なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「嵐げんこつらあめん塩680円(クーポンでモヤシ無料)、脂多め」@らあめん花月嵐 茅ヶ崎西インター店の写真伊豆方面への1泊2日ツーリングの帰り、国道1号を東京方面へと走っている途中にあったのでお昼として寄りました。らあめん花月さんでは現在シールを集めて特典をゲットするキャンペーンを行っており、シール3枚集めると300円前後のサイドメニューが無料になるので、シールを集める為にも来店しました。

 平日13時半の来店で、店員さんは5名、お客さんは家族連れなど8名くらいの先客が。そして30分の滞在時間の間にも何人か来店があり、アイドルタイムに近い時間なのに結構賑わっていました。券売機で食券を買い、店員さんに提出します。その時に携帯クーポンを提示。トッピングが無料になるので「モヤシ」をお願いしました。そして”脂多め”が出来るかどうか聞いたところ「脂多めっですね~」と軽やかにコールを通してくれました。店員さんは丁寧に「脂多め」と漢字を使って食券に書き込んでいました。
 
 7分程度で登場!

 スープ:丼を見たところ、背脂はかなり沢山入っているようです。いわゆるチャッチャ系、環七系と言われる程の大量の背脂ではないものの、見た目に「おーこれは入っているなあ背脂」と思えるくらいの背脂量がありました。ただし、私はこれまで嵐げんこつらあめん塩味を食べた事がないので、これがデフォルトレベルなのか脂多めコールの結果この量だったのかは分かりません。また、普通と脂多めの差がどの程度なのかもわかりません。

 背脂量は期待通りだったのですが、スープはカエシもダシも薄いのかあんまり味がしませんでした。嵐げんこつらあめん専用の”ラーメンタレ”を投入し、更に”ニンニク””激辛壷ニラ””ブラックペッパー”などを入れてみたものの、根本的な味が薄いので劇的な変化はしませんでした。。。

 麺:中細いほぼストレートな麺で、微妙にカーブがありました。基本的にどのタイプのラーメンにもそこそこ相性が合う麺で、味も悪くないですが、なんにでも合わせられる便利さがある反面、どのラーメンとも抜群の相性とはならない、中途半端な印象もありました。味も良ではなく、不可でもない中途半端でした。麺量は150グラムって感じです。普通です。

 具:ネギ、メンマ、海苔1枚、半分カットゆで卵、チャーシュー2枚、トッピングのモヤシなど。公式サイトを見た限りではモヤシは通常版では入ってこないようです。モヤシについてはシナっとしていて生臭さ(モヤシ臭さ)があり、品質又は消費期限的に食用に耐えるギリギリのレベルでした。ネギはスープにちょっと浮いている程度。メンマはそこそこの存在感がありますが、モヤシの下に隠れてしまっています。半分カットのゆで卵は見たまんま。海苔は地味すぎ。チャーシューは感動するほどの薄さで、ネットでは「剃刀チャーシュー」の異名で呼ばれているそうです。

 スープの味が薄かったのと、モヤシの劣化が激しかった点以外はそれほど悪くは無いです。スープに関しては、前に嵐げんこつらあめん醤油味を食べた時はもう少し味も濃い気がしたので、今回はブレが出たのか、または塩味は元々こんな味だったのか・・・・・カエシの量が少なかったのか、ダシが煮詰まっていなくて薄かったのか、そんな所だと思います。

 シールはこれで2順目(キャンペーン期間中に一度3枚に達して餃子を無料で食べました)の2枚目なので、後1回行けばその次はサイドメニュー3種類のうち1品が無料になります。月末までにあと2回!1回は”俺の鶏そば2017”で決まりなので、あと1回分をどうしようか・・・悩む所です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン小690円(ヤサイニンニクアブラ)」@ラーメン二郎 横浜関内店の写真青春18切符で高尾山登山・・・からの横浜野毛山動物園・・・からの三菱みなとみらい技術館・・・からのニュースパーク新聞博物館・・・からのラーメン二郎です。本当はラーメン二郎 中山駅前店に行く予定でしたが、16時50分頃にニュースパーク新聞博物館を出て、とりあえず関内店も様子を見に行ってみよう!という話になり、17時4分に行ってみると誰も居なかったので並ぶ事にしました。その後直ぐに後続が接続し始め、17時10分には10名が、18時の開店頃には30名近くが並んでいるようでした(列の先の方は良く見えなかった)。金曜日は17時15分までに行けば1ロット目に入れるけれど、それ以降は2ロット目以降になる・・・今回はそんな結果が出ました。

