に凛と響く!
 
 案外とニンニクはスープの脂に飲み込まれて跡形消えます。やはり良かったよ・・・生姜ダレを押さえておいて。少し醤油が効いてますが、これを後半に入れると清涼感が生まれて一気に食べやすくなります。脂に完全に抑え込まれないで、風味が最後までしっかりと残ります。あのジリジリとした金属的な生姜の刺激は、ここではマイルド化されます。何なら脂の塊と一緒に生姜のカケラを乗せて食らってもよろしい。麺に乗せて食らうと一気に色が進み、「麺少なめ」にしたことを後悔するほど、胃袋と脳の食欲中枢がバカになって解放させてくれましょう。
 
 
 
 
<豚> トロトロ部分とスカスカ部分が入り混じる柔らか肉!天地返しで汁を吸わせて食ら旨さよ!
 
 写真の見た目以上にデカくて分厚い肉塊です。とても面白い部位で、端っこは脂もあってトロトロホクホクな蕩ける豚肉なんだけど、反対部分は肉質めいてややスカスカしておる。歯応えも適度にあってどちらかと言うと汁に沈めてから食らいたいと思わせます。一体どこの部位なのか。肩からかなり腕に近寄った部位のようにも感じますな。そう言えば最近、ガチ腕肉ってな肉にお目にかからんですが・・・スープ生成に回されているのか???。
 
 
 それにしてもすでに常連さんのリピートが凄いみたい。私の前後の方がそうでして、ご店主が親しげに話されてたが・・・彼らは共に豚増し。これはオレの僻みなのだが・・・豚増しの豚はともに異様に旨そうであった(爆)。これもサービス精神。
 
 
 
 
<ヤサイ> しっかりとクタリが浸透したモヤシ!これが富士丸系譜のヤサイなのだね!?
 
 個人的に一番勉強になったのがヤサイでした。富士丸系のヤサイってこうなんだって明確に知ることができたし、なんとなく本店にも乗り込みたい気になってきたかも。ヤサイはしっかり目にクタリを効かせたイメージ。これまでクタリ気味の二郎系もそれなりに食らってきたけど、ここまでのは中々なかったです。完全にクタリ切ったのはもっと山ほどあるんだけど、このややハード目なクタリ方がいいね。全体的にオイリーなスープ感を受け止めやすくしてくれるし、また汁を吐き出してくれて甘みをサッパリさせてくれてるイメージ。食い切れるのが不安でマシにしなかったが、「ちょい野菜」って設定もあるので、次回はそれだな!と確信いたします。
 
 
 
 
 総じまして「豚エキスのコクと甘み!ハードなオイリー感にマイルドな刺激感!富士丸スピリッツ感じるガッツリ感!」という感想。これは流行るなっと分かりやすい店であります。J系の中でもはっきりと個性があるし、接客丁寧でしかも美味い。食い終わって店外に出てみるが凄い行列の中に女性の姿もちらほら。麺半分だって三分の一だって快く受けてくれるし、それが恥ずかしくないので年配のラーメンファンも気後れ必要なし。現在助手くんのOJTのようだがもっともっと良くなるよこの店。激しくオススメ!。そんな応援と今後の発展を祈願しつつ、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
 
   空蒼し
   台風一過
   突き抜けて
 
 
 
   快気雄叫び
   復活爆食
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味中華そば+味玉」@中華そば 西のの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/13/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/6KNBZGy-AdM

<台風接近中でもめげずに営業!>
 
 台風19号大接近でございます。早朝からスゲー雨。午後からもっと酷くなる上に風が増す。この調子じゃどこも営業してないだろうなー・・・って思いつくところ片っ端からTwitterでチェックをしますが、ななななんと暴風雨の様子見ながら営業中とのメッセージを発見。それが「中華そば 西の」さん。東京西エリアのラーメン好き家族に大人気「小金井大勝軒」の元店長の独立店だね。こんな状況で孤軍奮闘してるんだったら、これは応援しに行かねばなるまい!。
 
 
 
 
<全体> 落ち着いた辣油感!優しい辛味感覚の中華そば!王道の安寧崩すことない麺顔!
 
 きっと寂しい店内なんだろうなー・・・なんて訪問してみたら真逆!。熱い常連さんたちが集まってた(汗)。まあ混雑ってほどでもないが、いい感じでアットホームです。私自身アウェーな感じもなかったですし、外の嵐とは打って変わって居心地もよし!。今回は前回未提供で食えなかった「辛味」を今回試すことといたしました。ほどなく配膳されたのは、こんな麺顔でした!。
 
 
 おおお!辛味ということでもっと攻撃性あると構えていたが、なんともナチュラルな中華そば感!。確かに辣油の影響でややオレンジ色に染まってますが、よくある「旨辛」「カラシビ」とは真逆の落ち着き感。まさしく中華そばを逸脱することなく、また崩すこともないようです。ラードのコーティングの真下に、微妙に浮かぶ背脂と辣油成分の混じり合うところが美しく、メンマの隙間に入り込んだりして見ていて飽きない。色白なチャーシューにゆっくりチョッカイを出すように染めんとする辣油も面白い。
 
 
 
<スープ> 背脂のゆったり感に自家製辣油が溶ける旨味は「余裕」ある辛味!醤油感や魚介感も損なわず!
 
 まず全体的に、ベースのスープがマスキングされないところがいいですね。こちらのスープは豚の旨味がしっかり煮出されており、しつこくないところが特徴。ラードも薄っすら感じる上に背脂が細かく見えるので、秋冬には嬉しい仕立てです。豚骨醤油!と分類するほどパンチは効いていないが、むしろ無骨に見せてそこが上品と言えるかと。そして魚介がしっかり目に溶けているのが私個人的には注目しているポイントでして、豚骨旨味に魚介が滲むところがダブルの甘味となっております。節や煮干だけって単純作業ではないと思うよきっと。
 
 
 そうそう!その魚介エッセンスが、流石に辛味・辣油や唐辛子のインパクトには飲み込まれるだろうな・・・と思ってたがむしろ逆。しっかり残っていたというレベルじゃなく、逆にしっかり存在感があったのが意外でした。味がカオス化する際、バランス変えて複雑さを面白くするだけのタイプではなく、辛味アドオンにして・・・元味を崩さず深みや高まりや広がりを感じさせる展開。これはいいね。
 
 
 全体的には「背脂」と「辛味だれ」という2トップ、2フォワードが旨さを牽引するってイメージで、グイグイと食い進められます。スープは体調考えて少し残そうと思ってたが、嗚呼やっぱりまんまと完飲してしまった(笑)。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:やや中太の縮れ麺!加水高めで密度感は中間レベル!グルテンに浸透するスープエキス!
 
 どうやらつけ麺も同じみたい。それくらいに、汁系としてはやや太さを感じます。そして縮れと捩れの強さ。もし平打ちだったら、すぐにでもピロピロ部分が発生することでしょう。これが常連の人気が高くて「特盛」が結構出てました。洗面器か!と思う丼があちこち配膳されて、関係ないオレなのにタジタジしてしまう・・・。
 
 
 案外に汁を吸い込むタイプです。潰し込みはそれほど強くなく、ストレス少ないグルテンって感じ。そこにじわじわと汁が浸透してゆきます。この吸い込んだ部分がライトで美味い!。ラードと辛味の辣油を潜り抜けてはエキスを貼りつかせるのですが、諸共にして奥歯で潰すと瞬時に糖化が進むような旨さの一体感!。病み上がりの身体とは思えぬ食うスピードの早さよ・・・ここでは大盛り必須かもしれません。
 
 
 見た目の通り、表面はツルツルにしてボコボコしたフォルムですので、口当たり・舌触り・内頬や喉奥のタッチ・喉越しシルエットなど・・・優しくて明確!。あまり噛まずに飲み込みがちな人なら、ググッと楽しめるタイプでありましょう。
 
 
 
 
<チャーシュー> 上品な豚のロース肉!薄味をそのまま味わうも良し!汁を浸し切って食らうのも良し!
 
