なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね
このレビューは移転前のものです。

「ラーメン並500円」@赤のれん節ちゃんラーメンの写真福岡旅行の最終日最後の食事です。ラーメンデータベース、他旅行ガイドなどで評判の良かったこちらに行くことにしました。昔からあるお店のようです。平日17時頃に入店。店内は奥に長い雰囲気で、ラーメン店というよりも中華料理店のようでした。先客は2,3名で、後から観光客とおぼしきお客さんが入ってくるなど、地の利を生かした経営をしているようです。メニューはさまざまありましたが、ラーメン並で注文しました。

 注文から3分ほどで登場!

 スープ:やや濃い目のドロッとした豚骨スープでした。長浜ラーメンよりも久留米ラーメンのイメージに近いドロッと感です。味はかなり無骨な味で、甘みはなく個人的にはもう少し甘みがあるほうが美味しいかなというところ。またスープ量は結構多かったです。

 麺:ストレート細麺ですが、もしかして平麺?な麺でした。麺量は並なのでさほど多くはないのですが、食感は良かったです。硬さを聞かれませんでしたが、食べ始めはやや硬めでした。

 具:ネギ、メンマ、チャーシュー2枚など。紅しょうがやゴマ、ニンニクなどは卓上にありました。チャーシューはトロッとしていて柔らか、美味しかったです。

 創成期の頃からあるようなラーメンでした。豚骨ラーメンのいかにもなイメージですが、その分正統派という感じ。もう少し甘みがあれば食べやすいかなと思いましたが、これだけでも十分美味しかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「玄瑛流ラーメン750円」@麺劇場 玄瑛の写真天神の近くにかなり実験的なお店があると知り、行ってみました。ラーメンデータベースでもかなり人気店だということで並ぶことを覚悟していたのですが、平日のお昼過ぎに行ったら意外にも空席があり、すんなり入ることが出来ました。スタジアムを表現した独特な座席で、ラーメンを作っている姿を眺めながら、ラーメンが出来上がるのを待つことが出来ます。メニュー表から何を食べるか少しだけ悩みましたが、値段が安いので玄瑛流ラーメンに決定。お店の人は「ラーメン」と言ってました。

 注文から4分程度で登場!

 スープ:見た目は豚骨ラーメンのようです。お品書きには「マー油」の香りとスープの旨み・・とありました。マー油の香りが香ばしさを出していて、なんとなく熊本ラーメンの「味千ラーメン」に似た風味が。スープはかなり濃くてドロッとしているのですが、味わいは意外とあっさりしていました。やや温度はぬるめでした。豚骨の臭みはまったくなく、最後はペースト状のざらっとした何かが残っていました。これが何なのかはよく分からなかったのですが、豆乳のような、ゴマのような味わいでした。

 麺:手打ち麺らしいです。細麺で博多ラーメンのような雰囲気。豚骨スープともあいまって、このラーメンはいわゆる博多ラーメンというか、ご当地のラーメンに近づけた味わいになっているようです。食感は手打ちらしい、小気味良い歯ごたえがありました。麺量はちょっと少なめ、100グラムくらいかと思われます。

 具:白髪ネギ、ネギ、チャーシュー1枚、キクラゲ、海苔一枚など。白髪ネギのシャキシャキとした食感が麺と絡んで美味しいです。また辛味はまったく付いていませんでした。チャーシューは柔らかでこちらもなかなか美味です。

