なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ビール牛

男性 - 埼玉県 (1957年生まれ)

さいたま市を中心に食べ歩いておりますが、仕事先で食べたものも時々レビューしております。ほぼ同内容のものがブログに載っています。写真が多いのとコメント内容が少し違うだけですが^_^;

平均点 74.019点
最終レビュー日 2019年10月20日
1,693 1,359 0 1,208
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーラーメン中辛ニンニクあり(650円)無料ライス」@ラッキーの写真2月24日(日)11時訪問(^_^)v

開店日 2018年5月28日

【開店は9ヶ月前ですが、ワタシは開店1年未満を新店としています】

戸田駅の建物内、ローターに面した場所で右隣が「味噌ラーメン専門店 日月堂 ビーンズ戸田店」
と言うことはこの建物全体が「ビーンズ戸田」?

入り口右手にある食券機で「カレーラーメン中辛ニンニクあり(650円)」の食券を購入してカウンター席に座ります。

辛さ別、ニンニクの有無で食券が分かれています。

食券回収時に無料ライスの有無の確認がありましたので、お願いしました。

しばらくして、注文の品が到着(^_^)v

いつものようにスープから飲んで見ますが、ベースとなる動物系のコクが(^^;;

スープ自体はかなりサッパリした感じで、辛さもまあ確かに中辛かもと言う所。

カレーもカレー専門店の深みのあるものではありませんが、それでも食べさせてしまうのは「カレーマジック」でしょうかσ(^_^;)

麺は太麺の短いもので、すするとカレー汁が飛び散るので食べやすく短いものにしているんでしょうか?

まあ、紙エプロンの用意もあるようです(^_^)v

カレーの強い味わいには、この位太い麺でないと負けてしまいますよね(^_^)v

チャーシューは小さいものが1つとカレーの具の肉だけですが、素揚げのナスがトッッピングされています。

コレが意外に合います(^_^)v

有料トッッピングで2個100円だそうなので、コレの追加もアリだと思います(^_^)v

ライスは麺と一緒に食べるのもアリでしょうが、やはり残りのスープに投入して(^^ゞ

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「かれあつ中(900円)」@狼煙 東大宮店の写真2月3日(日)13時50分訪問(^_^)v

開店日 2019年2月1日

「RAMEN NOROSHI東大宮」が「狼煙 東大宮店」としてリニューアルしたとの事で訪問です(^_^)v

入り口左手の食券機で「かれあつ中(900円)」の食券を購入して、カウンター席に座ります。

初めはデフォの「つけ麺」にしようかとも思いましたが、本店でも久しく食べていないこちらにして見ました。

この時間でもほぼ満席状態(^_^)v

しばらくして、注文の品が到着(^_^)v

早速、麺をつけ汁につけようとしましたが、麺が沈まないσ(^_^;)

粘度が高いのでつけ汁を絡める様にして、食べていきます。

う〜ん、やはりウマイ(^_^)v

本店同様のクオリティですね(^_^)v

こちらの方が、やや煮干し強目との事ですが分かりませんm(_ _)m

美味しいので麺がドンドン減っていきます。

麺にしっかりつけ汁を絡めて、食べているのでつけ汁が(T_T)

普通だと麺量が300gあると味変をしたくなりますが、そんなこと考える間も無く残りわずかσ(^_^;)

ポットのスープ割用のスープを入れますが、やはりつけ汁残りが足りない(T_T)

残しておいた麺で器の内側を洗う様にして、濃度を確保σ(^_^;)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なしキーマ(1000円)アブラ以外全マシ」@RAMEN NOROSHI 東大宮の写真6月30日(土)13時50分訪問(^_^)v

開店日 2018年6月26日

本店の夜間限定営業の「RAMEN NOROSHI 」が実店舗として開店なので訪問です(^^ゞ

本店の時も一度伺っていて「ラーメン」は実食済みですので、今日は「汁なしキーマ(1000円)」目当てです。

この時間なので中待ち5人のみ(^^ゞ

入り口左手の食券機で食券を購入するとそのまま回収になります。

席が空き、着席。

お冷を取りに行ってるとトッピングの確認があり、「アブラ以外全マシ」でお願いしました。

すぐに注文の品が到着(^_^)v

キーマカレーがガッツリトッピングされていますが、すぐには混ぜずに麺を食べてみます。

平打の麺なので、タレとの馴染みもよくあまり混ぜていないのにしっかり味がついていました。

ただ、このタレがやや味が濃い目な感じでせっかくの麺のうまさが感じにくくなっている印象でした(^_^;)

トッピングも多くの種類を頼みすぎたきらいはありますね(T_T)

キーマカレーは混ぜ合わせてもそれほどカレーが強くなりすぎることはありませんが、食べ終わった後に丼の底に残ったのがもったいない(^_^;)

