なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.276点
最終レビュー日 2019年10月23日
3,916 2,442 13 23,668
レビュー 店舗 スキ いいね

「特製塩そば」@中華そば しば田の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/20/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/J_8NiV1uUBE

<秋晴れの清々しさに誘われて・・・行列待ちしたくなって来た!>
 
 もうすっかり秋ですなー・・・。ってな秋晴れですので「日向ぼっこしながらだったら・・・行列してもいいか」ってな気分。わざわざ行列目指して、ラーメン屋に向かうってこともあるんですねー。しかし、その行列の先には必ずいい一杯がないと納得いかんわけで、そんなことで今回選んだのは「中華そば しば田@仙川」さんです。
 
 
 理由は単純。最近新規開発した「塩そば」が気になったから。ええ、しば田が塩なんて出すの!!。限定じゃなくデフォルト追加ですやん!。この自信と覚悟のほどを確かめてまいりましょう!。
 
 
 
<全体> こんなに「追加トッピング 特製」が迫力あるとは嬉しい想定外だった!
 
 行列してもいいやと思ってみたものの、ランチタイムは外して開店時間を目指しましたが・・・ありゃー30名以上?。店前からバス停まで並んでます(爆)。前回訪問も思ったんだが・・・よくこれでクレームが出ないものかと。色々配慮と対策があるのかもしれません。大体並び始めて50分程度で配膳を迎えることができました。それはこんな麺顔でした!。
 
 
 おおお!こんなに良質感みなぎるトッピング達が、丼の中に押し込められてる!。令和の時代、特製となれば良質具材のバトルロワイヤル状態ですな!。いつも目立ちががりの味玉が全体に飲み込まれて沈んでいる状態・・・。具材は後で述べるとして・・・スープの煌きも素晴らしい!。もっと店の説明では魚介入りってな触れ込みだったので、淡麗系かと思いきやそれなりに濃密!そして透明感あり!。これはこれは・・・ちょっと想定外・予想以上の盛り上がり方に興奮を覚えますぞ!
 
 
 
 
<スープ> 鶏ガラベースに塩ダレの「魚介」エキス!やっぱり地鶏ガラの芳醇さが規格外で攻めてくる?
 
 静かにレンゲを沈めましょう。印象は、煌めき感と落ち着きの色合い。鶏油のような濃厚な香味油は見当たらず、地鶏のガラからゆったりと丁寧に煮出したエキスの濃ゆさが伝わります。塩そばと呼ぶより、これ「鶏そば」でしょ!と突っ込みたくなるエキス感。実際に味わうとそうでしたよ。これは無条件に心の中で叫びますよ・・・「青空レストラン」の宮川大輔氏のように・・・「うまぁーーーーー!」と。もしくは「あかぁん!」と言う接頭語を付けてもいい。これはハマる。これは素材も良いのだろうね・・・香味野菜もよく溶けてるようだし、とにかく素晴らしい。まず、熱感がいい。アツアツなんだが、香りが飛んだ気がしない。湯気の盛り上がりでスープの香りが迫ってくるよう。そして、濁りもないスープは、すごくスッキリした口当たりですが、口に含んだ瞬間に鶏エキスの旨味が一気に膨らみます。しかもクドくない。薬味など以ての外!。この感動・・・大昔、大学生になって初めて焼肉屋で「牛テールスープ」を食った時の喜びに匹敵!。
 
 
 しかし「魚介も溶けてる」のは確か!。スープの色合いだけじゃ分からんけど、味が派手派手してないんだもの。落ち着き感がどこかにビシッとある気がする。味ってどこか「動と静」「明と暗」をどこかに仕掛けておかないと、バランスおかしくなるのが個人的な持論です。ここを担当してるのが「魚介」だと思うんですが、塩ダレにこの部分が仕込まれてるのか、またベースにも施されてるはずと感じます。割とサイズ大きめの白身魚種の煮干が滲むのか、そして昆布も出汁生成の中で揺れていたのか・・・・。
 
 
 そして後から、他人の感想を拝見してみたら・・・ありゃりゃ、オレのイメージと真逆過ぎて自分自身がドン引き!!。魚介を感じてがメインだったり、味がライトとか・・・オレは駄舌なのか。思い起こせば、私この店では、煮干そばしか食ったことないので、そのイメージでのトライでした。まだ醤油味の中華そばを知らないわけで、そこからのイメージがないから、地鶏ガラの印象に占められたのかもしれません。もしくは、本当に味わいを変化・調整・アジャストさせて来たのか・・・。嗚呼、ラーメンって本当に奥が深い。
 
 
 
 
<麺> 風流さと優しさ感じる良質麺!麺の風味をしっかり伝えて汁との一体感も素晴らしい!
 
 そして麺はレギュラーの、全粒打ち込みのストレート細麺。低加水ですが密度感が少なく、全体的にしなやかな麺です。淡麗で上品バランスな煮干スープと、割と肉厚イメージな塩そばスープ。個人的にはちょっと距離感あるんだが、これを同じ麺で合わせてもどちらも通用するバランス感と相性の良さ!。ここが面白く、嗚呼・・・なんてラーメンって面白いの!って正直思った!!。
 
 
 割と分かりやすく目立つ全粒部分。最初から軽く周囲は汁の浸透が始まってるように見えます。ストレート麺ですが、それほどキッパリとしておらず、超微妙によじれてるところが、上品のようで素朴さを醸し出すフォルムでしょう。口当たりは、ライトなパツパツさ?って感じで、クスクスとした歯ごたえ。柔らかさの中に麺の風味を感じ取れます。スープの持ち上げはだんだんと麺が、よりしなってくるから上がってくる。ズボボって啜り切った後で、奥歯でクニリと押し潰したあとは、唾液が爆発的に発生されます。パワフルな出汁と、上品素朴で落ち着きある炭水化物。妙にこの麺のグルテンは糖化され易い(かなり妄想はしる・・・)。麺は汁を吸ってからが旨し・・・。以前、町田のご隠居なるレビュアーさんから頂いた言葉を思い出します。かなりご無沙汰してますが、お元気でしょうか?
 
 
 
 
<チャーシュー①> 十分スープエキスを吸収して・・・旨味アップのスライスロース肉!サイズも満足!
 
 冒頭でオレを圧倒させてくれたトッピングを順に説明。まず豚ですが、ここでは「ロース肉」としておきますが、間違ってたらごめんなさい。赤身と脂身が分かれてる上に赤みに脂身が全く差してないのを判断の最優先。余計だと脂身を削がれたら判断つかなかったかも。例えば、ヒレとモモはかなりいつも判断迷ってる(爆)。つまり、そんなに迷わせるほど、全体的にトロトロな肉感で柔らかかったから感激。肉の旨味にスープの迫力が染まってると言うか・・・あっさりした薄味肉が妙に旨さを感じてしまう!。それに写真メモでは折り曲がってしまったが、実はもっとデカいスライス肉。それも2枚あるから満足度が高い!。日によって肉の種類が違うかもですが、それも楽しみと言ったところでしょう。
 
 
 
 
<チャーシュー②> サイズ程々に見えて・・・実は分厚さありあり!しっかり食べ応え感ある鶏胸肉!
 
 古い昭和の映画とかテレビで、「ラーメンが高くなった」「チャーシューが小さい」ってなラーメン屋シーンがあったものですよ。ところが令和じゃ「2種チャーシュー当たり前!」です。そんな感じで、鶏チャーシュー。定番の「鶏胸肉」です。これは個人的に、焼き鳥屋でも好きな部位で、注文の半数はこれを塩で食ってます。味も好きですが、肝臓にもいいってテレビの健康番組で聞いたものでね。
 
 
 さてこの鶏胸肉。「ぱふぱふ歯応え!」「しっかり歯応え!」の二派に分かれますが、今回は後者。しかしそれは「肉厚が故にそう感じさせる?」もので、分かりづらいがとっても分厚い!。めちゃ食べ応えあるー。写真メモできなかったもう一欠片は、掘り起こせばブロック状態でした(サービス?)。これ毎日やってたらすごいことだよ・・・。
 
 
 
 
<ワンタン> チャーシュー迫力に負けないデカいサイズ!粗豚挽肉をシンプルさがスープに絶妙!
 
 他のチームだったら4番打者。そんなワンタン。これも縮尺比較ができないから分かりにくが、かなり大きめ。そして肉餡が多めだから、皮も楽しめる上にオカズ的に肉餡を楽しめるほどです。むしろライスの上に乗せて、スープを回し掛けてやろうか・・・。病み上がりじゃなかったらそうしていたかも。全体的にシンプルな味付けで、色々考えさせない旨さが気楽で楽しいですー。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 見た目は薄出汁のゆったりした浸透に見えて・・・味が程よく香ばしく濃密!
 
 以上、こんなに賑やかな丼の中身だったから、冒頭から味玉が沈んでいたわけです。おいおい・・・他のチームだったら、4番打者な上に先発ピッチャーだぜ。これは深いぜ・・・薄い出汁が深ぁーーーく浸透して、卵黄はトロトロ状態。それと同じように、ぷるぷる白身まで染み込んで旨しです!。それと塩ダレのように淡い色合いですが、香り高さには醤油感あり、そこが旨いだよねーー。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「さすがの内容の濃ゆさ!魚介の仄かなハイブリッド感!そして軸足の鶏出汁!ブレなし!」・・・と言う感動。煮干で一気に頭角を表し、そのうち定番醤油も盤石の人気確立!そして次なる塩系は・・・期待を裏切りませんね(笑)。全体的にどの味も変化させてゆくことでしょうし今後も期待!。東京のラーメン好きなら、必ず押さえておく店ですぞ!。私もまだ3回しか行けてないので、今後もっと増やします。激しくオススメ!。そんな応援と今後の期待が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   秋晴れに
   心誘われ
   街巡り
 
 
 
   名店行列
   待つも楽しみ
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「サッポロラーガービール赤星中瓶 → ワンタンメン(塩)」@支那ソバ 小むろの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/18/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/8twAXGRWN-o

<極上なる塩ワンタン麺を求めて行徳へ!やっと来れたよ5年越し>
 
 代休を取らせていただきました。こんな時こそラーメン遠征。このところすっかり足が遠のいた千葉エリアへとやってまいりました。本音は朝ラーからぶちかましたかったんですが、体調がイマイチでして連食って奴がとても厳しい。そのため約5年近くも放置していた宿題店「支那ソバ 小むろ」一点に絞ってやってまいりました。
 
 
 それにしても・・・駅から十分歩ける距離だがほぼ住宅街。そして今では有名店。なかなかスッキリした清潔感ある店で、テーブル席も多く店箱としても使い勝手良さそうな上に結構広い。こりゃ家族客が増えるわけだ。ガチ・ラヲタな雰囲気を醸してるのはオレだけですよ(笑)。
 
 
 
 
<酒> サッポロラガービール赤星:やっぱり瓶ビールでガツンと行きたい時はこの銘柄かもな!
 
