なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

NSAS

男性 - 神奈川県 (1958年生まれ)

ご来訪ありがとうございます。ラーメン好き中年・NSASです。自宅がある相模原から、勤務先エリアの新宿・代々木までの沿線を中心にマイペースでレビューしています。定年後は、ラーメン屋さんをやりたいなんて夢も・・・夢です、夢wどうぞよろしくお願いします。

平均点 78.656点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,111 803 2 1,954
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌つけめん(並と中の間260g同額 900円)」@麺恋処 いそじの写真事業所が西新宿に移転後、久し振りに代々木方面に出向く用事ができたので、その帰りに久し振りとなるいそじを訪問することにします。同店は、オープン以来10数年利用していて、変わり種のいそじろうや夏場の冷し中華など、ほとんどのメニューを制覇しているのですが、唯一味噌つけめんのみ未食です。この日はソイツ狙いでw

コチラ、中休みなしの通し営業というのも有難いです。16時過ぎに入店すると、こんな時間でも客席の7割近くが埋まっています。流石の人気店ですな。厨房では、新規オープン当初の一番弟子の方が店主として腕を振るっています(創業時の店主は新橋のき楽常駐とのこと)。

味噌つけめん(900円)の食券を買って店員に手渡すと、中盛がサービスとの口頭案内。券売機に「並と中の間260gもOK」と案内があったので、この日は昼飯を結構ガッツリ食べていたこともありそれでお願いします。店主始めスタッフ皆、相変わらず丁寧な調理と接客。つけ汁調製の際に柚子を入れても良いかとの確認も相変わらず健在ですw 未提供の先客もいたので、10分程かかって我が一杯が高台より配膳となりました。

麺丼の方より二回りほど小さいつけ汁の容器には、豚骨魚介系ベースの醤油と見分けがつかない茶濁したつけ汁。薬味の刻みネギが入り、軽く魚粉も浮いています。見慣れた麺丼の方には、同店自慢の面取りされた角断面のストレート太麺がモサッと盛付けられ、その上に肩ロースのチャーシュー、メンマ、なると、少量のモヤシと海苔が載ります。やはり麺量は中盛ほどの山ではなく、程良い標高。これなら遭難の心配もないというものw ではいただきましょう。

まずはスープ。見た目もそうですが、ファーストタッチで豚魚醤油とほぼ変らない魚介風味。その少し後に、白味噌由来の心地よい甘みと香り高い味噌の風味が口中に溢れます。白味噌比率の高めな味噌ダネを使用しているみたいですな。美味しい。細かめの刻みネギが良いアクセントになっています。

さて麺。コシがあって破断耐力の高いつけ麺に最適なチューンの麺は、麺恋処の何恥じない、麺肌が何て言うか“美肌”の持主。よく見ると、細かい凹凸があってスープの絡みの一助となっているのですが、この艶やかさは同店ならではのもの。また、つけ汁に潜らせて啜っても、ラーメンでいただくより咀嚼時に鼻に抜けて行く小麦の香りが高く感じられます。美味しい。

さてトッピング。何と言ってもコチラのチャーシュー。中華そば専門店のお手本のような肩ロース物。程良い味の染み具合、柔らか過ぎず硬すぎずスッと歯の入る歯触り。何時食べても全く同じクォリティのものがいただけるのは驚嘆すべきことだと思います。美味しい。メンマの方も、しっかり手間を掛けて作られたことがよく判る、出来合い感ゼロの逸品です。美味しい。

腹具合を考慮して「並と中の間260g」の麺量でこの日はオーダーしたのですが、この麺を無心で啜り頬張っていると、見る間に丼から麺が減って行き、中盛を頼まなかったことを後悔している自分がいましたw そんな感じで、わざわざプチラーメンを作成するような気にもならず、サクッと麺の全量が胃袋に消えるのにさほど時間は掛からなかったのでしたw

そのタイミングで目の前の店主にスープ割りをお願いします。ブーメラン方式で割りスープが足されて戻ってきた椀。濃すぎず薄すぎず、何とも塩梅ピタりな豚骨魚介味噌スープを堪能し、もちろん飲み干して食了。美味しかった~と、食後の余韻に浸るとともに、同店のオープン以来10数年経って、ようやく提供メニューをコンプリートすることができた、ある意味安堵感にも似たホッとした気持ちにさせてくれた一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「つけ麺(950円)」@たけちゃんにぼしらーめん 調布店の写真会社帰り。久しぶりに調布で途中下車。調布でラーメンと言えばたけにぼ。10数年前から付かず離れず利用させて貰ってきたけど、何故かつけ麺だけは未食だったよな。秋色濃い季節だけど、少し汗ばむ陽気のこの日は、この未食メニュー制覇にはちょうど良い気候かもね。

19時前に入店すると先客数名。私の直前に入店した女性単騎客は、会社帰りのOL風で、店員とは顔見知りの様子。女性の常連さんなのでしょうな。何か格好いいw 券売機でつけ麺(950円)の食券を買ってカウンターに着席。厨房には、ますます先代に似てきた2代目店主の姿。頭を手ぬぐいでくるむ独特の格好も先代譲り。ややあって我が一杯が配膳。

