なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

焼きおにぎらず

東京都

何も記録を発信しないと寂しいし、ブログをやると疲れるし、このRDBぐらいのまったり感が一番スキ・・・

平均点 73.294点
最終レビュー日 2019年4月28日
1,081 709 0 764
レビュー 店舗 スキ いいね

「かけそば(特濃・醤油):900円」@煮干乱舞 越谷店の写真すっかり投稿し忘れました。
越谷二郎で美味しくいただいたのですが、まだちょっとお腹に余裕がありますね・・・。
せっかく越谷まで来たのですからどこか他に何かないかな?と検索したら、有名な煮干乱舞の越谷店があるということなので突撃でありんす!
西口へ。東口と打って変わってさびしい・・・。ちょっと歩いたら到着しました。
入店。店内結構混んでますね~。暗い照明のお洒落な店内。高価な券売機で・・・淡麗か濃厚か・・・。特濃にしましょう!
待ちます。・・・トイレ近くの席に座ったのですが、芳香剤の匂いがかなりキツい・・・。

そして丼着。煮干し伊藤みたいなシンプルなビジュアルですね。いただきます。
おお!これはまさに特濃という名の通りの超ドロドロ煮干しですね!これは久々にすごい煮干しスープです・・・。
もはや完全に煮干しポタージュ。ある意味汁無し。
麺も濃厚煮干しによくある、低加水細麺ストレート。固めの茹で上がりで食べ応えあります。
替え玉(和え玉)しようかな?と思ったのですが、ドロ煮干しが麺に絡みすぎて無くなっちゃってました。無念。
退店。段差を忘れて転びそうになるおにぎり。

実に突き抜けた美味しい煮干しでした!煮干し好きなら訪問必須ですね!
次回またこの埼玉の奥地まで来るときがあれば淡麗も食べてみたいです。
というか東京に支店があるか・・・。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン:700円」@ラーメン二郎 越谷店の写真OPENから何日か経って落ち着いてきた新店・越谷に訪問でございます。春休みで混む前に行かなくては・・・。
通行手形を持って埼玉に入埼。越谷で降ります。初めて来ましたけど越谷駅(東口)って、近所にあると嬉しいB級グルメチェーン店やいろんなお店がコンパクトにビッシリ揃ってて、近くに住むなら凄い便利ですね。
さて二郎目指して歩きます・・・。なんと消火栓の看板に二郎の案内板がくっつけられてました。ええんか!?
開店直後ぐらいに到着。店内待ちも合わせて10人ほどの並び。このぐらいなら余裕ですな。さて待ちましょう。
券売機へ。小豚かデフォか迷い、デフォにしました。越谷まで来たからにはちょっと連食もしたいもので・・・。
サイドメニュートッピング的なものもまだ無いですね。康太さんが物足りなさそう。
待ちます。店内は当然キレイ。客捌きも二郎にしては結構気を使ってるほうですね。幼児連れの家族もいますね。大丈夫でござるか。

そして丼着。新二郎いただきます!
非乳化ですね!キリッとしたカネシとケミカルッとした化学とブヒッとした出汁と味醂的な甘みが融合してて美味しい非乳化スープです!
レンゲがあるのがナイスですね。どんどんスープいっちゃいます。
麺は太平打ち縮れ麺。やわめな茹で加減。スープにもっちり合います。量は標準二郎ぐらい。
豚氏が謎の見た目。これは・・・。かぶりつくとなんかローストチキンみたいなゴリッベロンとした不思議な食感。皮みたいなものまで付いている・・・。
こんな二郎肉は初めてですね。どこの部位だろう?見た目もなんか美しくないですが、お味は固めでしたがちょっとジューシーでまあまあでしたよ。
危うくスープ完飲しそうになってごっそさんです。退店時は並び20名ほど。

