なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kook

男性 - 東京都 (1969年生まれ)

この世界の師匠に誘われてこの道へ最近やっと1年半のブランクを乗り越えて復帰しましたo(TヘTo) これからはあまり無理をせずにマイペースで書ければいいかなと思っている、今日この頃・・・・登山家が「そこに山があるから登るのだ」と言うように、ラーメン登山家は「そこに山が出現するから食べるのだ」となってしまうのでしょうか?ならば食べ続ける事に自分の存在証明を見いだせるのでしょうか・・・

平均点 82.698点
最終レビュー日 2019年10月17日
192 175 0 413
レビュー 店舗 スキ いいね
84

「油そば大盛り」@宝華らぁめんの写真平日11時31分入店 先客1 待ち無し
11時38分着丼
後客多数、退店時中待ち1

小雨がそぼ降る平日の昼時、立川まで行かねばならず、ならばとRDBを検索、
そしてまだ未訪のこちらをチョイス(*^^*)
開店10分前にお店隣のコンパに車を滑り込ませ、その時を待ちます(^_-)-☆
定刻をやや過ぎて開店、二番目で店内に、
カウンター一番奥に座り店員さんに上記メニューを口頭注文、その時を待ちます(*^▽^*)

そして7分後、奴が若い店員さんに連れられてやってまいりました(^◇^)
ほほぉ~(*^-^*)なるほど、油そばですが他のお店と違い、油が多いですねぇ~(#^.^#)
早速、グルグルを開始、よーっくかき回して、いただっきまーす(*^^*)

なるほどなるほど、油が多い分、チュルっと気持ちよく喉を通ります(^_-)-☆
麺はやや普通より太目で加水は高め、やや柔らかい仕上がりになっていて、
先程も言いましたが、油と相まって良い喉越しです( ◠‿◠ )
タレは基本の醤油のカエシに出汁を同じ分量投入、そこに油をたっぷり投入で、
他のお店よりタレが多い感じです(*‘∀‘)
お味はこれが塩分濃度が程よく出汁が入っているためとてもマイルドに仕上がっていて、
普通の油そばと比べるとより食べやすい印象を感じます(^◇^)

具材は、チャーシュー・ネギ・カイワレ・メンマ・なるとと言ったところ、
具材に関しては特にこれといった印象はなく、普通のチャーシュー・メンマです(;^ω^)

今回は大盛りを頂きましたが、最近食べる量を減らしているせいか、多く感じました。
大体麺量で270g前後でしょうか、次回は中盛ですかね、悲しいですが(/ω\)

トータル、何時も一味違う油そばで、大変満足のいく一杯でした(*^▽^*)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「五目かたやきそば(1300円)」@中国手打拉麺 馬賊 浅草本店の写真10月22日pm7時45分 待ち無し 先客3

台風が東京に直撃を決め込んだ夜、同行者とズット話していた此方に突撃訪問(*^▽^*)
同行者とズット話していたのは、その昔、日暮里の『馬賊』に有った(堅焼きそば)(^^*)

現在では日暮里店ではメニューからスガタヲ消してしまったが、昔当方が好んで食べていた事を同行者に話をしたら、浅草には有るかも、となり、調べてみると有るではないか(*^▽^*)

そして、台風の夜にそれを確かめに直撃したのであった(^-^;)

注文から約10分、同行者の頼んだ担々麺に続いて、やって来た!!!
ビジュアルはいいですなぁ~(*^o^*)
丼からお山がそそり立っているのがよく解ります(*^ー^)
では、実食、揚げ麺の上に掛かっている餡掛けから(^^*)
塩餡掛けのお味はまさに王道の八宝菜(*'▽'*)
具材も海老やイカも入りなかなか豪勢です(^^)
麺は自家製麺手打ち麺をカリッと揚げて、最初はゴワゴワですが。食べ進むとシットリとなり、旨味がまします(*^^*)

半分ほど食べ進んでから、お酢と辣油でカスタマイズ(^∇^)
最後まで美味しく頂きました(^_-)