麺丼に比べて二回りほど小さい汁椀の方には、濃い醤油色、漆黒と言って良いようなつけ汁に、薬味の長ねぎと唐辛子がたっぷり投入されています。煮干の香りが立ち上ってきますが、かなり濃い味を想像させます。

対する麺丼の方には、緩く捩れの入った平打ち中太麺が折り畳まれて盛付けられ、その上にバラチャーシューが2枚、メンマが多め、なるととその上に柚子胡椒があしらわれ、そして海苔がトッピングされています。こうしてつけダレと並べてみると、今風ではなくクラシカルな印象がありますな。ではいただきましょう。

まずはつけ汁を。同店らしく、動物系を芯にしながらも煮干を前面に押し出して効かせたベースに、コクのある濃口の醤油ダレを合せ、酸味と唐辛子のピリ感をプラスしたもの。飲み口に感じる煮干由来の若干のエグ味が“たけにぼ”らしさを醸し出していますな。見た目だけでなく、味わいも酸味の立ったクラシカルなもの。美味しい。

そういえばこの見た目。今年の春にいただいた、八王子の圓の期間限定・甘い辛い酸っぱいつけ麺のつけ汁のビジュアルにそっくりです。味わいの方は、アチラほど甘みが強調されていないのと、辛味の部分にブラックペッパーが使われていないことが相違点でしょうか。コンセプトは似ているのかも知れません。

さて麺。ツルンとした麺肌を持ち、食感と喉越しはコシのあるシコシコ、ツルツルとしたもの。大盛にしなかったので、麺量は目の子で200g程度かな。コイツを濃いめのつけ汁に潜らせて啜り上げると、懐かしさを感じる往時のつけ麺といった感じ。美味しい。

さてトッピング。同店のバラチャーシューは、少し濃いめの醤油系の味付けで、定評のある丁寧に作られたもの。ホロッとする食感で流石に美味しい。つけ汁に短冊状にして投入するよりも、こうして1枚ものとしてトッピングしてくれた方が、食べる楽しみもあろうかというもの。メンマもサクッと軽い食感で丁寧に戻された感じで美味しい。

せっかくつけ麺をいただいているのに、途中でプチラーメン化するのもバカらしいと思い、そのまま並盛の麺を食べ進み固形物終了。ここで割りスープをお願いするため、つけ汁容器を高台に上げようとすると、店員から制止が入りました。別の容器で出してくれるとのこと。出て来たら、つけ汁と同じくらいの大きさの器に、煮干豚骨のベーススープが入っています。

店員から、「こちらのスープの方に、つけ汁を適量入れてお召し上がり下さい」旨アナウンスがあったので、レンゲに4杯、5杯位投入すると、飲み干すのにちょうど良い塩梅。あとは両手で器を持ってグビッと飲み干して食了。

同店とは、もう10数年のお付き合いになりますが、今までつけ麺をいただいたことがないというのが、何とも不思議なくらい。で、今回初体験をしてみると、酸味とピリ感の立ったノスな味わいに新鮮味を感じる一方、ちゃんと“たけにぼ”らしさも感じられ、しっかり満足させてくれた一杯でした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 8件

「期間限定 つけ坦々麺 大(980円)」@つけめん桜坂の写真会社帰り、久しぶりに聖蹟桜ヶ丘で途中下車。桜坂の前を通りかかると、おっと、予てより一度食べたいと、ずっと思っていたつけ坦々麺が今回の期間限定。これは食べて行くしかないでしょう。と言うことで突撃決定。

店舗外の券売機でつけ坦々麺の大(並と同額 980円)の食券を買って入店。案内に従い奥の2人掛けテーブルへ。外の案内、「坦々麺」の坦の字が違っていると思うんだけど(正しくは担々麺じゃなかったっけ)w 数名の提供待ち客がいたので、10分少々かかって我が一杯が配膳されました。

割と大振りな白いつけ汁の椀には、担々スープらしい薄茶濁したスープに、細かい刻みネギと白ゴマがパラリ。そして担々スープらしくオレンジ色のラー油がポツポツと所々に浮いています。ゴマの良い香りが椀から漂って来て、食欲中枢を刺激してくれますな。

麺丼の方には、同店らしいエッジの立ったストレート太麺が、大盛量を綺麗に折り畳んでこんもりと盛付けられ、その上に豚肩ロースのレアチャーシュー、鶏ムネ肉のレアチャーシュー、穂先メンマ、青梗菜、そして小山の中央部トップには三ツ葉と糸唐辛子があしらわれています。ではいただきます。

まずはスープ。動物魚介をメインに据えた同店らしく、豚骨と魚介のダブルスープにゴマペーストを合せた担々スープ。何となくナッツ系の芳ばしさが感じられるような気もします。あまり多くは浮いていないラー油のピリ辛感がちょうど良い具合ですな。美味しい。