越谷店でした!非乳化二郎のお手本のような美味しい一杯でした!
これで二郎再全店制覇!・・・ですが、移転した西台や店主さんが変わった松戸にはまだ行ってないので、そこも行かないとやっぱ未制覇ですかね?
よし、暑くなる前に行きますか・・・。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「小豚ラーメン:850円」@ラーメン二郎 川越店の写真車があれば川越店も余裕なのです!
ということでブロロロと川越へ。気合入れて1時間前に到着。一番乗りです。
寒風吹き荒ぶなか待ちます・・・。5分後ぐらいに後客が。その人超ヘビースモーカーらしく、1時間近くずっとタバコを吸い続けてる・・・。しかも風でこっちに煙が・・・。アンラッキーおにぎり。
凍死寸前で開店。券売機で・・・小豚にしてみましょう。
着席。待ちます。・・・同じロットの人たち、麺少な目や半分コールが多いですね。ふふ。

そして丼着です。美しい。いただきます。
む、美味しい。そこそこ乳化していて、トゲトゲしさは感じずまろやかな味わい。出汁もしっかり感じられて実に美味しいスープです。
麺は極太平角麺。こむぎこむぎしていて食べ応えMAX。
・・・しかし量もMAX過ぎやしませんか?めちゃくちゃ多いんですが・・・。
もともと量が多い店だということは聞いていたのですが、これ絶対400gより多いですよ・・・?600gぐらいありませんこと?
他のロッターが少な目とかばっかりだから私だけ大盛りにされた?(錯乱)
豚氏はロールタイプが5匹。程々に柔らかくて程々にジューシーな良豚なのですが、私の完食の壁となって立ちはだかる・・・。豚増ししなければよかった・・・。
食べ進める・・・。やばい、まだ3割ぐらい残ってるのにお腹一杯。・・・焼きおにぎりの名にかけて残すわけにはいかない・・・。
戦いの詳細を書くと長文になるので省略しまして、卓上の唐辛子とかかけたり後はひたすら気合いと根性で完食。息も絶え絶えになりながら車に戻って1時間ほど寝込みました。

一杯の二郎でこんな大苦戦したのは初めてでした!でも勝ちました。ふふ。
お味はとても良かったので、次回からは私も麺少な目で日和たいと思います・・・。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「小らーめん:650円」@麺屋 桐龍の写真東川口で用を済ませた後は・・・こちらの地域の人気店、桐龍に行くことにいたしました。
大通りをヨチヨチと歩き続けます。のどかな場所です。ああ、この、地方、って感じ、なんだかいいですね。
10分ほどで到着いたしました。おっと、並びがありません。行列店らしいのにこれはラッキー。いざ。
券売機で・・・豚さんでも増しましょうかな、と思ったらこちらは初訪ですと豚増し禁止のようですね。では普通に小らーめんを。
空いていた1席は狭~いほうのカウンターでした。手前の人が椅子で完璧に道を塞ぎ、お願いしても椅子を引いてくれない。(つд∩)ウエーン
なんとか席にねじり込み、待ちます。店員さんは若い男性と女性。作業分担で頑張っておられます。

さてコールです。ヤサイニンニクで。おお、結構ヤサイの盛りが良いですね。いただきます。
うん、なかなかですね!豚骨醤油スープは微乳化で、豚出汁もカエシもきっちりと効いております。
脂の量も多すぎず少なすぎず適度。しょっぱすぎず薄すぎず。バランス良いパンチ加減でございます。
麺は形がビシッと整っている太角平打ち麺。低加水で食べ応え十分。独特のモギュモギュ食感もいいですね。量もたっぷり300gはあろうかと。
・・・これと全く同じ麺をどこかのインスパイアで食べた記憶があるのですが・・・思い出せません・・・。
豚さんが見当たらないですね?忘れられてベジ郎になってしまったのかな、と思いきや、丼の中心奥から2匹コンニチハしました。
まず1枚目にかぶりつく。・・・硬いですな!ブチブチィミシィと噛み引きちぎりモグモグ。・・・なんだかパサつきもあって残念ブー。お土産チャーシューの貼り紙を見るに、これは豚さんのうでという部位なのかな?ふむ、うでってこういう感じなのですね。
もう1枚はバラロールですね。・・・これは柔らかくてジューシーですね!・・・ただすごく脂っこい!胸焼けしますです。
ヤサイは茹でたてシャキシャキで量も気前良くてナイスヤサイ。
ムシャムシャ、お腹いっぱい完食です。店先のベンチでゆっくり休みましょう。と思いましたがルール違反のような気がしましたので近所のブックオフで休むことにいたしました。