昔食べた、日暮里馬賊とは、ハッキリ言ってしまうと。まるっきり別物でしたが、此方は此方で街中華の王道堅焼きそばと言う感じで、美味しゅう御座いました(^.^)

ただ、1300円と言うお値段がナァ~(;^_^A

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし(塩)700円 <裏メニュー>」@らーめん こじろう526 神田小川町店の写真平日夕方 待ちなし 

この日、ご招待を受けていた此方のお店にお邪魔します。

伺う前々日に、ニュー店長から棚を1箇所つけて欲しいとのご要望があったため、
棚を付けに行った際に、ご褒美にラーメンを頂いたので、
この日は入口を入ってすぐ左側の券売機にて汁なしボタンをポチットする。

夕方の開店間もない時間とあって、私が一番のようだ。
食券をニュー店長に渡したところ、
「塩でもいけるよ」とのこと、
早速、その申し出をありがたく受け入れる。

待つ事7分奴がニュー店長に伴われやってきた。

オォ~綺麗な出で立ちではないか。

さてさて、早速グルグルを開始である。
しかし気がついた。
コヤツ塩ダレの為、どれだけ混ざっているかが定かではない。
まぁ~小さなことを気にしても仕方がないので、
ある程度混ざった所で、早速実食である。

ふぅぅうぅぅむ
なかなかやな。
塩ダレがいい感じで麺とヤサイに絡まり、
しょっぱくなく、いい感じだ。
塩の尖りは感じなく、マイルドな仕上がりとなっている。
ニュー店長に聞くと、塩は何種類かをブレンドして使っているとのこと。
研究熱心なところが垣間見れる。

麺は中太で若干ウェーブ、
二郎系デフォ使用といったところか、
麺量は300g
普通の人間には十分な量だ。
仕上がりはやや堅めでポキゴワと言ったところ。
俺的な好みを言わせて貰えれば、もっとモチ感が欲しい所。
しかし此方のお店、麺茹で機で茹でる為、小さな駕籠に入れて茹でる為か、
太麺系だとこのような仕上がりになってしまうのか・・・・・
とにかく、俺的にはもうチョット、モチ感が欲しいか。

半分ほど食べ終わった所で、
やはり汁なしにはカルボナーラでしょ。
ってことで生卵をお願いする。
50円を払い、黄身のみでお願いすると、
器に入って卵ちゃんの登場です。
器で溶いた卵を丼に掛け、卓上のブラックペッパーを多めにトッピング。
そして再びグルグル・・・・・・・

うぅうぅぅ~
旨し。
やっぱ汁なしにはカルボナーラね(笑)
最後やはりチョイと薄まってきてしまったので、
卓上のカラメボトルを投入しようかとも考えたが、
塩でいったので、こいつは我慢。
ニュー店長とも話したが、岩塩をソルトミルで引けるように卓上に置く事を検討中とのこと。
嬉しいお知らせだ。

私が食べ終わる頃、お客さんが入ってきたので、
そ知らぬ顔で退散することとする。

この前日、RDBヘビーユーザー諸氏がご来店との事。
諸兄のレビューが楽しみな所である。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「特製煮干し汁なしそば(750円)」@らーめん 破顔の写真平日11:28分到着 シャッター先頭
   11:30分開店 後客多数
   11:40分着丼

この2・3日、何故かずっと汁なし系が食べたくて食べたくて仕方がなかったんですが(x_x;)
今日そのチャンスが巡って来たんですヾ(^▽^)ノ
しかも目指すお店は、この2年程ずっとBMしていた此方のお店です(*^_^*)

現場の帰りに、ワクワクしながら此方に向かいます(^^)
線路沿いの大きな駐車場に車を滑り込ませ、
曇り空の中、此方のお店を目指しますo(^o^)o

時間は丁度開店時刻、外待ちを覚悟していたんですが(@_@)
やったぁ( ^∀^)心の中でガッツポーズヽ(*´∀`)ノ
誰も並んで居ませんヾ(^▽^)ノ
店の前で待つこと2分
定刻通り開店です\(^o^)/が・・・
暖簾を出しに来た助手のおにぃチャンは、
「どうぞ」も無ければ「お待たせしました」も有りません(>_<)
気にしてもしょうがないので、お店に入り、入口入りすぐ左の券売機で、
考えていた汁なしをポチットしようとしたんですが、珍しく悩んでしまいました(-"-;)
かなり悩みましたが、後客も居ないのでゆっくり考えて、上記メニューをポチットな(^-^)v