 18時になったらすぐに開店。食券を買う前に店員さんより「ラーメンの種類と量」を聞かれました。その後券売機で食券を購入。ラーメン小690円です。また提供直前の「ニンニクどうしますか?」には「ヤサイニンニクアブラ」で返答しておきました。

 開店1時間前から並び、開店後7分で登場!

 スープ:美味い!ラーメン二郎はこれまで何軒か行っていますが、これまでで一番美味いスープ!醤油のタレの味が絶妙で、しっかりと味があるのですがクドさがないので二郎酔い(二郎を食べて気持ち悪くなる症状)になる気配が一切ありません!方向性としては非乳化で醤油のカラメが強めなのですが、甘味や旨味もしっかりとあって、それでいて重たさが皆無という、奇跡のような味わいでした。これなら全部いけそうだ!とスープ全部飲んじゃいました。

 麺:やや硬めの麺で、平打ちやや縮れた二郎標準の麺でした。麺は一般的な基準からしたらかなり太めで歯ごたえがあります。また小麦の風味もしっかりとあり、最後まで美味しく頂けました。麺はオーションという小麦粉を使っていて、店内で製麺しているようです。並んでいる間に店員さんがオーションの袋を店外に出してました。麺量は二郎の中ではやや大人しい量で、300グラム無いくらいでした。目黒店と同じくらいに感じました。

 具:具材はキャベツ、モヤシ、チャーシュー2枚など。アブラコールをすると塊に近いアブラ片が、ニンニクコールをすると刻まれたニンニクが投入されます。キャベツとモヤシの比率は、キャベツ2対モヤシ8くらいでした。二郎系の中では比較的キャベツ率が高いかなという印象です。茹で具合はクタタイプで、シナシナなので柔らかくて食べ易いです。チャーシューは1枚が大きめで厚みもあり、それが2枚も入るので量はかなり多いのですが、柔らかくジューシーなのでぺろりといけてしまいます。チャーシューの出来の良さも二郎屈指のレベルでした。

 ラーメンデータベースの二郎店舗の中でも屈指の高評価店!の前評判その通りでした。スープはあんまりサッパリいただけたので、逆に拍子抜けしてしまいました。これならば最後まで美味しく食べられそうです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤そば700円(大盛無料)」@麺場 浜虎 横浜店の写真2014年もGW突入!ですが金欠なので出かけることもままなりません。消費税も上がったし、しばらく地元中心になるかなあ・・・と思っていたら友人から「明日横浜行こう」とメール。たまには横浜に行きたいし、断るのも角が立つ。ならばと、久しぶりの横浜です。そしてこの店は、その友人の昔の職場の同僚よりオススメされたとの事で、友人いわく「かなり美味いらしい!」ならばと行ってみることにしました。祝日のお昼時、13時頃に店の前に到着するとかなりの行列。5人だったのでテーブル席が空くまでやや時間がかかり、30分くらい待ってようやく店内へ。食券は事前に購入しておいて、それを店員さんに手渡すときに「大盛」や「硬め」などの注文をするようです。

 「硬め」注文した友人が8分後位に登場。「硬さ普通」で注文したので12分後位に登場!

 スープ:醤油ベースでやや節系らしいスープでした。焦がしネギのようなものも浮いていて、スープを焦がしたような味わいもあります。醤油といってもいかにも”醤油!”と醤油感を主張しているのではなく、ベースは醤油だけれど、味はあんまり醤油味と言う感じではないです。なんともいえない絶妙な味わいで、なんだかめちゃめちゃ美味いです。

 麺:極太縮れ麺でした。麺量は大盛が無料で注文できるようなので大盛に。かなり量が多くなり、250gくらいありそうです。麺は食感がありますが、太麺なのに硬すぎず食べやすいです。