 高級感を感じさせるようなラーメンでした。お店の雰囲気もちょっと上品でおしゃれ。女性客に受けそうな感じです。ただしラーメンの量が少ないので、学生や二郎系が好きなタイプの人にはやや厳しいかもしれません。また、タマゴかけごはんを注文しているお客さんがかなり多くいました。イメージは「味千ラーメンを上品にして濃くしたような味」でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「焼きラーメン700円(ポケパラで大盛り無料)」@KENZO Cafeの写真福岡旅行の直前、ラーメンデータベースで調べていたら、博多区では2番目の人気店だということで気になっていました。なんでもここは焼きラーメンがあるとのこと。焼きラーメンは中洲周辺の他のお店にもあるので、もしかして中洲あるいは博多周辺の名物??更に地域の無料情報冊子ポケパラにもクーポンがあったので、こりゃあいいやと入店を決めました。同行していた友人もイイネ!と同意してくれたので、元祖中州屋台ラーメン 一竜 川端商店街本店の直後に入りました。お腹はだいぶ膨れていましたが・・・・。

 入店すると、1階のカウンター席は満席でした。2階席ありますか?と聞いたらあるようで、2階席へ。2階席は比較的広く、1組のお客さんが楽しそうに飲んでいました。後から別のグループも入店してきたりして、居酒屋としてはそこそこ繁盛しているようです。700円の「焼きラーメン」を注文して、ポケパラ特典の大盛りをお願いしました。大盛りが800円の「でぶや焼きラーメン」なのか、それとは別のものなのか、よく分かりませんでした。

 注文から10分程度で登場!

 スープ:焼きラーメンはいわゆる汁なしでした。ただし油そばやまぜそばとは全く違ったもので、焼きうどんだとか焼きそばだとかに近いです。豚骨ベースのタレがかかっていました。タレの部分を絡めないと、やや味が淡白です。

 麺:麺は一般的な博多豚骨ラーメンの麺を使用しているようです。焼きだからなのか、やや硬めでした。麺量は大盛りにしているのでかなり多く、200グラムくらいありそうでした。お腹いっぱいになりました。。。

 具:生卵、ベビースターラーメン、ニラ、豚ばら肉、キャベツなど。生卵とベビースターラーメン意外は焼きそばの具材そのものです。生卵はそのまま放置したら熱でやや固まってきますが、途中でほぐすと今度は逆に固まりつつある状態でちょっと変な状態に。完全に茹でられるまで待つか、すぐにほぐしてバクバク食べるかした方がよさそうです。豚ばら肉は程よい柔らかさとジューシー感があり、キャベツもシャキシャキして良い感じでした。ベビースターラーメンは単調になりがちな麺の食感に違った食感を与えるもので、これがあるとないとでは結構違うなという印象です。個人的にはもっと多い位でも、それこそ一袋全部入れてしまっても良いかもしれません。

 ステーキ用の鉄板皿に乗せられて来るのも雰囲気出てて良いです。ランチタイムはお皿での提供らしいので、やっぱり来るなら夜かイイですね。その他居酒屋メニューもかなり豊富で、普通のラーメンもありました。お腹一杯になりながらも、何とか完食しました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「おつかれさまセット980円(ラーメン&ビール&焼き鳥5本)」@元祖中州屋台ラーメン 一竜 川端商店街本店の写真福岡旅行の二日目、友人と早い夕食と言うことで来ました。時刻は午後5時を少し過ぎた頃で、夏至の頃なのでまだまだ昼間の明るさです。入店して、メニューから「おつかれさまセット」をチョイス。更に”ポケパラ”の特典である「餃子無料(3個)」をお願いすることにしました。まずおつかれさまセットですが、こちらはビールにラーメン、焼き鳥5本が付いてきて980円になります。このお店はラーメンは基本580円、ビール380円、焼き鳥5本はおまかせ5本盛りが450円となり、1410円なので430円もお得です。そこから更にポケパラの餃子3個なので、餃子は通常4個200円。1個当たり50円で150円相当になります。なんだかかなりお得な感じですが、そんなお得な特典があるのに店内はガラガラでした。さびしいです。

 先ずは焼き鳥と餃子を食べながらビール。後でラーメンを出してもらいました。

 餃子のレビューはこちら:http://gyouzadb.supleks.jp/review/784221.html

 スープ:比較的濃い目の豚骨スープでした。長浜ラーメンのようにさらっとしておらず、ドロッと系で個人的には結構好きなタイプです。また背脂が少し入っていて、甘みもありました。上のほうの層は油のようですが、クドさは全く感じませんでした。

