なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.218点
最終レビュー日 2019年5月19日
3,733 2,368 13 22,170
レビュー 店舗 スキ いいね

「風花 (麺大盛)」@ユキノマタユキの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/14/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/7nlRy3Vwfbw

<そろそろ連休ボケから脱却しつつ・・・>
 
 今回2回目。「雪華」と言う看板メニューを前回は食したのですが、塩気がとても面白かった。ならば別の味わいも試してみたい。ちょうど券売機のお隣ボタンに「風花」というメニューがあり。参考写真も添えられてて・・・それが見事な檸檬輪切りのトッピングたちよ!。話のタネしようかとの気持ちもあって、今回は「風花」とさせていただきましょう!。
 
 
 
 
<全体・スープ> 時間差を楽しむ余裕があれば・・・ハッピーエンドが待ち受けてる旨味!
 
 おおお!見本写真で知ってたとは言え、逆オリンピック状態のレモンの五輪が実に鮮やかで初夏を思わせる!。細かく振られたペッパーが食欲をそそりつつ、いかにもあっさり鶏肉が汁にひたひた状態で、いかにもこれからの季節にぴったりな一杯!。ラーメンというより冷製パスタに近いセンスですがちゃんとラーメンとして成立してるのが流石!。
 
 さてスープ。誰もが一番気になるレモンのセンス。これが冒頭ではかなりの酸味肩透かしで、和風淡麗を思わせる味風景。例えるならBGMに尺八がむせび泣くと絵になるイメージです。あっさり鶏ガラ系で鶏油のような色気は排除。そして昆布・節・煮干しなど魚介系がむしろイキイキと感じられ、オヤジとしては実は嬉しい滋味を感じます。これだけでも完成形じゃないかと思えるほど。特に個人的いは節系の旨みが明るく感じられ、フツー以上に旨しと思ったが・・・・しかし、檸檬はどこへいった?あの果実感あふれる酸味はいずこへ。 
 
 辛抱たまらず、檸檬を一枚だけピックアップし、丸ごと口へと放り込みガジってみたが・・・・デザート的に旨いのであった!酸味はきついが・・・・うーん、良いような悪いような。これはきっとまだ一体感が不足しているのだろうと思い、残る4枚を全部一気に麺の下へと沈めこみました。そしてベースのスープは変化するのを待ちきれず、それまでの間は柚子胡椒を溶かしいれて味変化を楽しみました。淡麗塩スープにはテッパンなる安定した味変化。和風な味わいから一気に冷涼なイメージが加速します。
  
 後半にかかるころからか、ゆっくり仄かに柑橘系の酸味が頭角を現します。皮の苦みはなく果肉の酸味がレモンティーの如くじわじわと・・・・。そして終盤になると完璧に檸檬酸味が全体に溢れます。金属的な尖った酸味は皆無。節系昆布系のアミノ酸が上手くカバーしているのか、和食の酢よりもずっと大人しい酸味でそよ風?涼風?のような爽やかさが一気に溢れます!。これは旨いね!。スロースターターな旨みの展開ですが、最後に一気に花開く味わい。ただ素晴らしいの一言。
 
 
 
 
<麺> 高速にスベって汁と混じる!スパスパっとライトに千切れて一気に駆け抜ける清涼さ!
 
 前回の訪問で少し気に入りましたので、今回は大盛にトライ。とてもきめ細かくて透明感溢れるストレート麺。捩れも絡まりも少なく素直な素性で、すっと箸で持ち上げるだけで絵になるように揃います。汁を多少吸い込みがちだし、また汁の絡まりもいい感じ。前半の淡麗なる和風展開でもしっかりと節系の旨みを受け止めて、グルテンの糖化と絡めて味あわせてくれました。
 
 あまりにもきめ細かくて白さが印象的。なのでスマホによる写真メモも露出補正が必要なほど。芯はまったく感じさせませんが、全体的に淡くクツクツと歯切れが小気味よく、奥歯での汁と混じった潰れこみも得意そうです。この上品さなら・・・・夏場の冷やし系もかなりイケるはず!。例えば今回の「風花冷やしバージョン」なんてのは、とっておきな企画になりそうな予感!企画妄想が止まらない・・・・。、
 
 
 
 
<具材①> レモンは最後の最後に食するべきか!?実は最高の口直し的存在感!
 
 レモンはいつ食うか?また残すべきなのか?。食べ物を残すと怒られた世代ですから、後者は選択肢としてありません。ならばいつ!?。答えは個人的には「一番最後」。出汁に果実感を全部移しきったあとって・・・・抜け殻的で味気ないと思いがちだが、さにあらず!。微妙に残存する酸味と汁を吸い切った皮の部分が、実にベストマッチでして、デザート的な口直しにすら思える旨さ。見た目は悪いのが欠点。でも食うべしっすよ!。
 
 
 
 
<具材②> どんな味色にも染まり切る・・・蒸し鶏的胸肉が最高の上品なのだ!
 
 ささみだったらと思えど・・・そんな贅沢な淡泊さより、胸肉の滋味の方が似合います。いや~フカフカ!。鶏肉旨みがしっかりしてたから、ボイルじゃなくて蒸しだと思うけど、実際は知らねー。かるっくペッパーがふってるのと、白髪ねぎ、そしてレモンの移った香りと酸味で美味しくいただけます。白ワインと合わせてもグッド(店に置いてないけど)。
 
 
 
 
 総じまして「熱気を感じる季節に初夏の清涼感駆け抜ける旨み!淡麗&清涼なるコンテンポラリー塩そば!」と言う印象。まだ開店して一年たってないけど、夏場に勝負できるアイテムあり!といった一杯。冷やしバージョンできたら更に良し!。勝手に期待してしまうが、温麺でもバランスいいので、こちらに地縁のある方なら一度くらいは実食をおススメ!。他の汁麺やつけ麺もありますから。そんな応援気分でとっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   汗ばみて
   初夏を匂わす
   陽気哉
 
 
   気分爽快
   酸味でしゃっきり
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「焼豚塩中華そば」@いしかわやの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/08/000000
とまそんのYouTube: https://www.youtube.com/watch?v=8n5PMllZHcs

<10連休!最後に落ち着く質実な一杯で締め!>
 
 麺釜には手慣れたお兄さんがしっかり控えておられましたが、今回は若い女性がメインなポジション。おお!これは思わず応援気分です。別に違和感なく慣れた手際だったので応援も必要ないほどでしたが(笑)。きっと令和のラーメンシーンはこんな女性進出が間違いなくフツーになるのでは?。平成はラーメン女子が当たり前に。令和は女子ラーメン(屋)が当たり前になるのでしょうか。そんな頼もしさを感じて、直接女子から配膳されたのが、この麺顔でした・・・。
 
 
 
<全体&スープ> 程よい塩気は軽い煮干の甘みにピッチリ響く節系のたゆとい旨味!ベースの鶏ガラに粗さなく、まさに崇高塩味!
 
 おおお!絵になる麺顔もまさに付加価値だね!柴崎亭譲りの麺の美しき巻き巻きスタイルもさることながら、チャシューがトランプのようにズレて並んで尻尾は巻き巻き!。透明度高いスープも垂れこめ、空と海と大地を感じさせるじゃないか!。そして言わずもがな・・・どこを切り取っても質感の高さがビシビシと伝わってくる!。
  
 思えばこちらのお店のデフォルト状態での塩スープは初体験。魚介系と動物系の見事な一体感!そして高まる鬩ぎ合いを感じる味わいです。ベースの鶏清湯と、魚介系タレの二重奏。まるでダブルスープかのように味わいが映える!。まず最初に感じられるのが仄かな魚介。最初はすごく節系のエキス感が高いと思って、それが塩気と結びつくものだから「塩中華!」って言う主張すら感じる味風景。
 
 そしてだんだんと舌が慣れてくると、他の味がじわじわと感じる余裕も出てきます。節系と思い込んでた魚介旨味の中には甘みも感じられて、その落ち着き加減から煮干と察します。片口のような苦味と香ばしさがとても低い為に、白身魚系かうるめの類かと邪推しますが、スッキリした魚介イメージがずっと続く。そして後味に塩気を感じ、さらにその先はほんの微かな酸味すら覚えます。白醤油??と勘ぐったけど、それはないか・・・。ともあれ意外と魚介のイメージが先行するのは意外でした。これも風邪ひき最中の馬鹿舌ゆえのことか??。
  
 しかし中盤からは確実に動物系の腹持ちの良さそうなエキス感が表に感じられれます。香味油かと思ったのですが、とても穏やかな鶏ガラ系のスープが広がります。鶏油の色気は抑えめで滋味深いところを追求か?。サラサラに覚える滑らかさで、コラーゲン感覚は低めですが旨味は十分。次第に舌が敏感になってきて、純鶏でもなさそうなイメージがもたげてきます。脂身多めの焼豚がどどん!と投入されているから、そのエキスでも溶け出したかのよう・・・優しい豚の印象も少し感じたか感じてないか・・・?
 