初めはデフォの汁なしと思っていたのですが、
券売機を前にやっぱ煮干は捨てがたいだろう(゚∀゚ )
特製が100円しかアップしてないのにはビックリし好印象ヾ(^▽^)ノ
と言うことで、上記メニューにしたのであります(^^ゞ

後客のことも考え、ライト側一番奥の席に陣取ります(^・^)
席に付き、ホッとしてると、
炙りチャーシューの匂いが店内を漂い食欲をそそります(*^_^*)
店内は新装開店から時間がたち少々くたびれ感が有りますが、小綺麗にはされております(^o^)
BGMは私も好きなボサノバがかかっています(*^_^*)
フォーメーションは金髪の店長風の方とさっき挨拶の出来なかった助手の方の2名体制(`_´)ゞ!
そして遂に2年間待ち望んでいた奴が助手殿に寄って連れて来られますヾ(^▽^)ノ
ジャジャーン(^_-)-☆

11:40着丼

ではでは先ずは麺の一本食いから(^。^)
煮干の香りはしません(・・;)
麺は太麺で軽くウェービー使用、やや固めの茹で上がりで噛むとブリットした食感が素敵(*⌒▽⌒*)
麺に一度汁と魚粉を絡めて一手間施してあり美味しいですなぁ〜( ´艸`)

具材は炙りチャーシュー・玉子・ネギ・メンマ・海苔と言ったところ(^-^)v

炙りチャーシューはブロック状のものが10個ほど入っています(☆▽☆ )
始めになんこか食べ、後に残しておこうと思ったのですが、
もう1個、もう一個となりそうになり、我慢します(;゚Д゚)!
下味がついていてジューシーで肉感あり、
肉を噛む毎に旨味成分が口内を充満させます(*´д`*)
多分、炙らなくても、十分美味しいチャーシューなんでしょうけど、
炙る事により、より旨味が凝縮されるような気がします(@^O^@)
メンマは小降りで歯ごたえよく、かるーく甘めに下味されています。

8割り方頂いたところでスープ割りをお願いします(*^_^*)

保温機に入って居るスープを小さめのお玉で2杯丼に注いで貰います、
温めのスープは魚介の風味を豊かに薫らせ、
口に含むと節系の旨味が口の中を覆います)^o^(
とっても優しいお味で美味(びみ)と呼べるでしょう( ´艸`)

最後に残しておいた味玉をスープと一緒に美味しく頂きフィニッシュd=(^o^)=b
汁なしってスッゴクシンプルな麺料理なので、とっても簡単なようで難しいと思うんです。
そういう意味で此方は一手間二手間掛けて味に奥行きを与えてるんだと思うんです(@^O^@)
いい仕事してまんなぁ〜って感じです(^з^)

イャー(^^)2年あまりずっとBM店でしたが、早く来なかったことを、
心のなかで懺悔しながら駐車場に向かうあたしでありました(/_・、)

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 ロッソ【月・火・金・土】…750円+あとのせボーノ…15」@ajitoの写真平日13:37分到着 初訪問 先客3 待ち無し

今日は昨日とは逆に2時から五反田で打合せです

と言う事は、ラーメンを食べてから、打ち合わせに向かえる……(^-^)v
RDBを早速検索、今日は今年一番の暑さになりそうなので、つけ麺の美味しそうな所にlockon('-^*)ok

そこで、トマト風味のつけ麺が目玉のこちらに、決定(^-^)v
早速急行します(^_^)/‾

そして、お店周辺に到着しますが、なかなか駐車場が見つかりません(T_T)
お店の周りをかなり回りやっと駐車場を発見(@_@)
車を止め、お店に急ぎます(*^-^)ノ
こう、なかなか車が止めれない時って、
何故かこれから食べる一杯にワクワクするんですよねぇ〜(*^.^*)