レンゲで水面下を探ってみると、挽肉ベースの肉味噌がサルベージされてきました。お醤油系の甘辛いしっかりとした味付けが担々麺らしさを引立てます。美味しい。

麺は、同店お馴染み、つけ麺専門仕様の、エッジの立った太ストレート麺。麺肌には艶があって、ムッチリと弾力に富み破断耐力の高いタイプ。つけ麺専門店らしい麺です。コイツを担々スープに潜らせて啜り上げると、ツルリとした麺肌ですが、多少粘度のある担々スープが結構しっかりと絡まってきて、口の中にはしっかりとゴマ風味が溢れます。美味しい。

トッピング関係。鶏チャーシューは、薄味仕立てで柔らかいのだけど、多少パサ気味の食感です。対する豚肩ロースの方は、程良い塩味で調製されていて柔らかいのだけど、少し噛み切り難い部分がありました。いずれも大過はありませんが。

穂先メンマ、やはりコイツが入っていると、一杯がワンランクグレードアップしたような感覚になりますよね。サクッと柔らかくて美味しい。そして青梗菜。やはり担々麺と言えばマストなアイテムです。ラーメン、つけ麺を問わず。

せっかく、担々麺のつけ麺バージョンをいただいているので、わざわざ担々スープベースのプチラーメンを作ることもないかと、そのまま食べ進み麺終了。この日は最後の締めにスープ割りをいただいて終えることにします。

店内に用意されているポットから、セルフで汁丼に割りスープを注ぎます。これまで魚介ベースの出汁だと思っていたのが、この日は(偶々かもしれませんが)動物系のベースでした。何となく最後に魚介の風味高く味変してフィナーレと想像していたのが、飲みやすい程度に希釈して同印象のまま食了。

同店、その立地が自分の行動範囲ど真ん中辺りに入っていることから、よく利用しますし、これまでにレギュラーメニューは一通りいただきました。並行して提供している期間限定の中で、タイミングの合わなかったつけ坦々麺を制覇した今、次なる目標を見失ってしまった感じがちょっとだけした一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 10件

「鶏つけそば(中盛同額 850円)」@鶏びあんSobaみやみやの写真休日の外出先からの帰宅途中。聖蹟桜ヶ丘に1号店があり、この6月に八王子に出店した2号店のコチラを、少し遅くなりましたが初訪問することにします。14時半近くに訪問すると、カウンター主体の手狭な店内に先客4名。入口の券売機で鶏つけそば(850円)の食券を買って、空いていた店主目の前の席に着席。聖蹟桜ヶ丘の店でよく顔を合せたY店主は、現在はこちらに貼り付いているようです。

初訪問の店では、大抵、デフォルトの醤油ラーメンから入るのですが、この日は気温が相当上がっていたので、ポリシーを曲げてつけ麺にしてしまいました。

さて麺量ですが、標準が150gで、中盛220~230gと大盛300gがチョイスできると店主より案内があったので、中盛でお願いすることにします。カウンター向こうの調理スペースには、店主の他、若い女性1名の2名体制。麺茹での後、テボごと店主から受取った女性店員がしっかりと流水で締め、麺丼にスパゲティのようにクルリと巻いて盛付け。トッピングで丼上を整えたら、つけ汁の容器と一緒に配膳となりました。

麺丼より小さめな白い汁椀には、上に厚めの鶏油の層を纏った濃い醤油色のつけ汁。薬味のネギとミツバでしょうか、鮮やかな緑が散らされています。対して、ベーシックな白い反り丼に盛付けられた麺の方は、若干の捻りの入った中細ストレート麺がクルリと盛付けられた上に、大判の豚肩ロースのレアチャーシュー、鶏ムネ肉部位のレアチャーシューが2枚に穂先メンマが1本。丼の縁には赤い辛味(柚子胡椒かな)がスタンバイ。ではいただきましょう。

まずはつけ汁。レンゲで口にした途端、ブワッと溢れる鶏の香りとキリッとした醤油ダレの風味。東京烏骨鶏と地鶏を使用したとされるスープ。臭みは排除されているものの、鶏らしい香り全開で、キレとコクのある醤油ダレを合せた清湯醤油スープに厚みをもたらす、表層の鶏油によるマッタリ感。グイグイと惹き付けられる飲み口です。美味しい。

はやる心を抑えて、麺をつけ汁に行かず、そのまま口にしてみると、小麦の香りの高いしなやかなにしてザクザク、シコシコとコシのある麺。よく見ると、細かい黒い粒々が練り込まれているのが見て取れます。ふすまかな。京都の棣鄂という製麺所のものを取寄せているとのことですが、このしなやかさとコシが店主の狙いなのでしょう。

コイツを、惹きの強いつけ汁の中に潜らせてから啜ると、鶏の芳醇な香りと分厚い旨味清湯鶏スープが、これでもかと口に飛び込んできて、旨味、コクやキレの波状攻撃に圧倒される時間が続きます。美味しい。

ただ、麺のみ口にした際には気が付きませんでしたが、麺自体が長めの尺であることに加え、クルリと巻いて綺麗に盛付けられている関係で、先っちょに刻みなど滑り止め加工の施されていないエコ箸で持ち上げようとしても、滑ってなかなか持上がってこないのがもどかしいw 勢い、充分に麺丼から手繰り寄せる前に汁椀に浸し、口を傍まで持って行って啜るという、とてもみっともない食べ方になってしまいましたw