 
 
 
<麺> 田村製麺:柴崎亭譲りの美しきローリング!アルデンテ意識か風味よく芯の柔らかさすらあり!塩出汁に寄り添う小麦風味も楽しい!
 
 この麺のパラレルの美しさと規律正しいローリング。平ザルのなせる技ですね。長い菜箸をこうやって使うのかととても勉強になります。茹で上げ引き上げの麺の塊の中心に箸をあて、引き上げると麺が揃う。あとは平ザルと箸を丼に流し込みながらロールを作り、最後に箸を抜く。今度自宅で、夏の冷やしパスタで試してみようかしら(笑)。
 
 
 とても色白なストレート麺。健康そうな地肌は決めの細かい漆喰のようなツルツル感。見栄えから加水の低さを伝えます。歯ごたえはパツパツとまでは行かない程度の加水の低さと密度感。それでいて緩くともしっかりとした芯を感じさせ、前歯で千切るたびに粉の風味を感じさせます。やがて汁吸い込んでしまうだろうと思ったけど、オレが食うスピードが早いためか、最後までじんわりとした芯の風味がキープ。これは気に入った!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 高級オードブルかと思える肉旨味の濃ゆさよ!大判肉厚が4枚の大奉仕品!
 
 盛り付けも美しいが、肉自体も実に美しい!。赤身のピンクと、乳白色の脂身のバランスがとても良い肩ロース肉。これには一部筋があるはずんだんが、見事に排除?。そしてどこから歯を入れても優しく千切れるようになっています。今をときめく低温調理の傑作、半レアチャーシュー。これが大判で4枚も入っているから確実に嬉しい(少しミドルサイズのも紛れていたから、正確には5枚??)。
 
 割としっかりとした薄味(矛盾した表現?)。薄い旨味が集まってしっかり深まるといったところ??。半レアなのに熟成かと思うほどに肉旨味の風合いが頼しかったです。だからとても高級に思えてしまいました。食っても食っても肉がある幸せよ!。一番最後の一枚は、少し湯だってしまった色合いになってしまったけど、それでも汁を吸い込んでいたから、それはそれで良しだね。カップルで訪問して、一人は焼豚追加して、あとはシェアするとよろしかろうですな。一度この店は嫁さん連れてこようと思ってます。この肉は彼女も褒めてくれるはず。
 
 
 
 
<具材> メンマ侮るべからず!
 
 短く。小ぶりな材木状ですが、メンマが快感!。たまたまなのか繊維質の細かさが素晴らしく、噛みちぎっても一つの個体のようにブチブチと切れる感覚がなし!。そしてちょうど味の浸透もよく、塩スープを邪魔しない。冷酒にはぴったりですね。
 
 
 
 
 総じまして「明るさと美しさに崇高感すら覚える春爛漫な肉塩中華そば!」と言う感想。結局こういう一杯に戻ってしまうのか、食ってて心が喜ぶ。嗚呼、長い連休もこれで最後で締めくくりの一杯。相応しい質感だったと満足です。後半風邪の微熱で苦しんで、予定していた遠征活動もできなかったけど、地元周辺で普段行けてない店をフォローできたし、近場の有力な新店舗も訪問できたし!。これでまた仕事が始まり夏休みまで気が抜けませんね。引き続き令和のラーメンを探訪してゆきたいと思います。そんな決意をしつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   連休も
   あっという間の
   終焉に
 
 
 
   塩っぱい思い
   塩出汁沁みる
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

「[限定]彩り野菜とあさりのタンメン」@中華蕎麦 はるの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/04/000000
とまそんのYouTube:https://youtu.be/VuTWyK4og64

<春盛り実感の大型連休!それらしいのを求めて食って来たよ!>
 
 ツイッターで春限定メニューがあまりにも綺麗だったから、思い切って突撃してみました。「タンメン」が見たこともない風貌だったもので!。そんな前のめりで勢い余って、開店より少し前に到着したところ、ところがシャッターがビッチリと閉まってた。あれれ???全く中の動きが感じられん。嗚呼・・・・休業か・・・と膝落ちの悔しさ。もう泣くしかないよー。それでも、こじつけのように近くのユニクロで買い物して、この地にやってきた意味合いをつける。で、もうとっととここを立ち去って、鷺ノ宮へでも向かおうと思ったところで店を見たら、なんとやっぱり開店してた(汗)。早合点が過ぎて、全く余計な買い物をしてしまいました・・・・、もっと落ち着いて行動しろよオレ!。
 
 
 
 
<全体&スープ①> あさりの滋味が沁みるぅ〜!野菜の甘みに染まるぅ〜!まさに春の命を味わうようだよ!
 
 おおお!この麺顔の美しさに会うためやって来たのだ!まさに彩り!春の生命の躍動感に溢れるような和み明るい元気な色合い。日本の大衆タンメンを、仏プロヴァンス風に仕立てるとこんな感じになるのでは? 日本の春を表す緑は菜の花だ。しっかり色濃く存在感を表しつつ、菜の花の間をゆらゆら行き交う蝶々のように、ぱっくり開いたあさりがあちこち散らばってる。まるで春の菜園のような麺顔ではないか!。そしてGWに食うべき一杯。心まで華やぐ。
 
 これは食い始めてから終わるまで、ずっーーーと楽しい一杯でした。まず最初の味わいは、野菜よりも「あさり」が勝ちでした。勝ちと言ってもどぎつくなく、じわじわと滋味溢れてその旨味を拾い集める味風景からスタート。まず出汁を小ぶりの中華鍋で温めつつ、冷民させたあさりを5粒投入するところから調理は始まるようです。そしてあさり貝殻の開き具合を見計らって、釜へ麺を投入し、予めまとめてあった野菜たちを中華鍋へと放り込みます。よって炒めというより「煮出し」感覚のあるタンメンであり、具材たちもストレスなく旨味を吐き出すと言った味の心象です。この5粒もあさりがあれば十分で、出汁が具材全体に浸透するというプロセスです。あさりの味フォーマットで物事が進んでゆくよう・・。一見裏方のように感じる貝の煮汁が、ここでは全面的に明るく振る舞い、塩気に響く旨味がもうたまりません。
  
 そして野菜の甘みに徐々に意識は向きます。水分多めな野菜たちですから、熱と出汁の影響でゆっくりと風味を吐き出す。一番印象深いのは、キャベツともやし。キャベツのナチュラルな甘みと、もやしの仄かな甘みが、あさりの味を邪魔することなく、静かに浸透してゆく様子。野菜をあさりの塩気で頂くという格好になり、口に含むまでのあさりの印象が、ゆっくりと彩り野菜の味風景に移ってゆきます。
 
 
 
 
<全体&スープ②> 味のまとめ役は・・・鷹の爪!
 
 穏やかな春霞のような味風景に全体が染まります。春野菜の甘みと、あさりの滋味。決してボヤけた味わいではありませんが、そこに凛とした筋を通すのが「鷹の爪」。ほんの少しですが、汁にゆっくりと溶け出して旨さがいきなり立体的にすら感じ始めます。
 
 野菜に対しては甘さに辛味が加わり、旨さの軸が一気に線から面になったようなイメージ。例えば具材に入っているプチトマト。この旨味成分はベースの出汁に使われている昆布と同じグルタミン酸。なのでそれだけでも十分に旨いんだが、フレッシュな甘さにピリリとした辛味が加わると一段と突き抜けた美味しさに昇華したイメージです。ふやけ始めた鷹の爪と一緒に野菜を食うと美味いから是非試してほしいかもー。これと同じような展開が、あさりの旨味成分コハク酸でもイメージできるという感じです。
 
 
 
 
<麺> タンメンらしい中太で密度控えめの汁を吸いがち麺!微妙なボコボコ感が馴染む!和む!
 