 休日に昼ビールを飲むのは、何と気持ち良いものなのか!。酔いも早いし天気がよく気分もいいので、夜酒よりも倍美味い気がします。こちらは「赤星」が置いてあったのがまずラッキー。瓶ビールで個人的にトップクラスに好きな銘柄。もはや背徳感など家に捨ててきたから、抵抗なく豪快に飲み干してやりますわ!旨し!赤星!。
 
 
 
 
<全体> 王道の支那そば・王道のワンタンメンがこんなに美学的とは!ご店主の動きやサバキさえ美しき哉!
 
 厨房がまるでステージのよう。ご店主の動作が見事なので、まるで演者のようにすら見えてしまいますよ。調理前のトッピング準備。丼整えからタレの仕込み。ワンタンの茹で上げ開始から麺のほぐしと茹でがまへの投入。タイマー音なして感でチェック。そこから一気に麺引き上げから飾りつけまで、プロセス一連に無駄がありませんな・・・。素晴らし!美し!そんな感動してた直後に配膳です。それがこんな麺顔!。
 
 
 おおお!これは写真では伝えきれない美しき麺顔!。たんたん亭のDNAが孫までしっかり伝播してるって感じですね。麺線がローリングしつつ一本一本乱れずパラレルに揃ってるのもそうだし、金魚鉢で蘭鋳が泳いでいるようなデカい雲呑がまた可愛い。その一方で無骨な吊るし叉焼は中心に存在し威厳を放ってるが、スープは穏やかな透明感でどこかコントラストな美しさを感じてしまうかも。もはや食う前から美味いとわかるよ!
 
 
 
 
<スープ> まさしく魚介の優しさが滋味と感じるほど深く、塩気と動物感が優しくも明るい!淡麗なのにほっこり!
 
 スープが美味いね!。まず最初に感じるのは動物系の旨味なんだが、飲み込んでから鼻腔に感じるのは魚介の風味。煮干系の柔らかい甘味を感じますが、内臓系の香ばしさは一切なく関西のうどん出汁かと思うほど、柔らかい甘味が素晴らしい。香味野菜等もあって優しい味わいなのかもしれんが、ともあれ小さい子供でも飲みやすいはず。その優しさが滋味とすら感じるほど深く心と舌に染み入るから、もうこの時点で素晴らしすぎる。塩ダレの妙よ天晴れと行ったところ。
 
 
 しかしベースは動物系がやっぱり中心で、腹持ちの良さからもこちらのエキスの方がメインでしょう。鶏と豚の両方を感じ取れるブレンド系。特に透明度を保ってるところなど、豚は肉を中心に出汁をとったか、はたまた豚骨を濁すことなく丁寧に煮出したか。鶏の華やかな旨味の抜けがあるものの、豚系の柔らかいエキス感がうまく調和して、あっさりしてるようでしっかり食べごたえある仕上げとなってます。食べ進めると、ゆっくりと麺のグルテンから滲む風合いが、またさらにマイルドにさせる。ワンタンや叉焼もそのうち味を染み出し始め、後半になればなるほどカオスの旨さでいっぱいです。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺!見るからに健康そうで清らかなストレート麺!美しく揃った麺線見るだけで気持ちが引き締まる!
 
 奥に製麺機が鎮座。いい仕事人の作業場は、整理整頓が行き届いているというもの。道具も手入れ感あるし、製麺室の掃除もお見事レベル。ストレート細麺を湯でがまへドボン!と放り込み、ゆったりと大量の湯の中で泳ぎながら茹であがります。やはり茹であがりが均一でしなやかな感じがします。
 
 
 平ザルで一人前分を一発引き上げ!そこで麺線の整えとボリュームを一回の一連動作で、バッチリと決めて丼へと流し込みます。それが精密機械のように、ほぼ狂いなくご店主の動きも滑らか。微修正もなさいますが、器用に箸で2〜3本程度、抜いたり足したりするのみです。
 
 
 もう独立して5年の歳月だが、やはり「かづ屋」とは少しイメージが違ってて、引き締まりを少し感じます。かといってパツパツほどでなく芯もない。全体的に引き締まってて白地の色合いが漆喰のようで美しいです。歯応えはクツクツと割と明確で、それでいて硬くない。グルテンの風味が感じられるが、程よい塩加減がしみこむともっと食指がそそられる次第です。汁を少し吸い込む感じですが、吸いきった伸び感は皆無。その少し吸い込んだ部分が異様に美味いじゃないか!。逆説的につけ麺の方が木になる(笑)。見た目通りにスベりも良いから、ズボボボボーーーって音を立てて啜りまくり。大量に頬張って咀嚼を始めると、含まれたスープの旨さで唾液が発生し、口の中は洪水状態。こりゃなんぼでも食えまっさ!。
 
 
 
 
<味変> テーブルセットの焦がしネギは是非とも試してほしい!非常に出来栄えの良い無料薬味で旨さ深める!
 
 いい店ってのは、テーブルセットの薬味すら迫力あるねー。この焦がしネギの美しさは一体何よ!。袋詰めして売ってくれと本音で思うね。実際に終盤に入れてみたが、是非試してみるべき。こんなにベトベトしない焦がしネギがあったのか!汁に染まってからが美味い焦がしネギって、本当にあったのか!・・・こんなの目黒のかづ屋にあったっけ?。ネギ嫌いな人にこそオススメかと。嫌な部分は焦がしで飛んでいるので、あるのはネギ甘みと香ばしさのみ!。そしてスープの旨味が加わる楽しさ!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 食紅使用のレトロな吊るし叉焼!しかしそれが一周回って斬新か?修行先の系譜を誠実に感じる旨さ!
 
 今の東京界隈の新店舗では、低温調理系の半レアなチャーシューが人気でかなり好きなオレ。それでも対極にある横浜中華系譜の吊るし叉焼タイプは、やはり凄みと敬意を今でも感じてしまうね。しかもこんなに出来栄えが良いとなったら興奮を抑えきれません。食紅が周囲に滲んだレトロなデザインで、少々小ぶりだが味わいの凝縮度は見事です。
 
 
 2種の部位があって、どうも手前にある一枚は肩ロース。周囲がカリカリで焦げ目は脂と絡んで香ばしいが、赤身に差した脂も噛むとジュワッと滲み出て、噛みしめる度に旨さを感じる幸福感がいいね。これは紹興酒を欲してしまうが、残った赤星で楽しく舌に残った脂を流し込みます。もう一枚は、脂が極端に少ないタイプでヒレ肉かと察します。これも引き締まった歯応えですが、噛むと脂がないもののマスキングされないピュアな赤身本来の肉味が楽しめる感覚。
 
 
 また横にあるメンマも秀逸で、醤油が深い色合いしてますが、かなり薄味で香りが良い。少しコリコリとした感覚があって、これがまた酒に合いそう。常連はメンマ山盛りを好んで注文しているようで、かなり人気トッピングの様子でした。
 
 
 
 
<ワンタン> 大きめで引き締まった肉餡!尾ひれが長くツルッとしてても煮崩れない皮!大充実の旨さ!
 
 さてワンタンだがこれはテッパンの旨さだね。麺釜で麺と同様でテボなど使わず、自由に泳がすように茹で上げる。一度に麺とワンタンを少し時間差を変えて同時に茹で上げるんだが、これは経験と技が如実にわかりますねー。一連の手さばきをずーっと見てられる気がします。
 
 
 大きめな肉餡に長い尾ヒレの皮。私はこれを金魚ワンタンと勝手に呼んでますが、餡も皮もどっちもしっかり味わえる。肉餡は挽肉が粗めで、シンプルな塩味系の中に微妙に生姜を忍ばした味わいです。お酒にも合うがご飯にも合うイメージで、小さなお子さんなんか大好きになることでしょう。そして皮ですが、ほぼトロトロ寸前ですが肉厚なので皮の味わいとしても楽しめる逸品。レンゲでスープを少し掬い、それもろとも食らうのが皮部分の一番美味しい食べ方。5粒入ってるのもボリューム感じてお気に入り。これは激しくオススメです!。
 
 
 
 
 総じまして「大衆的と思って来たら何と芸術的!作りも見栄えも味も美しきハイエンドワンタンメン!」と言う感動!。葛西・浦安を超えた住宅街に、これまでわざわざ行く気がしなかったが、この旨さなら客を呼び込むよね!。今や家族連れも多く混雑必須ですが、待つ甲斐は十分にあり!。大衆的なワンタン麺は・・・千葉・行徳で美しく花開くのでありました。ここは激しくオススメ!。また来ますよ!今度は叉焼も追加ということで決まり!。そんな応援と今後の更なる期待を込めて、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   浮かぶ雲
   さやけき風に
   潮香る
 
 
 
   極上支那そば
   塩出汁沁みる
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「キリン一番搾り生中瓶 → トリュフ香る鴨チャーシュー麺(塩)」@らぁめん山と樹の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/16/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/QbB_lkupDrQ

<秋深まれば・・・やはり鴨だ!お気に入りの店で鴨限定を狙ってみたよ!>
 
 高円寺から少しばかり歩くこの店「らぁめん山と樹」さんへとやってまいりました。自分としては珍しく限定狙い。暇持て余してTwitterを眺めまくってたんですが、そこで発見したのがこの店の限定「トリュフ香る鴨チャーシュー麺」と言うメニュー。その見た目の美しさと、鴨に対する愛情から治ったらこれ食いに出かけたいもんだと思ってた次第。ちょっと時間が経ってるから無理かもなーって不安抱えて狙ってみたよ!。
 
 
 しかしだね・・・実際に店前には「期間限定 サンマだし中華そば」と表記があって、嗚呼・・・気持ちの中では膝落ち級のショックです。しかしここまで来たんだから、素直にそれ食べましょって気を取り直して店内に入ります。ところがだ、なんと券売機に「トリュフ香る鴨チャーシュー麺」のボタンがあるじゃないか!。おいおい待て待て・・・狼狽えるな・・・どうせ金入れても光らんぞ!!。そう思って、どうせビールも飲むからと千円札を2枚入れるとなんとそのボタンが光りだした!おおおーーーこれぞ神のご加護!。食えるぞーーーって興奮が実は収まらんかったっす。
 
 
 
 
<酒> キリン一番搾り生:家族と飲むときはこんな銘柄が落ち着くものだよねー
 
 病の治りかけには、実は少しづつ飲み始めてたオレですが(爆)、たった数日の禁酒を取りもどすかのように、今回もビールです。だって休みだもん。こちらはキリン一番搾り。嫁さんとも来た店でヤツと一緒にラーメン活動した最後もここだった。やはりスーパードライとか一番搾りとか、ポピュラー銘柄は家族と飲むのが一番美味いのかもしれませんな。帰り道にちょっとお土産気分で、ビールを買って帰りましょうー。
 
 
 
 
<全体> まさしく鴨葱!山から押し出される氷河の如く迫力の鴨チャーシュー!そしてネギの焦げ目も圧巻!
 
