なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

とまそん@ラーメン食べて詠います

男性 - 東京都

自分のラーメンライフを振り返ってみました・・・https://hikakujoho.com/manekai/entry/20180712

平均点 83.217点
最終レビュー日 2019年5月22日
3,736 2,370 13 22,190
レビュー 店舗 スキ いいね

「野菜らーめん+辛み(3辛)」@大勝軒まるいち 西荻窪店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/11/082834
とまそんのYouTube: https://youtu.be/DQ6DH_eAE68

<大勝軒への愛が止まらない〜また連日訪問してしまう〜^_^ >
 
 西荻窪は、女性一人客でラーメンでもカレーでも、お一人様がとてもフツーに感じられるからいいね。今回は両隣に女性客に挟まれてしまいました。お若いようですがビジネスウーマンらしきオーラがありあり。総合職的な憂鬱を抱えた女性が一人晩飯ラーメンで大勝軒・・・・。まるで部下同僚と飯食ってる気分だね。そんな親近感を断ち切るように、ささーっと私の配膳が完了いたしました。それはこんな麺顔!。
  
 
 
 
<全体&スープ> 濃密豚魚汁に〜ツボにハマった辛みをプラス!野菜炒めの香ばしさ乗り移る迫力にニンニク追加!
  
 おおお!これは想像して構えていた以上に野菜盛りが痛快過ぎやぁ〜しませんか!これぞうれしい悲鳴。野菜の焦げ目がこれほど官能的だとは久々な感覚でっせ!。ラーメン屋なのに、町中華さながら中華鍋を振るいモクモクと炒め白煙を上げる様は、まさしくオレのこの一杯のために!。そしてチャーシューにも焦げ目がハッキリ!として・・・実にいい雰囲気。
 
 もうこれだけ開店早々、通い詰めている客は他に居るだろうか?。まだ面割れしてませんが、そのうちこの調子だとばれそうです(笑)。もうすでに知っている味わいの、コラーゲン感ありありの豚骨魚介+鶏エキス。今夜も優しく口の周りにカピカピと乾いたエキスが張り付きます。そこに辣油主体の辛みが加わり、濃密感に刺激感がプラス。刺激には「シャープに切れ込む辣油」の他にも「ジリジリとボディーブローの様に効く唐辛子」のパンチが加わります。3辛と言っても常識的な範囲で、決して「中本」に匹敵するものではありません。ただそれだけに、オーディナリーな大人の範囲の落ち着いた刺激がたまらなく美味しい。
  
 ところが今夜はそれだけに収まらない!旨いぜベイビー。野菜の旨味が全体に浸透しております。この野菜炒めが、単にラーメントッピングの範囲を超えている旨さで、単独で「野菜炒め」として通用する旨さ。野菜の甘みと香ばしさがそのまま、スープに溶けております。特に「焦げ目の香ばしさ」がスープにも移る。マー油ほどではないにせよ、焦げた風味が旨さをかきたてます。
 
 
 
 
<麺> おお今日はまた一段と旨し!密度高く引き締まりある中太麺は見事なヌツヌツ感覚なのである!
 
 もう分かった分かった!。大勝軒の中でも「まるいち」は麺がうまいのだと。また今回は大勝軒の経験の中ではトップクラス!。どこを切ってもベストマッチでした。つけ麺でもこのレベルキープなんだろうかと、逆に心配をしてしまうほどに、今回の汁系はナイス!。例えば、茹で上げ時間による風味のキープ。アルデンテ超えてるのに、まるでアルデンテを感じるほどのグルテンの熱々風味が心地よいね!。個性的なスープと混じっても一歩も引けを取らない小麦粉の風味だ!。そしてぬるつきが極端なほど少ない。これは茹で上げの完成度と比例するから当たり前なんでしょうがね・・・。
 
 不思議なことに「よじれ」「ボコボコ感」がないのに、具材を引っ掛けてきます。もやしや挽肉が箸でリフトした時に持ち上がるのは分かるんですが、キャベツの根っこに近い部位までピンポイントで絡まって張り付き持ち上がる。嗚呼、もういちいち旨しと思えてならないね!
 
 
 
 
<野菜炒め> 意識的な焦げの風合い!晩飯的ご馳走感覚一杯の優れもの!
 
 さてここで、野菜炒めを因数分解的に具材を挙げてみよう。・・・もやし・キャベツ・人参・ニラ・玉ねぎ。実はこれだけなのだね。ここに薬味ネギやナルト、チャーシューが入るので、八目にお思える豪勢さなのです。数えればあっという間ですが、ここに全体的に「焦げ目」が入るから、それぞれ2倍の楽しみ方が広がる。実際にはエキスもその通り味として反映するね。例えば、モヤシだって「焦げて香ばしさを放つ」ものと「熱もらってクタっとしつつ甘み出して貢献」するものとあるように。だから永遠に飽きない気がしてきた。
  
 そして何と言ってもこのボリューム感。チャーシューとひっくるめて考えるとまるで「肉野菜定食」に匹敵するではありませんか!。正直言って若い胃袋だったら、麺大盛りよりライスをもらって、白飯と一緒に食らいつきたいもんです!。
 
 
 
 
<チャーシュー> また一段と炙りは効いてる!これは次回は肉祭りで食らうことで決定!
 
 ここは毎回そう変わるものではなし。なので完全スルーしたかったのだが・・・・少しだけ簡潔にコメント残すと、「焦げ目だけでなく、そのカリカリ感覚まで表現」しているからいいね。3日間食い続けてた中で、一番うまかったことは確か!。野菜の確認は済んだし、そろそろ・・・・この店でチャーシューメンで攻めてみたいと、現在画策中でございます。しかも、改めて券売機を眺めてみたら「チャーシュー」と「トロチャーシュー」と二種類もありますから、これらまで追い求めて食い続けると・・・私も店側に常連として面割れするかもしれませんね。
 
 
 
 
 総じまして「晩飯に完璧なる盛りの潔さ!肉野菜炒め定食のプレゼンスそのままぶち込みの王道大勝軒!」と言う感想。ちょっと値段ははりますが、大勝軒メニューの中では「野菜盛り」は非常に満足度が高いのでオススメ。トッピングまでもしっかりとした隙のない作り込みであることは、今回また確認できました。今後ますます訪問に加速がつくかもと思いますが、よろしくメカドック!。そんな感動を胸に秘め、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   連休も
   遠い昔か
   忙しく
 
 
 
   やっと乗り越え
   褒美の拉麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「辛らーめん(3辛)」@大勝軒まるいち 西荻窪店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/10/120000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/vPH_rl9mY5Q

<オレも好きだよなぁ〜・・・2日連続で来てしまった!>
 
 まだ本調子じゃない!仕事も身体の調子も!。どうもノリが足らないし、微熱も完全には治らない。なので本日は定時退社とさせてもらい、なるべく自宅でゆっくり過ごそうと家路につきます。しかし、すっかり忘れてた・・・。連休明けが火曜日だったから、曜日感覚がすっかりボケてしまってる。この日は、家に晩御飯がない日であった。しかも誰も出かけている日。しゃぁねぇなぁ〜、食って帰るかと気分を切り替えます。

 
 
  
<全体&スープ> 3辛にして旨辛仕様!軽く挽肉混じりの辛味ダレは定番のように馴染むね!
 