 流石に麺は、通常の麺とは変えてますね。ややグラマスな中加水の麺で、健康的な黄色が玉子麺の上質さを感じさせます。打ち込み・粒仕込み・密度感としては、やや低めで、前歯では小気味よくスパスパと切れ込む。風味よりも汁を吸い込ませた旨さが得意な感じで、ぐいぐいと旨味を吸い込んでゆきます。形状はきっぱりとしたストレートさはなく、ミクロにボコついたようなフォルム。表層薄皮一枚だけ、茹で上げの透明感が見て取れました。
 
 タンメンにぴったりな感覚。いろんな野菜をよく引っ掛けては混じり込ませます。特にモヤシとは絡みやすく、麺とは対照的なシャキシャキとした歯ごたえと一緒に奥歯で潰す旨さと楽しさは格別。個人的にはマッシュルームと絡んで奥歯で潰す時の味わいが好き!。マシュルームも干し椎茸と同じようにグアニル酸を含んでいるのでしょうか・・・。小さくても濃密な旨味を深く滲ませるので、炭水化物と一緒に潰すととても美味いですね。あとはもうスイッチが入ってしまって、無意識でズボボボボっと一気に啜りあげました。もともと汁の持ち上げは低いので、レンゲで汁を掬いつつ一緒に味わう!。
 
 
 
 
<あさり> 出汁煮立ちで開いたところを瞬時に仕上げる!一人前づつの丁寧さ!
 
 粒を数えるのは意識しなかったんだが、殻を置く小皿を用意してくれたから、積み重ねてゆくと5粒あった。十分満足。上述の通り、作り置きのできないあさりの煮汁。なので一つの中華鍋で一人前ずつ、熱であさりが開くのを確認しながら、作り続けるのね。貝殻が開いたばかりの身は、熱々でふかふか。嫌味のないジワっとくる味わい。5粒もあれば丼全体に行き渡らせるのに十分です。旨し!。
 
 
 
 
<彩り野菜> 春の菜の花!夏のズッキーニ!季節の移ろいを表現
 
 一体何種類野菜が入っているんだろう。キャベツ・ズッキーニ・菜の花・マッシュルーム・プチトマト・モヤシ・オクラ?・・・・そしてこの店のシンボルアイテム「たけのこ」。春の「菜の花」と夏イメージの「ズッキーニ」が何となく共存しているだけで、季節の移ろいを感じさせていいね。またキャベツが葉野菜の中でも部位によって色合いや歯ごたえ、香りも甘みも変化あるため、もっといろんな野菜があるように思わせてくれます。食い進めていくうちに、これって「タンメン」だったことを忘れてしまいそうな、華やかな上質感がナイス!。
 
 
 
 
 総じまして「食うだけで季節と命を感じる一杯!旨さは誰にもウケるボーダレスな崇高タンメン!」と言う感想。後客も次々とこれを注文してたので、人気の高さが十分伺えました。一人オペな店なので、大変だと思うのだけどテキパキと調理が進んで、そんなところも仕事の確からしさがうかがえる!。いい店です。どうも季節毎に限定を開発し続けている見たい・・・迂闊にもこれまで食い逃してました。本来限定麺を追いかけることはしないのですが、ちょっとここのは定点観測かな!。アクセスに苦労しない方には激しくオススメです。そんな感動と応援を込めて、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   盛んなる
   木々の息づき
   春爛漫
 
 
 
   季節と命
   溢れる湯麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「味玉中華蕎麦<塩>」@宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/03/000000
とまそんのYouTube; https://youtu.be/Deapi3Yilxw

<大型連休だから呑んだくれ〜、しじみエキスをくれぇ〜・・・には丁度良い新店舗>
 
 いいね〜雑色!。天気もよかったからか。大田区のいい意味の庶民的感覚がいい。ベロベロな酔っ払いが道に座ってとぐろまくことは一切なく、とっても健康的な商店街。酒のアテに最適なテイクアウト専門庶民的焼き鳥スタンドも煙もうもうとあげる横では、スーパーな八百屋が元気だ。途中、たい焼きやがあってそこそこ人気。ここではスイーツはたい焼きなのだ。またドトールはあったものの、絶対にスタバが相容れない雰囲気がオレは好きだね。短い横断歩道で車が通らなくても信号を守て横断歩道で待つ。民意度も高いのだ!。歩きタバコも1人にしか居なかった!。何となく素晴らしい!。
 
 
 
 
<全体&スープ> 確かにしっかり・・・そして優しい「しじみ」感覚!他の出汁エキスがマスキングしない計算高さ!
 
 おおお!このスープの霞具合!・・・貝好きなら直感的に分かるエキス感!。アサリが「陽」ならば、しじみは「陰」。そんな滋味の中の滋味を感じる、和風な落ち着き。まさしく「令和」を迎えるにはフィットする淡麗塩しじみ汁であります。しじみの出汁などは、その実力にしては、何となく派手な扱いされず、陰に隠れた存在。しかし令和の時代は、そんな陰の力がパワーを表に発揮する時代なのでは?・・・・と、ちょっとノストラダムスってみたオレです。
  
 いや〜、そうも言いたくなるよ。しじみのラーメンは初体験ではないが、これほど「しじみ」味が、ラーメンフォーマットとしての成立と完成度を感じるのは初めて。都内では毎日のようにラーメン店が開業しては潰れていく。そんな中で「しじみ」でいきなり独自な「居場所」を見つけた感がありますよ。ただ・・・オレはラーメン変態的だから、一般的基準にはなり得ないからごめんなさい。
  
 それにしてもこれは、フツーに「塩ラーメン」と一緒にしていいのか?。塩味オフされてるんじゃないかと思えるほど、しじみの滋味に賭けた感を受けました。しじみの滋味を生かす!そのために塩自体の味を出しゃばらせてはいけない。関東では特に「塩味」は旨味と直結するので、これを抑え気味にするのは勇気に匹敵すると思うんだが・・・・。しかしいいバランスを見つけたものだよ。出汁の旨味を受け入れて表立った旨さ。もし不安定さがあったとしたら、照れ隠しと解してほしいくらい。
  
 スープを確認するために、レンゲで汁を透かして見るけど、その霞具合が・・・嗚呼「貝類」エキスそのもの。分かる人には伝わるはず。貝の旨味って、動物系にも、他の魚介類系にも混じらない旨さだから扱いにくい。また他のエキスと相乗効果が薄いばかりでなく、濃すぎるとエグくなる言う欠点があるから扱いにくい。だから、貝の旨さは「ピンポイント」。それを敢えて一般大衆的ラーメンに応用してこの旨さだよ!。付加価値のすごさが少しでも伝わっただろうか。新規開店で、しじみラーメン専門ってすごさが少しでも伝われば幸いです。
 
 
 
 
<麺> 菅野製麺所:しなやか物腰印象的な角細!ストレートやや多加水麺!しじみ出汁吸込み淡白な雰囲気封じ込める崇高質感!
 
 非常に素直な麺ですね。粉感とか風味感や甘みで強くアピールすることなく、汁を吸い込んでただ寄り添うだけのような清々しさ。麺で淡麗と思えるのは珍しいかも。汁を十分に吸い込んであっけなく糖化して甘みを吐き出す単純さをあまり感じません。グルテンの主張はとても少ないが、汁を吸い込んでからの旨味昇華を期待したい。麺に沁み入るしじみの旨味は、マスキングされることなくそのまま炭水化物を介して、口の中に浸透するようなイメージですよ。これは面白い美味さ!。
 
 ちなみに麺量はやや少なめ。ただオレのようなオヤジには、滋味深さを堪能したのもあって、もうこれで十分楽しませてもらったという感じ。因みに丼は反り返った現代風の形。最後を食いきるのが難しいタイプ。汁と麺を少し残しておいたほうが得策ですよ。その勢いでまとまって飲み干せば、完食完飲達成ですから。
 
 
 
 
<チャーシュー> ピンク色の半レア感キープのライトロースト豚チャーシュー!見栄えより淡麗で滋味深し
 
 この店には、チャーシューに違いを楽しんでもらうために、サイドメニューに2種類のチャーシュー丼があるのです。「吊るし焼きばら丼」と「ローストポーク丼」。塩系の中華そばに乗ってるチャーシューは後者が配されます。同じ肩ロースなのか?。肉質がメインの部位で本当に肩のトップ部分にあったものか?。そしてもう片方は明らかに胴体側面からバラ肉方向に近い肩ロース肉?のように脂身が多め。どちらも軽くローストしたような風合いがいいね。低温調理のいいところも踏襲したような外観。
  
 スープが敏感だからトッピングも気を使うね。ダラダラと脂の甘さが垂れることなく、かといってローストのブラックペッパーが強いこともない。薄くそれらが染み込んで、ゆっくりと肉の旨味に結びついています。軽い塩味がじわじわと広がる。後追いで脂の甘さが垂れますが、外周にある胡椒が香味を発散し出して・・・・薄味のくせに味が深い。部位ごとに歯ごたえも違いますし、脂の香味と量も違うから、感じ方はかなり左右されますので悪しからず。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 少し緩めのトロトロ感!淡い塩ダレ風に浸透したナチュラルな卵味が全体を邪魔しないね!
 
