なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

朴さん

男性 - 富山県

2011年7月末頃からラーメンレビューにはまってます。主に富山市内のレビューが中心となります。画像は[shop:31960]さんの裏?メニュー「起麺」です。

平均点 78.422点
最終レビュー日 2013年3月11日
206 156 4 347
レビュー 店舗 スキ いいね

「新・もんじゃそば 500円」@酔麺家 おぼろの写真冬の限定の中から、新・もんじゃそばをチョイスです~。
ラーメンメニューが全品500円のこちら、平日昼のサービスでライスが無料でいただけます。
あんまりお腹がすいていなかったので、サービスのライスはキャンセルです。
程なくして着丼したのはシンプルなまぜそばです~。
中細の若干縮れた麺はすでにタレと絡めてあるようで、茶色く色づいています。
麺の上に載るのは醤油で味付けした挽肉と温泉卵、大量の花鰹と万能ネギといたってシンプルな構成です。
着丼時に「お好みでどうぞ」と、お酢とラー油(小さなスプーンで中の唐辛子も一緒にすくえるタイプ)が提供されます。
先ずは、面を引っ張り出してためて見ますが、固まってて取り出しにくいです。中細と言った感じの縮れた麺は、醤油ダレで絡めた麺といったそのまんまの食感です。
食べにくかったので、お酢をマゼマゼして解して食べます。タレが濃いのかお酢の効果は麺を解す程度で、「醤油ダレを絡めた麺」という食感はそのままです~。
挽肉は、こちらも醤油系の味付けで若干甘みが強いですね。
花鰹は見た目には一杯ありますが、マゼマゼしていくうちに埋没していってしまいます~。
途中で温泉卵を崩して見ますが、黄身がねっとりと固まっているタイプで、麺に絡ませて食べるということは出来ませんでした。
途中、ラー油を入れてみましたが、この効果もあまり感じませんでしたね。もう少し入れてみればよかったかな?
「もんじゃそば」という聞きなれないネーミングから、もっと凄い何か想像できないものを期待していたのですが、普通のまぜそばでしたね。期待しすぎたのがいけなかったかな?
ただし、ワンコインでライスもつけられるので、コストパフォーマンスは十分ですね。
ちょっと濃い目の味付けは、完食後の残りダレにライスインしてマゼマゼして食べるというところまでを見越したものかもしれないと、ライスキャンセルしたことを後悔したお昼ご飯でした~。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件
このレビューは移転前のものです。

「辛まぜ麺 840円」@とみぃ’ず きっちん。の写真2012/12/23に訪問。
交差点側の駐車スペースから入ると、券売機は店の右奥。
掲題のをポチっと押してカウンターに提示。ついでにら本の味玉クーポンも差し出します。
こちらは、国道沿いのサービスエリア的なお店でゲームセンターが併設しています。食券と引き換えにもらった番号札で呼び出され、自分で席まではこぶシステムです。
太麺のため10分超で呼び出しがかかりました。
まずは具材の確認。チャーシューの角切りに、挽き肉の辛味噌、材木メンマの細切れ、ベビースター、ネギ、万能ネギ、卵黄にクーポンの味玉です。
別添えで提供された醤油ダレをダバっとかけて、軽くマゼマゼしてから麺をすすると、うどんなみの極太麺はごわごわとした歯応えで、ざらついた麺肌にタレが絡んでとっても美味しいです~。
辛肉味噌は結構辛めで素敵です。角切りチャーシューはパサ気な感じですが美味しいです。メンマはいいアクセントですね。途中で卵黄を崩すとマイルドになりますね~。
別皿のマヨを混ぜたり更なる味変も楽しめます。
食べてる途中で店主さんが、カウンターに置いてある酢を混ぜるのもおすすめですよ。と教えてくれました。
当然、お酢もマゼマゼして一杯で三度四度美味しいお食事でしたよ~。
ちなみに、長男が頼んだトンコツはまぜ麺と同じ極太麺でものすごい食べ応えだったようで、途中でギブアップしてましたね。
次男の和風醤油はツルッとした中太麺で、スッキリとした味わいで美味しかったですよ~。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件
90

