なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

朴さん

男性 - 富山県

2011年7月末頃からラーメンレビューにはまってます。主に富山市内のレビューが中心となります。画像は[shop:31960]さんの裏?メニュー「起麺」です。

平均点 78.422点
最終レビュー日 2013年3月11日
206 156 4 347
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば(濃いめ) 600円」@駅前ラーメン ひげ 屋台店の写真東京帰りに一杯。
ふと、スープの濃いめなどお気軽にご相談をって書いてあるのを見て濃いめで注文。
濃いめだと、煮干し感が強くなるんですね。
カエシに煮干しを入れてるんですかね?
ふとちぢれ麺はデフォで柔らか目。スープは絶妙に吸い込んで、安心の美味しさです。(柔らかすぎると言う人もいますけどね)
富山の駅前、安心の富山ラーメンですよ~。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「炭火鶏麺 紅 750円(-100円クーポン)」@昭和食堂 小杉店の写真フリーペイパーの「富山情報」にラーメンクーポンがついてましたよ。
…ということで、射水市の小杉にあるこちらです~。
寒い時期には辛い系ですよね~。
前回訪問時にも気になってた、掲題のラーメンは「シヤモメンコウ」と読みます。鹿児島産の地鶏で出汁をとって、炭火焼きにした鶏をトッピングしてある辛いラーメンです。
注文時に「かなり辛いですけど大丈夫ですか?」と案内を受けますが、ドンと来いですよ~。
5分ほどで運ばれて来ました。記念撮影をしていつものようにスープから。
鶏だしが効いたスープは、醤油味で割りとしっかりめの塩加減です。辛味はラー油と粗めに粉砕された唐辛子、丸ごと2本の鷹の爪です。
麺は中からやや太めのほぼストレート。もっちりとした食感が美味しいですよ~。
上に載るのは、
ネギと炭火焼きにした鶏肉、三葉、鷹の爪です。
鶏肉はコリコリとした食感で、とっても美味しいです~。
三葉は、辛味のせいか真価を感じられませんでした。
美味しかったですが、長男が頼んだ「濃厚豚骨醤油ラーメン(730円)」のが美味しかったですね。
食べ残しをもらいましたが、膜が張るくらいの濃厚豚骨に、鶏ガラ系の出汁感が加わった旨ラーメンでしたよ。次回訪問時には注文すること必至です。
チェーン店ですが、好きなお店のひとつです。
ご馳走さまでした~。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「新・もんじゃそば 500円」@酔麺家 おぼろの写真冬の限定の中から、新・もんじゃそばをチョイスです~。
ラーメンメニューが全品500円のこちら、平日昼のサービスでライスが無料でいただけます。
あんまりお腹がすいていなかったので、サービスのライスはキャンセルです。
程なくして着丼したのはシンプルなまぜそばです~。
中細の若干縮れた麺はすでにタレと絡めてあるようで、茶色く色づいています。
麺の上に載るのは醤油で味付けした挽肉と温泉卵、大量の花鰹と万能ネギといたってシンプルな構成です。
着丼時に「お好みでどうぞ」と、お酢とラー油(小さなスプーンで中の唐辛子も一緒にすくえるタイプ)が提供されます。
先ずは、面を引っ張り出してためて見ますが、固まってて取り出しにくいです。中細と言った感じの縮れた麺は、醤油ダレで絡めた麺といったそのまんまの食感です。
食べにくかったので、お酢をマゼマゼして解して食べます。タレが濃いのかお酢の効果は麺を解す程度で、「醤油ダレを絡めた麺」という食感はそのままです~。
挽肉は、こちらも醤油系の味付けで若干甘みが強いですね。
花鰹は見た目には一杯ありますが、マゼマゼしていくうちに埋没していってしまいます~。
途中で温泉卵を崩して見ますが、黄身がねっとりと固まっているタイプで、麺に絡ませて食べるということは出来ませんでした。
途中、ラー油を入れてみましたが、この効果もあまり感じませんでしたね。もう少し入れてみればよかったかな?
「もんじゃそば」という聞きなれないネーミングから、もっと凄い何か想像できないものを期待していたのですが、普通のまぜそばでしたね。期待しすぎたのがいけなかったかな?
ただし、ワンコインでライスもつけられるので、コストパフォーマンスは十分ですね。
ちょっと濃い目の味付けは、完食後の残りダレにライスインしてマゼマゼして食べるというところまでを見越したものかもしれないと、ライスキャンセルしたことを後悔したお昼ご飯でした~。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件
85

