なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺280円+税」@大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん 柏店の写真大衆ジンギスカン酒場”ラムちゃん”が柏にオープンし、柏祭りの日に友人たちと5名で行ってきました。柏祭り&土曜日の16時15分の来店で、店内は既に半分以上が来店している状態でした。奥の席に案内され、色々説明を受けます。今回は「角ハイボール60分飲み放題」をドリンクとして、ラムちゃんセットを料理のベース(1名ずつ注文しなければならない)として、その後足りなかったらフードメニューを追加注文するスタイルで食べ飲みする事になりました。

 終盤、〆のつけ麺を食べる事にしました。280円+税で、お湯に浸った麺だけが鍋に入って登場します。それをつけ汁に付けて食べるスタイルです。

 注文から数分で登場!

 スープ:つけ汁はプレーンな状態で店員さんが人数分持ってきてくれます。そこにおろしニンニクを入れたり、レモン汁を垂らしたりして味を調整し、焼いたラム肉や野菜を浸して食べて行く内につけ汁に味が染み込んで・・・・これに麺を浸して食べると、想像以上に「普通に美味しい!」です。醤油っぽいスープのベースですが、そこに様々なエキスが入っているので、結局のところ”その他”のスープです。

 麺:麺は細縮れ麺で、スーパー等で売られている細縮れ麺、もしかしたらジンギスカンの本場北海道でよく使われているタイプの麺かもしれません。登場して直ぐに食べると麺がまだ硬く、しばらく置いてから食べると麺が丁度良い塩梅に。これは好みで分けると良いかと思います。

 具:麺を入れた鍋には麺以外には何も入っていません。つけ汁にはおろしニンニク、レモン汁、刻みパクチー(ラムちゃんセットに付いていた)などが入っています。ラムちゃんセットを頼んだならば、ラム肉やタマネギを具材と同様に見做したとしたら、1000円を越える高級つけ麺って事になってしまい・・・・・(汗)

 同じ”ご飯類”の白飯が200円+税なので、使い勝手の良さや値段そのものを比較したら、大人しくご飯を食べていた方が良かったかもしれません。しかしこの「ジンギスカンのタレで食べるつけ麺」の美味しさは一食の価値ありです。ほうじ茶でタレを割ってスープ割として頂けて、それがまた絶妙な美味しさ!癖になる美味しさでした。ちなみにご飯の”ほうじ茶漬け”もメニューにはあります。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ごまらーめん918円(柏・我孫子ランパス11で540円)」@民芸風らーめん いなほ 本店の写真柏・我孫子ランチパスポートVOl.11にて、民芸風らーめんいなほさんが掲載されていたので行ってきました。こちらのお店は過去何度もランパスに掲載されているのですが、行ったのは初めてです。行ってみると、いつも行くはま寿司さんから近くでした。

 平日11時33分頃の来店で、店内は先客が6名でした。開店直後で結構お客さんが入っています。お店は土足禁止になっていて、座敷席と掘り炬燵の席とがありました。全てテーブル席で、大テーブルを複数グループで利用していました。

 ランパスを提示したらスタンプを押してもらい、待つ事8分程度で登場です。

 スープ:げん骨、鶏がら、昆布、鰹節でとったダシに、特製ごまペーストのタレが合わさったスープで、飲んでみると非常にバランスの良い、さっぱりながら濃厚な味わいのスープでした。白湯系スープのようでいて、飲み口は清湯系の味わいで、絶妙な味加減でした。これはタンタン麺にしても良さそうです。ごま辛口らーめんというメニューがあるので、これは気になります。

 麺:外の空箱に”菅野製麺”とありました。菅野製麺製であるようです。かなり細い麺で、やや縮れた麺でした。いわゆる”柳麺”と呼ばれるようなタイプです。加水率が高いのか、プチっとした食感がありました。麺量は多すぎず少なすぎない量で、150グラム程度かなと思われます。半麺は100円引き、大盛りは100円増しで出来るようです。ランパスでも大盛りは対応しているようですが、半麺もやってくれるかどうかはわかりません。