トッピング関係に行きましょう。三元豚の肩ロースチャーシューですが、程良く塩味の効いた低温調理のもの。スッと歯が入る柔らかさの反面、少し噛み切りにくい感じもあります。でも美味しい。ササミの鶏チャーシューの方は、そこまでの噛み切りにくさもなく柔らかくて美味しい。穂先メンマはお約束のようなサクッとした食感。どれも美味しいな。

さて、麺を食べ進むと、盛付けられた麺の下場が漬かっていた昆布水がその全容を表します。単なる液体状のものではなく、小さめに刻まれた昆布そのものが投入されているんですな。なので昆布水自体に若干の粘りも感じます。私は熱々のつけ汁にこだわりはありませんし、せっかくなので、熱いスープ割りを所望するのでなく、この昆布水でつけ汁を割ってプチラー作成と行きましょうかw

この刻み昆布の混在する状態のまま、麺を昆布水ごとつけ汁に投入してプチラーメンを作成。割ったスープに麺丼の縁に置かれていた柚子胡椒を溶いて行き、後はただひたすら掻っ込んで食了。オープンから少し時間も経って、客足もやや落ち着いた中でこの日はまずつけ麺から堪能。次回いただく予定の「鶏びあんそば(750円)」が尚一層楽しみに感じられてきた一杯でした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚味噌つけ麺(中300g 840円)」@清勝丸 町田店の写真所用で小田急沿線に出掛けたこの休日。町田経由で帰宅する途上、町田に新規オープンしたコチラを訪問することにします。自分の行動範囲内では、府中の節や南大沢の清勝丸など、系列店が結構そこここにあり、たまに利用させてもらっているチェーンでもあります。場所は、最近閉店した町田大勝軒の跡地。箱をそのまま居抜きで使用している模様です。

15時半近くに入店すると、先客数名。入口付近の券売機で、濃厚味噌つけ麺(中300g 840円)の食券を買って、2人掛テーブルに着席。食券受渡しの際に、極太麺と中太麺からチョイス出来るとのことだったので、極太麺を冷や盛で。麺の硬さ、味の濃さ、脂の量などの好みは、全て標準でお願いします。流石に極太麺を選んだだけあって、10分近くかかって我が一杯が配膳されました。

麺丼に比べて一回り小さい汁丼の方には、所々に泡の浮く、粘度のありそうなオレンジ色の動物系味噌スープ。水面上には、ブロック状にカットされたバラチャーシュー、メンマとモヤシが顔を出し、赤いラー油が一筋投下されています。黒い麺丼の方には、緩くウェーブがかかり四角くエッジの立った極太麺が、こんもりと盛られています。よくありがちな動物系味噌つけ麺のビジュアルです。ではいただきます。

まずはスープ。動物メイン、押えに魚介出汁を合せたベースに、赤白バランス型の味噌ダネを溶いた動物魚介味噌スープ。出汁感もですが、味噌ダネ自体、白味噌の自然な甘みがフィーチャーされた、クセの少ない合せ味噌で、味わい的にまさに中庸。粘度自体は割と高めですが、これをもって「濃厚」との枕詞が付くほどのものでもないかな。良くも悪くも、突出する要素のない、チェーン展開しているお店らしい味噌スープです。ただ、赤いラー油の浮いた部分は結構刺激的ですがw

そのスープの底を浚ってみると、大きめのブロック状にカットされたバラ肉チャーシュー、メンマとモヤシがサルベージされて来ました。チャーシューは、柔らかめで割と濃いめの味付け。チャーシュー、メンマ共によくある標準的なものです。

さて麺。好みは全て標準でお願いしましたが、この極太麺、芯に硬い部分が残ると感じるくらいアルデンテな(硬めの)茹で加減。硬めな仕上りが災いして、極太剛麺がつけダレに潜らせて口に運ぶ度に暴れまくり、この日来ていたシャツがかなりの被害を被ることになりましたw 麺は柔らかめでオーダーするか、中太麺をチョイスしておけば良かったかな。コイツはミスチョイス。シャツの被害の件は別にして、スープの絡み自体は悪くありませんでした。

ある程度食べ進んだところで、割りスープをお願いし、お決まりのプチラーメンを作成することにします。ポットで提供された魚介系割りスープを適量注ぎ、残った麺を全量汁丼に投入します。併せておろしニンニクも適量投下。スープに馴染んで多少扱いやすくなった麺を、スープ共々掻っ込んで食了。スープは4割程残しました。