「味噌らーめん 800円」@麺王の写真夜中に~。
呑み足りなくって近くのコンビにまでビールを買いに行きました。
お夜食用にカップラーメンも買ったのですが、ついふらふらとこちらへ~。
店先の幟にて、新たに「塩らーめん」と「味噌らーめん」が始まったという情報を得ていたので、試してみねばと思ってたんです。
客もまばらな時間帯、カウンター席に腰掛け「味噌らーめん始まったんですよね?」と聞くとメニューを指差しながら、「並・中・大とあるけどどれにします?」とのことで並盛800円に…ちょっと高いですね~。
5分ほどで着丼の一杯は、見た目いつものラーメンのビジュアルですが、スープの色がかなり濃い目なのが分かります。
とりあえず、スープからいただくと、豚骨ベースのしっかりとしたスープに濃い目の味噌味が印象的。赤味噌系の数種の味噌のブレンドな感じです。スープには茶色の粒々が見えるのですが、炒った胡麻でもすり潰して入れてあるのかな?ヨッパ舌にはよく分かりません~。
麺はシコシコとした真空麺。太ストレートな感じでスープの拾いも上々。がっしりとした歯応えがとっても美味しいです。
チャーシューはいつものようにトロトロな感じで、スープの暖かさで蕩けきらないうちにぱくっと食べればこれもまた美味しいです~。
青梗菜とネギはアクセントにちょうどいいですね。
ちょっとヨッパな感じだったので、メニュー名などうろ覚えですが非常に美味しい味噌らーめんでした。
…お値段が張ることを除けば~。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 5件

「チャーシューメン 1150円」@きりん飯店 奥田店の写真200レビューの記念に、こちらのドでかいチャーシューが食べたいな~とか思ってたら、なんときりん飯店がテレビに出ています。
秘密のケンミンSHOWで富山県民垂涎の中華丼が食べられるお店として紹介されているようです。
テレビではチャーシューメンも紹介されており、食べたい気分は一気にヒートアップです。
というわけで、晩御飯にやって来ました。
夜の部は17時からで、15分過ぎにお店につきましたが、店前の駐車場はすでに一杯です。
お店の前を通りすぎ、路地を利用して方向転換。お店の前まで戻って停車してほかの駐車場がないか聞きに入ろうとすると、ちょうど会計を済ませた二人連れが出てきました。
入れ替わりに駐車して。お店の中へ~。
店内にはいると、小上がりやテーブル席は埋まっていて、カウンター席に着席。テレビの影響か、大概の人が中華丼を食べてますね。
私の注文は、チャーシューメンと決まっているので、腰掛けながら注文します。
テレビの影響はやはり大きいそうです。
待ってる間もお客さんはひっきりなしで、やはり中華丼の注文が多いようです~。
お店は家族経営で、旦那さんが腕を振るっています。可愛らしいお嬢さんも注文とりから食器洗いまで忙しく働いてますよ。
そうこうしているうちに、奥さんとおぼしき方が、どでかいフライ返しのような道具でチャーシューをトッピングしてチャーシューメン完成。私のもとに運ばれてきました。
前置きが長くなりましたが、いざ実食です。
スープは鶏ガラベースの澄んだ醤油。しかし、特大のチャーシューから豚の脂や旨味が溶け込み、豚感も感じられるスープです。
麺は中細の縮れたもので、デフォでやや固めの茹で加減です。最初はスープの拾いがそこそこですが、後半はしっかりと絡んでくる感じです。
具材は、特厚のチャーシュー、メンマ、ネギです。
チャーシューは、箸で簡単に解れるやわやわなもので、しっかりと醤油味が効いています。先ずは、一枚ばくっと食べると、二口三口で口のなかに収まってしまうやわやわっぷりで美味しいですよ~。
ただし、若干温度が低いです~。
二枚目を頬張りながら、麺をズルズル~。三、四枚目は底の方に沈めておきましょう。
メンマもしっかりと味付けされてます。シナぐにっとやややわらかめです。
スープに浸したチャーシューからは、どんどんと脂と豚の旨味か染み出して、スープ表面には1cm近い油膜が形成されてますよ。
後半は油でややグロッキーになりましたが、スープで油を落として肉っぽいところだけ食べて完食~。
翌日までお腹一杯な晩御飯でした~。
脂にやられつつも、また食べに来るかも~。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「四川らーめん(激辛) 690円」@らーめん世界 富山呉羽店の写真お昼ご飯に~。
この日はセンター試験の初日で、お店に向かう道すがらの富山大学そばのショッピングセンター駐車場には「センター試験の関係者の駐車および停車はお断りします。」というプラカードを持った警備員さんが出てますよ。
しばらく走って呉羽山の峠を越え、旧街道の分岐点っぽい交差点にあるこちらを訪問です。
石川県を中心に展開するチェーン店で元気な店員さんとお得なセット炒飯が人気ですね。
お昼時を少し過ぎてますが、前客16名となかなかの人気です。
カウンター席に腰掛け掲題のラーメンを注文します。
四川らーめんは他に味噌と味噌野菜があります。辛さは、一辛~三辛と激辛の四種類から選べますよ。注文時にニンニクを入れるか聞かれますが、この日はなんとなく気分でなかったのでやめておきました。
前客さんたちはお得な炒飯セットで頼んでる人が多いらしく、担当の店員さんがひっきりなしに鍋を振ってます。「順番にお作りしておりますのでもうしばらくお待ちください。」の声も聞こえてきます。
7~8して着丼。
茶色く濁ったスープには、豆板醤のものとおぼしき唐辛子の欠片が見えます。
蓮華で掬ってスープを一口。見た目よりも結構辛いです。メニューでは四川味噌らーめんと分けてかいてあるので、おそらくメニュートップの豚骨醤油らーめんの四川仕様だと思いますが、辛みが強くって動物系の正体なんかが分かりません。
ただ、薄っぺらい辛いだけのスープではなく、しっかりと出汁が支えている感じです。
麺は中太麺でやや平らなちぢれ麺。デフォの茹で加減は柔か目でもっちりした食感にスープがしっかり絡んで美味しいです。
具はチャーシュー、ネギ、もやしでメンマはなし。チャーシューはブロックで別売りもしている自慢の一品。やや小降りですが厚めに切ったのが三枚。ほどよく柔らかく油ものってます。
もやしはしゃきしゃきとして美味しいですがもう少し量が欲しいところです。
食べ終わり頃、辛みで大量の汗が吹き出してきました。
完飲はできそうな辛さ具合ですが、健康のために半分ほど残して終了。
期間限定でカレー塩やゆず塩(いずれも740円)といったメニューも選べるようですよ。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「激辛!!唐辛子味噌らーめん 500円」@酔麺家 おぼろの写真ローカル情報紙「富山情報」によると冬の限定が始まったようなので早速訪問です。