 それにしても、この店の厨房は贅沢だね。一人オペでこの広さ。しかもオープンキッチンだから「城」って感じ。製麺機も茹で釜も大型コンロも寸胴も・・・全て視野を遮るもんがない。ラーメン作る実験場でもあり、本番ステージでもありで・・・実は相当面白い。だから無意識にここに来たくなるのかもしれません。そんなことを考えてたら、店主と目が合ってビクリ!としたら、単に配膳のタイミングだった。それはこんな麺顔です!。
 
 
 おおお!鴨を期待で注文したものの、こんなに鴨ざんまいだとは想像を超えていた!。また左上にある葱が泣かせすぎる・・・焦げ目がやばいって。鴨葱と言えばテッパンの相性で、ものの例えにも多用されるほど。野趣あふれる鴨の旨味には、口休めとか相棒としてはこれ以上ないコンビネーションですよ。ちょっとした特製ラーメンの迫力を凌駕する、質実なる迫力!。消費税が上がった今、これで 1,100円 ならお安く感じてしまうかも。実際は味玉追加で+100円。それを含めてもまだお安いかと。
 
 
 
 
<スープ> 清らかな透明感ある鶏出汁にトリュフオイルの混じる香味感!意外に和風にも感じる極上ふくよかさ!
 
 この一杯は、醤油と塩を選ぶシステム。いつの頃からか、醤油と塩を選べるとなれば、大抵の場合は「塩」になってしまいました。そう言えば近年、焼鳥屋に行っても当然全て「塩」ばかり。オヤジになれば、みんな塩派に転向するんでしょうよ。とは言いつつ、ここの塩系スープは旨いの知ってるから余計にそうさせるんだがねー。
 
 
 さてこのスープ、鴨油かどうかは別にして・・・いつも食べている塩らぁめんよりは、色気を感じる味わいでした。鶏ガラの煮出し感は相変わらずナイスなのですが、香味油がかなり味わい全体を明るくしている。それもそのはず、トリュフを香らせてますがそのベースとなってるオイルが、なかなか華やかな印象を振りまきます。鶏油のようなバターめいた濃密さはない。ぐぐっと透明感ありつつ、動物系のコクを表すか!?。
 
 
 そして何よりトリュフの香りが実に合ってます。微妙に黒い粒子が漂うが、それがそうなんだろうと妄想しながら味わいまます。トリュフの香りは微妙なんだが正直言って、不思議と和風にも合うね。その相性の良さから、ちょっと系統の変わった節系に転じたのでは?と妄想してしまうほどベストマッチ。また香味野菜等も染みてるとしたら、そんなのとも結びついていたかもしれません。個人的には、トリュフをそんなに意識しませんでしたが、いつもの違うニュアンス変化は明白で着実なる美味さ!。まだこの一杯を提供してくれててゲットできた機会には感謝です。
 
 
 
 
 
<麺> 気持ち良いストレート感!軽いパツパツ感!そこから香る強い風味感!手揉み麺スペシャリストはパツ麺も得意!
 
 こちらは麺が美味い店。そしてレギュラーの平打ち縮れ太麺(通称:ピロピロ麺)が看板。時々限定メニューでストレート麺に変化させてるのは知ってたけど、今回それにぶち当たりました。これが、期待していなかったわけではないが、予想を相当超えて美味かった!。
 
 
 レギュラー(平打ち縮れ太麺)とは、真逆なコンセプト。とてもキッパリとしたストレート細麺のフォルムに加え、風合いがまるで違う。レギュラーはグルテンの糖化を誘う風味や滑らかさが旨かったわけだが、こちらは粉そのものの風合いを楽しませるかのような演出。全粒のかけらがキッパリと打ち込まれているのがわかる上に、全体的に地肌が灰褐色めいた雰囲気も感じさせます。地肌は漆喰にようにきめ細やかなだが、微細なザラつきが合ったかもしれない。ともあれ滑りに守られてツルツルシコシコと、のどごし明瞭にして風味は鼻腔にも広がります。
 
 
 そして歯応えが全く別の快感なのです。密度感はやや低めに抑えてあると思いますが、全体的には淡いパツパツ感。前歯で千切るたびに風味を感じるイメージだし、奥歯でしっかりとした咀嚼があってこそ、フレッシュさも感じられるというもの。迸る唾液で糖化が始まりますが、清涼感ある風味にスープの芳醇な鶏旨味が、ミッチリと合体して美味いです。
 
 
 
 
<鴨肉> 独特の野趣風味にほのかなトリュフオイルの混じり合い!大人の落ち着き感じる崇高な肉食感!
 
 思わず数えてしまうよね・・・大小合わせて6枚。盛り付けが美しい!。鴨肉の断面をこれでもかとアピールしまくりで、見ようによってはエロい演出。そして纏まりの美しさは幾何学を連想させます。肉の淡いピンクに対して外周の焼きめの香ばしさが見事。このギャップ感がいいね。そしてその隙間にあるのが皮下脂肪であり、自分自身のは憎悪の対象に他なりませんが、食いもん・・・なら話は別。特にこんな鴨肉の皮下脂肪って言うなら、それは天使の微笑みのように素直に受け止めます。
 
 
 ああ・・・これだけあるんなら存分に食うぜ。でかいのを丸々っとマルめて、口の中へ運ぶよ。咀嚼が無意識でスローモーションになってるのが分かる(爆)。しっかり最後まで噛み締めると、鶏でもない・豚や牛でもない・・・独特の野趣を感じる肉味が、噛めば噛むほど味わえるのだ。ビールを欲するところだが、この旨味を流すのが勿体無いと思えるほど。また妙に上品なところも今回のツボにはまったわけで、それはスープに浸った部分にトリュフの風味がプラスされたところ。これがさらにツボにハマって・・・抜けられなくなってしまう。牛丼屋で「頭」って言う注文することよく見かけるが、これもそんなこと出来るならして欲しいが・・・無理だよね。ともあれ、鴨中華そば専門店にも行ったことある自分としては、負けてないよと店主に伝えたかった次第です。
 
 
 
 
<ネギ> 周囲均一の焦げの香ばしさ!中心部の汁溢れ出るエキス感!鴨肉と食って単独で食っても最高!
 
 形式美。これを感じる和の心。鴨の後にこの葱を見て・・・腑に落ちるってやつでしょう!。3本の白ネギが満遍なく焼き目を入れられて、そして中まで熱がしっかり通って甘みを増しております。いわゆる「鴨葱」。私個人的な妄想の中では、それは「ベジータ」と「フリーザ」が合体したような美味さのパワーのイメージです。クゥーーーーーーーーーッ!。
 
 
 3本ありますぜ(へへへ・・・)。鴨肉は6枚。鴨肉と合わせてくらう3枚。鴨肉のみ味わう3枚。そんな割り振りで堪能・・・。結構トッピングを味わうだけで時間を掛けてしまいました。それでも麺は伸びた残念感は一切なかったんだが、振り返るとやはりいい麺だね!。麺卸しだけでも売上伸びるかもよ。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 超トロトロの卵黄!出汁の浸透も深くまるでソースのように濃密味わい!
 
 ちょっと保険を掛けたように味玉を追加した格好だが、それだけこちらの味玉には信頼を寄せております。特徴としては、緩めの卵黄。特に今回はトロトロさが秀でており、卵黄だけで何かのソースになりそうな旨味。全体的には塩味玉に近いが、それは醤油感が低いことの裏返しかと。それを反映したように、卵黄と白身ともシンプルに玉子味を感じることができます。また卵黄はフレッシュに見えますが、マチュアな雰囲気もありますので、結構濃密。つけ麺に投入されても、個性で埋没することはありますまい。嗚呼・・・やっぱり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「ベストバランス!ハイコスパ!!こんだけ鴨満足だけでない崇高質感の鴨そば万歳!」と言う感動。これは名作と思いますよ!。もはや毎年短期間恒例になってる雰囲気もありなむですが、これは確実にウケますって!。夏の冷やしも凄かったし、秋冬名物って感じで長ーーーくやって欲しいっす!。今度は醤油も食いたいし、このつけ麺バージョンなんか想像すると、興奮が止まりませんよ。これは美味いので無条件に激しくオススメ!しかありませぬな。そんなリクエストと応援をぶち上げたところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   霧雨に
   秋の深まり
   染みるころ
 
 
 
   粋な昼飯
   鴨肉ざんまい
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 10件

「アサヒスーパードライ → 味玉地鶏(塩)」@自家製麺 純の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/05/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/twOdKA-H6eg

<久しぶりのラーメン遠征!ずっと気になる「純」へ行ってみたよ>
 
 駅前の商店街から外れるんだけど、むしろいいかも。新店舗らしい綺麗さと清潔感がある店。入店するとフロア担当の女性の接客が非常によろしく、厨房から挨拶で出迎える男性スタフも礼儀正しいね。あ!いい店と素直に思ってしまいました。ランチタイム後半に寄りましたが、ちょうど満席になるかならないという客入り状況。なので気兼ねなく・・・ラーメン&ビールが楽しめたのでありました!。
 
 
 
 
<酒> アサヒスーパードライ:ほぼ毎日飲む液体!?今日もうまいぜベイビー!
 
 またスーパードライ。アサヒ比率が高いなー最近。それだけ愛されてるってことでしょう。特に自宅では嫁さんがスーパードライ派だからそれしか冷蔵庫に入ってない。外で違うの飲みたいなーとも思うが、やっぱりいつもの旨さだ!いいね!。今日もうまいぜベイビー!
 
 
 
 
<全体> 美味しいものは見た目も美しい!直感的に伝わる味の崇高さ!その凄み!
 