 具:小松菜、ねぎ、ひき肉など。小松菜はやや多めに入っており、ねぎは薄く切られていて少しだけでした。ひき肉はスープの底の方に沈んでいましたが、引き出してみると結構多めに入っています。

 誤解を恐れずに言えば”和風坦々麺”の辛くないバージョンって感じでした。ダシの味がしっかりと出ており、それでいてごまペーストのカエシもしっかりと効いていて、味わいはあっさりなのにずっしりと重みを感じました。完食して満腹になるのはダシがしっかりと出ているからかなあなんて思いました。しかしそれだけ手間をかけているからか、お値段はやや高めでした。その分点数としてはやや低めになってしまいましたが、味は確かです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾ラーメン650円&ニンニクチャーハン730円他」@中国台湾料理 味仙 今池本店の写真2019年春の青春18切符で行く名古屋・三重旅行の初日、今回は一人旅ではなく、友人たち5人で行くグループ旅行です。土曜日17時半頃の来店で外待ちが15名くらいでしたが、開店直後だったので続々と入店していって、殆ど待つ事無く入店できました。店内では既に食べているお客さんもいました。17時半開店と言っておきながら、17時15分頃には開店していたのかもしれません。

 注文は勿論台湾ラーメン!それと以前他店で食べて美味しかった”ニンニクチャーハン”も注文しました。更にビールと麻婆豆腐も頼んでいます。

 注文から3分程度でビールと麻婆豆腐、ニンニクチャーハンが登場!その後2分程度で台湾ラーメン登場!

 ニンニクチャーハンのレビューはこちら:https://chahandb.supleks.jp/review/1226363.html

 スープ:もちろん辛い!かなり辛く、5名中スープまで飲み尽くせたのは2名だけでした。しっかりと辛いので、辛味が苦手な人は勿論ですが、多少得意な人でも辛味を感じられると思います。もちろん辛味だけではなく、ダシやタレもしっかりと出ていて、それ自体がラーメンのスープとして美味しいです。雰囲気としてはさっぱり系、精湯系の坦々スープに近い雰囲気でした。

 麺:麺は細くてストレートやや縮れタイプでした。麺自体もなかなかの美味しさで、コシがあって小麦の味わいもありました。全体量が少ないので、麺量もそれほど多くは無いようです。130グラムくらいなのかなと思われます。

 具:ひき肉、ニラ、モヤシ、唐辛子の欠片など。唐辛子は鷹の爪状ではなく、もっと細かく刻まれていました。ひき肉の量は多め、ニラもやや多めに入っています。モヤシは少しだけでした。これぞ台湾ラーメン!と言った感じでした。

 丼が小さい!登場して先ずそう思いました。食べてみると結構辛くて、水を頼んだら大き目のボトルが置かれたのも納得でした。味自体はまあまあ美味しいのですが、サイズを考えるとあんまりお得感はありませんでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「沖縄そば小200円&ポーク卵おにぎり150円」@琉風 タクシープール店の写真2019年2月の沖縄旅行の最終日、最後の沖縄めしはこちら、琉風タクシープール店です。ゆいレールの那覇空港駅から階段を下りて大通りに挟まれた歩道を歩いて、交差点を渡った向こう側にタクシープールがあり、そこの奥にお店があります。那覇空港駅からは450メートルくらいですが、信号1個あるので徒歩7分程度かかります。

 12時20分頃の来店で、店内は先客が1名ほど、店員さんは1名でした。券売機で食券を買いますが、おにぎりなどはカウンターに置いてあるそれが現物だそうです。沖縄そば小200円とポーク卵おにぎり150円、350円の昼食です。那覇空港から成田までの3時間の空路、成田から柏までの1時間ちょっとの鉄路、これで耐えられるかどうか・・・。

 沖縄そばは3分程度で登場!

