なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

焼きおにぎらず

東京都

何も記録を発信しないと寂しいし、ブログをやると疲れるし、このRDBぐらいのまったり感が一番スキ・・・

平均点 73.294点
最終レビュー日 2019年4月28日
1,081 709 0 764
レビュー 店舗 スキ いいね

「らーめん(中)(豚一本):1300円」@肉汁らーめん 公 kimiの写真所用で新馬場に降り立った焼きおにぎり。さてさてどこでラーメンを・・・。と検索したら、こちらに二郎系のお店が!ということで訪問です。
お店の目の前まで来て思い出しました、こちらチャーシューどか盛りで昔テレビで紹介されてましたね。
入店。さてここは・・・この・・・1300円プライスの・・・豚一本に・・・したところで私は食べきれるのか?と一瞬思いつつも購入。もう後には引けません。
待ちます。店内は普通に賑わっております。店員さん達4名ほどは家族経営臭がする顔ぶれです。

そして丼着です。わっ、やっぱりすごい。試合開始です。
・・・ぐっ!想像していた最悪の事態が・・・!豚さんが・・・カタパサ!これはやばい・・・やばいですぞ・・・!
脂身が混じってる部位は・・・2切れほどしかありません。あとは全部脂っ気ゼロの赤身。しかも冷えてる。そしてガッチリタイプの繊維質で噛み切るのが疲れるレベル・・・。肉厚でショックに思ったのがこれが初です。
1切れを完食。・・・これもう無理なのでは?
スープは非乳化豚骨醤油。出汁感も塩感も相当薄めなあっさりタイプ。酸味がちょっと目立ちます。これはこれで需要があるでしょうから良いと思います。
麺は極太平打ち縮れ麺。これは普通に良麺ですね。食べ応えあって美味しいです。
ヤサイはモヤシが90割ほど。ちょっとジャグジャグ食感の水っぽいモヤシですね・・・。茹で過ぎかも。
豚氏と格闘。咀嚼していると口中の水分が失われていきます。スープで潤わせる。
・・・・・・8切れ残ってて既に腹八分なんですけど!焦るおにぎり。
無心になってモシャリモシャリ。この豚氏、永久に減らないんじゃないかと思うようになってきました。
チラと厨房を見ると、心配そうな目で店員さん全員が見ておりました。いや、あれは心配というより、残したらタダじゃおかんぞという目だったかも・・・。
残り4切れぐらいになって飲み込めなくなってきました。
・・・あら、カエシボトルがあるじゃありませんか。そうだ、これを投入してみましょう。
む、味が締まって少し美味しくなってきました。かけましょうかけましょう。
以下果てしない自己との戦いで長くなるので省略し、見事完食です!最後の1切れがとてつもなく巨大な質量に感じました・・・。

まさかの下ブレの豚氏に遭遇してしまい困難を極めましたが、なんとか残さない記録継続中です!
焼きおにぎりの名を汚さずにすみました(もう汚れまくってる)

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「豚ばらそば:850円」@海員閣の写真美味しんぼと縁があるこちらに訪問です!
どういうふうに美味しんぼで紹介されていたかは2巻を参照でございます。。。まあぶっちゃけネガティブな紹介であります。
さて今は仮営業みたいな感じのようですね?とりあえず入店。急いで席に着きます。
店内はカウンター10席ぐらいのみ。麺類は安いから種類をまとめないと・・・。まあ1人客なんで当然1種類なんですが。
ではこのメニュー先頭の豚ばらそばを注文・・・む!店員さんが丁寧な応対!というか日本人JK(たぶん)バイト!時代は変わるものです。
もう1人ホールさんの女性がいらしたのですが、その後満席になって待ちが発生したときの客にも超丁寧なお詫び接客。私も席を詰めたりしただけですごく感謝されました。これが今の海員閣なのですね。

そんなこんなの物思いにふけているうちに丼着です。いただきます。
ふむふむ、結構いい感じですね。中華の本場のラーメンはかなりあっさりしてる感じが多いんですけど、こちらは油分がやはり少ないながらも
動物系の出汁がそこそこ出ていてちょっと甘さもあって日本人好みのほうにシフトしてる感じです。まあやはりあっさりではあるんですけどね。
麺は細麺。ちょっと素っ気ない感じの麺でございまして普通でありました。
豚バラ煮込みが美味しい!すごく美味しい!お箸で持っただけで崩れる柔らかさ。味付けも濃すぎず薄すぎずナイス味。旨みも抜けておらず脂の甘みと相まってレベル高杉くんです。
スープにこの脂がちょっと溶け出してコクが増すのもいいですね。
青菜もいい箸休め。お口がリフレッシュします。
いつの間にか丼が空になる。お会計も丁寧で気持ちよく退店。