 ロース肉のようす。注文を受けてから、調理手袋をいちいちはめてから必要分だけスライスカット。デフォルトで2枚供されます。切り口の薄いピンク色が好印象で見た目通り薄味。こちらではアルコール類が未提供なのが残念ですが、これは酒に合うタイプの淡麗肉味。そのまま食らうのも良しだが、酒がないならググッと汁に沈めてから食らうのが旨いです。特に今回は辛味をプラスしておりますので、淡白な旨味に辛味が付いてアクセントがつくかと思われます。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> フレッシュ感ありつつ・・・薄めの出汁が深く浸透してマチュアな旨味が深い!
 
 色白の味玉で、薄味浸透か塩ダレタイプかのどちらかとわかります。これは前者なのですが、予めハーフカットされてる為に、食う仕草でスープが激しく揺れますから、味玉にもスープがかなり付着します。そんな状態で食いますが、見た目がフレッシュな反面、味わいは濃密でマチュアな味風景。じっとりと熟成した卵黄の旨味が広がり、舌にまとわりつきます。やっぱりスープも混じって濃密な味をアクセラレートさせてる部分はありますが、これは確かに旨いぜ。麺大盛りに躊躇したなら是非!こちらの味玉追加でいかがでしょう!。損は決してしませんぜ。嗚呼、やっぱり今回もそうだったか・・・味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「嵐の騒がしさも忘れてしまうほっこり感覚!辛さもマイルド!安らぐ辛味感覚!」という感想。今回は、台風接近という暴風雨の中、食えただけでも拾いもんなんだけど、これだけ旨いとさらにラッキーって言葉じゃ足らない気がしますねー。こりゃ天気が良い日でもまた来なきゃ。西東京市のラーメン熱が最近上昇中ですが、この勢いで地道にプレゼンスを上げてください。ここも激しくオススメ!。そんな応援とこんな嵐の中で食えた感謝を込めながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   駅前も
   嵐近づき
   閑散と
 
 
 
   負けず営業
   気合いも嬉し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「生ビール → 特製担々麺」@鶏そば 山もとの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/12/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/ScmJic6Ytao

<病床から起き上がり・・・平日昼短時間のみと言うハードル高い店で復活の一杯!>
 
 急に珍しい時期にインフルエンザを発症してしまいまして、少しの間で床に伏せっておりました。ようやく万全ではないものの、普段の生活に戻れるようになったため、あまり無理をせずホームの三鷹駅界隈で、拉麺活動再開です。「中華そば みたか」が良いかなと頭をよぎりましたが、いつも昼だけ&短時間という高い店「山もと」さんへとやって参りました。開店時期から実に久しぶり。開店当初からメニューも広がっていて、醤油どころか担々麺まで加わってる!。へー・・・今回は、新境地の味を試すことで「特製担々麺」とさせてもらいました。
 
 
 
 
<酒> まずは復活祝いで生ビール!うすはりグラスが余計に旨さを演出!
 
 さてその前に快気祝い!生ビールでございます。少し小ぶりに見えますが、うすはりグラスなので実用量よりは小さく見えてしまうかも。私もこのグラス持ってたのですが、買った一週間後に息子に破られました(笑)。そしてクラフトビールのようなきめ細やかさだし、旨さに感じるのはグラスのためか?。実に美味いし、さすが夜の店だけあって、ビールの注ぎがプロ級なのかもしれません。実は一番搾りかラガーだったりするんじゃないかと(爆)。注ぎ方とグラスで、ビールは最高レベルまで引き上げることができるのかもしれません。400円!ちょいと一口以上の質感の高さは保証しまっせ!。
 
 
 
 
<全体> 挽肉の無い担々麺!さらりとした出汁感に胡麻と辣油のボディ感!何と言っても中央の薬味のすごみ!
 
 おおお!挽肉無いやん!これは担々麺で初めて!。しかし補うに余りある個性的な物体。それは分厚い一枚肉と・・・漆黒のペースト。肉は炙りが入っており肉厚なのがありありでわかる。だが漆黒ペーストがよく分からん。配膳されて食いながら、ヒントをもらうのに店の蘊蓄書きをチェックしましたが、どうもそれは「豆豉醤」だと知ります。味は知ってるけど、こんなにしっかりと食らうことは初めて。
 
 
 
 
<スープ> ベースの鶏豚感がしなやかで辣油は穏やか!薬味のネギも気持ち良いが白胡麻の香ばしさが上品にアピール!
 
 ラーメンヲタクになるとね、こういう場合、最初から豆豉醤をかき混ぜない。前後を楽しむというか一種の狂気ってやつですな。まずはベースのスープから味わうが、これは中々お優しい味わいに、ベーススープの旨味がしっかり感じ取れるもの。鶏ガラ得意なのは、前回の塩で体験済みだが、豚も今回は感じられて馴染みやすくて味わいやすい。担々麺特有の、辛さや痺れはかなり抑え気味。旨味をマスキングしない配慮かと思われます。
  
 実に薬味ネギもたくさん入っており、スープをすするだけでもザクザクといただける様子。そして白胡麻の香ばしさがいいね!実に香ばしくフレッシュなほどに。芝麻醤は排除したかかなり抑えこんだ様子。担々麺の味付けは、定義があるようで無いようなきませんか?。
  
 大体、芝麻醤・甜麺醤が味の代表格だが、さらにコチジャン・XO醤・味噌が入ったりするし、今回は豆豉醤が入る。山椒だってハードに入る場合があったりなかったり、辣油もドロドロな部分を入れたり入れなったり。酢もそうだ、入ったり入らんかったり、搾菜の微塵切りやハッカクもその仲間の一つ。そう考えると、これはとてもライトだ。芝麻醤の代わりに白胡麻を活用しているし、辣油の刺激も柔らかく、何よりベースのスープが実力的って感じで美味しく飲めるのだ!
 
 
 
 
<薬味> 豆豉醤:豆豉とXO醬のペースト!この一杯のテーマは全てここにあるかも!!
 
 多分、薬味がないと成立しないよね。丁寧だけどフツーな感じで終わってしまう。そこで「豆豉醤」を溶かすのです。蘊蓄書きによると「米油で風味を引き出した豆豉をXO醤と合わせた」ものらしい。おお・・・個性と個性のぶつかり合い。豆豉は中国食品店に行くとわかるが黒大豆なんだよね。そしてどこかカビた様なお姿。如何にも発酵していることが伺え風味が強いのです。
  
 一方、XO醤はいろんなブレンドで変化があり、一つのイメージができてないのだが、一番押さえているのが「干しエビ・干し貝柱」の魚介乾物のエキスに、ニンニク等の香味が溶けている記憶。このブレンドの妙が個性なんでしょうね。よく南浦和の独身時代には、小生意気にXO醬をスーパーで買っては、すぐ冷蔵庫でカビを生えさせてた(笑)。
  
 溶かす前に少し舐める。そしてゆっくり溶かす。嗚呼・・・これは大人の味わいだね。豆豉の風味が実に力強いが、くどくなく入ってゆく。酒飲みが好む味わいだなこれは(笑)。ベースの淡々スープが動物系なので、全くない味の深み!味の軸が生まれた感覚で、一気に旨さがトランスフォームされたかのよう。これは好き嫌いあるかもだが、誤解生みそうな表現しか思いつかないが、暗い旨味・深い滋味って感覚です。これ単体ではちょっと酒も進まんが、溶かすとスープに落ち着きが生まれ、旨さを説得力してくる様な気迫。XO醤や米油の印象はつかめなかったが、きっと食べやすくするのに貢献してるの確実。これは個別に瓶詰めにして売ってくれ!。今度、塚田牧場でよくもらった容器を持って伺います(嘘です)。
 
 
 
 
<麺> クスクスと密度感低めな歯応え!汁に絡み浸透する旨味!中心部の淡い粉感を楽しめ!
 