 麺:博多ラーメンの細麺。麺は硬さを聞かれましたが、友人が「粉落とし」と言ったのに通じず。友人は衝撃を受けていました。私は硬めで注文。程よい硬さでこちらも良い感じ。また麺量は普通の豚骨ラーメンと同じ位でそれほど多くはありませんでした。通常のラーメンは替玉は10円で食べられるそうですが、おつかれさまセットで替玉したらいくらになるかは未確認です。流石に10円にはしてもらえないと思いますが・・・謎です。

 具:チャーシュー2枚、青ネギ、キクラゲなど。ラーメンタレや白ゴマ、ニンニク、紅しょうがなどが置かれているので味の調整可能です。キクラゲは細く切られているタイプです。博多ラーメンのキクラゲはこのタイプが殆どです。

 ラーメンとしては、子供向け、あるいはチェーン店の味っぽいところもありますが、なかなかどうしてかなり美味でした。やや濃いめのスープ、味もやや濃いめで良かったです。また食べたいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「海苔ラーメンコンビ(餃子セット)450円」@博多ラーメン はかたや 川端店の写真福岡旅行二日目。この日は朝からラーメンを食べにはかたやまで来ました。はかたやはこれで3回目になります。店の前ののぼりに「朝ラーしませんか」なんて書いてあって、なるほどそういう戦略なのかと思いながら入店しました。ちなみにこのお店の前には、うどんのウエストが24時間営業しています。入店すると、キャバクラ店の店長&ボーイ数人&キャバ嬢風が1人、ビール飲みながらくだまいてました。キャバ嬢風は疲れきって寝ていました。時間は朝の8時過ぎです。早速注文します。麺の硬さを聞かれました。普通と答えてます。海苔ラーメンセットは、海苔ラーメンと餃子が5個入ったセットです。ラーメンは基本290円、餃子は基本8個250円。餃子1個当たり31円。5個にすると155円位です。ラーメンに海苔代を加算して、餃子5個と合わせて・・・と考えると、450円という値段は割引率としては微妙です。海苔2枚、がいくらに当たるのかが割安感を左右します。海苔トッピングがないので、この当たり分かりにくいです。

 餃子のレビューはこちら:http://gyouzadb.supleks.jp/review/783999.html

 なんて考えながら、注文から2分後には登場!

 スープ:あっさりとした純正豚骨味です。甘みが比較的強く、濃度はさほどではないですが、薄いと感じる程度でもありません。博多付近で食べられるご当地麺としては、長浜ラーメンなのか久留米のそれに近いのかで分かれますが、長浜のそれにちかいです。夜、飲んだ後に食べるなら、または朝ラーとして食べるなら、丁度良い味付けではと思いました。前回よりも食べたときの印象がずっと良いです。

 麺:博多ラーメンらしい細麺。細さはかなり細く、博多ラーメンの中でもより細い方だと思います。麺量は少なめ。普通の硬さなので最初はごく普通の食感。時間が経つとかなり柔くなってきます。前日は元祖 長浜屋で「なま」を頼んだら粉っぽさが出てしまいましたが、流石に粉っぽさはありませんでした。

 具:海苔2枚、ネギ、ぼろぼろチャーシューなど。写真に写っているゴマ&紅しょうがは実は後から入れているので、最初は入ってきません。ゴマも紅しょうがも、ニンニクやラーメンタレなどなど入れ放題です。後でラーメンにニンニクを入れたら、ニンニクの風味とコクが出てまた美味しさが変化しました。これもありだと思います。