良い意味で肩透かしを食らいましたが、実に良店でございました。
美味しんぼの作者さん!ちょっと35年ぶりぐらいにこちらにもっかい来てみませんか?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚増しらーめん:930円」@らーめん陸の写真陸の気分になったので久々に陸に来てみました。
結構遅めの時間帯に到着したら店内合わせて15名ほどの待ち。人気。
結構待って券売機で・・・やはり豚増しにしないと。パクチーは・・・また次回にしておこう・・・。
コールはオールデフォで。待ちます。接客も丁寧でいいですね。

そして丼着です。二郎系にしては整った盛り。いただきます。
ふむ、美味しいです。他の二郎系には無い味わいの特殊な濃厚風味。骨太豚骨醤油。たまりません。
麺は極太平打縮れ。最近二郎ではやわめが多かったのですが、こちらは若干かためで美味しゅうございました。
ニンニクセルフなんですよね。ドバドバ・・・。入れすぎたかもしれない。
豚さんは中切りのものが6匹ほど。味染みてて柔らかくて美味しい~。豚ダブルトリプルボタンを思わず探したくなります。
ヤサイはキャベツ多めが嬉しいですね。全体的にクタです。
以前食べたの結構昔ですけど、味変わってない気がします。変わらずの美味しさです。
すいすい完食です。とても満足です。

陸は高クオリティを維持しておりました!
次回はパクチーを試してみたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚徳島ラーメン(並盛):750円」@ラーメン東大 大道本店の写真鳴門の渦潮を身を乗り出して眺めていたら不覚にも落ちてしまい、チェックポイントの徳島駅からの再スタートとなりました。無料で戻れてラッキーおにぎり。
さて阿波踊り会館へと向かい、阿波踊りの歴史を勉強(有料)して阿波踊り体験(有料)で踊りまくった後は、やはり徳島で有名なこちらへテクテクと訪問です。
到着。店頭に高級券売機があります。さてデフォを・・・ん?濃厚!がある!白湯!もある!
濃厚徳島か白湯徳島か・・・店頭のベンチに座って10分ほど悩み、濃厚に決意。デフォは百貨店の催事とかで時々食べられますしね。ついでに徳島餃子も頼もう。
卵も買いましょう。・・・あれ?卵無い!と思ったら無料ですと!?ありがたや・・・。
入店。店内はアットホームな小屋的な感じの内装。む!卓上に卵がたくさん!こちらはセルフで食べ放題なんですね!(もちろん常識の範囲内にしときます)

そして丼着です。いただきます!
む!これは濃厚!凄い濃厚!豚臭さもかなり感じる骨太豚骨醤油って感じです!
甘じょっぱくてパンチ効いてますね!おいしす!
デフォはこれよりあっさりしてるんでしょうけど、いのたにと比べてどうなんだろう?
麺は細麺。アルデンテな茹で加減でパッツン美味しい。
豚スラ肉という耳慣れない呼称のお肉は量がちょっと少ないもののいのたによりは柔らかくて美味でした。
生卵を投入。マイルドになりコクも加わりました。2個入れていいですか?2個入れました。
徳島餃子は小振りなのが8個。しかしスダチを絞って鳴門の塩で食べるという個人的に初めての食べ方!
これがまた美味すい!柑橘系の風味と塩のお味がキャベツ多めニンニク不使用の餃子にすごく合う!
これは家でもちょっと試してみたくなる組み合わせですね!
スダチと塩をラーメンのほうにも入れたりなんかして最後まで楽しく完食。満足です!
踊り足りないのでもう一度阿波踊り会館に向かうおにぎりでした。

ガッツリ徳島ラーメン堪能しました!
スダチも鳴門の塩も味わえて、徳島を堪能できるお食事でございました!
いつかデフォも味わいたいのでいつか徳島物産展が開かれて出店したら行ってみますね!