 おおお!旨そう!!これ咄嗟に選んだにしてはナイスすぎるぜ。前日堪能したコラーゲン含みな豚骨魚介は、辣油系の色合いに染まり、ジャイアンツカラーのオレンジ色に染まりきってる。そしてくっきりと浮かび上がる白地な多加水中太麺は、たおやかにしなり、ムッチリした弾力を醸し出してます。担々麺な色合いだけど、これは旨辛麺に通じるニュアンス。はっきりとした旨そうな麺顔です!。
  
 ところで「辛み」は+100円で別料金。フツーの「らーめん」に追加すると「辛らーめん」と同じ金額になります。なので「辛らーめん」の食券を渡すと「辛さ(1〜3)」の好みを聞かれる。もともと別料金であることを知らなければ「1」と答えたでしょう。でも知ってしまったからには「3」と答えてしまう。けち臭く取り返そうなんて考えが染み付いたゲス野郎なオレ。ゲス野郎は何をやってもしくじるものなのさと、ブチャラティに叱られそうです。
  
 さてスープ。ベースの説明は昨日のレビューでほぼ語り尽くしたので、メインはそちらへ説明は譲ります。補足をここで述べるなら、辛味ダレは単に辣油と唐辛子類を乗せただけ・・・という単純なものではありません。だったら備え付けのテーブルセットで十分。辣油と唐辛子以外に肉汁エキスが含まれたようで、しっかりと油膜と旨味の膜を張ります。そしてニクいのは、ここに豚挽肉が含まれております。別に担々麺を意識したとは思えませんが、辛さに旨さを封じ込めんがための工夫。それあっての「旨辛」ダレという仕組みです。
 
 
 
 
<麺> ご存知大勝軒の中太多加水麺!汁だけでなく挽肉と薬味まで絡みまくる
 
 麺も前日の通り・・・モチモチはしてますが、ちゃんと引き締まりもあり、麺の風合いも少し感じられるもの。コラーゲンがペッタリと地肌に貼りつくようなので、旨辛エキスがペットリとコーティングされるように感じて旨い。また引き上げると唐辛子の欠けらは理解できるが、コロコロコロっと挽肉まで貼り付けて持ち上がる。別に捩れたり縮れたり、ボコついたりしないのに不思議な感覚。
 
 前日と同じく、前歯を立てて・・・・シャキンシャキンと千切りにかかりますと、プツプツプツプツ・・・っと柔らかいようで弾ける調子でちぎれる。そこを奥歯で噛み潰すと辛さと旨味がベストマッチ。時々箸休め的にメンマを挟んで食ったりして遊び喰いですな。そうこうしていると張り付いた挽肉や、薬味ネギまで巻き込み、一体化した潰れで複雑極まる歯ごたえ。そんなのが実は一番唾液が溢れるサインになります。
 
 
 
 
<チャーシュー> おおお!今日は炙りが少しはいってる!微妙にバージョン変化!
 
 24時間前にお目にかかったばかりだというのに、また同じような豚肩ロースの肉です。少し脂身が多くて、汁との相性としては悪くない。しかし前回見逃したようだ・・・、微妙な焦げ目がある。確認までに裏も見たがそちらは綺麗なツルツル。やはり仕上げの炙りを軽く施しているようです。これはこの日から変わったのか・・・もしくは辛らーめんだけの仕様なのかは不明。ただ、軽く炙りが入っただけで風格が全然違うね。やっぱりこちらの方が旨し!。
 
 
 
 
 総じまして「見逃しがちだが旨辛仕様も映えるぜ!大勝軒の新たなスタンダードメニュー!」と言う感想。ちょっとツボにハマりすぎて、汁系食うなら「辛らーめん」ばかりの注文になりそう。それほどちょっと見直した!。次回こそは「野菜つけ麺」を食おうと思ったが、辛らーめんのつけ麺版も脳裏にちらついてきた・・・。また近いうちにスルスルと吸い寄せられそう。だって通勤経路から近いんだもん。今後もちょくちょく寄らせていただきます。そんな応援気分冷めやらぬですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   陽が伸びて
   宵も明るい
   路地裏で
 
 
 
   旨辛沁みる
   癒しの拉麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「らーめん」@大勝軒まるいち 西荻窪店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/05/10/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/yCxTOR3Zv-s

<東京都内の現役「大勝軒」看板久々拡大!!数えて70店舗(たぶん・・・)>
 
 私の認識では、これで「都内で70店舗現役」。23区以外都下も含めます。先日「西台大勝軒」が新たにリニューアルしましたが「移転」なのでカウント増えず。久しぶりに1店舗増加。ひょっとして高齢化等で店じまいしている多店舗あれば、随時教えていただければ幸いです。ま、それくらい「大勝軒」が好きになってしまったと言うだけの話。
 
【実録】東京都内で「大勝軒」の看板をひたすら追いかけた結果・・・・現役は69店舗
 https://www.ramentabete.com/entry/2017/12/24/210656
 
 
 
  
<全体&スープ> 「東池系」と分類する中でもコラーゲンクリーミーな濃厚旨さが「まるいち」のいいところなのだ!
 
 おおお!想像以上に整ってるやん!。多少雑多な盛り付けでも、そこは大勝軒なりの庶民性で許容されるんですが、ちょっとした質感の高さをあちこち感じます。写真だと伝わりにくいが、汁・肉・麺・・・どれも大勝軒として質感にピントがあっている印象。では具体的に順に述べていこう!
 
 まずスープ。誤解されやすいのが、少しシャバい感じがする豚骨魚介って解釈。豚骨の旨みと魚介の甘みをナチュラルに味わえるサラサラ感と受け取って欲しいが、濃厚豚魚が一世風靡した時はライトだねと揶揄されがちだったかと。今は昔とプレゼンスを獲得している現代の東池系ですが、そんな中でも「とくいち」は「コラーゲンの出汁」が旨くて特徴を出しているのです。スープ表面に油膜ができるほどではないですが、味わいに濃密な動物系のコクを感じるとともに、味わい飲み干した後に訪れる口の周りのペトペトさ。・・・・そして乾いたカピカピ感が感じられる。これが動物系の旨みの証に他ならず、人々を魅了するのだわ!。10年少し前ならその濃厚さで押し切るところでしょうが、今は食べやすさも求められてるところ。魚介出汁の甘さがさらっと幕を引きます。魚粉のコペコペ感も今は昔。とってもナチュラルな甘さの共演と申せましょう。
 
 そんな「濃密さが上手」な大勝軒ブランドが「まるいち」。支店によっては味がどうのこうのと言うのは野暮でしょうが、あえて言うなら私にとって「赤羽店」の濃密濃厚さが一番印象的でありました。いわゆる濃密さにピントがあったようで最後まで胃もたれしない程度にずっしり重さを楽しめた感じがいい。新店舗はやや個人的に採点はすごく悩む性格ですが、お世辞抜きに「西荻窪店は、赤羽イメージに近かった」と言うのが印象。汁系のデフォを一杯だけ食っただけですが、あしからず。新店舗の大勝軒で満足させるってのは、実はすごく難しいんじゃないの?と思えるんですが、みなさんいかがお考え??。
 
 
 
 
<麺> 自家製麺:汁系でもしっかり引き締まりをキープする「多加水もちもち明るい弾力!」腹一杯になる心意気感じるボリューム感健在!
 
 腹減ってないのに大勝軒。永福町系だったらスルーしたか???分からんけど、こっちも覚悟の上です。感覚的に、茹で前180gといったところ(あてずっぽ!)。普通だったら晩飯向けの大盛りに相当か、もうちょい多めって感じ。この「お腹いっぱいになってもらいたい」精神が大勝軒スピリットで、山岸魂!なんですよね。フツー大盛りの殿堂的なラーメンなら、質が少々でも目をつぶるところ?。ところが、うまい!うまいのである!!。
 
 また別の日にもこのバランスの麺と再び出会えるのか今から心配になるくらい。きっちり端っこまで茹で切った感覚で、アルデンテが今消えた・・・・ってな感じ。これから多加水のよくあるモチモチ感を楽しもうとして噛みちぎると、ふわっと麺の風合いが残ってる。その最中で、おおお!何もつけずに「あつもり」で食って旨い麺と同じじゃん!と頭の中では絶叫!。よく見ると一部ではまだアルデンテが残ってる。多加水のアルデンテって実はうまいんじゃね!?と、今更ながら気がついたが、あまりそんな対応やってくれる店無さそうだ。

 
 
  
<チャーシュー> この肉はウソをついてない味だぜ!程よいサイズ感と思いっきりのいい分厚さ!脂身と赤身の配分もよろしく食べ応えありありありありありぃーーーー!
 