 おおお!配膳の瞬間に息を飲むとはこのこと!。琥珀のように滑らかで、トパーズのように光り輝くスープ色にあ目を奪われるではないか。そして中で浸るストレート麺の麺線くっきりと見通せて、地肌の質感すら伝わってくる。王道のレアっぽいチャーシューもさることながら、つくねがデフォルトで入ってるのが嬉しさアップ!。味玉だってほのかにペールオレンジっぽいパステルカラーが実に落ち着いて見える・・・。嗚呼、美しい。美味しいものは見た目も美しい!直感的に伝わる味の崇高さ!その凄み!
 
 
 
 
<スープ> まさにキレあり!地鶏の明るく豊潤な旨味!塩だれの落ち着き感が丁寧に纏まるあ旨さ!
 
 もうこれは写真メモを終えるのも鬱陶しく思え、途中でスープを先に味わい始めてしまいました。レンゲで啜り飲むと、これが見た目通りのはっきりして明るさいっぱいの地鶏エキス!。まさしく天然素材の健康そのものってな感じで、鶏エキスに罪悪感のかけらもありません。
 
 
 地鶏だから滋味深いとは安易だが、落ち着き感ある鶏旨味だね。都心には鶏油がはっきりと全体をまとめ引っ張ってゆくのが多いけど、あれもうまい。こちらは、鶏エキスをこんなに芳醇に感じるのに、鶏油独特の濃厚さ重さが極度に低いような気がするのは気のせいか?。野菜の旨味とか工夫も感じられるけど、表層の香味油にはやはり軽やかさがあって、いつまでも味わっていたいと思わせるほど!。
 
 
 明るく芳醇なんだけど、落ち着き感があるのだねーきっと・・・。塩ダレに魚介エキスを用いていると思うが、それがバランスよくさせているのでしょう。節系を期待させるが昆布の滋味も捨てがたい・・・全然前面に出てこないけど、鶏ピュアだと言われても信じてしまいそうになるわ(笑)それほど、よくまとまってる。直前に飲んだビールが少し余ってしまい、腹もタプタプ。勿体無いので、ビールを残して汁を完飲。
 
 
 
 
<麺> 仄かに灰褐色滲む色白ストレート麺!汁吸いつついつまでもいつまでも残る麺風合い!
 
 製麺機が見える場所にあって、自家製麺アピールしてますね!。仕事場も整理整頓してあるし、仕事の良さも感じます。さて今回は、汁も美味かったが、麺もすごく美味かったのだからウキウキ感が止まらない!。ストレート麺だけど、全体的に汁を吸っているかのように、しなやかな滑らかさ。ざらつきとか滑りとまではいかないが、しっかりと舌触りとか喉越しのシルエットを感じさせるタイプです。気のせいか錯覚か・・・どことなく灰褐色が溶けたような色白地肌が印象的。
 
 
 確かに汁を吸い込んでいる旨さだね。麺に鶏エキスが浸透し、また香味油も少し貼りつくようで、エキスと炭水化物が融合した旨さが訪れるのが早い。早いからわかりやすく旨し。ところが、汁浸透しているにも関わらず、麺自体の風合いが強く、いつまでも続くのだからこれが実に痛快です。最後のひと啜りなんて完全に汁吸いまくりでしょと思わせといて風味を感じることができるんだから・・・すげー好き!。こんなことなら、ビールを飲むんじゃなかった(汗)。腹パンで和え玉が追加注文できんではないか!。この時点で再訪問は確実に決定的となりました。
 
 
 
 
<チャーシュー> 王道の半レア系豚ヒレ肉!低音調理の鶏胸肉!文句無しの高質感!
 
 豚のヒレ肉は、周囲は軽くローストが施してあり、ちょっぴり風味を感じさせるもの。そして中の方はしっとりとした半レア状態が全体に均一に保たれてます。なのでどこに歯を当てても柔らかく弾力が楽しめ、肉の本来味とがすっきりと感じられるようです。脂がとても少ないので肉繊維質の旨味がダイレクトに感じるよね。部分的にスープの熱や旨味が中に伝わりますが、それもまた旨し。半レアをちょっと全体スープに浸して・・・ビールのアテとして今回は味わいました。
 
 
 鶏胸肉は低温調理のフカフカタイプ。これは日本酒ならこのままでもいいが、ビールだからしっかりと汁に浸してから食らいました。わざわざスープの中で折り曲げたりして、肉繊維を割って汁浸透を誘ったりして食らいます。旨し!。
 
 
 
 
<つくね> 薄味にほんのり大葉が香りつつ・・・汁を吸い込んで旨さを発揮!
 
 つくねを見ると、童心に還る思いがするほど嬉しいね!。挽肉ですが大粒な感じで、スープに浸るの前提で薄味仕立てでございます。これもゆっくり汁に浸してから食らいますが、鶏チャーシューと違うのは、大葉が少し風味づけとして入っていること。バジルとか大葉とか、そういうハーブ系スパイス味は大好きですから、これ以上言うことなしの旨さだよ!。嗚呼、追加で金払うから串にしてくれー。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 醤油感とても低めな薄出汁が浸透深し!卵本来の旨さも発する!
 
 おいおい・・・味玉が異様に旨いんだが!。だいたいハズレなく味玉は旨いものだが、ちょっとこれはすごいよ。ほとんど塩ダレか?と思う薄い色合いに染まるが、これはそうではないね。塩も含むが薄味出汁の浸透バランスがいい。卵黄はトロミがちょうどなくなった頃合いのタイプで、緩い芋羊羹のようなペットリ状態。白身全体に均一に染まり、卵黄にもじっとり染まってます。この出汁の旨味が卵黄の濃密なコクと合体!塩気の出汁なのに、食ってて甘みを感じてしまうほど、卵本来の味も深く感じさせるようで・・・なんだか食っててノメり込んでしまいましたよ!。嗚呼・・・やっぱり今回は特に味玉にハズレなしと信じる!。
 
 
 
 
 総じまして「鶏旨味のキレ!自家製麺の質感!丁寧なまとまりの魅惑感!流行り過ぎる前に早めに食っとけ今のうち!」と言う感動。常連の客層もみんな礼儀正しい人多そう。これからもっと良い店になる予感。限定も創作意欲高そうだし、おつまみメニューもそのうち充実すれば流行ること間違い無いかと!。今激しくオススメ!。そんな応援気分が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ゆったりと
   週末昼の
   旅気分
 
 
 
   知らない街に
   極うま鶏そば
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「アサヒプレミアム熟撰 → 味玉らぁ麺(塩)」@麺屋 さくら井の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/02/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/WydfHZWQlvk

<通りがかったら店前待ち1名!こんなラッキー見逃せず入店だよ〜>
 
 散歩がてらに・・・今日はどのくらいの行列なんだろうかと、麺屋さくら井へひやかし気分。ところが外待ち1名と言う信じられない状況!。最近は特に行列がひどくなって、行列整理のためのポールなんかも置かれたり、自転車だって置けなくなったばかりなのに!。うーーーー、速攻に飛び込むように券売機へ。今しかねぇだろ!券渡して1名の外待ちに連結ですわ。嗚呼、本当に私っておバカ。 今回は「塩」としました。こちらは、醤油と煮干しが人気を争うと思ってる故に、ファンとしては「塩」をクローズアップしたい!。
 
 
 
 
<酒> アサヒプレミアム熟撰:もっと宣伝すりゃいいのにアサヒさん・・・旨いんだから
 
 実はもうすでに一軒立ち寄って食っており、そして酒も飲んでもいたのだった(笑)。しかし、予断の週末ラー活とは言え・・・酒なしは寂しすぎる。なので今回は「アサヒプレミアム熟撰」の小瓶。ちなみにこの店では中瓶にするとスーパドライになる。とてもマイナーなビールイメージだが、ちょっといい店に行くとちょくちょく置いてある銘柄。そう言う店は得てして高い店だが、これはエビスよりも苦味が少なく、プレモルよりも派手でなく、一番搾りより後に残らないので好き。サッポロ黒ラベルと似たような立ち位置のようで、味傾向は別・・・。ビールも面白いですよね。アサヒさんも、もっと宣伝すりゃいいのにアサヒさん・・・旨いんだから
 
 
 
 
<全体> いつもアイコンのようなまとまりと美しさ!微妙に細かい部分で変化もあったりね〜
 
 スタフさんが増えてますます安定してきましたな。もはや武蔵野市の誇りとも言えるラーメン店でございます。今回は、たまたまコアなファンの方がカウンターの近くにおらえれて、ご店主とのフレンドリーな会話もとても和やかでいい感じ〜。そんなファンがますます増してます。これ以上有名になって遠くに行ってしまうと寂しいな・・・と妄想してたタイミングで配膳が完了。それはこんな麺顔でした。
 
 
 おおお!見飽きない美しさ!今風のラーメンって感じがありありですが、横方向に整うイメージの麺線に、縦に並ぶトッピング行列。これが「さくら井麺顔」。上から、海苔→メンマ→青菜→薬味ネギ&鳥節→チャーシュー。大雑把だたレンゲが飛車で、味玉が角の立ち位置。実はこのお店、麺顔に相当こだわりを持っておられると感じます。定期的に通うと分かんですが、薬味ネギのあしらい方がまるで違ったり、唐辛子が微妙に加わり始めるなど、周期的に変化を表してるんです。これまでで一番インパクトがあったのは、塩で言うと「鳥節」が追加されたこと。個人的には、これにより「らぁ麺(塩)」は存在感を増したと思ってます!。
 
 
 
 
<スープ> いつもながらの豊潤な地鶏煮出しに微かな魚介と鳥節の落ち着き感?
 