まぁ、同グループの店舗。いずれのお店についても言えることなのですが、わざわざ目指して食べに行くかと言われればNoかも知れません。でも、帰宅途中とかに立寄り食事を、というような場面では、それなりに満足することができる、ある意味コンビニエンスなお店であることを再認識することが出来た一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「スペシャルつけ麺 大盛(麺1.5玉 1,100円)」@つけ麺本舗 一億兆の写真休日、遅い昼を食べるため単騎外出。この日は、かな~り久し振りに、コチラのつけ麺が食べたくなって訪問することにしました。同店、元々は町田で店を構えていたようですが、14~5年前に、一時橋本の我が家の徒歩圏に移転して来ていたこともあり、その当時は何度か利用していてちょっと身近に感じるお店。出戻る形で今の淵野辺に行ってからは頻度が下がりましたが、私にとっては、つけ麺ってなかなか美味しいじゃないかと、初めてそう思わせてくれたお店でもあります。

この日の営業が15時までのところ、14時半過ぎに入店。先客なし。カウンターが空いていましたが、営業終了間際で女将さん(後述三世代の真ん中の方)に勧められたのでテーブルに着席。卓上のメニューを確認して、醤油味の特製仕様にあたるスペシャルつけ麺の大盛(麺1.5玉 1,100円)を女将さんに発注。女性ばかり親子三代でお店を回されているところも以前と変りません。

入口外側に菅野製麺所の立札がありましたが、前回利用した時までは自家製麺だったような記憶があります。いずれにしても極太仕様の麺なので、たっぷり10分かかって我が一杯が配膳されました。

麺丼に比べて一回りほど小さめの汁丼には、ゴリゴリの背脂がたっぷり入った醤油ベースのつけ汁とともに、たっぷりの具材が入ります。つけ汁の中から水面上にかけて、キャベツなどの野菜がたっぷり入れられていて、その上に大振りのバラチャーシューが2枚と味玉の半身が2つ。以前の記憶では、水面下に短冊切りのなるととメンマが入っているはずです。

麺丼の方には、艶やかな麺肌を持ちエッジの立った、手揉み風に縮れた太麺がたっぷり盛られています。1.5玉とのことですので、目の子で300g程度はあるでしょうかね。ゴクリと喉が鳴ったので早速いただきます。

まずはつけ汁。動物系と煮干出汁を合わせたWスープに、ほの甘いカエシ、多少の辛味と酸味が一体となった、クラシカルな構えのつけ汁。ゴリゴリと入れられた背脂効果で、円やかで自然な甘みが心地よいです。今の大勢からすると、スッパ方向に振ったつけ汁なので、好みが分れるかも知れません。昔の王道のつけ麺のつけダレですな。私は好きです。美味しい。

麺は、加水率の高めな透明感のある太麺で、ツルツルとした喉越しと、シコシコ歯ごたえを持つもの。鼻に小麦の香りが抜けて行きます。これまた、ツルシコなつけ麺専用の麺を画に描いたようなものですな。多少、麺自体のしなやかさに欠けるきらいがある上に、周辺にレンゲが見当らなかったので、エコ箸二本だけでの扱いが面倒なことこの上なしw あばれる君状態w

トッピングって言うか具材は豪華仕様。チャーシューは、しっかりとした肉質のバラチャーシューで、大判且つ割と厚めにカットされたもの。しっとりとした繊細さはありませんが、程良い味付けで美味しい。そしてキャベツやモヤシの野菜類ですが、程良くしんなりとしていますが、野菜から染み出た感じの乳化油の細粒を見るに、茹で野菜ではなくしっかり炒めている様子です。野菜炒めを食べている感覚で美味しい。

味玉は、醤油系の過不足のない味付け。予想通り、水中には、メンマとなるとの短冊切りが沈んでいました。

さて半ば。麺と具材が残り僅かになったところで、女将さんにスープ割りを所望。手鍋で温めたベースに改めて背脂を投入して、つけ汁に足してくれました。こうした丁寧な作業にもホスピタリティが感じられます。残った麺を投入して、具の残りを載せてプチラーメンの完成。掻っ込んで食了。もちろんKKですw

同店、10数年前の一時期、相模原のラーメンシーンでは、大石家や一汁一菜などと並んで、それなりのビッグネームでしたが、今は姿を見ることのない親父さんがラーメン集合施設に出した支店がコケるなどして、次第に細って行ってしまいました。でも、昔の味を楽しみたいと思ったならば、今でも往時の古き良きつけ麺を提供してくれる良店であることを再認識させてくれた一杯でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「冷し五目蒙古タンメン(880円)」@蒙古タンメン中本 橋本店の写真休日。病院の帰り。豊田か途中駅で何かを食べようと思いながら、結局何処で何も食べずに地元駅まで帰って来てしまいました。さてと。このまま自宅に帰っても、今日は家人が居ない様子。食べ物もない可能性が高いので、ここまで帰ってきてから、何を食べるか真剣に検討せざるを得ない。八王子辺りで気が付けばよかったw

まだ翌日1日休みがあるので、こういう時にニンニクをガッツリ使ったヤツやら、超辛いヤツやらを食べるに限りますな。てことで、コチラを訪問。前回北極で撃沈して以来の訪問となります。前回のリベンジは、涼しくなってからということにして、この日は冷やしメニュー、つまりつけ麺で行くことにします。