ライスを入れれば問題ないのでしょうが、それだとちょっと量が多すぎる気もしますのでスープ割なんかが出来ると嬉しいかも(^_^)v

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「グリーンカレーラーメン(980円)」@トマルカフェの写真3月19日(日)11時30分訪問(^_^)v

開店日 2017年3月15日

え〜と、「こてつ」さんと「立川マシマシSSR」さんがすぐそばですが、まったく違ったラーメンなので問題ないかなσ(^_^;)

ワタシの様なラヲタ対象では無く、シックなカフェで食事やお酒を楽しむ層がメインターゲットかなσ(^_^;)

実際、退店時に入店されたのは若い女性2人組でした。

階段を上って入る店内は、カウンターにはウイスキーやビールが並び、昼間から飲みたい気持ちになりますがクルマなんでね(T_T)

麺類のメニューは「グリーンカレーラーメン(980円)」「トムヤムラーメン(980円)」なので「グリーンカレーラーメン」を注文(^_^)v

厨房は男女2人。

女性店員さん美人(^_^)v

小ライスがサービスとの事なのでそれもお願いしましたm(_ _)m

しばらくして、注文の品が到着(^_^)v

いつも通りスープから飲んでみますが、辛さはさほど強く無いですね。

しかし、ベースになっている動物系の出汁感もしっかりしているし、カフェのメニューのラーメンレベルではありませんねσ(^_^;)

美味しいスープです。

ただ、メニューでは鶏豚魚介となっていましたが、魚介はあまり感じませんでしたが、これでいいバランスだと思います。

麺は130g。

スープ自体にとろみがありますから、麺との馴染みも良く麺自体もスープに負けないモノです。

麺を食べた後に小ライスを投入(^_^)v

カレー雑炊の様な感じになりますが、スープのうまさを味わい尽くすのにはやはりこれが一番(^_^)v

美味しい!

やや値段は高めですが、満足感のある一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーつけ麺並(850円)」@麺処つむじの写真11月20日(日)12時10分訪問(^_^)v

二軒目はこちら(^_^)v

先日は「味噌」を頂いているので未食の「しおらーめん」にしようかと思いましたが、「カレーつけ麺」が12月末で終了との貼り紙がありましたのでそちらに。

食券を購入して、中で待ちます。

ちょうどテーブル席が空いたのでそちらに麺友さんと座ります(^_^)v

しばらくして、注文の品が到着(^_^)v

店主さん自らの配膳ですm(_ _)m

この「カレーつけ麺」て北浦和の時、隣にあったカレー屋さんとのコラボでやったやつでしたっけ?

あの時、未食だったのでよくわかりません(T_T)

とりあえず麺を投入。

麺自体はしっかりとした太麺で食べ応えのあるもので、あまりすするとカレーが飛び散るので、気をつけて食べていきます。

カレー自体の辛さはあまりありませんが、やや舌の奥に苦味が残る様な感じで、鶏の旨みの広がりが感じられませんσ(^_^;)

