なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

朴さん

男性 - 富山県

2011年7月末頃からラーメンレビューにはまってます。主に富山市内のレビューが中心となります。画像は[shop:31960]さんの裏?メニュー「起麺」です。

平均点 78.422点
最終レビュー日 2013年3月11日
206 156 4 347
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューラーメン 650円」@一喜 片町店の写真金沢でイベント後にラーです。
金沢の老舗ラーメン店で夜の9:30頃。前客さん多数ですが皆さんラー食中で、注文からは10分弱での着丼です。
見た目は、大喜 根塚店に似てます。チャーシューラーメンの小と大のみというメニュー構成も一緒ですね。
レンゲは無く、丼から直接スープをすすると、塩気は程々で若干甘みを感じます。返しの醤油ダレ由来と思われます。鶏と豚でしょうか?若干、微濁の醤油スープにはあらかじめ粗挽き黒胡椒がかけられてます。生姜も香る美味しいスープです。
麺は加水高めの微縮れ麺でツルもち系の美味しい麺ですよ。スープの拾いもよくとっても美味しいです。
チャーシューはモモチャーでパサ気味なヤツ、脂多目の柔らかいやつやバラチャーが好きという人には物足りないかな?
その他の具材は、メンマとたっぷりのネギ。
メンマは程よく味付けされたシナコリ系で美味しいですよ。
たっぷりのおネギさんがとっても良かったです。
甘みを感じる醤油スープをついつい完飲してしまいました。
夜遅くまでやってる繁華街の一軒です。金沢出張の折には、都会からの流入金沢ラーメンも良いですが、古きよき金沢ラーメンに舌鼓を打つのも乙なもんですよ~。

生ビールは、500円で若干小さめのグラスですので、〆ラーで訪れるのが良いかと~。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「Bセット(味噌) 808円」@8番らーめん 本店の写真2012/7/14
北陸のラーメンの聖地にやってきました。
8番ラーメンの本店です。
お昼ちょっと前の11時半頃。店内はチラホラと空席もありますが、ひっきりなしにお客さんがやってきます。
レジ横のカウンター席に着席して、表題を注文。Bセットは野菜ラーメンとミニチャーハンのセットです。味は、味噌、塩、醤油、とんこつから選べますが野菜にはやはり味噌ですよね~。
麺茹器は一度に18人分の麺茹でができるようです。8番の人気はやはり野菜ラーメン。6杯同時進行でのオペレーションはきれいなお姉さんが野菜炒めと麺茹でを行っています。
すべて野菜ラーメンのようですが、スープの種類は味噌4、とんこつ2のようです。
7~8分ほどで着丼。許可をいただいて写真をパチリ。久しぶりの8番ラーメンです。
スープは特製味噌ダレが濃いめな感じ。慣れ親しんだ味わいですね。味噌は富山から徳島まで、7種の味噌のブレンドだそうです。ちょっとピリ感もあります。
麺は平打ち太縮れ麺。濃い目のスープがよく絡みます。気持ち柔めの茹で加減ですが、許容範囲です。つるつるいける柔もち麺でとっても美味しいです。