お昼の部終売の15時ギリギリに滑り込むと、直前の訪店客が数名先客にいます。入口の券売機で、それまで経験した上限の五目蒙古タンメンより辛いヤツということで、辛さ8の冷し五目蒙古タンメン(880円)をチョイス。カウンターで待っていると、店主風のベテラン男性店員の手慣れたオペにより、先客5名分に引き続いて私の料理が提供されるまで、10分と掛かりませんでした。

つけ汁、麺ともに、通常のラーメンより一回り小さめな同サイズの丼を使用。つけ汁の方は、茶濁したスープの上にラー油が浮いて、赤に近いオレンジ色に染まった野菜味噌スープ。その上に、豚ロース肉スライスの辛子肉、麻婆豆腐、ゆで玉子スライスに薬味ネギが載ったお馴染みのビジュアル。

麺丼の方には、しっかりと流水で締めた緩いウェーブの中太ストレート麺の小山と、その上に茹でモヤシ少々。麺の量は200g位のものかな。何となく大盛にすれば良かったかなとちょっとだけ後悔。ではいただきます。

まずはつけ汁。ベースの味噌スープと、辛子肉が塗れていた辛味の辺境部分をレンゲで掬い口に運ぶと、なるほど、カーッと来る辛味が感じられますが、まぁ一口目は大したことありません。ベースになる赤味噌比率高めなショッパ旨い味噌スープは、ショッパめ味噌スープとクタッとしたモヤシ、キャベツ、ニンジンとニンニクスライスの野菜の甘みのバランスが秀逸。そこに唐辛子系の香り高い、辛子肉のタレが渾然となった辛味噌スープを構成しています。美味しい。

麺をその辺境部分に潜らせて啜ると、流石に水で締めただけあって、ザクザク、シコシコと小気味の良いコシの感じられる破断感が味わえます。一見滑らかそうに見える麺肌ですが、眼を凝らすと細かい凹凸があり、スープとの絡み具合に大いに寄与してくれています。それだけでなく、持ち上げた麺に粗挽きの唐辛子粉がへばりついていて、迂闊に啜り上げて喉にそれらを置き忘れると、咽せたり咳き込んだりしかねないので用心々々w

具材関係。煮込まれたモヤシ、キャベツなどの野菜は、極々クタッとしていて、鍋の締めが近いあたりの野菜のクタり具合。味噌のショッパ旨い味が染みて美味しい。麺を啜る時に、麺の上の載っていたモヤシを摘まんで口に運ぶと、スープに入っていたものとは違うパリパリ感が味わえて楽しい。食感の妙ですなw

辛さの源泉である辛子麻婆餡と辛子肉は、単に辛味の提供者としてだけではなくしっかりとした存在感。特に辛子肉の方は、煮込まれてクタった野菜と相俟って、キムチ鍋の終盤のような趣を感じさせてくれて美味しい。後半、麻婆餡と辛し肉に塗された辛味がスープと渾然一体となり、辛さが一段レベルアップするなか、残った麺を食べ進みサクッと食了。

麺が体感的に少なかったので、量的な物足りなさが多少残りましたが、これならライスをドボンして雑炊風にして締めても良かったかなw 季節柄「冷し」をチョイスしましたが、今年中に北極のリベンジを誓う身としては、順当にレベルを上げつつあるなと、ついつい自画自賛をしたくなってしまった一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「カレーつけめん(830円)+小ライス(50円)」@豚骨一燈 立川の写真所用で午後から休暇を取ったこの日。昼食も取らず、午後に大仕事を一つ片付けて、さてランチ兼用の夕食。全く目処をつけていなかったこともあり、場所柄ラーメン店の選択肢が多そうな立川に移動。立川南の駅前にあるアレアレアに行ってみるも、この日の気分に合致する店がなし。そういえば、昨年秋にあの一燈の支店が立川に出来ていたよなってことで行ってみることします。

17時過ぎに店頭に着くと、基本は豚骨魚介系のお店であることに違いはないのですが、店頭にでかでかとカレーらーめんとカレーつけめんのポスター写真。どうやらコチラではカレー推しのようですな。入店すると、さすがにアイドルタイムなので店内には先客が2~3人いるだけ。券売機でカレーつけめん(830円)の食券を買ってカウンターへ。厨房には若い男性店員、ホールには若い女性店員。アイドルタイムならではのシフトかな。

食券を渡す際、チャーシューがバラと肩ロースから選べるとのことだったので、この5月から発売したばかりだという、真空低温調理の肩ロースの方でお願いします。その際にアナウンスされたように、厨房作業は混み合ってはいなかったけど、つけ麺なので、その後たっぷり10分ほどかかって我が一杯が配膳されました。

汁丼の方には、ドロリと粘度のありそうなカレールゥそのもののような茶色いカレー汁。その表面の一部にメンマが頭を覗かせ、トッピングにシュレッドチーズ、薬味の刻みタマネギと青ネギが載ります。

麺丼の方には、全粒粉を使用しているらしく、茶色いふすまを練り込んだような、エッジの立った角断面ストレート太麺が、綺麗に折り畳まれて盛付けられています。その上に、低温調理の肩ロースレアチャーシューが1枚。ではいただきます。

