なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

焼きおにぎらず

東京都

何も記録を発信しないと寂しいし、ブログをやると疲れるし、このRDBぐらいのまったり感が一番スキ・・・

平均点 73.294点
最終レビュー日 2019年4月28日
1,081 709 0 764
レビュー 店舗 スキ いいね

「王さんの特上ちゃんぽん:1500円」@江山楼 中華街本店の写真皆様あけましておめでとうございます!
いまだにレビューが九州から脱出しておりませんが、今度こそ毎日投稿します!きっと!
えーと、なんでしたっけ。そう、長崎です!
有名な江山楼 中華街本店にやってきました!
店構えは豪華な中華料理屋さんって感じで緊張しました。
入店するとすごく不機嫌そうな和服の女将さんにつっけんどんな案内をされて入店。
着席し・・・どれにしましょうか。デフォもいいですけどせっかくの長崎ですからこの1500円のちゃんぽんに奮発しましょう!
待ちます。平日のお昼過ぎのせいか店内は3割の入り。どこもこのぐらいなら快適ですね・・・。

そして丼着。ほう、これが1500円ちゃんぽんですね。いただきます。
あらふむ美味しいじゃありませんか。やっぱり本場のちゃんぽんはなんだかんだ言われても美味しいですよ。
まったりこってりとしたちゃんぽんスープは四海楼ともまた若干風味が違ってまして差別化ができてまして、また奥深いですね!
麺は丸麺ちゃんぽん麺。ちょっと茹ですぎかな?あまりコシが無いのですが、ゆるやわで啜るのもまた一興。
具材はおそらくデフォに比べて豪華なのでしょう!いろいろな魚介類や魚のすり身や、そしてフカヒレの赤ちゃんと思われるものも鎮座しております。
ただ+700円の価値を見出せるかと問われればちょっとふむふむかもしれません。やっぱ初訪はデフォにすべきであったか。
あっという間に完飲です。ごちそうさまでした。

名店の味、堪能しました!
この後トルコライスも食べたし佐賀にも行ってラーメン食べなきゃいけないので残念ながらちゃんぽんは2店で断念。
次回があれば今度は佐世保のほうにも行ってみたいですね!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ちゃんぽん:1080円」@四海楼の写真なんか急に本場のちゃんぽん食べたくなったので長崎まで飛んでいくことにしました。
わー、ここが長崎ですね!しかし雨です。長崎は今日も雨だった。
そしてちゃんぽん発祥のお店であるこちらの有名店に到着です!
観光客を不安にさせる不定休、しかも火曜が多いとかの記載で、火曜到着おにぎりは恐怖に怯えていましたが無事営業するとのこと!
しかし建物すごいですね!儲けてますね!開店と同時にエレベーターで突撃。景色が見えるとてもロケーションの良い席ゲットです!
さてメニューいろいろあって心揺れましたがやはり基本のちゃんぽんを!
待ちます!店内超広い!店員さんも超多い!

そして20分ほどで丼着です。いただきます!
ん!美味しいじゃないですか!スープはいわゆるちゃんぽん味ですがコクやら深みやらが一味違います!
なんと表現すればいいんでしょうね!美味しいです!(語彙力)
麺のぎゅむぎゅむした感じもうれしい。
具材もいろいろたくさん。あれこれちょいとつまんでは麺・スープの三角食べが楽しいです。
錦糸玉子が全体の彩りに華を添えていますね。こういうのがうれしいです。
当然のごとく完飲。皿うどんのほうも試そうかな?と思いましたが、キリが無いのでまあ次回のお楽しみにしときましょう・・・。
帰りにちゃんぽんミュージアムみたいなとこを見学して去りました。

よく長崎県民あるあるネタで、地元で美味しいちゃんぽんのお店を教えてと言ったらリンガーハットに連れてかれたというのがありますが、リンガーハットよりずっと美味しいです!
とか言いながらこの店でリンガーハット出されても気づかなかったりして・・・。
さてさて観光しつつトルコライスやミルクセーキやカステラを食べながら長崎の有名ちゃんぽんを食べ尽くさなくては・・・。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 武蔵式冷麺:970円」@麺屋武蔵 新宿本店の写真最近は暑いですが、新宿高層ビル街はヒートアイランド現象で特に暑いですね~。
そういえば武蔵で夏季限定かき氷ラーメンをやっているとかなんとか。行ってみましょうそうしましょう。
到着。入店。購入。970円か・・・。着席。待ちます
店内はなんと8割ほどが外国人。私のお隣の欧米人グループも美味しそうにラーメンを啜っています。が、よく見るとスープと麺だけ食していて、メンマや海苔などの具材は全部カウンターの上に投げ捨てています。文化の違いかマナー違反か。
調理風景を眺める。ハンディかき氷機に何か色の付いた氷を投入してブイイインとかき氷を作っております。

