なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

kook

男性 - 東京都 (1969年生まれ)

この世界の師匠に誘われてこの道へ最近やっと1年半のブランクを乗り越えて復帰しましたo(TヘTo) これからはあまり無理をせずにマイペースで書ければいいかなと思っている、今日この頃・・・・登山家が「そこに山があるから登るのだ」と言うように、ラーメン登山家は「そこに山が出現するから食べるのだ」となってしまうのでしょうか?ならば食べ続ける事に自分の存在証明を見いだせるのでしょうか・・・

平均点 82.723点
最終レビュー日 2019年10月7日
191 175 0 413
レビュー 店舗 スキ いいね

「夏季限定 冷し塩煮干しそば(900円)」@柴崎亭 梅ヶ丘店の写真平日 快晴 11:55到着 3回目 先客多数 待ち無し
      12:08着丼 後客多数待ちあり

梅が丘シリーズ第5弾
柴崎亭さんも、はや3回目となりました・・・・(;'∀')
醤油・塩と逝ったので、今回は限定の冷たい麺を頂きました。

今回は初めて12時チョイ前に伺ったのですが、席数が多いため、空きが有り、
直ぐに着席出来ました(*^▽^*)
席に案内され、お姉さんに食券を渡し、暫しその時を待ちます。
しかし、冷たい麺のせいか、結構待たされましたが、
ごたいメーン(*^▽^*)
相変わらずの美しいフォルムですなァ~
ウットリしてしまいます(*^-^*)
では、早速スープから逝ってみましょう(^◇^)
成る程(*^▽^*)前回食べた塩を冷たくした感じなんですが、
冷たくすると塩分が薄く感じてしまうため、塩分を多少濃いめにしてある感じがします。
しかし、冷たい分煮干しをかなり感じることの出来るスープです(*^-^*)
煮干しのえぐみとか煮干しを感じさせないマイルドな仕上げりが好印象です( *´艸`)

麺は中細ストレートで、加水低めで、かなり冷されていますが、
加水が低いのですが、冷たいからか吸い込みが悪く、スープの絡みも弱いため、
スープとの一体感が弱い感じがします(;^ω^)

具材は青ネギ・メンマ・チャーシューと言ったところ、
チャーシューは流石に相変わらず美しいですし、美味しいですなぁ~(*^▽^*)
二枚入ってるので、食べ応えも有ります(*^^*)

さて、現場もソロソロ佳境に入り、
梅が丘シリーズもソロソロ終盤戦(;^ω^)
次はどこのお店に行こうかなぁ~( *´艸`)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「塩煮干しそば(700円)」@柴崎亭 梅ヶ丘店の写真平日 快晴 14時00分到着 待ちなし 先客5 
      14時06分着丼 後客3  

この日も現場は梅ヶ丘、と言うことは、梅ヶ丘シリーズ第三段、
前回に続いて名店、柴崎亭梅ヶ丘店さんです😁😁😁😁
前回は醤油だったので、今回は塩です😃😃😃
さて、前回と同じくカウンター席突端の手前に通され、
暫しその時を待ちます(*^-^*)
そして、出てきたのが上記の一杯(*^▽^*)
流石、綺麗!!!!(^◇^)
ため息が出る美しさですな(*^^*)
スープの透明感、チャーシューの薄ピンク、綺麗に折り畳まれた細麺( ◠‿◠ )
最高ですな(^◇^)
ではでは早速実食です(*^^)v

スープは一口啜ると、魚介感を強く感じる仕上げになっています。
メニューにもなっていますから、煮干し感を押し出しています。
塩分濃度はさほど強くないのですが、スープの奥行きは感じられますが、
パンチ力はさほど私は感じれませんでした( *´艸`)

麺は醤油同様、細麺ストレート、加水は低めと言うよりか中間ぐらい、
プリンパッツン、って感じではなくスープを仕込み滑らかになる感じ(^^ゞ
これはこれで有りだし、美味しゅうございます(*^_^*)

具材は見事に低温調理されたロースが肉の旨味を楽しませてくれる仕上がり(^◇^)
メンマは太目の歯ごたえがよく軽ーく味が乗っているもの、此方も勿論間違えが有りません(^◇^)