野菜は、キャベツともやしとニンジンです。ラードで炒めてスープで煮込み、野菜の味の移ったスープを丼に注ぎます。少しくたっとしてます。炒め油の主張が強いです。
その他の具材は。腿チャーとメンマ、8カマです。チャーシューはすっかり味が抜けてる系ですが、意外に柔らかくて美味しいです。メンマは特筆なし。8番の「8」のマークが入ったかまぼこも普通のかまぼこですよ。
チャーハンは刻みチャーシューとネギ、たまごとシンプルな構成のどうってことない普通のチャーハンですが、定番の味ですね~。
途中、濃い目のスープにやられてきたので味変に一味と8番特製ラー油を投入。ピリ感増して、汗をかきかき完食です。
本店で食べた感慨深さか、それとも単なる懐かしさか?中央厨房製チェーン店ラーメンですが、結構美味しかったですね~。
なんでやろ~?8番…。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「炭火焼チャーシュー麺(3枚入り) 950円」@自然派ラーメン 神楽の写真2012/7/8
下の子と妻を着ぐるみショーに送って、私と長男でラーメンパトロールです。
石川県の1位、2位を攻めるつもりでまずはこちらから。
お昼時を少し過ぎた店内は、未だ満員。店内待ち4名に接続します。程なくして空いたカウンター席に着席。表題を注文します。子連れの連食なので、申し訳ないなと思いながらノーマルサイズを分け分けです~。(チャーシュー麺にして単価を上げたので許してください。)
待ってる間にカウンターのウンチクを見ると15種類の材料で出汁をとった無課長スープとのことで期待が膨らみます。
7分ほどで提供された一杯は、海苔とメンマとネギだけ載った素ラーメン状態+別皿提供の炭火焼チャーシューです。麺に載せて写真をパチリ。取り皿に仲良く半分こ。いつも海苔を欲しがるので海苔は長男に、3枚あるチャーシューは1-2で分け分けです。
まずはスープから。透き通った醤油色のスープは、魚介系の香りがふわっと来ます。節系と煮干の香りもしますね。口に含むと昆布っぽい感じもします。ほかには干し貝柱や干し海老、なども使ってるようですがよく分かりません。動物系は鶏がらが中心。いろんな味がひとつに纏まったとっても美味しいスープです。塩角丸くいい塩梅で表層の油分も適度なコクをプラスしてくれます。
麺は手打ちっぽいツルシコ麺。細かな縮れがある中麺は程よくスープを拾ってくれます。かんすい臭くない感じの麺はとっても美味しいですよ。
メンマはやや控えめな味付けながらちょうどいい感じ。スープを邪魔しない感じです。
…で、炭火焼チャーシュー…これが美味しかった。腿肉の表面を炭火で炙ってチャーシューに仕上げたそれは、断面がほんのりピンクなタイプ。周りは炭火焼の香りが付いて香ばしく、肉質はしっとり柔らか。肉汁染み出す感じです。脂身がまた甘くって美味しいんです。いやな油っぽさはすっかり抜けて、噛むと染み出す甘み…こんだけ美味しい脂身はなかなか食べたことがないですね。
半玉なので一気に完食完飲。
普段チャーシューを食べたがらない長男も、「炭火焼」の響きにやられてか、はたまたピンクのお肉に惹かれたのか?「チャーシューはお父さんが2枚で僕が1枚だよね?」って珍しくチャーシューを要求。美味しい美味しいと食べてましたよ~。
ご馳走様でした。
これで後もう少し安かったらな~。