 スープ:ややあっさりとしたスープですが、カツオダシが入ったあっさりながらもしっかりと味のある、沖縄そばらしいスープでした。沖縄そばの標準的な味わいです。

 麺:200円なので小さいかと思ったら、それほど小さくなくて驚きました。従って麺量も思ったより多めでした。ゆでる前の量で120グラム程度かなと思われます。太さや食感など、ごくごく普通の沖縄そばのそれでした。

 具:青ネギ、紅しょうが、三枚肉1枚など。これぞ沖縄そば!そんな内容です。三枚肉はややパサ気味ですが脂身も入っていてトロッとして美味いです。三枚肉はどの店でもしっかり美味いです。本土のラーメンのチャーシューはたまにスープのダシを取りすぎて、出涸らしのようになってパサパサな時があるので、三枚肉の安定した美味さにはホッとします。

 200円でこんなにちゃんとした沖縄そばを食べる事が出来るなんて!激安ラーメンとしては、東京にある”フォーラムめん”の朝ラーメンが160円で安くていいなと思っていましたが、こちらは通常価格で200円。その安さには感動すら覚えました。

 ポーク卵おにぎりについては、普通のおにぎりよりもずっと大きなおにぎりで、食べ応えがかなりありました。中には豚味噌のようなタレが練りこまれていて、単なるポークと卵ってだけではない事も魅力です。

 那覇空港では文句無く最安値だと思います。弁当は400円で空港内にはもう少し安い弁当も売っていましたが、こちらで弁当を買うと汁物が付いてくるようなので、こちらの弁当にアドバンテージがあります。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「定食C500円(南天そば)」@南天の写真2019年2月の沖縄旅行の三日目、この日は朝からゆいレールの一日乗車券を買い、首里城や県立博物館への観光を行いました。こちら県庁地下1階の食堂はお昼として利用しました。

 13時20分頃の来店で、店内はガラガラでした。席数が300席もあるので、意外と混雑していないのかもしれません。県庁内の食堂ですが、職員だけではなく一般でも利用できます。ただし県庁が開庁している平日しか利用できません。値段が安く国際通りからも近いので意外と穴場です。観光に際しては、14階の展望室とセットで利用するとより楽しめそうです。

 何を頼むか少し悩みましたが、定食AとBはそれぞれ売り切れでした。カレーか沖縄そばか定食Cか・・・定食Cは”南天そば”などとあります。なんだそりゃ?と気になったので定食Cを頼む事にしました。内容は、沖縄そば(ソーキそば?)、ニンジンシリシリ、ポークと卵、ご飯のセットになります。券売機で食券を買い、食券を受け渡し口の店員さんに渡して待ちます。

 待つ事2分程度で登場!

 スープ:南天そばですが、沖縄そばとスープ自体は同じであるようです。ややあっさりながらしっかりとカツオダシが入っていて、これは普通に美味しいです。前日利用した平和園そばよりもスープの味は濃いような気がします。

 麺:麺は太めで歯応えがしっかりしていました。麺量はさほど多くはないですが、ご飯やポークと卵が付いてくるのでこのくらいで丁度良いくらいです。沖縄そば定食にはポークと卵が入らないので、沖縄そば定食の方が麺量自体は多いと思われます。

 具:紅しょうが、青ネギ、軟骨ソーキのような肉など。軟骨ソーキは柔らかな軟骨などが入っていて、トロヤワプリな食感で非常に美味しいです。お肉の量も多く、これはお得です。

 ポークと卵は小さめで、ご飯は普通のお茶碗サイズ。ニンジンシリシリは小皿に少しくらいでした。全部食べてお腹一杯になりました。またサラダ用のドレッシングやコーレーグース(島唐辛子を泡盛とお酢で漬けた液体)もあったので、入れてみました。これもまた美味いです。