 450円でラーメンに餃子も食べられるのはお得。しかも時間を選ばないので、非常に重宝します。餃子も不恰好でしたが、美味しかったです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン400円(べた・なま)&替玉100円」@元祖 長浜屋の写真友人と福岡にやってきました。友人はお昼にラーメンを希望。もちろんラーメン!しかも長浜ラーメンで一番の人気店に行こう!と誘って行ったのがこちらです。地下鉄赤坂駅から少し歩き、友人いわく「いつ着くの?」と若干疲れつつあるタイミングで到着です。日曜日お昼ごろの到着で、店内は満席、更に券売機の前には行列が。しかし回転は速く、すぐに席に通されました。券売機には、残念なことに7月より値上げの張り紙が。注文時私は「べた・なま」で注文。友人は「粉落とし」と言おうとしたら、店員さんから「なま」で注文を通されてました。「粉落とし」はどうも関東でしか通用しないのか?と友人はやや焦り気味でした。

 注文から3分程度で登場!

 スープ:「べた」で頼んでいるのでかなり油が乗ってます。油といえば山岡家ですが、山岡家とは油の方向性がややちがい、同じ油でも多少さっぱりした油でした。また油の量もこちらのはスープを覆うかな程度で、もの凄く多くはありません。しかし豚骨に油なので、結構コッテリ感が増します。スープはややあっさり目の豚骨スープですが、イメージしている長浜ラーメンのスープよりはやや濃い目。スープを飲んでみると(レンゲがないので直接丼から飲むしかない)、あっさりなんですがなんとも言えない深みがあり、思っている以上に深い味わいの豚骨みたいです。やや甘みがありました。

 麺:麺は細麺で、豚骨ラーメンとしてもかなり細いほうだと思われます。「なま」での注文なのでかなり粉っぽく、また硬さはもうがちがちで筋張ってます。時間が経つと麺はほぐれますが、それでも粉っぽさは抜けませんでした。また麺量はかなり量が多く、1玉150グラムくらいあるんではないかと思います。替玉したら、もうお腹いっぱいで気持ち悪くなりました。。。

 具:基本的にラーメンに入っている具材は、青い部分の多い万能ネギと、かなり柔らかくほぐすことが出来る豚肉など。肉はもうちょっと固まっていたらチャーシューのようになるのでしょうが、それをぼろぼろっとほぐしたような感じ。というよりも「豚ばら肉をチャーシューのように加工した肉」と言ったほうが良いかも?です。他にはゴマ、紅しょうが、ラーメンタレが入れ放題です。

 替玉したときも「なま」で頼んでしまいました。もうこれでお腹いっぱい。スープもがんばって飲み干しましたが、スープかなり美味かったです。値上げは残念ですが、また行きたいお店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「激辛高菜ラーメン390円」@博多ラーメン はかたや 川端店の写真中洲で遊んだ帰り、そろそろ帰ろうかと歩いていたら偶然発見しました。21時を過ぎて、静かになったアーケードを歩いていたからこそ、この目立つ看板が更に目を引いたのかもしれません。最初は視界に入らなかったのに、目の端にふっと赤い看板が。なんだろうと見てみたら、ラーメン屋であり、しかも・・・ラーメンが290円!?こりゃあいいやと入りました。入店してみるとカウンターのみの店内で、券売機などはないようです。座席は15席くらいありましたが、ほかのお客さんは2,3人位です。何を注文するか少しだけ迷いましたが、そう言えば今日はラーメンをもう2杯も食べているのに、高菜ラーメンを食べたっけ?と思い出し、高菜ラーメンにすることにしました。やや酔っていて、激辛!の文字に惹かれたというのはあります。

 注文から3分弱程度で登場!