優良二郎インスパイア店でございました。
ミニらーめんもありますし、初心者の方でも安心ですね。
最近始まったらしいまぜそばも気になります。またいつの日か。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 パンティーラーメン:1000円」@へーちゃんラーメンの写真変態映画とのコラボで、各地で変なラーメンを提供している・・・と、RDBのニュースで知っていたのです。
各メニューを見たら、とても頼めそうにないものもいくつか・・・。でも何事も経験ですし・・・。
・・・ちょうど私は武蔵浦和にいたのでした。・・・いつ行くか?今でしょ!
ということでこちら南越谷のへーちゃんラーメンにたどり着いたのでした。
一人じゃとても頼めないので大宮の友人を呼び寄せてGO!しようと思ったら断られたので一人で訪問。
パンティーラーメンか・・・。パンティーなんて言葉久々に聞きましたね。ショーツと呼ぶ派の焼きおにぎり。

お昼時に到着。券売機に・・・思いっきりありますね変態ボタンが。・・・いつ押すか?今でしょ!えいやっ、と購入。
ラーメン神よ、初訪のお店でデフォを頼まずパンティーラーメンを頼む焼きおにぎりをお赦しください。
空いている席に座って待ちます。店内はとても混んでおります。地元の人気店のようですね。
店内はお客さんなどの写真だらけ。フレンドリーなタイプのお店のようです。常連さんも店主さんと楽しくお話をしております。

そして待つこと10分ほどで丼着。うわわ、見本写真と寸分違わないですよこれ。お隣のお兄さん方のなんとも言いがたい視線が忘れられません。
震える手で写真を撮り、パンティーをはぎ取り、バッグにしまい、そして丼を見ると、具材もとても卑猥に仕上がっておりました。あわわ・・・。写真は撮りましたがとてもRDBには載せられません。
ではいただきます。
ふむふむ・・・スープは二郎系のお店にしてはスーパーライト級な豚骨醤油ですね。背脂もまあまあ浮いておりますが、カエシも少なめでとってもあっさりしております。
このメニューだけの特別仕様なのかな?とも思いましたが、お隣のお兄さん達のデフォを見たところスープの色が全く同じでしたし、
そもそもこちらのHPでも万人向けにするためにあっさりと仕上げているということなのでこれがデフォスープなのでしょう。
でも個人的にはこういうスープも食べやすくて好きです。
麺はなんと二種類入っておりますね。幅広平打ち麺と中太縮れ麺です。二種の食感がモギュモギュと楽しめて、これは面白いですね。量もたっぷり250gぐらいに感じました。
具材は二郎っぽくモヤシとキャベツの山が。なんだか少し水っぽく感じました。
さて・・・まずはその・・・、太いウインナーがあります。先っぽから内部に向けて深く穴があいており、そこにチーズが流し込まれておりますね。
なので先端からチーズがドロリと溢れ出ております。ひい。なぜチーズを入れたのかは不明ですが、ウインナーとチーズの相性は良いですね。
ウインナーの付け根部分には、どんな意図かわかりませんが茹で玉子の黄身みたいなのが2個鎮座しております。
かぶりつくと、茹で玉子の黄身がちょっと固くなって、パサ感が少なくなったようなお味です。ああ、キンカンですねこれ。つまり玉子の黄身ですね。
全くもって謎ですが、更に付け根の部分にはとろろ昆布が添えられております。ちょっとこれは存在感薄かったかもしれません。
むしゃむしゃ食べ進むと、丼の底からなぜかおいなりさんが出てきました。1mmも理解できませんが、かぶりついてみると中から豆板醤系の味で味付けられた辛い何かが出てきました。味変アイテムだったのですね。
全体的にピリリと味が引き締まり、最後まで飽きることなく完食です。
退店後、路上でパンティーをふと取り出してみたら、手がなぜかベットリ。
!?と思ってよく見ると、先ほどのチーズがパンティーにたっぷりこびりついていたのでした。戦慄するほどのリアリティ。
南越谷駅のトイレでパンティーを洗っていたのはこの私、焼きおにぎりです。