 麺も美味いし合ってるよね。細麺以外にも平打ち・手揉みってのも選べる様になったんだから、進化のペースも早い!。そしてやっぱり私は、細麺派なのだな。加水はやや低めで、密度感はやや低め。スープの持ち上げがよろしい上に、スープが少々粘度あるからよく絡みます。そして浸透もゆっくりとしてゆく感じ。
  
 外側は淡々スープが染み込んだ一体感。クチリと奥歯で潰すと溢れる唾液ですぐにも旨味に変化してゆく。しなやかな腰だから余計にそう感じます。しかし中心部は若干の乾きが残ってる感じで、ここがまた風味を頑張ってキープしてくれてる。くちっと潰した旨味の前には、実はふわっとした麺自体の風合いを感じます。このどこか2層的な感覚が、妄想ではあるがとても美味いと感じた次第です。
 
 
 
 
<チャーシュー> 存在感ありありの分厚い一枚肉!焙りも効いて香りと甘みを咀嚼で楽しめ!
 
 最初、担々麺なのに挽肉なかったから少々驚きましたが、その代替して余りある実力でした。見事な分厚さと面積ある豚バラの一枚肉。一見ローストかと思いきや、齧ると煮豚タイプで表面はバーナー炙りって感じです。これが実に程よい歯ごたえがあり、咀嚼の喜びを感じる。また全体的にさっぱりしているので、場合によっては、山椒を少し振りかけてみるのも一興でしょう。シンプルな味わいなので、スープに浸して食うのも旨し!。
 
 
 
 
<ワンタン> デカ!そして2個も!海老と豚肉の粗挽がシンプルに美味い上に大葉の香りが鼻腔を抜ける!
 
 デカいのはワンタンもそう。2個入ってますが沈んで目立たないだけで、引き上げると麺顔の三分の一は占めます。皮も餡もデカい。皮はトゥルトゥルで味よりも舌触りと滑りが全てって感じ。そして餡は「海老身と粗挽き豚挽肉」の塩味系のさっぱり旨味です。もう点心と言うよりご飯のおかず的な存在感ですが、そんな満腹感を誘うと同時に、大葉の風流な香味もさらっと覗かせてとても風味が良い。これならビールを追加したいところだが・・・病み上がりだし、胃袋も縮小している様で、やめときました。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> とても素直な卵味!まるで薄い塩だれが深く浸ったようなナチュラルテイスト!
 
 味玉がすごくシンプルな旨さだったのが印象的。傾向としては塩だれ系かと思われる色合いが薄いタイプ。白醤油だと言われると素直に謝る。そうすぐに謝ろうと思うのは和出汁の浸透が仄かに感じるというイメージで、ナチュラルな玉子テイストが味わえます。トロトロな卵黄は粘度が緩く舌に絡みつく。しかし・・・担々麺で、しかも豆豉醤が溶けた個性的なスープには若干雰囲気に飲み込まれた印象はあった様です。しかし上品淡麗でよくできてる!。嗚呼やっぱり・・・味玉にハズレはなかった!。
 
 
 
 
 総じまして「豆豉醤を溶かすビフォアー・アフターの急展開!ライトさと濃密さを合わせもつ崇高オリジナル担々麺!」と言う感想。薬味を楽しむ以外にも、麺を太く変えてみるとか、いろいろバリエーションも楽しめそう。元気だったら白飯を最後に丼にぶっ込みたくなりますが、ちょっとハイセンスな地下空間なので、店ご自慢のサイドメニューの方をお勧めします。ちょっと訪問ハードル高いけど・・・三鷹で正午に来る機会があれば、一度はいかが?激しくオススメ!。そんな応援と今後の更なる飛躍を感じながら、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   病伏せ
   夜のしじまを
   乗り越えて
 
 
 
   久々食らう
   拉麺沁みる
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「キリン一番搾り生小瓶 → つけ担々麺」@中野大勝軒の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/11/000000
とまそんのYouTube: https://www.youtube.com/watch?v=xI0NnZT5Mgg

<インフルエンザに気付く前の一杯・・・・>
 
 上期追い込みで疲れが溜まっていたのか・・・。体調悪かったのでひたすらに爆睡しました。きっと風邪だったのか?。ユンケルとバファリン1錠を飲むのは、オレ的風邪封じなんですが、何と一気に翌朝回復!(・・・した気でいた)。
 
 
 早く起きすぎてやることないから、早く開店する近場の店へ。青葉@中野は前日行ったばかりだし、ここは久しぶりに「中華そばみたか」へ足を伸ばそうという流れへ。ところが定休日だったのをすっかり忘れており、代案として「中野大勝軒」へとやってまいりました。ここも、10時30分の開店直後はいつも満席に近い。朝からビールを煽る地元客など、中野では見慣れた光景。運良くすぐに座れた私は、限定メニューで未食である「つけ担々麺」を今回チョイスさせていただきました!。
 
 
 
 
<酒> キリン一番搾り:飲むと気持ち崩れて笑顔哉・・・ライバルは鈴木亮平!
 
 病み上がりだが飲むよ。でも控えめに今回は小瓶。ちなみに中瓶になるとアサヒスーパードライになるみたい。厨房奥に並んでた瓶の列を見ると。
 
 
 しかし小瓶ってのがまたいいね!。適度に酒を堪能できて腹が膨れん。一番搾りも体調によっては重く感じることもあるから小瓶で良いかも。
 
 
 いつものメンマとネギのアテを摘まみながら・・・ゆっくり飲み始める。健康ってやっぱりありがたい。酒が飲めるってありがたいなんてー。
 
 
 
 
 
<全体> たとえ担々麺になろうとも中野大勝軒って個性は全面にありありだな^_^
 
 それにしても、中華料理店でなく、ラーメン店として担々麺をだすのがホントに当たり前になりましたね。10年前なんか、それなりに情報不足もあって探すの大変だったんですよ確か・・・。今では汁なし担々麺当たり前。ラーメンのジャンル拡大って本当に早い・・・。そんな妄想を重ねつつ、配膳された麺顔はこんな感じでした。
 
 
 おおお!これは担々麺の個性より、「中野大勝軒つけそば」の個性の方がはるかに上回る!。唐辛子と辣油が溶けるオレンジ色のスープは、アピールすれど大勝軒つけそば感を決して逸脱しませんね。麺皿がつけそばのまんまだからそれは仕方がないのだが。店の雰囲気、味の伝統、重ねる歴史等保持しながら、令和の新しい試みも攻めの姿勢か!?。
 
 
 
 
<つけダレ> 非常にいつもの出汁が効いて刺激少なく安寧のマイルドライト感なのだ!
 
 いわゆる昭和の町中華で見られるような、少し懐かしみを覚える担々スープ。そんな感じでしょうか。歳を重ねていくと、新しい物にも貪欲にと思うんだけど、特に体調優れないのもあって、和みの風合いが実に好印象です。
 
 
 刺激はかなり低い。そしてつけダレらしからぬ穏やかなでサラサラな濃度感で、このままグビグビ飲み干しても問題無いレベル。むしろスープ割すると淡くなるので避けたいと思うほどです。これで完成形。辣油基調で微妙に唐辛子も溶けていますが、痺れ皆無で挽肉と絡むと、庶民的レトロ担々麺って感じです。初めて食うのに懐かしいー。
 
 
 ベースの出汁が灰褐色の軽い濁り。黒ごま白ごまが溶けたようなコクがあるが、これも実はあっさり系。芝麻醤と騒ぐほどではありません。それよりやはり王道の、醤油つけだれに似た柔らかさを感じますねー。実に安寧のマイルド感!そして食べ易く親しみ覚えるライト感ですよ!。
 
 
 
 
<麺> やはり大勝軒!と思わせる!引き締まるモッチリ感と風味の馴染み!多加水中太ストレート麺!
 