イヤー(^◇^)塩もおイシュー御座いましたが、私は醤油が好みかな(*^_^*)
コスパも良いですし、皆さんにも是非、醤油と塩、食べ比べていただきたい逸品です(*^^*)

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「タンメン(600円)+餃子(300円)」@大三元の写真平日 11:59 入店 12:10着丼 初訪問 先客多数 後客多数

今日は郡山に出張です('◇')ゞ

と言うことは、勿論RDBでご当地ラーメン堪能の旅になるのは当然のなりいき(o^-')b

そこで検索の結果、郡山No.1のお店が月曜休みの為、2位の此方にお邪魔です(^-^)v

お昼前、現場から此方へは、車で2・3分と大変近い所にありました(^o^)

お店の前の駐車場は満車だった為、少し離れた広い駐車場に車を滑り込ませます(*^_^*)
お店のドアを押して入ると、おねぇさまに案内されます。(。・_・。)

お店は明るく清潔感があり小上がり席、テーブル席、カウンター席とあり、かなり広めですが、フロアーにおねぇさま方が3人体制で張り付いており、しかも、コンビネェーションもバッチリで店内は活気に満ちています(~▽~@)♪♪♪

フォーメーションは厨房が2人で店主様でしょうかともう一人オヤッサン、フロアーは先程ご紹介した40年前のおねぇさま3人体制です(^o^)

メニューはタンメンとタンメン大盛と餃子のみ、なる程、タンメンにかなりの自信の程を伺えます(@_@)

席に着くと、早速おねぇさまが注文を取りに来ます。
勿論注文はタンメンの普通か大盛しか無いので迷いましたが、餃子も所望したかったので、普通にしました(>_<)

卓上には白黒ギャバン・お酢・醤油・塩・ラー油のラインナップ。

同行者と話をして時間を潰していると、奴がおねぇさまに伴われやって参りましたo(^o^)o

12:10 着丼

オォ〜美しいビジュアルですなヾ(^▽^)ノ
透明で透き通ったスープに野菜が彩りよく配置されています(=⌒ー⌒=)
ではでは先ずはスープをレンゲで啜ります
ホホー(≧∀≦)塩加減が絶妙でしょっぱくなく、薄くもなく、絶妙な塩加減です(^・^)
淡白な中にも旨味をギューット凝縮されたものを感じます(*≧m≦*)

麺は中平打ちタイプでモチッとして、少し柔らかめですが、全然許容範囲内です(*'-')
時間が経つと麺がスープをすい旨味が増します(^O^)

野菜はモヤキャベ率3:7とキャベ率がかなり高し(^o^)
その他、ニラ・ニンジン・キクラゲ・肉はチョットだけ(・∀・)
具材は強火でササット炒めて有るのでシャキ度がグンバツです(*≧m≦*)
炒め野菜なのにスープを汚さない所に、職人の技を感じます)^o^(

具材、麺とかなりの量なので、食べ応え満点です(@^O^@)

因みに餃子も旨かったです( ´艸`)

タンメンはこれで600円、大盛でも700円ですからCPも最高ですな(*≧m≦*)

イャァ〜郡山一日目から、良いお店に当たり、気分はアゲアゲですヽ(≧▽≦)/

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン大盛 細麺(690円)」@支那そば屋 龍(Ron)の写真平日12:11分到着 初訪問 先客7待ち無し

この日は曇り空、
今にも泣き出しそうな空を睨みながら、現場を回ります。
午後一の現場は新横浜、その前に腹ごしらえです。

早速新横浜周辺で美味しそうなお店をRDBで検索君です。
そして、はじき出された答えが、こちら!!!!!
この日はとってもあっさり系を食べたかったので、
此方を選択した感もあります。

さて、お店まで道中がありますので、
その間、メンバーの方々のレポを拝見し予習を行います。

そして、12:11分到着
お店の前に車を停め開けっ放しの扉からお店に入ると、
早速、メンバーさんのレポ通り、親父さんが睨みつける様にお出迎えです。
確かに親父さんは強面です(^^ゞ

お店に入り、空いていたライト側一番ホームよりの席に腰掛けると、
ジーット睨まれます(・。・;
まるで蛇に睨まれた蛙の様です(汗)

「塩ラーメン大盛細麺でお願いします」
「あいよ」

マジで親父さんかなりの貫禄ものです。

お店はかなりねんきがはいり、はっきり言って汚いです。
でも、街道沿いの昔からやってるラーメン屋と言う風情を醸し出すには、
十分のお店と親父さんです。

そうこうしていると、奴が意外と速く、
親父さんに運ばれてやってきます。

12:16分着丼

大ぶりのチャーシューと黄金色のスープが目を引く一杯です。
ではでは早速いただきましょう!!!!