さて四国ツアーとか言いながら時間の関係上、香川と徳島だけで打ち止めとなってしまいました・・・。
香川でうどんを死ぬほど食べたのであまりラーメン屋さん巡りはできませんでしたが、とても楽しかったです!
また必ず行きたいです!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(並):680円」@ダントツラーメン 高松一番店の写真初香川に降り立ったおにぎりです!これからしばらく四国レビューが続きます!初の土地への旅行なのでテンション高い文章になります!
今回はラーメンじゃなくてうどんツアーなのですよ!
ホテルにチェックインして部屋に荷物ぶん投げて高松の街へ飛び出しいざうどん屋さんへ!!!
ちょっと待って!私の泊まるホテルになんか二郎系のラーメン屋さんくっついてるうううううう!!!入店!(愚者)
ラーメンつけ麺油そば、麺量も細かく設定されてますね。これからうどん食べなきゃいけないので・・・並で!
着席。食券提出。ヤサイはマシマシまであるようですが・・・これからうどん食べなきゃいけないので・・・ちょいマシで!
待ちます。ふむ?生卵が無料とな?でもこれからうどん食べなきゃいけないので・・・無料ならください!
めっちゃ不機嫌なお姉さんから卵を投げ渡してもらい間もなく丼着です!いただきます!

ふむ、結構あっさりめの非乳化タイプですね!出汁控えめ。しょっぱさ普通。ちょっと化学に頼りすぎ。酸味を感じる。細かい業務背脂が浮かぶ。
二昔ぐらい前、あっちゃこっちゃにウゴタケで乱立した二郎インスパイアによくあるお味。なんか業務用っぽさを感じるスープですね!
麺は太平打ち麺。あつ!すごく麺がアツアツです!ずるずる。麺は結構イケますね!食感も程よくアルデンテ平打ちverでナイスです!
豚さんは大判中切りが2枚!ガブリ!うん、普通!
ヤサイはちょいマシなら余裕の盛り。マシマシだとすごい山になるそうです!ただし100割モヤシでした!
生卵はいつの間にか消滅していてよくわかりませんでした!個数制限無さそうだったので康太さんが喜ぶことでしょう!
ゴクゴク、完食です!

四国での初食事、二郎インスパイアでした!
でもなんだかんだで全体的にまとまっていて、近所にあったら余裕で週3通うレベルですよ!
ヤサイニンニクアブラ各マシマシとかだと恐ろしい量になるようですし生卵も無料ですしで気前もいいですね!
げふっ、ちょっとお腹一杯(笑) なので高松市内で利用予定だったレンタサイクルはやめて全部小走りで移動することにしました!
それでは!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメンW豚入り:700円」@ラーメン二郎 目黒店の写真そういえばメグジで豚ダブル食べてなかったということで踊りながら訪問です。
夜中の訪問。夜中の二郎はやばい。でも15人待ちほど。数年ぶりですけど、相変わらず人気ですね。
豚ダブル売り切れてなかったよかった。こちらはほぼ豚切れしないらしいので豚マニアの方はいつ訪れても一安心ですね。
30分ほどで着席。店主さん、やっぱりお顔が引きつってる・・・。触れちゃいけないことかもしれんのでもうこの件は封印しときましょう。

そして丼着です。うわ、丼が本店並にベトベト!しかし美しい。いただきます。
ふむふむ、非乳化スープでかなりジャンクな感じ。カネシを一番に感じて次に化学、お後に豚出汁を感じるスープで、全体的に液体脂も固形脂もかなり多めなので味がボヤけてしまうタイプ。
でもなんか私これ好きなほうです。麺と一緒にスープが口の中に入ったとき、二郎初心者時代に味わったような感覚が脳裏に蘇ってきました(幻覚の可能性あり)
うっ、なんだこのギタギタショッパラーメンは!って感じの・・・。
最近の二郎はどこもこなれてきたのか、昔よりも全体的に洗練してますからね・・・(個人の感想です)
おそらくメグジは十何年も前から全く味が変わってないのでしょうね(ベテランジロリストの反論が怖い)
麺は極太縮れ麺。ぶっちゃけコシが無いのですが小麦の香りを他の二郎よりも強く感じる・・・。結果として美味しい。次回はカタメにしてみよう・・・。
豚さんは原型を留めてないものがたくさん。パサなのですが柔らかい。ツナ豚。お味は醤油の味が結構強いもの。
豚シングルと比べて量変わらない気もしますが、まあ100円の差なんて誤差ですよね。
ヤサイはやはり盛りが少な目でクタクタなもの。茹で行程を見ていたのですが、なぜか家庭用の小さいフライパンで茹でてる・・・。
ベトグチャムシャアと完食です。ごっそさんです。退出時も並びは15名ほど。