そして丼着。丼着の際に店員さんから「普通の色の氷は魚介出汁で、赤いのはキムチのかき氷となっております。溶かすと味が変わっていきますのでお楽しみください」的な内容の説明を受け、いただきます。
OH、冷たいです。スープは塩ベースのさっぱりとした何か。昆布的な風味が支配。かき氷を溶かしていくと、魚の味わいとキムチの味わいがプラスされて、冷麺チックな味わいになります。まあまあです。
麺は冷麺的な麺ではなく中細ストレートの中華麺。キンキンに冷やされているためコシが抜群。
具材はまず右から、・・・あれ、いきなり具材が一個足りない。甘酢ズッキーニが無い!ズッキーニのお金返して!
そしてオクラ。まあ普通にオクラでした。お次はなんと南瓜のピクルスとな。・・・おお、沢庵みたいな食感で、そして甘酸っぱしょっぱい!新体験のお味でした。
チャーシューは牛さんが2枚。火を通しすぎたローストビーフって感じでちょっとイマイチ・・・。
トウモコロシは甘~い。なぜかわかりませんがすご~く甘くて美味しい。これだけ別売りしてくれないだろうか。
ゆで卵にかぶりつくと、中からドロッとした黒い物体が!なんですのこれは!見た目はどうみてもベチャ海苔なのですが、お味は謎の野暮ったい無味乾燥なお味。武蔵グループの答え発表を待ちます。
ちょっと食べ進むとなんと中心から輪切りパイナップルが!微妙なサプライズ。お味は・・・うん、缶詰のパイナップルですね。
かき氷効果と器効果もあってか、最後まで冷たさMAXでごっそさんです。涼を取り入れることができました。

あ・・・そういえばRDBって冷麺は掲載アウトなんでしたっけ・・・。
でも麺は中華麺だったですし、かき氷も乗ってますし、具材も特殊ですし、これは盛岡冷麺とか韓国冷麺とかのカテゴリーではなく、創作冷やしら~麺という意味での冷麺だと思います!!そうですきっと!運営様!

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 12件

「【限定】 大勝軒 元祖つけ麺バーガー(特盛):750円」@ロッテリア 渋谷道玄坂店の写真渋谷をすたすた散歩していたら、ロッテリアの前で、20日から提供予定のつけ麺バーガーが先行販売されているではありませんか。先行販売店舗に出会えるなんてラッキーおにぎり(家に帰って調べたら、全店舗で先行販売していたことを知る)。ではではでは。
注文です。広告のすごい写真に惹かれて特盛をお願いします。
待ちます。なかなか提供されません。オペに手間取っているのでしょうか。

15分近く待ってようやく提供です。ちょっと事情で場所を移し、いただきます。
包装をめくる・・・。あれ・・・。なんだか・・・全然・・・写真と・・・違う・・・。
http://www.lotteria.jp/news_release/2014/images/tukemen_main.jpg
・・・まあハンバーガー屋さんのメニュー写真と実物が違うなんてわかりきっていたことです。精神的ダメージもそこそこにいただきます。

・・・うむう、これは、やばいですね・・・。まず肝心の麺がやばいです。
麺は中細縮れ麺。硬くてボソボソでボロボロと崩れつつもゴムのような伸びる食感でコシはなし。色々なダメ要素がMIXしており表現に矛盾が出るほど。
例えるなら・・・スーパーで買ってきた生麺の焼きそばを、油をひかずに熱したフライパンの上に乗せ、ほぐさずにそのままギュウギュウ押し付けて焼き上げたような感じですね。
上部には甘じょっぱいてりやき醤油だれが塗られており、下部にはマヨネーズ的なものが塗られております。