 やはり麺が旨いよ中野は。丸長本店@荻窪も同じようなイメージなんだが、こっちは捩れも少なく、実はすっきりストレートっぽくて美しさすら感じるかも。バリカタ対応もしてくれますので、麺自体の風合いと旨味には、自信ありって感じです。ひょっとしたら、いい塩が有ればそれだけで半分くらい食えるかも。モッチリと緩やかな物腰は、いつもの通りなれど流水で引き締まった部分が、これから始まるグルテンと唾液による糖化をイメージさせるね。
 
 
 水切り完璧。冷えすぎず粗熱除去はしっかりめ。プツリプツリと前歯で噛み締めて、最後の瞬間「プリン!」と感じる断末魔がいい感じー。後はつけダレ諸共啜り上げるが、タレの浸透感より濡れただけって感覚ですが、元から少し貼りつきある地肌感でしたから、タレの抜けも少なく程よくキープで、担々つけダレにマッチします。
 
 
 後はもうプリプリモチモチシコシコって感じで奥歯で潰しながら旨さを堪能。中太麺ながら啜り上げで暴れにくいので、慣れてからはいつものズボボボボボーーーーーって啜るパワーで一気一気に完食です。後客のクセに最初に店を出てゆくせわしなさ哉。
 
 
 
 
<具材> 中野大勝軒お勝手流担々!挽肉はライトで、いつものモヤシ・メンマも拒絶感なく馴染むイメージ!
 
 いつもの野菜ラーメン・野菜つけそばと同じ感覚。そこに挽肉が加わっておりそれも別に、豆板醤・甜麺醤・味噌・辣油・唐辛子で炒めまくった・・・と言う代物ではありません。ただ、担々つけダレとはよく馴染む。全体的にはバランスよい挽肉で、結局これを全て救い上げて食い尽くしたい!残せない旨さ!なわけで、汁を飲み干すのだわ!。最後の逃げ回ってた挽肉を一網打尽にして食い尽くすのが担々麺の礼儀ってものかもしれません。
 
 
 
 
 
 総じまして「お勝手流の遊び心!大勝軒風和やか担々つけそば!」と言う感想。結局、これ食って少し興奮してしまい、また体温が上がってしまったかも。病み上がりなら、少しでも優しい麺類の饂飩食っとけって話でしょうが、またしてもラヲタ魂でやらかしてしまいました。備えに、残りを使い切ったバファリンと、ユンケルを買い足して家路へとつきました。やっぱり、王道大勝軒中野旨し!オススメ!。そんな今後の応援と期待を続けながら、とっとと最後に詠って、いつものように閉めたいと思います!。
 
 
 
   風邪治り
   身体浮つく
   雨の街
 
 
 
   いつもの店で
   馴染むつけそば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!

 PS ・・・そしてこの日の午後3時あたりからインフルエンザの地獄をみます(泣)。駆け込んだ病院内では、今シーズン2人目!。ファーストレビュアー逃した気分と似ている(嘘です)。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 19件

「特製中華そば+ゆず唐辛子(サービス)」@中華そば 青葉 中野本店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/10/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/zVkHbnXqK6k

<妙に「青葉」が食いたくなる瞬間!>
 
 急にどうしようもなく、食べたくなる味・・・それが私にとって「中華そば 青葉」であります。令和となっては珍しい味ではないけれど、ラーメン好きのDNAに訴えかけるのか組み替えられたのか、週末のある日、天気もよくラーメン遠征日和だったのを押しのけて、中野本店へと伺いました。
 
 さて令和になるにあたり、平成をラーメンで振り返ってみました。平成は個人的にはラーメン元禄時代と思えるほど百花繚乱。その中で、今の有名店が1996年に次々と開業され、それらを「花の96年組」と呼ばれています。もちろん、そのうちの一つが「中華そば青葉」。ざざっと平成30年間余りの変化を14店に並べてみましたので、ご興味があれば・・・。
 
 【実録】平成のラーメンムーブメント総括!代表的ラーメン店14選
  https://www.ramentabete.com/entry/heisei_ramen
 
 
 
 
<全体> 平成の傑作中華そば!もはや令和ではオーディナリーな質実豊かなライト豚骨魚介の安心感!
 
 こちらは、10時30分に開店。朝とも昼ともつかない時間帯ですが、休日ともなるとそんな時間帯でもすぐに混み合うという状況です。まさしく青葉の信者か中毒者か(笑)。この店の客層が礼儀正しい店って感じですが、すぐ近くの24時間酒場は盛り上がってたりして・・・ホント中野は面白い。そんな雰囲気を感じながら配膳を受けたのがこの麺顔です。
 
 おおお!もはや見慣れすぎて目新しさはないけれど・・・これが中華そばってなアイコンに近い存在感が立派です。今回は特製にしてみましたが、見慣れすぎて特製の有難さが正直薄い(笑)。しかし、程なく嗚呼、あの味だよと安寧な喜びへと変化します。平成の傑作中華そばは、拡大流布がすすみコモディティ化が進む中・・・この青葉だけは、どの店にいっても同じ感動を与えるいい店ですよね。だから本店だからといって、特別なことがないのがむしろさすがと言えましょう。
 
 
 
 
<スープ> ダブルエキスでコク旨健在!ペッパーが和風出汁に溶け込み食欲増幅更に倍!
 
 ご存知、「魚介系」と「動物系の白湯」の合わせワザ。ダブルスープと世間を騒がせた出汁は、今や先端から王道へと移り変わったイメージ。体調によって魚介先行だったり、動物系を甘く感じたりしますが、やはり魚介の方のバランスが非常に良いねー。煮干の甘み感がしっかりと出ているし、しかもそれが複雑。複雑なんだけどライトに食わせるナイスバランスが見事!。そして溶け込む白湯の受け止め。
 
 やはり、ライトスープで食べ応えを感じさせるとなると、動物系が欠かせないからね・・・。魚介に負けずカオスな旨味で、豚骨とも鶏ガラとも判別つかず。ブレンドなんだろうが、どちらがメインかは拮抗した感覚です。出だしからスープばかり飲み始めて、側から見えれば気持ち悪い客だったろうね・・・。
 
 そしてブラックペッパーがやはりいい!。チャーシューにかかったのが、自然にスープに落ちて溶けるのだが・・・これがまた新たな旨味扉を開けるのだ。滑らかな味の中に、ちょっと尖った刺激があると妙に際立つのであって、食欲が一気に刺激されてしまいます。だからこんなことなら、麺大盛りにしておけば良かったといつも後悔してしまう・・・。
 
 
 
 
<麺> もちもちプリプリの多加水玉子麺!微妙に平打ち捩れボコついて素朴感の中に明るさ感じる食感楽しい!
 
 青葉ではスープの方に意識が向かいがちで、余り麺がフューチャーされないんですが、ライトな魚介豚骨には非常に馴染みが良いため、スルーされがちなんでしょうかね。密度は余り感じないけど、加水の高さと薄く黄色い色合い。汁系ではやや一回り太めで、微妙に平打ちのような気がします。またストレートのようで、ボコ付きが全体的にあり、そのくせ捩れは余りない。不思議なボコボコ感だけど、そこが啜りの滑らかさと軽いタッチ感を生み出し、麺食ってる!って感覚にさせてくれます。
 
 風味よりは、汁との一体感が全てって感じ。汁の浸透感というより、濡れた程度でも滑りが吸着するので、しっかり出汁旨味とグルテンの一体感が楽しめます。ツルツルとした食感は、子供ウケもしそうだしもちろん大人も。プツプツと小気味よくちぎれるところが、チャーシューやメンマなどのトッピングと食うときに、一体感あって楽しめる感覚ですかねー。
 
 
 
<チャーシュー> スープ生成に貢献して脂が抜けた状態がむしろ旨い!元味と出汁味の融合で解れる柔らかさ!
 