そして駐車場から歩く事2分。
いやぁ〜(゜o゜;)『アジト』と言う名に相応しい店構えです(^-^)
お店の前まで来ないと、ここがラーメン屋さんだと分かりません(@_@)
何故なら、こちらのお店、飲み屋さんが三件並んでいる真ん中に、
居抜きで借りたような物件で、
外構えが未だ以前のスナックのような佇まいだからです(-_☆)

店頭まで来ると扉が開いているので、店内を覗くと、
ライト側席が開いているので、入店し腰を下ろします(o^-')b

席に着き、カウンター内のご主人に上記メニューをお願いします(≧ω≦)b

店内は昔スナックだった頃の面影を色濃く残しています。
しかし、御主人の趣味で壁や天井までハードロックのポスターやら旗やらが張られ、BGMは勿論ハードロックが押さえ気味に流れていますo(^o^)o

そして、12:49分着丼

御主人により手渡されます(^o^)
その時ご主人より、「漬け汁が足りなければ、お代わりして下さい」との事、
かたじけないお言葉である(^^)

ではでは早速つけ麺恒例の麺の一本喰いから、
ホゥ、麺は中太ストレートで、登場した時は麺の上にパルメザンチーズがかかり、
その上にバジルペーストが乗っています(*^_^*)
噛むとモチプリとした食感で、加水は高め、水切りはかなりしっかりしてあります(^・^)

スープは豚骨魚介のスープにトマトペーストが合体している感じで、
もっと酸味があるのかと思ったのですが、それ程でも有りません。
でも不思議とこのスープ美味しいです(^O^)
豚骨魚介の旨味とトマトの旨味が相まって、
ブイヤベースのような味わいだと感じました)^o^(
ですから、通常の豚骨魚介のつけ麺とは、
全く別物と考えた方が良いのではないでしょうか('◇')ゞ
私はありだと思いますし、美味しいと感じましたo(^o^)o

具材は全て丼の中、チャーシュー・トマト・玉ねぎ・ニンニク・鶉の卵で、
卵以外は全て角切りになってスープの中に投入されています(^_^)v

特筆すべきは、やはりチャーシューでしょう、
バラの部分がとてもジューシーに煮込まれています(☆▽☆ )
噛むとホロリと崩れ落ち、
味はしっかりと醤油ダレに漬け込まれていた事を伺わせる逸品ですヽ(≧▽≦)/

そして、同行者が半分食べ終わった頃、
食べ終えた漬け汁の丼を、ご主人に差し出しリゾットをお願いします(^-^)v

ご主人はその丼に、ご飯をよそい、とろけるチーズを載せそ、
してまたトマト仕立ての漬け汁を掛け、パルメザンを降り、
今度は鶏の半熟卵を1つ載せ、
私に再び戻ってきますぅ~(^-^)v

それをユックリかき回し、とろけるチーズが溶け出した所で実食です(o^-')b

あやぁ〜)^o^(こりゃまた、昨日のボニービートさん同様うんまいですなぁ( ´艸`)
スープとご飯が混ざり合い、そしてそれをチーズがコーティングです(^з^)/チュッ
完全にブイヤベースの後のリゾットと同じ感じです(^・^)

こちらは昨日と違い、スプーンを渡されたので、
一口ずつ美味しさを確かめながら頂きますv(^o^)
うまままぁ〜〜〜いε=ヾ(*‾▽‾)ノ
完全にブイヤベースの後のリゾットです)^o^(
ユックリ楽しみたい所ですが、貧乏性なのか、食いしん坊なのか、
昨日同様流し込むように一気喰いです( ´艸`)

満たされたお腹と、欲望で半恍惚状態になりながら、お店を後にします(☆▽☆ )
外はこの私の気分を表しているかのように、熱く何時までも私に纏わりつくのでした(≧ω≦)b