 大勝軒系で肉ががっかりだと、他の系統以上にけちょんけちょんに揶揄されると思いませんか?。それだけにこのブランドは重い看板ですな。そのようにハードルを上げてみたが、この肉質なら合格だと思った次第!。
 
 大斗系のように赤身のスカスカ感に汁を吸わせて旨しと思わせるのもいいが、このように赤身と脂身のバランス良いタイプも実にいいね。奥歯で一気に肉をガジると赤身と脂身の両方が楽しめて、一気に渾然一体。赤身に染みてた汁が脂身の旨さと、噛むたびに唾液が溢れて旨さに昇格。アブラと糖の結託は・・・人類にとって麻薬的旨さですよ。嗚呼、そして最後のひとかけらを食い終わったところで終了・・・・アリーヴェ デルチ!
 
 
 
 
 総じまして「新規開店早々コラーゲン濃度ぴっちり合わせてくる技!流石まるいち!西荻ラーメン戦争勃発!」という嬉しい方向で心穏やかではありません。10年前の西荻窪は、「昼ははつね」「夜は丸福」で十分で、今はなき「睦月」は少し遠くて贅沢な味わいだった。それが今は急にラーメン銀座かのようだよ。西荻窪・・・吉祥寺よりも私にとってはホットな街であります。今後もっと西荻窪の定点観測を具体化せねば!そんな焦りを感じつつ、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
 
   気がつけば
   白髪増えつつ
   シワとシミ
 
 
 
   ラーメン美容 
   豚コラーゲン
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「辛つけめん」@六厘舎 大崎店の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/04/08/120000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/BkpPnwY8C6s

<今もしぶとく食べてます・・・・またおま豚骨魚介>
 
 めちゃっめちゃ強い風の中を、店前で並ぶ客あり。仕方なく連結するしかないんだが・・・・本当に真っすぐ立ってられない。しばらくしたら長椅子ベンチに座れたから良かったものの、それ以上またされたら、「あの小宮」へ流れようとすら思ってた次第。そんな感じで今回は何のポリシーもなく、王道の六厘舎のつけめんを食ってきました。
 
 
 
<全体&スープ> もはや行きつくところまで行った感ある王道豚骨魚介!
 
 おおお!もうこれまで何百回と見てきた豚骨魚介つけめん。昔つけめん砂漠だった関西エリアから出張してきたときは度肝を抜かれたっけ。それから見飽きるほど一時期食ったけど・・・・いまとなっては「またおま」感がむしろ「安心安寧」を覚えるようになってきたかも。まさしく「つけめん」を全国区に確立させた功績も、六厘舎のこの麺顔にはあると思うだが、妙に有難みを感じます。
  
 つけだれは、昔は濃厚と映ったが、今ではマイルドな中濃レベルで落ち着いたイメージ。フツーにレンゲを入れて味わいだすと、魚介の甘味が広がるものの、豚骨エキスの重厚感、そして醤油ダレ系の丸みを帯びた塩気がいい感じです。魚粉は香ばしさを残す程度で、コペコペとするほど強力なものではない。サカナ感が少ないほですよ・・・一時期のブームに比べたら。結局王道に還るってやるですね。
 
 黒七味や、ゆず粉などの薬味もあるが、これも当初は六厘舎のオリジナリティを感じた部分だったんだが、いまではどこでもつけ麺やなら見かけるようになりました。また酢を入れることはあまりしない性格だったんですが、濃厚過ぎて思いときは、酢をいれてマイルドに仕上げることも覚えたのは、この系統の味わいから。私がラヲタ(ラーメンヲタク)のきっかけとなった系統だけに、たまに食うとすごく美味い。
 
 
 
 
<薬味> しかし辛味を入れるとまた新しい扉開くのだ!
 
 辛味がいいね!。辣油系で液状を垂らす形式と、フリカケ系で粉を混ぜ込む形式と別れます。こちらは後者なのですが、つけ麺だとこの方が似合いましょう。単に赤唐辛子でオイリーに味付け微塵しただけでなく、いろんな薬味も入っているから奥が深い。単にキレがあるだけでなくコクが深い。
  
 赤唐辛子の他に、まず目につくのが「白ごま」これが甘さと香ばしさを発揮する。そして甲殻類を潰したものか?まさしく海老!っぽくはないのだが、この旨みと香ばしさも、白ごまとリンクしてコクを深めてゆくイメージです。これがつけダレ全体に混じってゆき、辛味が溶けて、全体の味が引き締まりとパンチ力を生みます。
 
 
 
 
<麺> つけめんと言えばこの太さ!この色合い!全国基準と思えるプレゼンスと質感の高さ!
 
 もう語らずとも分かる味。日清製粉「傾奇者」という国産強力粉らしい・・・。極太つけ麺のスタンダードとも言え、薄く褐色に映る地肌感は、まさに旨そう。つやっぽいだけでなく、美しく、また食べやすくなるように、きれいに全体が整っているのがイイね。
 
 低~中程度の加水感。とてもモッチリ感とクシッとした引き締まりを感じるレベル。薄い褐色に見えるそれは、地肌に全粒の打ち込みを微妙に感じさせます。殻が2~3%程度といった感じかな?。つけめん好きなら必ずやってしまう、最初何もつけずの1本食い。濡れているのに粉の風味感あり。ヌツヌツとあとは歯で噛み潰しながら味わいますが、タレが凄くまとわりつく。そして「辛味」の欠片がすごく地肌に引っ付きやすい。一緒に噛むと部分的にホットな風が鼻孔を駆け抜けるのですが、それもまた辛つけ麺の醍醐味。白ごまもしっかり貼りついて胡麻の豊かな滋味を示します。
 
 
 
 
<チャーシュー> つけだれ器の底からサルベージ!ハードに見えてじつはフカフカの柔らかさ!
 
 この手のつけ麺なら、チャーシューはブロックカットされて、器の底に沈んでいるのが多い。ですがこちあは割とでかめの一枚肉で、器の内壁に貼りつくようにして、底に沈んでおります。サルベージして見ると、ロース肉で歯応え感がありそう。ところが実際は、とてもソフトな歯応えでタレをしっかり含んでいるのか、とてもジューシー。これだけで白飯一善が食えそうな勢いある旨さ。この質感なら肉増しはハズレなしですな。
 
 
 
 
<スープ割> セルフ方式:熱さ戻って辛さも復活! 
 
 カウンターやテーブルにはポットに入った割スープが備わっている方式。薄い鰹出汁のようなのを注いで飲み干します。麺が熱を奪っていくため温度が下がるつけダレが、一気に熱をもらって元気な味に感じる。それだけでなく、熱くなると辛味もシンクロしたように復活し、また旨い味風景が立ち上がってゆくのでした・・・・。スープ割は別腹で入ってゆきますね!。旨し!。
 
 
 
 総じまして「王道に飽きることなし!辛味変化で旨さの新発見!再認識!なる質実つけ麺!」・・・と言う感想。昔なつかしい王道豚魚を!と思って来て食ったが、今でも新鮮な気持ちで楽しめる。東京駅の店ほど並ばずに食えるので結構便利。辛つけ以外にも、担々つけもあるので、辛さの違いを確かめるのもいいかもです。思い出したように王道つけめん食うのも新鮮なものですよ。激しくおススメ。そんな応援気分が冷めやらぬうちに、とっとと最後に詠っていつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   青空に
   ビル風強く
   春嵐
 
 
   辛つけ刺激
   旨さの嵐
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

「味玉辛つけ」@くり山の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/03/17/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/vKdQ2_xzpew

<一周二周回って「またおま豚骨魚介」が楽しくなってきた!>
 
 ラーメンデータベースの人気ランキングで、今でも上位に食い込んでいる「くり山」さん。メニューを変えているわけでも、多彩なわけでもなく、豚骨魚介系一本勝負でこの結果継続です。すばらしいね!。確かに以前食った印象はとても良かった!。度々訪問しておきたい店なのですが、ちょっと駅から歩くことと行列必至なことから、普段使いができない店と私にはなっております。今回はちょっと午後の予定がキャンセルになったので、思い切って突撃訪問です。
 
 
 
 
<全体&つけダレ> かつて濃厚として風靡した豚骨魚介!飲みやすく味わいやすく昇華し続ける!
 