「どっぐそば 750円」@DOG HOUSEの写真はじめてのどっぐそばです。
お昼時に伺ったのですが、なかなかの激混みぶり。かろうじて空いていたカウンター席に着席します。後客は8名ほどいたと思います。
以前は平日夜の限定がかかってたと思いますが、土曜のお昼でも食べられるようになったみたい。茹で時間は8分ほどかかるようなので、注文時に「お時間かかりますが~」と案内があります。無料トッピングの確認は注文のときで、野菜、ニンニク、チーズ、カレー、マヨ、辛味、課長だったと思いますが、課長さん以外全増しでお願いしました。
前客さんも結構いたので、20分ほどで着丼です。
せっかくなので、8分かかって茹で上げた極太麺も写るように撮影です。(本当は手前の鰹節で蓋してあって全体にマヨがかかったお好み焼きスタイルです。)
極太麺を取り出して食べると、モチモチシコシコしっかりとした歯応えで、茹でたりなさも感じさせない絶妙の茹で上がり。とっても美味しいです。
よく混ぜてお召し上がりくださいとのことだったので、具材の確認もそこそこにマゼマゼしていただきます。
野菜はキャベ率3割りほどで下味はなしの茹で野菜。ザクザクと美味しいです。
シーチキンのような食感の解しチャーがまたいいですね。
メンマも入ってます。しなごりっとして美味しいですよ。
鰹節やベビースターもいいアクセントです。
最初軽めに混ぜてたれやチーズを楽しみ、中版は玉子をほぐしてマイルドに、その後しっかり混ぜるとカレーが効いてきて味変も楽しめました。
非常に美味しい一杯でした。
野菜は増しにして調度くらいの印象です。
また食べに来ます~。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「まぜそば 780円」@岩本屋 新庄店の写真2012/7/28
少し遅いお昼ご飯に岩本屋の新店に来ました。
1週間前にオープンしたようで、店の前にはまだ花輪がたくさん飾ってあります。
13時過ぎですが店内待ち8名に接続。ほいほいと席が空いてカウンター席に着席。入り口右手の券売機で購入した上記の食券を提示して注文します。
接客サービスに重点を置く岩本屋ならではで、「もやし、かつお節、揚げニンニク、刻みネギ、温玉、粉チーズ、チャーシューが入っていますが苦手なものはございませんか?」ってヒアリングがあります。問題ないことを伝えデフォで注文です。
太麺を使用しているそうで、提供までに8分かかることを伝えられ、しばし待ちます。待っている間も次々にお客さんが訪れているようで、フロアの定員さんの元気な声が響きます。
しばらくして提供されたのは、浅めのラーメン丼のような器に入った汁なしの一杯。「底からしっかりとまぜてお召し上がりください。」とのことです。撮影の許可をお願いすると、「どうぞ。」と丼の向きを修正してくれました。
まぜまぜする前に麺を引っ張り出して一本食べると、脂にコーティングされた平打ち太ストレート麺はしっかりとした歯ごたえを残す茹で上がりでとっても美味しいです。
それではまぜまぜしていただきます。まずは温玉を崩さないようにまぜまぜ。醤油ベースのタレに絡んでとっても美味しいです。タレは強い塩角はなくちょうどいい塩梅です。具材の太目のもやしはもやし臭さがない程度にしっかりと茹でられ、ざくざくとした食感が残ります。かつお節はたれとの相性がいいですね。粉チーズは強い主張はありません。チャーシューは柔らかくて美味しいですがとっても薄いです。
3分の1ほど食べたところで温玉もまぜまぜします。黄身がいきわたるようにまぜまぜすると、卵感は結構薄くなりますね。正直存在を忘れてしまうほどです。
後半に卓上の揚げニンニクを追加してパンチアップを図りますが、あまり効果は感じなかったかな?
最後に底に残ったタレまですすりこんで完食。底の底のほうには粗挽きの黒胡椒がありました。
とっても美味しかったですが、780円かと言われると正直割高感があるかな~?
温かい汁物としての満足感がある「らーめん」と比べると、やはり満腹感がありませんね。
底に残ったタレをスープで割ってもらえばよかったかも…。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「マーラーメン 700円」@元祖ラーメン通 匠軒の写真2011/11/29
富山でいち早く汁無しに目を付けた?コチラ。ちょっと辛目の汁無し坦々麺系の一杯を食べにやってきました。
パチンコ屋さんのキング・オブ・ノースランドの一角にあるコチラですが、棟続きながら入り口は完全に別になっています。(パチンコ屋さんの店内に入らなくても食べられますよ。)
コチラの売りの汁無しを注文。5分ほどで着丼です。
汁が無いので先ずはまぜまぜします。
中太縮れ麺で提供されたマーラーメンは、程よい辛さでモチモチの食感。食べログの写真には無かったメンマともやしが追加されてます。
その他の具材は、ひき肉、万能ネギ、小口切りにしたネギです。
旨辛の一杯は胡麻ダレに自家製ラー油を効かせてあり、中国産の唐辛子と山椒で作ってあるそれは、独特な風味があります。
汁が無いので若干食べ応えに欠けますが(麺量は150gかな?)とっても美味しかったですよ。
今度来たら限定のブラックを食べてみましょう。
ご馳走様でした~

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「特製まぜそば 950円」@ジャンクガレッジ 東京ラーメンストリートの写真東京出張レビュー(体重+4.2kg)
五杯目
2011/9/22
朝ラーで頂いたラーメン二郎 三田本店がお腹にたまっていたため、この日のお昼ご飯は抜きです。
帰宅前の晩御飯として予定通りにこちらを訪問。まぜそば初体験です。
店前の食券を購入して、3人連れの後ろに並びます。無料のトッピングはニンニクのみお願いしました。
程なくしてテーブルが片付いた様子で、一気に5人店内に通されます。
待っている間、紙エプロンや汗拭きようの科学タオル?のようなものが提供されます。まだ、テーブルに丼の無いお客さんがちらほら、着席から7分ほどで着丼です。配膳のお兄さんに写真撮影の許可を求めると、「それじゃぁ正しい方向にあわせますね」って行ってアングル微調整してくれます。
撮影後、混ぜ混ぜの前に具を確認します。上の具材はベビースター、揚げニンニクチップ、煮卵1個、豚バラロールチャーシュー1枚とほぐしたもの、もやし、卵黄と無料の追加トッピングのニンニクです。それでは混ぜ混ぜしていただきます。
麺はほぼうどんと言って良いごん太縮れ麺はしっかりとした歯ごたえで、しょっからいタレが絡みずるずる行けます。揚げニンニクのチップが香ばしさを与え、鰹節がたまに良いアクセントをもたらします。ベビースターは汁でふやけてよく分かりません。もやしは口休めになるかと思いましたが、このタレのしょっからさでは麺以外の食感を楽しむのみ。
チャーシューはほろほろと柔らか系でとっても美味しいです。煮卵もとろとろでウマシ。
最後に残ったスープを一口すすってみます・・・って塩クド!!このスープをおかずに西町大喜 西町本店のラーメンが食べられそうです。
全体的にしょっから感が際立ったものでしたが、中毒性がありそうな一杯でした。(わたしはもういいかな)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件