 醤油・塩・煮干・・・これだけでここ数年人気ぶりを高めてます。しかしどうも春木屋理論じゃないがバランスを変えている気配を時々感じます。Twitterを時々チェックすると、煮干については配合変化をたまに呟いてくれるんですが、醤油と塩はどうなんでしょうか。特に「塩」は、たまに鶏感増したりしてて面白いかも。また「チャーシュー盛」と言う別皿メニューも人気で、これに付属する柚子胡椒を、少しらぁ麺の方に転用するのも一興です。
 
 
 そして今回の塩イメージはどうかと言うと、しっかり地鶏の旨味があって透明感すら思います。そして芳醇。ここに何か落ち着きのような物を感じてしまいます。つまり魚介系?そんなのオレだけかもしれません。香味づけとして野菜は多少あるのか知らんが、更に微妙に煮干の存在を感じる。この味食って野菜とか煮干とかほのめかすの変態やと自分でも思う(爆)。こんなにキラキラ地鶏の旨味で光ってるのにね!。いつも自宅で深夜飲みながらまとめてるのですみません!。
 
 
 そして鳥節が撹拌されてどんどんと旨味を増します。そして唐辛子の微妙な追加は、単に飾りではなく、塩気の輪郭を感じさせるパーツですかな。本当に細かいところを変化しつつ・・・進化してる一杯なのです!。
 
 
 
 
<麺> しなやかで汁を吸い込みやすそうで・・・いつまでも麺風味の良さを感じさせるストレート細麺
 
 どの店でも、一番麺を感じるのは「塩系」ですよね。そんな感覚をハイレベルで楽しめるのが、「麺屋さくら井」さん。正直行って、麺の加水率と密度感すらレベルが食ってて分からんようになります。密度感はそれほど感じないけど、だからこそナチュラルな麺風合いが広がるイメージ。一見、汁で浸透した麺のようで、しっかりと本来の風合いを主張します。
 
 
 後半になるとグルテンと結合した旨味が支配。こうなると、トッピングと絡めて食ったりしても楽しいです。特に青菜・海苔そしてメンマの絡め食いがいい感じ。薬味ネギは自然と絡むようになってますから、気にしません。そしてやっぱり感じる咀嚼に感じる麺風合いの残存・・・。しなやかで汁を吸い込みやすそうで・・・いつまでも麺風味の良さを感じさせるストレート細麺です。
 
 
 
 
<肉> 東京一!そんなしっとり感!肉味の半レアっぷりがいつも上品!酒を進ませるニクイ肉!
 
 低温調理な半レアチャーシュー。この筆頭にあるのがこれかもと妄想が止まりません。ここのチャーシューは、余分なところをそぎ落とし、良いところだけを乗せたんじゃないか?と思う質感。確かにカットやサイズは、やや小さい。しかしどこも全く残念感がありませんな!。
 
 
 歯の隙間に繊維質が絡むことは皆無。硬い部分に当たった試しがない。噛むと柔らかいの当然で、しっかり肉味が溢れる。チャーシュー皿なんか、刺身感覚で食えるんですよ。それだけ酒が進む。ちょっとレア度が高い部分があるけけど、だったらスープでシャブシャブすればいい。時々、東京で一番なんじゃないかと思うラーメンチャーシュー!しっとり感最高!肉味の半レアっぷりがいつも上品!酒を進ませるニクイ肉!
 
 
 
 
<トッピング> 何気にいつも凛々しいメンマと青菜!これだけでも酒が進む!
 
 今回は脇役をピックアップしましょう。まず海苔。こんな配置・置き方した麺顔はあまり記憶にない。そしてサイズは大人しめだけど、肉厚ぶりはなかなか!。この海苔で麺を巻き取って食うのがいつも楽しみなオレです。そして、メンマと青菜が綺麗に整って横に並んでます。メンマは自家製で、これがなかなか!。薄味系ですが、コリコリ感が楽しい上に、全体的にフレッシュな感覚!・・・メンマそのものは乾燥物なのに妙な表現だと思うけど、食ったらわかるよ。また小松菜だろうか、いつも丁寧だよね、揃い方が。これもなかなかスープに浸れば酒を進ませます。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> あまり醤油っぽくない出汁の浸透深く・・・卵黄濃厚さにベストマッチ!
 
 味玉にも、微妙に流行ってありますよねー。少し前ならトロトロな卵黄の仕上がりと出汁の浸透が流行ったかも。そこからやや硬めの「ジュレ」っぽい仕上がりがあったり、更に最近はやや硬めで「芋羊羹」っぽい湿ったスカスカ卵黄があったり。そこに、つけダレの濃淡や時間の変化があって、令和の味玉は百花繚乱なのかもしれっません?。
 
 
 こちらは、全体的に柔らか系でふるふる。白身も柔らかく出汁の浸透も卵黄に至るまで均一です。卵黄も全体的に柔らかめ。トロトロ部分が多くそれが味わいの決め手ですしょう。出汁は薄めでしっかり時間をかけて浸透させてる手間が感じます。そして何よりあまり醤油感がないのが印象的。かと言って塩ダレ味玉ともまた違う。塩気は醤油よりも出汁の方がメインで・・・実に卵黄の旨味がナチュラルで濃密なのだった!。嗚呼、やっぱり今日も味玉にハズレなし!
 
 
 
 
 総じまして「具材の隅々まで隙なし!令和になっても揺るぎなき最先端淡麗塩そば!」と言う感動。今回も堪能させていただきました。それにしても・・・食べログもラーメンデータベースも、すごい評価になっとります。これからどんな発展があろうと・・・今の店は絶対に残してよ!。要らぬ先走りな妄想ですが、今をしっかり精進している姿には、ラーメンヲタクの感謝と感動!。激しくオススメ!。そんな感じで・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   風湿り
   秋雨迫る
   暗い空
 
 
 
   集う麺屋に
   明るい旨さ
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 30件

「アサヒスーパードライ → 牡蛎つけそば」@寿製麺よしかわ 保谷店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/10/01/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/NSS5Qr1dXeA

<すっかり地元に溶け込む良店になってるねぇ〜>
 
 おおお!地元民のウケが良いね。待ちながらカウンターの先客を眺めますが、地元の子供連れ家族やらご老人やらで賑わってる。すっかり地元に溶け込む良店になってるねぇ〜。そして今回は、厨房では、社長が後見役的にサブの位置で。おそらくこの保谷店のエースと見込まれる方がメインで作業進行。一本立ちに向かって準備中って感覚です。
 
 ようやく店内へ。前回は、名物ではあるがサイドメニューばかり食ったから、今回はメインストリームを食おう!。煮干わんたんめんか、地鶏わんたんめんか。迷って券売機の前に立った瞬間「牡蛎つけそば」なるメニューを発見。前回訪問でそれ無かったやん!。ここに相当にショックを受けてしまい、無意識にそれを押してしまいました。そしてビールもついでに・・・。
 
 
 
 
<酒> アサヒスーパードライ:汗掻いた後なら一番旨い液体がこれだ!
 
 正直言って、早く日本酒系を提供して欲しいと願うわけだが、週末酒を飲まずにラーメン活動できなくなってしまった身体なので・・・スーパードライ!。この一週間、いろいろ夜の付き合いもあって、この銘柄ばかりだったような(笑)。しかし今回は運動して汗をかいた後だったから・・・異様にうまいぜ。興奮しすぎて、動画メモを大失敗してしまいました。あれだけ慎重にやったのに、ONとOFFを逆にしてた(泣)。
 
 
 
 
<全体> 牡蛎2粒だけじゃない!まさに牡蛎三昧!色んな仕掛けが牡蠣なのだ!
 
 そんな動画メモの失敗も知らず、ウキウキ気分で待ってたオレ。実は「牡蛎つけそば」が旨すぎて、ビールを飲まずに食い進めたほどだよ。そんな痛快な一杯の麺顔はこんな感じ!。
 
 おおお?正直言って「牡蛎つけそば」と言うことで牡蠣は2粒・・・少し期待外れと一瞬躊躇いますが、浸っている出汁を見よ!・・・これは牡蛎エキスの溶け込みも期待です。それよりもつけダレがどうよ!・・・茶褐色なんだがこれまた牡蛎の内臓をイメージさせる色合いでして、実物は仄かに深緑の片鱗なんかも見受けられる。牡蛎の溶け込みってやつか。正直言ってこの配膳時点では、目に見える範囲でしか牡蛎は感じなかったが、実際食い始めると「まさに牡蛎三昧」な感じでして、さすが寿製麺よしかわ!って痛快さバリバリですよ!。
 
 
 
 
<浸しスープ> 非常に淡い牡蠣の出汁感!仄かに旨味で甘い後の割スープ!
 
 麺もろとも浸っているスープは、一見蛤のお吸い物に近い霞がかった透明感です。これは只者ではないと思って恐る恐るレンゲで啜りますと、嗚呼なんと柔らかい淡麗さ!仄かな滋味の広がりが優しいのだ!って感じます。はっきり言って、これは多分割スープも兼ねているのでかなり味わいとしては淡い!薄い!。
 
 しかし研ぎ澄まさらたエキス感と言うか、牡蛎の仄かな旨味が洗練されて漂っているのがお分かりいただけるだろうか・・・。うっ薄〜って感じる方もおられるかもだが、後味に仄かな甘味もあるだろうか。少し昆布のエキスも溶け込んでいる?。この淡さを楽しんで欲しいと思う流れで、この一杯はスタートします。
 
 
 
 
<つけダレ> しっかり牡蛎感覚!デフォルトでいい塩梅で牡蛎のマイナスイメージが非常に少ない!
 
 さあここからが本番です。思い起こすと、よしかわで牡蛎と言えば・・・以前坂戸店で、「牡蛎そば」をいただきましたが、それは見た目淡麗にして牡蠣エキス感がかなり強かったのが印象的。そのイメージで味わい始めると確かにつけダレイメージに牡蛎の濃厚さは伝わるが、気になりがちなクセが非常に少ない!。牡蛎好き野郎としては、そのクセも含めて好きなんだが。いや、クセも好きなんだが、こんなに食べやすくて良いのかと驚きを隠せない。
 
 勝手に妄想してしまうが、まず若い牡蠣を使っているのかもしれないよ。牡蛎のクセ味って成長した牡蛎の方が多く含まれているとか、小耳に挟んだことがあるんだが・・・。大粒の牡蛎は焼きにすればそれが消し飛ぶらしが、若い牡蛎はそれ自体含有するのが少ないから食べやすいとか?。その分、成長した牡蛎は芳醇なんだが、どちらも良いところあるって話。
 
 そして塩加減が非常に良いね!。そのままでも飲み干せるぐらいでキープしながらも、やや味強めって感じ。麺を浸して食い進める内に、ええ感じで円やかにもなって行きます。ここには麺のグルテンの風合いも溶け込むから、そのように円やかに感じるんだろうが・・・「浸しスープに昆布エキス?」って感じたのはこの変化があったから。味風景の変化もお楽しみあれ。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:微妙に全粒配合の加水高めで極細ストレート麺!汁とタレの持ち上げとしなやかさ抜群!
 