 おおお!何とも美しい・・・形式美って感覚。濃厚な豚骨魚介のつけダレのそばには、極太系の麺が並ぶ。もはや当たり前の組み合わせで、まるでつけ麺のアイコンを見ているような気持ちになってきます。ご店主ご出身の系譜を着実に踏襲。つけダレに限らず、麺にも褐色が広がり色彩的にもコンビネーションが落ち着きます。味玉まで色調があってる。そしてスーツに赤いネクタイを施すように、中央には赤い辛味が備わります。
 
 さて味わいだが、今更説明するまでもないかもしれんが、やはりいつも発見したかのような気付きを感じさせます。確かに濃厚な味わい。まず最初の印象は魚介。粉になった魚介の影響もあり、まったりとした甘味が深い。苦味などはすり抜けたようなしっとりした味で、醤油ダレの塩気と組み合わさって、結果的には香ばしい甘味として落ち着いております。10年ほどまえに感じたコペコペな魚粉感は皆無で、むしろ出汁の深さの余裕すら覚える。とてもマイルドな濃厚魚介感がいい感じです。
 
 そして豚骨味。魚介系のインパクトに存在を忘れそうになりますが、やはり腹持ちの良さは豚骨等動物系に軍配が上がるか?。例えばゆったりと浮かぶ香味油は、魚介を運びますがコク旨なところは動物系の成分が深くアピールしているような印象。そして「余計なコラーゲン感」が抑えられているのがいいところです。以前、豚骨魚介が風靡してたころ、とにかく濃厚にと豚骨エキスと魚介エキスでダブル濃厚ってものもあったという記憶。スープ割でほっとするけど、スープ割が旨いと本当の正解はそっちか!?と勘繰ってしまうほどに。・・・そんなのが一切ない。豚骨エキスは深いけどナチュラル。店内外にも豚骨臭が漂わないのも納得いくところかも。
 
 
 

<薬味> 一味や七味で代用なんて考えず「辛味」は追加すべきですぜ!
 
 さて辛味。テーブルセットに一味を黒七味があるから、何となくそれで代用可能な気もしないでもない。しかし辛味は、どこか味噌に近い発酵感覚があり、そして白ごまが含まれていて味わいにも香ばしさとコクが膨らむ。赤トウガラシだってフレッシュ感を感じるので、代用なんて考えは一回食うと消し飛んでしまいます。
 
 ピリピリこないのが好印象。まったりと旨みの濃ゆいつけダレに溶かすと、甘辛い味に拍車がかかります。単なる辛さの強化ではなく、醤油ダレと塩気の色気を高める感じ。そして胡麻等の香ばしさで別の旨みを新たに感じさせます。またこの辛味はお代わりも自由らしい。入れすぎると台無しでしょうが、これが尖らない辛味だから、ついつい入れすぎてしまうという人は多いはず。この薬味は新しい付加価値を生みますから、滅多に来れない人なら是非トライしてもらいたい味わいです。
 
 
 
 
<麺> 冷えて引き締まったヌチヌチした歯応えと滑らかなスベリ!風味高まりつけダレも程良くキャッチ!
 
 麺も進化してますねー。私が初めて濃厚つけ麺に出会ったころは、まだ白い麺が主流でした。その後風味の高さから全粒が配合された麺がちょくちょくと増えてきたっけ。更に進んで細かく配合された全粒成分が丁寧に打ち込まれることにより、麺の地肌から粒の反転が消えてなくなり、全体的に染まったように褐色な太麺が一般的になってきたという記憶です。今のところ、自分の中で名作と捉えている豚骨魚介つけ麺には、このタイプの麺が増えつつある気がします。
 
 ひやもり派は私は、麺の風味が大好き。そんな訳で褐色めいた風流な極太麺が好みのド・ストライクでして、当然何も付けづに最初は少し手繰って食う・・・。旨い塩などがあると、たまに勢い余ってそれだけでかなり食ってしまうこともあります。そして歯応えも引き締まるので好き。ヌチヌチとした「しなり」が全体的に生まれてくるように思えてなりません。前歯での切れ方にすら弾力を感じる。プッツリプツプツと切れ込み、奥歯へと運ぶ。奥歯で潰すときはヌチリとした図太い反発が素晴らしい。あつもりより好きなのは、こういった感じ方の理由から。あつもりも、単に冷やさないのではなく、一旦冷やして締めてから温めなおすタイプなら話は別なんですが・・・・。
 
 
 
 
<チャーシュー> 底に沈んだ串切りカットチャーシュー!タレの浸透とよくマッチ!
 
 チャーシューはつけダレの底に沈んでおります。あまりにも旨かったので無意識で映像収める前に食ってしまった(汗)。分厚い肉を串切り状態になって沈んでおります。その柔らかさは、どこからでも歯切れるほど柔らかく、肉繊維の隙間につけダレが浸透している旨さです。肉自体は淡泊じゃないのですが、よりマイルドに食えるという安心感です。時々メンマと混ざる歯応えですが、それもまた面白い。少し前に睨まれた隣客の中華そばを見てみると、とてもデカくシットリしたロース肉が伺えました。これはチャーシュー追加したらかなり満足度が高いとおもうほど、質感が高い!肉増しも激しくおススメであります。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> つけダレとの味一体感を計算に入れたあっさりタイプ!ドボンと沈めて食らうがベスト!
 
 味玉も完璧です。サイズが大き目で白身が肉厚です。タレの浸透は浅いタイプで卵黄は40%がジェル状態。オレンジ色が目に眩しい。味わいとしては薄味タイプ。最近の中では少し珍しいかと思いましたが、つけダレとのバランスを考えてのことですね!。これはドボンとタレに付けてから味わうのが、個人的にはおススメ。タレ甘さと卵黄の絡まりが素晴らしく旨いのです。時々辛味と絡むと味が少し変化するし面白い。嗚呼、やっぱり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
<スープ割> ブーメラン方式:柚子の風味が新たに加わり気持ちまでリフレッシュ!
 
 コールすると受け取りに来られます。スープ割の場合、残ったタレは少し捨てられることがあるので、慌てて量を調整するように飲んだりしました。柚子を入れる入れないの確認がまずありますが、当然柚子好きな私としては、是非!なんて前のめりな対応。とても淡い煮干出汁のようですが、柚子の風味が豚骨魚介にはマッチするし、また温かくなると辛味が復活してくるので、この風味も同時に味わえます。
 
 
 
 
 総じまして「分かっていても新たな発見感じる崇高系豚骨魚介!王道突き抜ける王者の貫禄つけめん!」・・・と言う感想。全く古さを感じない豚骨魚介。以前の豚魚ブームを知らない世代が今は店に行列を作りますが、それだけに今の時代でも通じる旨さの証明です。これからもブレない旨さを期待しております。そんな応援気分が冷めやらぬまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   麗らかに
   ソフトな陽射し
   浴びて待つ
 
 
   昼メシ食らう
   ハードなつけ麺
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「炙り豚らーめん 大盛り」@麺や ふくわらいの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/03/15/063851
とまそんのYouTube: https://youtu.be/tp8kSRuZUxU

<人通りがないエリアでも地元支える満席ぶり!>
 
 駅前から少し離れれば、準工業地帯に住宅立ってるって感じが広がります。建ぺい率が狭い割に道路が広い。駅前にはそれなりに人が多いのに、一歩路地に入れば極端に少ない。ここで飲食店が成立するのか?と心配になる程ですが余計なお世話でごめんなさい。そんな失礼半分な感じで訪問した「麺や ふくわらい」ですが・・・・なんと入店したら満席!店内待ち!!。ギョエーーーーーー開店10分後訪問でこの状態ですか!。素晴らしき地域密着度!。その後店外待ちまで発生するじゃないか。
 
 
 
 
<全体&スープ> 豚と鰹と言う豚魚の面白さ! マイルドな甘みはとても安心感与える旨味!
 