ごふっごふっ、さて、つけ汁につけて食べてみましょう・・・。小さい紙コップにはバーガーが入りませんでしたので、付属の割り箸を使って麺だけ取り出してつけてモグモグ。
・・・ひどい!カタボソパサゴム麺に、これまた業務用テイスト全開のつけ汁が全く合いません!
つけ汁は豚骨醤油魚介。甘い・酸っぱいといった大勝軒のつけ汁の面影は全くありません。スーパーで売ってるチルド製品の生ラーメンの豚骨魚介スープを一回り不味くしたような感じです。
つけ汁仕様にするためか、相当塩分は強め。それでいてボディがしっかりしていないために塩分が尖りすぎて、まろやかさが全く無く、キツイです。そしてどこまでも薬っぽいというか添加物っぽいというか、嫌な後味。
沈んでいる具材はメンマ・ナルト・ネギ。インスタント麺レベル。チャーシューだけはちょっと大きめの豚バラの中切りで期待してガブリしたのですが突き抜ける固さ。

ごほっごほっ。特盛にしなきゃ良かったごほっ。なんとか3つの麺を平らげごっそさんです。
・・・ん?麺が一つ増えて+50円ということは、パンズが上下で50円だとして・・・つけ汁が550円ということですか!?(死亡)

ということで今回のロッテリアのラーメンバーガー、前回の麺屋武蔵に引き続き、期待を全く裏切らないものでございました。
ハンバーガーに麺を挟むことのメリットとはなんなのか、つけ汁に付ける意味はあったのか、会社側は味見したのか、などと色々なことを妄想しつつも、なんだかんだで楽しかったです!
皆さんもこれはマストバイです。ぜひお試しください。(道連れを増やしたいわけではありません)

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 豚冷やしsio:850円」@用心棒 本号の写真千里眼豚星。で美味しそうな冷やし中華が始まったと聞いて私もぜひ食べたい・・・と思っていたら、こちら用心棒 本号でも冷やし中華が始まったとのことで。しかも塩とな・・・。食べてみましょうそうしましょう。
昼間の炎天下の行列に並ぶと死亡する恐れがあるので、涼しくなるであろう夕方に訪問。しかし普通に蒸し暑い・・・。そして行列・・・。暑さから現実逃避するため意識を飛ばして待ちます。死亡寸前で入店。
いつの間にか券売機の前に。さてさてせっかくですので豚さんも増しましょう。いつの間にか着席。
店内を眺める・・・。以前あった「事件」の影響はすっかり無く、店員さん達の威勢の良い接客が響きます。

いつの間にかコールです。ではヤサイニンニクで・・・。丼着いたしました。美味しそうです。いただきます。
おお、いいですねこれは・・・。タレは真っ白です。濃厚で美味しいです。お味は・・・フレンチドレッシングから酸っぱさを抜いて動物コクを加えたような感じでしょうか。
全然塩って感じではありませんが、オリジナリティある冷やし中華で美味しいです。
カラメとコールするとこのタレが更に増量するそうです。超カロリーの予感!
麺は極太平打ち縮れデコボコ麺。今回の麺は普通に美味しいですね。ちゃんと締められていて食感もナイスです。
ヤサイは千切り大根と千切り紫キャベツと水菜です。見た目の色彩も二重マル。瑞々しくシャキシャキしていてステキです。この灼熱の中、一服の涼を取り入れることができます。
増した豚バラロール2枚はほんのりぬくくてとろけるお味。神豚・・・とまではいきませんが、天使豚さんです。
鶏肉はどっかの厚切りが一枚。何かスパイスが塗りこまれていて、普通に美味しいです。
鶏肉の上に何か半透明なジュレっぽいのが乗ってますね・・・。塩ダレジュレ?よくわかりませんが細かに工夫を凝らしているようですね。
プチトマトがあると絵柄が引き締まりますね。役割も良き箸休めでございます。
ニンニクいいですね!とてつもなくこれ系の冷やし中華に合います。皆様、この後仕事だろうと絶対ニンニク推奨です!
さて御指南通り、半分ほど食べ進めたところでライムを搾ってみましょう。うん、爽やかな柑橘風味がプラスされ、実に良い味変だと思います。
それでも後半はちょっと味に飽きてきました・・・、ここでお酢を投入してみましょう。・・・・・・ん?お酢がありません!・・・まあ問題無く完食でございます。おなかいっぱい!