スープは鶏がベースのしっかりとした動物系がメインに、
魚介系が感じられる複雑な味わいなんですが、
パンチもあり、美味しいですな。
又スープの上に浮かんでいる油が香りと味のアクセントになっていますし、
シルエット的にも美しいです。

麺は中細軽くウェービーな感じで、加水はやや高め、
チュルチュル系で流れる様に胃袋に収まるタイプです。
茹で加減も丁度良くいい塩梅ですが、
細面ゆえにスープの吸い込みが早いので速く成敗した方が良いでしょう。

具材はチャーシュー・ホウレン草・海苔・刻みネギと言った所でしょうか。
やはり具材で注目はチャーシューでしょう!!!
おおぶりの物が2枚も入っていますし、見た目にも美しいです。
お味は、ロース部分の肉感を十分に引き出していて、
見た目もお味もそしてボリュームもかなりレベルの高い一品です。

完食・完飲し丼を高台にあげ、布巾でカウンターを拭いていると、
「美味しかったかい」
親父さんから不意に声を掛けられ、
「美味しかったです、御馳走様でした。」
と言って、店を後にします。

ユーザーさんの中には、お店が汚いとか、
親父さんの煙草がどうだから点数がやれないとか、
仰る方がいらっしゃいますが、
私はそれも含めてこちらのお店なのだから、
それで良いと思います。
だって、このお店の社長は紛れもなく、
この親父さんなのですから。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 塩 細麺 中盛(850円)」@喜奴屋の写真11:05分到着 初訪問 先客1 待ち無し カウンターレフト側一番奥着席

今にも、泣き出しそうな空を見上げながら、
私は仕事で、立川に向かいます。
むむむむ・・・・・・
時間的に丁度いい感じです。

仕事をパッパッっとこなし、
再び車に乗り込み、こちらのお店に向かいます。

車を運転すること約20分、到着です。
やはり、予想していた通り、結構辺鄙な所に有りました。
しかし、辺鄙な所ゆえ、車は結構止めやすいのですが・・・・・
高鳴る胸を押さえつつ、お店の扉を開きます。

お店に入ると煮干しの匂いでお出迎えです(^-^)v

昔はこの香りあまり好きではなかったのですが、最近ではこの香りを嗅ぐと、否が応でも気分が高揚するのは何故でしょう(o^_^o)

レフト側カウンター一番席に着席しカウンター内のご主人に、
上記メニューをお願いします。

フォーメーションは、カウンター内に、
大将と若い助手殿の二人です。

店内は結構広く、
厨房前のカウンターとカウンター後ろの座敷席があり、
かなりの人数を収納出来そうです。
お店の内装は結構レトロな雰囲気をかもし出しています。
そして、お世辞にも綺麗とはいえないかなぁ~

そんな感じで、店内を見回していると、
11:08分大将がカウンター越しにこいつを運んできてくれます。

おぉ~丼が大きく見栄えがします。
プゥ~ンと香る煮干の臭いが否が応でも食欲をそそります。

ではでは早速ラーメン恒例のスープから行ってみましょう!!