まずはつけ汁。レンゲで口に運んで舐めてみると、ラーメン専門店のつけ麺らしく、豚骨魚介のベースを使用して調製しているのでしょうが、このドロリ具合と言いカレーのフレーバーと言い、カレーライス用のルゥそのもの。比較的シャバっと粘度の低い豚魚スープにカレーフレーバーを添加したみたいな、ありがちなカレーつけ麺とは真逆のベクトルですな。つけ麺用のスープらしくショッパめの調製ですが美味しい。

麺は、つけ麺専用の調製の、エッジの立った極太ストレート麺。練り込まれたふすまが見て取れる麺肌には艶があり、ムチンとした弾力とともに破断耐力の高いタイプ。チュルンと一本、まんまで啜ってみると、小麦の香りがフンッと鼻に抜けてきて良い感じw この麺をつけ汁に潜らせると、ドロリっと麺の一本一本に纏わり付き、色白の麺肌が一瞬で褐色に変化します。カレーライス用のルゥで麺を食べているような錯覚を覚えながら・・美味しい。

麺皿の上に置かれた真空低温調理の肩ロースチャーシューは、肉の旨味を損なわない薄塩仕立てのしっとりとした食感のもの。後で気がつきましたが、公式WEBページでもアナウンスしているくらい、力の入ったものでした。

つけ汁の上にトッピングされたシュレッドチーズは、つけ汁の熱で蕩けてきており、トローンと糸を引く柔らかさに溶けてきています。ルゥと共に麺に纏わり付き・・・カレーとチーズの相性が悪かろう筈もありませんな。時々出現する刻みタマネギのショリッとした食感を刺激もナイスです。つけ汁の中からはメンマ数本もサルベージされてきました。

特に麺を増量していないので、標準の200gはサクッとなくなり、さてとどちらにするかな。そう、オーソドックスにスープ割りにするか、このルゥならばライスを追加するか。で、小ライス(50円)を追加してみます。ちなみに現金対応可能です。

出て来た小ライスの上に、残ったカレールゥを全部浚えて搭載。即席プチカレーライスの出来上りですw レンゲで一口ずつ掬って1分少々で速攻食了。ライスまで含めてKKでの完食と相成りました。

せっかく立川に出来た一燈ブランドですから、最初はオーソドックスに豚魚で行こうと思っていたのですが、何故か同店の一推し風だったカレーに行ってしまいました。つけ麺で行った後にライスで締めてって、何となく頭の中に「一粒で二度・・」なんてフレーズが浮かんでは消えた一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけ麺(800円)」@支那そばや 相模原店の写真休日。この日は、市内の何処に行こうかなと、まだ行く先を決めぬまま家を出て最寄駅へ。京王線にするか横浜線にするか、よし横浜線w 八王子方面か横浜方面か、よし横浜方面。で、ホームに滑り込んできた電車に乗り、何故か次の相模原駅で下車する運びとなりました。あまり帰宅が遅くなるのも厭だったものでw

この時、脳裏に浮かんでいたのは、以前アイワールドがあった辺りの豚骨ラーメン店。この一画も、以前は相模原ラーメンストリートなどと言われていましたが、今は、歯が抜けるように店が減ってきています。その中で、目指すM田屋は流石の人気店。八王子の北口に出した支店は根付きませんでしたが、ここ相模原の本店は、ランチタイムを過ぎたこの時間帯でも、店頭に行列ができています。うむ、待つのはちょっと・・

目的地変更で、直ぐ近くにあるコチラをこの日は訪問することにします。入店すると5割程度は席が埋まっています。流石に人気店の一角ですな。厨房には年配の店主の他、同年代の女性が2名。カウンターに着席して、未食の特製つけ麺(800円)をおばちゃんに発注。前会計制なので、先に支払いを済ませます。未提供の先客分の料理の後、我が一杯が、つけ汁、麺の順に提供されました。

小振りなつけ汁の容器には、同店の鶏清湯出汁ベースと思われる醤油味のつけ汁。チャーシューが1枚、メンマが具として入り、唐辛子系の辛味、白ゴマに薬味の白ネギと青ネギが投入されています。

麺皿の方には、温かいラーメンと共通と思われるエッジの立ったストレート細麺が、数個の小束に分けて順次盛付けられ、その上に味玉半身が2個、薬味の九条ネギ、糸唐辛子と海苔が搭載されます。提供された体を見ても、和風のテイスト溢れる、いかにも支那そばやが提供するに相応しいビジュアルですな。ではいただきます。

まずはつけ汁から。短冊切りなどのカット物が多い中、珍しく一枚物のバラロールチャーシューが入り、それと共に一定量のメンマも沈むつけ汁。啜ってみると、鶏ガラベースの醤油ラーメンのスープをベースに、若干の辛味(唐辛子粉末)と酢で、辛酸方向を強調した鶏清湯醤油ベースのつけ汁。ピリ辛酸味が立った印象のクラシカルなつけ汁ですな。美味しい。