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「油めん大盛+卵(930円)」@らーめん ぽっぽっ屋 水道橋店の写真10:59分到着 初訪問 シャッター 先客2に接続

この日、朝一番で五反田方面に打合せ(o^_^o)
という事は、初本山巡礼か(*⌒▽⌒*)
と思い、10時前に本山の前を通り過ぎると、早くもコーナーを曲がる人の列が(x_x;)
仕事も有りますし、本日は又してもスルーします(/_・、)

しかし、口の中は完全にジャンクモード(-_-#)
このままで、収まるわけが御座いません(σ・∀・)σ
五反田の帰り道、神保町の前を恐る恐る通と、ななななんと、列が無い(@_@)
店の前まで行くと、午前中臨休の文字が踊ってます(T^T)

であるならば、最後の砦、こちらにお邪魔します(・∀・)

10:54分店舗近辺のつくしに車を滑り込ませます(^-^)v

お店の前を見ると、まだ開店していませんし、シャッター客も居ないので、暫し車で待機です(・∀・∩)

10:57分そろそろと思い店の前へ、すると同時にサラリーマンの二人組が私の前に並びました(^^;)

11時丁度開店
前の二人に続いて入店します(‾_‾;)
入口入って左の券売機で上記メニュウをポチットな(^-^)v
店内は想像していた感じではなく、決して広いわけではないのですが、狭いわけでもなく、しかもとっても綺麗です(*^_^*)

フォーメーションは厨房の男性1フロアーの女性1です(^-^)

11:06分コールが掛かります(・∀・)
全増しをお願いしますo(^o^)o

11:09分着丼
思ったほどインパクトがありませんf(^_^)

それでは、油恒例のグルグルの開始ですが、後でカルボナーラを楽しみたいので、卵黄を優しく端にどかします(‾_‾;)

あらかたいい感じに混ざったので、麺から頂きましょう(^^)
麺は中太縮れ麺、硬めの茹で加減でチョイポキと言った感じです(^_^)v

具材は野菜・メンマ・チャーシュー・きくらげ・玉ねぎと言ったところで、

野菜はモヤキャベ率9:1でまずまずの茹で加減
メンマは甘め、キクラゲ、玉ねぎは食感が良くアクセントになります(^-^)v
豚さんは、グルグルしちゃったのでバラバラになりなんだか、何時の間にかいなくなっちゃったってかんじです(^O^)

約半分を食べ終わったところで、最初にとっておいた、卵黄をかき回し、カルボナーラで頂く事にしますが、残念な事に、こちらGBがありません(T^T)
仕方なくホワイトペッパァーでいきますが、もの足りません(x_x;)

仕方が無いので、お酢を投入、しかしコイツが裏目(>_<。)
最悪の取り合わせになってしまいました°・(ノД`)・°・
しかし、残すわけにもいかず、とりあえず、流し込むように完食です(/_・、)

途中から歯車が狂ってしまいましたが、マイルドな感じのけしからん系油そば
やはり、GBが置いてない事が悔やまれます(TOT)

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「香麺 スープ付 950円+大盛り100円」@よってていの写真良い店・良い酒・良いラーメンシリーズPart1

平日20:18分到着 2回目 先客2名待ち無し

あかいら!さんのレポートに触発されて、
先週こちらに初訪問をしたのですが、
何と!!!携帯を忘れて、レポート出来なかったと言う、
大失態を犯し、再び同行者と訪問です(☆▽☆ )

この夜、先週に比べて仕事の関係で、
一時間近く遅くの到着になってしまいました(+_+)

扉を開け、ご主人に挨拶をし、カウンター席1・2番席に腰掛けます(*^.^*)
ご主人の素敵な笑顔は変わりません。
BGMは今宵も私の好きなモードJazzがかかっています(^-^)

先ず始めにビールを注文し、
先週に引き続きおつまみにネギワンタンをお願いします(^o^)
ワンタンは大きく巾着型をしていて、プリプリの食感と、
噛むと溢れる肉汁で最高なんです(*^_^*)
そいつを黒酢と珍しい辣椒(ラーチャ)と言う辛味噌を付けて食べるんですが、
相性もバッチリです(・∀・)