スープは薄く濁ったタイプ、すすると煮干しの旨味が口中に広がります。
塩は角がなく丸め優しいタイプ。
ウゥ~ン・・・・・オイチイ
ファンが多いのも頷けます。

続いて麺を頂きましょう!!!!!!
麺は中太麺ストレート、加水高めでプリプリで、
アルデンテのパスタを食べているような感じ(^O^)
いやぁ~これまたいいじゃないですか。
私は細麺を選択しましたが、
塩はやっぱ細麺の方が良いのかなぁ~っと思わせます。
そして、スープの絡みも良いですよぉ~。

でわでわ、具材です。
具材はチャーシュー・メンマ・焦がしネギ・ほうれん草・煮卵。
とデフォでありながら、かなりの具だくさん
焦がしネギは香ばしい香が最高ですな。
煮卵は黄身が完全に半熟タイプです。
しかも丸々一個入っているとは気前がいい(^・^)
チャーシューはバラの部分が程よい塩茹で加減になっていて、
ホロホロになっていますし、肉感も十分ですo(^o^)o
メンマは私の好きな甘く無いタイプで小振り柔らかめですが、
歯ごたえが良く箸休めにさいこう(@^O^@)

一通りの感想が思い浮かんだので、
後は一気に捲くります!!!!!
ズバッズババババババァ~~~~
スープも最後まで熱々でしたし、美味しいですなァあ

流石、立川地区№1店舗だと思いました。
次回は何を戴こうか迷っちゃうくらい、メニューが豊富な所も良いですね。

大きくなったお腹を摩りながら車に乗り込むと、
暗い空からパラパラと降ってきました。
雨も降って来たし、暫く車の中でこの幸せな気分を楽しんだ私がいました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン(400円)+ライス(200円)」@大五郎の写真11:52分到着 初訪問 先客3待ち無し

今日は午後一の現場が相模原です(*^_^*)
と言うことは勿論お昼はご当地ラーメンであることは外せないでしょう(・∀・)

と言うことで、早速相模原でRDBを検索君です(*⌒▽⌒*)

そして、弾き出された答えは、麺友のKMさんがお気に入りの、こちらに決定いたします(@^O^@)

11:52分到着、カウンターコーナー席に腰を下ろし、ご亭主に、上記メニューを口頭注文しますo(^o^)o

カウンターだけのこちらのお店、
かなりの雰囲気とレトロ感をスープ以上に醸し出しています。

フォーメーションはご主人と女将さんの2大巨頭、
カウンターの内側で夫婦漫才さながらのやり取りが良い感じで更にレトロ感を演出します(*^.^*)
そうこうしていると、いきなり着丼です。

でわでわ、ラーメン恒例のスープから行ってみましょう。

スープは薄茶色っす。
スープの色同様に塩の角の取れたマイルドなスープです。
動物系の出汁もよく感じられます。

麺は中細で低加水か、チョイポキッとした仕上がりでなかなかの出来栄えです(^o^)
しかし、吸い込みが早いため、早く食べなければ。

具材はチャーシュー・メンマ・ネギ・ワカメと言った・いたってオーソドックスタイプ

メンマは小振りで甘めのもの。
チャーシューも小振りですが肉感もあり、なかなかですぞ。
そして、こちらの圧巻はKMさんも言っていましたが、
ライスを頼むと付いて来る小鉢群です。
マカロニサラダ・ダイコンキムチ・シメジベーコン巻・昆布佃煮・グロープフルーツ。
とあるわあるわ、このライスには食べきれない量です。

いやぁ~それにしても、このボリュームにしてこのお値段。
大満足の心持で、現場に向かったあたしでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
84

「塩 900円」@凛 大井町店の写真平日 11:22到着 初訪問 シャッター1に接続

この日、同行者を募ったのですが、あいにく振られてしまったので(>_<)一人での昼食となりました(^o^)

昼前に大森の現場に行くことになったので、用事をすまし、初め、髭の油を狙おうと思っていたのですが、時間がまだあったので、BM店にしていたこちらにおじゃまします(^-^)v

11:22分到着、既に一人の方がならんでいます

11:30分開店ライト側2番席に着席します

着席直後オーダーを求められました、
しかし、やらかしてしまいました(汗)「ポン酢」とオーダーしたのですが、
店主殿が壁を指差します(@_@)
「月金細い塩」
やってしまいました(T_T)
この日は金曜日です(汗)
予習不足でした(/_;)

気を取り直して塩大を注文しますf(^_^)

11:36分着丼
おぉ、いかにも塩と言ったシンプルないでたちです(*^_^*)