 部分的に多く脂が差していたから・・・肩ロースかな。これはきっちりとスープ生成でエキス後見したと思われ、良い意味でスカッと全体的にしています。ただのままでも旨い。周囲のタレが浸透してるところなど、白飯と一緒に食いたいと思わせるほど。またスープを吸いやすいところもあり、本来おチャーシューとしての肉エキス・・・そしてダブルエキススープを吸い込んで合体して・・・更に上の旨味へと高めてくれます。嗚呼、やっぱり特製にしといて良かったよ!。
 
 
 
 
<味変化> ゆず唐辛子:本来つけ麺用も・・・ゆず好き・辛子好きなら無問題に頼むべき!
 
 後半は、味変化を楽しみましょう。本来、つけ麺用らしい「ゆず唐辛子」なのですが、汁系に溶かしても面白いです。ゆずが苦手な人でも、ゆずが尖らず淡い清涼感として感じる程度。また辛さも全く尖らず、むしろ熟成したマイルド感すら覚える。レンゲに移し替えてゆっくりと溶かしこみましょう。半分づつレンゲで溶かしながら、段階的に調整するのがオススメかと!。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 波打った切り口!浸した出汁がスープ一体感あり見境なく蕩ける旨さ!
 
 タコ糸で切り口が波打つようにカットされた味玉。トロトロ部分と固茹で部分がはっきり目に共存したような風貌で、単体で食うと淡い甘目の出汁の深い浸透を感じて旨いです。しかしこれは、レンゲですくってスープもろとも食うのが一番かと!。ダブルエキスのスープに大変マッチングがよく、一体感が楽しい旨さ。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「平成ラーメン史の金字塔のひとつ!中野のランドマーク的プレゼンスの崇高中華そば!」と言う感動!。もうこれは不動の旨さで、私の命が尽きる頃まで、いやそれ以降永遠に存在する味わいだと思えてなりません。おそらくまた次も、渇望するようにここを訪問することでしょう。たまには平成の名作中華そばで、ラーメン人生振り返ってはいかがでしょうか?。激しくオススメ!。そんな応援とますますの期待を込めながら、とっとと最後に詠って、いつもの通りに締めたいと思います!。
 
 
 
   空高く
   青葉が映える
   街の樹哉
 
 
   路地裏逃れ
   青葉が旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 6件

「特製三位一体 + 玉子かけご飯」@中華そば 和渦 TOKYOの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/09/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/rrnhxcnecYk

<生まれ変わった和渦!2度目の訪問!益々落ち着いたいい店になってきたよ>
 
 今回は、前回醤油系に続き、塩そばを狙ってきたんだけど・・・「三位一体」という言う張り紙に気持ち全てが吸い込まれてしまいました。限定とか特製にやっぱり弱いオレなので、どうせならどっちもやってしまえと、今回は「特製三位一体」です。それと、欠かすことのできない「玉子かけご飯」も忘れずに!
 
 
 
<全体> スープの三位一体構成よりも・・・特製の賑やかさに嬉しい圧倒を覚えるね!
 
 入店すると店の空気感がいいよね。マリオットホテルの下にはJR東海・東日本の電車が景色よく走る抜ける。そしてフロア担当の女性がキレイでフレンドリー。フロアでの手持ちぶたさタイミングでも、定位置にポジショニングで見守ってますよ!。本当に気持ち良い中華そば店になったものだ。そして旨さも相変わらず。そんなナイスな一杯はこんな麺顔をしながら目の前に現れました。
 
 
 おおお!当然出汁に注目なんだが、麺顔のトッピングがゴージャス過ぎて汁が見えん!ここまでやってくれると流石特製と唸りたくなるよね。肉の多さに目が行きがちだが、ワンタンだってデカいよ。これで味玉がホールで1個あるのなら完璧満足感なんだろうが・・・しかし他がとにかく贅沢だから全然許せるね。スープの色合いを意地で見分けますが、何とも淡麗さと柔らかさが織りなす塩だれ感覚。焦って動画メモをスローモーションで撮影してしまったよ(笑)。
 
 
 
 
<スープ> ファーストコンタクトは蜆!柔らかい滋味のあとは鶏出汁の静かな煮出し!飲み干すころにはさば煮干の旨味溢れる
 
 こちらの「三位一体」は限定品なのですが、日によってエキス構成が違うという展開です。今回は「サバ煮干し×鶏×蜆」と言う構成。日ごろ酒の飲み過ぎなオレにとっては蜆がありがたい。そんな勝手に薬膳感覚で味わいはじめましたが、最初の味風景に残るのは「蜆」からでした。ふわっと香る程度の貝エキス。やはり淡水系の旨味というか・・・派手さはないが素朴にもジワジワと来る貝エキスがいいね。
 
 
 続いて広く感じるのは自慢の地鶏スープの鶏エキス。鶏油系の濃密さは皆無だが、鶏ガラの煮出しによる丁寧さというか、ストレスを全く感じさせない旨味感。良い鶏は脂が綺麗だとか言うが、まさにそんな感覚で、煮干の含みもあって素朴にも見えるが、実は柔らかい旨味と透明化に溢れる旨味だと思われますよ。
 
 
 麺を食い終わってスープの完飲に向かいだすと、サバ煮干しらしい魚介の甘さを明確に感じます。珍しいね・・・。アジ煮干しはよく見かけるんだが。以前、ちょっといい店で飲んだときの酒のアテが「サバ煮干し」で、おつまみ的に旨かった記憶。それにしても円やかだね~。魚肉の乾燥して熟したアミノ酸が丁寧に煮出されています。鶏の上品な旨味とよく調和するし・・・。最後の時点では、蜆の風味は舌が慣れきってしまって、鶏とサバの競演をひたすら堪能です。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:加水の高さと弱い平型フォルム!伸びやかさのあるモチモチテイスト!
 
 麺が意外にも明るい目の多加水感覚でした。少し平型な形状でとても明るいクリーム色。表面も艶めいていて、啜りの良さを感じ取ります。捩れているようで、実はきれいなストレート麺?。通常の細麺より一回り分厚く感じますが、ちゅるちゅるとした滑らかさが印象的です。これは汁を吸い込むタイプで、汁持ち上げもよろしく、まさに三位一体スープもろとも味わってくれというメッセージ。
 
 
 前歯の歯切れもプツプツと着込みよいし、肉のハードさに比べればライトで対照的です。奥歯でもクチクチとよく潰れるし、出汁の旨味とグルテンの旨みがよい一体感!。密度感がそれほど高くないので、明るいモチモ感もあると思います。伸びやかさのあるモチモチテイスト!って感覚でしょうかね・・・。
 
 
 
 
<チャーシュー> ゴージャスな感覚!ひょっとして三位一体に対抗して4種の部位があったのか?
 