1000円しますが、このぶっちぎりの突き抜けたオリジナリティ感、素晴らしいですね。
ぜひRDBの皆様方もこちらを召し上がってください。お願いします。
次回また近くに寄った際はデフォか神龍を食べさせていただきたいと思います。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(麺半分):600円」@ラーメン二郎 大宮店の写真大宮にまたもやって参りました。ちょっとお目当てのお店も他にありまして・・・でも二郎の気分も捨てがたい。なのでここは連食にしましょう。二郎でミニラーメンにすれば大丈夫ですよね。
夕方の部開店前から並び、開店時には15名ほどの行列。さて券売機で・・・あれっ?ミニラーメンが無い!いきなりラーメンです。やめちゃったんでしょうか・・・。
うーむ、仕方ないのでここはラーメンの麺半分でお願いおにぎり!すると店員さんの顔に驚きの表情が。うん?そんなに珍しい注文でしたかな・・・?
座って待ち、店員さん達がロットの確認読み上げすると、ロットのほとんど全員が大!どうなってるんでしょうか大宮の人達の食欲は。

そしてコール。ヤサイニンニク。丼着・・・。何これちっちゃい!丼が普通のラーメン屋さんの丼・・・。そしてそんな丼にすっぽり収まるかわいい量。
あれ?私以前こちら訪問したけどこんなんでしたっけ?ふむむ?いただきます。
うん、普通に二郎です。
スープは今回は乳化しておりません。完全非乳化です。表層の油がかなり分厚い。これはちょっとダイレクトにはスープを飲めませんね。でも出汁もカネシもばっちり効いていて美味しいですよ。
麺は太ちょい平麺。今回はしっかりとコシがあって美味しゅうございます。やっぱり二郎は個人的にはカタメの麺が好きですね。
それにしても量が少ない!2口ぐらいモグモグしたらもう半分ぐらい無くなっておりました。
豚さんはロース巻きみたいなのが2個。分厚く、肉質がしっかりしております。良い存在感。が、ちょいパサめ・・・。
ヤサイはヤサイコールしましたがかなり少なめ。やはり麺半分にする輩はヤサイなど増すな!というメッセージでしょうか・・・。でも茹で加減はナイスでシャキシャキ美味。
すいすいすーっと食べ終え、トップオブロットで完食。二郎食べてお腹余裕なんて初ですね!次なる目的地までGOGO。

おうちに帰るまでず~っとクエスチョンマークだったのですが、RDBを見たら「ミニラーメン」→「ラーメン」、「旧小ラーメン」→「大ラーメン」、「旧大ラーメン」→「特大ラーメン」になっていたのですね。謎は全て解けた・・・!そりゃミニラーメンの更に麺半分なんて頼めば店員さんもあうあうしますね。
なるほど、これなら初心者とかが何も分からず普通のラーメン頼んで撃沈する確率もグッと減りますね。ナイスアイデア。
ま、100g未満の二郎を食べたということもまた一つの良い思い出となりましたです。
では次回はいきなり特大ダブルマシマシで!(無理)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚狼煙らーめん:730円」@狼煙 〜NOROSHI〜の写真全都道府県の各1位のラーメン屋さんを制覇するのが目標の焼きおにぎりですが、
ま、どう考えても無理なので、せめて関東だけでも制覇しようと・・・埼玉1位のこちらへ向かうのでした。
土曜のお昼時に到着。超行列が・・・と思いきや、意外にも店内2名待ち。これは訪問しやすいですね。
さてさてこちらはつけ麺がフラッグシップのようですが・・・ラーメン派の焼きおにぎりはラーメンを!中華そばと濃厚狼煙らーめんとがあるようなので当然後者を!
食券を提出して待ちます。・・・店内は猛烈に暑い!南国に空間転移したかのような、突然の暑さです。
店員さん達の接客や掛け声もとても威勢がいいです。これがきっと暑さの原因でしょう。
なんだか工事現場みたいな音が聞こえる・・・と思ってたら、なんとスープの寸胴を電動ドリルみたいなのでブイイイインとかき混ぜておりました。か、かっこいい・・・。