 最後に味玉。これだけ繊細な汁だと、卵黄が混じることも気おつけたいし、味玉製造としても計算に入れたいところだと思ってた。ところが、実際はとても緩めな卵黄で緩々トロトロ。すーっと溢れて汁に混じって濁りそうなほどです。浸透した出汁はシジミに直結しない。素直な塩系の溶け込みが玉子本来の味わいを引き出してくれる旨さ。まさにナチュラル。そして微妙に甘みを感じさせる出汁も含まれているようで、塩気と甘みのハイブリット感。思い切って白飯に乗せて、そのままぐちゃぐちゃさせて食らうと旨そう。とっても上品な質感なんだけど・・・・。
 
 
 
 
 総じまして「想像以上の大人の落ち着き感じるしじみエキス展開!オレの肝臓大喜び!」って言う印象。評価高くていいと思いますが、親子連れで来てる方々には、子供には醤油をお勧めするとして、大人はやっぱりこっちだよ!。今後更に軌道にのると、和え玉とか出てきそうですし、これは気になる!。落ち着いた頃に・・・日本酒のラインナップ追加もお願いしたい次第。大人の旨さが得意そうなので・・・。そんな今後の期待を大いに寄せながら、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   雨上がり
   令和始まり
   清々し
 
 
 
   薫風香る
   しじみの癒し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「柚子塩+豚チャーシュー+煮玉子」@IRUCA-Tokyo-の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/02/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/fkZmrfnh5kQ

 それにしても贈花が凄く華やか!一燈の坂本さんからのが一段と存在感あるかな?。開店と同時にあっと言う間に店内に人が吸い込まれて、外待ち客発生状態。そして次々と行列が長くなり、結局ざくっと20〜30名はこれを目指して集まったと言う流れでした。オレもネチネチ情報チェックしてる方だが、みなさんもスゲーぜ。
 
 
 
 
<全体&スープ> 丸鶏の芳醇さにガラのエキス感たっぷり!魚介が染みてググッと落ち着きと華やぎ感じる塩感うまし!柚子はナチュラル清涼感!
 
 おおお!なんのなんの!見た瞬間から美味いヤツって分かりますよ!質感の高さが込められており迫力とすら思えますもん!。巷で近年あるある系なネオ中華そばには違いないが、スープの濁り具合は、素材煮出しの丁寧さが如実ですよ。手間を感じる素材コンプレックスな霞み。それが旨さを感じさせる!。
  
 ともあれまずはネオ中華にしても、どんな展開か楽しみで確認し味わいましょう。まずはネットでのSNSでの触れ込み通り「名古屋コーチン」なる鶏系の味わいは想定以上の美味さ。すごく好きになりそう!。霞んだ塩スープ感から、鶏油のバターのような濃密な甘みはないと想像してたがその通り!。ではぴっちりとした鶏清湯かと言えばそうではなく、ググッと芳醇なのですな・・・・。きっと手間をかけた丸鶏の煮込みなのだろうと思ってたら、実はウンチクがきによればもっと手間があった。大山鶏のガラも煮出した二段仕込みとは!。乾物系が濃ゆいのかと思ってたオレって馬鹿舌〜。
  
 また魚介系はほのかに察しがついたつもりでいたが、煮干のような落ち着き感がありつつ、独特のエグ味は全くない。節系でも中には香りが強めもあるよなと思ってはいたが、ウンチクがきによれば、トビウオと他の煮干とありました。なるほど・・・あご出汁主体でだったか。ともあれ、鶏と煮干の二本柱でかなりの奥行きを表しますから、見た目も合わせて素晴らしい仕上がりと言えましょう。さて看板にも書かれている「柚子」。これは良い雰囲気の柚子味展開です。柚子の微妙なジリジリとした酸味と淡い苦味が苦手なら、これはそんなの感じさせませんからご安心を。柚子の皮を摩り下ろした苦味は皆無。確認することなくスープに溶かしてしまったから・・・・無念。
 
 
 

<麺> 急遽麺変更!いやいやどうして!加水低めなのにしなやかな感覚!ゆるりとして粉感覚が実に悪くない!
 
 割と加水が低めの麺。加水が低いと要するに粉と混じり難いから、打ち込みや、ローラーを通す回数が増えると感じてしまいます。だから麺自体に密度感が出てくるのかと妄想してますが、これはパスタ等強力粉での私経験。こちらの麺は、不思議に密度感が低めなように全体がしなやかなのに、「味にしっかりと粉感余韻を残す」といったところです。そこが汁と馴染むと面白い反応をします。
  
 ここからは120%妄想。汁を吸い込んでるのに、粉感の風味あり。歯でちぎった断面は見たけど芯はなし。前歯でちぎってズボボボっと啜りやすいのは、全体がしなやかな証拠。おまけに寄り添うからスープの持ち上げもよろしい。スープを半分すすているのに麺の風味が生き生き。たまらず奥歯へ運ぶと、あとは無意識にクチクチと潰してのど奥へと落ち仕込む事を繰り返すだけ。唾液が溢れるのを自覚しましたが、潰した直後の旨味は、とても上品で泣ける・・・。この麺は、大盛りのときどうするんだろう?。まだ券売機にも、お品書きにも表示はなかったが、替玉にでもするんだろうか?。ちょっとこれは後日再訪問で確認したいところです。
 
 
 
 
<チャーシュー> 鶏むね肉に追加で豚肩ロース!共に低温調理の今風の旨さ!塩気に肉の旨味が舌の上に広がり一気に唾液洪水〜!
 
 いわば完成型・完成美を思わせる肉味ですな・・・。豚肉の見栄えは、もう見るからに鮮烈なサクラ色。いやローズピンクと言ったところか?。旨そうなところを箸でリフトすると、自重で肉繊維断面がバコっと割れて、その隅々までスープが浸透しているのが分かります。妙にスポンジを引っ張ってる気持ちになる。そこを一気に口に入れて噛んでゆく。スポンジを伸ばして吸い込ませた後、一気に絞るのと同じね・・・・。溢れ出る汁は肉の旨味を一気に引きずり出してくるから・・・・もう堪らん!。いくらでも食えるぞ!これもきっとゼロカロリー!。
  
 一方の鶏胸肉もこれに食い方似ているけど、肉自体が少し淡白だから、ちょっと味風景が違うね。豚肩ロースが、噛んで肉汁を引きずり出すような感覚に対し、鶏胸肉は、汁を吸いきった胸肉本体の味変化を楽しむような感覚。鶏胸肉に含まれる下味スパイスに、スープをぶつけて一体感を味わうような感覚かな・・・。何れにしても、豚も鶏も最高の仕上がり具合。さすが凪と一燈を経験してきた店主だね!。
 
 
 
 
<メンマ> 不思議な「甘みと円やかさ」の調和が面白いね
 
 ちょっとだけ気になったので短く。柔らかいメンマの代表である「穂先メンマ」。この穂先メンマは少し主張してた記憶です。筍の煮付けに近い旨さもありつつ、何か香味が何か添えてある。何だろうこれ・ってずっと食い終わった後も考えていたんだが、自宅で酒飲みながら、桃屋の「やわらぎ」を食った時に気が付いた。「やわらぎ」にオレはいつも胡瓜の千切りと、胡麻ラー油をかけて食うのだが・・・そうかあれは「ごま油」の香味ではなかったかと!。またこれを確かめに行かなくてはならなくなった(笑)。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 熟成というより出汁感の効いた甘味がまろやか
 
 メンマの発想にも通じるのが、味玉(煮玉子)。いつも「熟成した旨さ」「マチュアな甘み」とか述べてるb分ですが、素材本来を超えた別の旨さへ昇華した例えです。基本的には味(出汁)の足し込み。卵黄が半熟であったり緩めだったり、白身がフルフルで柔らかいと、足し込む味の一体感が高まります。さてこの味玉・・・割とハードな熱通し。芋羊羹より粘度が高い。自分のこれまでの考えだったら、味の一体感が低いと思って塩をふるところだが、なんのなんの・・・・・芳醇な出汁感溢れる旨味。甘さとすら言っても良いですよ。白身なんて深い浸透感じさせる色合いで、しかも全体にムラがない。これは意外とご飯と合うのかもしれません。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 

 総じまして「東久留米に新たな崇高ラーメンの脈動!令和の名店誕生か?」と言う旨さに応援気分。まだ開店初日でこの質感。多少のバタバタ感があったり、またメニューラインナップもシンプル。今日は助っ人いたけど一人オペにいずれはなるのか??。しかしここは人気が出ますよ。行列のびて近寄りがたくなる前に、まめに再訪問させてもらいましょうかね・・・。令和初日にいい店めっけ!。そんな喜びと共に、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。(「凪」と「一燈」での経験と縁で今後発展してね!)
 