 実はチャーシューがかなり好み!多少無意識に食ってしまったが、ひょっとして「ロース・肩ロース・ヒレ・モモ」と4種類入ってたのかも?と、写真整理をして考えてます。全部写真メモ撮れてない〜。どれもタレに程よく漬けられたイメージで、周囲のロースト部分が深い醤油褐色です。部分的に脂に浸透してるところが実は好みだったりします。
 
 
 バラ肉はすごく脂がスープ熱で溶け出しており見るからに艶やか!。三元豚らしい肉繊維の細かさに加え脂のサラリ感で肉が上品にも感じしまうー。また肩ロースは身が薄いさくら色をしており見るからに薄味上品。ところが大胆に食うと周囲に深く浸透したタレ味で冷酒を欲する旨さに変貌です。
 
 
 ここから先の記憶がかなり飛んでるー。歯応え感からヒレ肉だと思ってるが、これはタレもうまいが三位一体出汁との相性が抜群!脂が少ないけど紙締める楽しさ旨さがそこにあります。残る一枚は・・・あっさりと柔らかく食えたような記憶。ここまで来れば腿肉であって欲しいがそりゃないかー。汁が三位一体なら、肉は四身一体でゴロがいいんだがねー。
 
 
 
 
<ワンタン> 皮が大判で滑らかで汁吸って味がするタイプ!肉餡は・・・強いといたスパイス風味!ハッカク??
 
 チャーシューも見事でしたが、ワンタンも負けておりません。皮が異様に旨かったのだがこれも自家製かどうかは不明。しっかりと出汁味を吸い取って、皮自体の緩い滑りさえ旨しと思える代物です。肉餡は鶏豚粗合挽きのシンプルな旨さで、塩気と軽い胡椒で十分満足な味わい。少し香味が入ってるなと感じてつぎを食うが・・・面白い東洋のスパイス感がほのかに香る!。滑りが良いから気がついたら飲み込んでしまってた(笑)。何だかんだハッカクに近い風合いを感じた次第・・・。旨し!
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 元の漬け出汁の円やかな浸透に・・・三位一体出汁風合で濡れる旨さ!
 
 ハーフ味玉。もう卵黄はブランド物だと思える艶かしいディープオレンジ。タレじゃなく淡麗な出汁が染みてる感じで、見た目以上にマチュアな甘味を発します。ところがハーフだからずいぶんと食らうまでにスープの波を食らったようだ。マチュアな甘味に三位一体の旨味が溶けて、これも美味いと唸ってしまう。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなし!
 
 
 
 
<玉子かけご飯> 消費税アップに負けないサイドメニュー!値上げせず単価50円続行!しかも内容も濃ゆい!
 
 消費税が上がっても、再度メニューのミニ丼は今日も50円。本当に頭が下がります。味玉で質の高さを証明した卵黄がとろっとろですよ。鶏そぼろがケチってないし、ほんの少しナマ醤油かけてあって実に美味そうです。これは50円ではかなり申し訳ないうまさ!恐らく間違いなく、この店に通うときは必ずこれを追加し続けると思います。
 
 
 
 
 総じまして「旨さ!美しさ!ホスピタリティ!出汁とサービスも共に三位一体なる崇高中華そば」と言う感動。ここはもっと訪問を重ねるつもり。うまさ!美しさ!ホスピタリティ!の素晴らしき三位一体中華そば店。ツベコベ言わず一回食っとけ東京のラーメンファンなら!激しくオススメ!そんな応援と今後の発展期待を感じつつ・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!
 
 
 
   雨過ぎて
   季節外れの
   南風
 
 
 
   汗掻き辿る
   魅惑和渦そば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「特製中華そば」@中華そば 竹むらの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/08/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/0u7WDeVuEt8

<思い出すとすご〜く食べたくなる明るい醤油系!>
 
 この日は昼飯タイムはガッツリと全部資料作りにささげたので、午後は移動ついでに遅れてJR目黒駅界隈で食いました。東口に向かえば「麺や維新」。西口に向かば「中華そば 竹むら」。そう思いつくなか、訪問回数がまだ少ない、「中華そば竹むら」へ・・・。いざ店に近づくとおおお・・・外待ち行列!!(泣)。違いました、隣のとんかつ屋の行列でした(笑)。それにしても凄い人気だな・・・・ちょっと後で調べとこ。店前の写真メモを撮り終えて早速中へ。
 
 
 
<全体> まるでバックライトでも当たるようなピカピカ明るい鶏油と醤油の漲るパワー!
 
 おおお!照明の加減もあるが見るからに麺顔全体が眩しい程に明るいやないの!。いかにも鶏油系のコクが溶けているのが分かり、ゆったりとした香味油の帯が雲のように流れております。そして澄み切ってるベースのスープもさることながら、醤油の色合いが濃ゆいはずなのに透けて見えるような明るさじゃないか!。今回も特製にしたため、肉感を始めメンマも増量アップで味玉も追加・・・なんとも明るく豪華な丼風景なのだ。
 
 
 
 
<スープ> 円やか醤油とコク甘鶏油だけではない!干し椎茸の滋味も滲むのだ!
 
 レンゲもスープの色合いをご覧あれとばかり凹みにスープが覗くよ。もはや醤油ブラウンではなく、鶏油が溶けてディープオレンジとでも感じてしまう。旨いに決まってるやつ、分かり切った旨さをゆっくりと味わい始めますが、思わず一口目から深いため息がでます。鶏油が映える醤油感。醤油のカエシ感覚はそれなりにキッパリとしているのに、分厚い鶏旨味が全体を覆うように深くまとめ上げ、醤油味のはずなのに、甘味と感じてしまうほど。ベースの鶏ガラ煮出しも丁寧なんだろう・・・透明度がハンパないっす。
 
 
 また「飽きない」ところが今回は印象的。鶏油って多いと後半に重く感じるもんだが、これだけ芳醇な鶏コクなのに最後まで一定に飲み味わいつづけられる。明るくはしゃぎすぎただけじゃなく、どこか落ち着きがあるんだろうね・・・・。すぐに魚介とイメージを結び付けるが、煮干どころか節系さえ感じることができず、埋もれているだけなのか??。ただ、円やかな甘味についてはピンと来たところがあって、これは干し椎茸の煮汁が入ってるんじゃないかと推察いたしますがいかが?。昔実家の京都では、地元の麺類屋はかならずこれを多用しており、上京してしまうとすぐその味に反応してしまうんだがね・・・。
 
 
 
 
<麺> しっかり汁を吸い込むがクツクツ歯応えの芯が実に風味良し!替玉の誘惑!
 
 麺が旨し!。綺麗に整えられたストレート細麺は捩れなど一切なく、見ていると丼の中の枯山水のように感じます。最初の見た目は、鶏芳醇なスープをしっかり吸い込もうとしているなと分かるんですが、いざ持ち上げてみるとイメージが違う。微妙に全粒が混じっているようで、白い地肌が風味を感じさせるかも。啜りはスープの持ち上げがとてもよろしいのでとても楽。そして前歯を立てて力を入れると・・・・意外にパツっとした風合いをアピールします。
 
 
 老眼始まってるとは言え、麺の切り口に芯がしっかりと確認できます。そして周囲の部分はそれなりに鶏醤油出汁が浸透しつつあり、それなりに炭水化物と一体化する味わい。染みこんだ旨味と淡く乾いた風合いが両方楽しめるような仕上がりがナイスで、これなら替え玉したくなるぜ。とは言え・・・かなり前半で飛ばしてしまい、汁を結構飲んでしまったため、替玉どころではなくなってしまったかも(笑)。
 
 
 
 
<チャーシュー> 下味の浸透感じさせ・・・香ばしさも残す腿肉スライス旨し!
 
 とても上品な味わいのローストポークなイメージもあるチャーシュー。とてもきめ細かい肉繊維でフカフカとした歯応えが印象的であり、また脂身がとても少ないタイプの肉。腿肉と察しますが、いくらでも食えそうなほどライトで滋味深い肉です。確かに肉のチョイスがいいね。ばら肉だと鶏油感に豚脂が混じるし、肩ロースだってそれなりに脂あるもんね・・・。ひょっとして計算高いのか?。
 
 
 
 
<メンマ> 太いのが三本!味の浸透深くあっさり!歯切れもよし!
 