ビールで喉を潤した後はやはり先週と同じく、黒糖焼酎を頂きます(^^)v
こちらの黒糖焼酎、スキッとした飲み口が特徴で、呑み易く大変美味しいです。
そして、その飲み口がいいこいつをロックで、
グラスになみなみ注いでくれていますヾ(^▽^)ノ
酒量にして、1合以上は入ってます。
こいつを一杯呑み終わる頃にはかなりいい感じに仕上がってます。
しかも嬉しいことに、一杯500円です。
同行者とチビリチビリやりながら日々の話や、
ご主人とのラーメン話に花が咲きます(^O^)

ところで、ご主人との会話の中で、こちらの名物の香麺は、
ご主人の叔父様のお店、経堂のはるばるていさんがオリジナルだそうです。

さて、黒糖焼酎が二杯目に差し掛かる頃には、時計が10時に差し掛かっています(@_@)
此方のお店、基本9時まで何ですが、ご主人のお気持ちに甘えて、
この夜もかなり閉店時間をかなりオーバーしています(+_+)

流石に私達も何時までもご好意に甘えるわけにもいかないので、
お目当ての香麺を頂く事にします(≧∀≦)
そして待つ事数分、コイツがご主人から手渡されます(^з^)

基本油そばの様式を取っています。
なのでグルグルを開始です('◇')ゞ
丼の中には、麺・香油・塩タレ・辣椒・コロ鶏チャーシュー・ミミガー・オニオンフライ・サラダほうれん草等が入っており、かなりのボリュウームです(^O^)
これらを、「ナポリタン色になるまで混ぜて下さいと」
今宵もご主人に言われたのですが、なかなか混ざりません(>_<)
しかも途中から無性に食べたくなり、一口頂くと、
あぁ~今までに食べたことがないような味が口の中に広がります)^o^(
何と表現すればいいのか解らないんですが、
強いてあげれば、この時点では塩焼きそばの味に近いか・・・・
でも、私の味覚にベストマッチングゥ~なんですヽ(≧▽≦)/

しかし、途中で食べたことを、同行者とご主人に注意され(>_<。)
再びグルグル再開です!(^^)!
そしていい感じになった所で、再び食します(^O^)v
いや本当にうんまい(@^O^@)
同行者と一口二口食べたところで、今度は一緒に付いてきた、
スープに付けてつけ麺スタイルで頂きます(o^-')b
これがまたまたいいんです(^_^)v
鶏ベースのさっぱりスープにカエシが利いているスープに、
油の付いた麺を泳がせると、スープが麺に絡みつき、美味しいんです(^o^)

そして、最後は3分の1程残しておいた丼の麺に、
スープを流し込み、汁そばの完成ですε=ヾ(*~▽~)ノ
これがまた合うんだなぁ~( ´艸`)

一杯で三度楽しめるこの一杯、是非是非お勧めしたいと思いますd=(^o^)=b

気さくなご主人と、Jazzの調べ、美味しい一杯のラーメン、
しかもお酒はリーズナブルなお値段でこだわりの一杯が楽しめますヾ(^▽^)ノ
お近くの方は是非一度足を運ばれては如何でしょうか(o^-')b

お互いコップなみなみの焼酎を二杯づつ呑んだ我々は、
ご主人にお礼を告げ、この冬一番じゃないかと思われる寒さの中を、
千鳥足で千鳥町に引き上げましたヾ(^_^) byebye!!