 具:海苔1枚、ネギ、メンマ、鶏チャーシュー3枚程度。具材はラーメンにはありがちな具材ですが、海苔はともかくとして、ネギもメンマも鶏チャーシューも歯ごたえがあり、スープとも良く絡んで美味です。メンマはかなり大きめですが柔らかく、ネギはやや大きめに切っていて歯ごたえを残し、鶏チャーシューは柔らかさが抜群でした。味は殆ど付いていませんでしたが、噂によると特別な調理法をしているらしいです。

 私の基本的な好みは「濃い味派!!!」なのですが、このラーメンは全く濃い味ではないし、どちらかと言えばアッサリしたタイプのラーメンですが、メチャメチャ美味かったです。友人は「コク醤」とか何とかを注文していましたが、味見したらかなり濃い味でこちらも美味です。個人的な好みの度合いで言えば「コク醤」の方が好きですが、どちらも非常に美味かったです。麺屋 一燈以来の「幸せを感じるほど美味いラーメン」を堪能しました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺630円(大盛無料)&餃子(半額150円)」@九州とんこつらーめん 武者がよか 日ノ出町店の写真友人と二人で横浜にやってきて、ラーメン二郎 横浜関内店にいくも臨時休業で空振り。それならと孤独のグルメで放送された第一亭に行こうとしたら、なんと火曜日は休業日になるという張り紙が。仕方なく日の出町駅方面に歩いていくと、駅のまん前にラーメン店が。友人は前日に豚骨ラーメンを食べていたので、あんまり豚骨は・・・というご指定があり、九州豚骨・・・・というのがややネックだったのですが、家系の豚骨醤油などもあるようで、それならということで入店となりました。私はつけ麺で、友人は豚骨醤油ラーメンにしました。また餃子が半額だったので、餃子も選択。

 餃子のレビューはこちら:http://gyouzadb.supleks.jp/review/798744.html

 待つこと8分程度で登場!

 スープ:鰹節が入っている「魚介系」でした。醤油ダレの味がかなり濃く、しょっぱさが強いです。魚介の風味はそんなに強くはなく、一応魚介、という程度でした。ちなみに魚介(鰹節)については入れないこともできるそうです。粘度はややありますが、ドロッとはしていませんでした。

 麺:やや太めのストレート麺でした。家系の店で出てくるような麺です。細麺にすることもできるそうです。やや固めですが家系っぽく、モチモチ感がなくぶちっとしたような食感がありました。大盛まで無料で大盛は300グラムとの事ですが、これがゆでる前の重量のようで、実際に出てきた茹で後の量は500グラムくらいありそうな量でした。630円の値段を考えたら、そんなに量は多くないだろうと踏んでいたので、いい意味で期待を裏切られました。

 具:スープの器の中には刻んだ青ねぎが、麺の丼には半分カットした半熟玉子、チャーシュー1枚、穂先メンマ、刻み海苔などが乗っています。シャキシャキ系の具材はありません。半熟玉子は特に味はついておらず、やや完熟に近いです。冷たい状態で乗っていました。穂先メンマは本数は少ないですが一本が長いです。チャーシューは柔らかめでした。

 スープ、麺、具それぞれは平均点以上ですが、どれも中途半端ではあります。しかし630円の値段でこれだけのクオリティがあれば、もう十分だとも思います。スープ割りもモチロンできたし、店員さんも愛想がよく、またビールと餃子のセットが1080円というのも見逃せないです。メニューも豊富なので、また行きたいお店です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「サンマーメン700円」@中華料理 青空の写真友人と横浜に行く予定ができ、ついでにご当地の名物を食べたい!という事になり、ご当地と言えばサンマーメンだ!というノリで行ってきました。神奈川県立歴史博物館を見学した後で、そこから最も近いサンマーメンを食べられるお店、で探したらこちらが出てきました。11時半過ぎに入店。店内は既に1名のお客さんと、後から5人くらいお客さんが来ていました。メニューは幾つかありましたが、青空タンメンと言うのがイチオシメニューのようです。一瞬迷ったのですが、やはりサンマーメンかなと初志貫徹してサンマーメン注文。ちなみに友人は「冷やし坦々麺大盛900円」を注文していました。

 6分弱程度で登場!