 カレーライスとカツカレーが同じ値段で不思議に思いましたが、カレーライスはコロッケが付いてくるようです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「沖縄そば定食850円」@平和園そばの写真2019年2月の沖縄旅行の二日目、この日は朝からレンタサイクルを借りて南部方面へとやってきました。地元の千葉とは違いかなり蒸し暑いです。途中にあったマックスバリュでドリンクを買って飲みながら、90分くらいかけて平和記念公園に到着。平和記念資料館を見学して、12時頃にお昼として利用しました。先客ゼロのゼロポジションです。店員さんはおじぃとおばぁでした。

 注文は、沖縄そば定食にしました。沖縄そばは500円、ソーキそばは650円ですが、定食だと850円で天ぷらなどが付いてくるようです。

 待つ事5分弱で登場!意外と早かった・・・。

 スープ:かなりあっさりとしたスープでした。カツオダシのスープで、ラーメンと言うよりも、関西風うどんのおつゆに近いです。沖縄そばはこれまで何度か食べていますが、その中でも薄い方でした。

 麺:ややエッジの効いた角ばった麺でした。なんとなく食感が微妙で、茹で過ぎだったのかもしれません。麺量は150グラムあるかないか位かなと思われます。

 具:かまぼこ、ニンジン、ネギ、紅しょうが、三枚肉1枚など。なぜかニンジンが入っていて、よく煮込まれていて柔らかでした。紅しょうがはそば全体の味にアクセントを添えてくれています。三枚肉は最高の出来とは言えませんが、及第点を付けられるそれなりの味わいでした。

 沖縄そばに関して言えばちょっと残念だったかなという感想を抱きました。しかし天ぷらは熱々で、漬物やもずく、ご飯などもあって定食としてのボリュームは十分でした。片道18キロ、帰りも18キロくらい走るので、このくらいしっかり食べてカロリー摂取するくらいで丁度良かったです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「天ぷらえきそば320円(タイムサービス価格)」@えきそば 姫路駅店の写真2019年正月の青春18切符で行く西日本旅行の二日目、山口県の岩国から一気にここまでやってきました。時刻は16時55分くらいで、ギリギリタイムサービスが利用できます。昼食を食べていなかった事も有り、お腹が空いていたので喜び勇んで購入です。券売機で食券を購入し、店員さんに食券を提出します。

 食券提出から10秒くらいで登場!

 スープ:スープはおそばのおつゆを使っているそうです。このお店はおそばの発売が無く、うどんは売っているので”うどんのおつゆ”です。おつゆ自体は関西風の味付けで、あっさりと、それでいて滋味深い味わいでした。中華麺との組み合わせは初回こそ違和感がありましたが、3回目となった今回は「これはこれで美味い」の境地にまで到達できました。

 麺:中華麺ですが、なんとなくそばよりの中華麺のような気がします。ややぼそでやや縮れています。太さは中細いタイプで、麺量は120グラム有るか無いかくらいかなと思われます。120グラムが1玉だとすると、大盛りで180グラム、特盛で240グラムになろうかと思われます。うどんが250グラムで460円なので、値段のバランスとしては、中華麺やや優位であるならば適当な料金設定です。

 具:ねぎ、天ぷらなど。天ぷらは関西スタイルの天ぷらで、衣が沢山入っていて具があまり入っていません。具が何なのかもイマイチ分かりませんでした。えび天が入っているようではありますが、分からないままでした。

 ちょっと不思議な味わいですが、慣れて来ると癖になるような味わいでした。大盛りは40円+で1.5倍になるので、ある程度お腹を膨らませたい時は大盛り、または特盛、それか170円のサイドメニューを食べるのも良さそうです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「天ぷらえきそば大盛400円」@えきそば 姫路駅店の写真友人と青春18切符で姫路までやって来ました。この日は岡山まで行く予定ですが、次の列車まで時間があったので、こちら姫路の”えきそば”で軽く腹ごしらえをする事にしました。大阪方面から播州赤穂行きの新快速がホームに入線し、下車したホームを少し歩いたらありました。上り線と下り線でそれぞれ店舗があるようです。店内はホーム駅そばの標準的な広さ。全て立ち食いカウンターでした。券売機で食券を購入しますが、通常が360円で天ぷらかきつね。大盛が400円で天ぷらかきつね。特盛が500円で天ぷらかきつねです。通常が麺1玉だとして、特盛は麺2玉と明記されていますが、ならば大盛は間とって麺1.5玉と思われます。ならば・・・40円増しで麺1.5玉の大盛が最もお得と言う事になりそうですが・・・特盛りになると他に具材が増えるとか、なにかあるのかもしれません。色々と謎です。

 食券提出から15秒で着丼!