ということで千里眼同様、とても美味しい二郎系冷やし中華でございました。
このクオリティでデフォは680円というのも素晴らしい。この夏のオススメの一杯ですね。
さて千里眼にも行かなきゃ・・・。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】 冷やしスタミナ烏龍茶麺:850円」@麺屋武蔵 武骨外伝の写真暑くなってきましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
さて麺屋武蔵で新限定が始まったとネットの記事で知り・・・それによると「女性向けのガッツリメニュー」という謎コンセプトとな。提供は麺屋武蔵 武骨外伝麺屋武蔵 虎洞の二店舗とのこと。ではでは渋谷へ飛ぶとしますか。
お昼過ぎぐらいに到着。凄く混んでおります。限定を買い空席に着席。周囲を見渡すと・・・3分の1ぐらいの人が限定頼んでますね。武蔵の限定なのにこれは珍しい光景。発売したばかりからかな。
ですので今回は1日30食もあるとはいえ、この勢いだと夕方ごろには売り切れてしまうかもしれません。
製作風景を眺める・・・。茹でて冷やした麺をボウルに入れ、何かと絡めてますね。そしてそれを盛り付けスープをかけてあれやこれやと盛り付け・・・大変そうです。

さて15分ほど待ち、丼着。おっとサラダ麺みたいですね。いただきます。
ふむ・・・、動物系出汁の冷製醤油スープですが・・・XO醤の味というか、焼肉のタレの味(ピリ辛)というか・・・。そんな傾向の味が全体を支配しております。結構脂っこいです。
いやまあ普通に美味しいのですけどね、ちょっとお味が甘じょっぱさの一本調子かもしれません。
スープには7割ほど烏龍茶が使われているようですが・・・確かに言われてみればなんだかお茶っぽい風味を感じます。しかし・・・脂のクドさを落とす効果は・・・無さげです・・・。
麺は太平打ち縮れボコボコ多加水麺。おっと、これはしっかり冷たく〆られており、食感も歯を押し返すような強靭なコシ。ナイス麺です。量も思ったよりたっぷりあります。
麺にも烏龍茶が練りこまれているらしいのですが・・・、こちらは全く感じないでございまする。
具材はまず牛ハラミ&玉ねぎが4切れほど。こってりとタレが絡めてあり、普通に美味しい焼肉です。
水菜やプチトマトやレタスやパプリカや白髪ネギなどで見た目や味わい的にもさっぱり感を演出です。
美味しく完食いたしました。

全く女性向けという感じはしませんでしたが、確かに食後はなんだかスタミナがついたような、それでいてちょっと涼を取り入れたような。そんな一杯でございました。
もうちょっと烏龍茶を前面に押し出した強烈な味でも良かったかもしれません。個人的に。
冷やし麺が楽しみな季節到来ですね。またあちこち行かなくちゃ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「【限定】 冷し中華:250円」@日清ラ王 袋麺屋の写真山手線のホームのラ王箱を観ていたら、ある日突然水色になってる・・・。
そして現在は醤油と味噌の提供はしておらず、期間限定で冷し中華をやっているとプリティさんのレビューで知り、追撃訪問です。
訪問すると呼び込みさん2名が復活しております。入店。
ここは女性店員さんが一生懸命ラ王を作ってくれるんですよね・・・ふひひ。と思っていたら厨房は男性店員さん4名がぎっしりと詰め込まれてあくせくと働いておりました。ぬう。冷し中華を注文し、待ちます。

提供は早く、5分ほどで呼ばれました。おっと見た目はかなり豪華です。いただきます。
うん、いいじゃないですか。売りの麺は即席麺とは思えない生っぽいしなやかさとツルツル感。私が遊んでいる間に世の中はどんどん進歩していく・・・。
タレはちょっと少なめですが、濃厚な甘酸っぱじょっぱい醤油ダレで、普通にいいです。
具材は結構いいですね。キュウリは清涼感あって錦糸玉子はモサモサしていてカニカマはほぐしタイプでチャーシューは普通です。プチトマトによる味のアクセントも敢闘賞です。
全体的にぬるかったので、もうちょっとギギンと冷やされていれば更に美味しく感じたと思います。
するすると完食。満足いたしました。