 スープ:サンマーメンは醤油ベースという事で、醤油ベース気味でした。なんとなくコンソメのような塩のような味もあるかなという気がしましたが、多分気のせいです。とろみはモヤシあんかけについているだけで、スープにはとろみが付いておらず、広東麺を想像していた私はやや肩透かしに。

 麺:かなり細麺でした。もう少し太めの中華麺を想像していたのですが、博多ラーメンのような細麺。これは意外です。しかし細いもやしと良く絡んでなかなかいい感じでした。麺量は普通ですが、丼が大きいのでもしかしたらその分多かったかもしれません。

 具:もやし、にんじん、にら、キクラゲ、豚肉など。もやしがかなり多く、少しのにんじんとにら、キクラゲが入ります。豚肉はそれなりに入っていますが、総量として一般的なラーメンのチャーシュー程は入ってはいないようです。

 結構うまかったな!初体験の感想としてはそんな感じでした。丼が大きく、量が多いので少食の人はやや注意して頼んだらいいかと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン650円」@らーめん浜源の写真バイクで横浜に行き、この近くの銭湯の駐輪場にバイクを止め、銭湯に入る前に先ずは腹ごしらえ!という訳で入りました。12時45分頃の入店で店内はそこそこの盛況ぶりでした。「こっちの方が涼しいですよ」と親切な店員さんでした。

 注文して5分ほどで登場!

 スープ:脂&油がそこそこ入った濃いめのスープでした。玉ねぎを刻んで焦がしたようなものが入り、これが苦味を演出しています。また白ゴマが大量に入っています。こってりで美味しいです。

 麺:黄色味がかった、おそらくはごく普通の麺です。中細い麺で、歯ごたえは結構あります。

 具:チャーシュー、水菜、モヤシ、きくらげなど。チャーシューはごく普通で印象は薄いです。水菜は彩りのアクセントになっていますが、食感としてはあまり目立ちません。モヤシはシャキシャキでなかなか、きくらげも彩りって感じです。

 張り紙で「にんにくをご希望の方はお申し付けください」というようなものがあり、注文するとビンに入った刻みにんにくが。「足りなかったら言ってくださいね」とまたまた親切です。ほかのお客さんともちょっと会話をして場の雰囲気を和ませてくれるなど、市井のラーメン屋さんって感じでした。有名店のように味がすごいとか、ここでしか味わえない味があるとか、そういうことではないですが、フラっとお昼に立ち寄るには丁度良いと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺650円(通常800円)」@博多長浜ラーメン 翔龍 小田原城下らーめん宿場町店の写真箱根旅行の帰り、小田原城から小田原の街へ出て、小田原でお昼をと言う事になり、探しました。するとドンキの地下にラーメン宿場町なんていかにもなラーメンテーマパーク(?)があり、入りました。友人の一人が「ここにしよう」と決めたのがこちらです。

 注文して、10分程度で登場!

 スープ:豚骨魚介系のスープでした。スープの濃度としてはサラサラでした。かつおの風味が比較的強めでした。豚骨!ともいえないし、魚介!ともいえないです。

 麺:中太いヤワ麺・・・というかかなり茹ですぎな印象です。この位の麺の太さならば、もっと茹で時間は減らした方がおいしかったはず。量としては可もなく不可もなく、無難な分量です。

 具:半熟味玉子一個、チャーシューが2枚、万能ねぎなど。玉子はなんだかおでんみたいでした。チャーシューは炙り風です。味としてはまあまあです。

 全体として、どうも微妙な感じでした。無難にこなしている部分と、こりゃあちょっと厳しいだろ言うという部分と、両方の面が拮抗してあり、そうなると点数にも微妙な数値として反映せざるを得なくなってしまいました。ちなみにスープ割は出来ませんでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン750円(Bセット:チャーシュー丼付き900円)」@ら~めん優の写真 所用で登戸に来ました。登戸は小田急線で何度も通っていますが、降りたのは初めてです。どんな街なんだろう?なんとなく駅前の雰囲気は溝の口に似ていますが、ともかく駅前周辺はごちゃごちゃしていました。駅の前に丁度いい具合にラーメン店があり、早速入りました。14時半を過ぎてお腹空いてもう!と言う感じ。時間が時間だったので店内はお客さんは0名でした。テレビではお昼過ぎのワイドショーが流れ、何故か私の地元が”放射能のホットスポット”になっているという報道が(汗)気を取り直して注文です。最初は味噌ラーメンだけで頼もうと思ったのですが、セットにしても150円増しでチャーシュー丼になると言うので、B定食の”各種ラーメン&お好みのどんぶり”にしました。900円です。