 メンマがチャーシューを隠すほど、麺顔アピールが強いです。しっかり太いし逃げてないよね。繊維質がサクサクとよく解れ、最近歯間ブラシがより奥まで入るようになった隙間に、メンマ繊維が挟まるようなことなく千切れる。味は薄目だが、素材味がしっかりしており、そこにスープもそれなりに浸透するから・・・思わず食うとビールに恋しちゃうよ!。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 鶏旨味の明るさがそのまま表現されたような濃密さ
 
 鶏醤油の淡い出汁がしっかり浸透しております。全体が軽く褐色に染まっているなか、白身の内側はやや白い部分が残るが、卵黄への浸透力がハンパない。全体的にオレンジ色が濃ゆく、トロミが少ないけどすごくしっとりした食感。熟成とかマチュアだとか、その濃密な味わいは例えようがなく、鶏旨味がそのまま染みこんでパワーアップしたかと思うほど。旨し!嗚呼やっぱり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「老若男女や時節関係なし!明るい旨さのド・ストライク中華そば!」と言う感動。この味昨年から増えた気もしますが、それだけ人気爆発ってことでしょうし私も当面ハマってしまうでしょう。ラーメン超激戦区目黒駅界隈・談合坂・・・プレゼンスも固まりつつある頼もしさですから、今後とも大きく期待です。たまに限定なんかあったら嬉しいな・・・・なんてね。ともあれ鶏の明るい醤油ならここが激しくおススメ!。そんな応援と今後の期待が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   飯時に
   空は澄み切り
   陽は眩し
 
 
 
   旨さ煌く
   鶏そば眩し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 4件

「特製汁なし中華そば+エビ辛し」@浜屋 五反田店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/07/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/UqHV3djvbXY

<何気に人気メニュー!浜屋の汁なし! in 五反田>
 
 10月になって消費税が上がっただけでなく、気温も上がったではないか!。季節外れの暑さで半袖のワイシャツがいつまでもタンスに仕舞えません。ちょっと五反田から更に都心に抜ける用事があって、まずは昼飯優先。頭に浮かんだ店が、久しぶりの「浜屋 五反田店」。ここは・・・・濃厚味噌が旨いだぜ!それ狙いで行ってみた。
 
 
 しかし駅から店までが軽く上り坂なのだった・・・。暑さも手伝って軽く汗をまた掻くとそれでもやっぱり濃厚味噌か?と自問自答しますよ。結局迷いつつ、券売機の前に立って一番ピンと来たボタンを押していた。一気に気分が変わって今回の「特製汁なし中華そば」となりました。それと名物の「エビ辛し」も追加ね!。
 
 
 
 
<全体> 二郎インスパイア級のヤサイ!炙りチャーシューの香ばしさと存在感!ガッツリお得メニュー!
 
 隣に小さいお子ちゃま連れの男性。なかなか元気な男の子だよ。しかもお父さんはスーツ姿でiPadで仕事しながら中華そば待ってるご様子だ。すごいなと単にお子ちゃまがじっとしてられるか心配だったんだが・・・・・。「お母さん早く元気になってほしいね」って会話が聞こえた。実は近くに大きな病院があって・・・小さいのにお母さんのお見舞い帰りの昼ごはんだったんだね。毎晩、お母さんがいない夜を辛抱して過ごしている幼児。それが分かった瞬間、涙腺が緩んでしまった。そんな温かい涙の一杯はこんな感じだ。
 
 
 おおお!前回同様・・・配膳時は全部食えるか?という恐れが脳裏に浮かびますな!。デフォルトの麺量が並でも200gどころではなく、ヤサイの盛りもガッツリ系のお店に匹敵かと!。しかしそういう趣向のお店ではなく、こってりだけでなくあっさりの汁系も、しっかり人気を博しております。何と言ってもヤサイと肉の炙りに注目してしまう。そして麺へタレへと目線が流れる。今回は特製ですが、デフォルトは720円。消費税アップで麺類のみ一律20円アップという対応でした。それでもお得感あるよね!。
 
 
 
 
<タレ> 油そばとは別物!?醤油の香り誘導しつつ・・・魚介の旨味が優しく溶けるコク甘風景!
 
 とても分かりにくいですが、ベースのタレは明らかに醤油色で、予めある程度麺に絡めてくれてます。そこで醤油味の油そばイメージの頭で食い始めてしまいそうになりますが、食い進めてゆくうちに醤油の塩気よりも甘味がしっとり広がり、円やかに感じるはず。トッピングにある鰹節の香りと旨味成分が甘さを誘う?。豚骨系の脂の甘味?かとも思ったのですが、これは魚介の旨味でしょうか。サラサラな豚骨醤油のイメージは吹き飛び、+魚介の落ち着き感が先行しはじめます。そこに色々トッピングの旨味が混じったり・・・特にヤサイの汁は淡く甘い風合いを残すので、時間経過と共に一層マイルドな味輪郭に変化するはずです。
 
 
 
 
<味変化> エビ辛し:この店では必須アイテム!やはりエビの存在感が辛さ的には大きい!
 
 そこで有効的なのは「エビ辛し」。+50円で、これは消費税アップしても価格据え置きです。唐辛子と辣油と海老エッセンスが凝縮したようなイメージ。これを振りかけるとっ見栄えも少しワイルドになって楽しいです。さて唐辛子も辣油もテーブルセットにあるのだが、やはりマネできない辛旨さ。タレにも浸透し溶けてゆくから、全体的に辛味が混じります。
 
 
 特に海老の風味が香ばしい!。辛さに旨味が加わって濃厚なタレでも深く好影響を及ぼす!。どちらかと言うとやや甘いめの味が続く中で、ボリュームも多いことから飽きそうになるなら、こいつを後追い注文でもいいから追加しましょう。甘さと辛さがぶつかり合うと言うより、高め合う旨さ!。エビ辛しでやや醤油感も引き出されるし、辛さはヤサイの淡さを引き締める。因みに、少し後になってエビ辛しが足らなくなったので、辣油でのばそうとしたが・・・ちょっと余計でした(笑)。
 
 
 
 
<麺> あつもりライクの熱々ヌチヌチ麺!太さの割にはしなやかさと甘み抜群!
 
 つけ麺と同じ麺だね。あつもり状態で熱々ヌツヌツヌチヌチと千切り頬張りながら食らうのが、醍醐味で楽しいね。全体的にはストレートイメージ。太麺と言い切っていい部類で、捩れが入り気味な分、ボコボコとした部分も多い。予めタレが混じってるから余計にトッピングを貼り付けます。鰹節が麺の温もりで周囲に香りを運ぶ~。ずぼぼぼって啜れそうだが、麺だけなら可能だが、やり過ぎると具だけ余って味が薄くなるかな?。なのでヤサイもろともワシワシと食らうスタイルになりますが、それがますますガッツリ系を彷彿とさせます。
 
 
 加水は中程度からやや高め。プツプツと小気味よく切れ込むが弾力的な千切り。奥歯のつぶしは密度感は中レベルで、明るく弾み潰れ方もややライト。非常に食いやすい。この感覚だとつけ麺だとどうイメージが変わるのだろうねー・・・引き締まったのも確かめてみたい。次回はつけ麺に決定ですな!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 直前ハンディーバーナー炙りで香ばしさと食感アップ!ビールに最高!
 
 デカい!。手のひらサイズで厚みは男性腕時計のベルト1.5~2枚分。それが2枚重ねられて片方がハンディーバーナーで炙られております。直前炙りなので、軽い焦げが非常に香ばしく歯応えもカリカリ。そして中はちょっとスカッとしており、浸されたタレの風合いが伝わってきます。これは確実にビールと一緒に食らいたいが今は平日昼だ!。
 
 
 ところでお隣の席のお子さんがお父さんに「何の肉ぅ~?」と聞く声が異様にかわゆく響くではないか・・・。お父さんは「何だろうねぇ~」って会話してたが、オジサンが代わりに「豚さんの肩ロースだよぉ~」と答えたくて仕方がなかった!。
 
 
 
 
<ヤサイ> まさにガッツリ麺のように麺もろともワシワシしながら食う喜び!
 