…つづく


…と思いきや、2店目に予定していた冨單は15時頃でも店内待ちがあり、お迎えの時間が来たためあえなく断念。
腹ごなしのゲーセンエアホッケーが鬼門だったか~
次の機会を待ちましょう…。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「支那そば野菜麺(塩) 780円」@らーめん専門 支那そば屋 三馬店の写真2012/3/10
富山に帰る前に夕食です。18時過ぎにこちらへ。
本当はこちらの二郎系「しな二郎」を予定していたのですが、メニューにありませんね?
帰りのバスの時間も迫っているのでとりあえずメニューの中から表題のものをチョイス。
同行者はこちらの売りなのかな?炭火焼鶏麺の塩と半チャーハンです。
何で塩にしたかというと注文取りに来たお嬢さんのおススメが塩だということで、私もそれに乗っかります。
あまり待たずに6~7分で着丼。
いつものようにスープからいただくと、鶏がらベースのスタンダードなスープに野菜炒めの炒め油(ラードかな?)の香ばしさと野菜の旨味がしみてます。
麺は中太くらいのやや縮れ。中加水かな?普通の中華麺といった感じで固すぎず柔らか過ぎずといった茹で上がりです。
野菜炒めに入っているのは、玉葱、キャベツ、小松菜、もやしです。その上に小口切りネギと薄くスライスしたニンジン、チャーシュー、メンマが載ってます。
キャベツはちょっと大きいですね。野菜炒めだと油がが香ばしくって野菜がしゃきしゃきしてていいですね~。
メンマはかなり柔らかめです。色合いは濃いですが、味はそうでもないかな?
チャーシューは軽くあぶってあるのかな?美味しいですがちょっと薄いですね。
非常にスタンダードな野菜炒めのっけ塩ラーメンでした。
美味しかったですけどこれを狙って再訪はないかな?
炭火焼鶏麺のほうは「想像通りの味だよ」って感想でした。
「しな二郎」は平日は20時以降、土日祝は終日との事前情報でしたが提供時間が変わったのかな?
それとも注文してみたらあったのかな?
今度は「しな二郎」を食べてみたいです。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「魚介新味ラーメン 680円」@一鶴の写真2012/3/10
昨日に引き続き金工大周辺でお昼です。
はじめは一心屋 金沢本店さんで修行後、独立開業したラーメン 凌駕堂さんに向かったんですが、3/5~12まで休業とのこと…残念。
…で、気を取り直してちょいちょい耳にするこちらを訪問です。
事前に見た公式ページによると「一鶴新味ラーメン」がおススメとのことですが名前が変わってる?とりあえず、表題メニューをオーダーです。
オーダー後しばらくしておもむろにメニューを確認すると、「背脂煮干らーめん」の文字!…うぁ、なんかこれ美味しそう…新味~より30円安いし…って後の祭りですね。
『メニューはしっかり確認しましょう。』
お昼時の店内は7~8割の入りでちょっと待ちそうだなと思い、ペカっ!!さんが書かれてたラーメンがらみの漫画から「らー〇ん才遊記」をチョイス。しばし待ちます。
隣のカップルに続いて、オーダーから7~8分で着丼。意外と早かったです。
魚介が香る一杯をまずはスープから。
豚骨がベースでしっかりとした出汁が出てます。その土台の上に節系の魚介の香りと味わい。若干魚介の主張が強いかな?塩気はちょうどいい塩梅。
麺は中細ストレート。つるつるプチンって食感でとっても美味しいです。麺の香りがいい系ですね。ただ、ストレートのこの麺はスープの持ち上げは良くないですね。
具材はチャーシューとネギ、そしてフライドガーリックのみじん切りをパラリ。チャーシューは薄らとピンク色でどことなくローストビーフっぽい味わい?ちらほらと口に入ってくるニンニクがいいアクセントです。
5分もかからず完食完飲。とっても美味しかったです。
今度来たら、背脂煮干らーめんを頼むんだぁ~

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン 700円」@マキシマムザラーメン 初代 極の写真2012/3/9
ダイエットに励んだ体重は63kgまで減ってきましたよ~。
…というわけで、久しぶりのラー食です。
こちらのほうに用事があったので、二郎系でかなり美味しいらしいと評判の池田屋さんで昼食です。
券売機で食券を購入。店主さんのお母さんかな?って方にプラ券を提示します。
前客2、後は5名です。
7~8分でコール。ニンニクだけお願いして到着を待ちます。
…で、丼を前に記念撮影…って、箸がありませんよ?と、辺りを見回すとセルフの給水器の横にレンゲと割り箸がおいてありました。…お箸もセルフ形式なんですね?よく見ると、常連さんらしき方はコップに箸とレンゲを突っ込んで着席してます。
それではスープからいただきます。
乳化したスープは少しとろっとしててカエシがしっかりと効いてます。背脂は少々といったところでしょうか?出汁感はしっかりとしていて、乳化した脂の甘みも感じます。美味しいですね。
次に上の野菜を一口。適度に歯ごたえを残しつつもやし臭さはありません。ただ、味付けがしてないのでここで天地返し。
続いて麺に取り掛かります。6~7mm幅の厚めの平打ち極太麺は固めでしっかりとした歯ごたえですが、もう少しやわらかくてもいいかな?
そうこうするうちに野菜に埋もれた豚さんを発掘です。肩ロース?腕肉かな?2cm程の極厚2枚は筋に沿ってほぐれるやわ豚で厚みがあるので肉感もしっかり。ただ、味付けしっかり目でやわらかく煮付けてあるそれは、すきっぱにしっかりと挟まります。
刻みニンニクはかなりの粗微塵で大きな欠片もあり「辛っ!!」って思うこともしばしば。そしてかなりの量が入ってます。…これは入れすぎましたね。常連さんと思しき方が、「ニンニクはどうします?」ってコールに対して「ちょっぴり」といっていた意味が分かりましたよ。…とはいっても、かなりの量が入ってるように見受けられましたけどね…
スープを残して完食。最後まで美味しくいただけました。…ただ、久しくダイエッターだった縮小胃袋には結構きつかったです。帰りしなにこの辺でもう一杯と思っていたんですが、そんなに早くはこなれませんね~

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件