 スープ:ややあっさりしたスープでした。長浜ラーメンのあっさりしたそれでしょうか。卓上にラーメンタレや紅しょうが、ゴマ、ニンニクなどがあり、濃い味が好きな私は早速それぞれを投入。

 麺:基本的な細麺だと思います。今回はそう言えば麺の硬さを聞かれなかったような?恐らく言えばその硬さで作ってくれるでしょうし、言わなければ基本になるんだと思います。

 具:青ネギ、チャーシューが2枚、高菜など。高菜は有料になるくらいなのでかなり量が多いです。お店によっては高菜壺があって高菜は取り放題のお店もありますが、こちらはそうではないようで、高菜に関しては無料でも・・・なんて、セコイ事考えてしまいました。チャーシューは薄めでボソっとしたチャーシューでした。九州でトロ系のチャーシューって滅多に出てこないですね。

 何よりも値段が激安!餃子も結構安い!と来れば、ビールと一緒に!なんて出来そうです。ラーメンに餃子とビールを頼んで丁度1000円くらいでしょうか。お店にいるときは忘れていましたが、このお店の系列店に過去行ったことがあることを、あとで思い出しました。また博多に行ったら是非行きたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「さくらラーメン350円(バリカタ)」@さくら亭の写真青春18切符で観光。新宮町を歩いていたら、やや道に迷ってしまいフラフラ。しかしそのフラフラが思わぬところでこんなお店を発見させてくれました。何より道を歩いていたら「ラーメン350円」なんてあるんですから、首都圏でラーメン350円なんて幸楽苑か日高屋か・・という訳で、その値段に心惹かれてしまい。即決で入店!店内はお昼をやや超えた時間ですが、それなりにお客さんは入っていました。人気の度合いが伺えます。券売機で食券を買うよう求められ、早速購入。店員さんに手渡します。すると麺の固さを聞かれたので、反射的に「バリカタ」をお願いしました。

 2分弱で登場!

 スープ:値段が安いのでそれほど期待はしていませんでしたが、なかなかどうして結構いい感じでした。長浜ラーメンのような感じ?でスープは豚骨としてはやや薄め。さくらラーメンというのは、普通のラーメンと違いニンニクが入っているようです。

 麺:麺は細麺です。博多豚骨というのは、他の地域のラーメンよりも当然細麺なのですが、その中でも太さ細さがあるようです。今回は博多ラーメンとしては丁度まんなかか、またはやや細めか、そんな感じでした。バリカタでしたがそれほどボキボキな硬さではありませんでした。麺量はやや少なめに感じました。んまあ、博多ラーメンは替え玉上等ですが。

 具:海苔一枚、青ネギ、チャーシュー1枚、キクラゲなど。その他卓上に胡麻や紅しょうががあり、写真は胡麻&紅しょうがを入れたバージョンです。もちろん無料です。チャーシューはかなり大きめですが、やや柔らかくそこそこのレベルでした。

 このお店、地元では結構有名なのか、テレビの取材なども来ているようです。また大食いチャレンジなども行っているようで、こちら非常に興味あります!注文時、実は油の多めもできたようで、あー失敗した!と思いました。その辺りはまた次回、やってみたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン690円&オスカランの酸味50円」@一蘭 小倉店の写真青春18切符で旅行に行きました。この日は小倉にて一泊。小倉駅近くのネットカフェにお泊りです。翌朝8時過ぎに店を出て、お腹が空いたので朝ごはんでもしようかなと思いうろうろしていると、ああそういえばこのあたりに一蘭が・・・あった!千葉県民なのに小倉の地理に明るいというのも変な話ですが、一度通っていたので知っていた一蘭にすんなりと到着。24時間営業なのでバリバリ営業中なので、少し迷いながらもここ数年来行っていないこともあり、たまには行ってみよう&やっぱり発祥の地福岡県で一蘭!と言う訳で入店を決意。券売機を見ると、オスカランの酸味というトッピングが50円で売られていました。なんぞや?と興味を持ったことと、関東の一蘭よりも値段が安かったこともあり、オスカランの酸味も試してみることにしました。入店すると久しぶりの「味集中カウンター」ああ懐かしいなと思いながらも、やや異様な雰囲気に呑まれそうになりながら着席。早速オーダー表の記入にはいります。

 オーダー表に記入をして、店員さんを呼んでオーダー表を渡してから30秒程度で登場!