久々のメグジでした。
しかし相変わらず小ラーメン500円で提供していてすごいなと思いました。
1ロット5杯ですから、1万円稼ぐのもなかなか大変ですね・・・。
店主さんもお体気を付けてあと30年は営業お願いします。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「汁なしラーメン:850円」@ラーメン二郎 めじろ台店の写真前回のめじろラーメンが美味しかったのでお友達に楽しく喋ってたら連れてけと言われたのですぐ再訪することに。
まあ汁なしとかも食べたかったのでちょうど良かったです。
車でビュンと向かいます。私のテクニックだとあの専用駐車場ではコスるので、それを避けるためには・・・そう!めちゃ早く来ればよい!
ということで夜の部1時間前に到着。駐車場車無し!余裕で停めてしばらく待機。ここからお店の前が見えるのはいいですね。
2人ぐらい並んだとこで接続。開店時は15名ほどに。
さて券売機で汁なしを購入。着席。待ちます。相変わらず客層は体育大学生みたいな人達ばかり。

そしてニンニクアブラコール。後者の方々も全員アブラはコールしてました。丼着。むう!あまりにも美しいビジュアル。いただきます。
美味しいですね!濃厚なタレとしょっぱアブラと卵黄とニンニクが織りなす絶妙な旨みの競演。人間の旨味を感じる中枢をダイレクトに刺激するもの。
これにまた太平打ち縮れ麺が合うんですよね。細麺だとどうなるんだろう?タレ絡みすぎて毛細血管ちぎれる?
豚殿は大振りカットで嬉しいものが3匹ほど。しまった、汁なしだとスープで温められない・・・と危惧しましたが、ほんのり温かくて十分美味しかったです。
ヤサイはマサないほうが混ぜやすいし味も薄まらないかもですね!
麺具をゴクゴクゴクと飲んで完食です!満足です!
さあ出庫するときが勝負です!隣にきつきつに停まってる車にコスったりしたらこの幸せな余韻が一転して暗黒の思い出になるでしょう・・・。

汁なしも実に美味しくいただきました!
これはつけ麺もマストバイですね!あとつけ味ラーメンも気になりますね!つまり最低あと2回はめじろ台に来るってことですね!めじろ台で焼きおにぎりを見つけたら握手しましょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「小つけ麺:850円」@ラーメン二郎 新小金井街道店の写真すみません、別おにぎりがつけ麺食べててメモ帳に下書きしてたの投稿忘れてました。RDBの皆様、閉店した店の今更の遅レポ連発ほんとすみません。

夏の暑い日にひいひい歩いて新小金井街道店に到着。開店30分前ですが10名前後の待ち。
開店してなんとか店内に滑り込むことに成功。ふう、涼しい・・くはない。。。
暑すぎたのでつけ麺を注文。待ちます。
カウンターのあっちのほうでもんのすごい啜る音立てながら美味しそうにクチャってる人のハーモニーを鑑賞してるうちにコール。ニンニクのみで。いただきます。

いいですね、基本の二郎スープに酸味とゴマ油の風味がプラスされておりすごく後を引く美味しさ。
背脂もゴッロゴロ入っていてジャンクさが超加速。確実にこの後お腹がゆるくなる一杯。
麺はぬるめながらも〆られたことにより歯ごたえしっかりで心地よいです。
なかなか量も多いのですが、つけ麺なのでスルスルと入っちゃいます。
豚さんはなんとゴロゴロ角切りタイプ。つけ麺の豚さんってこういう仕様なんでしょうか?面白いですね。
お味はぶっちゃけ冷えパサでしたが、つけ汁に浸して食べればその欠点を補えます。
ニンニクもしっかり混ぜるとかつてない様相のお味の汁。ああ、何かでスープ割りして飲んでみたい。
しっかり完食。ごっそさんです。
退店時は並びが30名ほど。炎天下大丈夫ですかね・・・。