 まずはスープを味わいますが、豚骨!と言ってその風合いを感じる割には、レンゲを上下するとサラサラと流れる。コラーゲンの包含は低めだと感じられるが、エキスの溶け込みがハンパないのでマットな密度感はそのままです。味わうと確かに豚骨魚介に通じる、動物系の腹持ち感じる納得感と、魚介系の甘味がしっとりと広がる!。食いなれた味わいで、更に安心を感じさせる風合いが見事です。なぜ「またおま感」少なく「安心感」高いのか。それは豚骨のテクニックもありましょうが、煮干でなく「鰹」を使っている点に間違いないようです(だって豚×鰹って書いてある:笑)。どちらも馴染みある魚介系甘味ですが、出汁としてとらえた場合、煮干は日常感覚そのものですが、鰹はちょっとそれとは違いますな。甘味がスッキリしているというか・・・苦みがない分パンチ度が低く上品に思えます。それとバランスとる豚骨のチューニングも素晴らしく、なるほどどうりでコラーゲン感を低めたようだなと感じます。
 
 また香味が移りやすいイメージです。これは以下に記しますが、例えばチャーシューを炙った香ばしさが、スープにもほんのり香ってこれが印象アップの一部にもつながっている!。水菜の清涼感もそれとは裏腹だが恰好なコンビネーション。香りのパレットのような豚魚スープです。
 
 
 
 
<薬味> 味変化をお祭り状態で楽しめ!天カス→辛味等
 
 このお店の特徴は「天かす入れ放題」。駅の立ち食い蕎麦なんかにあるあれですよ。あれがポットのような容器にあり、好き放題で入れることができます。豚と鰹の他に、タヌキを加えるような感覚ですな・・・。実は天かす大好き。歯応えのカリカリ感もいいが、汁に湿って吸い込んで、油が出汁となって更なる甘味を加えるイメージです。これはいいね。ラーメンにも適用可能だなんて、この店に来て初めて知った。是非トライすべしです。
 
 またテーブルセットの薬味がそそりまくりです。「しょうが」「こしょう」「わさび」「辛味」「ゆず酢」と言うラインナップ。炙り豚らーめんにはどれも合うとのこと。まずは「わさび」を試してみました。マイルドな甘みの風景に、じわじわくる清涼感。それに油断をしていると鼻孔に突き刺さるような刺激が襲い、泣けるけど嬉し泣き~。旨し泣き~。淡麗系スープ以外にも効果的です。
  
 そして濃厚系スープにはやはり「辛味」でしょう。わさびを少し控えめにしてたので、別に味の厚化粧にはならなかったと思います。これは想像しやすい自家製食べる辣油的な親近感ある辛味。ささっと粒子がスープ一面に散りますが、これは舌にさわった途端にジリジリと刺激を与えます。何となく・・・・天カスと辛味を一緒に味わうと、駒場東大前の辛揚げを連想してしいますが、そこまでアグレッシブではない。これもおススメ。
 
 
 
 
<麺> つけめん匹敵な極太ストレート麺!多加水系でもっちりしたハードさが食べ応えをさそう!
 
 おおお!ヌチヌチと感じさせる、ストレート太麺やんけ!。これはつけめん用かと思いきや、この店はつけめん未提供だっけ。しかも今回は大盛りにしましたので、迫力あります。多加水系で捩れも縮れも一切ないタイプ。非常にきれいな麺線でツルツルとしてますから、見栄えよりは口当たりが軽い。しかし腰つきはヌッチリと跳ねるから、汁滴があばれるかもしれません。要注意。
 
 明るさ感じるモチモチ弾力感。そしてやはり微妙に引き締まりを感じさせる密度感あり。このバランスがよく、まるでつけめんのアツモリを食ってるのかという心境です。汁の浸透はあまり感じず、そのかわり汁で濡れた感じが分厚くも感じる。持ち上げというより地肌にひっかけるタイプでしょうか。前歯で千切るとプツプツと切れ込み、歯の裏にも麺の温度を感じてしまう。そして奥歯へ運び潰すとヌチリと短いタップで潰れ、汁の甘味と既に一体化した麺の甘味を感じる。これも明らかに大盛で200gオーバー。220gくらいはあろうか?。食べ応えありありで、晩飯まで腹が減らない腹持ちの良さです!。
 
 
 
 
<チャーシュー> 炙りっぷりとタレの浸透!分厚いカットも心意気なのだ!

 肉身にもしっかりとタレの浸透を感じる。肉の味がすでにタレの味と一体化してますし、ビールのお供には格別と思われます。分厚くても箸でリフトするとしなって割れ目ができやすく、どの方向からでも容易く噛みちぎれる。久しぶりに味の濃ゆい厚切りチャーシューを食ったという満足感も誘い、これは好印象!。どうせ食うなら炙りチャーシュー!これおススメ!
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 卵黄のトロトロ熟成感完璧!甘さと塩気と本来味が見事に濃密に絡み合う!
 
    薬味と炙り肉にかなり注意力を奪われましたが、味玉が実に侮れません。トロトロ〜なジェル状態が70%程度。透明感ありつつ深みのある色合いで、だしのしんとうを感じさせます。それが甘みと塩気の両方バランスよく、熟成を思わせる味わい。とっても舌に絡みつくので、小分けにして食っても十分な食べ応えをそれぞれ感じさせます。時々カリカリな天カスが混じったりしてもまた旨し!。嗚呼やはり今回も味玉にハズレなし!
 
 
 
    総じまして「薬味楽しく!旨くて思わず笑みがこぼれる!まさに福笑!」・・・と言う感想。これは地元の人気を集めるのも納得の一杯で、くせのようにまた通いたくなる雰囲気の店です。家族連れでも気兼ねなし!たまにはやりたいファミリーラーメン!そんな場合におススメです!そんな応援気分のままですが、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
   空腹に
   幸を運ぶか
   ふくわらい
 
 
   食らう客達
   笑みに溢れん
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「柏幻霜ポーク全部乗せ濃厚つけめん 並」@松戸富田麺絆の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/03/07/000000
とまそんのYouTube:https://youtu.be/BbZno5MkeNI

<狙い目はやはり平日早めの夕方か?>
 
  結局この時間ずらしが良かったみたい。丸の内KITTEの地下1階のレストランフロアに、5店舗名物ラーメン店がオープンしましたが、並んでいるのは「松戸富田麺絆」だけ。行列人数はざくっと12~3名。並び始めるとゆっくりと列は進んでゆき、先に券売機で食券購入を促される。このシステムだとゆっくりと券売機を眺めることができ、どれ食うか焦らず選べるのがいいね。今回は「柏幻霜ポーク全部乗せ濃厚つけめん(並)」とさせてもらいましょう。場所柄か1620円もいたしますが、めったに長い行列には並べないから勢い余ってしまいました。
 
 
 
 
<全体&つけだれ> これが今の「松戸とみ田」スタイル!色々変遷し、これほどまでの濃厚食べやすさが沁みる!
 
