なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷やし中華並400円」@博多天神 新橋2号店の写真新橋にて出張があり、業務が終わったので腹ごしらえです。12時45分頃に入店で、店内は7割程度の入りでした。お客さんは多いですが、回転が速いので例え待っていたとしても直ぐに座れます。口頭で注文。冷やし中華をお願いしたら、普通でいいの?と聞き返されました。冷やし中華を注文する人は大体が大盛で頼むそうです。昨年までは大盛無料だったようですが、今年からは大盛は500円になってしまいました。また替え玉は設定が無いそうです。沢山食べたいのであれば大盛、またはもう一杯注文するようになってしまいます。

 2分ほどで登場!

 スープ:冷やし中華なのでスープは基本的には殆どありませんが、皿の下のほうに少しだけ残っているスープをすすってみると、酸味と醤油の塩気が丁度良くて美味しいです。これぞ冷やし中華と言う感じ。ちなみに酸味は冷やし中華としてはやや控えめです。

 麺:麺はいつもの極細麺ではもちろんなくて、全く違ういわゆるヒスイ麺でした。緑がかった色合いで、中細い縮れた平麺でした。麺量は並盛だと少なめでしたが、100グラムと言うことはないと思います。もう少しありそうでした。弾力がかなりあり、冷やし中華にしては硬めでした。また他のお客さんが店員さんと話していた内容を聞いてみると、どうやら冷やし中華の硬め注文が出来るそうです。

 具:刻んだキュウリ、玉子、モヤシ、マロニー風、紅ショウガ、チャーシュー1枚、マスタードなどが彩りよく乗せられていました。キュウリとモヤシは量多めでした。玉子は錦糸卵のようですが、それにしてはやや太めでした。マロニー風の白くて細い何かも乗っていましたが、これが何なのかわかりませんでした。細い春雨?紅ショウガについては卓上に幾らでもあるので増量は自由です。基本の量だとやや少なめです。マスタードは脇に少しだけ添えられていました。チャーシューについては、いつものパサついたチャーシューです。

 卓上の調味料のうち、ゴマは最初から投入。ニンニクは後から入れてみましたが、きちんと混ぜないと辛くなってしまいます。辛子高菜はもっと辛いので入れる量には注意!コショウは邪道かと思いましたが、入れてみるとスパイシーになり新たな可能性を見出したような感じ。ラーメンタレは入れませんでした。

 400円の並サイズだとやや量が少ないです。味は全く問題なく、昔食べた人の意見で「締めが甘いのでぬるい!」と言う話もあったので気にしていたのですが、そんなことはありませんでした。ただし「こりゃあ冷えてるー!」とまでは冷たくなってはいませんでした。冷やし中華は中華料理店、ラーメン店でよく見かけますが、基本的に700円以上とやや割高なので、400円で食べられるというのは破格の安さだと思います。例え大盛無料が無くなったとしても、まだまだ安いと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「冷やし坦々麺630円(クーポンで530円)」@餃子の王将 柏松ヶ崎店の写真新聞折込のチラシにて餃子の王将柏店のチラシが入っていました。その中に「麺類100円引き券」が入っていたのでそれを使うべく行ってきました。平日金曜日お昼のランチタイム時間帯に行ったらかなり混雑していました。カウンター席が満席だったので座敷席に通されました。後から後からどんどんお客さんが入店してきました。。。本来4人以上で使用する座敷席にぽつんと一人・・・気まずいです。早速メニューを開いてみると、涼を誘う冷やしメニューがありました。この日は連続猛暑日記録を更新するとかしないとかと言う程の猛暑。最高気温35度に達しようかと言う暑さの中、流石に広東麺だとかちゃんぽんだとかと食べて汗だくになってしまうのは嫌だったので冷やしにすることに。冷やし坦々麺がピリッと辛くて美味しそうだったので、冷やし坦々麺に決めました。

 注文から5分ほどで登場!

 スープ:スープは通常のラーメンと比べても少ないです。ゴマの風味のあるクリーミーな白っぽいスープで、少しだけラー油由来の辛味が加わっています。最初は甘みが強く、後になってちょっとだけ辛味というイメージです。味そのものが結構濃い目の味付けで、これがそのまま熱々の坦々麺スープにしてもかなり美味しそうです。

 麺:いつもの「王将麺」であろうと思われます。麺量はやや少ないですが、夏バテ気味の身体には丁度良い量。120グラム程度でしょう。最初に茹でてそれから水で締めているようですが、冷やし中華の麺と比べると少しだけプニプニ感、グミっぽさがありました。ひんやりしていても美味しいです。

 具:トマト一切れ、ネギ、白髪ネギ、きゅうり、白ゴマ、コーン、ひき肉など。ひき肉は甘辛く味付けがしてありました。ひき肉もひんやりしています。白髪ネギはシャキシャキ感がありますが辛味は付いてません。トマトやきゅうりは素材の味がそのままという感じ。特にきゅうりは切り方がやや大きめに切られていて、パリパリと本当にきゅうりそのものです。コーンは甘みを引き立たせてくれました。