道すがら、居酒屋の赤提灯に書いてあった、
『ラーメン』の文字に魅かれたのは、何故だろう・・・・・
シリーズ第二章の始まりか・・・・・・

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「特製まぜそば(辛 うま味)800円 もちもち麺」@オリオン食堂の写真11:04分到着 初訪問 先客1待ち無し

今朝は2日酔いで頭が痛く、お休みだと言うのに、何時も通りの時間に目覚めてしまいました(+_+)
ボッ~トした頭を目覚めさせるため、シャワーを浴び、自分を取り戻します(>_<)
大晦日だと言うのに部屋は荒れ放題なので、掃除を始めようとしたところ、師匠からメールが…

10:30位に迎えに行く('-^*)

そうだ!!昨日約束してたんだ^_^;
と言うことで、掃除をしながら、師匠達一行の到着を待つ事にします(^^;)

10:25分御一行(spark隊)到着、車に乗り込みます(^^)v

本日も何時もメンバーです(*'-')運転手は師匠(SPARK影)、助手席☆まきょ☆、さん後席にひ~ろん、と私です(^^)
目的店に向かう間のこのワクワク感と気心知れた仲間とのラー話は最高ですな( ´艸`)
そんなこんなで、約30分程で現着です(^O^)
お店は駅から伸びる商店街の中に有りましたヾ(^▽^)ノ

11:04分到着、入口入ってすぐ右の券売機で上記メニュウーをポチットな(o^-')b
ホール左側のカウンターで麺の種類と量そして味を店員さんに指定して手渡します(。・_・。)ノ
ホール右奥の4人掛けテーブルに腰掛け、暫しその時を待ちます)^o^(
そして、店員さんに連れられて、奴がやって来ます(^_-)

11:17分着丼

こちらの油麺、具材と麺が別々にやってくるところが面白いですな:-)
それでは、油麺恒例のグルグルの開始です(^^)v
混ぜると魚介の匂いがフワァ~っと広がります(#^.^#)
よーく混ざったところで、具材を投入、ここでもう一度パシャリ('∇')
では、いっただっきまぁ~す\(^o^)/

麺は限定のモチモチ麺です。
中太平打ち麺で軽くウェーブが掛かっていて少し柔らかめのモチモチタイプです。

タレは豚骨魚介のスープを煮詰めて、辛みを増したような感じです。
口に含むと甘味から入ってきて、辛さが後から追っかけてきます(o^_^o)

初めて感覚の油ですが、なかなか美味しいですな、ただ皆さんがおっしゃるように、全体的に温いのが残念か(/_・、)

具材は海苔2枚チャーシュー6・7個、味玉、メンマでこれといって特筆するものは無かったのですが、チャーシューはバラ肉のブロックで大きなものがゴロゴロ入ってなかなかの迫力、そしてお味もなかなかで肉の旨味感と油が上手くマッチしてます。ただこちらも冷たいか(;_;)

今回は何もカスタムせずにそのまま頂きましたが、私には十分でした(^-^)v

今回4人での訪問で4人とも、別々の物をオーダーしました。
そのため、みんなで少しづつ味見しましたが、私は師匠が食べていたデフォのラーメンが一番好みだったかなぁ~と感じました(=⌒ー⌒=)

トータルとしてラーメンのお味は人気店として頷けるお味だったのですが、お店の臭いが少々気になる所がやや難か…(>_<。)

帰りの車でも、4人で暑くラーメンを語りあい、今年最後の一杯を年越しラーメンとして頂いたラーメンぶらり旅でしたε=ヾ(*~▽~)ノ

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「大盛り 600円(210g)」@油そば専門店 万人力の写真21:34分到着待ち無し初訪
(°∇°;)やっぱ我慢しきれませんでした・・・(>_<。)

三塁側5番目に着席、
お店はコの字型カウンター席のみ、一塁側から6席3席6席の配置です(^_-)

入口を入って右側の券売機で上記メニューをポチットな(*^_^*)

やっぱり、やっぱり我慢できず久し振りの連色ですΣ(゜□゜;)


人は何故ラーメンを食するのでしょう( ̄ー ̄)
なぜならそこにラーメン屋さんがあるからでしヽ(≧▽≦)/

酔いが段々と私を支配し、薄れゆく意識の中で奴が登場です( ・∀・)つ

21:39分着丼

では、油系恒例のグルグルからまいります(~o~)
うぅ~ン(・∀・)丼から立ち上る湯気が油そば独特の艶めかしい匂いを発しいい感じです( ̄ー+ ̄)