 スープ:今回は「超コテ」「ニンニク2片」などとやっているのでかなり味は濃いです。しかしこの「超コテ」が果たして何を意味するのか、実はよくわかっておりません。カエシが強いのか、または油を大量投入しているのか?なんとなく油の層があったので、これはカエシ&油ではなかろうかと推測。しかしいつもこの頼み方なので、ほかの味を知らないというのがそもそも弱点としてあります。ほかの味を知ってさえいれば、超コテが何を意味しているのかわかるかもしれないのに・・・しかも、いつもこの頼み方をして、いつもやや気持ちが悪くなってしまうという悲しい事実もまたあり、今回もややそうなってしまいました。次回は超コテは外したいと思います。。。また、ニンニクについては「片」とありますが、固形物のニンニクは見当たらず、溶かし込んであるようです。「秘伝のたれ」は2辛にしてみました。最初、このタレを麺に絡めて食べたらうまかったのですが、スープに溶かしたらスープ全体が結構辛くなってしまいました。味としては豆板醤とか、そのあたりの味です。また一蘭の特徴としての「臭みのないスープ」は健在でした。豚骨はかなり濃いはずなのに、全く臭みを感じません。

 麺:麺は「バリカタ」で注文してます。その為か物凄いスピードで登場しました。しかし麺は最初は硬く感じるのですが、具を食べたりスープを飲んだりしているうちにあっという間に柔くなってしまいます。その分麺が細い・・通常細麺の博多ラーメンですが、その中でも更に細い麺を使用しているようです。一蘭も博多ラーメンであるからして、替え玉がそれこそ基本。麺量は少なく、100g程度と思われます。

 具:具材も「ネギ」「チャーシューの有無」を選べます。しかしネギは青ネギか白ネギか、または有りか無しかの違い、チャーシューも種類を選べるなどではないのであまり面白味はありません。チャーシューはかなり細く、なんだかボロっとしていてそれほどレベルは高い感じではありませんでした。

 別料金50円の「オスカランの酸味」ですが、黒酢か香酢か、そんなような味わいでした。単なるお酢や鎮江黒酢と比べると酸味はやや甘く感じます。豚骨ラーメンに酸味はどんな味になるんだろう?と思って試してみたのですが、それほど良い方向に化学反応したわけではないなと言うのが正直な印象でした。別にあってもなくても・・・こんなのが有料なの?と言うのが率直な思いです。

 やっぱり高い!博多豚骨と言えば、安さが勝負みたいなところがあるのに、ここのラーメンは普通のラーメン並かそれ以上に高く、それでいて量が少ないです。やや高級なラーメンだという印象なのですが、それに見合った味なのかといえば、意外に好み分かれるかなと思います。うーーーん、なんだかもうちょっとかな。。という感じです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン290円」@博多ラーメン はかたや 西新店の写真シーサイドももちにある福岡市博物館に行ったあとで、西新の駅まで戻ってきました。すると駅のそばに激安のラーメン店があったので、興味をもって入りました。時間的には小腹がすいた時間帯「おやつ」というようなイメージです。食券を買い、店員さんに手渡します。290円のラーメン、さて?

 2分ほどで登場!

 スープ:かなりあっさりした豚骨スープです。なんだか透き通ってすらいました。

 麺:細めんです。硬さを聞かれたときに「普通」でと答えておいたのですが、かなり柔らかな普通になりました。バリカタとか、コナ落としとか言っておけばよかったか・・・。

 具:ねぎ、チャーシューなど。チャーシューは柔らかいのは良いですが、かなり細いです。

 290円の激安ラーメンとしては全然問題のない代物でした。卓上には紅しょうが、ニンニク、柚子胡椒、胡麻、ラーメンタレ、ラー油、胡椒などがあり、自由に入れることでお好みの味になります。値段が安いのでその分薄いのかもしれませんが、なかなかどうして侮れないなと思います。また、辛子高菜は100円増しでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件