麺友はしょっぱいと言っていましたが、ワタシには旨み不足に感じられました。

スープ割にをして見ると、一味加わった感じで美味しく感じられましたσ(^_^;)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「カリーつけ麺大(麺量350g)680円」@つけめん番長 銀の写真3月14日19時10分訪問(^^)v
店内3名待ち(T_T)
帰るまで常に店内待ちが3,4人発生していました(^^ゞ
この店は「ラーメンマップ埼玉16」でラーメン探検隊メンバーのおすすめの店として「タモですよー」さんが取り上げている店です(^^)v
製麺室が店の奥にあり期待が高まりますね(^^)v
店員さんも元気だし奥様の仕事ぶりもてきぱきとしていて気持ちが良いですよね。
お客さんが帰るとき忘れ物が無いかどうか毎回確認しているのには(・o・)
注文の品が到着。
つけ汁は結構シャバい感じですね(^^ゞ
麺はもう見た目からモッチリとした食感が伝わってくるような感じがしますね(^^)v
とりあえず麺を投入してみましょう(^^)
やはりつけ汁がシャバいので麺との絡みはそれ程良いとは言えないですが、カレー味の麺が美味しい(^^)v
しかし、カレーって不思議ですよね。このような豚骨スープでもチキンでも美味しく出来るんですものね(^^ゞ
ただ、カレーの香辛料のせいで豚骨スープの旨味があまり感じられないのが残念ですが美味しいからいいか(^_^;)
具は短冊状のチャーシューとほぐしたみたいな豚、メンマですがほぐし豚が結構存在感がありますね。
麺によく絡んで一緒に口に入ってくるんで肉感、麺のモッチリした感じ、つけ汁の香辛料が混ざり合って美味しい(^^)
麺がスゴイですよね。
カレーつけ麺だと大抵麺が負けていることが多いんですけどこれは負けていませんよね(^^)v
まあ、つけ汁自体辛さもほとんど無く弱いのかもしれませんが(^_^;)
麺量が350gとの事ですが食べた実感からはそんなにあったとは思えないほどスルッとお腹に収まっちゃいました(^^)v
これなら番長(510g)でも良かったかな(^_^;)
つけ汁の粘度が低いのでスープ割りしなくても飲めるんですが、ベースのスープの感じが知りたくてカウンター上にあるスープ割り用のポットからスープを入れてみました(^^)v
しかし、あまり判りませんね(^^ゞ
ちょっとしかスープ入れていないのに急にコクが無くなった感じがしたのでカウンター上のおろしニンニクを投入して味を強めて完飲です。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「かれー麺並盛(750円)」@かれー麺 実之和 西川口店の写真11月15日11時40分訪問(^O^)/
先客2名、後客0名(^_^;)
店内はとてもラーメン屋さんには思えない作りで(^^ゞ
まあ、外見もそうですが(^_^;)
聞けば元は蕎麦屋さんだったところを居抜きで借りているとのこと。
そう言えば入り口の右側に元は麺打ち場として使っていたらしき小部屋もありますね^^;
テーブル席に着いて、口頭にて「かれー麺並盛(750円)」を注文。
ランチタイムサービスとしてライスが無料で付くとのことですが連食予定なのでお断りしましたm(__)m
メニュー的には「かれー麺」「かれーつけ麺」「赤いかれー麺」「冷やしかれー麺」「スープかれー」とカレーオンリー(^_^;)
まあ、定食メニューで生姜焼き定食なんかもありますが(^^ゞ
どちらかと言うと昼間のラーメン屋さんは片手間で、夜のオシャレな飲み屋さんが本当の姿なんじゃないかな~と疑ってしまいましたm(__)m
最近、二毛作店が増えたもんで(^^ゞ
でも、出てきた「かれー麺」は本格的(^^)v
スープはカレーつけ麺のつけ汁かと思わせるほどの粘度ですね。
上には豚しゃぶが乗っているのでベースはポークカレーかと思ったら、スープは鶏ガラベースなんですね。
サッパリはしていますがもう少しコクが有っても良いかな。
結構カレー自体の主張が強いのでスープが目立ちませんね(^_^;)
ただ、スープがアツアツなのは良いです(^^)v
猫舌の私には食べにくいんですが(^_^;)
おてふきが最初に渡されているんで助かりますが、紙エプロンなんかも用意してあると良いかもしれませんね。
ワタシは今日、黄色のフリースだったのでカレーが飛び散っても気にならないですが、女性だとね(^_^;)
麺は中太麺、スープ自体に粘度がありますので絡みは良いんですが完全にスープに負けていますよね(^^ゞ
もう少し、がっしりスープを受け止める麺のほうが良いかな^^;
もう少し太くしてモッチリ感のあるうどんみたいな麺のほうが食べでも有るし(^^)v
具は豚しゃぶなんで当然味付けはありません。しゃぶしゃぶ肉なので長くて食べにくい^^;
ネギもなぜ長いままにしているのかが分からない(・・?
結構スープはいっぱい入っているので本当ならライス投入でしょうが、頼んでないのでスープを飲み干し終了です(^^ゞ