麺は、ラーメンにも使われている麺そのもので、内モンゴルのかん水を使用したという、ラーメンの鬼・佐野さん直伝の細打ちストレート麺です。麺自体はしなやかで取り扱いは楽ですが、破断感がザクザクとしたもので、咀嚼のたびに小気味良さを感じます。この細番手の麺ですから、麺同士の隙間につけ汁を潤沢に蓄えて運んで来てくれます。美味しい。

ただ麺自体、つけ麺用に調製されていなので、どうしても持ち上げ時に麺同士がくっついて、なんていう問題が起きますが、流水で締めた後、麺を何度かに小分けして麺皿に盛付けてくれているので、そのあたりも極力排除されていました。

チャーシューは、やはり一枚物ですからそれなりに存在感があります。メンマはやはり出来合いのものではなく自家製なのでしょう。サクッと柔らかい食感でしたが、箸休めにちょうど良いアイテム。麺の方にトッピングされていた味玉は、醤油ベースのしっかりとした味付けで美味しかった~

後半、少し麺を残してスープ割りを所望。ブーメラン方式で戻ってきたスープは、魚介出汁の香りが一層高くなっていました。そこに麺と、同じく残しておいたメンマを載せて、即席プチラーメンw 掻っ込んで食了。

支那そばやと言えば、京都九条ネギの載った醤油ラーメンか、関東白ネギを使った塩味ラーメンかと言ったところですが、同暖簾独特の細麺をフィーチャーしたこのつけ麺にも、ラーメンの鬼の血脈が、それこそ脈々と受け継がれていることを感じ取ることができた一杯でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「小ラーメン(750円)つけ麺変更(100円)ニンニク・アブラ」@ラーメン豚山の写真所用で午後休を取ったこの日。小田急沿線で用事を済ませて帰宅途中。町田での乗り換え時に遅い昼食を取って帰ることにします。ちょうど一年前に同店がオープンしてから、何度か店の前までは来ていますが、その都度、行列に遭遇して断念。この日は15時過ぎという半端な時間帯でもあり、店内には空席もありました。

入店し、入口脇の券売機で、小ラーメン(750円)とつけ麺に変更(100円)の食券を購入。入口傍のカウンターに着席。最初なので素直にラーメンとも思いましたが、少し気温が上昇傾向だったのでつけ麺にしました。提供待ちの客が数名いましたが、同じロットでの調理となったようで、5分少々で「ニンニク入れますか?」に対し、「ニンニク・アブラ」と答え、つけ汁、麺の順に配膳されました。

麺丼に比べて二回りほど大きめな受け皿付きの汁丼には、表面が軽く乳化した感じのつけ汁と、中央部にはノーコールなりのヤサイの小山とアブラ。脇に1センチ厚の豚が2枚とニンニクが載るのですが、豚の方は、関内二郎ばりの@状巻き豚。小振りな麺丼の方には、少し茶がかった色味の平打ち太麺が、モッサリと盛り付けられています。なかなか期待の出来そうなビジュアルですな。ではいただきます。

まずはつけ汁。表面の乳化油層を避けると、その下からは非乳化タイプの豚骨醤油スープが顔を出します。豚骨の出汁感より、甘み寄せながらキリッとした醤油ダレが先行したつけ汁。僅かに酸味も加えられているかな。つけ汁としては、サッパリ感優先で調製されたことがよく判る設計。美味しい。

麺は、茹で上げた後に流水でしっかりと締められたもの。以前よく通っていた、野猿のモキュモキュと音を立てるかのような平打ち太麺を想起させます。ただ、家系並に尺の短い仕様なので、啜り上げる際に麺が途切れずに、顔を上に持ち上げる動作が不要なのは有難いw つけ麺の麺(冷や盛り)としては、過不足のない仕上がりです。

ヤサイは、若すぎずクタ過ぎず、標準的な茹で上がり。ノーコールなのでボリュームは大したことありませんが、上に載せられた白アブラをを塗して口に運ぶと、ヤサイ炒めを食べているかのような芳ばしい香りと味わい。関内タイプの巻き豚は、濃すぎない味付けで、バラ肉にしては脂っ気の少ないもの。もう少し脂を纏ったものが食べてみたかったなw

カスタマイズと言うほど大げさなものではないけど、卓上アイテムに唐辛子や酢があったので、途中でつけ汁にその両方を投入して、ピリ感とサッパリ感のアップを狙います。二郎系のつけ麺といえば、野猿二郎のそれ程度に、ゴマ油の風味や酸味の効いたものが好みなので、ほんの少しの調味料投入で、俄然食べ進めるスピードが違ってきます。残った麺とヤサイ類等、固形物を全て浚い、つけ汁を2~3割程度飲んで食了。

最近は、直系店はもちろん、インスパイア店の二郎系もあまり食べる機会がなく、かなり久し振りの一杯でしたが、食べたら食べたで、しばらくするとまた食べたくなって来るのはこの系統のお約束w 町田から2駅の淵野辺にある、相模原随一の二郎系への訪問の未だなので、この系統の店舗も、訪問予定リストに追加しないといけないなと、思い立つきっかけを作ってくれた一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件