とても美味しい二郎つけ麺でした。
他の二郎のつけ麺でもここのお味の種類に近いとこあるかな?ちょっと検索の旅へと出かけてきます。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「小ラーメン:700円」@ラーメン二郎 越谷店の写真OPENから何日か経って落ち着いてきた新店・越谷に訪問でございます。春休みで混む前に行かなくては・・・。
通行手形を持って埼玉に入埼。越谷で降ります。初めて来ましたけど越谷駅(東口)って、近所にあると嬉しいB級グルメチェーン店やいろんなお店がコンパクトにビッシリ揃ってて、近くに住むなら凄い便利ですね。
さて二郎目指して歩きます・・・。なんと消火栓の看板に二郎の案内板がくっつけられてました。ええんか!?
開店直後ぐらいに到着。店内待ちも合わせて10人ほどの並び。このぐらいなら余裕ですな。さて待ちましょう。
券売機へ。小豚かデフォか迷い、デフォにしました。越谷まで来たからにはちょっと連食もしたいもので・・・。
サイドメニュートッピング的なものもまだ無いですね。康太さんが物足りなさそう。
待ちます。店内は当然キレイ。客捌きも二郎にしては結構気を使ってるほうですね。幼児連れの家族もいますね。大丈夫でござるか。

そして丼着。新二郎いただきます!
非乳化ですね!キリッとしたカネシとケミカルッとした化学とブヒッとした出汁と味醂的な甘みが融合してて美味しい非乳化スープです!
レンゲがあるのがナイスですね。どんどんスープいっちゃいます。
麺は太平打ち縮れ麺。やわめな茹で加減。スープにもっちり合います。量は標準二郎ぐらい。
豚氏が謎の見た目。これは・・・。かぶりつくとなんかローストチキンみたいなゴリッベロンとした不思議な食感。皮みたいなものまで付いている・・・。
こんな二郎肉は初めてですね。どこの部位だろう?見た目もなんか美しくないですが、お味は固めでしたがちょっとジューシーでまあまあでしたよ。
危うくスープ完飲しそうになってごっそさんです。退店時は並び20名ほど。

越谷店でした!非乳化二郎のお手本のような美味しい一杯でした!
これで二郎再全店制覇!・・・ですが、移転した西台や店主さんが変わった松戸にはまだ行ってないので、そこも行かないとやっぱ未制覇ですかね?
よし、暑くなる前に行きますか・・・。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ぶた入りラーメン:900円」@ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店の写真長く足が遠のいていた小滝橋通り店・・・数年前にお友達のをちょろっと貰ったときは結構美味しくなっており、
それからまた何年か経ってネット上で「小滝橋通り店が劇的に美味しくなった!」と話題になってましたね。
まさか更に美味しくなったんですか!と思って店舗の前を通ると確かに行列ができてるようになりました。しかし行かなかった。
やっぱり確かめねばならない・・・ということでまた遥か時が流れてから訪問です。
15時ごろ訪問。並び無し。というか先客3。ありゃりゃこりゃりゃ?
券売機で・・・豚入りにしてみましょう。900円ですか。結構しますね。
事前コール。ヤサイニンニクで・・・。待ちます。あの超やる気ない感じの助手さんはもういないようです?さびしい。

そして丼着です。む、ちょっとオーラが違う。いただきます。
むしゃむしゃ・・・確かに大昔よりは美味しくなってます。
背脂と化学と醤油と水だけで作ってたようなスープは、ちゃんと出汁を感じられるようになり全体的にキリッと引き締まった味わいです。でもまだまだパンチは控えめではありますが・・・。
くたびれた中高年のワイシャツの袖みたいだった麺は、小麦を感じる太角麺になっておりなかなか食感を残した良加減麺。これなら好きです。でもやはり量は直系最軽量級。
保健室前の掲示板に貼ってある肺の輪切り写真みたいだった恐ろしいパサ豚さんは、今回は角煮形状のバラで柔らかくて普通に美味しい。まあでも豚入り900円はちょっと高く感じますが・・・。
ヤサイコールしたのに白露山みたいな盛りだったヤサイは、今回は結構増えてます!まあほとんどモヤシですが・・・。
スイスイ完食です。ごっそさんです。ちなみに後客はちゃんと5~6名ほどいらしてました。

なかなか変化していました!
やはり二郎としてはとてもライトなお味なので物足りなさはありますが、空いてるし深夜までやってるしでこんな感じの点数で。
量も少なく食べやすいので、どこか食べに行く前の前菜二郎としてのご利用も良き哉。一軒目二郎。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件