 この「よしかわ」と言うブランド。実は麺も天才かもしれないと思うよ。魚貝系でもシンボリックな牡蛎エキスに合わせるのは、多加水系ストレート麺。どちらかと言うと極細に寄せている感覚にして、全粒も配合していると言う計算高さです。
 
 多加水細麺でも、つけ麺として流水で引き締めてるから、モチモチ感にもやや引き締まりがあります。そしてしなやかにまとまる腰つき。箸で引き上げるだけで、麺と麺同士が寄り添い合うようにまとまります。この結果、浸しスープとつけダレの持ち上げが非常によろしく、滑りが異様によろしいのです。そして、浸しスープとつけダレの交配も同時進行ですから、味変化にしっかりと対応しとる!。
 
 前歯に力をかけて千切る。するとプツプツと抵抗感少なく小気味好い歯切れが気持ち良いです。汁とかタレのエキスを感じながらも麺の風合いを微かに感じる。あまりグルテンの風合い主張をしないところが全体的にはマッチしてるのかもね。ただし無個性ではツマラナイと思うところは、しっかりと全粒配合等でカバーしてるような印象。だから麺もうまいよ、はっきり言って。牡蛎の味で埋もれた感じはしないぜ。
 
 
 
 
<チャーシュー> 肉感欲しいところを牡蛎味の邪魔をしない!ナイスコラボな鶏胸肉!
 
 ひょっとしてこの一杯で一番感心したのは牡蛎でないかも!?。鶏胸肉を持ってきたところが最高センスだと思うのよ!。なぜなら、牡蛎三昧でも上等!完成!なんだが、もう少しどこかに「肉感」があっても良いんじゃない?って正直思う。そこをしっかりとカバーしてるのがこの鶏胸肉。つまり折角牡蛎の味世界で統一してるのに、動物系ってどこか不整合与えませんか?と感じ始めるところを、忍びのように牡蛎味世界に寄り添って、シレーってな顔して堂々と麺顔に鎮座してます。
 
 鶏胸肉は、脂が非常に少ないのに滋味だけを深く保つ肉パーツ。どんな料理にだって寄り添えるかもですな。だからベースの味を邪魔しない。そのクセ、スポンジのように味を吸い込む部分も多少あるから頼もしい。そして・・・やっぱり動物系肉なのだ。その肉感満足もしっかり伝えてくれる。この一杯の鶏胸肉は明らかに白飯には合わない肉であり、料理に溶け込み、そして酒に合う肉だと思いました。
 
 
 
 
<牡蛎身> 文句なしの牡蠣!さっぱりしている滋味深さがいいね!
 
 さあ!この一杯の醍醐味!蒸牡蛎の登場!。2粒なんだが大切に扱いましょう。上述の通り、浸っているスープはとても淡いから、そのまま食らうって手はないよ。当然、つけダレに浸し直してから食らうのだが、できれば早々につけダレの方に移してしまった方が良いと思います。
 
 つけダレの味と熱を染み込ませるのが目的!。中盤からゆっくりと味わい始めますが・・・牡蛎好き冥利に尽きますな。やはり若い牡蛎なのか、蒸してもさっぱり感がいい感じです。それを力強くつけダレエキスがパワーアップ!。思わずビールが進む味わい。嗚呼・・・早く、日本酒の提供を開始して欲しいと強く思う瞬間です。
 
 
 
 
<ワンタン> 何と「牡蛎ワンタン」!隅々まで牡蠣三昧!
 
 さてフィナーレは「ワンタン」。保谷店の看板は「煮干わんたんめん・地鶏わんたんめん」なので、当然その流れかと思ってた。製造業の需要な命題は、部品の共通化。ものづくり日本の古くからある考え方で、当たり前のように思ってたが・・・これが何と「牡蛎ワンタン」だったのだ!。
 
 正直言って驚きが先行して、味の記憶が薄い(笑)。ただ気づいてから、速攻でつけダレの方に移し、レンゲでつけダレもろとも口の中へと運び味わう幸せよ!。この食べ方は、カキ大好き「カキ星人」も今まで食べたことなかったよ。この仕掛けにより、この一杯全体の「牡蛎三昧」が完結し、深い満足を覚えるのであります。いや〜・・・追加料金で、追加してくれるサービスを強く希望するよ!。
 
 いや〜堪能したよ。さてこのお店、コンビニとスーパーに挟まれたロケーションなので、非常に好都合。私はこのあとスーパーの方へ移動し、イートインスペースで一気に余韻を楽しみながら・・・この一杯のレビューまとめに集中。おかげで長いレビューになってしまって申し訳ないです。段落だけ読み飛ばしてください・・・・。
 
 
 
 
 総じまして「牡蛎ミラクルなつけ麺!牡蠣好きラヲタなら一回食っとけオモロイ旨さ!」と言う感動。牡蛎のバリエーションをこれだけ堪能できる一杯はそうはないよ。がっつり焼き牡蛎三昧が王道の醍醐味なんだろうが・・・ラーメンでこれほど牡蛎を感じることはそうないぜ。それでなくとも信頼のブランドなので、秋の散歩や遠征ついでいかがでしょうか!。激しくオススメ!。そんな応援と宣伝が高まったとことで。とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   鰯雲
   秋もゆっくり
   忍び寄り
 
 
 
   柿食う前に
   牡蛎三昧哉
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「焼豚塩中華そば」@いしかわやの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/23/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/vpVjDuQESOY

<外国からのゲスト家族を「ラーメン接待」してみました〜!>
 
 冷やし中華を毎日食っていたこの夏・・・影でこっそり、フツーの中華そばを食ってたりもするー。そんな中、今回は外国人ゲストをラーメン接待という展開をさせてもらいました。とある真夏の出来事です・・・。

 知人で外国の方が来日。長期のバカンスということで、日本の温泉巡りと沖縄の海を一気に堪能されるということだ。・・・・うううう、羨まし過ぎる!というか一気にそこまでというのが、凄くレベルが違うね。なーんて言ってたら、そんな日程の隙間の時間で、何故かオレにお呼びがかかる。「家族で食いに行くから・・・ラーメン屋を紹介してくれ」ということで(瀧汗)。もちろん、オレの案内付きで。
そんな時に、ビビッと閃いたのが「百笑食堂 いしかわや」さん。理由は6つ。
 
  ①混んでても店の中で待てる
  ②たとえ店外で待つことがあっても雨はしのげる(雨の日だった)
  ③ラーメン自体が綺麗でインスタ映えしそう
  ④味のバリエーションが豊富
  ⑤雰囲気がお洒落っぽい
  ⑥そしてシンプルに美味い
 
 
 
 
<全体> 設定価格にしてはシンプル?実に本質を射抜くような予感させる
 
 車でお迎えに上がって、道中「何が美味いんだ?」と問われ、いろいろ説明したが、妙にブラックラーメンに食いつきが良かったよ。そのまま店に到着したもんだから、彼らは「いしかわブラック」の食券を購入されました。そしてその後、オレ一人なんだが自分だけ「焼豚塩中華そば」を購入。「・・・Why don't you try the same ramen?」と言ったかどうかはスルーして、オレはオレで好きなもの食いましたー。どうせ一番食うの早いオレだから最後に配膳してもらう。そしてそれがこの麺顔です。
 
 おおお!これは和むわー・・・盆栽を見ている気分とちょい似てるかも。結構価格的にはハイレベルなので、コスパ最優先な青春腹ペコボーイ達には分からんと思う。しかし、麺顔シンプルなだけにむしろ旨さの本質が含まれているように感じるのだ!。しかも、肉は文句なしのレア肉ピンク。肩ロースの脂と赤身のバランスが非常に良い!。しかも、整えられた麺戦は縦に整列してる中で、トッピングのレア肉は縦に重なってるものだから、切れ端は水平に綺麗に並ぶのです!。一方でスープの見栄え。それは、汁は穏やかにくすんだ色合い。そこには鶏エキスの煮出しが感じ取れますな・・・。
 
 
 
 
<スープ> 節系の旨味にエキス感ある鶏系エキス!ブレなし!
 
 何気にこの「焼豚塩中華そば」が気に入ってます。前回もこれ食ったんですが・・・無意識にまた選んでました。スープが自分に合ってると思うのですが、「綺麗」な味と「しっかりした旨味」、そして「満足感」がフィットすると思えてならない。
 
 「綺麗」については麺線だけでなく、無化調ならではの質実さに加え「塩気と香味油」が非常にいいバランス感です。そして「しっかりした旨味」は、何と言っても鶏ガラの煮出し!その証拠に表面に浮かぶエキス感が雲のように細かくて、それぞれがコク深い。
 
 そして「満足感」ですが・・・ズシリとつわるアピールと言えましょう。個人的には「節系」の旨さがかなり効いてるかと!。ここからは妄想が入りますが・・・質の良い節系の濃ゆめな旨味!そして天然塩!さらに鶏ガラエキスが深く滲むと・・・旨さ極まると酸味感覚が呼び覚まされる!。まるで毛穴全開状態のように、舌に無数にある味蕾が開くのだ!。普段使わない味センサーさえ反応してしまいそうな(笑)。旨味が圧力的に攻撃的に押し寄せると、受け側は弾幕を張るようにあらゆる味感覚を一気に投入!。ううう・・・この旨さをまだ伝えきれてないジレンマです。 
 
 
 
 
<麺> 平ザルの妙技が冴えるぜ!ローリングして膨よかめストレート細麺!細マッチョが香りたつ!
 
 急に外国の友が「麺が違うよ」と語ってきた。石川ブラックの極細麺と、塩中華の細麺の違いを指摘したわけだ。さすがスイス本社の研究員だぜ。オレも気づかなかった。友は、ご店主の平ザルから繰りなされる麺の整い方には脱帽評価。風味の旨さも理解されておられる様子です。氏はきっと極細麺で感動した手前・・・オレが真横で少し肉厚な麺を食ってたものだから、探究心がくすぐられたんだろう。
 
 It’s So Cool !・・・・って語りかけるべきだったんだろうが、無理ー。ナイスーーーーー!って笑顔で答えただけだーーー。嗚呼、もっと英語勉強したい。旨さをちゃんと伝えるために。
 
 
 
 
<チャーシュー> フレッシュ感極まる低温調理肉!完成されたそれをあえて出汁にシャブっとした大胆さで頂く!
 
