なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

朴さん

男性 - 富山県

2011年7月末頃からラーメンレビューにはまってます。主に富山市内のレビューが中心となります。画像は[shop:31960]さんの裏?メニュー「起麺」です。

平均点 78.422点
最終レビュー日 2013年3月11日
206 156 4 347
レビュー 店舗 スキ いいね

「龍亭担々麺 680円(だったと思う)」@金龍亭の写真ちょっと前にできた台湾料理店です。
お昼の訪問。前客は2名、後はなしです。
お店の名前がついた龍亭拉麺(630円)は台湾ラーメンのようなビジュアル。メニューに写真が載ってます。
ちょっと寒い日だったので、ピリ辛を求めて担々麺の方にしました。
5分そこそこで運ばれてきた一杯は、メニューにある龍亭拉麺と変わらない見た目ですが「担々麺デース」と案内があったので一安心。早速いただくことに~。
醤油ベースのスープは刷りゴマかな?が入ってるようで、辛味はそんなに強くありません。
麺は中太の縮れた麺で、ちょうどいい固さの茹で具合です。
具材はもやしと肉味噌とねぎ。
粗びきの挽き肉で、味は結構濃いめで美味しいです。
後半、ちょっとしょっぱかったですが、普通に美味しい担々麺でしたよ~。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾ラーメン 580円」@中国南北酒菜 味仙 矢場店の写真名古屋です。
ラヲタ~の間では、最早、台湾ラーメンの発祥の土地として認識されてますよね。
…ってことで、台湾ラーメンです。
コチラのお店に、16:50ちょい過ぎでの訪店です。
営業は17時からですが、早めに開いてて奥のテーブル席に着席。台湾ラーメンとアサリのラーメンを注文します。しばらくして、着丼の一杯は大量の鷹の爪とにんにくが入った凶悪な面構えです。
かなり小ぶりな丼からスープをすくっていただくと、物凄く辛くて、ニンニクが強烈です。油加減も凄くってまるでペペロンチーノのようです。醤油ベースのスープは塩加減は適度な感じで、挽き肉の旨味も感じますが、大量のニンニクの印象が強いですね。
麺は中太のストレート、固めの加減が素敵です。
具は挽き肉、ニラ、もやしです。ニンニクと鷹の爪も、具といっていいほどの量が入ってますよ。
台湾ラーメンの老舗の一杯いただきました。
とっても満足しましたよ~。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「辣醤担麺(爆弾) 900円」@ひでお屋 藤ノ木店の写真2012/2/18
ダイエットといえばカプサイシン…ということで、辛い辛いラーメンを食べにこちらへ…って、遅い時間だったので行きたいラーメン屋さんが閉まってるか、微妙なタイミングだったもので、24時までやってるこちらに目をつけたってのが真相です。
富山の麺類サイトでは、非常に辛いので標準辛さの「麻辣担麺」850円で十分と紹介されていたので、怖いもの見たさというか辛いもの食べたさで注文しました。冬季限定なので今しか食べられないですしね~
表題の「赤いヤツ」は通常の「麻辣~」の「3倍」の辛さで且つハバネロ粉末入りだそうです。さらに上位に「辣醤担麺(地獄)」があり10倍の辛さを誇るそうで、表題のものを完食した方しか注文できないそうです。
ジャンプを読みつつ待つこと7分ほど、見るからに辛そうな一杯が着丼です。
いつものようにスープから啜ってみると、味噌ベースのスープでかなりの辛さ。唐辛子のスパイシーな香りが鼻に抜けてとってもおいしいんですが、ものすごい辛いです。「地獄ラーメン」が食べられるチェーン店「らーめんランド」の地獄で言うと5丁目辺りでしょうか?
麺は太縮れ麺で絡みスープをこれでもかと拾ってくれます。茹で加減は硬めでしっかりとしておりとってもおいしいです…が、舌が痛いです。
具材は、挽き肉、木耳、メンマ、ネギ、胡麻、鷹の爪の小口切りが大量にあり上には糸唐辛子。挽肉は大量の鷹の爪に絡んでとても辛い仕上がり。木耳はコリコリといい食感で、舌が休まります。メンマはやわらかめに煮付けられていて、辛さのせいで甘みすら感じます。
…注文したのを後悔しだしたころ、舌の痛みで涙が出てきました。
翌日おなかを壊すのは確実なのですが、ダメージが少なくてすむようにスープ完飲はやめときました。…というか、絶対に無理ですね。店内のポップには「辛さの奥に旨さあり」となってますが、私のお子ちゃま舌では味噌の甘さを感じるのがせいぜいでした。
「辣醤担麺(地獄)」のほうは何が起きても店側は責任を取らないそうです。