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「田舎のカレー坦坦麺 800円」@白河多加水麺 奥我の写真8月5日13時30分訪問(^O^)/
以前から気になっていたお店なんですがなんせ遠い(T_T)
職場の熊谷からでも1時間かかりました(^_^;)
自宅からではなかなか訪問する気にはなれないですよね(^^ゞ
行ってみると本当に山あいの店なんですね。
それでも駐車場は7割方埋まり、私の後からもクルマが続いて入ってくるので外景の写真もそこそこに入店します。
入店すると店主から声がかかり、カウンターに誘導されます。
厨房内は男性店主さんと女性2名の3名体制です。
席に座り、メニューを見ますがお目当てのものが見つかりません(T_T)
店内を見回しますと横の壁に貼られたPOPを発見\(^o^)/
「トマト坦坦麺」「田舎のカレー坦坦麺」あった~
どちらも食べたくてしょうがないんですが、店内連食は周りのお客さんにドン引きされそうなので今回は「田舎のカレー坦坦麺(800円)」を口頭で注文。
先客10名くらい、後客3名。
地元のお客さんが多いのでしょう。
駐車場のクルマのナンバーも熊谷ナンバーだけでした。
ラーメン屋さんなのにほとんどのお客さんが女性です(^^)
ラーヲタらしき人間は私だけ(^_^;)
いつものようにつぶやいていると、注文の品が到着\(^o^)/
黒いどんぶりにグリーンのスープ、色とりどりの野菜、見た目からして美味しそうです。
まずは写メを撮ってから、スープから飲んでみます。
粘度はかなり高くスープカレーと言うより普通のカレーに近い濃度ですね(^^ゞ
辛味はそれなりにありますがやさしい辛さで、女性にも受け入れられるのもわかります。
しっかりととられたスープ、野菜もしっかり甘みを出していて辛さを和らげているように感じます。
麺は中太の平打ちの縮れ麺でスープとの絡みは抜群ですが、スープが強いので麺自体の特徴は感じられません。
具はカボチャ、ナス、パプリカ、ブロッコリーでナス、カボチャ、パプリカは軽く素揚げしてあります。
肉は塊としては入っていなくてひき肉で旨みを出す役割をしていますね。
ごまはあまり感じられないのですが全体をまとめているのかもしれませんね(^^ゞ
このへんが坦坦麺らしさといえばそうなのかもしれませんがまあ、カレーラーメンです(^^ゞ
でも、グリーンカレーラーメンとしての完成度は高くここまとめあげる店主の腕前には脱帽ですねm(__)m
県南で繁華街に出れば行列まちがいなしと言えるでしょうが、いかんせん遠い(T_T)
しかし、「トマト坦坦麺」も気になりますので時間を作ってまた訪問したいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「かれあつ(中盛300g)+チーズ(裏メニュー)」@狼煙 〜NOROSHI〜の写真5月10日12時10分訪問(^O^)/
先ほど食べた一杯が残念な一杯だったため口直しと考えましたが、自宅近くで新店は無いし、確実に美味しい店とは考えながらクルマを走らせ「狼煙」の前を通過すると外待ちなし。
これは行くしか無い(^O^)/
クルマを∪ターンさせますがこの辺駐車場が無いんですよね(-_-;)
以前の駐車場の方に曲がってみるとその先にCPがあるじゃないですか(^O^)/
しかも40分100円と安い(^^)
5台分しかないけど問題無いですね。これからはここにクルマ置いとこ(^^)
店の前に戻ると外待ち2名(T_T) そうですよね(-_-;) いくら平日でもお昼ですもの外待ち無しなはず無いですよね(^_^;)
でも直ぐに店内に入れました(^O^)/
入り口右手の食券機で「かれあつ(中盛300g)」と「チーズ(まぜそば用)」の食券を購入。
他の方のレビューで裏メニューでお願いするとカレーのつけ汁にチーズを入れたものを出して頂けるとの事でしたので今日はこちらにすることを決めて訪問しました。
あまり忙しくなければ裏メニュー対応して頂けるみたいなんで、食券を渡す時にお願いしましたらオーダー通りました(^O^)/
ここのカレーつけ麺は美味しいのにチーズでコクと旨味が増したら、どんなになるんだろうと考えながら待ちます。
しかし、いつ見てもここの厨房は元気が良いし、手際が良くて見ていて楽しいですよね(^O^)/
さて、注文の品が到着(^O^)/
さっそく、写メを撮ってから、麺を投入ですが、あれっ、いつも七味ってこんなに上に盛り上がるほどになってましたっけ(・・?
まるごとの唐辛子は前からですけど(^_^;)
まあ、辛いのは問題ないのでどんどん麺を投入。良く混ぜて食べてみます。
おおっ、ウマイ(^O^)/
やっぱり「狼煙」美味しい。
先月、熊谷の「福は内」を訪問しましたがやはり私はこちらの方が好みですね。
同じ高田馬場の「俺の空」で修行した方でもやはり違いはありますよね。
まあ、どちらもとても高いレベルでの違いですが(^_^;)
裏メニューで入れたチーズがつけ汁の絡みを更に良くするとともにコクが増しています(^O^)/
これは入れないと絶対に損ですね。中盛ではもっと入れても良いくらいですね。
この次はチーズマシマシだな ジロウジャナイダロ
麺はいつも通りのもっちりとした太麺でつけ汁との絡みが良く、つけ汁の消費が激しいですよね。
スープ割りする分が残るか心配になります(^^ゞ
濃厚な豚骨魚介とカレーが喧嘩せずうまく融合したつけ汁がスゴイですよね。
豚骨魚介+カレーというのがこんなに合うなんて昔は考えられなかったですよね。
今はかれつけ出す店も多くなりましたけど、「狼煙」は違います。しかし、これでカレーライスにしたらまた美味しいと思うんですけど、それこそ裏メニューでお願いできませんかね(^^ゞ
ダメならサイドメニューでライスをお願いしたいm(__)m
まあ、ライスは無いのでスープ割りをお願いします。
さすがにあまり残っていなかったのでどんぶり1/3位にしかなりませんが美味しく飲めました。
麺を食べている時にはあまり気づかなかった刻みタマネギがいい仕事しているんですね(^O^)/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件