 いろいろ合ったものの、後半は全く自分のラーメン世界に没頭できました。そこでチャーシューと対峙。チャーシューまで美しく整えられ、並べられてます。これは計算なのか?遠近法のように手前がデカく!遠くをやや沈めて小さく見える。メンマが重しとなってるだけですがー。
 
 それにしても完成度が高い半レアで、旨味が単体でも完璧!ビールを欲する旨さですが、クルマで来たしゲスト放ったらかしでホストだけが酒ってのもアホなので、非常に残念。赤身には程よい塩加減を含んだ肉本来の味わい、脂身も同様なようで少し脂が甘く広がって旨しな気分にさせます。
 
 ここにスープに浸る時間差で、熱とスープ旨味が浸透してゆきます。レアっぽい肉から、軽くシャブシャブした旨味までご自由に遊べるわけで、これだけチャーシューがあれば自由自在。チャーシュー増しをゲストにも勧めておくべきだった・・・・。
 
 
 
 
<メンマ> 黒子にしては質が高し!
 
 メンマも何気に高品質。これも酒を誘うほどに。繊維質がきめ細かく、しゃくりと歯切れ良いプチ材木メンマは、私の好みです。さて外国人のゲストから、それは何だと質問を受ける。割と日本語もできる方なのですが・・・・何て言うのか思いもつかず、食い切ってしまう寸前で妙に焦ってしまい「Bamboo」とだけ短く答える。あとは逃げた態度(汗)。少し目を丸くしてたけど、あの感じは絶対にフツーの青竹をイメージしてると思う。ちょっと悪いことした気分・・・。
 
 
 
 
 総じまして「知人に自信を持って紹介できる・・・卒のない質感と満足感!」という感想。雰囲気も良くて外国のゲストも納得しておられました。もちろん味も喜んでた。途中で記念撮影までカウンターで始まってしまい(瀧汗)、快く女性スタフが撮影対応してくれました(感謝!)。ランチタイムに好き放題させてもらって申し訳なし。そんな大感謝を込めて・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   朋来る
   旅の思い出
   ラーメンに
 
 
 
   旨さ伝わる
   万国共通
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日もほんとうにごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 5件

「鰹だしスープの梅冷しそば+日替り丼」@塩そば 加とうの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/12/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/Zya0dEkg8ss

<猛暑復活!冷やしも人気復活!まだ食い続ける・・・>

 急激に暑さが盛り返してきた!。案の定、冷やし麺があったぜ!その名も「梅冷しそば」。風流~。ただ梅は好みが割れそうな気もするけど。と思って入ってみると意外と空いててびっくり。自由が丘界隈でもちょっと人通りが少ないのか?。あとからパラパラと客が入ってきたけど、もう少し人が入ってもいい店なのになと、つい応援したくなりますよ。ランチサービスも込みにして、ガッツリと食わせていただきましょう!。




<全体> 王道のオーソドックスさの統一感!クラゲと梅肉でツウ好みの仕立てがいいね!

 おおお!これはまさに淡麗冷やし塩ラーメンって感覚のど真ん中!王道のオーソドックスさに梅の色合いが紅一点という風貌が痛快です!。秋風もうすぐか?と思ってたらいきなりサウナのような暑さが戻って来たが、よく途切れずこういう涼やかな一杯を続けてくれてたという感謝!。更に白ネギが多めなところごキクラゲが投入されてるところも好印象で、単なる冷やし中華よりもそそるものがありますぜ!




<スープ> 何ともあっさり感に深みを与える鰹エキスなのだ!鰹旨味で甘味区別が広がるのだ!

 スープが淡麗系冷やしですが、全体的にはダブルスープのような楽しみ方でできます。まずベースに張られている「鰹出汁」。これだけでもかなり完成形な味わいです。塩味かと思いきや鰹の出汁がすっきりしつつも実に芳醇。鰹エキスを飲んでいるという錯覚すら感じ、塩系で陥りがちな薄っぺらさが微塵もないぜ。鰹の旨味だけでアニマルオフ!。昆布もしのんでいそうだが・・・甘味と旨味が区別できないほどに染み入る・・・。

 ここで激しく葛藤するのが「柚子胡椒」。塩メインの店らしく、こちらのテーブルセットには柚子胡椒が備わっており、他客もかなり利用されてるようす。ただ・・・デフォルトの出来栄えが素晴らしかったので、今回はあえてそのままで!。この後梅も溶かすし、味変化がばらけるのも避けたかったしね・・・。




<梅> 柔らかい酸味と果肉感!自然な酸味が鰹出汁に溶けて威力倍増!

 今思えば、「鰹梅」という鰹出汁ふくんだ梅も旨いから、相性は良いはずだった。梅肉は柔らかく潰れた感じで果肉が溢れます。それを箸で解いたり、麺につけて楽しんだりしてみるのだが・・・梅の質感がかなり良かった!。好みのタイプ!。冷やし系に酸味は不可欠。酢は尖りやすいから気を使うのだが、ナチュラルな酸味展開ではフルーツ酢とか、檸檬等の果実汁をそのまま使うこともありましょう。それを梅肉100%で酸味表現したって感じなので、実に自然で馴染みもあって旨さが深い酸味なのだ!。もっとくれ!と心の奥では叫んだが(笑)。




<麺> 菅野製麺所:仄かな黄色ときめ細かい地肌感!細麺の心地よさは冷やし系に合うね!

 ストレート細麺でクツクツと感じさせる歯応え。質感も良いとなれば、ピンと来るのが「菅野製麺所」。好みなタイプです。茹で上げ後にしっかりと氷水で冷やされたのがよく伝わる・・・とっても冷え冷えだったのだ!。出汁が淡麗だからマスキングされることなく、麺風味もキリリ。前歯を立てるとクツクツクツと小気味よいタッチ。ズボボボーーーーっと啜ればきめ細かい上に、スープ持ち上げも良いから啜りが軽やかです。奥歯で潰すとブチブチブチブチと潰れてゆくのも快感。淡く鰹の旨味の奥に梅の酸味を感じて、唾液のふきだしが止まらんのだ。

 ここでちょっと梅肉をあえて麺に付けて、酸味強化で味わったりもして遊びましょう。炭水化物と梅の旨味は相性抜群!。啜りの奥に感じる風味から梅の香りも混じって旨しですよ!。おおお!オレってこんなに梅好きだったっけ??。




<チャーシュー他> 実にオーソドックスな豚ばら肉!細切りカットで冷やし中華感高まる!

 すっかり鰹出汁と梅に頭が支配されたオレ。チャーシューは実に冷やし中華としてはオーソドックスなのもあってスルーしがちです。しかし悪いわけではないよ!王道の旨さを知るって感覚。細麺に絡めたりして、麺のボリューム感アップとして、十分に楽しみました。キュウリとも合わせて食うと、暑い日だとビールのアテにもなりそうだし、フツーに大いに楽しめる質感!。

 またクラゲと白ネギが好印象でした。最近クラゲ入りの冷やし系が少なくなってきたのもあって、貴重な感じで楽しめたし、また白ネギは元々大好きな上に、量も多かったから大いに麺に絡めて楽しみました。この薬味ねぎは梅にも鰹にも邪魔するどころか、相性良いから組み合わせとしてはナイス!。 




<日替り丼> チャーシュー丼!:100円ならありでしょ!白ネギとタレで爆食い爆〆!

 しかしどうも・・・酸っぱい冷やし中華のタレと白飯が合う気がしなくて。玉子か何か付けてくれますか?と問うとできない(当たり前か:笑)と言うので、+100円払って日替り丼としました。チャーシュー丼だって言うからさ!。

 これもオーソドックスな肉感ですが、タレがご飯にかかって染みこんでいるし、白ネギが多めに入ってチャーシューのベッドとなっているし、100円ならありでしょ!って感覚。ミニ丼かそれ以上のボリュームだったのも気分いいね!。




 総じまして「猛暑でキリリ!梅味スッキリ!身体と気持ちもさっぱり整理なる崇高梅冷しそば!」と言うそのままの感想。もっとトップシーズン、盛夏に食っておけばと感じる涼感高い一杯でした。これは是非来年の夏も提供していただきたい!。また鰹出汁の質感もかなり良かったので、秋冬にかけてもこの路線の汁そばも期待かな!。もうちょっと人気があっても良いはずなので応援でございます。そんな宣伝気分が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   昼下がり
   戻り猛暑で
   汗溢れ



   唾も溢れる
   梅冷しそば



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「冷し貝そば 塩 大盛り」@noodles kitchen GUNNERSの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/09/06/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/WGXN-430wEo

<冷やし系をもとめ・・・多摩川越えて麺活動>

 多摩川を超える手前から妙な雨雲で分厚く感じてくる・・・。案の定、新丸子駅に着いたら雨が降り出して猛ダッシュ。昼飯タイム後半だったがほぼ満席状態で焦る~。ただしこちらは2階席もあるので、以前にくらべればかなり使い勝手がよくなってましたー。腹減ってたので特製の代わりに、麺を大盛。醤油と塩が選べるが、貝出汁だったらやっぱり「塩」だよね!。




<全体> これぞ淡麗冷やしらーめん!海の香りが届きそうな端正な麺顔なのだ!

 おおお!これは如何にもバランスの高さがありあり!。淡麗塩そばの崇高さと、冷やし麺の冷涼感がビシビシと伝わってくる!。特に麺線が整っている上に、穏やかな霞がかった塩スープが高級感を一段と高めているではないか!。味玉を乗せようかと迷ったんですが、載せなくても寂しさを全く感じさせない迫力がありあり!。また岩海苔の漆黒さが、何だかメッセージ的な存在でして、レギュラーの「汐そば」をどこか彷彿とさせる気がします。
 



<スープ> 汐そば譲りの塩気はほぼ貝出汁エキスとイコール・・・という穏やかさ!そしてキレ!

 そう・・・このお店では塩ラーメン(ここでは汐そば)が気に入っているかも。塩系の場合、淡麗だと鶏と魚介でわかれたり、両方でメインバランス取るのところが多いのでしょうが、こちらは明らかに魚介系。しかも貝類の旨みが私をいつも惹きつけてくれるのです。冷やしにするとそれも少し分かりにくいかもと危惧しましたが・・・いやいや、冷えて味が感じにくくなるかと思いきや、心地よい塩気が広がるではないか!。

 貝そばと書いてあるから、貝出汁メインなのでしょうが、じつはそんなに出しゃばらない貝エキス。しかし同僚の弁だと貝が濃ゆいですねぇ~とのことで、随分とひとにより印象は違うようです(単にオレが馬鹿舌なのかも)。それは蛤とか浅蜊とか分かりやすいのではなく、何となくホンビノスだと思ってる。その塩気に似た旨みによって殆ど塩気を確立しているようで、貝エキス=塩レベルというような味風景。何も塩を足さなくとも成立するんじゃない?というほどの、お穏やかな滋味の広がりです。アニマルオフと感じましたがどうなんでしょう?。




<薬味> 岩海苔の風合いで一気に磯イメージな味わいに変わるね!