8分ほどで着席。その後5分ほどで丼着。いただきます。
うむふむ、美味しいですね!超濃厚ドロドロ豚骨魚介。豚骨の重厚さ、魚介とのコンビネーション、魚粉のザラ感、溢れる旨み。とみ田の中華そばと同じような味です。六厘舎は・・・もう・・・。
似たようなベクトルのラーメンは結構他にもありますが、やはり美味しいものは美味しい。
麺は太角ちょい平打ち麺。モチモチッとしていてコシも十分。たまりませんね。
チャーシューはかなり厚切りのバラ肉が一枚。これがまた肉質がしっかりとしつつも柔らかく脂の旨みが頬を緩めます。
ほぐしチャーシューも嬉しいですね。スープをたっぷり吸ったこのグショグショ感がたまりません。ごはん注文すればよかったです!・・・ごはん、メニューにありましたっけ?
極太メンマはちょっと筋っぽくてゴリゴリッと固かった・・・。やや残念。
終盤はお酢をちょっぴり投入してスパッと完食完飲。大満足でございます。

埼玉1位も納得のお味・接客でございました。
もっと他の気になるメニューも食べてみたいのですが、いかんせん私の射程距離外過ぎるので・・・またいつか縁があれば。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「動物ゼロ煮干そば:550円」@麺処 遊 蕨店の写真今回は蕨ラーメンツアー!ということで勢い勇んで遠い遠い蕨まで向かう。
お昼時に到着。お目当ての評判の良い豚ラーメン 蕨店へと向かう・・・も、ガッチリと鋼のシャッターが下りておりました。年中無休って言ってたじゃないか!
気を取り直してラーメンばんぶる 蕨店へと向かう・・・も、「仕込中」の看板とシャッター。年中無休&11:00~深夜までの通し営業って言ってたじゃないか!一番お客さんが来る時間帯に何を仕込んでいらっしゃる!?
気力を奮い立たせて究極豚骨 豚野郎へと向かう・・・も、お店が消滅しておりました。どこにも閉店なんて書いてなかったじゃないか!おのれ・・・。
・・・と思いましたが、どうやら大変なことがあったようですね。http://kanto.machi.to/bbs/read.cgi/kanto/1174105094/l50
仕方ないです・・・。

さようなら蕨。何も食べずにUターン。脳内DBで検索。そういえば西川口に「伊藤」系列「遊」の支店がありましたね。そこ行きましょうそうしましょう。
西川口で降り、大きい道路をお店に向かって一直線。結構歩きます。道中にはいかがわしいお店がたくさん!疾風のように駆け抜ける焼きおにぎり。
10分ほど歩いて到着。大きい看板でわかりやすいです。入店。店内は暗いし先客はいないし店員さんもいない(!)で、なんだか寂しいお店・・・。やってるのかな?
とりあえず券売機が動いているので何にしようか選ぶ。普通の中華そばにしようかな・・・ん?下のほうに「動物ゼロ煮干そば」というのがありますね。面白そうです。これにしましょう。
買って厨房を見ると、店員さんがカウンターの下からニョキッと出現しました。眠そうです。

さて待ちます。待ちました。7分ほどで提供。いただきます。
お、これはなかなかですね。確かに動物ゼロの名の通り、煮干しと魚介系の味が主役となっております。
浮かぶ液体油も皆無。穏やかな水面です。実にキレのある醤油味であっさりさっぱりとしつつも、物足りなさはあまり感じさせません。どことなく貝の風味も感じます。グッジョブです。
麺は低加水細ストレート麺。他の伊藤系列のように、そんなにボキボキしてませんね。少し柔らかめの茹で加減。まあ良いのではないでしょうか。量は130gほど。
お肉が無い・・・。まあ動物ゼロですから致し方なし・・・。でも半味玉はありました。玉子が動物にカウントされるかどうか、世論に委ねます。
細切り生姜もありますね。生姜の風味が合う・・・かどうかは微妙なところ。とりあえず爽やかな芳香でございます。
あとは海苔とネギぐらいですね。彩り。
サックリと食べて完飲。退店時には店員さんは再びカウンターの深部へと消えておりました。