 おおお!最早、豚骨魚介つけめんの目指すスタイル。目標と感じる落ち着き感覚に溢れる。コテコテに濃厚そうなつけダレは表層に膜が発生しておりコラーゲン量を伝える。そして麺はすばらしき整い方で、全体が褐色めいて実に風流。そして今回ご自慢の「柏幻霜ポーク」の各種チャーシュー。つけダレに沈んでいるであろうばら肉ロールチャーシューも絶品なんですが、それを越えてゆくような迫力感じる。
 
 
 さてつけダレの味ですが・・・これが行きついた解というやつか。魚介の甘さが広がるものの魚粉めいた渇いたコペコペさはなく、豚骨エキスの濃密エキスに溶けて動物感も高い。そして醤油ダレがしっかり効いていて塩気をベースに魚介と豚骨の旨みに甘さを引き出しているような感覚。肩の力が抜けたように、濃厚なれどすっきりと食えるようになってきて今に至るかな?。「またおま」と随分揶揄された時期もあった豚骨魚介を、じっとこの追及に力を注いできた結果の行き着きといったところでしょう。魚粉等のザラツキは以前のまま。貼りつき感がやや抑えられた感じで、濃厚なのだがそのままでも、ぎりぎりグビグビ飲み干せそうなバランスの良さがナイス。中に入っているメンマにもよく合う味と濃度だし、またネギの薬味が全体に回ると、これもまたフレッシュ感が加わり甘さに香りが高まる。柚子も嫌味ない味映えだし、文句のつけようがないのだよな・・・。
 
 
 
 
<麺> 心の味製麺:全粒打ち込みの褐色が風味良い極太麺!つけ麺における一つの解が完結か?
 
 今の麺は加水が高くなったようなイメージ。そして冷水で〆たかのような冷やかさがあり、モチモチさが明るいようだが引き締まりが強いです。2本ほど手繰ってそのまま食らうと、滑らかな舌貼りつきを感じる一方で噛むと風味と甘いがある。この全体褐色は、粉の自然な色なのか、はたまた全粒が細かく打ちこまれて色合いが一体化したのか。ローラー通しが多く色が滲んだのかもしれませんね(妄想~)。ともあれ麺線が凛と立ったようなフォルムも好みで折り畳まれや整形も素晴らしいです。
 
 つけダレにどぼん!引き上げると見事に魚介のザラツキ成分を貼りつかせる!。つけめんの場合、汁浸透はないから「絡み方」が命。この濡れて貼りつかせるような部分も非常にナイスで、つるつる滑って一気に口の中へと旨味を運びます。女性客にはかならず一人ひとり丁寧に、紙エプロン使われますかとの確認も怠りない。そう・・・ゆだんすると啜り上げで汁ハネするから要注意です。特に吸引力自慢なラヲタの方ならね!。
 
 
 
 
<チャーシュー> どうせなら一頭買いのパーツを全部堪能してみた!タレ付けずに食うよ!
 
 近年、一番最後に松戸とみ田に行ったときは、レアチャーシューが乗ってて時代の流れを感じました。薄味のバラ肉ロールチャーシューが私のとみ田肉のイメージ。それをつけだれに絡ませて食ったもんです。それを彷彿とさせる肉は、ちゃんとつけダレの底に沈んでいたので、懐かしくも美味しくいただきました。そして・・・今回のテーマ「柏幻霜ポーク」のチャーシュー。これは肉の味をダイレクトに受け止めようと、つけダレなしでそのまま頂きました。4種類あります。
 
 バラ肉煮豚:煮豚なんだがどこか香ばしい!そして脂がさらりと溶けて甘い
  吊るしの肩ロース :歯ごたえ丁度よく炙りの香ばしさが鼻孔一杯に広がる
 モモ肉煮豚:全体にしっとりとした肉繊維が上品歯応えと噛みしめる味わい
 ローストポーク:水分が一番抜けている分肉の旨みがナチュラルに凝縮
 
 これは絶対に酒だよな!!とみ田では腹いっぱいになる記憶が先走り、ビールが入る隙間がないと思い込んでたオレが浅はかだった!反省!。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 褐色の出汁浸透で熟成感ある旨味!温度管理がさすが!
 
 味玉を見るとどうしてもあの方を思い出す・・・。さてその味玉なんだが、最近まれにみる温度感!なかまでとても暖かく、卵黄の熟成した旨みがしっとりと味わえたではないか!。つけダレは表層に深く染み込んでいるのが褐色でわかるけど、中にも浅く深く染み込んでいます。魚介系の甘味が浸透しているよな感じで、白身も旨いし卵黄にはマチュアな甘味が感じられて旨し。サイズも仕上がり感もベスト。ちょっと割ったのをタレに半分沈めて、甘味をプラスして更に堪能しつくしました。嗚呼やっぱり味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
<スープ割>ブーメラン方式:非常にさっぱりしたエンディング!
 
 すみません!・・・と呼ぶとスタフがすっ飛んできます(笑)。客を不安にさせないのがいいね。このスープ割も・・・とみ田では試行錯誤ありましたねー。初期のスープ割はそれでも濃かったし、その後、「あっさり」と「こってり」の2バージョンができて、あっさり味にほっこりした。またネギ薬味や刻みチャーシューをプラスしてくれたりして、スープ割にもお得感があったね。2バージョンになったりまた1本化したり、いろいろありましたな・・・。そう過去を振り返ると、フツ―のスープ割になったような気がしてしまいますが、これはこれでまた良し。味わっている最中でも、味の調整をいたしましょうか?などと気配りに怠りなし。やはり、最後の最後まで・・・・とみ田スピリッツ! とみ田ホスピタリティ!が尽きないのでありました!。
 
 
 
 
 総じまして「松戸名物から東京名物に進化?東京玄関口に王者的風格つけ麺!」・・・と言う感覚。東京駅で、有名な濃厚豚骨魚介つけ麺食って帰ろう!そんな観光客やビジネス客が今後定期的にやってくるのでしょう。ラーストの六厘舎みたい行列名物化する前に、もういっちょ食っとこうと思いつつ、帰路の中央線快速に乗り込みました。やはり満足度高し!とみ田!!そんな感動を胸に、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!
 
 
 
   腹減りて
   待つも楽しき
   つけめんに
 
 
   霜豚乗せて
   憂晴ら爆食
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん+味付玉子」@らーめん文蔵の写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/02/07/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/buFGexDNvC8

<またおま系の殿堂と言えば・・・ここを思い出す>
 
 この10年余りの間にも流行りの移り変わりがあったり、色んなエリアに新旧店が入れ替わったりして、ラーメン界の風景も随分と変わったなぁ〜と感じます。特に「JR三鷹駅エリア」のラーメン事情は随分と変化が大きく感じてしまう。転勤後東京に再上京してかなり時間が経過したけど、その当時は三鷹といえば「中華そば みたか」と「らーめん文蔵」しか主に思いつかなかった程度。「みたか」についてはその後も定期的に通い続けているけど、「文蔵」の方が営業時間のハードルが高いせいで、ここ数年すっかりご無沙汰です。何と4年半ぶりに寄らせていただきました。
 
 
 
 
<全体&スープ> シルキーでサラリとした豚骨煮出しに・・・ザラツキ粗めの節と煮干しの甘さが沁みる
 
 おおお!4年半ぶりなのに・・・やっぱり馴染み感じる「またおま」感。これは褒め言葉でありトップクラスの豚骨魚介の雰囲気ありありです。目新しいさが一切ないのに迫力がある。それが王道の所以でスープの周りのざらつき感などは、魚介旨味の濃厚さを伝えるに十分だし、表面の光沢は豚の旨味を見せつけて目に焼きつくようです。その他パーツ達もタイムスリップしてきたかのようで、正しく平成時代の一時期を築き上げたラーメン系統ですね。
  
 そうそう・・・文蔵の豚骨魚介は「ざらつき」感が特徴でありました。さらさら粉末の魚介や鶏コラーゲンも追加したりする濃厚ブームの中、さらり系を維持しつつ旨味は分厚いという不思議なスープ感。白い丼の縁にはぐるりと一周、魚介成分の張り付きがあり、それがスープ表面と繋がってるほど濃ゆい。ラードも少々感じる雰囲気ですが、ギトギトコテコテとしたギラつきがないため、見た目以上にするりと飲み干せるのも印象的。案外豚骨の煮出しはシルキーとすら思っており、豚骨の癖が非常に低いのもいい感じです。全体的に控え目な豚骨のようですが、塩気のベースは豚コク側に結びついており、甘辛い感覚の半分は豚の旨味。 
 
 
 
<麺> 自家製麺:王道のモチモチプリプリ系多加水!中太ストレートの明るさがいいね!
 