スープの上には油が程よく浮いています(^^)
黄金色のスープを啜ると明らかに塩ラーメンだと主張してきます(^・^)
動物系のスープですが、それを強調し過ぎることなく、塩ダレとの相性がとてもgoo)^o^(

麺は細平打ちで加水はひくめで、スープの吸い込みがいいので、食べるのが遅いと、ドンドン伸びて行くので、注意が必要です(*'-')しかし、喉越しがいい仕上がりになっているので、ツルツルット麺が入って行く感じが溜まりませんd=(^o^)=b

具材はスタンダードな、チャーシューメンマネギ、
メンマは甘めで味が濃く、歯ごたえはあまりないタイプ、八角の風味があります。
そしてチャーシューが美味しいです(@^O^@)
豚のバラを柔らかく煮込んであり、噛むとホワットした歯触りでジュワァ〜っと肉汁感が溢れます( ´艸`)
しかも大振りな物が二枚はいっているので、お得かんもありますε=ヾ(*~▽~)ノ

スープも完飲し完食V(^O^)
満足感の高い一杯でした(^^)
しかし、本来の目的のポン酢を食べに行かなくては(~_~;)

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らーめん 600円+サービスラーメン?」@らーめん大 本郷店の写真祝日19:35分到着 3回目満席

祝日の夜、冷たい雨に煙る東京、
思い掛けない訪問となりました(・・;)

この日、息子と息子の友達を連れて、ボードに妙高高原まで行っていたのですが、
息子の友達が転んで、手を変な風に着いて怪我をしてしまい(x_x;)
早く帰ろうと言うことになり、予定に反して、
東京に早く戻って来てしまったのでした(+_+)
そこで家に晩御飯の支度が無く、息子とこちらに訪問となりましたf(^_^)

冷たい雨の中、車をお店の前に着けます(^-^)
19:35分到着

店内は満席です^_^;
息子はJ系デビュー戦となります(^-^)v

入口入って右の券売機で息子は小ラーメン、私は上記メニューをポチットナ(・∀・)
券売機の横の壁に寄り添いながら、席が空くのを待ちます(~_~;)

暫くするとコーナーの席が空いたので息子を座らせ、私は更に立ち続けますが、
チリッタラチリッタラ食べる学生風の二人組が気に掛かります(-_-#)
結局、息子の隣の席が先に空いたので、そちらに座りましたが、
チリッタラチリッタラ箸をつけ、
友人と話し込んだり、カウンターにウップしたりとしてる、
そんな若者を見てると本当に気分が悪いですΨ(`◇´)Ψ
彼らの隣にあった、冷水機の水を頭から掛けてやりたい気分にすらなりました。

さてさて、気分を変えて、着席後2・3分後コールされます(^-^)v
息子には、初登山なので野菜マシコールをお願いし、さて私はと思ったら(゜o゜;)

店員 「すみませぇーん、小を2つ作っちゃったので、取り敢えず召し上がってて下さい、直ぐに塩を作りますから」
    とのこと(=_=;)
私  「二つは流石に全部食べれないかもよ(^-^;」
店員 「いいですよぉ~(≧ω≦)b取り敢えずですから」
私  「ハ~イ」て、ことなら、頂かないてはないです(*⌒▽⌒*)

早速、小ラーメンに手を伸ばします(^^)v
久し振りの大のラーメンですが、
スープは半乳化の豚骨スープに角が立っているカエシがいかにも大らしいです(≧∀≦)
麺は太ウェーブ麺で、これ又ゴワゴワした食感もいかにも大らしいですな(^O^)
吸い込みはそれ程でも無いんですが、ウェーブのお陰でスープの絡みはバッチリです(=⌒ー⌒=)

そんな感じで3分の2位食べ終えた所でコールが掛かります、
流石に野菜は普通にしてもらいました(*≧m≦*)
そして、真打ち登場ですヾ(^▽^)ノ

ではでは、早速スープから戴きましょうo(^o^)o
ほっほぅ~(*⌒▽⌒*)なかなか美味しいですなぁ~(^O^)
はっきり言って、醤油より私は好みです(^・^)
と言うのも、大のこの半乳化のスープに、
角の取れた塩のカエシガスゴく合ってます)^o^(
さっぱりしてるんですよぉ~(嬉)
いゃぁ~マジでいいですよ(@^O^@)嬉しい発見となりました( ´艸`)