市販のと比べると4倍ぐらいの値段ですが、そこはやはり「作ってくれて」「こんなに具材が乗って」「片付けもしてくれる」ということを考慮すると250円でもとても安いと思います。
23日までの提供ということなので気になった方はぜひお試しを。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「冷やし中華(大):780円」@千里眼の写真ちょっと遅くなりましたが、千里眼の冷やし中華が終わりそうな頃に冷やし中華を食べに行きました。
駒場東大前からしょぼしょぼと歩き到着も、学生ばかりで15人待ち。待とう・・・。暑い・・・フラフラ。
少しオペが変わったのか、店内待ちを異様にギッシリさせるようになりましたね。券売機横までギッチリ。これは食べてる人にプレッシャー。
さて30分以上待ち、入店。券売機で今回も豚さん付き冷やし中華にしよう・・・と思ってポチリしたらなぜか冷やし中華(大)のボタンを押してしまった!ああああ
どうしよう、食べきれないかもしれないです。店員さんに言って変えてもらおう・・・。・・・でも冷やし中華は普通のラーメンより麺量が少ないという情報を思い出し、前回とレビュー被るのもアレなので、大に挑むことに。
15分後に着席し、店内を眺める。たくさんの店員さんは皆掛け声が威勢良くて気持ちいいですね。冷やし中華の麺の水切りも麺が潰れるんじゃないかってぐらいミッチリと切ってます。

やがてコール。前回サラダ風ヤサイが美味しかったので調子に乗ってヤサイマシマシとか言ってしまった!(バカ) 大で危なさそうなのに!辛揚げとも言ってしまった。辛いの苦手なのに。
そして着丼。わあヤサイツリー。いただきます。
うむうむ今回も美味しいですね。前回と味は変わらないので感想被ってしまいますが・・・動物系の旨味とゴマダレの油なコク溢れる旨味がマッチしてすっごく濃厚。
極太縮れ麺も今回はちゃんと冷えており、火照った体をクールダウンしてくれます。後にニンニクでヒートアップしますが。量は350gぐらいでしょうか。
しっかりと水切りしたせいか、タレが全然水っぽくなりません。濃厚維持。GOOD。
大根・キュウリ・人参・紫キャベツによるヤサイもしっかり冷やされておりシャキシャキ感がたまりません。
鶏チャーシューはちょっとゴリッと固いところがあって残念でございます。
プチトマトも味覚リフレッシュに重宝。
辛揚げは・・・やっぱり個人的には合わないですね。風味が壊れてしまいました。
ちょっとキツいけどこのぐらいの麺量ならイケる・・・と思って食べ進んでいきましたが、隠れた伏兵がおりました・・・!マシマシにされたヤサイです!(隠れてない)
繊維質たっぷりなヤサイ達は、腹9分目ぐらいになった焼きおにぎりの嚥下を阻むようになりました・・・!ぐうっ、飲み込めなくなってきた・・・!
ピコンピコンピコン・・・焼きおにぎりのカラータイマーが鳴る。店内待ちしている学生達の視線が哀愁を帯びてきた。恥ずかしい。
水様の力を借りて気合いで完食。危なかった・・・。足がもつれながら退店。
ちゃんと自分の力量を考えて注文しなさいね!と自身を戒めた焼きおにぎりは近くのバス停からハチ公バスに乗り込み去ったのでした。ハチ公バス狭い!

相変わらずの、唯一無二のオリジナルにして高レベル高カロリーの美味しい冷やし中華でした。量や豪華さ手間隙に比べてCPも良好。
ぜひともこの冷やし中華の専門店をどこかに・・・。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 9件

「【限定】 コレ捨てロール麺:850円」@麺屋武蔵 神山の写真ここ神山でも現在夏季限定をやっているらしいとの一報を聞き付け、ずざざざと神田になだれ込む。
昼食真っ盛りの時間帯ゆえ、満席&待ち三人。では噂のコレ捨てロール麺とやらを頂きましょうか。券売機を制し運良くポポポンと席が空きすぐ着席。
厨房を見つめる。昔来たときに比べて店員さんの数が増え、とても活気があってよろしいですね。
コレ捨ては相当手間がかかる一品らしく、後客のつけ麺がバンバン運ばれていきます。お急ぎの方は注意。
店員さんが盛り付けに悪戦苦闘してますね。混雑時に頼んですみません。