 冷やしメニューはやや手間がかかるからなのか、少しだけ値段が高めでした。量もスープが殆ど無いのでやや少なく感じます。味は温かいメニューと比べてそん色ないというか、いやもっと美味いんじゃないかと思う位です。他店の冷やし坦々麺を食べる機会が殆ど無いので比較が殆ど出来ないのですが、ここの冷やし坦々麺はやや甘みのある、クリーミーでマイルドなスープ・・・タイプでした。美味しかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「焼きラーメン700円(ポケパラで大盛り無料)」@KENZO Cafeの写真福岡旅行の直前、ラーメンデータベースで調べていたら、博多区では2番目の人気店だということで気になっていました。なんでもここは焼きラーメンがあるとのこと。焼きラーメンは中洲周辺の他のお店にもあるので、もしかして中洲あるいは博多周辺の名物??更に地域の無料情報冊子ポケパラにもクーポンがあったので、こりゃあいいやと入店を決めました。同行していた友人もイイネ!と同意してくれたので、元祖中州屋台ラーメン 一竜 川端商店街本店の直後に入りました。お腹はだいぶ膨れていましたが・・・・。

 入店すると、1階のカウンター席は満席でした。2階席ありますか?と聞いたらあるようで、2階席へ。2階席は比較的広く、1組のお客さんが楽しそうに飲んでいました。後から別のグループも入店してきたりして、居酒屋としてはそこそこ繁盛しているようです。700円の「焼きラーメン」を注文して、ポケパラ特典の大盛りをお願いしました。大盛りが800円の「でぶや焼きラーメン」なのか、それとは別のものなのか、よく分かりませんでした。

 注文から10分程度で登場!

 スープ:焼きラーメンはいわゆる汁なしでした。ただし油そばやまぜそばとは全く違ったもので、焼きうどんだとか焼きそばだとかに近いです。豚骨ベースのタレがかかっていました。タレの部分を絡めないと、やや味が淡白です。

 麺:麺は一般的な博多豚骨ラーメンの麺を使用しているようです。焼きだからなのか、やや硬めでした。麺量は大盛りにしているのでかなり多く、200グラムくらいありそうでした。お腹いっぱいになりました。。。

 具:生卵、ベビースターラーメン、ニラ、豚ばら肉、キャベツなど。生卵とベビースターラーメン意外は焼きそばの具材そのものです。生卵はそのまま放置したら熱でやや固まってきますが、途中でほぐすと今度は逆に固まりつつある状態でちょっと変な状態に。完全に茹でられるまで待つか、すぐにほぐしてバクバク食べるかした方がよさそうです。豚ばら肉は程よい柔らかさとジューシー感があり、キャベツもシャキシャキして良い感じでした。ベビースターラーメンは単調になりがちな麺の食感に違った食感を与えるもので、これがあるとないとでは結構違うなという印象です。個人的にはもっと多い位でも、それこそ一袋全部入れてしまっても良いかもしれません。

 ステーキ用の鉄板皿に乗せられて来るのも雰囲気出てて良いです。ランチタイムはお皿での提供らしいので、やっぱり来るなら夜かイイですね。その他居酒屋メニューもかなり豊富で、普通のラーメンもありました。お腹一杯になりながらも、何とか完食しました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(期間限定)冷やしラーメン750円」@魁力屋 柏市役所前店の写真友人が「たまには魁力屋に行こう」と言うのでちょい久しぶりに行きました魁力屋。市役所前店に来るのはかなり久しぶりですが、最近は草加店やら成田街道店やらに行っているので、魁力屋自体はそれほど久しぶりという感じでもないです。夏のメニューとして冷麺や冷やしラーメンというのがあり、どちらかにしようかと思っていたのですが、結局冷やしラーメンにしました。

 6分ほどで登場!

 スープ:あっさりとした醤油スープでした。冷たいので油&脂などは極力少なめにしているようです。にもかかわらず脂多めで頼もうとしてしまいました。。。スープは通常のラーメンよりも少なめ、その為かレンゲが付いていません。後で飲んでみるとあっさりしたスープは、昔山形で食べた山形冷麺のスープにそっくりでした。かぼすを絞るとかぼすの柑橘系の香りがほんのり付いて、味に風味と上品さとさっぱりさが加わってまた美味しくなりました。後入れの調味料は余りやらない方が良いとは思いますが、敢えてやるならばラー油やお酢はまだいけます。

 麺:通常のラーメンで使用されている麺は細麺ですが、冷やしラーメンの麺は平麺でした。やや柔らかめでちゅるっとした食感。もちろん冷たく、焼肉店の冷麺にかなり近い感じです。美味しいのですが、量が少ないのですぐになくなってしまいました。

 具:半分カットかぼす、大根おろし、メンマ、ねぎ、チャーシューなど。チャーシューは薄めではありますが4枚も入っていました。大根おろしがさっぱり感を増幅させてくれ、後味の良さに一役買っています。ねぎは通常量では物足りない人は備え付けのビンよりいくらでも入れられます。