 岩海苔がまたいいね。乾いてパリパリしたトッピングはゆっくりと汁に浸透してゆきますが、同時に風合いを溶かし込みます。これで一気に「海の味」というおおざっぱなイメージから、「磯味」と感じさせるほど具体的な迫力に切り替わるかも。背脂煮干でお目にかかるよりも、随分と凛々しい存在感した薬味です。




<麺> ふくよかな麺の風合いがキンキンに冷えた引き締まり!クツクツさと汁持ち上げが素晴らし!

 温麺では香り高くふかふかしたイメージだったんだが、冷やしにすると当然ながあ引き締まりがかかるので、随分とイメージが変わります。一転したクツクツ感が明確で楽しく、冷えた麺らしい風味の高まりも感じます。ガチガチに引き締まったわけでもない、淡いモチモチ感もあって、腰つきはしなやか。なので麺と麺とがよく寄り添い、結果として汁の持ち上げに優れたイメージ。

 今回は迷いなく大盛とさせてもらいましたが、体感的に200gがするすると食えて一気食いでした。スベリが良い上に汁の持ち上げが良かったから、ズボボボボボボボボボーーーーーっと啜り倒しまくり!。右となりの他客の視線感じること2回でした(笑)。




<チャーシュー> 王道の低温調理の半レア豚肩ロース肉!スポンジのような熱浸透感でフカフカ旨し!

 一瞬、豚の下にもう一枚、鶏チャーシューが重なってるように見えたんですが、錯覚でした。豚の肩ロースが柔らかくて脂身が少し外れて下にずれただけ(期待させて落とされた気分でもないが・・・)。この手の低温調理で肉はまず、味で外したことがないよね。しかも豚の肩ロースだから、赤身と脂身のバランスもよく、赤身にいたっては柔らかさと旨みが高い部分。極端に淡麗な薄塩味で十分な気がします。もしばら肉だったら、麺に巻き付けながら食ったりもするんですが、このような淡麗系で上品な肉は素直にそのまま味わいたい!。スポンジのような熱浸透感でフカフカ旨し!。なんだったらビールと合わせたいが、平日昼間の勤務合間では・・・無理だね。いつもこの瞬間には、早く引退したいと強く願う・・・。




 総じまして「淡麗系の中の王道冷やし!きっと今だけ!冷製貝出汁の溶け込む旨さ!」と言う感想。冷やし塩ラーメンは、この夏もあちこちで見かけましたが、もし気持ちの上で消化不良ならぜひこの一杯!。きっと気持ちが昇華する味わいでしょうから、激しくおススメです!。とまあ思いながら、今年の夏もこれを食うのに間に合って満足!。そんな心の一区切りをつけたところで・・・とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います。



  傘忘れ
  駅からダッシュ
  通り雨



  来た甲斐ありの
  旨し貝そば



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 9件

「ローストビーフの黒酢ソース冷やし中華 中盛」@麺処 井の庄の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/08/27/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/T1Rnhzjdxk4

<年甲斐もなく・・・チャリでロングラン!7年ぶりに来てみたよ!>
 
 秋に向けて休日はチャリンコをこいてダイエットに励もうかと思います。今回はチャリで石神井公園までロングラン&ラーメン活動。狙いは「麺処 井の庄」さん。限定冷やし情報をゲットしたためですが、訪問自体もかなりインターバルが空いてる7年ぶりのなりますし、様子見を兼ねて。で、久しぶりに来てみたら・・・店の場所が変わってて驚いた。同じテナントビルの地下1階ですが、同じフロアの中での移転。店箱は前と同様に広め。2名の女性スタフがおられてキビキビしててとってもいい雰囲気なのもよし。チャリで汗かきすぎて意識が朦朧??としてる中、券売機で焦ってると丁寧に説明してくれました(反省)。
 
 
 
 
<酒> Premium YEBISU ジョッキ:瞬殺!乾いた喉と体に染み渡るとはこのことで一瞬記憶を無くす!
 
 しかし無茶はいけないよな・・・喉がカラカラで死にそうな状態で飲むビールは・・・本当に死にそうになる程旨しでした。クラブ活動の後に飲むペプシの如く、ごくごくと喉を鳴らしながら飲む!。一気に飲み干しそうになりまして途中で慌てて自重してしまいました。もう一杯本当は飲みたかったが、麺が食えなくなりそうなのでまた自重。
 
 
 
 
<全体> なんともゴージャス!洋風なサラダボールに肉の敷き詰められた贅沢感!
 
 きっと汗だくのオヤジが突然来店してきて、ゴクゴクすごい勢いでビール飲み始めたから・・・気持ち悪く思われているんだろうな(笑)。そんなオレにビビりながらキレイなお嬢さんが配膳をしてくれたのがこの麺顔です。
 
 おおお!これは何ともゴージャス感ありあり!そして中華というエッセンスが見当たらない感じで、全体的には洋風一辺倒な面持ち。このままステーキ丼として出されても通用しそうな雰囲気です。何といっても肉の質感とボリューム感が圧倒的で、上にかかったジェル状なタレがまた肉の赤みとコントラストを構成してます。普通なら野菜等のトッピングで冷やし中華感を誘うものですが、野菜が大胆カットなのでサラダって感覚もありなむか。麺を中盛りにしたものだから、底上げ的に盛り上がって見えるし、この全体感なら900円はかなりお得かと!。ちょっと食う前から興奮してしまったオレです。
 
 
 
 
<タレ①> 黒酢ソース:ジュレ状態で柔らかい酸味!麺より肉にベストマッチ!無国籍感もありなむ?
 
 何と言ってもメニュー名にもある「黒酢ソース」から味わいましょう。ソースといってもジュレ状態になっており、これはゼラチンで緩く固められたもの。色合いがとても深く酢のパンチ力が凄そうにも感じる深みです。何とか箸でもつまめる感じでそのまま口の中へと運びますが・・・意外にツンとくる酸味は低め。それよりも円やかさが印象的で、いかにも肉に合いそうな味わい。和風感も低く無国籍感?。そのまま肉と合わせて食らいましたが・・・これが相性絶品!。ビールをまた欲してしまうという感覚で、別皿にして楽しみたいと思うほどです。
 
 
 
 
<タレ②> レモンビネガー?明確な酸味で極まる清涼感!酸味大好き「酸っぱい星人」向けのパンチ力!
 
 ところがこの一杯・・・ベースは塩ダレ?。丼の底を確認するとベースのタレが溜まっていて、それは透明感ありました。醤油は一切感じない。そしてレンゲで苦労してすくい上げて味わうと、これがかなり強めの酸味だったのでした。黒酢ソースよりも数段強め。レモンを絞り入れる必要がないほどに。
 
 黒酢と酢のダブル酸味攻撃だとは見た目から想像つかなんだなぁ〜。これは、酸味大好き「酸っぱい星人」向けのパンチ力と申せましょう。さてこの酸味はどこから来るのか・・・。個人的な妄想ですが、レモンビネガーといった雰囲気と感じます。酸味に勢いがあるので、フルーツ酢の中でもダイレクトに酸味を感じさせるレモンがイメージかと。結局は、食い進めてゆくと全体的に攪拌が進むため、黒酢ソースや一部山葵など薬味と混じるのですが、ジュレが完全に溶けきらないので、混ざりきらない面白い状態となります。
 
 
 

<麺> 三河屋製麺:たおやかな中太中加水麺!微妙な平型に強い縮れにキンキン冷え冷えな食感が頼もしい!
 
 中盛サービスだったのでそれをお願いしましたが・・・かなり多めだね!体感250g。もう前回訪問から7年以上経ってるので記憶が飛んでますが、ストレート麺かと思いきや、やや平型で捩れが強めな中太麺でした。ボコボコとしたフォルムも印象的で、麺が変わったのかバリエーションが増えたのか?。これがヌッチヌチな歯ごたえで、かなり強めに引き締められた密度感です。奥歯で潰す時もやや力を要るかも。
 
 そして何よりも嬉しいのがちゃんと冷やされていること。それもキンキンに!。中太麺だから熱を取るだけでも手間だし、ましてやこれだけ冷やすとは氷水で丁寧な処理をしたものかと推察されます。レモンを絞った汁はダイレクトに麺に垂らしましたが、それを食らうと一段と麺の風合いを感じる。こりゃつけめん人気なのもわかるよね!。この麺の質感とボリューム感だけでも、今の時代900円ってのがお得に感じるかもですよ。
 
 
 
 
<肉> 文句なしでボリュームたっぷりのローストビーフ!山葵で食ってもまた旨し!
 
 軽くブラックペッパーがかかってそのまま食らっても旨し!。もはや説明不要なローストビーフのテッパンなる旨さですよ。冒頭で黒酢ソース(ジュレ)と合わせて食らい、相性の良い旨さを堪能しましたが、実は別に備わってる山葵との相性が素晴らしい!。二種類の食い方を堪能できるので文句のつけようがありませぬ。
 
 また薬味でネギが多めにトッピングされてるのも見逃せません。黒酢のジュレ・山葵・・・さらにタン塩の真似事みたいにネギを巻き込んで食らっても、なかなかの旨さです。ベースのブラックペッパーとの相性が良いので!。
 
 
 
 
<野菜> 大胆カット!スティック野菜よりも極太感でビールの当てにもなりそう!?
 
 しっかし・・・野菜のカットが大胆だねー。ほぼ短めの野菜スティックという感覚。キュウリはバキバキボキボキ音を立てますし、オレンジパプリカは肉厚で甘みの高い味わいで、非常に旨しでした。これだけ太いと野菜食ったって気が高まるよね!。麺とは全く絡まないけど(笑)、私は好印象でしたよ!。
 
 
 
 
 総じまして「肉のゴージャス感とダブル酸味の突き抜け感!痛快さ求めるならこの一杯!?」と言う感想。見栄えでビックリ!食って痛快な酸味で驚き!巷の冷やし中華と比べてかなりエキセントリックな一杯ですが、この夏の締め括りの冷やし麺としてはかなりよろしいかと!。オススメでございます。久しぶりに訪問して、限定メニューも以前よりずっと意欲的なのも確認でしたし、これはちょくちょく訪問しないとな・・・。そんな応援気分が高まったところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ゆく夏を
   惜しんで食う
   冷やし麺
 
 
 
   陽射しの中に
   迫る長月
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 2件