20分強で完成。おお、美しい。……が!ガラスのお皿には店員さんの指紋があちこちベットリ……。食欲一割減。ではいただきます。まずスープから……。
ふむ……ぬるいですね。透明クリアな鶏塩冷やしスープですが特に目新しい味ではなく。
しかも緑黄色野菜系の青臭さがスープに溶け出しており、ちょっとエグいです。
最大の特徴はこの太縮れ平打ち麺だそうです。「植物ステロール」という初耳のものが配合されているそうです。植物ステロールとは、野菜や豆や穀物などに含まれている成分で、コレステロールの吸収を抑制し、血中コレステロールを下げる働きがあるそうです。
もちろんそんな味の違いなど判別不能。やっぱりぬるめですが食感はややプリでまあまあ。量は少なめで120gほど。
具材はまず生ハムが四枚に白髪ネギにカイワレ。この生ハムの塩気が良いアクセントですね。
さて中央に鎮座しているものは……おお、色々な野菜がまたもやジュレで固められておりますね!さながら氷のオブジェのようです。
内訳は、枝豆・赤黄パプリカ・ブロッコリー・とうもろこし・セロリ・いんげん・プチトマト・山芋・椎茸であります。
こんなに具沢山なラーメンは初めてですね。様々な食感・風味を堪能いたしました。
そしてジュレ野菜を崩壊させると、下からホワイトなソースが出現したではありませんか!これは嬉しいサプライズ。
このソースはなんでしょうね……。語彙が貧弱で申し訳ないですが、例えるなら酸味を抜いたタルタルソースみたいな、そっちベクトルの味です。
混ぜますと、ややもすると物足りなかった淡麗塩スープにグッとコクが増し、良い味変になりました。
次第にジュレも溶けてきて、ジュレの甘みもプラスされて更なる味変。面白いですね。
楽しく完食いたしました。

単純焼きおにぎり、普段食べない類のお野菜もたくさん摂取して、なんだか健康になったようなプラシーボな気がします。
いい加減ここでデフォを食べねば・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】 かき氷冷麺:850円」@信濃神麺 烈士洵名の写真ちょいと東京ドームのほうに用事があったもので、ついでに宿題店を消化いたしましょう。
ということで春日にある烈士洵名へ。さてさてここのラーメンのお味や如何に?
・・・・・・うん?店頭に貼り紙が。「かき氷冷麺」なるものが!
うむむ・・・しかし初訪だし基本のラーメンを・・・。でも「夏季限定」「限定20食」「昨年大好評」「更にグレードアップ」「日本一冷たいラーメン」なる宣伝文句を読んでいるうちにいつの間にか入店していて限定ボタンをポチッと押してしまったのでした。
お店は小さいですが「目安箱」なんて設置していたりと古風で和風な内装。店主さんの嗜好ですかね。

結構時間がかかるらしく、15分ほど待って配膳されました。うわあい本当にかき氷だ。具もお洒落。いただきます。
ふむ、キーンと冷たいですね(当たり前か)。シャリシャリした歯ざわりとともに麺を啜るのはかつてない経験。氷にまみれた中細ストレート麺はもちろんの如くギンギンに冷えておりますのでシャッキリ爽快。
味はリンゴ風味のラー油がかかっております。ラー油にアップルジュースをちょっと加えたような味だと思ってください。でもこれが結構麺とうっすら魚介スープに合います。甘酸っぱ辛くて食欲を引き立てます。ついでにリンゴの角切りも乗っかっています。
別皿の具のほうに行ってみましょう。
茄子の南蛮漬け・・・エスニックな風味の茄子はピリ辛テイスト。香辛風味たっぷりでいいんじゃないでしょうか。
タルタルチキンマスタード・・・鶏肉の細切れにタルタルソースとマスタードを混ぜた、そのまんまの味です。ちょっと重くてしつこい後味。
トマトバジル・・・トマトの酸味とバジルの独特の風味、この組み合わせはナイスですよね。想像された通りのお味です。
自家製ズッキーニ漬け・・・これしょっぱいですね!凄くしょっぱい・・・。ピクルスをしょっぱくしたような感じ。でもコリコリした食感は良かったです。

最後は全部の具材を麺に投入して混ぜて喰らう。まさに味のオーケストラ。にしては雑然としすぎでしたが美味しく楽しくいただくことができました。

かき氷が溶けて無くなってしまうと単なる冷やしラーメンになってしまうのですが、最初の見た目を楽しませてくれただけでも十分かき氷の価値はございました。
次回こそはデフォを!ついでに近くの本枯中華そば 魚雷を!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件