 これも王道の多加水ストレート麺。豚骨魚介で特に汁系なら、このモチモチ感が相性のイメージですよね。つけ麺で一時期低加水極太にハマった私でしたが、今はこれがいいかも。改めて今なら・・・エキセントリックよりもオーディナリーな味わいが、長く愛され生き続けられると感じるのです。
 
 非常に丁寧な自家製麺。奥の製麺スペースに粉埃もなく、そういうところも好印象です。まず歯切れが楽しい中太麺で、前歯では案外プツプツと安易に切れ込みます。そして奥歯へと運んで噛み潰す時に軽い弾力がええねぇ〜。それを更に潰した時に豚魚の味より先に麺の味を感じる?。ゆっくりと汁が浸透しだしたり、舌が出汁の味に慣れてしまった後は、それらは瞬時の出来事になってしまいますがね。
 
 
 
 
<チャーシュー> 王道バラ肉ロールは蕩ける脂の甘み!久しぶりに沁みるのであった・・・
 
 王道のバラ肉ロールチャーシューって個人的には好きで、がっつり気分のラーメン職ではこのタイプ肉がいいよね。脂身の部分は比較的少なめに感じますが、肉身にはしっかりと脂旨味も浸透しており、箸で難なく解れるほど柔らかさも保持しています。味は比較的薄めと感じますが、肉味がしっかりしている上に、豚骨魚介の出汁がいい感じで塗れます。普通に脂の甘みと豚骨魚介の甘みがコラボして旨し。これは白飯に合うタイプですし、また油そばにすると絶妙な気がします。私はここにブラックペッパーを少し振って食うのが好き。
 
 
 
 
<味玉にハズレなし!> 白身への甘辛味浸透がナイス!ねっとり滴れる卵黄のマチュアな甘み!
 
 全く失念していたこの店の味玉。おいおい、こんなに旨かったっけ。出汁が実に深く浸透しており、白身がこんなに旨く感じたのは久しぶりです。魚介系の甘い味と塩気のバランスがナイス!。これは卵黄にも同じですが、こちらは少し熟成した雰囲気があるみたいです。ねっとりとした卵黄は舌にまとわりつくと、熟成したような甘みを感じるし、白身と一緒に咀嚼すると妙に玉子本来の味が塩気で呼び覚まされて旨い。嗚呼・・・やっぱり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
 総じまして「真摯な姿勢!ブレない旨さ!王道の豚骨魚介!三鷹にあり!」・・・と言う感覚。これからもラーメンシーンは色々変遷してゆくと思うけど、確かな旨さはいつの時代も突き抜けると思う。無骨に見えても思われても、信じる道信じる味を進んで欲しいと思う次第。もう少し訪問しないといけないかな(笑)。また来ます。そんな応援気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
   風もなく
   冬空蒼く
   突抜けて
 
 
   意思も突抜く
   豚魚が旨し
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 11件

「特製中華そば」@中華そば 青葉 中野本店の写真とまそんのブログ(写真付きコメントフルバージョンなら・・・)
https://www.ramentabete.com/entry/2019/01/03/120000
とまそんのYouTube(適当に流し眺めるなら・・・)
https://youtu.be/gxxsHk2YvRY

<一年の締めくくりは、王道のライトミックス系中華そば!>
 
    中野で、早めの営業開始、無休、定番・・・と言えばもうここしか思い浮かばない!それは「中華そば 青葉 中野本店」。大晦日10:30AM に確実に食えるのは有難い。すでに半数以上の客でカウンターが埋まっております。地元民のような気取らない方々ばかりで、ラヲタ(ラーメンヲタク)の匂いは全くしませんな(オレ以外は)。ジャージ姿でも気にならない雰囲気。中野の街の雰囲気と言うか、懐深さを感じます。
 
 
 
<ダブルスープは今は昔?これほど広く万人ウケするライト豚骨魚介は他にはないのだ!>
 
    おおお!もはやこれまで何度も見てきた!判子を押したような安寧なる信頼与える麺顔!。いかにもライト豚骨魚介ですが、脂感でシルキーな雰囲気すら醸し出します。パステル色のスープは全面的に明るく、お行儀良く並ぶチャーシューにはブラックペッパーがかかっており、一度その味を体験してる者には、そのペッパー感が出汁に染み込む風合いに想いを馳せるはず。やはりスープの第一印象は「飲みやすさ」。動物系の重たさを魚介出汁が中和している「またおま」感覚とはチト違う「さっぱり」さが印象的です。一義的にはライト豚骨魚介、最近の言い方ではないライトなミックス系とでも言いましょうか。余計な脂感が無くて我々の世代的には非常に嬉しい。豚骨も魚介も抑え気味なので、痩せたスープになりそうなのだが決してそうではないー。ブラックペッパーがスープに溶け出して何気に塩気を補強しているし、動物系だって豚骨だけではなく鶏の出汁も感じるし、乾物の支えだってあるようなきがしてきた。ここで一気にブラックペッパー補強でラストスパート的に食い切るのも痛快ですが・・・・ちょっと寄り道気分で、味変化と参りましょう。
 
 
 
 
<たまに試してみたい・・・柚子唐辛子!>
 
    ペースト状ですから、溶けて全体に回るのが早いー。それは、乾燥スパイスでは届かない動物系の旨味の中枢に、しっかりと結びつくような図太さです。わずかな投入ですが全体にはじんわりと風味が溶けて行きます。チリチリと刺激少ないところは、柚子の効果か?。一方で柚子の風合いは、柚子胡椒ほど前に出てないか殆ど感じないほどですな。これは、希望者申し出で無料サービス。一度は試してみてはいかがでしょう?。
 
 
 
 
<またおま的・・・加水高めの中太ストレート麺!汁に濡れただけのタッチ感で実は味わい深い!?>
 
    少し黄色く艶やかな中太のストレート麺。多少のよじれや、ボコッとした部分はありますが、多加水系で玉子麺にも通じるモチモチさが、見るからにわかります。多少の表面のぬるつきも感じますが、スープとの一体感を少し果たすようで、悪い気がしません。前歯を麺に突き立てるように置くと、思わずチカラが入ってしまい、気づいたらプツプツと千切ってました。弾き返すような明るさよりも、しなやかさを感じるプツプツした切れ味。無意識に奥歯へと運んで全体でプレスにかかります。クチリ!!と割と分かりやすい潰れ込みがいい!!。太めでも密度感が低く思えるため、重くなく次から次へと畳み込むように食っては千切り、そして潰しては味わい続けます。
 
 
 
 
<スカスカと余計な脂が抜けてスープ旨味を逆輸入!定番肩ロース肉がペッパーに合うね!>
 
    この肉も実に印象的だし青葉って感じさせます。脂肪分のさしが多めの肩ロース肉といったところ。スープ生成にも貢献したように、余計な脂感が抜けていて、ほろほろと肉繊維質が柔らかく煮込まれたようです。スープを逆に吸い込んで、それが残った脂身と結びついて異様に美味くさせる。さらに決定づけるのが、ブラックペッパーで、少し多めなのがむしろ嬉しく、スープの甘味に塩気に近い刺激を与えます。
 