 
 
   五月晴
   穏やか凪の
   初船出
 
 
 
   いつも絶やさぬ
   感謝の燈
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にご馳走でした!!!

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺(塩)+煮玉子」@神名備の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/30/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/u8REHZqrqOs

<平成のうちにカタをつけたい一杯!迫力の肉とホスピタリティを求めて!>
 
 東京に住んでて、これほど食っておきながら、まだまだ都内の探訪宿題が終わらない。今回のとんでもないロングスパンの大型連休に、一つでもクリアしたいのが「神名備」さん。スゲー頭のいい学校の生徒さん達が、クラブ活動から下校してるところに混じって、テクテクと西日暮里駅から歩いてやってきました。嗚呼、やっぱり案の定シャッター行列。連休中は空いてるかと思いきや、やはりラーメン好きは考えることが同じなのかもしれません。
 
 
 なぜこれまで訪問を後回しにしてきたかって? それは価格設定の超強気なこと。千円の壁は優に超えておる上に、ちょっと拘りを追加すると、二千円超えますからね〜。もうこれは盆か正月な気分でしか訪問できないわけです。なのでせっかく来たのだから、ここでヘタレてはいかんと「チャーシュー麺(塩)」に煮玉子」を追加させてもらいました。さてこちらの特徴は価格だけではありません。接客のホスピタリティ。ホール担当の女性の接客も興味があるところ!。なるほど〜〜〜噂通りでありますよ。詳しくは拙ブログにて。全体が長いのでいつもここでは、一部カットしてます(笑)。
 
 
 
 
<全体&スープ> 豚エキスが芳醇なれど薬膳思わせる複雑旨さ!飲み干して罪悪感なし!
 
 なにににぃぃぃーーー!噂以上、予習以上の肉迫力!これはマジで天地返しすらままならぬバランス感覚で肉が山盛りに盛り付けられてる。断崖絶壁の孤島のような気高さか!。中にはもやしがあり、重さを緩和しておりスープは濁り系なものの、多少ライトでコラーゲン的には低め。ヘビー級一辺倒でない調和のとれた感覚で、一見ワイルドだが丼のなかはエコシステムって感じです。
 
 まず肉にガッつきたい気持ちを抑えて、最初にやることは、溢れそうな肉の一部を取り皿に移し替えること。レンゲさえ入らないからね。そしてようやくスープを味わうが、思った以上に優しい塩気の輪郭。またもっとオイリーと思ってたがゴクゴク飲み干したい感覚になってしまう。ただ色んな味わいがして、動物系と言い切っていいのかも分からなくなる。とにかく複雑な旨さ。

 とは言っても、豚骨豚肉の煮出しは感じます。アク抜き完璧で余計に骨髄溶かしてないようなスッキリ感。口の周りがベトつかない。でも魚介系や乾物も溶けているような旨味が深く、因数分解が出来ない。それに豚だけでなく鶏コクも滲んだようなまったり感もあるかのような複雑さ。なので全体的には塩気よりも素材旨味の方が印象強いかな。個人的には塩っぱくなく、マイルドなエッチングでありました。
 
 また、ポイントは八角。八角が少し溶けているようなイメージ。これがあると言うことで、かなり全体的には薬膳的なスープ感に支配されているような気がします。だから過度な塩気が抑えられているとも言え、脂質摂ってる罪悪感が軽減されるような思い。食って精算するときに見えたんだが、クコの実やら健康に良さそうな調味料がありました。なるほどー、これは無化調以上の気配りって感じます。汁飲み干して正解。
 
 
 
 
<麺> やや肉厚な細麺!軽くうねった素朴さ!重く感じさせずスパスパ食わせる馴染み易さ!
 
 食う前から迫力の肉と、複雑な旨味と薬膳系機能を含む出汁という・・・超個性の強さを受け止める麺。なかなかハードルが上がってしまいますが・・・・うん!それらとうまく合わせた感じがします。つけ麺とか濃厚系な汁系で馴染み深さを覚える、中加水で肉厚な細麺。汁系では中太一歩手前な感じで、つけ麺では細麺イメージなフォルムです。縮れはないんだが、多少の捩れとボコボコ感があり。それだけに素朴感が全体に漂い、肉のワイルドさと妙に合います。
 
 一見もちもちしていそうですが、密度感がやや低めで弾力的とは言い切れぬ質感。密度感も低めでどちらかというとスパスパと前歯でリズミカルに切れ込むのが楽しいタイプ。何となくチャンポン麺にも通じるところはあるんだが、小麦風味はこちらの方が強めって感じられます。汁を吸い込み易いかなと思ったんですが、脂も吸い込んだようにニュルッとしますので、見栄えよりはライトに啜って食える感じ。奥歯では一撃でクチリと潰れて、汁の脂質の旨味と、麺の糖化した旨味がぶつかった一体感がまさにうまい。
 
 また薬味のネギと混じったもやしがいい仕事をしており、この多少ボコった麺と直径サイズが合うのか・・・妙に絡みまくります。クタッとした感覚も低く、スパスパシャキシャキとこれらが合わさった歯ごたえがまた面白い!。トッピングの追加で、もやしってのもありかもしれませんが、すごくこれ以上高くなったりするカモだな・・・・悩ましい。
 
 
 
 
<チャーシュー> 食っても食っても減らない気分!仄かな八角風味が染みて自重で崩れる柔らかさ!
 
 一枚で、小型スマホ並みのインチ数と厚さ。一枚一枚が確実に iPhone SE かそれ以上の体積があり、それがトランプでいうブリッチを作るように肉の角と角を合わせて立たせている・・・そんな気さえする盛り付け。それが360度ぐるりと合わさってて、誠にインスタ映えする画角を捉えることが可能。多分、ここでラーメン食ってスマホで写真撮らない人ほぼゼロなんじゃないかと思います。
  
 さて肉。豚と言えば二郎系のコテコテ脂身コラーゲンが醤油で煮られたようなオイリー仕上がり。ワイルドな肉ならこれを連想するが、それとは真逆。どちらかと言うと、程よく脂が残っているものの、全体的にはスカっとした脂の抜けがあって、そこがまた汁を新たに吸い込んで旨いと思える出来具合。個人的には、東池系大勝軒で見かける肉に近いかと。アップして見ますと、赤身と脂身が入り混じり赤身の隙間に脂が再浸透して固まったよな質感。また別の肉は表面の肉繊維が割れたように隙間が細かく出来て、そこに汁を入れ込んでまさしくスポンジ化したものもあります。
  
 確かに冒頭で説明してくれたように、これだけ肉があると麺と汁の熱を奪ってしまうというものだよ。冷たいんじゃなくて、汁ほど熱々な肉は期待できないものだから、どうしても温度差と体積の差があって肉に熱を奪われてしまう。しかしスープとは逆の立場だと、汁吸ってまた生き返る以上の旨さをゲットした感じで味変化したかのような旨さを獲得です。
 
 見た目ワイルドだから、多少の歯ごたえあると思ってたんだが、全然柔らかい。この分厚さとこのサイズで成立するんかいと思うほどで、箸で少しリフトしただけでも「完全に持ち上げたら割れそう!」と思えますもん。繊維の割れ目に箸を入れて、その手の少しの力で容易に割れます。これは最後まで気をぬくことなくしっかりと味わい尽くしました。何と麺をはじめとする固形物を差し置いて、丼に一番最後に残ったのは肉だった。食ってる最中、並行して肉食ったつもりだが・・・。肉好きなら一回食っておいて損はないと思う!。
 
 
 
 
<味玉ハズレなし!> 玉子本来の味キープで優しく染みる出汁!ほんのり甘みが好印象!
 