3種の限定メニューは、「スモークチーズのクリームらーめん」と「新・もんじゃそば」、「激辛!!唐辛子味噌らーめん」です。やはりいずれも500円でいただけます。
辛系ラーメンが500円というのは破格の値段設定です~。
喜び勇んでお昼に訪れると、駐車場が一杯。店前に停車して中を伺うと、会計済まして出てくる人が見えたので入れ替わりでお店に入れました。
クリームらーめんも気になるところですが、頭の中が辛系ラーメンで一杯なのです~。子等は塩と魚介醤油をそれぞれに~。500円なので一杯ずつ注文しても負担が少ないのがいいですね。
7分程度で着丼。
スープからいただくと結構な辛味です。鶏がらベースのすっきりスープに、味噌と唐辛子がしっかり効いていて美味しいですよ。正直、他店で800円前後で提供されてる辛系ラーメンに比べて遜色はないですよ。
麺は中太縮れで、ちょっと柔目か?ちょうどかな?って茹で加減。モッチリ美味しい麺に唐辛子の欠片がこれでもかと絡みついてきます。
具材は、チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルトです。
チャーシューは固めのバラロール。昔ながらのよくあるタイプですが、値段のためか満足感は十分です。メンマ、ネギは特筆ないです。
やはり、価格効果による満足度が大きい感はありますが、課長さんなどをうまく使ってしっかり美味しくまとまっています。
メニューも豊富で季節の限定なども提供して客を飽きさせないお店で、ちょっと遅めの昼食時間帯でも駐車場が満杯なのは人気の証ですよね~。