 
 
<味玉にハズレなし!久しぶりのタコ糸切り断面に熟成卵黄が汁と混じる〜>
 
    味玉をタコ糸などでギザっとさせながら千切るのが好き。断面が微妙にザラついて、余計に味が絡むように思えるのはオレだけなのか。スープに少し沈み気味で卵黄にも少し浸透を始めます。全体的にねっとりとしたジェル感で卵黄を濃密になる。出汁浸透は深め出し、マチュアな甘味も感じますが薄味系の引き際もあって、非常に好印象。玉子本来の旨味もキープしておりこれはなかなかですよ。嗚呼、やはり今回も味玉にハズレなし!。
 
 
 
 
    総じまして「Creative & Classic ! 今も変わらぬ安寧な旨さで一周回って新しきを知る一杯!」・・・と言う感覚でしょうか。中毒性というより、また食ってほっこりしたいと言う習慣性を深く感じます。もう慣れきった味と思っても、いつも新たな感動覚えますし。定期的にまた来ます。そんな日常気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。
 
 
 
            冬晴れに
            風はさやけき
            大晦日
 
 
 
            幸福願う
            年越し拉麺
 
 
 
    お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 5件

「ハイボール→特製まぜそば」@麺や そめいよしの 西荻窪店の写真写真付きコメントフルバージョンなら・・・
https://www.ramentabete.com/entry/2018/12/27/175110
YouTubeにまとめたよ!
https://youtu.be/UoKsT8b4fDo

<おいおい!この店はなかなか「使える」店じゃないか!?>
 
 実はちょっとチェーン店のようなイメージがあって避けてた店。すぐそばに日高屋があってかぶるんじゃないかと。しかし・・・誤解でした!イメージ一変!ここは使える店だぜ!。王道の醤油ラーメンとか、塩ラーメンがなかなか旨そうなのだ!。客層が見事にばらけているのはいいとして、ポツポツと女性客とオヤジ客が、塩らーめん、しょうゆらーめんのデフォルト一点で食いに集まってるのだった。しかも常連風な慣れた手つきと雰囲気。そして、タイムサービスもなかなかで、この日はサイドメニューのハヤシライスが100円。餃子も100円で、それも安っぽくなさそう。おいおい・・・結構使える店だったのか!。これまでの機会損失を嘆く。
 
 
 
 
<一日の最後にお疲れ様のハイボール!氷少なくても冷えている!>
 
 小腹に何か食い物を詰めてから飲むはずが・・・食う前に飲むオレ(汗)。それでもプリン体を計算してハイボールを頼みます。500円ですが、缶ハイボールだったら凹むし、グラスだったらもっと凹む。不安ななかで持ってこられたのが、ジョッキに入ったハイボールです。このタイプあまり好きじゃないんだが、今日は気に入った。「氷が少な目」でその割に「冷えが強く」て「薄くない」。おおお!居酒屋でもそうそうないかもよ。
 
 
 
 
<王道の勝負の仕方!豚骨魚介にも感じる醤油ダレと香味油!そして魚介風味の甘さがストライク!>
 
 おおお!具材が豊富すぎて・・・まるで生け花かアートフラワーのような詰め込み方が嬉しい。肉がはみ出て、温泉玉子がゆらめくのは、演出とサービス精神の現れ。ただ勢い余ったのか、薬味が結構いい感じを越えて嬉しすぎるのです。白髪ねぎ、三つ葉、玉ねぎが相当の量。しかもメンマもそれに寄り添ってる・・・。トッピングだけで酒が飲めるとはこのこと!。一体何味のまぜそば?やっぱ醤油??と思って丼の底を覗いてみましたが、見事に麺の絡まってて、溜りがありません。これほど全くにタレの溜りがないとは。そこで麺を早速味わうしかないんだが、これが私個的には王道中の王道で泣けるほど旨い。

 
 
  
<薬味の多さと温泉玉子の効果がいいのだ!>
 
 なぜこれほどに、汁なしなのか・・・・汁やタレが堪らないのは。薬味多さと温泉玉子。これらが余分に溜ってしまう汁を吸い込んでいるようです。三つ葉と白髪ねぎだけで相当吸着しましょう。そこに温泉玉子が混じって、麺と絡み合わせてしまおうと働くのか・・・。勿論、配膳前に麺とタレを撹拌させながら混ぜているのですが、魚粉も絡ませる働きを後押ししているかもしれません。追い飯など必要ないほどに、後に残らないんです。
 
 
 
 
<豊華食品:クッシリ感じる風味とモチモチ感が印象的!汁なし系でも後半には汁浸透の余韻が旨し!>
 
 初めて聞いた「豊華食品」。厨房の麺箱をチェックしてしまうなどラヲタの証明です。ところがそれが美味かったから、製麺所の奥は深いと再認識しました。濃厚タレ系の汁なしとくれば、それ相応の太麺。そしてモッチリなどの「歯ごたえ」と「風味の強さ」を期待したい。そんなファーストインプレッションは軽々と超えてゆきます。本当に全体的にねっとりと、タレが麺に絡み付いてますが、一度噛み千切るとその風合いの良さ!そしてすぐさまにタレと融合する旨味と甘味の表現はさすがです。湿っているようで全体的には乾いた風味を指す・・・。そんな絶妙なる味わいに、ただただ感服。
 
 
 
 
<さすが特製!賑やかなる薬味の展開に「レモスコ」でとどめ刺す!>
 
 正直言って、汁なし系なら、辣油と酢で締める前に、これをやっとくべきです。辣油と酢を入れ出すと、一気に味が同じになってしまいますしね。豚骨の出汁に酢を入れるとまろやかになる方程式の通り、酸味イメージよりは甘味が広がる!。通常の酢だけなら風味が足らないので、辣油を入れるしかない、ところがレモスコなら、レモンの風味がすでに乗っているし、「青唐辛子エキス」も混じってるから辛味もすでに補填済み。なんと計算高いのか!。もし日本でヒットしたら、これは一気に広島農家が喜ぶストーリー。瀬戸内広島レモンが、一気にブランド化しそうです。
 
 
 
 
<飯にも酒にも合いそうな大判肩ロース肉!肉身のスポンジ部分がタレ沁みまくりでうまし!>
 
 さすが特製!それをアピールするには、何と言っても肉ですよ!。それを見事に果たしているとはこのこと。大判な肉は肉身と脂身の配分が理想的な、肩ロース肉。厚さはそこそこ申し分なし。一枚で茶碗一杯程度のチャーシュー丼ができそうです。食いごたえ間違いなし。また大判なゆえに、箸で噛み付こうとすると、筋とか切れ目から解れてしまいそうです。タレ自体も軽く甘味を感じる醤油系で、それが薄く満遍なく浸透してる感じ。その過程で余計な水分が、肉身から抜けた感が少しあって、スポンジ的な部分も多少ですが見受けます。しかしそれは長所でして、タレを見事に吸い込もうとして、味わい高い。
 
 
 
 
 総じまして「王道の味わいにブレなし!手抜きなし!若さあり!の痛快なる汁なし!」・・・と言う感覚でして、これはメニュー制覇もしたくなる!。とにかく醤油・塩・つけ麺・汁なし・限定麺(複数)と既にバリエーションも豊富ですから、家族で行ったって喧嘩しない店。非常にハードルが低い上に、満足度が高いですから是非!。そしてもしここに日本酒ラインアップが加わったら快感!そんなメッセージが店主に届くのは無理として応援気分。だからとっとと詠って、いつもの様に締めたいと思います!。
 
 
 
   よろよろと
   年末多忙に
   やさぐれて
 
 
 
   誰も知るなし
   汁なし旨し
 
 
 
 
 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件