 味玉は100円。しかし外税。トッピングと麺大盛り価格は、常識的な価格設定で、ここでは格安に感じてしまいます。さてこちらの煮玉子(味玉)、かなり白めな色合いですが、白身を箸で触ったり、前歯で噛んだ潰れ方からすると、とっても深く浸透した出汁で、フルフルとしている感覚がいいです。かなり浸透している割には熟成したような甘みの強さがなく、割とすんなりとしているのが印象的。フレッシュさが残っているし、また玉子本来の風味も色濃く感じられます。卵黄は緩めなタイプで、慌てて食うと弾けるかも。ゆっくり味わいましょう。季節の炊き込みご飯とも相性が良さそう。嗚呼、やっぱり今回もいつも通りに、味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「ド迫力なワイルド見映えに反して、優しさ極まる柔らかチャーシュー麺!肉好きなら一回食っとけ!」みたいな感覚。食った後、ほとんど肉しか印象に残らずかもしれませんが、体に負担かけない自然食重視の姿勢も強い。これはまた折りをみて醤油か、酢辣麺も食べてみたい!そしてまたあの接客の姿勢も体験したいし!。そんな感じでご馳走まさ。感謝の気持ちも込めて、とっとと最後に詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   麺探訪
   平成浮世の
   締めくくり
 
 
 
   レベル凄いぜ
   価格と旨さ
 
 
 
お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉生姜塩そば」@煮干しつけ麺 宮元の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/25/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/afhHum9kcBY

<憎々しき憂さ晴らしに 肉肉しい生姜そばはいかが〜>
 
 今回は煮干し狙いじゃありません。生姜狙い。前々から気にはなってて、いつか食おうと思いつつ、どうしてもいざ来てしまえば煮干しの誘惑に負けてきたオレ。今回は、煮干し専門店がくりなすレギュラーメニューの「生姜そば」をゲットです。どうせなら濃厚煮干しと一番対極になろうと思われる「塩」でさっぱりと頂こうとと言う算段!。
 
 
 
 
<全体&スープ> 生姜の滋味がキレッキレ!ジットリしたエキス感なのにどこか爽やか!肉香ばしさも浸透したスタミナ感!
 
 おおお!意外にフツーに素朴な麺顔で逆に驚くかも?。今ではすっかり煮干しの名店なんだけど、元は一燈系譜の崇高感を引き継いでいる。なので実はピッキーンン!とした張り詰めた崇高感があるものかと思い込んでおりました。霞んでいる出汁感も想像以上に濃ゆいイメージだったからかもしれない。しかし、次第に分かってくるエキス迫力。少しばかり肉の香ばしさも香ってくる。
 
 スープを一口飲むとこれが一転して目が覚めるような味わい!当然ながら生姜の突き抜け間が実に爽快!。ジリジリっと感じさせる滋味が深いっというより刺激的。塩ダレが意外にじっとりとしているのがむしろバランスいいといった感覚で目が覚める思いがします。最初の生姜の刺激がたまらんので、次から次へとその刺激をまた求めようと食い進む。すると生姜一辺倒だった頭の中が次第に因数分解されてゆく思いが続くのです。
 
 まず、塩が生姜のエキスの中で映える!のびる!と思った矢先、感じ入るのは動物系のエキス感。味わい的には豚骨煮出しで軽く濁った感覚。なのだが表層に浮く少し粘りある油膜に鶏系の含みも可能性として感じる。煮干しの店なれど、煮干の魚介を感じないというところも少し面白い。また次には、肉焦げの香ばしさがじわじわと感じ取れ、それが生姜の清涼感に不思議と寄り添う。いろいろ味わってみると、スープの塩気にはチャーシューから染み出るエキスも含まれているみたい。後々肉を食らうと旨さに泣けるのであるが、その肉汁が明らかにベーススープにも染み出ているはずなんですwwww。肉焦げの一部がスープの中を浮遊なんかしたりして、意外と最後は肉イメージと肉味わいで締めることとなります。
 
 
 
 
<麺> 煮干しとは打って変わったような・・・ゆるいモチモチ感!腰つきの滑らかさがイイね!
 
 おお?これまたちょっと意外。すこし柔麺傾向ですね。ここまで宮元さんに通ってる中では一番柔らかいタイプ。生姜系スープにはこの傾向にもっていくようですね。密度感はそれほどなく、茹で上げもアルデンテ・オーバー感ありあり。角麺がふくれっ面して丸麺にも感じる舌ざわり。なので腰つきがすごく品やかな上に、表面はつるつうしていて、更に丸みをを帯びているから、すすり上げがとてもライト!。まさしくズボボボボボボーーーーーってすすり上げる喜びです。
 
 しなやかだからスープによく絡むのか。それとも汁吸い込みがいいのか。確かに極細でもないタイプなのに、汁との一体感はすばらしいね。そして所々、肉の欠片やチャーシューの欠片なんかを貼り付けてくる。無意識にチャーシューの欠片と合わせて食い続けてました。ご飯みたいな感覚だったのが不思議。
 
 
 
 
<チャーシュー> オーダーを間違ったのかと思うほどボリューミィーで味わい深さ!お得!!
 
 おいおい!マジか!!これでデフォルトの肉量?巷のちょっとしたチャーシューメンを凌駕してると思うほど、ボリューミィー。そして好み!。肩ロースにくが2枚大ぶりで入っているな・・・と喜んでいたらそれだけでなかった。その下にごっそりと埋まっており、肉の端っこ部分がゴロゴロって投入。これは嬉しかったねー。しかも味わいが2段階に楽しめる。
 
 まずは表面の焙り。これが実に薫り高い。脂身の甘さもいいが実はつけダレが焦げたような味わいが滲んで、その風味とダブル効果で実に楽しい一杯い仕上がっている。そして次にあるのが、生姜エキスの滲み。今回は塩そばなんだけど、肉が汁が滲むと生姜醤油っぽい味にリンクしてゆき、その味がカエシの酸味としてすごくキリリと引き締まる。よだれが出まくる。肉一かけらで白飯かるく一杯は食えそうな旨さ。この肉目当てで近いうちにもう一度来てもよい。次回は醤油そばにして違いを楽しむのも一興かと。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> ややネットリ度合いが高くともゼリー感覚がナイスでマチュアな甘さ!
 
 毎度毎度の味玉。しっかりと温め直しされた良品で、表面だけ深くタレ味浸透しているように見えて、実は深くまで浸透。卵黄は全体がハードジェル状態になっており、これが一番舌の上に絡み合うタイプ。フレッシュな玉子本来の味も残るが、基本的にはタレが染みた熟成っぽく深い甘味が印象に残ります。これは飯にも酒にもなる味玉。相変わらずのレベルの高さがいいね。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「もはやすっかり二枚看板!宮元流生姜中華皆伝!なる誇らしきじっとり生姜感!」という感想。生姜系って食べたくなると探すのが面倒だったんだが、こんな定番なスポットを見逃していたとはこれまで誤算。次回、更にエキサイトしそうな肉まみれの風景で、この生姜と対峙したい次第。夏に向けてバテないように今からスタミナ補給だ!そんな少し興奮が収まり切りませんが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   ひたい汗
   初夏を感じて
   やる気だす
 
 
   清涼生姜で
   スタミナ焼豚
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 6件

「味玉らーめん 塩」@麺屋 信醸の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/21/000000
とまそんのYouTube; https://youtu.be/XHVPsZHZJTs

<「シンジョー」は九州宮崎に移転してたのだった・・・気を取直して初訪問>
 
 「牛王」の右隣。なにも隣同士でラーメン店並ぶことないのにと思うけど(汗)、牛王の方は何となく人も入っているようだし、ラーメン系SNS露出も多いからそうなるよね。ランチタイムだというのに少し心配になりながら 、先客ゼロの「麺屋 信醸」へ入店しました。
 
  とても物静かそうで真面目そうなご店主の一人オペ。ほぼ居ぬきのまま。勝手したる初訪問ってな感じで、券売機メニューを眺めます。BGMは確かラテンっぽい明るい曲ですが、店自体がこれから動くって感じ、妙に静かに感じますな。純朴そうな方に食券を手渡しました。何となく塩気分だったので、今回は様子見で「味玉らーめん 塩」。お熱いですからと・・・とても丁寧に厨房からカウンター越しに乗り出して配膳してくれました。それはこんな麺顔でありました!。
 
 
 

<全体&スープ> 実に質実あっさり感!香ばしいザラツキと節系エキスが素朴な旨さ!
  