 スープ:スープはそば・うどん用のダシつゆで、関西風の昆布や炒り子などを使ったダシだと思われます。ラーメンのスープにするにはかなりあっさりしていて、かん水が入った中華麺に近い麺とは微妙にアンバランスな気がしないでもないですが、このアンバランスさも含めてご当地名物として面白い味わいでした。

 麺:麺はそばくらいの細さの麺で、ラーメンだとしたら中細縮れ麺と言った印象です。食感や味わいもラーメンと言うにはそば寄りな印象でした。殆ど小麦粉で作ったうどんのような”駅そば”に、かん水を混ぜて作ったらこんな味わいになるだろうと思うような、独特な麺でした。やや粉っぽい味と塩気がありますが、これはこれで美味いです。
 
 具:青ネギ気味の刻みネギと天ぷらが1個。刻みネギの雰囲気は駅そばのそれに限りなく近いです。天ぷらは”関西風天ぷら”で、衣が殆どで小さな丸まったエビが数尾埋め込まれていました。ぽってりとした天ぷらで、水分を多分に吸っているのにもかかわらず箸で持ち上げても崩れませんでした。

 味については賛否分かれる味ですが、400円でこの量が出てくるならば満足です。360円の通常サイズと比べて、丼からして1.3倍くらいの大きさになっていて、スープの量もその分多くなっていました。美味そうな”鶏天”と”牛蒡磯辺揚げ”は人気だったのか売り切れていました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「まぜそば700円(イベントにて100円)&特製餃子350円」@麺屋ひぶたの写真フェイスブックにて、麺屋ひぶたが開店2周年を迎えるに当たってラーメン&まぜそばの4種類を100円にするというビックなイベントを企画している事を知りました。土曜日のオープンから限定200食!こりゃあ行かねばと言う訳で友人を誘って行って来ました。オープン35分前くらいに行ってみると、既に10人以上が並んでいました。これだとオープン直後の入店ではなく、その次になるかなと目算しつつ、開店まで友人とラーメン談義。そろそろこってりらーめん 誉も開店記念祭りをやるだろうなんて話をして(12月6日終日開催・・・メニューが500円に)いるうちにオープンとなりました。最初の8名くらいが入店して、その次のご案内でした。11時15分には案内されました。

 注文はまぜそば(通常700円)で、そして折角なので特製餃子350円も追加しました。通常の250円餃子は食べているので特製を選びましたが、本当は”ひぶた丼”や”ネギ丼”の方が食べたかった・・・のですが、まぜそばには”追い飯”が付いてくるとの事だったので、ライス&ライスはまずいだろうと餃子に。

 特製餃子のレビューはこちら:https://gyouzadb.supleks.jp/review/1032073.html

 注文から7分程度で登場!

 スープ:まぜそばなのでスープは殆どありませんが、普通に麺を食べると最後に40CCくらいのスープが残ります。そこに”追い飯”を入れるとおじやみたいなリゾットみたいな感じになって、最後まで美味しく頂けるという寸法です。タレの味としては、基本は醤油ベースの味わいで、生卵が入っているのでかなりマイルド。お好みでニンニク&ラー油、お酢などを好きな按配で入れてくださいとアナウンスがありました。ニンニクを大量、ラー油も多めに、お酢も2回しくらい投入して、最後にはブラックペッパーまで入れてしまいました。基本的な味はそのままで、より濃厚な味わいに。この味、かなり美味いです。