ちなみに、「魚介醤油」はしっかりと節系の風味漂う醤油ラーメンで、少し甘めのスープが美味しかったです。
長男が味が濃すぎてもう食べられないと言った「塩」はもう少しベースのスープに力強さが欲しかったです。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「あわすのラーメン 750円」@ミレットの写真滑り初めです~。
子らとスキーにやって来ました。
富山市の立山山麓スキー場にある入門編なあわすのスキー場は、第一ゲレンデの平均斜度が8度と非常に緩やかな滑りやすいスキー場です。
また、「サンキッド」というベルトコンベア式のリフトもあり、これからスキーを始めるという人にうってつけです。
管理事務所、リフト券販売所、更衣室、売店、食堂が入った多目的施設のこちらでオヤツにします。
自動販売機でココアを購入。売店で竹の子型のチョコレートと掲題のラーの食券を購入して、厨房前のカウンターに居るおじさんに提示。半券を渡されて適当な席に着席します。
ほかのお客さんの呼び出しから、メニューの人気をはかるとラーメン>カレー>あわすの~といったところですね。
お客さんが多くて10分超で呼び出しがかかり、ラーメンを受けとります~。
受け取り時にラーメンとの違いを聞いてみると、ラーメンは普通の醤油で、あわすの~は長崎ちゃんぽん風とのことです。
スープは業務用っぽい豚骨で、野菜の旨味がよくしみて美味しいです。疲れた身体に塩気が染み込んで行きます。
麺は中太縮れで、チャンポンの麺ではないですね。やや柔らかい茹で加減で、スープとよく絡んで美味しいですね~。
具材は豚肉、ネギ、キャベツ、白菜、もやし、玉葱、ニンジン、キクラゲ、カマボコと紅生姜。
具だくさんでいいですね。
山の上なので値段が高いのはしょうがないんでしょうね~。
ホット一息な一杯でした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン特盛 650+200円」@まるたかや 牛島本店の写真2012/12/28この年最後のラーメンです。
家族でお昼ちょっと前に訪問。
カウンターのみのお店なので、奥の席にならんで座り先ずは生をキユーッと…昼のビールは効きますね~。
豚串カツやあんばやし、豚筋煮込みもたのんでビールでいただきます。
つまんでいた当てとビールがなくなった頃に着丼です。
まるたかやさんって結構味がぶれるんですが、この日は物凄く上に振ってましたね~。
キリッと醤油が効いたスープは、豚骨ベースの白濁させないスープです。カエシ、脂共に最適な分量で見事な味わいです。何時もは割りと早い段階で油粕やニンニクを投入するんですが、この日はそれも忘れてどんどんと食べ進みます~。
麺は中太ちぢれ麺。短めのもっちりした麺ですが、適度に歯応えを残した素晴らしい茹で上がり。スープもよく絡み、とっても美味しいです。
具材はチャーシュー、ネギ、メンマとシンプルな構成。チャーシューはトロッといい油具合ですが、非常に薄っぺらいです。まぁ、特盛にしたためたっぷり六枚も入ってたので、満足感はありました。
メンマはクニクニ系で柔か目。こちらもたっぷり入っていいですよ~。
こうなってくると、ネギまで美味しく感じます。
後半、まるたかやと言えばやはり油粕と匂いの残らないニンニク~ということで、若干量を投入します。油感の増量にニンニクのコクが加わり味が変わっていいですよ~。
たっぷり二玉入ってましたが、「一口だけちょうだい」と言っていた妻にホントに一口分くらいしか残さずバトンタッチ。
大満足のラーメン納めになりました。
ごちそうさまでした~。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「醤油らーめん 600円(大盛無料)」@富山 えびすこの写真2012/12/27訪問です。
未食のラーメンにします~。
つけ麺は、特盛まで無料ですがラーメンは大盛までです。
厨房では小路さんが腕を振るってますよ~。
夕方の訪問ですが、前客さんが結構いて10分弱での着丼です。
先ずはスープから~。
魚介が香る鶏ガラベースのスープです。塩気は程々若干オイリーな感じで美味しいですね~。あまり醤油が主張してくる感じではないです。
麺はつけ麺のよりは細めの中太麺で、ゆるくウェーブな感じです。つるりとして歯応えがいいです。美味しいですよ~。
具材は、チャーシュー、ネギ、メンマ、ホウレン草にナルトです。
チャーシューは柔らかく、脂がのって美味しいです。
メンマは材木系でサックリといい歯応えです。適度な味付けで美味しいですね~。
ホウレン草は普通です。
ナルトは下の子にあげちゃいました~。
上の子の塩ラーメンのスープもすすってみましたがこちらもいいですね。
今度はまぜそばに挑戦ですね。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件