ではでは、そろそろ頂きましょう(^-^)
オォ('-^*)ザ油そばです
王道の味ですな、
麺は中太軽くウェーブでモチモチです(^з^)

具材はチャーシュー・メンマ・海苔です。
チョット見た目寂しい感じは否めません(/_;)

メンマは平たくザーサイみたいな食感です(-.-)

チャーシューはオーソドックスな薄いもも肉の部分が2枚です(^_^;

三分のニ程食べたところで、卓上のお酢とラー油を3周回します(^-^)v
うぅ~ンいいですな(^^)
やっぱ油そばはこれでしめなければなりません(^O^)
21:48分完食

ふぅ~(´・ω・`)
やっぱ食べきってしまった(ノ_・。)
明日の体重を気にしながらチャリンコを漕ぎ出すkookでした°・(ノД`)・°・

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「あえそば (250g)750円+大盛り(400g)100円」@麺や あかつきの写真11:45分到着 初訪問 待ちなし

朝、師匠からメールが、新店舗発見、一緒にどう?

師匠にそう言われれば、行かねばなりません('∇')

と言うわけで、会社で師匠と同行者を待ちますf(^_^)
11時過ぎに2人がやって来て、いざ出発('-^*)
目指すお店は駒込、地元ちゃ地元です。
なので程なくしてお店の近くには到着したものの、
なかなかお店が見つかりませんでしたが、程なく発見(^-^)v
しかし今度は駐車場が満車ばかりで、見つかりません(x_x;)
やっと見つけて到着するも、15分もロスしてしまいます(>_<)
まぁ~たまにはこんな事もありますな・・・・・

気を取り直し、親二郎(師匠)子二郎(あたし)子二郎2(同行者)の三人で
お店のドアを開けます。
すると女性の可愛らしい店主さんが可愛らしい声でお出迎えしてくれます(^^)

入口入って右にある券売機で上記メニューをポチットな(^o^)

車中での約束通り、師匠と同行者があかつき麺を私があえそばを担当します(o^_^o)

11:50分コールが掛かります。女性店主に全マシをお願いします(^-^)v

11:54分あかつき麺が先に登場

11:56分遅ればせながらアチキノが着丼(・∀・

まづは恒例のパチリ('◇')ゞ

見た目かなりパンチが効いています
モヤキャベは6:4と言ったところか
いや、3人で話した結果5:5と言う事で一致、
かなりのキャべ率です。
しかもキャベツの切り方が先日食べた雷本店よりも大きく、
ざっくりと切ってある感じです(^・^)

では実食です。
麺は中太平打ちモチモチしています。
ウェーブが掛かっているためタレとの絡みも上々です(^O^)
では、卵を避けてグルグル開始です。
まぜそばはグルグルが大事ですな。
では、よーく混ざったところで頂きます。
ではお野菜から、しかぁ~し、残念な事に若干ゆで時間が短いため、
野菜の青臭さと言うか泥臭さが感じられます(>_<。)
野菜って難しいですね、茹で過ぎてしまうとくたってしまいますし(〃▽〃)
野菜のゆで時間の難しさを感じる一杯です(*'-')

チャーシューはパサ系の巻チャーシューが角切りになってゴロゴロ入っています(^^)
デフォでこれだけ入っているので肉好きには堪らない量です。

麺は本当に良くタレと絡んでくれます。
しかし、大盛りにしたため、かなり量が多いです。
しかも途中から、汁なしに多く見られがちな、飽きが襲い掛かります。
何か手を講じようかとも思いましたが、そのまま突っ走ることを決意、
避けていた卵もいつの間にか既に混ざっていました(泣)

気が付けば怒涛の攻撃で撃破。
外で待っている、親二郎と@子二郎2の所へ向かいます。
帰りの車の中でも、今日の一杯の話で盛り上がったのは、
言うまでもありません。

Ps・・・・前の方のレポで、店主は外国の方では?という疑問がありましたが、
     間違いなく外国の方でした。
     でも、大変一生懸命仕事をされてますし、
     好印象の女性店主さんでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件