 あっさりさっぱり、つるっと食べられる夏にはぴったりの一品だと思います。ただし値段の割りに量が少なく、これだけでは正直なところ満腹になるには程遠いです。夏バテ気味で小食な人向けのメニューだという印象です。また最後はスープに卓上の調味料を片っ端から入れまくり、そこにネギを入れて食べたら美味でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件
73
このレビューは移転前のものです。

 友人に勧められて二人できました。今回は「麺普通、油多め、味濃いめ」で頼みました。さらにトッピングで千切りキャベツ(30円)とキムチ(50円)を頼みました。

 個人的には、ここのラーメンはあんまり好きじゃないのですが、キムチを入れることで味がよくなりました。また、千切りキャベツもなかなかいい感じでした。

 基本的なラーメンに対して、いろいろな加工を施せるのがこのお店のよい点かなと思います。お好みに応じて、いろいろ変えてみるとよいですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件
このレビューは移転前のものです。

 ラーメン二郎は松戸店しか行った事がありませんでしたが、神保町店に「二郎2回目」としていってみました。

 松戸店と比べて、あまり大きな違いはありませんでした。やはり量が多く、麺は太く、野菜も山盛り・・・。

 柏にある「角ふじ」というお店。麺の量は250gあり、また渋谷にある「やすべえ」でも440gのつけめんなどを完食できた自信が、私の足を久しぶりの二郎へと向かわせたのですが、結果は芳しいものではありませんでした。

 意地で全部食べました。スープまでは飲み干せませんでしたが、麺も野菜も、その姿を確認できないまで食べ切ることは出来ました。が、このとき私は「こなきゃ良かった」と後悔しました。というよりも、頼み方を「野菜少なめ」とだけ頼めばよかった。ニンニクだとかアブラだとかカラメだとか、そういうこと言わなきゃ良かったなぁと。

 松戸店は、普通に頼むと味が薄味になります。神保町店でも同じようなノリで「アブラ」や「カラメ」を頼んだのですが、すると逆に味が濃すぎてしょっぱくなり、辛くなってしまいました。

 二郎グループは、「呪文」と呼ばれる独特の注文方法があり、それにあわせて注文します。自分のスタイルに一番合った注文方法を確立し、その上で注文しなければ、この店は危険すぎます。私の感想としては、仮にそういう注文方法で注文したとしても、今回の採点が揺るぐ事はないかなと思いました。

 どうも私は「ラーメン二郎」そのものよりも、「二郎インスパイア系」の方がおいしいと感じてしまったようです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 いつもは普通に醤油を頼むのですが、今回は趣向を変えて塩麺を食べてみました。

 塩味のラーメンをラーメン屋で食べる事自体が珍しいのですが、ここのラーメンの方向性を失わず、それでいて塩味という稀有なラーメンが出来上がっていました。

 塩加減は微妙なさじ加減をクリアしていて、スープもおいしいです。麺は他の麺と同じで太くてボキボキ。モヤシもうまいです。

 個人的には、塩よりも醤油の方が好きでしたが、これはこれで良かったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 15件

 開店記念で半額だった時に行きました。かなり並んでいました。ラーメンとねぎラーメンが同じ値段だったのでねぎラーメンをチョイス。通常はねぎラーメンが150円増しだったか・・・どちらも同じ醤油ラーメンです。

 麺は中太麺で、真っ直ぐ伸びたストレートな麺でした。スープはもうごっつ普通な醤油ラーメンのスープで、パンチもなんもありゃしないなぁ〜という感じ。ねぎは結構入っていましたが、スープに浸して食べると意外と軽く食べ終わってしまいました。

 個人的にはあまりにも普通すぎ、これは微妙かなと言うところです。量もどちらかと言えば少なめでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 前回の採点と同じ日、友人が頼んだのが「味噌らぁ麺」でした。私も3分の1くらい味見をしたので、その採点をします。

 特製醤油らぁ麺も味噌らぁ麺も700円でした。スープはかなり濃く、野菜も大きめに切っていて、札幌味噌ラーメンを連想させます。スープは魚のスープをこちらも使用していて、濃い中にもあっさりとした味わいがあります。

 醤油と比べてみて、私も友人も味噌のほうがずっとおいしいとの結論に達しました。どちらが店のオススメかはわかりませんが、私は味噌をオススメします。

 また、この店はお昼の営業時間中はランチタイムサービスということで、通常630円の醤油らぁ麺に100円相当の味付玉子、310円相当のワンタン小皿、また100円相当の小ライスが無料となって890円です。他のらぁ麺を頼むことも出来、例えば味噌の場合は890円に差額(70円)がプラスされ、960円となります。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

 開いているときといない時があるお店で、なかなか行くチャンスがなかったのですが、今回まんをじして行ってきました。

 通常は醤油らぁ麺(630円)ですが、それは鶏がらスープで細めんだそうです。特製醤油らぁ麺は700円しますが、こちらは中ふと麺で魚のスープです。

 食べてみるとかなりあっさりでした。スープの出来はかなりいい感じで、麺との相性もよいです。ただしあくまであっさりなので、私の感覚からしたら物足りませんでした。

 また、特製醤油らぁ麺にはチャーシューがついてきますが、これが非常に柔らかく、口の中でホロホロととろけてむちゃくちゃ美味でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件