 注文して7分程度で登場。

 スープ:味わいとしては奇をてらわない普通の味噌ラーメンです。赤味噌が多めの合わせ味噌ってイメージ。少し味は濃いめでした。オイシイ!とまではいきませんが、ごく普通のおいしさがありました。また白ゴマも入っている様子です。

 麺:結構な太麺で、ちぢれ麺でした。歯ごたえがありこれは結構いい感じです。味噌スープと良く合ってます。

 具:めんま、コーン、もやし、キャベツ、きくらげ、ニンジン、たまねぎ、チャーシューなど。チャーシューは小さいが柔らか、塩気ありです。具沢山のラーメンでした。

 総合して、ものすごく「オイシイ!」ではないです。が及第点は挙げられるようなラーメンでした。ちなみにチャーシュー丼、150円増しで結構いい感じに入っていて、細かく切られたチャーシューに白髪ねぎ、紅ショウガとごはんのコラボは見事なうまさでした。他のお店ならば350円くらいとりそうな逸品でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「博多ラーメン500円(タイムサービス半チャーハン付き)」@よかとこの写真 この店の上階にあるとある店に用事があり、その用事を済ませて14時を過ぎたのでこちらへ。14時半頃で店内は数人のお客さんが。券売機で食券を買い、その時に塩豚骨か醤油豚骨か博多豚骨かを選択します。博多で選択。

 なんと1分程度で登場!

 スープ:しっかりとした豚骨スープでした。博多長浜ラーメンよりも、久留米ラーメンに近い?濃いめのスープでした。

 麺:豚骨ラーメンのデフォルト、細麺でした。硬さは一般的な硬さよりも若干柔らかい程度。

 具:九条ネギ、きくらげ、チャーシュー、海苔など。チャーシューはしっかりと味がついていて、なかなかオイシイです。

 先日食べた塩豚骨と比べると、こちらの方がおいしいかな、という印象。また備え付けのニンニク、紅ショウガなどを入れて味に変化を持たせる事が出来ます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「魚介醤油こってりラーメン680円」@麺屋 おはなの写真 青春18切符で大阪に行った帰り、藤沢でどうしてもお腹が空いて途中下車して、北口を南口だと思い込んで探しあるいて見つけたのがこちらです。時間は夜の22時半近くになってました。ああ次の電車の時間まで30分を切った(汗)

 券売機で食券を買い、店員さんに手渡して待つ事数分で登場!
 
 スープ:魚介系のスープで、それ自体はあっさりしていると思います。ただし油、背脂共に凄く、これがこってり感を出しています。それでもスープそのものはあっさりなので、個人的に完食した後で物足りないと思ったほど、女性でも楽に食べる事が出来るようなスープでした。また後でニンニクを潰して入れてみると、その味が更に数段美味しくなりました。ニンニク必須です。これほどニンニク入れて味が美味しく変化するラーメンも珍しいと言うくらい、ニンニクとの相性は抜群でした。

 麺:中太で角ばったかなり独特な麺で、その見た目に違わず食感もかなり独特でした。これはオリジナリティあふれる麺で美味しかったです。

 具:チャーシューが3枚程度、メンマ、ほうれん草、ヤクミとして玉ねぎのみじん切り、海苔が一枚入っていました。具材としてはそこそこの量です。ほうれん草が背脂のこってり感を中和させてくれ、なんとなく箸休めの役割を果たしているかな?と言う感じでした。

 コンセプトのような、方向性としては私の地元柏にある「角ふじ」のラーメンに近いような気がしました。しかし角ふじよりもずっと上品な味わいで、かなり微妙な味の機微を表現していました。私はもう少しこってりが好きですが、この味が一番!と言う人も多いんじゃないかと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件