 麺:麺は中太い角ばった麺で、やや縮れていました。麺の風味や食感はかなり良かったのですが、麺量が少なすぎる・・・この量に対しての追い飯無料なのかと納得しました。恐らくラーメンのひと玉と同じ量をまぜそばのひと玉にしているようです。この辺りはタレや具材との絡みもあるので何ともいえませんが、もう少し多くないとお腹膨れません。。。。

 具:メンマ数本、青ネギ、刻み海苔、鷹の爪入りひき肉、生卵1個など。見た目は台湾まぜそばのようですが、本場台湾まぜそばと比べると辛味がかなり抑えられている印象です。生卵が入っているので全体的にマイルドな方向性になります。メンマはしっとりとして味が染みていて、柔らかな食感でかなり好きな味でした。他の具材はまぜまぜするので殆ど無くなってしまいます。 

 味としてはかなりおいしい部類に入ると思います。しかし量が少ないです。追い飯が付いてもお腹一杯にはならず、男性ならば大盛で注文するくらいで丁度良いかと思われます。まぜそば大盛、追い飯付き800円なら悪くない値段かと思います。

 帰る頃には行列は70名近くまで膨れ上がっていました。殆どが家族連れで、地元の人ばかりのようでした。都内の有名ラーメン店なんかの行列とは違って、ヒーローショーの行列みたいでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「沖縄そば500円(るるぶFREEクーポンでゆし豆腐付き)」@どん亭 牧志店の写真沖縄旅行最終日です。最後の日は8時半頃にチェックアウトして、9時にオープンする博物館に行くまでの間に朝食をとどん亭さんへとやってきました。このお店は沖縄県内に3店舗、ほか神奈川県などにも店舗があるチェーン店で、基本は牛丼屋さんのようです。牛丼屋さんだけれども、沖縄なので沖縄そばもあると。そして何故かるるぶFREEにてクーポン券が掲載されていたので、こりゃあお得だといって来ました。

 店内は奥に長く、カウンター席やテーブル席などがあります。かなり簡素な作りで、学園祭の飲食店みたいです。券売機で食券を購入し、カウンター席に座ると店員さんが水を持ってきてくれたので、そこで食券とクーポン券を提出しました。クーポン券の内容は「お食事の方はゆし豆腐(100円相当)サービス」だそうです。

 3分程度で登場!

 スープ:今回沖縄では4回の沖縄そば、1回のミニ沖縄そばを食べました。その中では一番魚介の味が強く出ていました。スープ自体は清湯っぽいあっさりとしたスープで、スープと言うよりも「魚介のおつゆ」みたいな印象です。このままラーメンのスープとして転用したら「あっさり魚介豚骨スープ(カエシ超薄め)」って感じになりそうです。

 麺:麺は太い縮れ麺で、平打ちでした。今回食べた中では最も縮れていて、カップ麺の沖縄そばみたいでした。麺量はやや多めで、朝のまだ胃が十分に活動を始める前の身体にはややきつい量です。。

 具:ネギ、かまぼこ2枚、三枚肉(ソーキかも)2枚など。他に卓上の調味料ボトルから紅しょうがをお好みで入れられます。ネギの量はやや多め、かまぼこはかなり薄く切られていました。むしろこれだけ薄く切る技術が凄い。三枚肉は赤身も脂身も適度にある非常にトロッとした柔らかいお肉で、トロトロでかなり美味いです。このお店の別メニューで「軟骨ソーキそば」があるので、このお肉はソーキではないのかもしれませんが、県外の人間なのでイマイチ分かりません。。。。

 クーポンのサービス品であるゆし豆腐はやや塩気があり、通常食べている内地の豆腐とは違いました。こちらも美味しいですが、これを沖縄そばに入れたらどんな味がするんだろうと気になりました。今度沖縄に来たときは、ゆし豆腐そばも試してみたいと思います。このお店はあくまでも牛丼店でチェーン店の雰囲気でしたが、決して侮れないレベルでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件