 おおお!これはまたオッサン的には好みな日常的な風貌。ハッキリ言って当たり!って感じさせるいい雰囲気です。今風の煌びやかなライトベージュでなく、春霞のような微妙な濁りのある塩だれの半透明感。そして丼の内側に貼りつくエキスの欠片が、なにかしら旨みのヒントを与える感じ。全体的には素朴!質実!そんなほっこりした雰囲気がむしろ旨さにつながるみたい。
  
 実際に味わうと、差し障りある言い方だったらフツー。そうじゃないちゃんとした言い方だと、偉大なるフツーというか、毎日食えるようなアッサリ感。それにやや燻製のような香りがつけたようなイメージです。これは後から入れた香味油の余韻なのか、ベースのタレなのか不明だが、ザラツキを少し感じるものが足されている。よく見ると黒く小さな粒が広がっているのだが、それが香りの主犯格のようです。これはイメージの話だが、「タレを燻製にした」ような雰囲気があって、それが独特。単にフツーな中華そばじゃないとアピール感じる部分です。液体に燻製の香りを移す・・・・て何事か?。小田急線百合ヶ丘のとある店が参考になりましょうが、それよりもっと素朴な香り。
  
 香り高いエキスは、豚系かな?。ラードのようなギトギト感はないから、一層分からんが、本体は鶏ベースのアッサリさがイメージを占めますが、天邪鬼なワタクシは動物系では豚が好き。豚清湯エキスにどうしても期待してしまいます。またあっさり感には、薬味の柚子皮が塩ラーメンとしての主張を感じ、これまた風流な清涼感を漂わせる。塩気もマイルドで、昆布等の乾物系の旨みや、香味野菜のさっぱり甘さも含んでいると妄想に妄想を重ねます。ただ個人的には「節系」。この節のエキスが濃ゆいと感じてしまい、食っている途中から魚介系何だかミックス系なんだか、分からなくなってしまいました。塩気はあっさりと申しましたが、その塩気を突き詰めると後味が節っぽい旨みに行き着くところがある。そして、それがオレの頭の中では全体の出汁イメージとつながる。フツーにあっさりしてるけど、よく味わうと実に面白い一杯。香りと塩気が実は独特だった。
 
 
 
 
<麺> 極細寄りなストレート麺!角があっても丸みを覚えるような〜しなやかさ抜群!
 
 麺の選択が勝利!。このスープ感にはすごくマッチしていると思います。第一印象から口当たりの良さに、快感を覚えました。加水は中程度で、極細にかなり寄ったストレート細麺。アルデンテを丁度超えた感じで、プツプツとリズミカルに歯切れが良いです。また麺の密度感もあまり意識させないので、腰つきがしなやか。そのため汁との交じり合いが素晴らしい。引き上げるだけで綺麗に揃い、毛細管現象のように汁の持ち上げがとてもよろしい。表層の滑らかさも言わずもがなで、ズボボボボボボっとすすり上げた後の、舌ざわり・・・・のど越しのシルエットが滑らか極まるです。
  
 そう・・・妙に滑らかにすべるシルエットが気持ち良いのです。見た目は明らかに切断された角がある角麺なのですが、啜り食っている間の感覚では、「まん丸な丸麺」のようなイメージ。まるで滑らかさは「冷麦・そうめん」に匹敵するほどの感覚です。これが少しスープに混じったザラツキエキスも着実にキャッチし、奥歯で噛むときの旨みとの一体感がたまらん!。これなら大盛カモン!って感じです。
 
 
 
 
<チャーシュー> これは燻しの効いたもち豚感覚!噛めば噛むほどエキス染み出すぜ!
 
 随分と脂身の面積が大き目な肩ロース(別の部位か?)。薄いピンク色した切り口で、オーブンなのか炙りが効いた感じが伝わってくる肉です。これがまた個人的にはハマった!。これも実に燻製が効いたような薫り高さがあって、半生イメージすらあるピンク色の肉が、まるで熟成ハムのような旨さを運ぶのです。
  
 オーバーに言うと噛めば噛むほど味が滲むようで、チャーハンに入れると旨かろうなタイプ。見た目フツーで、ちょっと香りは他とは違うかも。チャーシューメンにすれば、チャーシューからじわじわと出汁が取れそうだね(笑)。帰り際に知ったが・・・限定で肉増しメニューがちゃんとあるじゃないか!。サイドメニューのご飯ものが限定だと思い込んでたオレ。また限定麺を食わねばという宿題を抱えてしまいましたよ・・・。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし> 塩ダレっぽいフレッシュ感!緩めの卵黄が口の中で滑らか広がる!
 
 これは好みが割れそうですが、味玉は緩いタイプ。口を当てただけでプルンと揺れるほどですから、卵黄は緩いと直感でわかります。ゆっくり歯をあてて潰すと、ドロリッチ~ってな感じですぐ垂れる。スープに溶けてしまいそうですね。味わい的にはフレッシュ感ある塩ダレ系に近いという感覚。出汁を含んで熟成し、濃密な甘みを全面的に粘りつかせるタイプとは別物。玉子本来味を大切にした味わいという感覚で、塩ラーメンにはとても合うタイプですな。こういうのも好き。嗚呼、やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「偉大なる馴染み深さ!素朴と質実と真面目さ沁みる良質中華そば!」と言う感想。ちょっとこれまで訪問まで距離をおいてしまいましたが、機会損失であったと自覚。早速、肉たくさん入った醤油系を食べたくなってきました。それにして、たまたまだったのかもう少し人が入っても良いはず。と思ってたら、また近くに新しい店がオープンするようで・・・武蔵新城も競争激しいですな。何気に応援気分です。そんなエールを送る気分で、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   陽が注ぎ
   薫風流る
   爽やかさ
 
 
 
   食らう昼メシ
   麺もさやけき
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「花びらチャーシューメン 塩・こってり」@ソラノイロ食堂の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/16/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/RTj4YDOLJbE

<いろいろあった一週間!自分に褒美の憂さ晴らラーメン!>
 
 実に久しぶりに一段と現場に近いことをやったから、心身ともに疲労困憊。新たに狙いを定めたのが、こちら「ソラノイロ食堂@池袋」さんです。随分と方向転換したものだが、こちらに、肉まみれな一杯があると知ったので。それなら大塚駅界隈のあの店でも良いはずなのだがね。実は、食べログとラーメンデータベースの新規訪問店舗数を増やしたいという・・・セコイ考えが働きました(爆)。
 
 
 
 
<全体&スープ> 豚清湯のしっかりした旨味!あっさりした旨味が濃ゆい感覚ってわかる?
 
 おおお!これですこれです!!この肉肉しい麺顔に会いにきたのだ!!!。おそらく一般庶民の贅沢を絵に描くならこんな感じ。かけ離れた夢のような贅沢を追い求めるとむしろ侘しくなる。例えば週に一度くらい普段のラーメンの肉が溢れるというのは現実的で良い。手が届く贅沢・・・。実感あった方が、やさぐれ気分を癒すには説得力があると思うよ。
  
 さてこの一杯は「豚清湯」がテーマだそうです。いわゆる「あっさり味」。沸騰させたり骨の髄液が攪拌されたりするとすぐ白濁してしまいそうなところを、丁寧に沸騰させないように煮込むのだと推測します。浦和で独身時代によくやったんですが、雪平鍋に挽肉でゆっくり煮出すと豚の旨味がよく出ます。それがこれと似た味に思える。しかしやっぱり大鍋で大量の骨でやった方が、この「あっさりの迫力」が違う。当たり前か・・。やはりプロの仕事と感じる、「深みのあるあっさり」が如実に出ています。
  
 そして塩気は薄くありません。和出汁だったらバランス崩すところですが、ラーメンスープでの塩気は、旨味エキスのレベルを「固着化」させる妄想部分があるかな?。例えば、私の稚ブログで「ピントが合ったような味」「ぴっちりとした感覚」と頻繁に使うのはこういったところは、塩気が役割を果たすといつも感じて食べてます。乾物系の旨味も含まれての塩気でしょうが、実にゆったりと分厚い感覚がいいです。
 
 
 
 
<薬味> 溶ける大量背脂が桜吹雪の様に舞う!
 
 麺をすすったりしてると背脂は全体に攪拌されてゆく。そして背脂が飲むゼリーを砕いたかのようにスルスルと胃に収まる。チャーシューを食い続けると、上蓋が除かれたように一気に背脂が浮き出てくる。見る見るうちに麺顔表面は背脂だらけになってゆく。それはまるで桜吹雪のように・・・・・。「あっさり&こってり」の旨味が丼の中いっぱいに漂いまくります。
  
 あっさりと思ってた味に、優しいこってり感が乗っかり、やがて一体化・・・・。塩気に混じると背脂はまるで甘みを増したかのように旨味が生き生きとしてきます。まるでスイカに塩を振ったかのように、塩と甘みの不思議な関係をここでも感じます。
 
 
 
 
<麺> 汁の吸込みとしなやかに汁を持ち上げる加水高めのストレート細麺!グルテンの旨味を知る!
 