さて、この感動に礼を尽くさなきゃならんでしょ('◇')ゞと言う事で、
私の胸のターボボタンをプッシュ( ̄ー+ ̄)フッ
ターボチャージャーは全開!!レッドゾーンにぶち込みです(`_´)ゞ
初めに、3分の1残っているラーメンを片付け、塩に移ります(^_-)
塩は野菜が普通盛りなので、初めから天地返しをして、
野菜に味を染み込ませます(☆▽☆ )
野菜のモヤキャベ率は9:1と言ったところか、シャキ度はまづまづ( ゜∇^)]
豚は厚めの巻チャーシューが一枚、
こやつカエシがかなり染みていて味がかなり濃い仕上げです:-)
噛み心地はホロホロでいい感じです(^O^)v

何だかんだ言いながらも、2杯目の塩もクリアー(o^-')b
息子とほぼ同時にフィニッシュとなりましたd=(^o^)=b
2つの丼とコップを高台に載せ、カウンターを布巾で拭き上げます('-^*)ok

そして「ご馳走さん」と店員さんに声を掛け、扉を開けようとしたとき、
「有難うございました。」と言う店員さんと目が合い(@_@)
「お客さん凄い、食べちゃったんですか(゜Д゜)」と言う顔だったので、
「美味しかったよ((o(^-^)o))」
とだけ言って扉を開けお店を後にしましたε=ヾ(*~▽~)ノ

何なのでしょうこの爽快感(~▽~@)♪♪♪
しかし爽快感、いや、ある種の達成感があるものの、
かなりの満腹感にこの晩苦しめられる事は皆さんも想像出来るでしょう(>_<。)
やはり、私はKMさんや Killa Queensさんには追いつけないと、
確信した夜でもありました。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「塩らーめん 750円+大盛り 100円(中細麺)」@らーめん 美学屋の写真平日12:07分到着 初訪問 先客7待ち無し 12:19分着丼

今日は東陽町で1日講習です(>_<)
つまらない講習の楽しみと言えば、昼食しか無いじゃありませんかo(^o^)o
と言う事で、講習の合間にRDBで検索し、YMKさんも高得点を付けているこちらにお邪魔します(^o^)

講習会場からこちらのお店まで、1km弱、かなり冷え込んでいるこの日、ダウンのジッパーを喉元まで目一杯上げ、お店に向かいます(^^;)

こちらのお店に向かう道すがら、トナリのかなりの行列にビックリしながら通り過ぎ(*_*)此方のお店に到着です(^^;;

店内に入ると女将さんでしょうか、見目麗しい女性がお出迎えしてくれます(^-^)v

入口入って左側の券売機で上記メニューをポチットな(^o^)
YMK殿が食べられていた、醤油か採点が多い塩にしようか迷ったあげく、塩をチョイス(・∀・)
美しい、女将らしい方に、カウンター席2番に呼ばれ着席します(*^_^*)

店内は入口が狭く、奥が広がっています(゜-゜)
店内はお洒落チックな内装で、カウンターの高台も低く、広がりを感じさせる空間を意識しています。
BGMもR&Bのナローな感じの曲がかかり、店主さんと女性の格好も黒で統一されていて、かなりスタイルにこだわりを持っている事を伺わせます(-_☆)

さてさて、そんなこんなで12:19分、
奴が店主さんに連れられて登場です(^o^)

しかし、大盛りを注文したのですが、デフォと同じ丼でやってきたので、量はあまり期待出来なそうです(>_<。)

ファーストインプレッションは、とてもクリアなスープで綺麗なんですが、
ちょっと具材が小さいし少なく淋しい感じです。

ではラーメン恒例のスープから行かせて頂きます(^O^)
丼を両手で抱え、先ずは風味を味わいます(^^)
うぅ~ん(^・^)
魚介の香りが鼻孔をくすぐります(^-^)
出しゃばりではないのですが、しっかりと存在感を示す魚介系スープの香りが、たまりません、そのまま丼を口へと誘います(^o^)
スープは魚介と鳥のWスープ、魚介の方が強く出ていますが主張し過ぎてはいません(*^_^*)とてもバランスが良くとれています。
塩は尖りを押さえられ、マイルドに仕上げられており、ほんのりとした甘さすら感じるような仕上がりです)^o^(