 やさいは、ほぼモヤシ。微妙にニンジンが混じっており、微妙にくたりはじめうようとする刹那の状態で旨い。味が付いてない上に、汁なしだから必然的に麺に絡めるしかない。麺の弾力感と、モヤシのシャキっとした感覚のあと、炭水化物はタレ旨味と合体し、後追いでモヤシの汁が馴染んで旨い。意外にモヤしがあるから、量があってもザクザクと一気に食えたかもしれません。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 塩味玉に近いあっさり感覚!美しいほどに蕩ける卵黄!
 
 丼の両端に両端に半分づつ配されたユニークな麺顔。卵黄のオレンジ色が艶めかしく、ひと昔まえのクルマのウィンカーランプのように煌びやかにも感じます。蕩け具合が素晴らしく、混ぜて食らうのが勿体ない。そのまま早々に味わいますが・・・塩味玉かと思うほど、非常にあっさり味。その分玉子の本来味が強いのだが、こちらは熟成したような濃厚さがあり、非常に見た目の美しさに匹敵する旨さ!。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「魚介甘味とエビ辛みの見事な融合!コスパも光るガッツリ汁なし in 五反田!」と言う感想。ランチタイムはいつも満席、店内待ちあたりまえなので、外出ついでなら時間読めないので余裕をもってね。素朴な清潔感あり、女性一人役もそこそこいらっしゃる気軽な雰囲気。スタフの対応も心地よし。五反田駅のちょっと外れにいいガッツリ汁なし有。激しくおススメ!。そんな応援と期待が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 そして早く、お母さんが退院できるといいね・・・
 
 
 
 
   秋空に
   季節外れの
   蒸し暑さ
 
 
 
   額に汗で
   汁なし旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 4件

「味玉中華そば」@おおぜき中華そば店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/06/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/7eMiPHS4i-c

<下半期のスタートに願掛け!恵比寿神社とおおぜき中華そば!>
 
 何とか上半期が形になった感じで締まってホッとしているが・・・すぐ下半期が始まるのだ。願掛けにいつもの「恵比寿神社」へ。その帰り道に、すぐそばにある「おおぜき中華そば店」で今日もランチです。それも・・・ちょっと立て込んでて、すごくズラしたランチタイム。ピーク時間は遠に済んでおります。さて何食おうか・・・。前回訪問でレギュラーメニューの白湯そばが異様に旨く感じてしまった!。その流れで今回は、王道の「中華そば」とさせていただきましょう。せっかくお参り帰りだから、味玉も乗せてみよう!。
 
 
 
 
<全体> 具迫力と汁淡麗さ!麺線の美しさ!全てまとまる感覚で魅了!
 
 おおお!味玉を追加しただけなのにこの迫力は何ぞ!。元々質感の高い一杯であるが、デフォルトの迫力がすごい!肉の質感とサイズ!味玉はそそるパステルカラー・・・更に青菜と穂先メンマも凛々しいお姿!。もはや旨そうではない。見ただけで旨いと確信するオーラですよ。そんな流れでスープの醤油ブラウンと綺麗に整う細麺の流れる姿を見ると、ヨダレが止まらないよ!。
 
 
 
 
<スープ> 鶏豚の混じり・煮干と節のエキス感・・・そして醤油のキッパリさ!カオスに崇高なバランス!
 
 そこそこ通っているこのお店。個人的には煮干そばが旨しと位置付けているんだが、デフォルトの醤油スープに今回目覚めてしまいました。動物感がしっかりと煮出されてます。これは鶏ガラ主体と思いますが出しゃばらず落ち着いた印象。豚の清湯も溶けているようで、旨味に明るさが保たれた感じでして、醤油の円やかさにぴっちりと結びついた旨味です。コクが深いのに重くなく、塩気は旨味と感じてしまう。鶏豚の混じり具合が絶妙で、馴染み深い旨さも感じたりします。
 
 
 きっと煮干もそれなりに入っているはず。風合いの中に淡く煮干の印象を感じ取りますが、ニボっと苦味は感じさせない。すっきりした甘み中心で、アジ節など白身系かもしれませんな。また節系も入って魚介感はカオスさを増している感じ。これも重くない。よく巡り会う鰹節の風合いではなく、これも煮干とブレンドされたような魚介一体感で、動物系・魚介系それぞれでブレンドバランスが素晴らしき感覚です。まさに崇高なカオスバランス!。
 
 
 
 
<麺> キッパリとしたパツパツ歯応えにしなやかさも加わり旨さで箸が止まらぬ!
 
 嗚呼・・・麺が旨い。キッパリしたフォルムの細麺で、第一印象としてはパツっとしている点。歯で切断した切り口を見ると明確に芯が現れます。ただし密度感は余裕があり、硬い印象はなく程よい汁との馴染みの良さがあります。
 
 
 食い進めてゆくうちに、半分汁を吸いつつ芯が残る状態が続きますが、このシーンが一番旨い。汁エキスがグルテンと一体化する旨味と、麺の本来風味がダブルで口の中に襲ってくる感じで、これを自分の咀嚼の力で合わせて高めるのだ。この作業がこよなく楽しく、旨さが続く・・・・。おお何と、この店のデフォルト中華そばって、こんなに旨かったのか!と再認識してしまいましたよ。
 
 
 
 
<チャーシュー> 出汁が浸透する鶏豚2種肉!淡くロースト感ある豚モモに、煮込み感程よい鷄もも肉!
 
 よく出てるし旨いのはチャーシューも同じ。豚はモモ肉だろうか、見た目はレアっぽさも残るタイプですが、下味は見た目より、しっかり目についている感じです。浸してから軽くローストしたのかな??。味の深さに、出汁と肉本来旨味を感じ、ちょっとゴージャス感ある豚肉でありました。
 
 
 また鶏は明らかにモモで、これは煮込みを感じるほど、すっきりさと出汁浸透を感じるもの。歯応えが異様に柔らかくサクサクと千切れジューシー。鶏モモは皮に近いのもあり、運動した部位でもあるから締まりと旨味が強くて好きなんだよねー。
 
 
 
 
<穂先メンマ> 単に飾りではなくボリューム感しっかり!歯切れと味わいも実に明るく旨し!
 
 何とメンマもしっかりしてる!。これは歯応えも明確でボリューミーなのが印象的。しかも2本も入ってるから、満足感すらあるトッピングメンマでして、とても上手な仕上げになってます。もちろん味良し。日本酒でも合うような上質感。青菜とともに酒ツマミになる一品です。
 
 
 
<味玉にハズレなし>  少し濃ゆい目の出汁がしっかり浸透!ちょっと面白い滋味が染みてる??
 
 薄味タイプよりやや濃ゆいめ。浸透はこれも深いが卵黄だけでなく白身も味わい深く食えるイメージです。卵黄はトロミが微妙に残った感じで、周囲はその中などは、芋羊羹より遥かに柔らかい半熟度。見た目より濃密でマチュアなコクが感じられます。気のせいだったらごめんなさい。生姜味の片鱗が一瞬あったかもだが・・・味玉にそれはさすがにないよね。旨し!嗚呼やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「いつ食ってもハズレなし!旨さにご利益感すら覚える有難し崇高感の中華そば」と言う感動。これから何かにつけて、困ったことがあったら恵比寿神社のお参りとセットで通いそうです。それにしても・・・午後の部終わりに近いというのに、神社も店も人が後から後から絶えないよ。世の中困った人とラーメン好きは相当多いと思った次第。激しくオススメ!。そんな応援と期待を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   秋晴れに
   暑さ復活
   神無月
 
 
 
   下期スタート
   願掛け拉麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 16件