 麺が一番にオーディナリーな立ち位置。フツーな幸せを表現していたようです。スープやトッピングはすごくエキセントリックなのに、そんな中でフツーでいることがすごいように。加水感は中からやや多目の程度。潰しこみによる密度の高さはありません。ストレスなく汁を吸い込むタイプ。そして後半以降はしなやかになって行きます。
 
 そうなると背脂まみれになるね!全体が。もうかなり熱で溶けてしまってるけど、出汁を吸い込みつつ、表面はコーティング気分。ここからが吸い込むのが早い。ズボボボボボボボボボボボボ!オレのスタンドが必殺技で連続攻撃してる時の効果音みたいじゃ。そんな遊ぶ部分もあって口の中へと収めてからは、安寧を生む旨さに変わる。奥歯で潰される度に唾液が糖化を加速して、そこに油の旨味が加わってカオスな気分!。淡いグルテンの風味も感じとれる中、脂ギッシュな旨味も素晴らしい。あとは喉元を過ぎるだけで、気持ちよく飲み込むだけです。
 
 
 
 
<チャーシュー> 怒涛の豚肩ロース肉が2ダース並びに咲く大輪の花!桜散っても丼花満開!
 
 さーーーーーて肉です。一面に肉。悔しいほどに肉。だから枚数を数えきってやろう!と思って食い始めましたが、旨すぎて途中で意識が途切れた。12枚はあると思うチャーシュー。まさに怒涛のごとく綺麗に並べられて、くるりと一周して渦巻くような飾り。家庭の一般的なフライパンで餃子を焼くときに、よくこのようなスタイルで巻き状態にしますが、そんな並びです。
  
 周囲には薄い食紅を感じますが、これは本格的な吊るし焼きのチャーシューじゃないですか!。煮豚で大量に作られたものじゃない。香ばしさが違うのだった。
  
 また肉質もいい感じ。肩ロースは脂のサシと赤身のバランスが良いから好き。そしてスープも吸い込んでいるから、旨味がさらに深まっている。燻焼き肉と汁のひたひた感が融合した旨味を、伝える言葉を知りません。案と・・・これだけのチャーシュー量を無意識で食らったら、先にチャーシューを食い尽くしてしまった(笑)。一度食ったら箸が止まらない性格ですから悪しからず。最後はフツーの塩ラーメン風に食いきってフィニッシュ。
 
 
 
 
 総じまして「春満開!・・・背脂は春の海!肉は桜の花吹雪!週末ハッピーラーメン!」・・・と言う感覚。やはり肉食ったという達成感と、ラヲタゆえのラーメン食った満足感・・・それら両方がある。今回は一気に重い気分を払拭してくれたと思います。今後どうしようもないストレス抱えた時は、チャーシュー麺食います。沈んだ気分もこれ食ったら行きに元気!そして気分はハッピー。池袋の昼時にはこちらオススメでございます。そんな応援をしたところで、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   花金に
   憂さ晴ら気分
   救う哉
 
 
 
   花びら焼豚
   ふわふわ背脂
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「粗びき旨味雲呑麺」@広州市場 ムスブ田町店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/13/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/9q79wAq7kT0

<新しい田町の顔・・・ムスブ田町>
 
 ムスブって商業施設ができてその1Fに広州市場ができたとは聞いていたんですが、分かりやすいところありました。そして何だか独り勝ちしているように見えるほど、客だらけ!。店の外に並べたテーブルも満席。店内のデザインもそうだが、スタフさん同志の中国語が飛び交っており、まさにそこはアジアン食堂ってな雰囲気。熱気があふれかえってたから、雨の鬱陶しさなんて忘れてしまいました。今回はここで昼飯決定!。
  
 食うものはすぐに決まりました。「粗びき旨味雲呑麺」それも塩味で。実は、「塩ワンタン麺」にも一時期とてもハマってた時期がありまして、一か月ほど連食した記憶あり。そのころのまとめを以下に参考までにご紹介。
 
 【厳選】東京23区で「塩ワンタン麺」を食うならここ!そんな10選+α!
     https://www.ramentabete.com/entry/2018/03/17/233921
 
 
 
<全体&スープ> サッパリ鶏豚旨みにじっとり感ある塩気!軽く背脂浮いてコクを補強!薬味必要なし!?
 
 レンゲも雲呑専用ですな・・・これなら短くて深くて食べやすい。そんなレンゲをスープに差し入れてみますが、誠に穏やかで優し気な黄色い出汁。当たり前のように鶏ガラエキスを感じますが、もはや乾物もある程度とけいるかの如く落ち着きはらってます。味わいもまさにそんな感じ。ベースの動物系は確かに感じるものの、ドギツクなく優しい雰囲気です。それに野菜と節系の汁が多少混じるかと。塩気は意外としっかり効いており、雲呑を下支えするような味付けかと思われます。
  
 何と言っても今回は、背脂がとても気になる(いい意味で)。広州市場で背脂インだなんてすっかり記憶から抜けておりました。雲呑からもエキスが滲み出るとは言え・・・それだけではライト過ぎる感覚。かといってスープを濃厚にしてしまうと、雲呑が浮いた存在になりそうか?。なので、ベースのさっぱりスープに、背脂を適度に補強っていうのは発想としてはありですね。一部は溶けて香味油のように溶けてコクをアップしてますし、また溶け切ってないのは、ただ浮遊するか、雲呑と麺に絡めとられて旨いを足す役目として果たします。
  
 デフォルトでも相当いいレベルなんだけど、薬味も少しだけ楽しみましょうか?。辣油に白ごまを加えたものや、レモン塩タレ、生姜に玉ねぎなどがあります。個人的には塩味だから生姜を少し入れてサッパリとさせます。雲呑にも相性良さそうだし・・・。

 
 
 
<麺> 雲呑の迫力に負けないような・・・中太捩れ麺!モチモチしつつも歯切れがよい!
 
 いやぁ~ボケてしまったか??。広州市場ってこんな麺でしたっけ??。または店ごとに麺を変えているのか、シーズンで変えているのか、メニューによって変えているのか?。平打ちっぽかった麺が旨かった記憶があるのだが、今回はそれとは別だわ。中太麺でわりとしっかりしたゴツゴツ感あり。そして捩れも見られてボコボコしたようなフォルムです。見た目は多加水タイプで、もうモチモチとしていそうだとワクワクする。
  
 確かに啜るとブルン!と擬音が感じられるような腰つきが印象的。歯に力を入れだして味わいだすと、とても明るいモチモチ感がいい感触です。しかし思いのほか汁を吸い込んでいるような雰囲気があったり。また密度感については実は低め。なのでスパスパと切れ込む快感が生まれると言ったところか?。全体的には雲呑の感触で意識が埋もれない・・・そんなしっかりしたフォルムと明かい歯応えなのですなきっと。
 
 
 
 
<雲呑> 言われて気付く粗びき感覚!豚肉歯応えを部分的に感じさせるオカズな雲呑
 
 こちらの店は、いつも店頭で手作りで雲呑仕込んでて、手作り感があふれ出ていいですね。通常の茹で釜には麺と雲呑がいつもめいっぱい!テボの中で揺られて絶えず茹で上げられてます。茹で上がった雲呑をさらに湯切りするもの欠かさない。
  
 さてこの雲呑!10個入ってたけぞ間違いだったか?。一面に雲呑の園・・・唾液腺が刺激されます。何と言っても肉ワンタン。皮から透けて挽肉の色が見える。皮だって薄くもなくしっかりと厚みあり。金魚のヒレのよう長~い帯は引きずりません。レンゲの窪みにスープを入れて、雲呑も投入。お風呂に入った雲呑・・・・ってな姿を作ってから汁もろとも口の中へと流し込む。少々の火傷を怖がっていては、雲呑ヲタクとして胸を張れません。
  
 まさに肉も醍醐味。いい塩梅で塩気が生き生き!。また挽肉からエキスも噛むごとに沁み出して、旨さの頂きが垣間見えます。旨みのタネになるようなのを埋め込んでいるのか?と思うほど。さて今回の雲呑は「粗びき」だったんだけど、自分で注文しておきながら途中で思い出しました。そもそも粗びきだと言っても、歯応えはゴツゴツしていない。噛みちぎって中身を確認してみたけど、確かに粗い部分があるが、肉自体が柔らかいので、タルタル仕立ての肉が雲呑に含まれたような仕上がりです。毎日仕込んでいる雲呑・・・作り置きとは別格の質感です。嗚呼・・・・・熱々の雲呑があるのだから、そばに冷たいビールが欲しい・・・。
 
 
 
 
 総じまして「昼飯にも晩酌にも対応可能な大粒雲呑!極上のサラメシ的王道雲呑麺!」・・・という感覚。外出ついでの昼飯に限らず、仕事終わりに雲呑で軽く一杯!ってのもいいし、大衆的でアジアン的な食堂形式ってのは、実にありがたい。これで田町駅の芝浦側が急に魅力てきに思えてきました。兎に角使い勝手が良くて王道な旨さだから、何かの折には是非!。そんな宣伝気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   桜散り
   季節外れの
   氷雨にて
 
 
   雨雲避けて
   雲呑食らう
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件