麺の太さは、何も言わなかったので太麺ではなく中細麺、茹で方は最高で、若干固めのアルデンテの仕上がりになっていて、ご主人の腕の確かさを確認しましたv(^o^)
スープの吸い込み、絡みともマズマズで、麺を吸い込むと喉越しも最高です(*⌒▽⌒*)

具材はチャーシュー・メンマ・青菜で、具材は品数、量とルックス的淋しさは否めません(T_T)

チャーシューはバラのベーコン状のものが1枚入っています。
ジューシーで噛むと豚の旨味が滲み出て来ますが、これ又小さいのが残念です(;_;)
シナチクは甘く無いタイプで中太、歯応えもマズマズでした。
青菜は少し苦みがあり、箸休めにいいです(^^)

トータル的に言って、お味そのものはかなり高いレベルだと思いますが、量、値段などを考慮すると、私的にはこの位の点数かなぁ~って感じになりました(#^.^#)

ラーメンに対して、量を求めない方には良いのではないでしょうか( ´艸`)

帰り道、トナリの前を通りましたが、列が延びていました(@_@)
東陽町・木場エリアにBM店が増えた事を意識しながら、ラーメンで温まった体をダウンでくるみ、講習会場へ戻るあたしでしたぁ~(@^O^@)

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「和風柚子柳麺 700円」@麺屋ひょっとこの写真平日19:38分到着 初訪問 外待ち1に接続 着丼19:44分

今日は珍しく夜ラーです(*^_^*)

この日お袋の友人が、我が家に遊びに来ていて、母には珍しく
「友達と夜までおしゃべりをしたいから、夕飯は食べて来て」
と言うので早速現場帰りでめぼしいお店をRDBで検索します(・∀・)

そして、こちらのお店をチョイス(^^)v
こちらの閉店時間が迫っていたので車で急行します(^^;)

車をお店近くの土筆(路上囲みパーキング)に滑り込ませ、早足にお店が入っているビルに向かい、お店のある地下へと下ります(^^;;

結構大きなビルで、地下街のこちらのお店に近づくに連れて柚子の香りが濃くなってきます(^-^)v

えぇ・・・予想に反しかなり小さなお店で、
カウンターだけのお店は満席になっており、外待ち1に接続します(~_~;)

19:40分着席、上記メニューを注文します(^o^)

それにしても、柚子好きの私にはこのゆずの香りがたまりません(☆▽☆ )

お店はかなりコンパクトに出来ていて、これまたコンパクトな厨房にお年を召したご主人と助手の方が立っています(^^)

そして19:44分着丼

ほぅ~(@_@)
醤油ラーメンなんですが、色が薄く見た目塩のようですが、スープをすするとしっかり醤油だと認識でします。
ダシは動物系と魚介系が主張し合わず、いいバランスを保っています(・∀・)
奥が深い味わいです(≧∀≦)

麺は中細で軽くウェーブが掛り、低加水でスープの吸い込みはマズマズでこのスープにベストマッチした麺です(^・^)

具材はチャーシュー・メンマ・玉子・三つ葉でメンマは中太で歯ごたえが良く甘くないタイプ、そしてチャーシューはバラ部分をダシで煮込んだタイプで柔らかく、ジューシーです。ただカエシで煮込んでないので、少々物足りないと言えば物足りないのですが、肉の旨みをダイレクトに感じさせてくれる一品です)^o^(

粗方の感想を携帯に書き込み、あとはこの一杯を堰が切った様に流し込みます(@^O^@)

ズズズズズズズゥゥゥ~~
喉腰の良い麺が、一気に私の喉から胃袋をめがけて突進してきます。

柚子が強めなので賛否が分かれる所ですが、私にはドストライクで大満足の一杯となりましたε=ヾ(*~▽~)ノ

いやぁ~心も体もポッカポッカになった一杯ですが、
ご主人が高齢の為、こちらのお店が突然無くならない事を祈りながら、
寒風吹く町並みに飲まれて行く私でした・・・・・・・・

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件