翌日の朝は予想通りの「赤いの水洗でジャー」だったんですが、スープを控えたおかげで深いダメージは負わなくてすんだようです。

追伸:穴あきレンゲが付いていて、最後の具材まで掬って食べられます。大量の鷹の爪を除けないとひどいことになりそうですけど…

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「マーラーメン 700円」@元祖ラーメン通 匠軒の写真2011/11/29
富山でいち早く汁無しに目を付けた?コチラ。ちょっと辛目の汁無し坦々麺系の一杯を食べにやってきました。
パチンコ屋さんのキング・オブ・ノースランドの一角にあるコチラですが、棟続きながら入り口は完全に別になっています。(パチンコ屋さんの店内に入らなくても食べられますよ。)
コチラの売りの汁無しを注文。5分ほどで着丼です。
汁が無いので先ずはまぜまぜします。
中太縮れ麺で提供されたマーラーメンは、程よい辛さでモチモチの食感。食べログの写真には無かったメンマともやしが追加されてます。
その他の具材は、ひき肉、万能ネギ、小口切りにしたネギです。
旨辛の一杯は胡麻ダレに自家製ラー油を効かせてあり、中国産の唐辛子と山椒で作ってあるそれは、独特な風味があります。
汁が無いので若干食べ応えに欠けますが(麺量は150gかな?)とっても美味しかったですよ。
今度来たら限定のブラックを食べてみましょう。
ご馳走様でした~

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「紅いトマトチーズ坦坦麺 980円(クーポンで490円)」@DRAGON RED RIVER マリエとやま店の写真2011/11/22
TJクーポンの最終日、初のトマト系ラーメンに挑戦です。
ラーメンにトマト!?と最初は思いましたが、最近トマト系のレビューもよく見ますし大丈夫かな?
よく考えたらスパゲッティってトマトと麺か~というところに気が付いたらなんだか気が楽になってきました。
コチラは富山駅そばにあるマリエとやまの6階、食堂フロアの一角にあります。
ちょっとおしゃれ系の中華屋さんで店内に入ると、飲み会のセッティングなんかがされています。
クーポンを提示して注文。約7分で着丼です。
着丼時は上にかけられた粉チーズがかなり強烈な匂いを放っています。かなりねっとりとしたスープを掬って先ずは一口。油断してて咽込みました。結構辛いです。味は予想通りというか、トマト、チーズ、肉味噌という組み合わせではミートソースのような味わいになるのは必然ですね。ちょっと違うのは胡麻ペーストが溶かしてあるようで、ねっとりとしたスープになってます。また、かけられたとろけるチーズがスープのどこを掬っても入ってきます。煮崩れたカットトマトが美味しいですね~
麺は細麺やや縮れやわめの茹で加減です。弾力の強い麺でゴムのようによく伸びます。もう少し太いのが良かったです。
上に載るのは肉味噌、斜め切りのネギ、鷹の爪、とろけるチーズに粉チーズ。チーズたちの効果は上に書いたとおりです。肉味噌は坦坦麺感っていうよりはミートソース感につながってますね。ネギはかなり存在感が薄いです。鷹の爪は辛みを油に移した後のちょっと黒いのが一本・・・まぁこれは食べる用ではないですね。
トマト系ラーメンは初めてでしたが、今回のこれは驚きが少ないというか感動が少ないというか・・・ともかく美味しかったです。ご馳走様でした~

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾タンタン麺 830円(クーポンで420円)」@茶藝庭の写真2011/11/14
晩御飯に訪問。周りの皆さんは基本クーポンです。
この手の台湾ラーメン系は通常濃い味でカバーされてしまいがちですが、コチラは辛い中にも濃厚な鶏がらスープが印象的でした。この手のラーメンは挽き肉の味が決めてって感じがしますが…結構ベースのスープがしっかりしてます。
麺は中太縮れ。モチプリ系の多加水麺は柔らかめに茹でてありますが濃厚なスープを良く拾います。
ネギは特筆ないです。敷き詰められた挽肉(牛肉だそうですよ!?)は胡椒でスパイシーに味付けられてます。胡椒と唐辛子以外に中華系スパイスの味も感じますが、スイマセン食べつけないものでよく分かりません。
挽肉の下のもやしは、もやし臭さがない状態ながらしゃきしゃき感をぎりぎり残した仕上がりです。別茹ででトッピングしたものでしょう。
とりあえず、よくあるタンタン麺、台湾ラーメンなどとは一線を画す仕上がりでとっても美味しかったです。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「坦々ラーメン+炒飯(600円)」@中国東北料理 八仙 五福支店の写真2011/8/22お昼に同僚と訪問。
今日は麺飯セット(600円)です。
同僚は、豚骨ラーメンと天津飯のセットを注文しました。2~3分で天津飯が着丼。次いで、豚骨ラーメン、坦々ラーメン、炒飯と5分のうちにすべて出揃いました。相変わらず早いです。
坦々ラーメンは、唐辛子とラー油で炒めた豚の荒引き肉とニラが載っています。スープにはスリ胡麻が溶かし込んであるようで、ほのかに胡麻が香ります。赤い油が浮いた白濁スープをレンゲですくって一口。ピリ辛でおいしいですが、辛味に負けてか塩味、ダシともに若干薄く感じられます。
麺は中太~細めの加水多めの麺に戻ったようです。(それともラーメンの種類で変えているのか?)若干茹で過ぎの麺はスープをはじき返しています。
ほとんど生のまんまのニラは、ニラ臭くってとってもいいアクセントになっています。荒挽きの豚肉はかなりの固さでちょっと顎が疲れました。
炒飯はご飯は柔らかめなのにぱらぱらに仕上がっていますが、ちょっと塩っ気薄めです。
食べ終わり頃、同僚の豚骨スープを一口もらいました。豚臭くってとっても好みの感じです。
今度は豚骨ラーメンにしてみよう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件