ということでとても淡麗あっさり魚介でございました。
ちょっとやっぱり個人的には動物さんがいないと満足感が足りなくなってしまいますが、これはこれで食べやすくてとても美味しかったです。
値段もお手ごろですし、近所にこういうお店が一軒あると嬉しいですね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば:700円」@つけめん102 大宮店の写真またも写真リベンジ、ということで訪問。
まずは食券を・・・。前回私がいただいた担々つけ麺は友人に任せ、今回は油そばを注文。TETSUの油そば、楽しみです。
昼時で待ちも5名ほど居ましたがタイミング良く席が空きすぐに座れました。

しばらく待ち・・・提供。ふむふむ、タレは最初からかかっておらずに別の器に用意されるんですね。
ではではタレをどばっとかけ・・・うっ!背脂の量がハンパじゃない・・・!ものすごい脂量のダレです。
混ぜに混ぜていただきます!うん、醤油タレがくっきりしつつこってりしていて美味しい、のですが、なんだろう?この微妙な物足りなさ感は・・・?
そう、なんだかまったり感が無いというかあんまり深みの無い味というか・・・。脂がたっぷりなのにどうも後を引くような濃厚さが無いです。
玉子が無いからかな?黄身を投入するともっと好みの味になるかもしれません。いや、全体的に美味しいんですけどね。
具材は揚げねぎ・もやし・カイワレ・たまねぎ・チャーシュー等。ニンニクがデフォで結構入っているのでご注意を。
麺は太平打麺。よくタレと絡んでGOOD。歯応えは柔らかめ。量は200gとのことですが結構多く感じました。背脂パワーが満腹中枢を刺激?

酢を入れたりなんだかんだで楽しく完食しましたが、脂過多で少々具合が悪くなってしまいました。
試される御方は体調万全の時にトライしてみてください。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】 冷やしまぜそば:800円」@ジャンクガレッジの写真前回写真を消失した悲しみを乗り越えて再度大宮へ。
また0:00近くの訪問・・・。こんな時間のジャンクはまさに体をジャンク化。
今回はかわいい女店員さんが!やるじゃないかジャンクガレッジ。

前回の私の注文と同じのは友人に任せ、今回はまぜそばでも頂こうかな・・・と思い券売機を見ると、期間限定新メニューがあるではありませんか。注文。
10分ほど待ち、「辛さは1辛から3辛まで選べますが?」と女店員さん。え、辛いメニューなんですか。辛いのは得意ではないので1辛で。
その後コール。今回は私が今まで経験の無い「全マシ」にトライしてみよう、ということで「全マシ!!」と高らかに注文。
すると女店員さん、冷やしまぜそばはニンニクのみのトッピングなんですよ~と苦笑い。悲しい。ニンニクのみコール。

生き恥を晒しつつも出てきたのはごちゃごちゃしていますが美味しそうな一品。いただきます。
うん、これはなかなか。レタスやマヨネーズがたっぷりなのでサラダうどん(ラーメン)のような感覚ですね。
しかしそれでいて醤油タレが濃厚、脂もたっぷりなのでサッパリ爽やかなどといった感じはまるでなく、重厚の極み。でも美味しいです。
具材は海苔・玉ねぎ・レタス・ピクルス(ザーサイ?)・べビースター・フライドオニオン・マヨネーズ・かつおぶしなど盛り沢山で楽しいです。
ニンニクがどこにも見当たらなかったような・・・?丼の底にわずかに沈めたのかな。
辛さはといいますと、確かに醤(ジャン)系統の辛味を感じますね。辛いのに弱い私は結構ピリ辛に感じてしまいました。3辛とかにしなくてよかった。
麺は他のメニューと同じ極太縮れキャラメル麺。水で締めているだけあって歯応えは更に強力で美味しかったです。
あっという間に完食。大にすればよかった。

カロリーもとんでもなさそうですが、総じて美味しく楽しくいただけました。
10月末までの結構長めのメニューですので皆様もゆっくりお試しください。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件